飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し一丸となって政権奪取しよう♪

★憲法九条厳守★れいわ新選組★オリーブの樹(ベーシックインカム)★日米安保見直し★原発廃棄★好きな演歌

☆「原発の水」飲む、園田政務官

2011年10月31日 20時50分27秒 | ●YAMACHANの雑記帳
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4865758.html
http://news.tbs.co.jp/asx/news4865758_12.asx
<<細野原発担当大臣を補佐する内閣府の園田康博政務官が飲んでいるのは福島第一原発5、6号機に溜まっていたとされる水です。
5、6号機は深刻な事故は免れたものの、津波で押し寄せた海水や事故後に亀裂から流入した地下水が建屋の中に溜まっていて、東京電力では、この水を処理した上で、10月から発電所の敷地内に散水しています。
東京電力は「放射性物質の濃度は検出できない低さだ」と説明してきましたが、政府と東京電力の統合会見では、この水の安全性について質問が相次ぎ、フリーの記者数名が強硬にこの水を飲むことを迫っていました。>>
☆どちらも冷静さを欠いた記者会見だったと僕は、思う。園田政務官も能無し等と批難されて
頭に来たのであろうが・・・確かに政府や東電寄りのコメントが多かった。(^^)
事情を知らない人が多いと思いますが先日の園田政務官の記者懇談会で

あまりにも曖昧な「じゃ飲みます」との言質を取られてしつこく記者から「約束を
果たしてください」って言われて今日のパホーマンスになったのだろうと
推察する。(^^)
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2011103100777
散布の浄化水飲む=園田政務官「安全納得を」
東京電力福島第1原発事故で、園田康博内閣府政務官は31日、政府と東電の統合対策室の定例記者会見で、現在敷地内に散布している5、6号機の建屋地下水を浄化した水を飲んだ。安全性を主張する政府・東電に対し、一部の報道陣から浄化水を飲むよう要望が出ていた。
 東電によると5、6号機建屋の地下水はほとんどが津波による海水。樹木の自然発火や粉じん飛散防止のため、放射性物質を取り除いて安全性を確認した上で10月7日から散水している。5、6号機は1~3号機と異なり、炉心溶融などは起きていない。
 園田政務官が飲んだ水は煮沸されており、放射性ヨウ素や同セシウムなどが検出限界値未満で、水質検査でも問題はなかったという。政務官は「水を飲む行為で安全性が確認されるというよりは、飲む行為を見て安全と納得してもらえるならと思った」と話した。(2011/10/31-19:20)
10月31日政府・東電合同記者会見 日隅氏
http://www.youtube.com/watch?v=2WrtEn8Oydg


fukusima311 さんが 2011/10/31 にアップロード
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村・園田政務官の行為は、決して褒められる行為じゃないと思う。(^^)
http://takedanet.com/2011/10/post_6e83.html
野蛮国・ニッポン 園田政務官44歳 汚物を飲む
早速武田教授に批難されちゃった。園田政務官・頑張れ(^^)
コメント

☆【とくダネ】 貴方は、TPP推進派反対派??? 

2011年10月31日 11時00分06秒 | ●YAMACHANの雑記帳


masa25111 さんが 2011/10/29 にアップロード
☆僕は、どっちでも勝手にどーぞって立場です(^^)
郵政民営化是か非か?みたいなことで民主党か自民党か?・・・
二者選択みたいな選挙にしてしまうのは?非常に危険です。
もったいないです。(笑い)
革命的に官僚機構を改革しようとして
民主党政権を樹立したこれまでの小沢一郎の努力を無にしてしまうことを
危惧します。まっ、小沢氏の「政治と金」問題を援護することも無く
証人喚問やら国会で説明責任を果たせとか党内で足を引っ張る蛆虫民主党議員が
政権を握っているようではもう無理かなっ・・と弱気にもなる今日この頃。
瑞浪での麻生元首相の講演で「民主の自民化」なんて言われ公共事業の
必要性を強調される様では、民主党自体が崩壊するのも時間の問題かもと
思わないわけでもない。

色々と批判もあろうがここは、専制的と言われ
ようがもう一度小沢一郎に実権を握らせて欲しいところだ。(^^)
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 飛騨高山情報へ
にほんブログ村・只今小沢一郎は、公判で特高検察と闘っています。応援して下さい。
コメント

☆もんじゅの名、許されるのか 永平寺の僧が原発シンポ

2011年10月30日 18時33分12秒 | ●YAMACHANの雑記帳
http://www.asahi.com/national/update/1029/OSK201110290085.html
曹洞宗大本山永平寺(福井県永平寺町)で修行僧を指導する僧らからなる寺内組織「禅を学ぶ会」が11月2日、「いのちを慈しむ~原発を選ばないという生き方」と題したシンポジウムを開く。生まれ来る命にも思いを寄せた釈迦(しゃか)の言葉を引き、放射性廃棄物という「負の遺産」を子孫に残していいのか問いかける。
 燃やした核燃料より多い燃料用のプルトニウムが得られるとされた高速増殖原型炉「もんじゅ」、日本が独自に開発を進めていた新型転換炉「ふげん」の名は、1970年、動力炉・核燃料開発事業団(現・日本原子力研究開発機構)の幹部が、知性と実践を象徴する文殊(もんじゅ)と普賢(ふげん)の両菩薩(ぼさつ)から取った。  「文殊菩薩の智慧(ちえ)は仏教の智慧であり、科学知識とは違う。許される名前ではなかった」と、同会の西田正法事務局長は話す。仏教者として菩薩と世間におわびしたい思いから、シンポジウムを企画した。
 釈迦は「すでに生まれているものでも、生まれようと欲するものでも、一切の生きとし生けるものは幸福であれ」と説いたという。原発を動かす限り、半減期2万4千年のプルトニウム239が生み出され、子孫に残される。西田事務局長は「『私たちさえよければ』という欲に支えられた利益を漠然と享受してきたことを自覚し、一人ひとりが生き方を選ぶためのシンポジウムにしたい」。
 午後1時~同3時40分、永平寺町山の「四季の森文化館」で。同県小浜市の明通寺住職、中島哲演さんや、避難を余儀なくされた福島県飯舘村の酪農家長谷川健一さんの講演のほか、作家・朴慶南(パク・キョンナム)さんを交えたパネルディスカッションがある。定員400人、入場料500円。申し込みは、同会事務局(0776・63・3456)。(荻原千明)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村・釈迦は「すでに生まれているものでも、生まれようと欲するものでも、一切の生きとし生けるものは幸福であれ」と説いたという。原発を動かす限り、半減期2万4千年のプルトニウム239が生み出され、子孫に残される。西田事務局長は「『私たちさえよければ』という欲に支えられた利益を漠然と享受してきたことを自覚し、一人ひとりが生き方を選ぶためのシンポジウムにしたい」とのことです。
コメント   トラックバック (1)

☆福島の女たちに続け~(^^)瑞穂瑞穂(^^)

2011年10月30日 10時45分41秒 | ●YAMACHANの雑記帳
http://iwakamiyasumi.com/ustream-schedule/ustream5
福島の女たちに続け!原発いらない全国の女たちアクション
【Ch5】 福島の女たちに続け!原発いらない全国の女たちアクション
日時2011年 10月 30日 ~ 11月 5日

場所霞が関経済産業省前(東京都千代田区霞が関1丁目3-1) (地図)

説明
http://d.hatena.ne.jp/onna_suwarikomi/
コメント

☆季節外れの大雪でも…NYの反格差デモ続く ・頑張れ99%!

2011年10月30日 09時38分58秒 | ●YAMACHANの雑記帳
29日に再び世界一斉デモ、「ロビン・フッド税」導入を要求
http://www.newsweekjapan.jp/headlines/world/2011/10/58889.php
10月24日、カナダの活動家団体が、11月3─4日にカンヌでのG20首脳会議が開かれるのを前に、29日に再び世界一斉抗議行動を呼び掛けている。ニューヨークで18日撮影(2011年 ロイター/Lucas Jackson)
 [ニューヨーク 24日 ロイター] 反ウォール街デモを仕掛けたカナダの活動家団体「アドバスターズ」は、11月3─4日にフランスのカンヌで20カ国・地域(G20)首脳会議が開かれるのを前に、今週末29日に再び世界一斉抗議行動を呼び掛けている。今回は特に、金融取引や為替取引に1%課税する「ロビン・フッド税」導入を求めるという。
 アドバスターズはウェブサイト(www.adbusters.org)で、世界の金融市場で日々動いている「1.3兆ドル(約99兆円)のあぶく銭の一部」を課税・徴収すれば、あらゆる社会的運動や環境活動の資金をまかなうことができると主張している。 同団体が「ウォール街を占拠せよ」と呼び掛けて9月にニューヨークで始まった反格差社会デモは、その後シカゴやボストンなどにも飛び火し、今月15日にはオセアニアやアジア、欧州での一斉抗議行動にも発展。イタリアでは参加者が一部暴徒化し、70人以上が負傷する事態となっていた。
 ただ、一連のデモに対しては、具体的な目標がはっきりしておらず、今後も勢いが続くかどうか懐疑的な見方も出ていた。
 そうしたなかでアドバスターズは「運動が成熟するなか、批判者たちへの対応も考えよう。グローバルシステムの中核を占拠しよう」と呼び掛けている。
季節外れの大雪でも…NYの反格差デモ続く
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C81818A9993E2E2E2E78DE1E2E3E2E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2?n_cid=DSGGL001
 【ニューヨーク、ワシントン=共同】米東部では29日、季節外れの大雪が降るなど大荒れの天気となった。ニューヨーク・ウォール街近くの公園で寝泊まりしている反格差社会デモ「ウォール街を占拠せよ」の参加者らは、寒さに凍えながら抗議活動を続けた。
 この日のニューヨークは気温が氷点下近くまで下がって強風で雪が吹き付け、時折大きな雷の音が響いた。ズコッティ公園のデモ参加者らは、体温保持用のシートで体をくるむなどして寒さをしのいだ。
 1カ月近く公園で寝泊まりしている大学の英語教員ウィリアム・スコットさん(42)は「寒さなんて関係ない。われわれはここで冬を乗り切る」と話した。
 首都ワシントンではみぞれが降る中、80人規模のグループが財務省前に集まり、大手金融機関ばかりを優遇しているとして政府を批判。投機的な株や金融商品などの取引に課税する「ロビン・フッド税」の導入を主張した。
 29日は、「ウォール街を占拠せよ」の仕掛け人のカレ・ラースン氏がロビン・フッド税導入を支持する世界一斉デモを呼び掛けていたが、今月15日のような世界一斉行動にはならなかった。
☆日本のマスコミは概して「今月15日のような世界一斉行動にはならなかった。」ことを喜んでいるようだ。(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村・TPP加入は、日本のコンビニ産業を助けるだけだ。


コメント