飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し一丸となって政権奪取しよう♪

★憲法九条厳守★れいわ新選組★オリーブの樹(ベーシックインカム)★日米安保見直し★原発廃棄★好きな演歌

県議選が30日告示され、いよいよ選挙戦本番に突入する

2007年03月30日 11時36分16秒 | ●YAMACHANの雑記帳
中日よりコピペ
+++++++++++++++++++++++++
県議選、30日告示
 統一地方選の前半戦・県議選が30日告示され、いよいよ選挙戦本番に突入する。71人が立候補する見通しだ。県内各政党は代表が談話を発表、万全の備えで挑む。(統一選取材班)

 立候補予定者の内訳は、現職33人(前回比9人減)、元職1人(1人減)、新人37人(8人増)。現職14人が引退するなどして、新人が多いのが特徴だ。

 郵政民営化問題で揺れた一昨年の衆院選後初めての県議選となり、しこりの残る岐阜市選挙区の行方が注目される。立候補予定10人のうち、誰が落選する1人になるかが焦点だ。同市で主導権争いを繰り広げる衆院議員の野田聖子氏派と佐藤ゆかり氏派という構図を色濃く反映し、自民候補がし烈な競争でヒートアップ。民主候補らが埋没を懸念する。
 衆院選で中央との関係に悩んだ自民党県連は、定数より多い推薦者を出した選挙区が4つある。

 美濃加茂市選挙区では、一昨年の同市長選で自民党内が分裂したことなどを引きずる現職と、前回自民公認で次点に泣いた新人が、ともに自民推薦で争う。

 土岐市選挙区は、定数1減となって自民現職同士の戦い。郡上市、山県市選挙区でも、それぞれ3人、2人の自民推薦者が1議席を奪い合う。

 各務原市選挙区(定数3)は、自民現職1人と自民推薦の新人2人がつばぜり合いを繰り広げ、民主現職1人が議席確保を図る。高山市選挙区(同2)では、旧高山市内と旧郡部出身の自民公認2人が奮闘する一方、無所属元職が再起を狙う。
川上候補の立て看板が、目立つ(^^)

コメント (2)

嗚呼、面白い!!!you tubeの使い方(^^)

2007年03月28日 11時19分15秒 | ●YAMACHANの雑記帳
もはや、政府転覆しかなーーいって(^o^)
民主党の議員候補もこの気概だけは見習って欲しい(^o^)
コメント

市長にしたかった老田さん、ご苦労様(^^)

2007年03月25日 22時49分18秒 | ●YAMACHANの雑記帳
500回で終了 高山のFM名物番組

DJの老田さん「幸せだった」中日新聞より)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
県酒造組合連合会長で老田酒造店(高山市上一之町)社長の老田正夫さん(70)が、自ら選曲や構成、DJを務めてきたHitsFM(高山市)の名物番組「老田正夫私のオールディーズ」が、500回記念となる26日放送分で終了することになった。

 同番組は同FM開局直後の1997年7月21日に始まった。ジャズファンの老田さんが「同世代に当時の活気を取り戻してほしい」と選曲した懐かしいジャズやタンゴ、シャンソンなど、約10年で延べ3640曲を紹介。現在、月曜午後9時-9時半、再放送・土曜日午前10時半-11時で放送している。

 DJ老田さんにはこんな経験がある。街で視覚障害者に「危ないですよ」と声を掛けると「老田さんですね」の言葉が返ってきた。「ラジオで聴いてますから」。声で自分を判断してくれたことにDJとしての責任を感じた。生放送をしていたある寒い日、母親が亡くなった。番組に穴を開けられず、涙ながらに務めたこともあった。

 24日にあった最後の収録ではベニー・グッドマンの「Good-Bye」をクライマックスに流した。収録後、老田さんは「老兵は死なず、ただ消えゆくのみ」と、連合国軍最高司令官マッカーサーが引退演説で引用した歌の一節を挙げ、「好きなことをやってこられて幸せだった」と語った。
(矢嶋宏明)
+++受験生時代を思い出すな~・・・・

General MacArthur's Address to Congress
April 19, 1951
"Old soldiers never die; they just fade away."

-----------------------------------------------------------------
Mr. President, Mr. Speaker and distinguished members of the Congress:

I stand on this rostrum with a sense of deep humility and great pride - humility in the wake of those great architects of our history who have stood here before me, pride in the reflection that this home of legislative debate represents human liberty in the purest form yet devised.

Here are centered the hopes and aspirations and faith of the entire human race.

I do not stand here as advocate for any partisan cause, for the issues are fundamental and reach quite beyond the realm of partisan considerations. They must be resolved on the highest plane of national interest if our course is to prove sound and our future protected.

I trust, therefore, that you will do me the justice of receiving that which I have to say as solely expressing the considered viewpoint of a fellow American.

I address you with neither rancor nor bitterness in the fading twilight of life, with but one purpose in mind: to serve my country.

The issues are global, and so interlocked that to consider the problems of one sector oblivious to those of another is to court disaster for the whole. While Asia is commonly referred to as the gateway to Europe, it is no less true that Europe is the gateway to Asia, and the broad influence of the one cannot fail to have its impact upon the other.
つづく
コメント

松沢知事と上田知事って、石原支持だと(藁)

2007年03月23日 22時04分01秒 | ●YAMACHANの雑記帳
2007/03/22-19:28 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2007032201055
石原、松沢両氏が相互応援=自、民支持関係に「ねじれ」-東京・神奈川知事選
 東京都知事選で自民党の実質的な支援を受ける現職の石原慎太郎氏と、神奈川県知事選で民主党に後押しされる現職松沢成文氏が知事選告示日の22日午後、都内と横浜市内で相互に応援演説を行った。両知事選とも自民、民主両党がそれぞれ支援する候補が対決する構図となっており、支援政党がねじれた形での応援合戦は両党内にも波紋を広げそうだ。
 午後3時半から東京・有楽町で行われた石原氏の街頭演説には、松沢氏と元民主党衆院議員だった上田清司埼玉県知事が参加。松沢氏が「なぜ石原候補の応援に来たかというと、首都圏連合の同志だから」とあいさつ。石原氏のリーダーシップでディーゼル車排ガス規制などに一体で取り組んできたことを強調し、最後には3人が手を取り合い、親密さをアピールした。
 その後3氏は神奈川県内に移動し、午後5時から横浜駅西口でそろい踏み。今度は石原氏が「皆さんが選んだ若手のホープなのだから、皆さんの手で立派な知事に育てていただきたい」と、松沢氏にエールを送った。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
むかつくな~・・・・・>>同志諸君(^^;)
コメント

日経の調査でも安倍支持率が・・・喜ばしい傾向です。(笑い)

2007年03月19日 10時10分57秒 | ●YAMACHANの雑記帳
日経の調査でも安倍支持率が・・・・・喜ばしい傾向です。

 安倍内閣の支持率43%に低下、不支持率45%・日経調査
 日本経済新聞社が16―18日に実施した世論調査で、安倍内閣の支持率は2月の前回調査に比べて6ポイント下落し、43%となった。不支持率は4ポイント上昇の45%で、内閣発足後初めて支持を上回った。半年の仕事ぶりは「評価しない」が56%に達し、「評価する」は29%。松岡利勝農相の光熱水費問題や衛藤晟一氏の自民党復党への批判も影響したとみられる。

 内閣の不支持率が支持率を逆転したのは、小泉前内閣の2004年12月以来。

 安倍内閣の支持率は男性38%に対し、女性は46%。前回調査から男性は6ポイント、女性は8ポイント低下した。世代別で支持が不支持を上回ったのは70歳以上のみ(支持59%、不支持27%)。 (21:31)
コメント