飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し一丸となって政権奪取しよう♪

★憲法九条厳守★れいわ新選組★オリーブの樹(ベーシックインカム)★日米安保見直し★原発廃棄★好きな演歌

雪です!

2007年12月31日 11時58分44秒 | ●YAMACHANの雑記帳
大晦日になって吹雪で~す。スキー場は、やっと笑顔かな
V(^-^)V今年は、何と言っても小沢一郎が水沢にチッキョしなくて良い年だった
\(^o^)/来年こそ、真の意味で政権奪取だ\⌒ω⌒/露天風呂より いいお年を
(^з^)-☆Chu!!

コメント

頑張れ!姫井由美子さん

2007年12月28日 10時51分15秒 | ●YAMACHANの雑記帳
「姫の告白」が12月28日に出版されます。
あの憎々しいトラを退治した姫井議員を最後まで応援しよう。
エイエイオー
http://himei.jp/

12月28日・中居正広のキンスマに「姫井由美子」出演
12月29日21時より山陽放送で行われた 
中居正広のキンスマに「姫井由美子」が出演 
緊急検証・お前は一体何者なのか?
美輪明宏の誰も踏み込むことが出来なかった領域へと 今夜金マスが踏み出す
・・・あなたの恋愛対象は男性ですか?あなたは霊が見えるのですか?
△芸能界を甘く見てはいけない・・・ 
美輪明宏・西川史子・ギャル曽根 メッタ斬り

+++++++++++++++++++++++

姫井さんって、ほんとにMなのかも(^^) 今夜は、見なければ・・・(^^)
コメント (1)

民主が税制改革大綱 道路特定財源の一般化明記

2007年12月26日 11時11分49秒 | ●YAMACHANの雑記帳
朝日よりコピペ  2007年12月25日22時02分

民主党税制調査会(藤井裕久会長)は25日、総会を開き、税制改革大綱を決めた。通常国会で焦点となる道路特定財源は一般財源化し、揮発油(ガソリン)税を含めてすべての暫定税率の廃止を盛り込むことで決着した。消費税の「社会保障目的税化」も明記。税財政を一体的にとらえ、格差是正や地方分権、税制の簡素化に力点を置いている。26日の党「次の内閣」で正式決定する。
大綱には08年度改正の対応に加え、中長期的な改革の方向性を初めて盛り込んだ。参院第1党となったことを踏まえ、政権獲得後の税財政の具体像を示し、抜本改革を先送りした与党税制改正大綱との違いをアピールする狙いがある。
道路特定財源については「無駄な道路整備につながる」との考えから一般財源化を明記。複雑な8種類の税制を「抜本的に整理する必要がある」とし、ガソリン税など燃料に対する課税については、08年度中に制度設計を行うとした「地球温暖化対策税」への一本化をめざす。
2倍前後に上乗せされているすべての暫定税率の撤廃は「08年度の対応」として明記し、一方で、地方財源の現行水準は維持するとした。通常国会に「道路特定財源廃止法案」を提出して年度末に暫定税率の期限切れに追い込む方針で、10年間の暫定税率維持を決めた政府・与党と全面対決することになる。

 消費税については税収全額を年金財源に充当し、当面は5%の税率を維持するとした。ただ、将来の税率引き上げについては、医療を含めた社会保障制度の抜本改革をしたうえで「国民の審判を受け、具体化する」と含みをもたせ、「国民の信頼を得るために、社会保障以外に充てないことを明確にする」とした。

 地方の財政力格差については「財政調整機能の強化で対応すべきだ」とし、政府・与党が掲げる法人事業税の配分見直しは「認めない」と主張。代わりにひも付き補助金を全廃して地方の自主財源となる一括交付金に振り替え、財政力の乏しい自治体に傾斜配分する仕組みを検討する。

 一方、個人所得課税の分野では、所得税の配偶者・扶養控除を廃止し、これを財源として参院選の公約で訴えた子ども手当(月2万6000円)を創設することを明記した。証券優遇税制は譲渡益の軽減税率の全廃を主張。500万円以下の譲渡益などを2年間維持するとした政府・与党との違いを打ち出した。

 特定業界向けの減税措置が多い租税特別措置については、来春の通常国会に減税を受けた個別企業名などの公表を義務づける「租特透明化法案」を提出。その後、抜本的な整理作業に着手し、数年かけて必要な措置は本則化、不要な措置は廃止する方針だ。
http://www.asahi.com/politics/update/1225/TKY200712250339.html
コメント

新テロ法の対案提出

2007年12月21日 22時18分21秒 | ●YAMACHANの雑記帳
2007/12/21
給油新法を廃案にする考えに変わりはない 
小沢代表、党案提出受け記者団に

小沢一郎代表は21日夕、民主党のテロ根絶法案の提出を受けて、党本部で記者団の質問に答え、政府の新テロ対策特別措置法案(給油新法)の成立を阻止する考えに変わりはないとの意向を改めて示した。

 小沢代表は「ただ単に当面の利害や必要性だけで自衛隊を海外派遣すれば、国を誤ることになる」という認識の下、『次の内閣』ネクスト担当を中心に、アフガニスタンの民生支援を中心とした考え方を党内でまとめていたと表明。

 30日もの会期の大幅延長や、民主党の案は無いのかという声を受けて、要綱としてまとめていたものをもとに、法律案として提案したと報告した。

 小沢代表は法案提出について、「政府のいわゆる米軍に対する給油支援法案、民主党の、国連の活動の枠内でアフガニスタンの皆さんの民生の支援を行うという法案の、二つが俎上に上った。国民の皆さんにも、より分かりやすくなったのはないか」と見解を述べた。

 その上で、政府案への対応について「(後方支援は)米国の軍事作戦の兵站を担うことになる。憲法の精神にも反する。我々の取るべき道ではない。国連活動の枠内での活動に限定すべきである」と言明。あらゆる手段で政府案の成立を阻止し、廃案に追い込む考えにまったく変わりはないことを改めて示した。

 さらに、防衛省の不祥事に関して民主党が要求する項目に、これまで政府から回答がほとんど示されていないことにも言及、本来出さなければならない情報だとして誠意ある態度を求めた上、民主党案について、今国会でのできるかぎりの審議を求めて行くと語った。
http://www.dpj.or.jp/news/dpjnews.cgi?indication=dp&num=12425
NHKの解説を聞いてたら、早い話が継続審議に持ち込みたいのが民主党の本音らしい(^^)
コメント

ガンガン攻めろだって(^^)

2007年12月19日 16時11分03秒 | ●YAMACHANの雑記帳
本日の日刊ゲンダイより:
ぼけ政権をこのままやらせるなという世論
福田首相が年金問題について「公約違反というほど大げさなものなのかな」と語った一言で、支持率が急落した。すべての世論調査で、不支持が支持を上回っているのに、発言するたびまるで他人事のような表情だ。動こうとしないのは、年金問題だけではなく、薬害肝炎でも官僚の言いなりで、政治決断から逃げている。こんな恐るべき鈍感力の政権をこのまま続けさせていいのか。支持率が3割を切れば、辞任か解散しかない。今、選挙をやれば民主党は地すべり的大勝をする。もっとガンガン攻めなきゃダメだ。 ++++
http://www.gendai.net/ってさ。激しく同意(^^)
コメント