飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し一丸となって政権奪取しよう♪

★憲法九条厳守★れいわ新選組★オリーブの樹(ベーシックインカム)★日米安保見直し★原発廃棄★好きな演歌

野党にも与謝野のようなまともな政治家もいる(^^)

2010年10月31日 11時22分49秒 | ●YAMACHANの雑記帳
たちあがれ日本 意見の違い表面化
たちあがれ日本は、民主党の小沢元代表の国会招致をめぐり党として証人喚問を求めているなかで、与謝野共同代表が反対を表明するなど国会対応などで意見の違いが表面化しており、党内の意見対立をどのように収束させるかが課題となっています。
民主党の小沢元代表の国会招致をめぐり、たちあがれ日本は、自民党などほかの野党と連携し証人喚問を求めていますが、与謝野共同代表は「刑事被告人に対して、リンチ裁判のようなことを国会がやるべきではない」と批判しています。さらに、尖閣諸島沖で起きた中国漁船による衝突事件を撮影したビデオ映像の取り扱いをめぐっても、党として全面公開を求めていますが、与謝野氏は「事件が収束しつつあるなかで、公開して波風をたてるべきではない」と主張しています。こうした与謝野氏の一連の発言について、党内からは不満の声が上がっていますが、与謝野氏は「小さな党だからこそ、正しいことを主張すべきだ」としており、意見の隔たりは埋まっておらず、党内の意見対立をどのように収束させるかが課題となっています
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村http://miyazakimanabu.com/2010/10/29/893/小沢一郎へのアドバイス その7
宮崎学である。補正予算やら、TPPやらで民主党は大変な騒ぎだ。来年の統一地方選後に連立しようと目論む公明党のご機嫌取りにも忙しいようだ。小沢の証人喚問や政倫審への出席が野党との取引材料になっているが、政治の世界だから取引や妥協は当たり前だし、小沢は堂々と受けて立てばいい。国会に出向かず、逃げたイメージを有権者に与えるのも得策ではない。
ただ証人喚問でも、政倫審でも小沢が語るのは次の趣旨だけでいい。
「憲法38条には『何人も、自己に不利益な供述を強要されない』と定められ、被疑者や被告人には黙秘権が認められている。(^_^) 私は現在、被疑者であり、検察審査会の議決により、間もなく起訴されて被告人になる。申し訳ないが、こうした立場上、すべての質問にお答えできない。(^_^;) 検察官が有罪を立証する証拠がないという理由で、私は不起訴になったが、東京地裁が選任した指定弁護士は、鵜の目鷹の目で新しい証拠を探している。そんな中でお話しできることはない。(>_<) 推定無罪を無視して『犯人視報道』を続けるマスメディアは『逃げた』と報じるかもしれないが、私は逃げてなどいない。堂々と裁判で闘う。分かってほしい <(_ _)>♪わかってくれとは言わないが・・なんちゃって(^^)

コメント

「マスコミの偏向報道を許さない! デモ」のお知らせ

2010年10月31日 09時10分35秒 | ●YAMACHANの雑記帳


↑参加された小沢ファンの方々ご苦労様でした。3分46秒に岐阜で最初に自由党を立ち上げ岐阜一区で野田聖子ちゃんと闘った浅野さんがメガホンで訴えているのを見て涙が出ました。柴橋議員なんか率先して参加すべきなのによ~・・・(^^;)全く義理人情って廃れてしまったね~・・・・。(苦笑)
+++さて+++
前回の「検察・検審を糾弾するデモ」にご参加いただいた皆さま、また、諸都合で参加できなかった皆さま、大変お待たせいたしました!
次回の「マスコミの偏向報道を許さない! デモ」の開催の目途が立ちましたのでお知らせいたします。
このデモは、夜間の行進・提灯デモとなります。申し訳ございませんが、何か灯りとなるものは、皆さんでご用意下さい。
また、その際、ろうそく等の火を使うものはお止め下さい。
火事や怪我の原因となりますので、電飾や夜光、蛍光の物をご用意ください。
多くの皆さまと、民主的なアピールを続けたいというのが主催者側のお願いです。
何卒、ご理解下さいまして、ご参加いただけますようにお願いいたします。
http://ichirokai.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-587e.html

日時: 2010年11月5日(金18:30集合
18:45デモ行進開始
場所: 明治公園 地図    東京都新宿区霞ヶ丘町6
   (公益財団法人 東京都公園協会サイト)
    都営大江戸線 国立競技場駅(E25)下車 徒歩2分
    JR中央線 千駄ヶ谷駅下車 徒歩2分
    東京メトロ銀座線 外苑前駅下車 徒歩15分
主催者: 権力とマスコミの横暴に抵抗する国民の会

公式ブログ
http://kennryoku-teikou-kok.cocolog-nifty.com/blog/
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村☆夜のデモらしいから気をつけてデモってくださいね。
コメント

前原・菅さん!普天間問題を忘れたのか?

2010年10月30日 16時05分21秒 | ●YAMACHANの雑記帳


普天間飛行場=騒音実態映像
http://blogs.yahoo.co.jp/voteshop/17673726.html
しばらく更新を休んでみえた「おんぶにだっこまん」さんに
リンクさせて頂きました。
普天間飛行場の危険性「普天間第二小学校」の米軍機の着陸の様子も見れます。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村・前原よ、米国には↑を強く訴え主張すべきなのだ。勘違いするな。(^^)
コメント

☆高山市民文化会館(元東京地検特捜部長・熊崎勝彦さんの講演会)

2010年10月30日 08時21分23秒 | ●YAMACHANの雑記帳
11月1日午後6時~
高山市民文化会館
飛騨法人会主催無料
問い合わせ
電話:09014750600
☆大阪地検特捜部の押収資料改竄隠蔽問題について
講演する予定。

熊崎さん略歴
1942年1月24日、岐阜県益田郡萩原町(現・下呂市)生まれ
1965年3月 明治大学法学部卒業
1969年10月 司法試験合格
1972年4月 司法修習(24期)修了し検事任官
1992年4月 東京地方検察庁特別捜査部副部長
1994年7月 法務総合研究所研修第二部長
1996年12月 東京地方検察庁特別捜査部長
1998年6月 富山地方検察庁検事正
1999年12月 最高検察庁検事
2000年6月 前橋地方検察庁検事正
2002年12月 最高検察庁公判部長
2004年1月 最高検察庁公安部長
2004年9月 退官
2004年10月 第一東京弁護士会に弁護士登録する

参考にしてから行って見よう(^^)
堕ちた特捜検察~エリート検事 逮捕の激震~http://www.nhk.or.jp/special/onair/100926.html
かつて「巨悪は眠らせない」を合い言葉に、ロッキード事件、リクルート事件など権力者の犯罪に鋭く切り込んでいった「特捜部」。その存在は地に堕(お)ちた。
今月21日、大阪地検特捜部の前田恒彦検事が、証拠隠滅の疑いで最高検察庁に逮捕された。押収したフロッピーディスクのデータを改ざんした容疑で現職の検事が逮捕されるという、検察史上前例のない不祥事となった。
逮捕された前田検事は、厚生労働省・村木元局長の無罪判決が確定した「郵便の割引制度をめぐる事件」で、捜査全体を直接指揮していたエリート検事だった。今回の事件で唯一の物証とも言えるフロッピーディスクを、前田検事はなぜ改ざんしたのか?捜査手法の問題はなかったのか?また、検察内部でのチェック機能がなぜ働かなかったのか?
今回の事件で、検察組織のあり方そのものが厳しく問われている。
番組では、検察関係者の証言を軸に、有識者の議論を通じて徹底的に検証する。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 飛騨高山情報へにほんブログ村・特捜は解体したほうが良い(^^)

コメント

国際救助隊「サンダーバード隊」の創設を

2010年10月29日 15時28分37秒 | ●YAMACHANの雑記帳
http://gendai.net/articles/view/syakai/127035
戦争を起こさず国益を勝ち取る戦略と戦術
【田中康夫 にっぽん改国】
シンガポール、フランクフルト、マイアミ、ヨハネスブルグ。日本の外務省が、緊急援助物資備蓄倉庫を設けている場所です。
 所管する国際協力局緊急・人道支援課に拠(よ)れば、物資品目は、テント、毛布、発電機、簡易水槽、浄水器、ポリタンク、プラスチックシート、スリーピングパッド。無論、昨今話題のワインの備蓄は見当たりません。
 とは言え、07年8月、ペルーで大地震が発生した際、日本が供与したのは、テント、毛布、スリーピングマットの3点のみ。金額にして僅(わず)か1600万円。而(しか)も外務省職員は同行せず、物流業者がマイアミから空輸し、現地のJICA=国際協力機構職員がペルー政府に届けたのです。いやはや、“目に見える日本外交”とは対極の対応。
 数多くの日系人が暮らすペルーは、日本大使館がトゥパク・アマルに占拠された際、豪勢なクリスマスパーティに参加していた日本人を全員、無事に救出してくれた国。であればこそ、恩返しとして、地震発生直後に自衛隊と土木建設業者を政府専用機で送り込むべきでした。
 救出作業・医療活動に加えて、寸断された道路や破裂した水道を迅速に復旧してこそ、“目に見える日本外交”として、ペルー国民の間で親日感情が高まった筈。後から巨額の予算を投じ、不透明なODA事業を実施した所で、潤うのは一般国民でなく、一部の特権階級に留まります。
 トルコが親日的なのは、今から120年前に和歌山県串本沖で遭難したエルトゥールル号の乗組員を地元民が救出し、全国規模で義捐(ぎえん)金が集まり、69名の生存者を日本海軍が送り届けたからです。
 今回のチリ落盤事故でも、世界有数の掘削技術を有する日本は、政府専用機で自衛隊とゼネコンのスタッフを送り込み、全面支援を実施すべきでした。ソフトパワーとしての日本の技術力と人間力を全世界に浸透させると共に、チリからのレアメタル安定供給を確実とする絶好の機会を決断出来なかった日本の政治に、忸怩(じくじ)たる思いです。現にアメリカとて、アフガニスタンで駐留米軍と共に井戸掘削に従事していた専門技師を急遽、派遣したではありませんか。
 戦争を起こさずに国益を勝ち取る戦略と戦術が、外交には不可欠。天変地異等の困難に直面した地域へ真っ先に駆け付ける国際救助隊「サンダーバード隊」の創設を、僕が提唱し続ける所以(ゆえん)です。
【田中康夫】
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村☆前原君よ!よーく聞けよ(^^)
コメント