飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し一丸となって政権奪取しよう♪

★憲法九条厳守★れいわ新選組★オリーブの樹(ベーシックインカム)★日米安保見直し★原発廃棄★好きな演歌

あべっちを讃える歌!

2007年05月31日 19時01分12秒 | ●YAMACHANの雑記帳


「そして安倍」(メディアプレイヤーです)
http://www.fanto.org/music/abe.mp3

「そして安倍」

安倍~
泣いている人が見えないのか
捨てられた庶民は みじめになるだけ

安倍~
じいさんの影落とす
ふくれっ面の中に 意図が見えている

そして教育基本法変えて
そして憲法つぶし
戦争の続き させてくれる
相手 探すのよ

安倍~
言って分かる人か
傲慢な心が 醜くなるだけ

安倍~
無理に言いくるめてる
国のために死ぬのが 美しいのだと

そして支持率下がり
そして危うくなれば

誰かうまい嘘のつける
麻生 頼るのよ

誰かうまい嘘のつける
小沢 かつぐのよ←ここだけ、なんとか歌詞を変えてよ(ぷー
民主党に政権盗ってもらおうよ(^^)>>きっこさん
http://www4.diary.ne.jp/user/413057/
コメント

高山市片野町の坂○組の私邸が・・・・・

2007年05月30日 19時25分02秒 | ●YAMACHANの雑記帳

前市会議員さん宅の隣にある坂○組の前を通ったら張り紙がしてあった。
競売にでもかけるのだろうか(藁)

本町の土産物屋の資生堂やパチンコ店等が坂○組の手に落ちたとの噂を大分以前に
聞いたが、・・・・・私邸が差し押さえされるのが腑に落ちないな~・・・(w)
コメント

【党首討論】消えた年金の挙証責任は社会保険庁に 小沢代表

2007年05月30日 19時14分12秒 | ●YAMACHANの雑記帳
本日の党首討論。
塩崎官房長官は、記者会見で、30日午後、党首討論が予定どおり行われるため、安倍総理大臣が、熊本県阿蘇市で執り行われる
松岡農林水産大臣の葬儀に参列しなくなったことについて、「民主党の理解が得られず、安倍総理大臣はたいへん残念がっていた」と述べました。
+++++++↑年金問題と参列とどっちが重要か!!!可笑しな奴等だ。
2007/05/30
【党首討論】消えた年金の挙証責任は社会保険庁に 小沢代表


 小沢一郎代表は、30日午後院内で行われた党首討論で「消えた年金」の保険料納付記録に関して、納付したのと挙証責任は、国民にあるのか、社会保険庁にあるのか、明らかにするよう迫った。

 安倍首相は「年金において理不尽なことがあってはならない」としたものの、小沢代表に「申し出があれば自動的に認めるのか」と質問するなどして、国民の側に立った、明確な回答はしなかった。

 今回の党首討論では、小沢代表は、年金記録の問題のみを取り上げた。まず、小沢代表は、先週金曜日の強行採決を批判し、委員会に差し戻して、議論を尽くすべきだとした。首相は、「委員会の議論、採決は理事会で決めるもの」との一般論で答えた。

 なお、議論の冒頭、小沢代表は、松岡農林水産相に対して、国民に対して説明責任を果たしていただきたかったとした上で、ご冥福をお祈りするとした。これに対して首相は、「任命権者としての責任を痛感している」と応じた。 
 
主なやり取りは以下の通り。

■委員会での強行採決
代表 数で決めるのは当然でとやかくは言わないが、絶対的な多数を持っている与党が謙虚に大きな度量をもって応ずるべき。いろいろな角度から、国民の立場に立って議論があるなら、議論を尽くした段階で採決すればいい。もう一度委員会に戻して、与野党の議論尽くすべき。議院内閣制の総理、総裁としてどう考えるか。
首相 委員会の議論は、採決は委員会の理事会で決めるべきもの。
代表 野党が議論を重ねるべきだとしている以上、与野党とも真摯に議論する国会運営のルール決めるべきではないか。

■社会保険庁改革
代表 特殊法人への衣替え、化粧直しに過ぎない。
首相 親方日の丸の体質を変える。非公務員の制度に変える。

■消えた年金 
代表 消えた年金の被害者のご夫妻から、話を聞いた。本来なら後500万円もらえる。政府・行政に過失があるのか、国民の側に過失があるのか。
首相 理不尽なことはしない。5000万件の記録について、1年間での突合をお約束する。また、納付の履歴を年金受給者にお伝えする。24時間体制、土曜日、日曜日も開く電話相談体制を作る。(年金遡及支払いの5年間)時効を消滅させる法案を提出した。社会保険庁に杓子定規な対応はさせない。
代表 国の責任を認めるのか。
首相 すべての責任は私が負う。
代表 個人に保険料を納付した挙証責任があるのか、挙証責任は国が負うのか。
首相 真面目に保険料をこつこつと支払った方に理不尽なことはしない。第3者機関を作り、そこで判断してもらう。
代表 基本的には、支払ったという国民の判断を尊重すべきだと思う。
首相 自動的に給付せよと言うのか。
代表 国民の申し立てを採用するという立場、その前提がなければ、意味がないと申し上げている。
首相 負担があって初めて給付がある。真面目に納付してきた方には給付する。
代表 多少時間がかかっても、議論を尽くすべきではないか。採決を急ぐ必要はない。
首相 政争の具にすべきではない。心配をなくすために全力を尽くす。

http://www.dpj.or.jp/news/dpjnews.cgi?indication=dp&num=10094

コメント (3)

月刊Willを嗤う!

2007年05月28日 16時09分41秒 | ●YAMACHANの雑記帳

■山際澄夫
小沢一郎の変節で民主分裂?
■西尾幹二
朝日新聞「社説21」を嗤う!
■西村幸祐
「従軍慰安婦」情報戦の真実
■金美齢
日本人よ、発言力をつけなさい!


++++おい、花田紀凱編集長(^^)
最近のお前は、来るテルのか!!!売れれば、すべていいのか!!!!!
WIllって、御用雑誌か!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

コメント (1)

ポカばっかりしてきた社保庁 どうする?

2007年05月26日 20時37分02秒 | ●YAMACHANの雑記帳

民主党は25日、衆議院厚生労働委員会で与党が社会保険庁改革関連法案を強行採決したのを受け、東京・有楽町マリオン前で街頭活動を行った。

 いわゆる「消えた年金記録」問題が明らかになり、更なる審議が必要であったにかかわらず、行われた与党の暴挙を、まず、司会をつとめた蓮舫参議院議員が批判、「自公連立政権のやり方が本当に信頼に値するのか」と訴えた。

 雨の中かけつけた鳩山幹事長は、あるはずのないことが実際に起こっているのが社会保険庁による杜撰な管理によってもたらされた「消えた年金記録」問題だと指摘。民主党はこうした社会保険庁のミスを許すわけにはいかないとして、被害者救済に全力をつくしていく考えを改めて表明した。同時に与党が強行採決した社保庁改革関連法案に定めた、非公務員型の特殊法人「日本年金機構」への改組は、「非公務員型」とは形ばかりの、実態は職員の給料全額が税金で賄われる、天下りし放題になる特殊法人をつくることにほかならないことを明らかにした。「民主党と自民党のどちらがまじめに社会保険庁改革に取り組もうとしているのか、考えてほしい」と力説した。

 参議院でこの問題を追及した鈴木寛参議院議員は、問題解決に消極的な姿勢を示し続けた首相の姿勢を批判。

 長妻昭議員は、「自分の年金記録が消えた」という被害者の声に応え、社会保険庁に粘り強く資料要請をしてきた結果として、「消えた年金記録」の実態を突き止めたことを報告。そのうえで、この大問題を抱えたまま、ごまかしの年金システムを運用し続ける自公政権に年金制度を預けていいのか、と問題提起した。

 最後に駆けつけた菅直人代表代行は、自らの年金も社会保険庁の誤った指導によって年金未納期間が生じ、まさしく「時効」によって未納分を穴埋めできないという事態に陥ってしまったことを明らかにし、信頼に値しない、組織とは呼べない社会保険庁の杜撰さを浮き彫りにした。同時に、民主党が社会保険庁の解体を訴え、合理的な納付を実現する歳入庁の設置を盛り込んだ法案を提出していたことを説明。「本当に安心できる、ガラス張りの制度を実現できるのは民主党案だ」と改めて主張した。
http://www.dpj.or.jp/news/dpjnews.cgi?indication=dp&num=10082
岐阜県庁の裏金処理と同じく、社ホ庁職員と退職者も含めて500億円位の
返済をさせてとりあえず基金を作って、積み立てるべきだ(^o^)
コメント