飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し一丸となって政権奪取しよう♪

★憲法九条厳守★れいわ新選組★オリーブの樹(ベーシックインカム)★日米安保見直し★原発廃棄★好きな演歌

正体みたり自民党!

2008年01月31日 18時46分29秒 | ●YAMACHANの雑記帳
日刊ゲンダイより:
さすがに強行したらヤバイと気づいたのか、自民党がガソリンを値下げさせまいとする「つなぎ法案」を土壇場で取り下げた。そもそも「つなぎ」なんて姑息な方法が通用すると考えたこと自体がどうかしている。多くの国民が道路はいらない、ガソリンを値下げしろと声をあげているのに、福田自民党は自分たちの利権を死守しようと躍起になった。国民生活の混乱回避などとウソをついていた。有権者はそれを見抜いている。自民党は、法案を取り下げても次の総選挙で惨敗する。福田自民は自爆の道を選んだ。http://www.gendai.net/
コメント (1)

暫定税率の廃止は、減税で景気の刺激策である

2008年01月30日 15時40分16秒 | ●YAMACHANの雑記帳


小沢一郎代表は30日午前、国会内で開いた両院議員総会で挨拶、自民、公明両党が29日夜、ガソリン税などの暫定税率を5月末まで2ヵ月間延長する「つなぎ法案」を提出したことについて、「日本の議会制民主主義を否定するもので、本当にやってはいけない方法だ。それにもかかわらず、政府・与党は数の力を頼んであえてやった」と国会無視の暴挙を厳しく批判した。

 また、民主党が主張しているガソリン税などの暫定税率廃止、道路特定財源の一般財源化を柱とする道路財源改革案について、小沢代表は「今日、在り方が問われている重要な課題だ。加えて、日本経済の先行きが不安視されている時、暫定税率の廃止によって総額2兆6千億円の減税が事実上行われる意義は大きい。一般の国民には減税という結果をもたらす」と述べ、「国民の生活が第一」を基本方針とする民主党案の優位性を訴えた。

 一方で小沢代表は、「現実に衆議院では3分の2以上も自民、公明両党が占めている事実は否定できない。その中で、自公の暴挙をどう阻止していくか。そのやり方は非常に難しい」と指摘し、「議員の意見を参考にして、執行部としてどう対応するか考えていく」と述べ、冷静に国会情勢に対応する考えを示した。
++++++++++
3月末に失効するガソリンなどの揮発油税の暫定税率の期限を5月末まで2カ月間延長する議員立法「ブリッジ(つなぎ)法案」の扱いについて、河野洋平衆院議長、江田五月参院議長は30日午後、国会内で会談し、「公聴会や参考人質疑を含む徹底した審議をし行ったうえで、年度内に一定の結論を得るものととする」との新たな斡旋案を与野党に提示した。与野党双方とも、この斡旋案に合意。ブリッジ法案は取り下げられる方向になった。(産経)
++++++++++++
民主党もやるじゃないか(^^)



コメント (2)

さあ~・・・・戦いの幕は切って落とされた!

2008年01月29日 17時30分44秒 | ●YAMACHANの雑記帳


http://www.dpj.or.jp/news/dpjnews.cgi?indication=dp&num=12586
民主党は29日の常任幹事会で、3月末で期限の切れるガソリン税などの暫定税率を2ヵ月間延長する「つなぎ法案」を与党が提出し、衆議院通過を強行しようとした場合、「国会無視の暴挙」として、全党一丸となって「徹底抗戦」する方針を決めた。また、その戦いを国民に広くアピールするため、菅直人代表代行を本部長とする「道路特定財源暫定税率対策本部」を設置した。

 常幹の冒頭、鳩山由紀夫幹事長は同日の役員会で「与党がつなぎ法案という国会無視の暴挙をすれば、全党一丸となって戦う」ことを確認したことを報告、「つなぎ法案は民主党、野党に対する宣戦布告のようなものだ。是非みんなの協力で戦い抜きたい」と結束を呼びかけた。

 また、山岡賢次国対策委員長は「つなぎ法案は国会史上、例がないくらいに無茶苦茶なものだ。極めて不本意ではあるが、あらゆる手段をもって戦わざるを得ない。この戦いには批判も出るかも知れないが、マイナス点はみんなでカバーしながら、プラス点を多くしていきたい」と述べた。

 さらに、石井一副代表は「つなぎ法案提出は与党が民意を全て踏みにじってやるものであり、大変な戦いになる。国会は開店休業の状態になり、わが党議員は全員街頭に出て、解散・総選挙を視野に入れて戦うしかない」と覚悟を求めた。

 それらを受けて、中井洽・常幹議長が「徹底抗戦で断固頑張る」ことを提案、全員拍手で確認した。
++++++++++++++++++++++++++++++++
さあて、中折れしないように命を賭けて頑張ろう!!!みなの衆
コメント (4)

【衆院予算委】菅代表代行、暫定税率を含む道路特定財源の廃止求める

2008年01月28日 21時17分51秒 | ●YAMACHANの雑記帳

衆議院予算委員会が28日午前、福田首相はじめ全閣僚出席のもとで開かれ、2007年度補正予算案の実質審議に入り、菅直人代表代行が午前、午後の計1時間半にわたって民主党・無所属クラブを代表して質問を行った。

 菅代表代行は冒頭、「この国の形、国会と内閣、自治体との関係について議論したい」として、国民主権国家とは名ばかりで官僚主権国家ともいえる状況に陥っている日本の現状を取り上げた。あわせて、国土交通省の巨大利権ともいえる道路特定財源について、一般財源化を明言していた小泉元首相に逆行する福田内閣の姿勢を問題視し、「残念ながら今の福田内閣になってからは、本当の意味での改革が行われているとはいえない」と批判した。

 本来、国民主権国家でありながら「官僚主権国家」という指摘があり、議院内閣制であるはずが「官僚内閣制」という言い方がなされる所以について菅代表代行は、内閣を補佐する専門家である官僚が、自らの立場の優位性を保つために首相、大臣、与野党幹部と自由に接触し、それらを分断する形でコントロールしていることに問題があるとした。菅代表代行は官僚と政治家との接触を厳しく制限している英国の事例をあげてその重要性を指摘するとともに、渡辺金融担当相の答弁からも同一の問題意識を引き出した。

 続いて道路特定財源の問題に言及。今から50年前の1954年、貧困な状況下にあった日本では道路整備が必要であり、その財源確保のためにつくられた制度であると改めて説明。菅代表代行は、当時の考え方を妥当としながらも、現時点においては、国土交通省と一部道路族の巨大利権の温床に他ならない実態を問題視し、「54年たった今もなぜ道路だけを特定財源でまかなわなければならないのか」と指摘。病院や医師の確保、教育費の拡充、福祉環境整備など、それぞれの地域に個々のニーズがあるなか、道路整備費だけが特定財源化されている現状の不可思議さに言及し、「必要だということと特定財源でなくてはならないというのはかなりギャップがある」と語った。

 「道路予算をゼロにしろと言っているのではない」と菅代表代行は重ねて訴え、一般財源化して各自治体毎のニーズに合った使い方をするのが妥当だとの見解を示した。その上で、「なぜ道路だけが特定財源でなければいけないのかご説明を」と、首相に迫った。しかし、首相は「道路に関する利益と負担が明確である」「自動車ユーザーという受益と負担が明確である」などと繰り返すだけで、何ら納得できる見解は示さなかった。

 菅代表代行は、宅配便や公共交通などによって自動車の便宜を享受している人は国民・納税者全員といってもいい現状だと指摘。そうした現状を考慮すると、道路に限定する特定財源と位置づけることには本来理解は得られないと重ねて指摘した。

 さらに菅代表代行は、道路族議員による道路特定財源のムダづかいの象徴ともいえる現地視察を行ったことを報告。福岡県八女市にある朧大橋で、40億円以上かけて山中に建設された豪華な橋だが、道の整備は完了しておらず、少ない交通量に留まっている現状に、その必要性が疑問視されているもの。道路族議員である自民党の古賀誠選対委員長の選挙区で、地元では別名「まこと橋」とも呼んでいる。その視察を踏まえて菅代表代行は「道路族の強いところ(選挙区)には豪華な橋もできる。そういうひずみが出ているのではないか」と問題提起し、道路特定財源の不透明な使い方を浮き彫りにした。

 「とにかく、何度も申し上げたが道路が必要ないと申し上げているのではない、道路がすべてに優先する時代は終わった」と述べ、暫定税率を含む道路特定財源の廃止の必要性を重ねて指摘した。 
http://www.dpj.or.jp/news/dpjnews.cgi?indication=dp&num=12578
コメント (3)

昨日行われた「道路特定財源堅持を求める総決起大会」に菅氏、苦言!

2008年01月24日 23時10分47秒 | ●YAMACHANの雑記帳

昨日行われた「道路特定財源堅持を求める総決起大会」に民主党の一部議員が参加したことにも言及。「色々な意見を持っているのは民主党の自由闊達さの表れである」と理解を示したうえで、党の主張と全く相反することを目的とする集会への参加については「政治家として十分判断してほしい」と苦言を呈した。
 
 さらに、新聞報道にある大江康弘議員の「自分から(党を)出て行くと言うつもりはないが『出て行け』と言われれば、『許してください』と言うつもりはない」との発言については、「有権者への裏切りと言わざるを得ない」と批判。昨年の参議院選挙において民主党の比例代表として選出されたことを考え、「有権者に対して筋の通った行動を」と求めた。
http://www.dpj.or.jp/news/dpjnews.cgi?indication=dp&num=12566
コメント (4)