飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し一丸となって政権奪取しよう♪

★憲法九条厳守★れいわ新選組★オリーブの樹(ベーシックインカム)★日米安保見直し★原発廃棄★好きな演歌

●自民党の牙城なんてもう日本にない。候補者は徹底して歩け 会見で小沢代表

2008年06月30日 21時25分26秒 | ●YAMACHANの雑記帳
http://www.dpj.or.jp/news/dpjnews.cgi?indication=dp&num=13609
小沢一郎代表は30日夜、岐阜市内で会見し、知事選の対応や政治日程、候補者擁立などについて記者の質問に答えた。 
 知事選への対応については、本当の地方分権を求める民主党の哲学は、中央集権の統治の機構を前提とする自民党とは異なると説明した上で、現実問題として地域の事情もあるため、県連と支持者の話し合いの結論を最終的に尊重するとした。

 小沢代表はまた、衆院選の時期など今後の政治日程に関する質問を受けて「9月以降、政治的にも経済的にも緊迫した状況になる。国民生活にとってプラスの方向ではない。今の福田内閣、自民党政治で、この状況を国民のためにプラスに変える術(すべ)は取りえない。よって、国民の皆さんの現状に対する批判の声は強くなってくる」と指摘した。

 同時に、中国・米国経済の後退や政治的な不安定要素などが日本の景気に与える影響、石油や食料、飼料の更なる高騰といった事態によって国民生活を痛めつけることが予想される中では、8月末の臨時国会開会や、総選挙の実施を来年9月まで延ばすことは不可能だという考えを示した。

 岐阜4区の候補者擁立状況に関する質問には、昨年の参院選で、自民党の金城湯池(きんじょうとうち)といわれた一人区のうち23で、民主党が勝利を挙げたことに言及。「自民党の牙城なんてもう日本にない。どこでも徹底して候補者が行けば良い。自民党支持者ほど今の自民党政治に対してものすごく批判的だ。民主党の候補者は何も怖いものはない。一生懸命歩けば良い。ファイトのある、ガッツのある、理想に燃える、できれば若い人を4区に見い出せればよい」などと見解を語った。
コメント   トラックバック (1)

小沢代表 岐阜入り

2008年06月30日 17時48分36秒 | ●YAMACHANの雑記帳

小沢代表が岐阜入りし、柳ケ瀬商店街を視察する。また、主婦との車座集会も予定しています。「国民の生活が第一。」を掲げる小沢代表が、直に生活者の声をお聴きします。
沢山集まって、小沢代表を盛り上げてちょ!(^o^)

さきほど、テレビで放送していた。慌てて携帯で撮った。
柴橋候補がべったりと引っ付いていた。頑張れ!!!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

小沢一郎代表は30日午後、岐阜市内の柳ヶ瀬商店街を視察。商店街の女性を中心とした車座集会にも参加して、生活者の視点から日本を大掃除し、税金のムダづかいをなくすと決意を述べた。
 小沢代表は、柳ヶ瀬のレンガ通り商店街振興組合の岩田理事長から、空き店舗の多い状況などについて説明を受けつつ、アーケードを周って視察を行った。また、買い物客の皆さんと交流し、政権交代に向けて頑張れという声援に笑顔で応じた。
 この後、小沢代表は、付近のホールで開かれた商店街の女性を中心にした車座集会に出席。健康保険制度の改革やムダな公共事業の廃止に関する要望や、後期高齢者医療制度の問題点を指摘する声に熱心に耳を傾けれ、政権奪取後に取り組む優先順位等に関する質問に答えた。
 小沢代表は、ムダな公共事業の廃止を求める意見に対し、コストの高さや実際の利便性の面からも、ムダの多い公共事業はやめるべきと同意した。目先の利害を追いかける政治が行われている現状に対し、議会制民主主義を機能させ、緊張感のある政治を行う必要性を指摘。「何としても、政権を変えることによって、大掃除をしたい。大掃除、そして新たな出発を行う」などと述べた。
 政権交代後に実行する政策の優先順位についても、大掃除によるムダと利権の廃止を挙げた。社会に格差や不公正が見られ、急速な不景気と物価高に陥りかねない状況にも言及、ムダ遣いの一掃と、セーフティネットの仕組み作りという有権者の期待に政治家は応えるべきだとした。
 小沢代表は後刻、会見で、視察の印象について問われ、「かつて(の賑わい)とは若干違い、シャッターの下りているところが沢山あった。全国歩いてみても同じような現象が各地で見られる。本当に考えなければならない(問題だ)」と指摘。商店街の振興や地方分権の徹底の重要性を改めて実感したと述べた。また、自分たちの街並みの変化に心を痛めている人から、何とかしてくださいという切実な声とともに、民主党への期待と激励の言葉がかけられたと表明、「大変うれしく思うと同時にぜひ頑張ろうという気持になった」と語った。
コメント

★飛騨牛偽装・・・・・・

2008年06月28日 19時39分31秒 | ●YAMACHANの雑記帳
県は、鼻薬をかまされていたかも(^^)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/ntok0058/list/200806/CK2008062802000205.html
岐阜県、国の要請無視 丸明に調査を事前通告
2008年6月28日

 食肉卸小売業「丸明(まるあき)」による偽装表示問題で、岐阜県が調査対象に事前通告しないよう求めた国の要請を無視した形で、丸明側に連絡していたことが分かった。昨年の北海道ミートホープ事件を教訓に事前通告して調査する従来の手法は偽装を隠ぺいさせるとして、無通告を原則に改めて都道府県に要請していた。

 岐阜県は、10日に寄せられた匿名情報で今回の問題を把握。12日に丸明側に事前通告し、18日に吉田明一社長(65)から事情聴取した。事前通告によって証拠隠しの行為があったかは確認していないという。ただ、12日以降、ある従業員は「(格下の)2等級を使った焼き肉用のパックに張っていた飛騨牛のラベルを使わなくなった」と話している。

 従来は情報提供に対し、都道府県は匿名や具体的な商品名がない場合は事前通告し、日程調整して事情を聴くことが多かった。しかし、ミ事件で、内部告発を受けた道庁側が立ち入り調査する際、3度も事前通告したことが問題となった。

 農林水産省の指示で岐阜県は4月、同省岐阜農政事務所などと連絡協議会を発足。無通告の原則を確認した。

 県は「無通告は連絡協議会を開いて対処を検討する場合のみで、今回は該当しないとみていた。すべて無通告では調査しきれない」と説明。一方、農水省幹部は「(事前通告は)信じ難い行為で、県から相談があれば当然止めた」としている。

コメント

★代表、沖縄・那覇で会見 民主党政権による真の日米同盟関係の成立がカギと表明

2008年06月27日 12時56分24秒 | ●YAMACHANの雑記帳
http://www.dpj.or.jp/news/dpjnews.cgi?indication=dp&num=13593
小沢一郎代表は26日夕方、沖縄県那覇市内で記者会見を開き、記者団からの質問に答えた。
 この会見に先立って行われた連合沖縄との会談について問われた小沢代表は、「沖縄の大きな問題である米軍基地に関連しての日米地位協定の問題、公務員制度について、また民主党に対する意見等について話し合われた」と答えた。
 日米地位協定に関しては、「本当の同盟関係とは対等でなくてはならない」と定義した上で、「今の自民党政権の日米関係は、同盟とは言えない。この地位協定に(それが)はっきりと表れている」と述べ、米軍により沖縄近海に設置されている制限水域を例に挙げて、「沖縄の復帰後、このことについて何も検証、検討がされない。これが今の日米関係を象徴的に表している」と語った。

 さらに米国による北朝鮮のテロ支援国家指定解除についても、「日本人拉致問題は日米間ではほとんど考慮されなかった。それが現実である」とし、「その意味でも私たちが政権を担い、本当の対等の日米同盟を作りたい。その中で、地位協定など米軍駐留に関係するいろいろな問題を、沖縄県民の意見を忖度されながら、解決策を考えていきたい」という考えを表明し、民主党政権による、真の日米同盟関係の成立なくして、沖縄の米軍基地問題の解決はないことを強調した。

 次期衆議院選挙についての、沖縄県内での取り組みについては、「次の総選挙は自公政権は国民のためにならない、と考える全ての者が力を合わせて政権を奪取しなくてはならない」と述べ、整理のできた選挙区もあるが、まだできていない選挙区もあって現在に至っているが、最後まで可能な限りみんなが手を携えて統一候補で戦えれば勝てると述べ、力を結集する必要性を説いた。 
 民主党が大きく躍進した沖縄県議選の結果については、「自民党政治についての沖縄県民の批判の結果であると思う。しかし、野党を全部合わせて過半数に届く。野党が協力しなければ過半数にならない」と、野党各党の協力が重要であることを重ねて強調した。
 米国のテロ支援国家指定解除について、自民党政権の外交方針の在り方、拉致問題解決に向けての見通しについての質問に小沢代表は、「拉致問題の背景をよく考えないと個別の現象を見ただけではだめ。日本(自民党政権)は、(6カ国協議の)アメリカをはじめ4カ国の好意、世界の好意に期待しながらやってきたんだろうが、日本の希望的観測では、国際政治の問題は解決しない」と、政府の見通しの甘さを厳しく批判。その証左として、「最大の同盟国アメリカの(解除の)決定は、自国の利害、世界戦略で決定する。(今回の解除決定に)日本の期待は入っていない」と述べた。
 そしてこの現実に対し「政府が官僚がその認識を持っていないのが自公政治の悲劇であり、国民の悲劇だ」と現実的な対応を取れない自公政権を痛烈に批判をした。
 最後に普天間の飛行場の付近住民への補償判決については、「司法も統治行為には逃げてしまう。政治的問題は逃げてしまう。マスメディアには、その点はピシッと報道してほしい」と注文を付けた後、「騒音補償が裁判で認められたのは良かったが、それも基地問題のひとつの現象であって、根本から考えないといけないと思う」との感想を述べた。 
コメント

安福が泣いているかも、、飛騨牛偽装問題

2008年06月26日 12時29分45秒 | ●YAMACHANの雑記帳
岐阜新聞社説コピペ:
徹底調査し事実の公表を
http://www.gifu-np.co.jp/column/syasetsu/
飛騨牛の偽装問題は、関係者の積年の努力を水泡に帰した。飛騨牛が今日のブランドになったのは、情熱をもった人が多くかかわり、安全・安心な県産品とほれ込んだ消費者をたくさん獲得してきたからだ。
 食肉卸小売業「丸明」(本社養老町、吉田明一社長)による食の不正行為は、関係者、消費者にとどまらず県民を裏切った。県、農水省は徹底調査し、事実をすべてを明らかにしてもらいたい。
 主な疑惑は、飛騨牛と表示できない2等級の肉を3等級に混ぜた等級偽装、消費期限を引き延ばす加工日の改ざん、愛知県産を岐阜県産とした産地偽装の3点だった。
 いずれも食品表示などを定めた「日本農林規格(JAS)法」や牛の生産履歴を管理する「牛肉トレーサビリティー法」に抵触する。
 飛騨牛は、県内で14カ月以上肥育された黒毛和牛で肉質が5~3等級の肉を指す。牛の買い付け、加工・冷凍保存、精肉店を経て消費者に渡る。個体識別番号から産地、生産者などは分かるが等級まで特定できない。これが今回の偽装の死角になった。
 飛騨牛が松阪牛などと肩を並べるブランドになったのは、「名牛安福号物語」(県畜産会編)などによると、関係者が長い間、積み重ねてきた努力の結果である。
 1981年、清見村(現高山市)の県種畜場(現畜産研究所)に兵庫県産の但馬牛がやって来た。県が1000万円で落札した種牛で「安福号」と命名され、93年、老衰で死ぬまで2万7000頭余の子牛を残した。
 安福号は日本人が好む霜降り肉、飛騨牛のルーツだ。現在は安福号の子孫が高値で取引されている。
 飛騨牛の呼称にも関係者の一方ならぬ思いが込められている。かつて県内産の和牛は揖斐牛、孫六牛、郡上牛など地域名で呼ばれていたが、78年から「岐阜牛」に統一され、88年に「飛騨牛」に一新された。
 前年の87年、全国和牛能力共進会で安福号の血を引いた肥育牛が優等賞2位になった。この入賞が弾みになって県内で高級肉牛のブランド化を目指す動きが活発化し、「飛騨牛」に統一された。
 ただ銘柄再統一は簡単ではなかった。吉田ハム(本社大垣市)が「飛騨牛」を商標登録していたからだ。同社は「岐阜牛」を卸していた大手スーパーから「東京では飛騨高山の知名度を生かすべき」とアドバイスを受けて「飛騨牛」を出願した。
 当時の梶原拓副知事、伊藤薫県畜産会会長(県議)、松岡法泉飛騨畜産会会長(清見村長)らが吉田ハムに飛騨牛銘柄の使用許可を働きかけ快諾を得た。ことし2月、飛騨牛銘柄推進協議会(大池裕会長)が設立20周年を迎えた。
 県によると、県内の飛騨牛飼育農家は770八戸。どの農家も飛騨牛の銘柄に誇りをもっている。昨年の全国和牛能力共進会で総合評価で2位、2002年はグランプリを獲得している。
 今回の偽装問題は、県が全国に自慢できる飛騨牛人気をおとしめ、関係者の苦労を逆なでする行為だ。
 偽装は牛肉にとどまらず豚肉でも産地偽装していた疑いが元工場長らの証言で明らかになった。県のブランド豚肉「美濃ヘルシーポーク」に他県の豚肉を混ぜていたという。 
 県、農水省には徹底した調査、偽装できないシステムづくりを求めたい。
コメント