飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し一丸となって政権奪取しよう♪

★憲法九条厳守★れいわ新選組★ベーシックインカム★安保改定60年★原発廃棄★紅白に推薦したい演歌歌手・津吹みゆ(笑)

★みのもんたのよるバズ 2018.12.29 年末恒例女性議員大集合 ”永田町メッタ斬り” 後半 改憲 消費税10%問題

2018年12月30日 16時10分24秒 | ●YAMACHANの雑記帳

みのもんたのよるバズ 2018.12.29 年末恒例女性議員大集合 ”永田町メッタ斬り” 後半 改憲 消費税10%問題

前田みなみ2
 自由党・森ゆうこ 社民党・福島瑞穂 立憲民主党・  国民民主党・小宮山康子 自民党・太田房江、高橋比奈子
コメント

◆2018年重大ニュース、総まくりゆく年、くる年どうなる?

2018年12月30日 14時31分49秒 | ●YAMACHANの雑記帳

2018年重大ニュース、総まくりゆく年、くる年どうなる?

デモクラシータイムス.
 コメンテーター: 早野透(政治コラムニスト)  田岡俊次(ジャーナリスト) 土屋直也(ニース・ソクラ編集長)山田厚史(ジャーナリスト) 鈴木耕(編集者・ライター)  池田香代子(ドイツ文学翻訳家)

コメント

【基地で働き 基地と闘う 沖縄 上原康助の苦悩】

2018年12月30日 10時08分53秒 | ●YAMACHANの雑記帳

「基地で働き 基地と闘う 沖縄 上原康助の苦悩」

上原康助 うえはら こうすけ 政治家 説明上原 康助は、日本の政治家、労働運動家。 衆議院議員、北海道開発庁長官、沖縄開発庁長官、国土庁長官を歴任。 ウィキペディア 生年月日: 1932年9月19日 生まれ: 沖縄県 本部町 死亡: 2017年8月6日 書籍: 道なかば、 激動の戦後史と共に: 国政25年を振り返って 基地労働者の組合を組織し、後社会党より国会議員に 細川内閣時には沖縄開発庁長官も務め基地問題と向かい合った上原の苦悩 58冊の未公開ノートが示す

コメント

★IWJ「政治が変わらなくては沖縄の基地問題は変わらない!」衆院沖縄3区補選に立候補の屋良朝博氏の会見

2018年12月30日 09時10分07秒 | ●YAMACHANの雑記帳

「政治が変わらなくては沖縄の基地問題は変わらない!」衆院沖縄3区補選に立候補した元沖縄タイムス論説委員でフリージャーナリストの屋良朝博氏の会見後、IWJが直接インタビュー! 2018.12.29

2018年12月29日(土)13時より、沖縄県那覇市内のホテルで自由党・自由党沖縄県連による記者会見が開かれ、小沢一郎代表、國仲昌二沖縄県連代表とともに出席したフリージャーナリスト・屋良朝博(やら・ともひろ)氏が、玉城デニー沖縄県知事の知事選出馬に伴う衆議院沖縄3区補欠選挙(2019年4月21日投開票)への立候補を表明した。

■記者会見

  • 会見者 國仲昌二氏(自由党沖縄県連代表、宮古島市議会議員)/屋良朝博氏(ジャーナリスト、元沖縄タイムス論説委員)/小沢一郎氏(自由党共同代表、衆議院議員)
  • 日時 2018年12月29日(土)13:00〜
  • 場所 ホテルニューセンチュリー(沖縄県那覇市)

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録カンパでご支援

コメント

◆年末恒例「第九」美しい歌声響く(三越本店)&第九より"歓喜の歌"(ウィーン岐阜合唱団)2011.12.25

2018年12月29日 22時21分07秒 | ●YAMACHANの雑記帳

年末恒例「第九」美しい歌声響く

 東京・日本橋の三越本店で年末の風物詩としてお馴染みとなっている「第九」の合唱が披露されました。  日本橋の三越本店で開かれたイベントは今回で34回目となりました。台東区の合唱団およそ200人は5階まで吹き抜けとなっているホールでシンボルである天女像を囲い、美しい歌声を響かせました。  2018年のフィナーレを締めくくり、新しい年を迎える歓喜の歌に会場からは大きな拍手がおくられていました。
+++++++++++++++++++
第九より"歓喜の歌"(ウィーン岐阜合唱団)
 
dada3gifu
2012/02/06 に公開
「岐阜をウィーンの如く音楽溢れる街に」をモットーに活躍するウィーン岐阜合唱団が、2011年12月25日(日)に、長良川国際会議場で開催された第九演奏会で、ベート-ヴェン作曲の「交響曲第9番」より第4楽章"歓喜の歌"を演奏しました。  指揮  : 平光 保  オーケストラ: ウィーン岐阜管弦楽団  ソプラノ: 伴 真由子  アルト : 伴 和子  テノール: 中井 亮一  バス  : 澤脇 達晴  合唱  : ウィーン岐阜合唱団
コメント