飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し一丸となって政権奪取しよう♪

★憲法九条厳守★れいわ新選組★オリーブの樹(ベーシックインカム)★日米安保見直し★原発廃棄★好きな演歌

7月3日に太田さんの県議会一般質問があります♪

2009年06月30日 17時23分34秒 | ●YAMACHANの雑記帳
見てあげてください!!!聴いてあげてください!!!
http://blog.goo.ne.jp/gifu-ohta1021/d/20090630
県議会の一般質問が7月3日(金)に決まった。
三番目の登壇なので、おそらく、
午前10時40分から11時20分までの間に収まる見通し。
今回は順番でなかったのを希望して登壇することになった。
木曽川水系連絡導水路の問題に絞って取り上げる。
県の答弁は予想できるところだが、行財政改革の中で不要不急の事業をすることの是非や農業用水などへの代替案で異常渇水には十分対応出来るという主張をさせていただく。
この問題は霞が関主導の行政の在り方を変える重大なテーマでもある。
岐阜放送で中継もあります。是非ご覧ください。
お手すきでしたら議場にお越しいただけると心強いです。

↑とのことです。頑張れ太田県議(^^)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへにほんブログ村
コメント (4)

JR高山駅の東西、待望の開通 アンダーパス完成

2009年06月30日 14時47分05秒 | ●YAMACHANの雑記帳
故郷を離れている方へお知らせします。
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20090628/200906280902_8192.shtml
高山駅裏へ通り抜けが可能になりました。
+++++++++++++++++++
高山市のJR高山線の地下をトンネルでくぐり、高山駅東側の国分寺通りから同西側の国道41号へとつなぐ市道「JRアンダーパス」が完成、27日に完成式典が行われ、関係者が開通を祝った。
 同市が総事業費約23億3千万円をかけて2006(平成18)年5月に着工。施工延長は210メートルで、トンネル部分は約53メートル。幅11メートルの2車線で、自転車歩行者道は幅3・5メートル。3・1メートルの高さ制限があり、大型車両の通行はできない。
 この日は、同市昭和町の駅西駐車場で式典と安全祈願祭があり、関係者約120人が出席。土野守市長は「市街地が活性化され、利用者の安全が確保される」とあいさつ。来賓の金子一義国土交通相は「観光地・高山の玄関口として交通の拠点となる」と述べた。
 関係者がテープカットをして開通を祝い、大勢の人たちが通り初めをした。
*国分寺通りの緩和になるかな~・・・逆に混んだりして(^^)
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 飛騨高山情報へにほんブログ村
コメント

米国金融資本のエージェント達を撲滅せよ!

2009年06月30日 13時41分14秒 | ●YAMACHANの雑記帳
つまり、政権交代することだ!
http://www.the-journal.jp/contents/hirano/2009/06/post_3.html
  政権交代の質が問われている
 西松建設事件の小沢公設秘書逮捕、郵政会社西川社長続投をめぐる鳩山総務大臣の事実上の罷免問題などなど。最近、発生する事件で感じるのは、どんなことがあっても「政権を交代させないぞ」、そして仮に政権が交代しても「これだけは守るぞ」という、麻生自公政権側の必死の動きである。
  私の推論だが、この動きの背後に米国の特殊な政治勢力とのコラボレーションがあるのではないか。
 日本で行われる次の総選挙で、政権交代が行われ民主党中心の政権が成立した場合、国際社会でもっとも影響を受けるのは米国である。米国ではオバマ大統領の出現で、民衆のための政治を再現しようとする勢力が力をつけている。一方、崩壊したかに見えた金融資本主義を復活させ、マネー・ゲーム社会米国の再生を企む勢力も整理して強化された。わかりやすくいえば、米国では「オバマ派」と「マネー・ゲーム派」が、壮烈な戦いをしているのだ。
  日本の政局は、日米にわたる「人間尊重派」と「マネー尊重派」が、国家を超えて権力争奪戦をやっていると見た方がわかりやすい。そのキーワードは「郵政資金三百数十兆円」である。政権交代で民主党政権ができた場合、まず約束している郵政資金が米国金融資本の思うようにはなるまい。米国債の引き受けも簡単ではない。小泉・竹中・西川・宮内という米国金融資本のエージェントたちは、立往生する。米国金融資本は再び崩壊の危機となる。
 小沢公設秘書逮捕というのは、小沢民主党政権を阻止するための「政治捜査」であった。捜査を指導したのはワシントンの日本大使館で米国の秩序維持派(司法省・CIA・FBI)の教育を受けてきた日本の検事たちである。米国から直接の指示を受けてやっているわけではないが、日本で政権交代が成功した場合、日本の官僚既得権が失われるだけでなく、米国のマネー・ゲーム体制が崩壊していくという阿吽の呼吸があった。
 小沢秘書問題で騒然となった三月、四月の日本政局で、「民主党への政権交代はない」と読んだ麻生首相は「西川の評判が悪すぎる」と、郵政社長の更迭を鳩山総務相に指示した。鳩山は本気になって後任を探した。ところが小沢民主党代表は戦略的に退陣して、鳩山由紀夫で政権交代確実という舞台をつくった。
 となると、郵政会社の社長になんとしても西川を留任させなければならない。これは小泉元首相や小泉チルドレンが、小泉構造改革を続けようという国内政局レベルの話ではない。日本と米国という国家の枠を超えたマネー・ゲーム資本主義を再生させようとする勢力の巻き返しである。麻生首相はこの勢力の軍門下に取り込まれ、鳩山総務大臣を更迭したのだ。これでは真の日米友好にはならない。
 日米をまたぐ金融資本帝国主義者たちは、「政権交代をなんとしても阻止」するため、まず、次の総選挙で民主党を勝利させまいとして「影のプロジェクトチーム」を形成して、あらゆる組織にもぐり込ませているのだ。
障害者郵便問題で民主党大物をあぶり出そうとしたが、自民党のほうに問題があって失敗した。鳩山民主党代表の「故人政治資金問題」も、鳩山事務所の単純ミスを、自民党とマスコミが大騒ぎしているのだ。
 国家権力を挙げて政権交代を阻止するという異常事態にもかかわらず、政権交代の可能性は高くなっている。そこで「闇の日米プロジェクト」の謀略は、民主党中心の政権が成立した場合、早急に崩壊させることである。自民党内にある分派・新党論も再結集のための目くらましであり、安倍元首相を中心とする「北朝鮮予防的先制攻撃論」は、民主党を撹乱させる方策だ。また東国原宮崎県知事や橋下大阪府知事への呼びかけも胡散臭い。本気で日本を変えたいなら、二人とも「真の政権交代」を主張すべきだ。
投稿者: 平野貞夫 日時: 2009年06月29日 13:24 | パーマリンク
にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村
コメント

シティ・タワー43にショップやカフェバー常設

2009年06月30日 09時08分43秒 | ●YAMACHANの雑記帳
昨日立ち寄った岐阜駅前の開発について、岐阜新聞の載っていたので紹介します。
なんとなく、全体が消化不良になりそうな予感がするが・・・(^^)

http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20090630/200906300836_8205.shtml
岐阜市のJR岐阜駅周辺を活性化しようと、県は7月から、同駅西の超高層複合ビル「岐阜シティ・タワー43」を拠点に、にぎわい創出事業に取り組む。輸入雑貨などのショップとカフェバーを常設するほか、ビアガーデン、弁当販売、朝市、県内有名スイーツ店などを、時間帯や季節に応じて展開する。
 シティ・タワー43の空きスペースや屋外の駅西広場デッキを活用した事業で、「EKI―site43 GIFU(エキサイト43 ギフ)」と名付けた。
 同ビル1階アトリウムに7月24日、ショップとカフェバーをオープンする。朝と昼はカフェで、夜はバーに。県産品や国内外のデザイン性に優れた家具、文房具、雑貨などを販売する。1、2階の空き店舗には、「もの」と「味」のショップを展開。有名スイーツやB級グルメ、「ぎふの宝物」などを期間限定で販売する。
 広場デッキには7月2日、県産品を使った弁当などを販売する「ランチプラザ43」が先行オープン。夜はライブなどもあるビアガーデンになる。9月以降の日曜日には野菜などの朝市を出す予定。
++++
余談:
逆に駅前の繊維問屋街や柳ヶ瀬が益々さびれそうだ。(w)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへにほんブログ村にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 飛騨高山情報へにほんブログ村
コメント

ガンバ!ガソリン等の暫定税率廃止は明日最終決定する 鳩山代表が記者団に(^o^)

2009年06月29日 20時45分37秒 | ●YAMACHANの雑記帳

http://www.dpj.or.jp/news/?num=16400
鳩山由紀夫代表は、29日夕党本部で、ガソリン等の暫定税率の廃止に関して、政権をとり初年度から廃止するかどうかに関して、明日30日、幹事長、政調会長を交えて最終決定すると記者団に答えた。 また、個人献金の問題について、今週中に、鳩山事務所として報告をする、これは党の問題ではなく個人の問題だとの認識を示し、「代表会見では述べない」とも明言した。
 横須賀市選挙の結果について、「政治の閉塞感を打ち破ってほしいとの(市民の)思いではないか」との感想を披歴した。
 日本郵政の西川社長続投に関して、岡田幹事長との見解の相違ではないかとの質問に、西川社長続投は、国民の思いとは逆だとしたうえで「政権を取ればやめていただく、と党首討論で述べた。岡田幹事長から、昨日のテレビでの発言は、(西川社長の解任を)党の政調など正式の機関で決定したものではないことを言ったもので、続投を容認したものではないとの報告を受けた」と答え、なんら見解に相違はないことを明らかにした。
にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村
コメント (4)   トラックバック (2)