飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し一丸となって政権奪取しよう♪

★憲法九条厳守★れいわ新選組★オリーブの樹(ベーシックインカム)★日米安保見直し★原発廃棄★好きな演歌

秋も深まり・・・

2007年10月29日 21時08分13秒 | ●YAMACHANの雑記帳
いつもの散歩道です。昨年より1週間程紅葉も遅いようだ。暖かかったせいか、色つきも薄い(笑)

前守屋次官の証人喚問も詰めが甘いω

コメント

国民を節穴と思っているオタク大臣

2007年10月24日 16時02分25秒 | ●YAMACHANの雑記帳
今日も日刊ゲンダイから引用
オタク防衛大臣への野党の徹底追及を国民は期待
 インド洋での海上自衛隊の給油量を意図的に隠していた防衛省の情報隠蔽を見過ごしてはならない。今頃になって一課長の事務的ミスに矮小化しようとしているが、組織ぐるみで情報操作していたのは明らかだ。法律違反を繰り返し国民や国会に事実を隠し、それを黙認しながら担当者が上へ報告しなかったなどとゴマカしている。その手口は、政治を無視して勝手に暴走した戦前の軍部と同じ。今や、アメリカの傭兵となった自衛隊がかつての日本軍と同じ皇軍体質を温存継承していることが暴露された。防衛庁から昇格して以降、防衛省・自衛隊の増長ぶりは異常だ。他国の文民統制とまったく違ってきたオタク防衛大臣が統率する防衛省への野党の徹底追及に国民は期待している。 http://www.gendai.net/

審議拒否しているのは自民党 山岡国対委員長が会見で
山岡賢次国会対策委員長は、野党国対委員長会談後の24日午前、院内で記者会見し、テロ対策特別委員会での審議の一環として守屋前防衛省事務次官らの証人喚問が不可欠であるとして、新テロ対策特措法の実質審議の前の証人喚問を求めることで一致したこと明らかにした。

 山岡委員長は、テロ対策特措法について、守屋利権法ではないかとして、自衛艦に石油を供給している石油会社の2社の社名すら明らかにせず、情報操作、隠蔽が続いている現状を批判、防衛省の体質を問題とした。

 また、「与党が、民主党が審議拒否しているように見せたいとしている」との記者の質問に答え、山岡委員長は、「早く法案を出せと言ってきた。参議院選挙後、3カ月も経ってようやく法案を出してきたのは政府の方。私どもは審議拒否をしていない。むしろ審議を拒否しているのは自民党。(証人喚問など)都合の悪いことを拒否している」と強く批判した。
http://www.dpj.or.jp/news/dpjnews.cgi?indication=dp&num=12073

コメント

新嘗祭に粟を献上

2007年10月23日 10時30分02秒 | ●YAMACHANの雑記帳

市民時報より

新嘗祭に赤保木町の農業大坪博司さんが栽培した粟が献上される。
県内では今年は高山が粟を献上する番らしい。

ちなみに大坪さんは愚妻の従兄弟同士らしい(^^)
コメント

早期退陣が望まれる自民党最後の政権“福田内閣”

2007年10月19日 20時57分57秒 | ●YAMACHANの雑記帳
今日も、日刊ゲンダイから引用
 もどかしい政治が続いている。テロ特措法の延長だ、いや新法だ、ISAF参加かなどと遠く離れたインド洋上の不毛の議論より、国民生活に直結する政策を論じることこそ先決ではないのか。小泉政権以降、国民は増税や社会保険料などの引き上げで9兆円の負担増を強いられている。そこに追い打ちをかけるように物価上昇の波が襲ってきた。国民は待ったなしの苦境に立たされている。一刻も早く民意を国政に反映させるためには衆院の早期解散・総選挙が必要だ。「生活が第一」を掲げる民主党に政権が渡れば国民生活はガラリと変わる。福田内閣は自民党最後の政権になるしかない。
http://www.gendai.net/

朝日新聞より引用
「立法府が初めて官僚支配から脱した」 小沢代表が講演
2007年10月19日20時35分
 民主党の小沢代表は19日、京大大学院で「民主主義」をテーマに講演した。与野党の勢力が逆転した参院で「年金保険料流用禁止法案」など同党提出法案が可決する可能性が高まった状況を受け、「立法府が初めて官僚支配から脱した。これまで日本では役人が法律を作ってきたが、そうでない事態が起こりつつある」と指摘。政権交代の意義を強調した。

 学生から「マニフェスト(政権公約)はもっとポイントを絞ってはどうか」との質問もあり、小沢氏は「その通りだ。僕もそう思って党には指示している」と応じた。
http://www.asahi.com/politics/update/1019/TKY200710190422.html

<2007民主党岐阜県連躍進レセプション>
日時:2007年11月10日(土)午前10:30~(受付9:30~)
会場:岐阜グランドホテル 岐阜市長良648 TEL058-233-1111
会費:10,000円(お一人様)
*この催事は政治資金規正法第8条の2項に規定する政治資金パーティーです。
コメント

「イラク特措法廃止法案」を参議院に提出

2007年10月18日 17時40分53秒 | ●YAMACHANの雑記帳

民主党は18日午前、「イラクにおける自衛隊の部隊等による対応措置を直ちに終了させるためのイラクにおける人道復興支援活動及び安全確保支援活動の実施に関する特別措置法を廃止する法律案(イラク特措法廃止法案)」を参議院に提出。発議者を代表して浅尾慶一郎『次の内閣』ネクスト防衛大臣、犬塚直史同外務副大臣、白眞勲参院議員が事務総長に手渡し、直後に会見を行った。

 浅尾ネクスト防衛大臣はまず、法案提出に際して「イラクから自衛隊を即時撤退」と記した参院選挙のマニフェストを実現したものであると明言。「国民の生活が第一」を実行する「年金流用禁止法案」等の生活関連法案と同様、国民への約束を粛々と果たす民主党の姿を際立たせた。

 内容は、過去に衆・参3回提出したものと同じく、イラクに派遣されている自衛隊の撤退を直ちに求めるもの。政府提出の「新テロ対策特別措置法案」への対応も含めた、民主党のテロ対策方針のとりまとめとの違いを強調した。また、「民主党は決して日米関係を軽んじていない」と主張。そのうえで、「民主党はかねてからイラク戦争に反対であり、安全保障における原理原則が必要、との観点からイラク戦争はその原理原則に反しているので活動を廃止するべきとの結論に至った」と改めて説明した。

 参議院での法案審議においては、海上自衛隊の給油燃料のイラク作戦への転用疑惑についても追及する可能性を示唆。衆議院での「新テロ対策特別措置法案」の審議と同時進行で参議院では「イラク特措法案」の審議を行うことになるだろうとの見解を述べた。
http://www.dpj.or.jp/news/dpjnews.cgi?indication=dp&num=12039


+++++++++++++++++++++++

そうだそうだ。同時進行でやらないと効果も半減する(^^)
コメント (2)