蘭の国から

自生地や我が家の蘭の生育日記など

金牡丹

2018年02月07日 | 富貴蘭(金牡丹・黒牡丹)

今日は金牡丹です。




といっても、絵です。

黒崎陽人先生宅に初めてお邪魔した際譲っていただいた、思い出の絵です。
可愛さがあふれ出ていて、いつも癒されてます。


















先生の東洋蘭の絵は子供の頃から目にする機会も多かったですが、富貴蘭の絵については比較的後年に描かれたため、
見かけることは少ないかと思われます。

もう20年近く前でしょうか、この絵を見て、富貴蘭も描かれるんですねとお聞きすると、
はじめて自分のために描いた富貴蘭の絵だとのこと。

是非ともほしいと思い、連れてってくださった宮崎さんに小声で「お願いしてもかまわないでしょうかね?」と聞くと、
「大丈夫でしょ」とのことでしたのでお願いすると、「いいですよ、描きますよ。」とおっしゃいました。

でも図々しい私は「ありがとうございます、でもできることなら、先生がご自分のために描いたというこの絵が欲しいです。」とお願いしてしまいました。
「これをかね・・」と一瞬躊躇されましたが、「はい!」と私の笑顔が気に入ってくださったのか、譲ってくださいました。

お宅を出てから宮崎さんに「よかったね。でもいきなりあんなお願いするからびっくりしました。」と
苦笑いされてしまいました。

先生は数年前に鬼籍に入られてしまい、今では懐かしい思い出です。
この絵は私の部屋のコーナーに掛けてあり、朝晩毎日眺めてます。


絵の上は居間と同じく欅鉢をランプシェード代わりに使ってます。









といっても、部屋に入ったらすぐ寝るので、実際に点けることはほとんどありませんけど。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ジュエルの庭 | トップ | テーブルの鉢  »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (修学院)
2018-02-08 10:58:38
黒崎先生の御名は陽人さんではなかったでしょうか。
Re:Unknown (蘭の国の住人)
2018-02-09 21:23:10
修学院さんこんにちは

ご指摘ありがとうございました。
ご存命だったら叱られるとこでした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

富貴蘭(金牡丹・黒牡丹)」カテゴリの最新記事