蘭の国から

自生地や我が家の蘭の生育日記など

アマミ系牡丹芸?覆輪

2017年07月31日 | 富貴蘭(縞)



昨年、華幸園さんの棚で見つけた(?)アマミ系のちょっと変わった柄です。



普段目にするアマミ系品種の多くは、良くも悪くも完成し切ったものがほとんどで、
この木のように「これからどうなっていくのだろう?」と思わせてくれるものは、新鮮な印象を受けます。















もちろん山採りではありませんが、最近山から採って来たかのような気にさせてくれます。

さて、どう仕上がってくれるかな。





コメント

冠雲峯

2017年07月29日 | 富貴蘭(縞)


あれから3年1ヶ月、大型化した木から出た黄縞の木で、
葉先が丸止めに、葉姿の変化したタイプの冠雲峯です。






冠雲峯は斑のバラエティーだけでなく、このタイプ以外にも、
柄無しのくせに剣葉のような細く尖った葉姿のものまで存在します。

根はどれもシワシワの赤根で、白縞系はルビー根を出しますが、
このタイプの縞は、やや綺麗な赤根止まりです。



さてこの木は斑のタイプとしては平凡ですが、縞の流れ具合は最高です。











このくらいの柄だと、どんな品種であっても素晴らしいですね。

でも、なかなか良い子が出てくれないところがまた、
焦れったくてもどかしくて、よけいに惹かれるものです。





派手な子派手な子、覆輪になぁ〜れ!


コメント

卑弥呼

2017年07月27日 | 富貴蘭(葉変わり)


あれから6ヶ月、一番大株の卑弥呼です。



面白い咲き方をしてたので、撮影しました。











戦艦卑弥呼が砲撃してるみたいです。

このタイプの葉変わり品種は皆、花も少しだけ変わっていて、
まぁ、花変わりと言う程のものでは無いかもしれませんが、
木に似合った雰囲気の花を咲かせます。
中でも、糸青海の木と花のバランスが、秀逸です。

さて、最近大株の植え替えが億劫になってる私ではありますが、
まだ株の形は悪くなってないので、暫くはこのまま割らずに作ろうかな、と思ってます。

早く三昧さんの植え方をマスターしなくてば。





コメント

於多賀中斑

2017年07月25日 | セッコク・キバナノセッコクなど

あれから2年1ヶ月、久しぶりのオタナカです。



他人に聞かれたら、オタナカは特にミズゴケの傷みを嫌うので、
頻繁に植え替えた方がいいですよ!なんて言っておきながら、
だいたい2年に1度しか植え替えないため、1年は良くて2年目は傷めて、
また次に回復、といったサイクルを繰り返してまして、今年は回復の年です。

我が家のオタナカは全部で6鉢、ちょうど吊り枠一つに収まってます。


















これ以上殖えても変化が楽しめるわけでもないし、なんて思ってましたが、
一昨年くらいから春の出芽が白っぽいのがあるような・・・程度に思ってたものが、
どうやらちゃんと芽変わりしてる感じです。








正直、私はオタナカよりもキバナの舞鶴や神衣の方が好きなので、
あまり気に留めてませんでしたが、滅多に廻り合えないことなんでしょうね。

来年の春にはちゃんと芽出しから観察しなくちゃ。


コメント

赤兎

2017年07月23日 | 富貴蘭(花)

まぁ、変わった花!とおふくろが声を上げてました。赤兎です。





蕾の時の写真も撮っておけば良かったのですが、蕾の時にはその血のような色と、
三つ爪のような距の形から凄味を感じる、ちょっと異様な雰囲気です。

それが開くと、真っ赤なバニーちゃんになります。





距が余分に2本増えたのではなく、花弁の下半分が舌化してるため、そこから距が出てます。





フウランの花変わりの中で、純粋なフウランとしては一番派手な花ではないでしょうか。





コメント