純風満蘭 富貴蘭・風蘭ブログ 着生蘭よもやま話

風蘭(フウラン)、富貴蘭と石斛(セッコク)、長生蘭など着生蘭栽培日記、ブログ。求むコメント。請うアドバイス。読書登録歓迎

大壮冠

2019-07-19 21:22:16 | 富貴蘭・風蘭
これ から割った子孫だそうです
 
豆葉はあまり持っていないのですが、たまにはね
 
この木の親は富嶽なのかは知りませんが「『富嶽』の功罪」を知らない世代としては、散り斑に何の抵抗もありません。きれいですね
 
覆輪になるのかは神のみぞ知るかしら
 
3本立ちぐらいになったら、小株の部にチャレンジできるかも
 
また全国大会への目標ができました
 
豆葉もます。
2170000大壮冠(てじゃんかん)(韓国、奄美系実生)【風蘭】【波型・山型付け、泥軸、泥根、〓花】豆葉の黄覆輪芸。葉は肉厚で幅広く葉重ねが良い。柄は縞に散斑が入っていて美しい。2019年7月7日、四国山草園。
コメント

好好爺

2019-07-18 09:29:42 | 富貴蘭・風蘭
 
奥深い 富貴蘭さんが投稿されていましたので、うちのもと、ご紹介。
 
葉は入手時8枚、いま9枚
 
ヘタレです
 
ことしの葉はクネって出芽したものですから、大慌て
 
杞憂だったようで、無事に次に天葉の頭が見えています。葉にはチラチラと柄があるような無いような
 
根色もこんなにきれいな色です。ドーンと白縞でも出てくれないかなぁ
 
あゝ、もう横浜・関内駅に到着しました。さぁ、お仕事モードに切り替えです
 
ます。
1400000好好爺(こうこうや)(高知県安芸郡東洋町生見(いくみ)産産)【風蘭】【山型付け、泥軸、泥根、〓花】墨芸。複雑な細かい柄の影響で葉姿が変化。1980年代発見。地元で「ポンカン園の豆葉」と呼ばれていた。白縞にルビー根の個体も出ている。2017年2月10日。
コメント

富貴蘭 花の祭典「東京フウラン展」

2019-07-14 15:01:36 | 富貴蘭・風蘭
1真月(Shingetsu)
 
2夜須羽(Yasuha)
 
3花纏(Hanamatoi)
 
4流星(Ryusei)
 
5雷紅丸(Raikou maru)
 
6豆赤(Mame aka)
 
7長門丸(Nagato maru)
 
8星花火(Hoshi hanabi)
 
9赤兎(Aka usagi)
 
10黎明(Reimei)
 
11千代の寿(Chiyo no kotobuki)
 
12姫雷山(Hime raizan)
 
13芙蓉(Fuyo)
 
14金剛宝(Kongouhou)
 
15緑法師(Midori boushi)
 
16雷紅(Raikou)
 
17花祭(Hana matsuri)
 
18朱天角(Shutenkaku)
 
19紀州緑宝(kishuu ryokuhou)
 
20翠扇(Suisen)
 
21卑弥呼(Himiko)
 
22弁天(Benten)
 
23岬の蝶(Misaki no chou)
 
24舞鶴(Maizuru)
 
25白山吹(Shiro yamabuki )
 
26千載丸(Senzai maru)
 
27裏甲龍(Ura kouryu)
 
28雷山(Raizan)
 
29猩々の縞(Shoujou no shima)
 
30梅王丸(Baioumaru)
 
31福良雀(Fukura suzume)
 
32紫式部(Murasaki sikibu)
 
33金星(Kinboshi)
 
34星花火(Hoshi hanabi)
 
35緑千寿(Midori senju)
 
36鳳玉(Hougyoku)
 
37西出都(Nishide miyako)
 
38青海(Seikai)
 
39翡翠(Hisui)
 
40綾の花(Aya no hana)
 
41黄金錦(Kogane nishiki)
 
42西出八千代芸墨(Nishide miyako yachiyogei sumi)
 
43淀の松(Yodo no matsu)
 
44紅天道(Benitendou)
 
45極紅紺縞(Kyokkou konjima)
 
46西隆宝(Seiryuuhou)
 
47建国縞(Kenkoku shima)
 
48緋燕(Hien)
 
49三翠殿(Sansui den)
 
50三笑殿(sanshou den )
 
51天紅梅縞(Tennkoubai shima)
 
52琥珀殿(Kohaku den)
 
53麒麟丸(Kirin maru)
 
54金牡丹(Kin botan)
 
55黒牡丹No.1(Kokubotan no.1)
 
56狐峰(Kohou )
 
57紅嚇殿(Koukaku den)
 
58青軸富嶽(Aojiku fugaku)
 
59朝日殿(Asahi den)
 
60黄宝(Kihou)
 
61翡翠(Hisui)
 
62大黒殿(Daikoku den)
 
63紅天狗(Beni Tengu)
 
64翡翠(Hisui)
 
65紅天狗(Beni tengu)
 
66南国の舞(Nangoku no mai)
 
67桃山香(Tousanka)
 
68金孔雀縞(Kinkujaku shima)
 
69緑王梅(Ryokuoubai)
 
70曼珠沙華(Manjushage)
 
71赤兎(Aka usagi)
 
72金幽晃(Kinyuukou)
 
73紅天狗(Beni Tengu)
 
74紅陽(Kouyou)
 
75春及殿(Shunkyuu den)
 
76天女の舞(Tennyo no mai)
 
77春及殿(Shunkyu den)
 
78花纏(Hana matoi)
 
79小鈴丸(Kosuzumaru)
 
80白大覆輪朱天王(Shio dai fukurin shutennou)
 
81烏天狗(朱天王紅覆輪)(Karasu tengu, Shutennou beni fukurin )
 
82島の小紅(Shima no ko beni )
 
83紅孔雀(Beni kujaku)
 
84
 
 
85鶺鴒(Sekirei)
 
86雪中松(Sechuushou)
 
87黄金錦(Kogane nishiki)
 
88白玉の華(Shiratama no hana)
 
89麒麟丸(Kirin maru)
 
90海皇丸(Kaio maru)
 
91花祭(Hana matsuri)
 
92朱天(Shuten)
 
93赤兎(Aka usagi)
 
 
紅夕陽(Beni yuuhi)
 
富貴蘭 花の祭典「東京フウラン展 〜風に香る樹上の天使たち〜」(15回目、日本富貴蘭会主催)
 
日時:2019年7月13日午前9時~午後5時、14日午前9時〜午後3時まで。入場無料。
場所:上野グリーンクラブ(東京都台東区上野公園3-42)1階:即売会場、2階:展示、休憩スペース、イベント会場。
 
樹木に着生するフウランは初夏に美しい花を咲かせ、夕方から夜にかけ馥郁な香りを漂わすことから「樹上の天使」とも表現されている。全国の趣味家らが開花時期に合わせて毎年、自慢のフウランを展示。富貴蘭専門業者ら(15社出店予定)が販売も行う国内最大級の花のイベント。参加資格は日本富貴蘭会員(当日入会可)。12日午前11時〜午後2時までに会場に持参するか、出店業者に展示を依頼する。2019年から名称が「彩と香の富貴蘭展示即売会」から変更された。
 
<イベント>
◇13日午後1時半から
・講演「樹上の妖精 フウラン その生態と園芸植物としてのおもしろさ(谷亀高広さん)」
(趣味の山野草 提供)
 
◇14日午前11時から
・ディスカッション「膝を交えてラン談義『富貴蘭の植え替え 』(清水秀樹(日本富貴蘭会長)後藤保(同副会長)、野町敦志(同)」(園芸JAPAN 提供)
 
3氏の植え替え講演会を楽しく拝聴しました
<即売会業者>
愛楽園(愛知県)、桜井園芸(静岡県)、三香園(香川県)、シード園芸(静岡県)、 Seed 園芸(山口県)、四国山草園(神奈川県)、実幸園(大阪府)、杉浦園芸(愛知県)、鈴木園芸(高知県)、千野鉢(兵庫県)、天山工房(東京都)、東海園(静岡県)、 TOKYO酒田(東京都)、花ごよみ(広島県)、丸道園芸(愛知県)
 
後援:日本伝統園芸協会、月刊誌「趣味の山野草(栃の葉書房)」、月刊誌「園芸JAPAN(エスプレス・メディア出版)」
コメント (4)

富貴蘭 花の祭典「東京フウラン展」

2019-07-13 23:00:55 | 富貴蘭・風蘭
ザックリで、すいません
あす全展示品をアップしますね
明日は3氏によるディスカッションです。プレッシャー掛けておきましたので、ぜひ見に来てください
 
 
 
 
 
 
 
 
イベントも大盛況でした
 
富貴蘭 花の祭典「東京フウラン展 〜風に香る樹上の天使たち〜」(15回目、日本富貴蘭会主催)
 
日時:2019年7月13日午前9時~午後5時、14日午前9時〜午後3時まで。入場無料。
場所:上野グリーンクラブ(東京都台東区上野公園3-42)1階:即売会場、2階:展示、休憩スペース、イベント会場。
 
樹木に着生するフウランは初夏に美しい花を咲かせ、夕方から夜にかけ馥郁な香りを漂わすことから「樹上の天使」とも表現されている。全国の趣味家らが開花時期に合わせて毎年、自慢のフウランを展示。富貴蘭専門業者ら(15社出店予定)が販売も行う国内最大級の花のイベント。参加資格は日本富貴蘭会員(当日入会可)。12日午前11時〜午後2時までに会場に持参するか、出店業者に展示を依頼する。2019年から名称が「彩と香の富貴蘭展示即売会」から変更された。
 
<イベント>
◇13日午後1時半から
・講演「樹上の妖精 フウラン その生態と園芸植物としてのおもしろさ(谷亀高広さん)」
(趣味の山野草 提供)
 
◇14日午前11時から
・ディスカッション「膝を交えてラン談義『富貴蘭の植え替え 』(清水秀樹(日本富貴蘭会長)後藤保(同副会長)、野町敦志(同)」(園芸JAPAN 提供)
 
<即売会業者>
愛楽園(愛知県)、桜井園芸(静岡県)、三香園(香川県)、シード園芸(静岡県)、 Seed 園芸(山口県)、四国山草園(神奈川県)、実幸園(大阪府)、杉浦園芸(愛知県)、鈴木園芸(高知県)、千野鉢(兵庫県)、天山工房(東京都)、東海園(静岡県)、 TOKYO酒田(東京都)、花ごよみ(広島県)、丸道園芸(愛知県)
 
後援:日本伝統園芸協会、月刊誌「趣味の山野草(栃の葉書房)」、月刊誌「園芸JAPAN(エスプレス・メディア出版)」
コメント

朱天童子

2019-07-12 22:26:28 | 富貴蘭・風蘭
四国山草園のセリ会で入手した別個体の「朱天童子」です
 
開花していましたから、これとの比較にために入手しました
 
薄っすらと紅を浮かべ美しいですね
 
美酒に酔い、美花に安らぐ
 
雨後の夜を楽しくしてくれます
 
 
展示会に持っていくのは来年になりますね
 
さて、あすは 上野の展示会 です。早めに来場して、バシバシ写真を撮らねば
 
撮影ます。
2030100朱天童子(しゅてんどうじ)(実生)【風蘭】【波型付け、泥軸、赤根、赤花】「朱天王」をセルフ実生して葉尺の詰まった選別個体を雷山と命名。その「雷山」をさらにセルフして豆葉と呼べる個体を選別して「朱天童子」と命名した。「朱天童子」はグループ名で個体差があり、丸弁に咲く個体は「神楽坂」と命名されている。2019年6月29日、第28回四国山草園富貴蘭展(S.K氏)。
コメント