珊瑚の時々お絵かき日記

成長した二人の子供は独立、夫と二人暮らしになった主婦の日々。

明日から留守にします

2013年03月25日 20時55分13秒 | 日々のこと

明日から、娘の引っ越しのお手伝いに行ってきます。

朝一の飛行機なので、ちょっと辛い

子供の時からずうっと、早起きが苦手です。

でも、そこは良くしたもので、夫は早起きが得意。

おかげさまで、安心して眠れます

私一人なら、いっそ寝ないでおこうか、ということになりかねません。

 

空港までのバスの中で眠れるので頑張ります。

 

コメント (6)

桜は来年に

2013年03月23日 09時30分12秒 | 日々のこと

今日あたり、東京の桜は満開、お花見は最高潮だそうだ

どうして今咲くの~~

いつもなら来週末辺りが見ごろなはず。

その頃なら私たちは東京にいる。

ラッキー、またお花見ができると喜んでいたのに・・・

娘が東京に転勤することが決まり、引っ越しについて行くのだ。

名古屋の桜には間に合うけれど、引っ越しの準備でそれどころじゃないだろう。

 ああ、残念、でも仕方がないわ。

31日に送り出した荷物が到着するのは4月2日。

4月1日は丸一日観光だ。

リニューアルした東京駅、歌舞伎座、新宿伊勢丹、

見たいものはたくさんある

娘の新しい住いは、住んでみたい町ナンバー1と言われている吉祥寺だ。

最近殺人事件があって、ちょっと気になるところだけれど、

それを言っていたらどこにも住めなくなってしまう。

ラッキー、と考えることにしよう。

 

娘が東京に転勤することで、ぐっと距離が近くなった気がする。

中部国際発千歳行きの飛行機の便数に比べて、羽田発千歳行きははるかに多い。

格安便もたくさんある。

実際には、朝起きて気が向いたから行こうかな、とは行かないけれど、

気分的にはそれに近い。

桜は来年の楽しみにとっておこう

 

 

コメント (6)

腹の立つこと

2013年03月21日 00時01分03秒 | 日々のこと

最近腹の立つことが多い。

うう~む、ちょっと違うかな。

以前は、一瞬頭に来てもたいして気にしなかったことが、

この頃、カッカカッカして、一言、いや二言三言言わなければ気がすまない。

年のせいだろうか。

今日も今日とて、ヨーカドーでのこと。

母のところへ持って行くのにタバコを買おうと売り場へ行った。

ヨーカドーではなぜかお菓子屋さんの一角でタバコを売っている。

、50代の女性店員さんが一人、ちょうど箱詰めのお菓子を包装していた。

お彼岸だからお使い物にするのかもしれない。

ああ、運が悪い、時間がかかるな~と観念してじっと待っていた

すると、反対側にもう一人お客さんがやって来た。

私と同じで静かに待っている。

それを見た店員さんは、お菓子の箱を包みながら、肩に乗せた電話を器用に顎で支え、

応援を要請した。

当然ね。

2.3分で中間管理職と思しき中年男性がやって来た。

おお、来た来た。

次は私ねと、思ったら、ちょうどそこへやって来た男性客の注文を引き受けてるじゃない

ちょっと待ってよ、私が先でしょ。

声をかけようと思ったが、すでに彼は、せっせと一番新しいお客さんの対応にいそしんでいる。

ムカッとしながら待っていると、やっと先にいた店員さんがやってきた。

申し訳ありませんと謝られたけれど、私の気持ちは納まらない

担当のこの人が、こちらのお客様をお願いしますと、応援の社員に指示すべきだと思う

上司かどうかは関係ない。

「待っている順番でやっていただけないのかしら?」

と抗議すると、申し訳ありませんと、ただただ謝る。

でも、納まらない。

「誰が先に待っていたか、あなたが支持しなきゃいけないんじゃないですか?」

「はい、申し訳ありません。」

この人、口先だけね。

その男性社員もおかしい。

誰が先か尋ねるべきだ。

管理職として、それでいいのか!

もっとも、管理職かどうかは不明だけれど。

他人事なら、そんなことに目くじらたてなくたって、というところだ。

でも、いざ自分のこととなると、そうはいかないのよね。

こういうことって、けっこう腹立たしい。

 

ヨーカドーさん、

私はね、お買い物の80%はお宅でしているのよ。

しっかりしてよね

ご意見箱に投書してやる~と思ったけれど、面倒くさいからやめておいた。

詰めが甘いのよね~私も

 

 

コメント (6)

もうすぐ春

2013年03月20日 09時45分16秒 | 日々のこと

いつものことだけれど、またさぼり癖がでてしまった。

5月で仕事を辞めるかどうか、ほぼやめることに傾いているけれど、

やはり幾分の未練がある。

いっしょに働いてきたOさんともついこの話題になってしまう。

何となく、お互いに、相手がが辞めたら自分も、みたいな気分だ。

ただ、Oさんは私より1歳しか年下じゃないのに、ご主人が現役。

我が夫は年金生活。

我が家は、私が辞めたら夫の年金だけの生活になってしまう。

言っても仕方がないことだとわかっているが、若い夫と結婚するんだったなぁ・・・

あ、おとうさん、ごめんなさい

本気じゃないからね

まだ少し時間があるから、もうちょっと悩んでみよう。

春になったら、やる気が出るかもしれないしね。

 

コメント (4)