休耕田のハーブたち

新潟の風土で元気よく育っている
休耕田のハーブたち。
ハーブたちの四季とハーブを通した生活を
ブログにしました。

やっとやっと…

2020-07-05 18:45:03 | ガーデン便り
久しぶりに裏へ行くとやっとやっとグリーントマトが芽を出していました。


↓以前、グリーントマトを地に置いただけ



↓今日見るとそれぞれのグリーントマトから芽がたくさん


Facebook情報を真似ましたが、それぞれの芽の中から元気なものを一本だけ残せばいいのかな。



ミニトマトもやっと赤くなっていました。

↓以前の様子


↓今日赤くなっているのに気付く





そして、ゴボウの花もやっとやっと色付きだして。

↓ずーと前


↓ちょっと前


↓今日


※裏のゴボウのつぼみはまだまだ色付く兆しなし



やっとやっと昨年の秋に植えたビオラの鉢の手入れに取りかかりました。


↓昨年の秋、植えた直後



5月6月と伸びた茎を剪定して手入れをしていたらキレイすぎて今年は抜くのがもったいないような状況になり。

↓今日の鉢の



やっとインパチェンスに植え替えようと思い切りましたが…。



ピオラを捨てきれず…。
ビオラとインパチェンスを混植しました。


バラのアーチの下なので10日ほど経ってインパチェンスが根付く頃に見事になるはず。


気になっていた作業をし終えてほっ。


今年はマートルに花芽が付かなくて💧



斑入りマートルにも花芽がない❗️



裏へ行くとプランターの中の挿し木二年目の中の一本にわずかに花が付いていました。


きれい❗️


来年はマートルの木に花芽がいっぱい付きますように。
コメント

梅のらっきょう酢漬け

2020-07-04 22:51:27 | クッキング
今年も梅を頂きました。



昨年は梅干しと青梅煮を作りました。

今年は簡単梅仕事、
らっきょう酢に漬けるだけのらっきょう酢漬けを作りました。


洗って数時間水に浸し



水分をとばして



殺菌した瓶に入れてらっきょう酢を注ぐだけ。

数ヶ月保存すると食べられるとか。


注いでたった一日できれいな梅色↑からクリーム色↓に。


食べ頃は二ヶ月後~。

どんな味かはおばちゃんも初挑戦なので???

話では
梅とは信じられない❗️
美味しい❗️とか。


昨年は梅干しと青梅煮を作りました。

梅の時季になったのに昨年の青梅煮が一瓶残っていました。




あらあらっ、まだ残っていたのね。


早速、寒天寄せにして美味しく頂きました。



梅のらっきょう酢漬けの味も楽しみです。


それにしても便利な時代になりました。
自分で調合しなくてもらっきょう酢が売っているんです。




これ一つで色々なものが漬けられます。
しかも美味しい❗️

らっきょう酢は主婦(?)の強い見方です。
コメント

休耕田は花盛り

2020-07-03 06:32:31 | 休耕田のハーブ
休耕田地方は今、梅雨の真っ最中です。

今年こそ増えてほしいな、と願っていた赤いベルガモットがやっと咲いたと思ったら…。



林のようになったヤナギバタムラソウの陰になっていました。



増えすぎて相当抜いたピンクベルガモットはいい分量の花数に収まりました。



やっとミルクシスルの花芽が上がってきました。





Aさんは10日前の報告で花が咲きました❗️と。

苗をプレゼントしたBさんは我が家の方がもうちょっと背が高いような、と。

うれしい便りによかったな、と思うばかりです。


八兵衛さんのエンドウ豆がいい具合に伸びて美味しそうになってきました。





近所の方にキレイですね✨と云われるのがバーベイン。

白、ピンク、紫が揃ったので家に持ち帰って飾りました。






きれい❗️

一つ一つの花は目立たないけど、集まるとキレイ。

一人大満足です。
コメント

ニンニクのしょう油漬け

2020-07-01 17:36:45 | クッキング
数ヶ月前に、“ニンニクのしょう油漬けが身体にいいらしい❗️”と知り合いが作る気満々で言いました。


確かにネット検索でも引っ掛かり、ポプュラーなのかなぁ、とおばちゃんも作る気満々になりました。


休耕田の不揃いなニンニクをしょう油漬けにすることにしました。


下準備は、皮を剥き洗って水分をとり、



消毒した容器に入れて、お酢を注ぎ三日三晩置く。



三日三晩経ったらお酢を捨て、



しょう油を注いで後は寝かせて置くだけ。





三ヶ月位で食べられるそうです。
(※一、二年置いても大丈夫)

ニンニクはそのまま食べてもよし、(ニンニク臭がしないとか)お料理に使ってもよし、とか。

もちろん、しょう油もお料理に使えるそうです。


きっとニンニクもお料理も旨いはず。

作り方を教えてくれた彼はもうあちらの世界に行ったため、“おいしかったよ、ありがとう。”と報告もできませんが…。


気になっていたニンニクのしょう油漬けができた満足感と休耕田の不揃いなニンニクを一度に使うことが出来た喜びで一安心のおばちゃん。


今度は休耕田の美味しそうな赤シソ青シソが気になり出しました。

こちらもなんとか生かしてあげなければ…。


イワシの青シソロール揚げレシピを見付けて早速クッキング。





うーん、美味。


余ったシソの葉(青シソ➕赤シソ)でおばちゃん家の家庭の味(?)シソ味噌を作りました。



おばちゃんはご飯とシソ味噌だけで軽くご飯一杯はいけます。


三日三晩漬けたお酢は捨てずに再利用です。

炒め用のタマネギを入れておいたらニンニクを入れないのに食欲をそそるニンニク臭が。


お酢を捨てずによかったわぁ。


キッチンを見回すと、

一週間前に仕込んだまだ発酵途中の桑の実の発酵ジュースが。




“四人の泥棒の酢”も“ラベンダーチンキ”ももうちょっと抽出が必要ね。




などと思いながらキッチンの椅子に座っています。


さてと、これから夕食の準備をしようかな。
コメント

ラベンダーで遊ぶ

2020-06-29 18:10:14 | クラフト
毎年、ラベンダー好きの友だちとラベンダーの時季にラベンダー遊びをしています。


Aさんは
“今年もラベンダーバンドルズを作りたいわ。”

Bさんは
“今年は花かごを作りたいわ。”

とそれぞれ作りたいものが決まっていて。

プラス
Aさんは剪定したばかりのコニファを持参、

Bさんはたくさんのラベンダーを持ってきてくれました。


それぞれ、早速、作業に取りかかります。




Aさんはこんな感じに仕上がりました。↓


※剪定したばかりのコニファで急遽、庭の花などをプラスしてスワッグも作りました。





Bさんはこんな感じに。↓






“作っているこの時間がいいのよね。”など言い合って、見せ合って、各自が持ってきた自慢のお菓子を頂だいて解散することに。



友だちが帰った後、おばちゃんは残り物で黙々と作業です。










久し振りに、じっくりとラベンダー遊びに浸ることができた一日でした。


じっくり取り組めるきっかけをつくってくれた友だちに感謝です。
コメント