goo

主人公

2004年の気付きのビフォア・アフターで、大きく変わったことの一つが、「言葉」に対する感覚です。

この感覚の変化をどのように伝えたら良いのか、いまだ的確な言葉が見つからないのですが、本当に、本当に、大きく変わったことの一つです。

それは、「ネガティブな言葉」が「ポジティブな言葉」に置き換わった、だとか、「言霊を意識するようになった」とか、そういうことではありません。

「言葉を知らなかった」という事実に、非常に驚いたのです。

いえ、もっと正確に言えば、「言葉を知らない」というよりも「言葉が指しているものを知らない」ということでした。

それまで、様々な言葉をなんの疑いもなく使っていました。

たとえば「愛」。あるいは「神」。そして「命」。

言葉は知っているのに、その言葉が何を指しているのかを知らないということに気づき、とても変な気持ちになったのです。

どうでしょう。

あなたは「愛とは何か」「神とは何か」「命とは何か」と尋ねられて、答えることができるでしょうか?

僕には、できませんでした。

それなのに、知ったつもりで生きてきた、そのことに、驚きがあったのです。

「命を失う」と言いながら、その「命」が何なのかもわかっていない。

でも、わかっていないことに気づくこともなく、「失う」と思っている。

もしも「私」が「命」を失うのであれば、「私」は「命」ではなく、その「保有者」ということになる。

では、命ではないその保有者、私とは、一体なんのことなのか。


どれほど雲さんに『探したところで見つからないよ』と言われても、その意味がわからず、モヤモヤしていました。


そういった事を切っ掛けに、僕は辞書や語源を紐解くのがとても好きになったのです。

このブログでも、ちょいちょい、辞書からの引用が出てきますでしょ?

それは、そういうことがあったから。


で、昨日の夜。

渋谷での対面セッション中にそのエピソードの一つを思い出して、お話したんですね。


その言葉は、『主人公』。

すっかり「物語の主役」を意味する言葉として定着しているこの「主人公」ですが、元をたどると禅の言葉なのだそうです。

禅でいうところの「主人公」は、「本来の面目・すなわち仏性」を指すそうです。


僕たちは、「私」が「私の人生の主人公」という感覚になっているわけですが、この「主人公」という言葉をよくよく見てみると……

人生の「主人は私」などとは書かれておりません。

また、「主人は仏」とも書かれておりません。

なんと、「主人は公(おおやけ)」と書かれているではありませんか。


「公(おおやけ)」とは、「個の立場を離れて全体に関わること」となります。

ねぇ、やっぱりなんだか『ワンネス』の話になっていく。


「気づいたら、個がなくなりワンネスに溶け込む」のではなく、「気づいていようがいまいが、ずっと、主人は公だった」。

最近、こんな妙な気づきを迎え、変な感覚に苛まれる方、あるいは、そういった気付きはないが、「何かが違う」という違和感にとらわれている方が増えてきているようです。

ここ数年で、そういった方々との出会いや、ご相談を受ける機会が、本当に多くなりました。

でも、大丈夫。

結局全部を動かしている主人は、「私」ではなく、やっぱり「公」ですから。


*****


さて、本日は毎月恒例の三鷹でのお話会です。

これまで通り、事前のご予約などは不要です。

参加費はお一人様2,000円となっております。(10月の増税以降は、料金を改定させていただこうと思って入ります。)

ご都合がよろしければ、ぜひ遊びに来てください!

平日のお話会「月イチ☆」

◎8月9日(金)19:30〜(開場は19:00) 東京:三鷹産業プラザ 703会議室





その他、インフォメーションいろいろ



平日のお話会「月イチ☆」

◎8月20日(火)19:30〜 名古屋:ウインクあいち 1008会議室
◎8月21日(水)19:00〜 大阪:大阪産業創造館 会議室B

 参加費:東京2,000円、大阪・名古屋2,500円

上記、平日のお話会は事前のご予約は不要の当日会場受付となります。
お気軽にご参加ください。

*****



【日時】9月16日(月・祝) トークライブ 14:00〜/アフターパーティ 17:00〜
【会場】Nagatacho GRiD SPACE0 ルーム
【出演】白石泰三・堀内恭隆・雲黒斎

※詳細・お申し込みは【こちら】からお手続きいただけます。

**********

カウンセリングでも、セラピーでも、コーチングでもない、雲 黒斎とのプライベートトーク。
このセッションでは、どんなテーマにも囚われず、あなたの望むまま自由にお話を進めていきます。
これまで雲 黒斎のブログや書籍、トークライブなどに触れた事で生まれたアレコレに対する疑問から、
個人的な話題にいたるまで、1対1で90分間じっくりとお話します。
お話を伺いながら、気づきや、深刻さから抜け出るヒントをご提供いたします。

東京の平日、ナイト&ホリディに続き、名古屋・大阪での受付を開始しました。
月イチのお話会でお伺いする日程のみで、お受け出来る枠に限りがございますが、ご都合が合いましたらご利用ください。



詳細・お申し込みは【こちら】から


←応援してくれるのは、やっぱり「私」ではなく、「公」なんですよね。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

アンバランス

もともと更新頻度が安定しないブログではありますが、ここまで空白期間をつくったのは、多分、はじめてではないでしょうか。

『大人の事情』なんてタイトルの後、ピッタリと更新が止まっていたものですから、「いよいよどっかの事務所から圧力をかけられて、業界から干されたのか?」なんて思っていた方もおられるかもしれません(笑)


闇営業問題をめぐり、4月から謹慎処分を受けておりました、雲黒斎です、こんにちは。


っていうか、会社じゃないから直営業しかないし、そもそも誰から処分受けるんだって話でね。

反社会勢力の方からご依頼が入りそうなジャンルじゃないし。ねぇ。

むしろ、そういった方々が、ほんとに僕の話を聞きたいってお招きくださるのなら、僕にとっては闇営業どころかYummy営業なわけで。


さて、数年後には「なんのこっちゃ?」となりそうな導入はさておき。

みなさま、お久しぶりでございます。

それでもこれまでのログを読み返してくれる方々、また、何かのご縁で新たにこのブログを見つけてくれた皆様。

たくさんの方に支えられて、いまだ生きながらえております。謝謝。


で、この空白の期間に、僕がどうしていたのかと申しますと、実際に読者の皆様とお会いできるシチュエーションの方に夢中になっておりました。

長らく僕のことを知ってくれている方はご存知かとは思いますが、私、少々「過集中」の気が強くてですね、何かに夢中になると、他のことがすっぽり抜け落ちて、「そればっかり」になっちゃうとこがあるんですよ。

自分でも「不器用だなぁ」「アンバランスだなぁ」とは思っているのですが、そうなっちゃうから、しかたがない。


で、こんなこと言ってもタイミング的には言い訳にしか聞こえないかもしれないですけど、それでも聞いていただきたい。


もし、あなたが誰かに何かを伝えようとしているとして。

さらに、その伝えたい内容が、「言葉にできず、ニュアンスを伝えるのが難しく、なにかと誤解を生みやすい内容」だとして。

あなたは一体、どんなコミュニケーションをとりますか?


LINEやFacebookなどのSNS?

Eメール?

それとも、直筆のお手紙?

あるいは、電話?

はたまた、SkypeやZoomなどのサービスを使ったビデオ通話?


コミュニケーション手段はいろいろあるけど、やっぱり、「直接会って、直に話す」ってのが、一番スムーズに伝えられるとは思いませんか?

で、その話し方も、不特定多数の方に向けて、ではなく、「あなた」に向けて、一対一でお話したい。

いえ、もちろん内容次第では「顔を合わせることなんてできない」ってこともあるでしょうけどね。


そういうわけで、ここんとこはイベントやお話会、はたまた対面セッションといった、直接お会いすることができるシチュエーションに意識が向きすぎてしまっているところがあります。(現在進行系)


こうしてブログや本を出してるってことは、やっぱりなんだかんだ言っても、その根底にあるのは「伝えたい」ってことですから。

「その割には対面セッション始めたのは最近のことじゃないか」って声もあがりそうですが、だからこそね、今まで抑えていた分、その反動が出ているように思います。


そしてなにより、僕が思っていた以上の結果が、対面セッションの場で起き続けているから、面白くなっちゃって。

この1年半の間で、対面セッションを受けてくださったのは約300名の方々。

そのうち、はっきりとした啓発が起きたのが、3回。(これは、多いのか、少ないのか……)

対話を続ける中で、不意に「気づき」が起こり、笑いと涙が止まらなくなる。

その場に居合わせることができたことが、ほんとに嬉しくて。


これに限らず、お話しはじめと終わりとでは、本当に皆さん、みるみる表情が変わっていって、「受けてみて良かったです」と、そう言っていただけることが本当に多くて。


こういうことを書くと、やっぱり宣伝っぽさを感じさせてしまうし、なんだか自画自賛っぽいし、さらには、自分で自分のハードルを上げていることにもなっちゃうし……

だからこそ、どこか書きづらくてモヤモヤするものがあったんだけどね。

そういうブレーキも、少しずつ外してみようかと思って。


僕が話すことが、誰かにとってどんな意味や価値になるのか、僕自身にはわかりません。

でも、そこに大きな意味や価値を見出してくれる人がいるからこそ、僕も「はじめてよかったな」と思えます。

また、こうしたご縁をいただく中で、僕がお話できる表現の幅が広がったり、新しい切り口が見つかったり。


少しづつバランスを取り戻しながら、ここで得た経験をブログ用に変換し、再度シェアしていきたいと思っています。

そして、「対面セッションを受けたいけど、なかなか東京まではいけない」という声も多数いただいておりますので、ビデオ通話でのオンライン・セッションもはじめていく予定です。

ブログの更新がないときも、少なからずSNSでつぶやいている時もございますので、FacebookやTwitterのフォローやチェックもしていただけると幸いです。


でも、もし僕の話に興味をもっていただけたのなら、ぜひ一度は直接会いにきてください。

あなたとお会いできることを、楽しみにしております!




インフォメーションいろいろ



平日のお話会「月イチ☆」

◎8月9日(金)19:30〜 東京:三鷹産業プラザ 703会議室
◎8月20日(火)19:30〜 名古屋:ウインクあいち 1008会議室
◎8月21日(水)19:00〜 大阪:大阪産業創造館 会議室B

 参加費:東京2,000円、大阪・名古屋2,500円

上記、平日のお話会は事前のご予約は不要の当日会場受付となります。
お気軽にご参加ください。

*****



【日時】9月16日(月・祝) トークライブ 14:00〜/アフターパーティ 17:00〜
【会場】Nagatacho GRiD SPACE0 ルーム
【出演】白石泰三・堀内恭隆・雲黒斎

※詳細・お申し込みは【こちら】からお手続きいただけます。

**********

カウンセリングでも、セラピーでも、コーチングでもない、雲 黒斎とのプライベートトーク。
このセッションでは、どんなテーマにも囚われず、あなたの望むまま自由にお話を進めていきます。
これまで雲 黒斎のブログや書籍、トークライブなどに触れた事で生まれたアレコレに対する疑問から、
個人的な話題にいたるまで、1対1で90分間じっくりとお話します。
お話を伺いながら、気づきや、深刻さから抜け出るヒントをご提供いたします。

東京の平日、ナイト&ホリディに続き、名古屋・大阪での受付を開始しました。
月イチのお話会でお伺いする日程のみで、お受け出来る枠に限りがございますが、ご都合が合いましたらご利用ください。



詳細・お申し込みは【こちら】から


←圧力は、ここにかけて。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

大人の事情

いよいよ平成も終わりを迎え、令和が始まる。

何かの終わりは、何かの始まりだ。

……。

なんて、気取ったところでどうしようもない。

少々話しづらい内容なのではありますが、包み隠さずお話したいと思います。


昨日SNSでお知らせしたのでご存知のかたも多いかとは思いますが、拙著『ラブ、安堵、ピース』がひっそりと絶版を迎えておりました。

アマゾンのページでも、ずいぶんと長い間、中古品の出品しか表示されていませんでし、「まもなくkindle版の販売も停止いたします」という告知もしておりましたので、勘の良い方ならお気づきだったかもしれません。


この本が世に出たのは2016年の事。

以前このブログでも記載したとおり、もともと出版社ではないアウルズ・エージェンシーさんから出たわけでございます。

それもあって、「注文出荷」という、出版業界における一般的な流通経路をガン無視したスタートを切りまして、なかなかに大変な状況をかいくぐってまいりました。

ここで出版業界の専門的な話をしてもアレなので、ざっくり申しますと、「書店さんが注文しない限り、店頭に並ぶことのない本」ということです。

毎日毎日頼んでもいない新刊が何百タイトルと押し寄せる書店さんが、わざわざ『ラブ、安堵、ピース(黒澤一樹著・アウルズ・エージェンシー刊)』なんていうマイナーな本を注文するなんてことはないわけで。

こうしてこのブログを御覧になられている皆さまを中心とした、僕のこと、あるいはこの本の存在を知っている、限られた皆様に支えられてきました。

本来出版社ではない会社さまから本を出すのですから、それはもう、ほとんど自費出版に近いものになったわけです。

それでもお陰様で、たくさんの方がお買い求めくださいまして、何度か重版をさせていただいていたのですが、増刷するにもお金がかかります。

そしてとうとう、「在庫もわずか」となったところで、次の重版をするための資金がなくなってしまいました。(本が売れてから、会社に売上が入るまでにはタイムラグがあるのです)

で。かの有名な『アウルズを助けてください』事件が勃発します。

その節は、本当にたくさんの方からご支援や応援をいただきまして、なんとか無事増刷することができたのですが、やはり綱渡りだったことには変わりなく……。

4回目の重版を持ちまして、「打ち止め」と相成りました。

やはり、もともと出版社ではない会社から、本を出すのは難しかったのかもしれません。

アウルズさんも、出版事業からスッパリ手を引くという決断になりました。

こうして、一度出版した本を重ねて出版できなくなることをなんというのかと言えば、「絶版」と言うんですよ。

絶版。。。ああ、なんと切ない響きでございましょう。


その後しばらくしてからです。

『極楽飯店』でお世話になった小学館さんが、「そういうことでしたら、ウチで引き継ぎます」と手を差し伸べてくださいました。

(ノДT)アゥゥ ありがとうごぜえますだ〜〜〜!!!

まさに、何かの終わりは、何かの始まり。


と、言うわけでございまして、この度『ラブ、安堵、ピース』は、明日4月3日から、新しいおべべに着替えて出直すこととなりました。

これはまぁ、皆様ご想像どおりの大人の事情もございまして、タイトルと合わせて著者名も、「黒澤一樹」から「雲黒斎」の表記に変わります。



『マスターからの手紙 超訳「老子道徳経」』


一度ならず、二度三度とお願いを重ねることになってしまったこの本ですが、恥を忍んでお願いいたします。

タイトルと著者名、装丁の変更以外は、そっくりそのまま『ラブ、安堵、ピース』なのですが、「それでも応援するよ!」あるいは、「だからこそ応援するよ!」と言ってくれる方がいらっしゃいましたら、応援、お力添えのほど、よろしくお願いいたします!




インフォメーションいろいろ



平日のお話会「月イチ☆」

◎4月10日(水)19:30〜 東京:三鷹産業プラザ 703会議室
◎4月24日(水)19:30〜 名古屋:ウインクあいち 1008会議室
◎4月25日(木)19:00〜 大阪:大阪産業創造館 会議室B

 参加費:東京2,000円、大阪・名古屋2,500円

上記、平日のお話会は事前のご予約は不要の当日会場受付となります。
お気軽にご参加ください。

*****

雲黒斎トークライブ in 福岡


◎4月13日(土)14:00〜 福岡国際会議場 402+403会議室
 参加費:お一人様3,000円
 主催:Be Here Now 常冨泰弘さま
※詳細・お申込みは【こちら】から

*****

伝説の夜会再び!

この夏、初の出版を控えた龍師:SHINGOさんをゲストに迎えてお送りいたします。

『Taizo's Bar vol.2』

スピ系作家が「Bar」を舞台に語り合う、芝居仕立てのトークライブ第2弾。

都会の片隅――
古びれた雑居ビルの地下に、ひっそり隠れるようにネオンを灯したバーがあります。
そこは大抵、「CLOSED」の札が下がったまま。
ほんの時折、マスターの気まぐれで営業される不思議なバーです。
マスターの目的は、お金ではありません。
普段は見えない、人の「裏側」を覗きたくて、秘密のカクテルを振る舞うのです。

さて、本日のお客様は、お酒の魔法で、何を語ってしまうのやら……



【日時】4月20日 19:00開演(18:30開場)
【会場】三鷹産業プラザ
【出演】白石泰三・堀内恭隆・雲黒斎
【ゲスト】SHINGO

※詳細・お申し込みは【こちら】イープラスのサイト、もしくは、お近くのファミリーマート店内の端末「ファミポート」からお手続きいただけます。


かつて、実際にバーを経営していた白石泰三(「電波妻」「パラレルワールドで待ち合わせ」著者)をマスターに、堀内恭隆(「夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント」著者)、雲黒斎(「あの世に聞いた、この世の仕組み」著者)が常連客に扮し進行するアドリブ劇。

普段は見せない作家の裏側や本音を、お酒の力で聞き出すマスターと無防備な常連客による、ちょっと不思議な世界のお話。

皆様のご来場をお待ちしております!

**********

カウンセリングでも、セラピーでも、コーチングでもない、雲 黒斎とのプライベートトーク。
このセッションでは、どんなテーマにも囚われず、あなたの望むまま自由にお話を進めていきます。
これまで雲 黒斎のブログや書籍、トークライブなどに触れた事で生まれたアレコレに対する疑問から、
個人的な話題にいたるまで、1対1で90分間じっくりとお話します。
お話を伺いながら、気づきや、深刻さから抜け出るヒントをご提供いたします。

東京の平日、ナイト&ホリディに続き、名古屋・大阪での受付を開始しました。
月イチのお話会でお伺いする日程のみで、お受け出来る枠に限りがございますが、ご都合が合いましたらご利用ください。



詳細・お申し込みは【こちら】から


←読書の終わりは、クリックの始まり。
コメント ( 16 ) | Trackback ( 0 )

自我システム大幅アップデートのお知らせ

さて、突然ですが、昨夜のお話会で反響の大きかったお話をさせてください。

とはいえ、これと言った裏付けを示せる話ではないので、関心のある方だけお読みくださいね。


なぜかはわかりませんが、雲さん曰く、毎年3月〜5月にかけては、自我システムの大幅アップデート(あるいは調整?)があるそうです。


そもそも「自我」というのは、個人的なものではありません。

完全に悟りきった方を除いて、ほとんどの人が受けている、世界全体に流れている「システム」です。

僕も、あなたも、あの人も、「違う自我」を抱えているのではなく、同じシステムの影響を受け、「個人(わたし)」という感覚が生じています。

このシステムのアップデート、もしくは調整的なものが、この期間にあるのだそうです。


その影響を過敏に感じられる人、まったく感じない人と、感受性は様々ですが、事実、普段とは違う感覚を感じられている人も少なくないと思います。

かくいう僕自身も、振り返ると、この影響をとても受けていた実感があります。(かつてと比べ、だいぶ楽になったものの、いまだ影響を受けています)

いまから十数年前、あの一瞥があったのも思い返せばこの時期ですからね。

意識レベルの変調に、心と身体がついていかない状況を経験しました。


僕の場合は、脈絡のない虚無感や喪失感に苛まれたり、ちょっとした出来事すら深刻にとらえてしまったり、あるいは実際にショッキングなハプニングが立て続けに起こったり。

自分の気持ちのコントロールができず、考えをまとめられず、はたまた、突然過去の出来事が思い出されたり、ものすごい睡魔に襲われたり。

記憶の整理や物事の判断がしづらく、優柔不断になってしまったり。

どうにもこうにも「自制」ができず、「気分の落ち込み」に引きずられていく感覚です。

そういった感覚を何年もの間繰り返し、その果てに一瞥が訪れた、そんな感じ。


いまだ詳細が解明されていない『5月病』などと呼ばれるものもありますが、事実ここ日本においては、3月と5月の自殺者数は、他の月に比べて高いのだそうです。


(厚生労働省自殺対策推進室資料より)

ちょうど「年度替わり」という環境の変化と重なることもあり、いろいろな要因を思い浮かべる方も多いかとは思いますが、どうも、それだけでは説明がつかないのが実際のところで。

(※ちなみに、この「4月が新年度」というシステムが始まったのは明治19年からだそうです)


あるいは逆に、意識の変調が「ハイ」になっていく方もおられます。

なにもないのにワクワクしたり、夢や目標が明確じゃなくとも、根拠のない自信や高揚感が湧いてきたり。

なんだか「ポワポワ」しちゃう人や「アヘアヘ」しちゃう人が出てきたりもしますよね。

こっちの感覚は、僕自身あまり経験がないので、具体的な状態を示すことは難しいのだけれど。


ポジティブにせよネガティブにせよ、なぜだか普段以上に自制が効かず、理性を飛び越えて、心の奥底に閉じ込めていたものがそのまま出てきてしまうような、そういう感覚、ありませんか?

また、精神面ではなく、肉体面、体調の変化として感じるかたもおられるかと思います。


で、この季節をどう過ごすか、乗り越えるかで、意識のシフトに大きな違いがでてくるそうです。

どうせなら、これを「チャンス」にしたいじゃないですか。


かつて、このブログで『宇宙立この世学院』を連載していたころ。

雲さんは、『3月から5月は、意識レベルの進級試験があると思いなさい。これまでの気づきの集大成が、この季節に試されていると思ってごらん』と言ってくれたことがありました。

ここで試されているのは、僕たちの「現実認識状態」です。

それがどういうものなのか、言葉にするのは非常にむずかしいのですが、


「ないものではなく、あるものに目をむけていられているか」

「否定ではなく、肯定できているか(許せているか)」

「心配ではなく、信頼できているか」

「抑圧することなく、素直でいられているか」

「情報ではなく、体感に意識をむけられているか」


など、このブログでもこれまで取り上げてきた「あり方」や、「大丈夫、なんとかなる」や「これでいいのだ」といった感覚がどのぐらいの深さで根付いているのか、などが試されている感じです。

僕も「今年もだいぶ試されてるなぁ(笑)」という感じでいろんな出来事に遭遇している中ではあるのですが、きっと大丈夫、なんとかなる。

一緒に、このチャンスをものにしていきましょう!


「進級試験」という例えに拒絶反応がある方は、『あらゆるハプニングは、僕たちが溜め込んだものを吐き出させようとする下剤』とでも思ってください。

素直になりきれずに押し込めてきた感情やマインドの便秘状態に、下剤が投入される痛みと不快感。

それもこれも、出してスッキリするためにある、通過儀礼みたいなもの。


ココらへんの、ブログではなんとも書ききれないニュアンスを直接お話したいと思っています。

明日・明後日は大阪・名古屋で月イチのお話会もございますので、「もっと詳しく聞きたい!」というご興味・ご感心のある方がおられましたら、お声がけください。





インフォメーションいろいろ



平日のお話会「月イチ☆」

◎3月14日(木)19:00〜 大阪:大阪産業創造館 会議室B
◎3月15日(金)19:30〜 名古屋:ウインクあいち 908会議室

◎4月10日(水)19:30〜 東京:三鷹産業プラザ 703会議室
◎4月24日(水)19:3〜 名古屋:ウインクあいち 1008会議室
◎4月25日(木)19:00〜 大阪:大阪産業創造館 会議室B

 参加費:東京2,000円、大阪・名古屋2,500円

上記、平日のお話会は事前のご予約は不要の当日会場受付となります。
お気軽にご参加ください。

*****

阿雲の呼吸 新刊発売記念講演会 in 札幌


◎3月23日(土)14:00〜 北海道教育文化会館 305会議室
 参加費:お一人様4,800円
※詳細・お申込みは【こちら】から

*****

雲黒斎トークライブ in 福岡


◎4月13日(土)14:00〜 福岡国際会議場 402+403会議室
 参加費:お一人様3,000円
 主催:Be Here Now 常冨泰弘さま
※詳細・お申込みは【こちら】から

*****

伝説の夜会再び!

この夏、初の出版を控えた龍師:SHINGOさんをゲストに迎えてお送りいたします。

『Taizo's Bar vol.2』

スピ系作家が「Bar」を舞台に語り合う、芝居仕立てのトークライブ第2弾。

都会の片隅――
古びれた雑居ビルの地下に、ひっそり隠れるようにネオンを灯したバーがあります。
そこは大抵、「CLOSED」の札が下がったまま。
ほんの時折、マスターの気まぐれで営業される不思議なバーです。
マスターの目的は、お金ではありません。
普段は見えない、人の「裏側」を覗きたくて、秘密のカクテルを振る舞うのです。

さて、本日のお客様は、お酒の魔法で、何を語ってしまうのやら……



【日時】4月20日 19:00開演(18:30開場)
【会場】三鷹産業プラザ
【出演】白石泰三・堀内恭隆・雲黒斎
【ゲスト】SHINGO

※詳細・お申し込みは【こちら】イープラスのサイト、もしくは、お近くのファミリーマート店内の端末「ファミポート」からお手続きいただけます。


かつて、実際にバーを経営していた白石泰三(「電波妻」「パラレルワールドで待ち合わせ」著者)をマスターに、堀内恭隆(「夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント」著者)、雲黒斎(「あの世に聞いた、この世の仕組み」著者)が常連客に扮し進行するアドリブ劇。

普段は見せない作家の裏側や本音を、お酒の力で聞き出すマスターと無防備な常連客による、ちょっと不思議な世界のお話。

皆様のご来場をお待ちしております!

**********

カウンセリングでも、セラピーでも、コーチングでもない、雲 黒斎とのプライベートトーク。
このセッションでは、どんなテーマにも囚われず、あなたの望むまま自由にお話を進めていきます。
これまで雲 黒斎のブログや書籍、トークライブなどに触れた事で生まれたアレコレに対する疑問から、
個人的な話題にいたるまで、1対1で90分間じっくりとお話します。
お話を伺いながら、気づきや、深刻さから抜け出るヒントをご提供いたします。

東京の平日、ナイト&ホリディに続き、名古屋・大阪での受付を開始しました。
月イチのお話会でお伺いする日程のみで、お受け出来る枠に限りがございますが、ご都合が合いましたらご利用ください。



詳細・お申し込みは【こちら】から


←「気分の落ち込み」は嫌ですが、「ボタンの押し込み」は歓迎です。
コメント ( 21 ) | Trackback ( 0 )

不思議な人が集まると、不思議なことが起こるのね

昨年の今頃。

アウルズ・エージェンシーさんからのご依頼であるイベントをすることになりました。

社長の下野誠一郎さんが、代官山のライブハウスで定期的に開催しているイベント枠のコンテンツがないため、手を貸してほしいとのこと。

「黒斎さん、この日空いてる? できたら、なにかやってもらえない?」

そんな感じの漠然としたお誘いだったのですが、突然「なにか」って言ってもねぇ。

お話会は定例のものがあるし、僕だって、他にコンテンツ持ってるわけじゃないし。

何よりこのライブハウスはレンタル料がバカ高い。(いや、いつも僕がお借りしている貸し会議室と比べれば、の話だけど……。)

「お食事やお飲み物のなどのセットで参加費はお一人様10,000円。最低◯◯名の集客がなければペイできない」なんてハードルの高い条件があるなかで、「なにか」なんて言われても……

しかも開催は「平日の夜」と来たもんだ。

「う〜ん……」

さすがに僕ひとりではどうにもできなそう。

ここは一つ、最近とくに縁を感じている方々のおチカラをお借りすることにしてみよう。

そこで、『電波妻』の著者・TAIZOさんと、『夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント』の著者・堀内恭隆さんにお声がけさせていただきました。

「いまのところ、イベントの内容はまったく決まっていません。会場と開催日だけが決まっている状態なのですが、一緒になにかしてみませんか?」


こういう漠然とした感じ、僕にとっては結構普通感覚になっちゃってるんですね。

僕自身が受けるトークライブのご依頼も、基本「中身は全部おまかせで」なんて丸投げされることがほとんどですし、むしろ「ああして、こうして」なんて細かく決められちゃうのが嫌なタイプなので。

阿部敏郎さんとのイベントも打ち合わせしたことないですし、顔を合わせるのも当日の会場で本番30分前とかだったりするからね。

特に阿部さんなんかは、某かの計画立てても、本番で全部崩されちゃうから(笑)

だから、僕にとって「イベント」って、結構「当日までいろいろ調整したりアイデア出したりするけれど、結局やってみないとどうなるかなんてわからないじゃん?」ってなものになってたりしています。

これが、世間一般の感覚とはだいぶ離れているのかと、改めて気づいたのは、イベントを迎える数日前になってからです。


なんでも、風の噂で、このイベントが開催前から炎上しているとか、そういう話を耳にしまして。


なぜ開催前にもかかわらず炎上?

まだ誰も参加していないのに、どこにそんな要素が??

やっぱり、料金高すぎた???


蓋を開けてみましたらなんと。

お客様ではなく、出演者が炎上していらっしゃった(笑)

なんでも、TAIZOさんが大層ご立腹なご様子だと。

たしかにブログを拝見しましたら、「がちでくたばれ」なんて書かれている。


『ギャラについてはまったく話しはなく企画は進行していきます』

『ゆるい、あまりにゆるい』

『「こーゆーのはお金より気持ちが大事」的なアレですか』

『ふんふん、そんな世界もあるのだな。いや、ねーよ。あってたまるものか』

『タイトルにぼくの名前を冠してるんだからさ。で、それでOKしちゃったんだからさ。楽しみにしてくれてるお客様がいらっしゃるわけだしさ。そんならさ、ぼくも誰に気兼ねするともなく好きにしゃべらせてもらおうじゃないですか。この業界の人が公の場で絶対しゃべらないようなこと、ぶちまけてやろうじゃないの。』

『ガチで「くたばれスピリチュアル」な話しをさせていただくとしましょうか』



それを拝見して、僕の感覚と全然違ってたんで「あ〜、そうかぁ」となって、「お声がけして申し訳ないことしちゃったかな」とも思いましたけど、「まあ、これもまた当日のトークのネタになるか」と思って、その場では何も触れず、そのまま当日を迎えました。

そうしましたらね。

この炎上騒ぎのお陰で、大盛況になっちゃったんです。

開催の数日前まで、「まだ10数人のお申込みしかありません……」なんて聞いてたのに。

泰三さん、心の中では「してやったり」と、口元をニンマリ歪めてるじゃなかろうか。そんな状況。


本当にお陰様で、全国からいろんな方々にお越しいただけました。

霊能者やら龍使いやら、「ええ!?」ってな不思議な方々もお集まりくださって。

もう、「何がなんだか」という混沌とした中でイベントが進行しまして、ホントにカオスな状況で幕を閉じたんですけれども(笑)。

ご参加くださった皆様からの反響は、それはそれは凄かったんです。

「とにかく面白かった。楽しかった」と、大絶賛をいただきました。


そして、不思議な人が集まると、不思議なことが起こるものですね。

この日ご来場くださった方が、イベント終了直後の会場で写真を撮ってくれたのですが……

それがこちら


不思議なことって、起こるんですね。

これね、ホントに合成じゃないんですよ。

撮ったその場で見せてもらったんで。

手ブレでもないんですよ。

だって、手前の僕は内側に、奥の橋詰さんは外側にズレちゃってんだから。


まぁ、「空間が歪んだからって、それがなんだ」って話ですけどね。


で、なんやかんやで、あれから一年。

今度は泰三さんの方から「黒斎さん、もう一度、あのイベントどうですか?」ってお声がけいただきました。

というわけで。


伝説の夜会再び!

今回は上記の写真のサイトの主、この夏、初の出版を控えた龍師:SHINGOさんをゲストに迎えてお送りいたします。

『Taizo's Bar vol.2』

スピ系作家が「Bar」を舞台に語り合う、芝居仕立てのトークライブ第2弾。

都会の片隅――
古びれた雑居ビルの地下に、ひっそり隠れるようにネオンを灯したバーがあります。
そこは大抵、「CLOSED」の札が下がったまま。
ほんの時折、マスターの気まぐれで営業される不思議なバーです。
マスターの目的は、お金ではありません。
普段は見えない、人の「裏側」を覗きたくて、秘密のカクテルを振る舞うのです。

さて、本日のお客様は、お酒の魔法で、何を語ってしまうのやら……



【日時】4月20日 19:00開演(18:30開場)
【会場】三鷹産業プラザ
【出演】白石泰三・堀内恭隆・雲黒斎
【ゲスト】SHINGO

※詳細・お申し込みは【こちら】イープラスのサイト、もしくは、お近くのファミリーマート店内の端末「ファミポート」からお手続きいただけます。

**********

かつて、実際にバーを経営していた白石泰三(「電波妻」「パラレルワールドで待ち合わせ」著者)をマスターに、堀内恭隆(「夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント」著者)、雲黒斎(「あの世に聞いた、この世の仕組み」著者)が常連客に扮し進行するアドリブ劇。

普段は見せない作家の裏側や本音を、お酒の力で聞き出すマスターと無防備な常連客による、ちょっと不思議な世界のお話。


皆様のご来場をお待ちしております!




その他、インフォメーションいろいろ



平日のお話会「月イチ☆」

◎3月12日(火)19:30〜 東京:三鷹産業プラザ 703会議室
◎3月14日(木)19:00〜 大阪:大阪産業創造館 会議室B
◎3月15日(金)19:30〜 名古屋:ウインクあいち 908会議室

◎4月10日(水)19:30〜 東京:三鷹産業プラザ 703会議室
◎4月24日(水)19:3〜 名古屋:ウインクあいち 1008会議室
◎4月25日(木)19:00〜 大阪:大阪産業創造館 会議室B

 参加費:東京2,000円、大阪・名古屋2,500円

上記、平日のお話会は事前のご予約は不要の当日会場受付となります。
お気軽にご参加ください。

*****

阿雲の呼吸 新刊発売記念講演会 in 札幌


◎3月23日(土)14:00〜 北海道教育文化会館 305会議室
 参加費:お一人様4,800円
※詳細・お申込みは【こちら】から

*****

雲黒斎トークライブ in 福岡


◎4月13日(土)14:00〜 福岡国際会議場 402+403会議室
 参加費:お一人様3,000円
 主催:Be Here Now 常冨泰弘さま
※詳細・お申込みは【こちら】から

*****

カウンセリングでも、セラピーでも、コーチングでもない、雲 黒斎とのプライベートトーク。
このセッションでは、どんなテーマにも囚われず、あなたの望むまま自由にお話を進めていきます。
これまで雲 黒斎のブログや書籍、トークライブなどに触れた事で生まれたアレコレに対する疑問から、
個人的な話題にいたるまで、1対1で90分間じっくりとお話します。
お話を伺いながら、気づきや、深刻さから抜け出るヒントをご提供いたします。

東京の平日、ナイト&ホリディに続き、名古屋・大阪での受付を開始しました。
月イチのお話会でお伺いする日程のみで、お受け出来る枠に限りがございますが、ご都合が合いましたらご利用ください。



詳細・お申し込みは【こちら】から


←「こーゆーのはクリックより気持ちが大事」的なアレですか
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

神様が言いました




 「ここ」にいるよ。



コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )

ここはどこ? わたしは誰?

ABEさんがみんなに聞きました。

「あなたはどこにいますか?」


BEPPUさんが答えました。

「ここです」

CHIEさんが答えました。

「ここです」

DAISUKEさんが答えました。

「ここです」

ENDOさんが答えました。

「ここです」

FUJITAさんが答えました。

「ここです」

GENKIさんが答えました。

「ここです」

HISAMOTOさんが答えました。

「ここです」

ITOさんが答えました。

「ここです」

JUNさんが答えました。

「ここです」


ABEさんが言いました。

「では、みんなここにいるのですね」


JUNさんが言いました。

「KEIKOさんはここに見当たりません。電話をして居場所を聞いてみましょう」


ABEさんがKEIKOさんに電話をして聞きました。

「あなたはどこにいますか?」


電話口でKEIKOさんが答えました。

「ここです」


ABEさんがJUNさんに聞きました。

「KEIKOさんもここにいるのだそうです。では、ここ以外はあるのでしょうか?」


*****


「ここ」は、一人称(わたし)視点の「ここ」のこと。
「そこ」は、二人称(あなた)視点の「ここ」のこと。
「あそこ」は、三人称(誰か)視点の「ここ」のこと。


「誰」もなければ、「ここ」も「そこ」も「あそこ」も全部「ここ」になる。


これ、「わたしはあたなで、あなたはわたし」を別な角度でお話しているのですが、通じますか?



※気まぐれで更新しました。先日の続きはまた今度。



インフォメーションいろいろ



平日のお話会「月イチ☆」

◎3月12日(火)19:30〜 東京:三鷹産業プラザ 703会議室
◎3月14日(木)19:00〜 大阪:大阪産業創造館 会議室B
◎3月15日(金)19:30〜 名古屋:ウインクあいち 908会議室

◎4月10日(水)19:30〜 東京:三鷹産業プラザ 703会議室
◎4月24日(水)19:3〜 名古屋:ウインクあいち 1008会議室
◎4月25日(木)19:00〜 大阪:大阪産業創造館 会議室B

 参加費:東京2,000円、大阪・名古屋2,500円

上記、平日のお話会は事前のご予約は不要の当日会場受付となります。
お気軽にご参加ください。

*****

阿雲の呼吸 新刊発売記念講演会 in 札幌


◎3月23日(土)14:00〜 北海道教育文化会館 305会議室
 参加費:お一人様4,800円
※詳細・お申込みは【こちら】から

*****

雲黒斎トークライブ in 福岡


◎4月13日(土)14:00〜 福岡国際会議場 402+403会議室
 参加費:お一人様3,000円
 主催:Be Here Now 常冨泰弘さま
※詳細・お申込みは【こちら】から

*****

カウンセリングでも、セラピーでも、コーチングでもない、雲 黒斎とのプライベートトーク。
このセッションでは、どんなテーマにも囚われず、あなたの望むまま自由にお話を進めていきます。
これまで雲 黒斎のブログや書籍、トークライブなどに触れた事で生まれたアレコレに対する疑問から、
個人的な話題にいたるまで、1対1で90分間じっくりとお話します。
お話を伺いながら、気づきや、深刻さから抜け出るヒントをご提供いたします。

東京の平日、ナイト&ホリディに続き、名古屋・大阪での受付を開始しました。
月イチのお話会でお伺いする日程のみで、お受け出来る枠に限りがございますが、ご都合が合いましたらご利用ください。



詳細・お申し込みは【こちら】から


←ここです
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

「やりたくなかったこと」をやってみた 番外編

すみません、本日は僕が「あまりやりたくないこと、気が進まないことを、実際にやってみる」という投稿です。

何って?

それは、「本文なしの告知のみ」という内容です(苦笑)。

だって、告知だけで凄く長くなっちゃいそうなんだもの……(言い訳)。

その結果はどうなりますやら……

ではでは。


来たる3月23日(土)、阿部さんと一緒に札幌にお伺いいたします。

すでに東京・大阪・名古屋でも開催しました『あなたが知らないあなたの話』の発売記念講演会となります。

本当は2月にお伺いするつもりでいたのですが、雪祭りの影響でしょうか。もう、札幌の宿泊費がとんでもなく高くって!

僕も阿部さんも、「これじゃどうやっても赤字になっちゃうね」ということで見送っていましたが、ようやくホテル代も落ち着いてきたのでお伺いできます。

よかった〜。

受付を開始いたしましたので、詳細・お申し込みは【こちら】をご覧ください。


そして、4月13日(土)は、福岡からお招きをいただきました。

主宰は、ミスユニバース日本代表のビューティーキャンプ講師として大活躍されているBe Here Nowの常冨さん。

ちなみにご著書の『自分に自信をつける最高の方法』『自分に最上級のHAPPYを贈る方法』も色々な書店で売り上げ1位を記録するなど絶好調なようです。

こういう波に乗っている方からは、素直におこぼれをあずからないとね。

ということで、僕の話に興味がない人も、常冨さんからの御利益を目当てに足をお運びください。

あ、こちらは「阿雲」ではなく、僕のソロトークライブとなりますのでご注意ください。

詳細・お申し込みは【こちら】です。


そして今晩は毎月好例の平日のお話会『月イチ☆』(東京・三鷹)の開催です。

事前のご予約はいりませんので直接会場にお越しください。

お一人様2,000円、19:30〜21:30(19:00開場)となります。

会場は三鷹産業プラザ 703会議室(MAP)です。


2011年の10月から始めたこのお話会。

先月は「阿雲の呼吸」の日程とかぶってしまったのでお休みさせていただきましたので、実質今年最初の「月イチ☆」となります。

数えてみたら、今回で87回目。7年以上が過ぎておりました。

もうそんなになるんだ!という驚きもありますが、よくまぁ、こうして毎月毎月つづいてきたもんだ(笑)。

それもこれも、ご来場くださる皆さま方のおかげです。

<(_ _ )> ありがとうございます。


いまでも毎月必ず初参加の方がおられるこのお話会。

「どんな会なんですか?」と聞かれることも少なくないので、ここで簡単にご説明いたしますと、「これといって決まっていない」というのが実情です。

と、いいますのも、基本的に「最初から最後まで質疑応答」という会なものですから、その日お集まりくださった方やご質問内容によって、中身が変わってしまんですね。

最初のうちは、2時間ぶっ続けでその時その時のテーマをお話させていただいていたのですが、ここまで何年も続くとですね、さすがに話すこともなくなってくるわけですよ(笑)。

もちろん、ご来場くださるお客様は都度代わったりしているわけですから、同じ話でも構わないのかもしれませんが。

とはいえ、やっぱり皆さんの「聞きたいこと」って、まちまちなワケで。どうせなら、皆さんがホントに聞きたかったことをお話したいなと思いまして。

それで現在は会場に「質問用紙」をご用意し、会が始まるまでの間にご記入いただいたものをその日のテーマとしてお話している次第です。

ご質問以外にもご要望等ございましたら、ぜひお聞かせください。


といったところで、今晩も皆さまのご来場をお待ちしております!

あ、バレンタイン前日ですが、どうぞお気遣い無く〜!(←と、わざわざ言っちゃうところがいやらしい)


つづいて、明日明後日は名古屋と大阪にお伺いいたします。

◎2月14日(木)19:30〜(19:00開場) 平日のお話会「でら☆月イチ」(名古屋開催)
 会場:ウインクあいち 10階 1008会議室(MAP)

◎2月15日(金)19:00〜(18:30開場) 平日のお話会「月イチ☆WEST」(大阪開催)
 会場:大阪産業創造館 6階 会議室B(MAP)

こちらは名古屋・大阪共に参加費はお一人様2,500円となります。
東京と同様に事前のご予約は不要です。


と、まぁ、お知らせはこんな感じでございまして。

うん、やっぱりこうやって告知だけで終えるの、気が引けるなぁ……(苦笑)

でも、今日はこのまま投稿しちゃうぞ♡



←バレンタイン・イブ♡(チョコっと押していただけたら幸いです)
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

「やりたくなかったこと」をやってみた結果 その4

さて、今日も今日とて、あまり「やりたくない」確定申告へむけての会計処理なんかをしているわけですが。

結局あれですね、「やりたくない」ってのは、ほぼ「めんどくさい」と同義なとこがありますよね。

コピー用紙にレシート貼って、毎日の交通費を記入して、通帳記入しに行って、源泉徴収証集めて、仕入れやら売り上げやらをまとめて、あれやって、これやって。

まあ、そんな内容ですからやってやれないことないですよ。

僕みたいな個人事業主ならなおのこと、そんなに複雑な処理はないわけで。

レシートを日付順に並べてのり付けしていくなんてことは、小学1年生のうちの息子だってできますよ、きっと。

でもね、「やりたくない」の。「めんどくさい」の。

だからね、夏休みの宿題をため込む子供みたいに、毎度毎度追い込まれないとやり始めないというね。


で、何を「めんどくさい」と思うのかは人それぞれのところがありますよね。

皆さんから見て僕がどういう風に見えているのかわかりませんが、相当めんどくさがりなんですよ、僕。

こうやってキーボードで文字を打ち込むのも、思いを言葉に変換するのも、ホントはメチャクチャめんどくさい。

だから、メールなんかも実は大の苦手でしてね。

できることなら直接電話して「よろしくでーす(秋山ゆずき調で)」って済ませたいんですけど、最近は「電話はイヤです。メールにしてください」って方も多いので。

そんな奴がよく本出してるなって、僕自身が思いますからね。

あ、ちなみに僕の本がなかなか出ないのは、こういうめんどくさがりなところがあるからです。

筆の進みが遅いこと遅いこと(笑)。


こういう風に、「思いを言葉に、言葉を文字に起こすのがめんどくさい」っていう僕がいる一方で、「文章書くの大好き!時間がゆるす限りずっと書いてたい」っていう、ひすいこたろうさんみたいな方がいたりしてね。

個性って不思議だね。


ちなみに、脳科学的には【8つの脳番地(理解系・思考系・記憶系・伝達系・運動系・視覚系・聴覚系・感情系)】ってのがあるらしくてですね、それぞれの「めんどくさい」の例が紹介されています。


〈8つの脳番地に対応する、8つの“めんどくさい”の例〉

 理解系…人の話やそのときの状況を理解するのが“めんどくさい”

 思考系…手順の多い仕事が“めんどくさい”

 記憶系…あのときの大変な作業をまたやるのが“めんどくさい”

 伝達系…人との密なコミュニケーションが“めんどくさい”

 運動系…外出や地方出張が“めんどくさい”

 視覚系…目で見た情報を正確に処理するのが“めんどくさい”

 聴覚系…耳で聞いたことを正確に処理するのが“めんどくさい”

 感情系…人の感情に配慮するのが“めんどくさい”


あなたは、何が「めんどくさい」と感じますか?

僕、上記全部当てはまったわ(笑)



さて、それともう一つ「やりたくない」と感じさせている要因が「信念」や「こだわり」、「プライド」だったりします。

これは「めんどくさい」というより「やってなるものか」という意地や、ある種の正義感みたいな感じのヤツです。


で、僕がずっと「やりたくない」って言ってたものは、この「めんどくさい」と「信念」がごちゃ混ぜになって、「やらないったら、やらない!」という頑ななものになっていました。

コメント欄などでもご指摘がありましたので、お気づきの方も多いとは思いますが、それは『対面セッション』です。


人によっては、「なんで?なんでやりたくないの?」ってなるかも知れませんが、僕にとってはもの凄い抵抗感があったんですよ。

本当にもう、ず〜っと、長いことお断りし続けていました。

それをね、「えいやっ!」とやってみたらですね、ものっすごい、いろんな事が見えてきて。

いままで目を背けていたものに目を向けるんですから、それまで見てなかったものが見えるのは当たり前の話なんですけどね(笑)

知らず知らず抱えてしまっていた信念や、良かれと思っていたのが仇になっているこだわりがどんどん露わになるわけですよ。

誰が見ているワケでもないのに、恥ずかしいこと恥ずかしいこと。

イヤン(*ノ∇)ゝ

きっと、以前だったら耐えられなかっただろうなぁって思うぐらい、心の奥にあったいろんなものが掘り起こされました。

もう何年も冷凍庫の奥に眠っていた、ラップでグルグルに包まれた茶色い「これなに?」的な発見ですよ。

そんなんが、出てくるわ出てくるわ。

でもね、それがきっかけで、いまやあれほどやりたくなかった対面セッションが、「何よりも優先してやりたいこと」に昇格しやがったのですよ。


この気持ちの転換の裏側にあった、いや、心の冷凍庫の奥に眠っていた、ラップでグルグルの「茶色いアレ」をご紹介していきたいと思います。


つづく





インフォメーションいろいろ



さて、今年は2月からスタートとなる「平日のお話会」。
昨年までは毎月下旬の開催でしたが、今年は中旬でやってみようと思います。
各地の開催スケジュールは、以下の通り。
これまで通り、事前のご予約は不要。当日会場受付となります。是非お気軽にご来場ください。

平日のお話会『月イチ☆』

◎東京会場
 【日時】2月13日(水) 19:30〜21:30(19:00開場)
 【会場】三鷹産業プラザ 703会議室 東京都三鷹市下連雀3-38-4
 【料金】お一人様2,000円(税込)

◎名古屋会場
 【日時】2月14日(木) 19:30〜21:30(19:00開場)
 【会場】ウインクあいち 1008会議室 名古屋市中村区名駅4丁目4-38
 【料金】お一人様2,500円(税込)

◎大阪会場
 【日時】2月15日(金) 19:00〜21:00(18:30開場)
 【会場】大阪産業創造館 会議室B 大阪市中央区本町1-4-5
 【料金】お一人様2,500円(税込)


*****


カウンセリングでも、セラピーでも、コーチングでもない、雲 黒斎とのプライベートトーク。
このセッションでは、どんなテーマにも囚われず、あなたの望むまま自由にお話を進めていきます。
これまで雲 黒斎のブログや書籍、トークライブなどに触れた事で生まれたアレコレに対する疑問から、
個人的な話題にいたるまで、1対1で90分間じっくりとお話します。
お話を伺いながら、気づきや、深刻さから抜け出るヒントをご提供いたします。

東京の平日、ナイト&ホリディに続き、名古屋・大阪での受付を開始しました。
月イチのお話会でお伺いする日程のみで、お受け出来る枠に限りがございますが、ご都合が合いましたらご利用ください。



詳細・お申し込みは【こちら】から



←どうか、めんどくさがらずに。
コメント ( 11 ) | Trackback ( 0 )

「やりたくなかったこと」をやってみた結果 その3

さて、そんなこんなでご依頼をいただいたトークライブは、2018年の年明け早々開催予定のものでした。

お声がけくださったのは、心屋認定カウンセラーの、ゆっきーさんと、まみりんさん。

ゆっきーさんが店長を務められているというカフェを貸し切って、シリーズで開催している『ゆっきー・まみりんお話会(with うえさま)』にゲスト登壇して欲しいとのご依頼。

一度話出したら止まらなくなってしまう僕が、マイクを通した声すら聞き取りづらいほど物静かなうえさまとコラボで成り立つんだろうか?という疑問も抱えつつ迎えた当日。

数年ぶりにキラキラした原宿の竹下通りを通り(もしかして、高校の修学旅行依頼?)、流石にここはオジサンには場違いじゃない?なんてことを感じながら人混みをかき分け、ちょいと脇に入るとその会場はありました。

オシャレなコンクリート造りのビル。エレベーターで3階へ上がりますと、落ち着いた雰囲気と、思いのほか広々とした空間がありました。




「なにこれメッチャおしゃれじゃないですかー!」

そして、原宿の喧騒をまったく感じさせない静かな店内に流れるBGMは、仁之助さんの「心配戦隊タイヘンジャー」(笑)。

最初よくわからなくて、「なぜオシャレなカフェのBGMに嘉門達夫?」ってなりましたもん。


「なるほどなるほど、心屋ファミリーのノリってこんな感じなんだな」、なんて勝手な第一印象を構築しつつ、アットホームな雰囲気のなかお話会はスタートしました。

お集まりくださった方の多くは、ゆっきーさん・まみりんさんのお声がけで足を運んでくれた、心屋のカウンセラーさんやクライアントさん。

そうすると、「ごめんなさいね。黒斎さんのお名前は以前から聞いてはいたものの、どんなお話をしている方なのかあまりよく知らなくて」だとか、あるいは「まったく存じ上げません」なんて方もおられるわけで。

自己紹介から話を進めるなんて何年ぶりでしょう(笑)

案の定、物静かなうえさまそっちのけでたっぷりお話させていただきまして、瞬く間に終了のお時間を向かえました。


で、まぁこれがとっても気持ちよかったのですよ。

いつもはほら、僕がお話するのって大抵「貸し会議室」だったりするじゃないですか。

言わずもがな、雰囲気が全然違いますの。

それと、事前知識や先入観が全くないところから、まっすぐに耳を傾けてくれるお客様とのコミュニケーションに感じる新鮮さだとか。

自分に出番が回ってこなくても、まったく動じることなく、ただただ僕の横でうなずいてくれているうえさまとか(笑)。

まあ、いろいろとありまして、本当に心地よかったんです。


先日のコメント欄にいただいた、ジム・キャリー主演の『イエスマン』じゃないけれど、「断らずに受け入れる」ということで、こんな経験ができるのかと。

なんかイヤだなぁ、とか、気乗りしないなぁ、とかでお断りしてきたことに、ちょっと反省してみたりして。

少々昂揚したテンションで、僕はこう思ってしまったんですね。


「よし、それじゃあこの勢いに乗って、もっとやりたくなかったことをしてみようじゃないか!」と。


つづく。




インフォメーションいろいろ



さて、今年は2月からスタートとなる「平日のお話会」。
昨年までは毎月下旬の開催でしたが、今年は中旬でやってみようと思います。
各地の開催スケジュールは、以下の通り。
これまで通り、事前のご予約は不要。当日会場受付となります。是非お気軽にご来場ください。

平日のお話会『月イチ☆』

◎東京会場
 【日時】2月13日(水) 19:30〜21:30(19:00開場)
 【会場】三鷹産業プラザ 703会議室 東京都三鷹市下連雀3-38-4
 【料金】お一人様2,000円(税込)

◎名古屋会場
 【日時】2月14日(木) 19:30〜21:30(19:00開場)
 【会場】ウインクあいち 1008会議室 名古屋市中村区名駅4丁目4-38
 【料金】お一人様2,500円(税込)

◎大阪会場
 【日時】2月15日(金) 19:00〜21:00(18:30開場)
 【会場】大阪産業創造館 会議室B 大阪市中央区本町1-4-5
 【料金】お一人様2,500円(税込)


*****


カウンセリングでも、セラピーでも、コーチングでもない、雲 黒斎とのプライベートトーク。
このセッションでは、どんなテーマにも囚われず、あなたの望むまま自由にお話を進めていきます。
これまで雲 黒斎のブログや書籍、トークライブなどに触れた事で生まれたアレコレに対する疑問から、
個人的な話題にいたるまで、1対1で90分間じっくりとお話します。
お話を伺いながら、気づきや、深刻さから抜け出るヒントをご提供いたします。

東京の平日、ナイト&ホリディに続き、名古屋・大阪での受付を開始しました。
月イチのお話会でお伺いする日程のみで、お受け出来る枠に限りがございますが、ご都合が合いましたらご利用ください。



詳細・お申し込みは【こちら】から



←断らずに受け入れてみると、なにかあるかもよ。
コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ