塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

僕が考える結婚式とその後の生活(2)

2011-04-30 00:18:06 | 日記
 アルゼンチンの人々にとって、予選で完全な

 「ジリ貧」

 に陥っていたブラジルが2002年のワールドカップを制覇したことは、これまで
味わった事のない苦痛を与えたのではないかと思います。

 アルゼンチンと比較した際、予選グループの組み合わせから本戦に至るまで、明らか
な格下との対戦が多かったことも、アルゼンチンファンの悔しさを助長させたはずです。

 母国がイングランドとナイジェリア、そしてスウェ-デンと対戦するのに、ブラジル
はコスタリカ、トルコ、そして中国ですから、苦々しい思いは

 「くじ引き」

 の段階から募っていたはずです。

 夫婦の間でもこれと似た感情が湧きあがるようですね。

 例えば夫と妻、どちらか一方が浮気した場合、怒りが浮気相手にぶつかってしまう。

 アルゼンチンも自国の代表がフランスと並び、世界王者の最右翼に挙げられる中での
予選敗退ですから、ビエルサ監督の続投は納得できなかったはずですし、エースのファン・
ベロンはこの敗退の責任を負う形で、何年もの間苦しんできました。

 ベロンに再び「信任」の空気が漂ってきたのはそれから7年後の2009年、コパ・
リベルタドーレスを制覇し、マラドーナの下で代表復帰を果たしてからです。

 夫婦もどちらかに不貞が発覚した場合、その

 「汚名返上」

 には、僕が思う以上に修繕の月日が必要でしょうし、浮気相手への嫌悪は生涯消えない
のでしょうね。

 サッカーは毎年必ず移籍がありますから、選手の顔触れは当然異なります。

 しかし結婚となるとそうもいきません。

 お互いが信頼し合える仲をつくるのは、どんな名将でも難しい作業でしょうね。
コメント

僕が考える結婚式とその後の生活

2011-04-30 00:08:19 | 日記
 昨日29日は英国の「ロイヤル・ウエディング」の日でしたね。

 日本では日本テレビが夕方7時よりテレビ中継したこの結婚式、サッカー関係
ではベッカム夫妻が招かれた他、歌手のエルトン・ジョンなど英国を代表する
著名人が招かれたこともあり、大変な盛り上がりだったようです。

 僕が結婚する予定は全くありませんが、僕自身自分の結婚式には全く関心があり
ません。

 仮に式を挙げるとしたら、

 「両親と弟のみに参列してもらえばそれで結構」

 と考えていますし、別に飲食の必要すらないと考えています。

 何故なら

 「結婚式が大切ではなく、結婚後の生活の方が大事である」

 と考えているので、式にお金を費やしても仕方が無い、お金は子育てやふたりの生活に
当てるべきだと思うからです。

 サッカーに例えるなら、

 「結婚式はワールドカップ予選、その後の生活が本大会」

 というわけです。

 2001年のワールドカップ予選、アルゼンチンは宿敵ブラジルが予選敗退に怯える中、
世界最高峰のサッカーを展開し、世界中の尊敬を集めます。

 「2002年はアルゼンチンが主役になる」
 「ワールドカップではアルゼンチンの3-4-3が、旋風を起こすに違いない」

 ファンだけでなく識者もアルゼンチンの優勝を予想し、アルゼンチン国民もビエルサと
その選手たちに大きな期待を集めていました。

 しかし結果は僕たちが予想した物とは大きくことなりました。

 それだけ予選と本戦は別物ということです。

 どんなに結婚式が豪華で美しくても、ふたりの生活が破綻してしまえば意味がありません。
 
 それだけ結婚が難しいという意味合いもあるのでしょうが。
コメント

イーグルス、ベガルタ、揃って白星をプレゼント

2011-04-29 19:48:13 | 日記
 楽天イーグルス、ベガルタ仙台のどちらも本拠地復帰を白星で飾りました。

 田中投手の直球の威力、2試合連続でゴールを決めた太田選手。どちらも自分の
仕事で見事に結果を残しました。

 明日の新聞各社の見出しは、この2チームが飾ることで間違いは無いと思いますが、
観戦したファンの中には、

 「ジレンマ」

 を感じた方もいるのではないでしょうか?

 イーグルスとベガルタ、どちらの応援に行くべきか、迷った方は少なからずいると
思います。

 実際以前からこの問題を指摘する声が挙がっていましたね。

 もし仮にJリーグが現行のシーズンから欧州同様のシーズンに移行できたなら、新規
のファンの獲得にメリットがありそうですし、今日のように

 「どちらの応援に出かけようか?」

 という悩みは是正されると思います。

 欧州はサッカー以外にもテニスやF1が随時行われていますが、シーズン通じての開催
ではありませんし、基本都市の持ち回りですから、サッカーの観戦にそう大きな影響は
無いと思います。

 従って日本はアメリカを参考にすべきでしょう。

 実際アメリカも4大スポーツをそれぞれ異なる時期に開幕していますが、どう工夫しても
重なる時期は出来てしまいます。

 でもそれは仕方の無い出来事だと割り切っているわけですから、日本もその点は理解
しておく必要があります。

 仮に秋にJリーグが開幕しても、野球のプレイオフと日本シリーズの一番見ごたえのある
時期ですからね。

 ただ現行のスケジュールと比較した際、

 「野球と重複が基本避けられる」

 というメリットは確かに大きいと言えますし、お客様にも1日ゆっくりスポーツ観戦
ができる点は、非常に喜ばれると思います。

 満足のいく答えがまだ出ませんが、やはりスケジュール問題はクラブや協会だけでなく
ファンや地域の方の声も拾う必要がありますね。
コメント

2001シーズンのUEFAカップ決勝

2011-04-29 15:48:19 | 日記
 UEFAカップ、ヨーロッパリーグを通じて近年一番盛り上がった決勝といえば、
2001シーズンの

 「リバプール対アラベス」

 の一戦でしょう。

 5-4のスコアで勝利したリバプールは、FAカップとリーグ・カップを含む

 「カップ・トレブル」

 を達成し、多くのファンで賑わうリバプール市内をパレードしてまわります。

 またこの3冠が契機となり、マイケル・オーウェンはこの年のバロンドールを獲得し
ます。

 この時の指揮官はフランス人のジェラール・ウリエでしたが、彼の長い監督経験の中
でも、この2001シーズンは今でも特別な1年として、脳裏に刻まれていると思いま
す。

 一方のアラベスも主力として活躍したハビ・モレーノとルーマニア代表のコスミン・
コントラが、2002シーズンにACミランへ移籍するなど、やはりクラブ史上に残る
シーズンとなりました。

 しかしながら知名度と賞金額でチャンピオンズ・リーグに大きく劣るヨーロッパリーグを

 「敬遠」

 したいと考えるクラブ、選手は多いようです。

 例えばリベリやロッベンがその代表格で、バイエルンというクラブを考えればその判断
も仕方が無いと言えるでしょう。

 その一方で中規模、小規模クラブが欧州を行脚し、自分たちの存在価値を見せるという
点では、面白いものでもあります。

 何故ならグループリーグから、ほぼ同格の相手と戦うことになりますから、チャンピオ
ンズのように戦前から勝ち負けがわかってしまうような、大味な展開が少なくなる為です。

 ヨーロッパリーグの王者にはスーパーカップ出場権も与えられますから、

 「獲りに行く」

 だけの価値はやはりあると思います。
コメント

ヨーロッパリーグでポルトガルダービーが実現か?

2011-04-29 15:35:05 | 日記
 サッカーファンの耳目はスペインに集中する中で、欧州第2の大会

 「ヨーロッパリーグ」

 決勝でも、ポルトガルの2強によるダービーが行われることのが濃厚となりました。

 2011シーズンのヨーロッパリーグの4強にはスペインのビジャレアル、残りの
3枠をポルト、ベンフィカ、そしてブラガというポルトガル勢が占めたことが大きな
注目を集めました。

 そしてビジャレアルとポルトの間で行われた準決勝第1試合は、5-1でポルトが
圧勝し、現時点での決勝進出をほぼ手中におさめています。

 またブラガ対ベンフィカは2-1でベンフィカの勝利に終わり、後者が優位に立って
います。

 ヨーロッパリーグはUEFAカップの時代から、注目度では完璧にチャンピオンズ・
リーグに負けていましたが、

 「ポルト対ベンフィカ」

 というポルトガル・ダービーが仮に実現したとすれば、ファンの耳目を集めるでしょうし、
少なくともポルトガル国内では大盛り上がりでしょう。

 ただスポルティング・リスボンのファンだけは、

 「おいてけぼり」
 
 をくったような、寂しさを感じているかもしれません。彼らはブラガが優勝してくれた
方が心情的に一番落ち着くと思います。

 先日もお伝えしたように、ポルトの指揮官ヴィッラス・ボアスの評価は今鰻のぼりです。

 ポルトをUEFAカップ優勝に導けば、今以上に監督就任のオファーが舞い込むはずで
すし、加えてフッキ、ファルカオといった中心選手も引き抜かれてしまう可能性もありま
す。

 リサンドロ・ロペスとルイス・ゴンザレスの売却の不安を見事覆したポルト首脳陣
ですが、UEFAカップ優勝が実現したら、再び困難なミッションに立ち向かう必要が
ありそうです。
コメント