塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

ドイツ車とサッカーの間柄

2015-09-30 01:26:43 | 日記
 ウォルクス・ワーゲンと言う一大企業が起こした損失が、ドイツ車全体に悪影響を与え始めています。

 ベンツを輸入するヤナセは、輸入対象車がしっかりと法律を順守していると表明している一方、ワーゲンには株主、顧客から大きな批判が相次いでいます。

 ではドイツ車とサッカーの関係は、過去どのような物だったのでしょうか。

 1・オペルと有力クラブ

 過去、オペルはバイエルン、ミラン、PSGと有意義関係にありました。

 その90年代、PSGにはライーとレオナルドが在籍し、鮮やかな技量を見せる一方で、この首都のクラブが将来、中東から熱い視線を浴びる事になるなど、誰もが予期していませんでした。

 バイエルンの強さは当時と変わりませんが、従来の3-5-2は過去の遺物となり、何よりこの時期のミランは、欧州を代表するクラブであったのですが、その差は現在と歴然です。

 2・アウディと日本代表

 アウディが代表スポンサーを締結すると、日本市場での知名度が格段に上昇したと聞きました。

 恐らく顧客の印象として

 「ベンツはありきたりな上に、どこかいかつい印象を与える」
 「ポルシェはどこか派手な印象だ」

 でもアウディならば確かな実力で、同時に有意義が買い物になる、そう感じたのではないでしょうか。

 3・ワーゲンとクリンスマン

 現役時代のクリンスマンは、同僚が派手な車で練習場に通うなか、ビートルで登場した事が有名です。

 クリンスマン自身が派手な事を嫌うのでしょうが、一方で

 「僕には大衆車が似合うと思うよ」
 「選手が高い車に乗れるのも、チケット代を払うファンのおかげだからね」

 そう感じていたのではないか。

 勝手にそう推測しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガンバ、遂に広州恒大との大一番へ

2015-09-30 01:18:09 | 日記
 明日はチャンピオンズ・リーグ準決勝、広州恒大対ガンバ大阪の一戦が行われます。

 ガンバのファン出歩かないかは関係なく、日本中が注目して欲しい一戦ですが、大阪では彼らよりも

 「和田監督は今期限り」
 「プレイオフはどうなのか」

 という縦縞の方が大事なのでしょうか。

 僕はガンバが優勝してアジア王者に輝いて欲しいですね。

 今、スポーツナビを閲覧していますと、ブラジル五輪代表はバルセロナのラフィーニャ・アルカンタラを招集する一方、F・マリノスのアデミウソンは消臭外との事。

 極端な話ですが

 「アデミウソンがサンパウロという、代表監督の視察しやすい環境ならばどうなのか」
 「J1という、欧州やコパ・リベルタドーレスよりも、レベルの劣るリーグだかららか」

 という懸念が浮かびました。

 ガンバが優勝してクラブ・ワールドカップに行けば

 1・ガンバの知名度向上
 2・欧州への移籍
 3・有力選手が移籍しやすい

 という3点が見込まれると思います。

 日本は中国程の高額報酬を与えられません。

 一方でイタリアのようなオーナーシップに左右されることなく、給料はしっかり払われますし、鉄道や住環境だって整っています。

 質のい外国籍選手が来日するには、Jクラブの実力を内外に示す必要があり、ガンバがアジア王者に挑む一戦は、僕らが思う以上に重大だと感じます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

求心力という言葉が無くなる瞬間

2015-09-29 11:18:55 | 日記
 サッカーにおける監督交代の際に、よく用いられる言葉の「求心力」

 心を救う力が求心力ならば、選手がその監督に束ねられることにうんざりする背景は、どこにあるのでしょうか。

 僕は選手が

 「監督は俺たちよりも汗を掻いていない」
 「汗を掻いて仲間を助けている選手を全く評価しない」

 この点を感じ始めたならば、政権は崩壊すると感じています。

 実生活でもそうで、上司が

 「いや、俺これやったことないから」

 と言い、全く手を付けない事柄を、部下や「自分で手順を考え」やって失敗すると、烈火のごとく怒る時があります。

 ミスをしても自分の席から動くこともなければ、共にその作業をする事すらない。

 これでは部下も選手も、束ねられる事を嫌悪するでしょう。

 当然、上司の側も

 遅刻や提出日を怠る部下
 カードを貰って、交代枠を消費する選手

 は嫌ですよ。

 一方で

 「俺が責任を取る!だから君が今考えている手順でやってみなさい」

 と言われたならば、それだけでやる気は出てくるものでもありますが。

 誰しもがやったことのない事柄を、部署で初めて行うのが不本意でも自分と言う事があります。

 そんな時自分で調べるのか、それともトップダウンの形になるかは違いがありますが、かつてトルシエ時代の代表で

 「彼に聞いても無駄」
 「聞いても怒られ、聞かなくても怒られ」

 と選手が語っていたことを思い出します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファンがファンに好影響を与える時

2015-09-29 11:02:42 | 日記
 ファン・アイコンがもし生まれたならば。

 パルセイロのように観客動員がさほどではないクラブにとって、凄く有意義かもしれませんね。

 これはクラブが作るものでは無く、ファンから自然発生する事に期待するしかないのですが。

 ファンで知られているのが「ロック総統」であり、総統が来る、ということでスタンドが歓声で沸いたことが、かつての南長野でもありましたよ。

 ファッション誌で言えば

 「○○さんが専属モデルになりました」
 「○〇さんのコーディネイトをプレゼントします」

 と語れば、読者がその記事を熱心に読む、と言う塩梅です。

 パルセイロの公式グッズを、ハイブランドとミックスして素敵なコーディネイトで観戦する
 全身をオレンジ、もしくはネイビーでまとめる

 こんなファンが自然発生して、周囲が感化すれば、それは凄い事だと思います。

 現在のベッカムもそうですね。

 彼が先日行われたウインブルドンをお母様と観戦していた際、偶然にもボールが観客席にいた彼の手許に富んできたそうです。

 画面にはボールをキャッチしたのがベッカムであることが映し出され、選手、審判、周囲の観客も、大歓声で彼の姿を迎えたと聞きました。

 当然、ベッカムも微笑んでボールをコートに投げ返したそうですが

 「今日、スタジアムであの有名な〇〇さんと観戦できたんだ」
 「それは良かったね」

 という会話が成立すれば。

 それは有意義な時間かもしれません。

 コスト高の影響もあるのでしょう、モデルも「読モ」と呼ばれる方が幅を広げる時代ですし、ファンがファンに与える影響力は、僕らが思うほど小さくは無いと感じます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パルセイロのあれこれを思う

2015-09-29 01:35:20 | 日記
 グラウンド・キーパー、売店の従業員、救護班。

 これらを含めて皆サッカー・クラブですよね。

 長野放送のパルセイロ特番で、グラウンド・キーパーの青木さんが、夏に全く休暇を取ることなく芝と向き合っている事に脱帽した方は、僕以外にも沢山いると思います。

 パルセイロはこうした

 「私たちにはこんな素敵な皆さんがついています」
 「ですから、私たちはきっと将来、長野市民の皆さんが、存在して良かったと思えるようになります」

 と発信した方が良い。

 そんな気がします。

 もうシーズンも終盤になり、選手、コーチの契約問題も話題になるころです。

 レディースは本田さんに下駄を預けるでしょうし、足踏みはしていますが来季は1部に上がるでしょう。

 ただ現有戦力では優勝したベレーザだけでなく、運営問題が露わになったスペランツアにも厳しいでしょうから、本田さんは迅速に動く事が予想されます。

 山雅に頭を下げて、運営を視察させてもらうのはやはりしんどいと思います。

 ならば

 グランセローズ
 ブレイブ・ウォリアーズ

 のような、他の競技から運営方法を見学させてもらうのも方法でしょうし、ジュニアユースを過去ドイツ遠征させたのですから、社長やフロントが海外に視察に出ても良いと思います。

 一番大事なのは

 「ああ、今日もパルセイロの試合があるね」

 そう感じてもらう方を増やすことですが、最低限の知識はフロントに必要でしょうしね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加