塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

ダヴィド・ビジャ、米国を去る決断を

2018-11-30 21:57:14 | 日記
 元スペイン代表FWダヴィド・ビジャが、活躍の場を米国から日本に移すと目されています。

 1997年、マリノスに加入したフリオ・サリナス、レッズに加入したベギリスタインから始まる、スペイン人選手の日本での冒険は、新しい局面になろうとしています。

 ホーリーホックをサポートするガビックが、スパイクを2種手掛けました。

 もし、本当にビジャが日本、移籍先として米国で報道されているのは、ニューヨーク・シティと同様にシティとの資本参加にあるF・マリノスなのですが、彼に是非Jリーグで履いてほしいとプレゼンの準備をするでしょう。

 まあ、僕自身はそんな大きな事案を抱えたことは無いので、幾らでも言えるわけですが。

 トーレスがミズノ
 イニエスタがアシックス

 というように、スペイン代表の名手がそれぞれJリーグに移籍以降、アディダス、ナイキとの契約を終え、新しい契約でプレイしています。

 これは両選手がミズノ、アシックスの卓越した技術とデザインに感銘したこともあるでしょうが、何より

 「長く日本でプレイしたい」
 「ならばスパイクも、日本生まれの企業にしよう」

 と感じたためではなかろうか、と推測するのです。

 ビジャは長年アディダスを履いてきましたが、僕の希望的観測にすぎない、ガビックを含む日本ブランドのスパイクを履いてもらえれば、それは凄く嬉しいですよね。

 ただ、彼がシティを退団することは間違いないようですが、日本以外にもオファーはあるでしょうし、注目していきたいところです。
コメント

新聞を読まなければ、それはハッピーだろうか

2018-11-30 21:31:32 | 日記
 僕は昔から読書が好きで、幼少時には読みきかせの際祖母が読み疲れたと聞きます。

 大学時代を過ごした甲府に出かけても、名物のほうとうを食べることよりも、当時通っていた本屋と古本屋を訪問し、何か長野市、千曲市では見ない本はないかと探してしまうのです。

 一度、所有していないワールド・サッカーダイジェストのバックナンバーを大量に発見し、あれこれ吟味しながら甲府から持ち帰った際は、さすがに自分でも馬鹿だと思いましたね。

 ですから今では、甲府、長野に出かける際は

 「千曲周辺で入手できるものは買わないように、よく下調べをする」
 「わざわざ持ち帰るのではなく、帰宅してそれでも欲しいのであれば、地元店舗で注文しましょう」

 と割り切るようにしています。

 旅行の際、荷物が多ければそれだけ負担になりますからね。

 ですから、もし僕がサッカー選手ならば困るだろうなあと思います。

 僕は本も読みますが新聞も読みます。

 サッカー選手の多くは、自分のプレイぶりが採点、批判、意見されているために新聞に目を通さないことが多いですよね。

 また、英国でいう「サン」のように、結果、つまり実際に起きた事柄の箇所は小さく、そこまでの過程が大きく膨らませてある新聞は猶更で、過去、ユナイテッドに加入したばかりのデ・ヘアもひどい目にあっています。

 彼がドーナツ屋でドーナツを買おうとすると、財布を車に忘れてしまい、手にドーナツを持ったまま車に戻ってしまったんです。

 つまり、デ・ヘアは支払いのための移動であり、彼自身渡英したばかりで店員との疎通はチグハグだったこともあるのですが、サンは面白おかしく吹聴したのです。
 
 フランス・フットボールのような真摯な新聞もある一方、おちゃらけの記事もあるわけですが、だからこそ選手たちは新聞ではなく自分で情報発信する現在を歓迎しているのでしょうか。
コメント

世界最高の靴セールスマンは彼だ

2018-11-30 21:15:40 | 日記
 僕はこれまで、史上最高の靴のセールス・マンは「マイケル・ジョーダン」と考えてきました。

 ジョーダンは現役時代、2度の引退とシカゴ・ブルズに加入して2季目の1985-86シーズンの負傷以外は、基本常にコートに立ち続けてきました。

 エアー・ジョーダンがエアー・ジョーダンたる所以は、マイケル・ジョーダンのために作られた靴ではありません。

 「常に健康体のマイケル・ジョーダンが愛用した靴」
 「だからこそ、皆がジョーダンの姿を追い続けることができた」

 というわけです。

 しかし、最近ジョーダンもすごいが、同じナイキ契約選手のロナウドの方が凄い、彼こそが最高のセールスマンではなかろうか、と感じるようになりまし

 ジョーダンが基本

 米国国内に限っての移動と試合
 バスケットのアメリカ代表は92年の五輪と学生時代の84年五輪の2度
 マクドナルド・チャンピオンシップのような海外遠征は稀

 ということを考慮してみましょう。

 ロナウドのようにポルトガル、英国、スペイン、イタリアと4つのリーグに在籍し、その中に代表戦やチャンピオンズ・リーグも加わる、欧州各国の異なる文化と気候風土の中で結果を出し続ける。

 それでいて大きな故障がなく、日々その美しい肉体を保ち続けていること。

 本当にとんでもない出来事です。

 メッシがロナウドよりも幾分怪我が多い印象を受けますが、それでも彼がアディダスがサポートする全ての競技の中で、最も有意義な契約だったことには間違いありません。

 ナイキには現在
 
 ブラジル代表 ネイマール
 フランス代表 エムバペ
 ベルギー代表 ブルイネ

 なぢが控えています。

 ロナウドのように常に怪我と無縁であり、同時に卓越した結果を残し続けることが可能でしょうか。

 彼らもまた、名手ではあるわけですが。
コメント

アジア杯の選手達はいかに

2018-11-30 12:28:03 | 日記
日本代表が来年アジア杯を戦います。森保監督は降格したクラブの動向を気にするでしょうね。
僕はベルギーに移籍した鎌田、監督は注目していると感じますが。
コメント

仕事でミスして

2018-11-30 00:05:17 | 日記
昨日、仕事でミスをしました。
そのため気分が落ち込んでいます。
ロナウドのような強いメンタル、身に付けたいものです。
コメント