塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

サッカーにも求められる人間力を思う

2017-01-31 23:02:11 | 日記
 長野パルセイロは明日より佐賀県と和歌山県でキャンプを行います。

 J2昇格が実現すれば

 1・選手名鑑の扱いは格段に大きくなる
 2・ライオーやスタジアムの紹介も比例して大きくなる
 3・地元への地域貢献

 が増すことは事実です。

 下部組織も充実するでしょうし、仮に山雅がJ2に留まる結果となれば、ダービーが実現します。

 一方でクラブが大きくなればなるほど、内部の軋轢が増す、お金の白神が増える危険性も懸念されます。

 中村がジュビロに移籍したのは、選手としての喜びと良い環境を求めてのことです。

 一方でクラブが支える従業審、広報や芝生の責任者、用具責任者などはそんな簡単に転職できませんし、選手以上に留まる可能性が高いわけです。

 バイエルンとチェルシーで、長年信頼関係を維持してきた女性ドクターとドクターが、監督との折り合いが悪く、退団した例があります。

 監督のエゴなのか
 ドクターたちは自分たちの役目を全う

 というように、それらに対する意見は様々ですが、パルセイロがもしこれらに直面したとすれば。

 それは成長のひずみではなく、人間を見ていないという戒めにしてほしいものです。

 クラブの人間が

 「ここに居られてよかった」

 と思うためには、ファンの支援も不可欠です。

 営業の大橋さんや朝パルの旗手さんのように、長野に留まることを選択した方を尊重していきたいですね。
コメント

パイエの移籍、ハマーズ周辺で大混乱

2017-01-31 16:01:54 | 日記
 ディミトリー・パイエがウエストハムからマルセイユに移籍します。

 この選択はハマーズ周辺で大きな反響を呼び、クラブは今季、彼のマーキングが施されたジャージを購入したファンに、3000円近いお金を返金する決定を下しました。

 (フットボール・ウエブマガジンを参照)

 この決定をスポンサーであるアンブロがどう感じているかまでは定かではありません。

 ただ、日本で移籍した選手のジャージを返金するという考えはまずありませんよね。

 ウエストハムのファンは、パイエの活躍、技術を尊重していからこそ、彼のマルセイユへの移籍希望を

 「傲慢で我がままな選手だ」
 「いい加減にしろよ」

 と感じたのでしょうか。

 マルセイユはお世辞にも、昔からクラブ運営がスマートとは言えないわけですが、その運営ベタな古巣の戻りたいと思うパイエの心中は、どのようなものでしょうか。

 それはフランス代表での地位を確実にしたい、陽光のまぶしいマルセイユが懐かしい、家族がどうも英語の習得がうまくいかない、など理由はいくつもあると思います。

 ただサッカーの悪い面として、ルイス・フィーゴの時もそうですが

 「明らかに常軌を逸した反対行動」
 「もやは人権すら尊重されない抗議」

 があるのも確かで、パイエはその点は重々理解はしていたのでしょうが。

 僕個人は彼の決断をどうこう言える立場ではありませんが、マルセイユのファンの心情も気になります。
コメント

サッカー・スパイクに復刻の需要はあるだろうか

2017-01-31 15:43:07 | 日記
 バッシュが人気なのは、最新作と復刻版、そして定番の3種類から自由に選べることでしょうか。

 定番品 コンバースやケッズのキャンバス素材の靴
 復刻版 AND1のタイチ、リーボックノクエスチョン、ナイキのエアー・ジョーダン
 最新作 各ブランドの契約選手モデル

 ナイキがエアー・ジョーダンとエアー・フォースのデザインを掛け合わした「フュージョン」や、歴代エアー・ジョーダンのデザインを掛け合わせたものなど、その種類は本当に無限大です。

 では、サッカースパイクも復刻は人気を得られるでしょうか

 フィラが名品「ファッシノ」を数量限定で復刻するように、需要はあると思います。

 ナイキは過去、エアー・ジョーダンの最初の復刻をジョーダン3から始めたのですが、アディダスならばプレデター、ナイキならマーキュリアルのようなシリーズ化したスパイクならば。

 この例に倣って、人気があった、今でも需要があるものを順番に関係なく再発してはどうでしょうか?

 当然スパイクは日進月歩で進化しています。

 企業倫理としては

 最高のデザインと最高の素材を履いてほしい
 当時の素材は入手不可能

 という例もあると思います。

 ただ、ジャージのレトロ具合が人気なのを思うと、スパイクの復刻は当たればドル箱になるような気もします。

 もしフィラがファッシノの評判が良いのであれば、追随するブランドが登場するかもしれません。

 クロノスやマイターの靴、ああ懐かしいと思うオールド・ファンもいますしね。
コメント

柴崎と清武、両選手の移籍はどうなるか

2017-01-31 01:45:17 | 日記
 柴崎と清武。

 2017年の彼らは、いずれもJ1で戦うことになるのでしょうか?

 柴崎がラス・パルマスとの契約が濃厚という話から一転、ご破算という報道も出ており正直なところ状況は不透明です。

 しかしアントラーズからすれな彼の残留はマイナスになることはありませんし、ブラジル代表のレアンドロを含む外国籍選手も含めて、戦力値は上昇と見てよいと思います。

 ただ難しいのは彼の心ですよね。

 柴崎からすれば

 1・入団以降ずっとお世話になっていたクラブに、優勝を届けることができた
 2・クラブも自分の意思を尊重し、満をじしての移籍

 になるはずでしたから。

 スペインに限らず移籍市場は閉じようとしていますが、アントラーズ・ファンは柴崎を暖かく迎えると思いますが。

 そして清武はセレッソが本格的な移籍の打診をセビージャに送っているといわれていますし、米国への移籍もささやかれます。

 清武からすれば

 1・セビージャが安売りすることは無い事を認識している
 2・ブンデスリーガのクラブは、セビージャの要求額に応えられない
 3・果たしてセレッソはどうか

 という具合でしょうか。

 セレッソがプーマ、ヤンマーを軸にスポンサーに依頼をしても、正直8億円ともいわれる移籍金はねん出できないでしょうし、レンタルを打診するようにも思います。

 彼とすれば代表監督の一番近いところ、そしてお子さんの生活環境も含めての帰国になるのでしょうが、実際はまだ予断を許さないところです。
コメント

中村が語った磐田への移籍、そして苦悩

2017-01-31 01:31:51 | 日記
 僕の母はよくこういいます

 「母ちゃんだって出来たんよ、あんたにだって出来るよ」
 「大学出てるくらい読み書きできるんだよ、母ちゃんよりよいアイディア浮かぶだろ」

 つまり、母は自分をクッションに置き換えることで、僕を諭す材料にしているわけです。

 僕もやはり似たのでしょう、職場でもよく

 「いやあ、もう笑い話何ですがね」
 「この前、こんな失敗をしましてね」

 と自分を題材に反省点を語ります。

 昨日のニュース23で中村俊輔のインタビューが流れましたが、シティ・グループの傘下に収まって以降は、彼自身反省点や自分を題材にサッカーを語る。

 これらの他愛もない出来事も出来なくなってしまった。

 そう感じていたのでしょうか。

 ジュビロに移籍したのはきっと、名波監督を筆頭に

 「サッカーの話ができる」
 「監督が、俺もあの時こうだったよと語りかけてくれる」

 そんな環境があると感じたためでしょうか。

 僕は失敗をするとすぐ気落ちしますし、夜眠れなくて布団の中で考え込むことはしょっちゅうです。

 プロは審判も含めて多くの批判に晒されますし、日産時代から続くF・マリノスの歴史、そして背番号10は、ファンでなくとも注目してしまいます。

 過去、中村の代わりに10番を背負った小野はサガン鳥栖の一員になりましたし、F・マリノスは今後、新しい背番号10も含めた活躍が、シビアな視線にさらされます。

 逆に若い選手が躍動すれば、それは手のひら返しの前兆でもあるわけですが。
コメント