塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

剣客商売から学ぶ、年齢の重ね方

2018-01-31 00:24:30 | 日記
 池波正太郎先生の代表作、「剣客商売」の主人公である秋山小兵衛は、連載開始時の年齢が60歳、小兵衛の世話係から妻となるおはるは20歳の形で人気を博します。

 池波先生が語られていますが、先生と同世代の愛読者、言い換えれば小兵衛と同年代の男性読者は、物語の設定という条件付きであっても、40も年下の明るく料理がうまいおはると同居する彼が羨ましく手仕方が無かったそうです。

 「私が死ぬまで連載をやめないでください」
 「連載が途絶えていることが気がかりです。老いてもいまだに矍鑠とした小兵衛の存在が頼りです」

 という手紙が何通も届いたと聞きました。

 今では「アンチエイジング」という言葉が聞かれますが、昭和の時代にはまず無かった言葉ですよね。

 よく加藤茶さんが、とんでもなく若い女性と再婚したときに

 「妻は茶さんの収入を目当てにしている」
 「本当にうまくやっていけるのか」

 という「やっかみ」とも感じられる批判もありました。

 小兵衛とおはるは年代も違いますし、喧嘩もしますが、お互いがお互いを敬っていることがわかる、その文体から先生は人間の心が通う出来事を伝えたかったのだと思います。

 サッカー好きが増えれば、小兵衛とはいわないまでも

 栄養素を知り、睡眠を知り、病気しらずでいられる
 応援し、声をだすことで声帯が鍛えられる

 という、ある種の医療費削減が期待できるかもしれません。

 スタジアムには若い美人もいますし、僕のような小心者はともかく、妙齢の男性と若き女性の交際がある、逆に妙齢の女性が選手を熱心に応援する姿が当然となる気がします。

 小兵衛は融通無碍であるのですが、あらゆる角度から物事を判断することはサッカーにも役立つ気がします。
コメント

セレソンの議論、横綱の議論、それは同じ目線ではなかろうか

2018-01-31 00:03:15 | 日記
 連日、大相撲の報道がなされるなかで、横綱に求める「品格」という言葉が用いられます。

 立ち合いや技の技術、人間性、親方を敬い後輩を見守る眼差しなど、簡単に言いますと人間的に周囲が自然と尊重する佇まいと、品格という言葉に集約している印象を受けます。

 横綱の立ち位置が難しいのは、大相撲の頂点という意味以外にも、かつて親と教師、祖父母が子供、孫に伝えてきた教育概念である

 弱い者いじめをするな
 嘘をつくな、立派な態度をとれ
 悪い事をしてもお天道様が見ているぞ

 という、清廉で隠し事をしない振る舞いの模範だったためではないでしょうか。

 前頭や小結が立ち合いや技で意表をついても、横綱は真正面から受けて立てというのは、教育価値観、神道とも無縁ではないと思います。

 これ、ブラジルと似ていますよね。

 ワールドカップ5度の優勝を持つ彼らは、美しいセレソンを常に求め、1970年のセレソンに結果的に先祖返りとなります。

 ジーコは3度ワールドカップに出場したが優勝してはいない。従ってペレ、ガリンシャと同格ではない
 94年のワールドカップでは確かに世界王者となったが、ただそれだけ

 というように、優勝だけでなく機能美と戦いぶりも徹底的に問われる。

 それがセレソンであり、日本の大相撲における横綱と同じ論点で批判されている印象を受けます。

 僕は今夏のワールドカップ、ドイツの2連覇は現実的だと思いますし、一方でデシャン率いるフランス、当然チッチ率いるブラジルも優勝の可能性は大きいと思います。

 一方でメッシとロナウドは最後のワールドカップになると感じますし、ポルトガル、アルゼンチンの戦いぶりも注目が集まると思います。

 初優勝を狙う彼らは、優勝するだけで価値があるでしょう。

 しかしセレソンには今回、

 1・美しく価値優勝する
 2・それは1-7という壊滅的な敗れ方をしたドイツ戦を払拭できたのかどうか

 という2重の重みもあるわけですが。
コメント

レイソル、ムアントンに勝利しチャンピオンズ・リーグへ

2018-01-30 22:09:39 | 日記
 柏レイソルがムアントン・ユナイテッドに3-0で勝利し、チャンピオンズ・リーグの出場権を手に入れました。

 他のJ1クラブがキャンプで調整に励む中、タイ屈指の名門に完封で勝利したことは、レイソル首脳陣にとっても一安心でしょうか。

 本場、欧州チャンピオンズ・リーグも予選ラウンドを戦い、本戦出場を目指すクラブはそれだけ数多く試合をこなす、従って選手の疲労、メンタル、怪我の状況、選手層など、指揮官とコーチには数多くの難題が寄せられます。

 その波がアジアにも訪れているように見えます。

 でもレッズとガンバが2季連続で優勝した2000年代中期は、ここまでチャンピオンズ・リーグが盛り上がる事はありませんでした。

 ガンバが優勝した際の優勝賞金は確か日本円で1億3500万円と、アジア王者という大陸王者に輝いても、報酬額がJ1優勝賞金にすら及ばないのか、と感じたものです。

 レッズが優勝した2017年は3億円以上の優勝ボーナスがありましたし、ラファエル・シルバのように大活躍した選手の売買で

 高額の契約違約金が懐に入る
 その資金で更に魅力的な選手を獲得

 という形に変化できます。

 アジアでの戦いが過酷であることは何ら変わりません。

 変わったのは周囲の視線と、Jリーグそのものにあります。

 地域リーグからJFLへ
 J3からJ2へ

 この上を目指すことはステイタスであり、同時にサッカーの基本である「都市」を軸にした存在価値を劇的に高めます。

 FC今治に代表される上を目指すクラブは日本各地でどんどん増えていますし、その頂点がチャンピオンズ・リーグなわけです。

 より魅力的なスタジアム、ファン、クラブが存在すれば大きなうねりが生じますし、それが皆が考える地域おこしの原動力になるのかもしれません。
コメント

キングギア、梅崎司の特集を組む

2018-01-30 17:13:12 | 日記
 長野でも過去にグレンソン、クロケット・&・ジョーンズの靴を扱っているお店があり、オールデンとパラブーツも見たことはあります。

 中古を含めればチャーチとエドワード。グリーン、ウエストンも確認しましたが、さすがに王者と謳われるジョン・ロブは写真でしか見たことがありません。

 チャールズ王太子は愛用のジョン・ロブを修理を重ねて40年近く愛用していると聞きました。

 英国王室御用達、ロイヤルワラントはそれだけで品質保証に繋がりますが、高額商品だけでなく

 トワイニングの紅茶
 カーズのクラッカー

 というように僕が食べたこと、飲んだこともある食品も王室御用達です。

 でもジョン・ロブにとって名誉なのは、王太子が愛用しているということよりも

 40年の月日に耐えるだけの革を仕入れていること
 内側のライニングも含めて、修理可能であること
 
 にあると思います。

 逆に言えばそんな簡単にロイヤルワラントは提供されないわけですが。

 良い品は修理と手入れがあって、初めて本物の価値があるというわけです。

 専門サイトのキングギアが、レッズからベルマーレに移籍した梅崎司の特集をしています。

 記事の紹介は省きますが、僕はホペイロに頼らず、自身で商売道具のスパイクを真正面から向き合う彼の姿に、凛々しさを感じました。

 ベルマーレのチョウ監督も、彼が用具を大切にし怪我が多くとも決してくじけない芯の強さが、ベルマーレがJ1で戦い抜くために必要と感じたのではないでしょうか。

 レッズからベルマーレでの移籍で思い出すのは山田と坪井ですが、チョウ監督あはやはり現役時代を過ごしたレッズの動向も注目しているのでしょう。

 ミキッチも加入した両翼は梅崎も含めて破壊力抜群、かもしれませんね。
コメント

サッカーから学ぶ栄養の摂取

2018-01-30 11:37:00 | 日記
 サッカーは酷だと思うことがよくあります。

 FC東京からポルティモンセに移籍し、名門ポルトが獲得打診をするのではないか、とまで囁かれる中島翔哉のように、ハツラツとした存在はファンも見ていて楽しいうえに、頼もしさを感じます。

 一方でインテルの長友のように

 2011年冬の加入依頼、最古参の存在となる
 ヨガの導入、繊細極まる栄養補給
 ミラノが大好きで、服装からイタリア語に至るまで懸命に馴染むことを惜しまなかった

 選手ですら、ここ数年はトレード候補になっている現状。

 ここにサッカーの難しさがあります。

 難しさと言えば、彼が栄養補給について貪欲なのは有名ですが、僕らが全てを学び取り入れる点は考えなくてはいけません。

 彼は僕たちをはるかに上回る高給取りだからこそ、オーガニック、食材の産地指定、専属シェフを雇うということができるのであって、たやすく真似をしては簡単に躓いてしまいます。

 僕がマヌカハニーをたしなむようになったのは、マヌカハニーが殺菌作用と優れた栄養を持つためではなく

 マヌカハニーン代名詞である、コンビタの商品がバーゲン価格だったから
 日本のカンロの商品を見つけたから

 というように、価格が納得のいくものだったためです。

 最近はオーガニックの良質な素材が価格抑えめで入手できるようになり、有難いと面ますが、まずは

 缶コーヒーの頻度を控えて日本茶に変えてみる
 ヨーグルトも無脂肪にしてカロリー削減

 など、J分ンガやれる範囲で初めて見るべきだと思います。

 でも、スーパーで見切りになっているから揚げやとんかつ、欲しくなりますよね。

 栄養素かそれとも食品を無駄にしないために協力すべきかは、選手でない僕たちにとっても課題なのかもしれません。
コメント