塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

ジェラード、監督として歩む道

2018-10-16 01:38:13 | 日記
 先日行われたオールド・ファームでは、監督の顔ぶれにも注目が集まりました。

 セルティックのブレンダン・ロジャース
 レインジャーズのスティーブン・ジェラード

 そう、過去にリバプールで師弟関係にあった両者が指揮官として対戦したためです。

 ジェラードは今でもリバプールの生きる伝説であり、その存在の大きさは

 イアン・ラッシュ ウエールズ代表
 ロビー・ファウラー イングランド代表
 ケニー・ダルグリッシュ スコットランド代表

 を凌いでいると思います。

 リバプールほどの名門であれば、アラン・ハンセンにグレアム・スーネス、そしてジェイミー・レドナップなどわき役の顔ぶれも素晴らしいわけです。

 しかし、ジェラードの場合は

 地元出身選手であり、アカデミーを経験している
 2005年のチャンピオンズ・リーグ決勝など、クラブの配線を幾度となく救ってきた

 その卓越した心の強さが凄いと言えます。

 彼は将来、コップの声援を背に指揮官としてアンフィールドに戻ると思います。

 今はレインジャーズで指揮官としての場数を踏み、名門の矜持を外から戴冠しているに違いありません。

 そのロジャーズ時代の2013-14シーズン、チェルシー戦で足を滑らせ失点の原因を作ってしまったジェラードを、コップは全力で支え続けたものです。

 ジェラードを語る際に

 「プレミアの優勝がない」

 という指摘があり、それは彼も重々承知しているはずです。

 ならば彼のプレミア初優勝が、指揮官としてのものであるならば、それは素晴らしい未来であると思います。

 イングランド代表の同僚であったランパードも、ダービー・カウンティで下積みを始めたことも、ジェラードにとって良い刺激かもいしれません。
コメント

ユルゲン・クロップ。その心に響く言動から

2018-10-16 01:19:21 | 日記
 僕が大学時代働いたレストランは、大手チェーンになります。

 勤務先は新規店だったため、当初は研修店舗まで往復60分近くかけて通ったのですが、店長からすれば

 「どうしてこいつを雇ったしまったのか」

 と思うほど、箸にも棒にもひっかからない働きぶりでした。

 サッカーでもアントニオ・カッサーノのように、戦術よりも自分の感性で生きてきた選手もいますが、僕も仕事の在り方が当初は全くわかりませんでしたからね。

 それでも店長が辛抱強く使ってくださり、僕も痛い思いをしながら学び続けたおかげで

 「塚田、後は頼んだぞ」

 と先に帰宅する店長から、そう声をかけていただけるようになりました。

 今の勤務先で仕えてよかったと覆える上司はわずか2名なのですが、バイト先の店長を含めて共通していることは

 「僕の心に訴える何かがある」

 という点です。

 グアルディオラのように戦術に拘泥し、できない選手は排除する
 モウリーニョのように、選手に厳しすぎる言葉をかける
 マッツアーリのように、たたき上げで生きてきた指揮官

 など、監督の人生は様々です。

 今、リバプールが遂に頂点に立とうとする気配がありますが、それはユルゲン・クロップがいるためでしょう。

 彼の言動や風貌、とりわけアンフィールドにやってきた際に

 「ヘヴィ・メタルフットボールさ」

 と欲したことは、コップの心を直撃したはずです。

 香川がユナイテッドで苦戦していると

 「シンジは私にとって最高の選手なんだ」
 「でもサイドで窮屈にしている姿を見ると、涙が出そうだよ」

 と語りましたよね。

 今夏はギニア代表のケイタをRBライプチヒから獲得したように、クロップの描く戦力が続々と集まってます。

 クロップの心に皆が触れたいと思っているきがしますね。
コメント

アンブロ、渾身の一足を発売へ

2018-10-15 00:58:17 | 日記
 デサントの公式オンラインショップでわずか24足の発売。

 コーヘイズ・ブログ、0014のブログでも素手初回されていますが、アンブロがメデュー3エリートFGというスパイクを市場に投入します。

 何が魅力かといいますと、甲にはカンガルー・レザーを用いながらも靴紐なし、と言う形でアンブロが勝負に出ているためです。

 ロットのセロ・グラビティが登場して今年で12年が経過します。

 ロットはマイクロファイバーでフィット感を高める措置をとりましたが、この時期靴紐なしという概念は非常に低かったものです。

 風向きが変わったのはこの数年で、ニット素材というマイクロファイバーよりも柔らかい素材が登場したことで、より密接した形でスパイクを提供できる形が大きいと思います。

 街履きでも

 プーマのディスクの代表される円盤式のフィット
 ヴァンズのスリップオンのように、元から靴紐が無い形

 は市民権を得ています。

 アンブロの代表作と言えば、このメデューサとアクセレレイターがあり、この新作はガンバの藤春に提供される模様です。

 ちなみに来季には通常版も発売されるようで、これはアンブロがペペに代表される契約選手から、実地での着用状況を聞きたいと考えているように思います。

 また片足で170グラムはアンブロの歴代スパイクの中で最軽量とのことで、この軽さも魅力のようですよ。

 以前にも記しましたが、ナイキから切り離されたことでアンブロはどこか吹っ切れた、そんな印象が強くなってきましたね。

 
コメント

改めて思うウルグアイサッカーの人材

2018-10-15 00:42:03 | 日記
 日本代表は来週火曜日、ウルグアイ代表となり、対戦します。

 やべっちFCではアルバロ・レコバ、ディエゴ・フォルラン、そしてエンゾ・フランチェスコリの3名を、同国を代表する選手として紹介しました。

 とくにフランチェスコリはマルセイユに在籍していた時期、ジダンが心底憧れた存在として有名でした。

 「フランチェスコリはタキシードを着ているかのように、優雅にサッカーをする」

 とまで讃えられ、1996年のトヨタカップでフランチェスコリに会えたジダンの感激は、それは凄いものでした。

 ウルグアイは南米でもブラジル、アルゼンチンに比肩する歴史を持ちますから、他にも名手はたくさんいます。

 僕が今思い浮かべるのは

 ダニエレ・フォンセカ ローマ、ナポリでプレイしたFW
 パオロ・モンテロ ユヴェントスの最終ラインをさせたCB
 ルベン・ソサ インテルとドルトムントで活躍したFW

 などでしょうか。

 他にはMFのファビアン・オニール、FWワルテル・パンディアーニ、GKのファビアン・カリーニなどが記憶に残っています。

 当然といえば当然ですが、イタリアとスペインに移籍先を選ぶことが多いと言えます。

 1993年、浦和レッズには二宮浩というFWが一軍登録されていました。

 彼はウルグアイにサッカー修行に出向き、ダヌビオでレギュラーを獲得、引き留め要請もあったようですが、プロリーグ発足に伴いレッズに加わりますが、思うようにはいきませんでいsた。

 当時の森監督は

 1.開幕に合わせて獲得したふたりのアルゼンチン人、フェレイラとモラレスが思うように活躍できない
 2・週2試合の連戦を怪我人続出で対応できない
 3・外国籍選手を急きょ、南米からドイツに鞍替え

 というように悩みぬいていました。

 二宮にとってもレッズの環境は、イマイチだったのかもsりえません。
コメント

日本サッカーと中米諸国

2018-10-14 01:40:55 | 日記
 日本が対戦したパナマは、ニューヨーク・ヤンキースのクローザー、マリアーノ・リベラの出身国でもあります。

 恐らくサッカーよりは野球を好む国民性であると思いますね。

 一方でデリー・バルデスという同国最高の選手存在するように、中米ではサッカー人気が高い事知られています。

 日本と縁の深い事例でいいますと

 コスタリカ代表 パウロ・ワンチョペ FC東京に在籍
 ホンジュラス代表 サウル・マルティネス 大宮アルディージャに在籍
 パラグアイ代表 チキ・アルセ ガンバ大阪に所属

 パラグアイは中米ではありませんが、横浜フリューゲルスに在籍したアマリージャのように、ブラジル、アルゼンチン以外の南米からも、Jに在籍した選手を確認する意味で記しています。

 ボリビア代表ならバルディビエソ F・マリノスに在籍
 コロンビアならヴィクトル・イバルボ サガン鳥栖に現在も在籍

 という具合ですね。

 中米ではメキシコの実力が有名ですが、第一回のクラブ・ワールドカップでは、コスタリカのディポルティポ・サプリサが来日したように、拮抗した戦いも見られます。

 ホンジュラスの治安の悪さ
 ニカラグアの内戦による混迷
 コロンビアの麻薬カルテル

 というように、どうしても良い印象を持つことが難しい面を持つのも確かです。

 一方でJリーグに在籍、キリンカップで来日した代表から、これらのマイナス要素を僕たちが払しょくできるならば、それにこしたことはありません。

 彼らがもつ跳躍力や発想は、日本人が持ち合わせていない素質でもありますから、
コメント