もといや日記

横須賀走水海岸
海苔製造直売
海の家

大時化になってしまった

2009-01-31 18:15:57 | Weblog


1月31日(土)
昨日は、いろいろ雑用があったので、ブログをアップできませんでした。
どうもすいません。

昨日は雨でした。
天気予報が悪くなる予報だったので、雨でも海苔を採りました。

大津沖柵の3番摘みでした。
にぎり一丁の巻物用に丁度良かったので、にぎり一丁用の海苔に仕上げました。



今日は、天気予報通り、大時化になってしまいました。

沖の海苔が心配です。

雨も大量に降りました。
風も猛烈な北風が、長時間吹き続いています。

コメント

二次芽が飛んだ

2009-01-29 21:20:48 | Weblog


1月29日(木)
伊勢町柵の5番摘みの海苔を採りました。
5番摘みの海苔にしては良い海苔ができました。
それには、理由があります。
二次芽が飛んでいたからです。

海苔は親芽の海苔の先が細胞分裂して胞子を出し、その胞子が何かに付着すると、また海苔として伸びてきます。
その海苔を二次芽と呼んでいます。

海苔網を固定するアバのロープに、海苔が20~30cm伸びています。
アバのロープには、海苔の種は何も付いていません。
後から二次芽が飛んで、海苔が伸びてきたものです。

当然、親芽の付いていた海苔網にも、二次芽が飛んでいます。

親芽の5番摘みの海苔に、二次芽の1番摘み・2番摘みの海苔が混じったので、今日の海苔は5番摘みにしては良い海苔ができたと思います。



海苔箱を取りに、組合に行きました。
すると、荷捌きの現場はサヨリで一杯です。
ヨシオちゃんが、サヨリをたくさん獲ってきました。

奥さんが「おかずに持っていきな」と言ってくれたので、遠慮なくサヨリを頂いてきました。



サヨリをもらった後で、沖仕事に出ました。

すると、もといやの海苔のいかだのすぐ沖を、ヨシオちゃんたちが二艘でサヨリ網を曳いていました。

今日は、大漁のようですね。

夕飯に、刺身でサヨリを頂きました。
最高に美味しかったです。

ヨシオちゃん・奥さん、ありがとうございました。


コメント

海苔フェスタ実施決定

2009-01-28 20:21:01 | Weblog


1月28日(水)
走水大津支所では、毎年のように海苔フェスタとか走水港祭りとか名前が違いましたが、走水産の水産物を直売する催しをしていました。
今までは、支所のある走水港で行われていましたが、遊漁船の忙しい土日は駐車場の利用が難しく、平日では来客できる人が少ないなどの、いろいろな問題がありました。

でも今年は、横須賀市からの依頼もあって、走水水源地の駐車場を利用することができるようになりました。
会場が変わります。



今日は、この催しを実施するかどうかの会合がありました。

実施することに決定しました。

「海苔フェスタ」
日時 2月14日(土) 10:00~13:00
場所 走水水源地駐車場脇のゲートボール場

走水水源地駐車場は、1時間まで無料で、その後30分超す毎に200円料金がかかります。
収容台数は、110台です。
普段は、走水水源地の湧水を汲む人達などが利用しています。



「海苔フェスタ」の会場は、ゲートボール場です。
ここにテントを張って行なう予定です。

ここで、走水の名産物を販売します。
今回は、保健所の指摘もあって、鮮魚などの販売ができないので、海草類が中心です。

今日の段階で、販売予定の品は以下の通りです。
 乾海苔(黒・青)
 焼海苔     
 味付け海苔
 きざみ海苔
 朝採り生海苔

 朝採り生わかめ
 塩わかめ

 朝採りオロヌキ生こんぶ
 天草 
 アカモク
 ハバノリ

 なまこ

通常より安値で販売しようと思っています。

もしかしたら、これ以外の品も販売するかもしれません。

この他に、わかめうどん・海苔の味噌汁など、現場で食べれる物も用意する予定です。

また、海苔抄き体験や展示場も作る予定です。

たくさんのご来客を、心からお待ちしています。

コメント

時期はずれ

2009-01-27 19:48:03 | Weblog


1月27日(火)
大津沖柵の海苔網に、時期はずれの物がかかっていました。
お正月に飾った松です。

松にロープが結わいてあるので、おそらく船に飾った松飾りだと思います。
同業者だと思います。

七草が終わって、船に飾ってあった松を外し、そのまま海に流したようです。
毎年、松は海苔網にかかりますが、今日は時期はずれです。
1月の10~15日にかかるのが普通ですが、この時期にかかるのはめずらしいです。

東京湾内を何日も流れていたのでしょう。
どこの漁師も、マナーが悪いですね。



海苔の調子が良くなってきました。
色・艶・伸び、三拍子そろってきました。

走水の海苔はこれからが、食害も病害も少なくなり海況も安定して、最盛期を迎えるような気配が出てきました。

ここ二ヶ月が勝負です。
寒さに負けてはいられません。

コメント

携帯を忘れた

2009-01-26 21:41:21 | Weblog


1月26日(月)
夜明けがだんだん早くなってきました。
今日は雲ひとつない晴天だったので、よけい早く感じました。

出港時間もだんだん早くなってきます。

大津陸柵の一番摘みの海苔を採りました。
柔らかくて良い海苔でしたが、赤ぐされ病が抜けません。

海水温は十分低下したのですが、今年の赤ぐされはしつこいです。



海苔採りの後に、沖仕事に出ました。

今何時かな?と、携帯で時間を見ようと思ったら、ポケットの中にありません。
携帯を陸に忘れてきてしまいました。

他に時計を持っていなかったので、太陽を見ながら時間を予想しての仕事です。
日没になったので、仕事をやめて帰ってきました。

家に帰って携帯をみると、不在着信とメールが届いていました。
ご迷惑をおかけしました。

コメント

初氷

2009-01-25 19:25:40 | Weblog


1月25日(日)
寒い朝です。
海苔採りに行くのに、軽トラックを動かそうとしたら、夜露でフロントガラスが真っ白です。
ワイパーを動かしたら、夜露が凍っています。

前が見えないまま、ザルを積んで船まで運びました。
船に乗ると、デッキの上も夜露が凍っています。
滑って転ばないように、慎重に海苔採りに出かけました。

海苔を採っていても、足の指先が痛くなるほど、寒い朝でした。



海苔採りから帰ってきて、一輪車を使おうとしたら、溜まっていた雨水が凍っています。
海苔採りに行く前には、凍っていませんでした。
海苔を採っている間に、凍ってしまいました。

どおりで、寒かったはずです。

この冬一番の寒さでした。

コメント

高い雲、低い雲

2009-01-24 19:51:14 | Weblog


1月24日(土)
朝、海苔採りに行こうと、ザルを積んで伊勢町港のもぐり船まで行きました。

すると、ピューと風が吹いてきました。
上空を見ると、真っ黒な雲から冷気が舞い降りています。
風が強くなりそうです。

海苔採り中止です。
しばらく、様子をみることにしました。



陸に戻ってくると、大時化になりました。
海苔採りに行かなくて、正解でした。

上空の、高い雲は南西から北東に、低い雲は北東から南西に、逆の方向に物凄い速さで流れています。

普通は高い雲の流れる方向に風が吹きますが、今日はその下に低い雲があります。
その雲の流れる速さが速いです。
海上では、低い雲の流れる方向に風が吹きます。
北東の風です。

結局、今日一日時化で沖に出られませんでした。

コメント

高校合格

2009-01-23 20:18:10 | Weblog


1月23日(金)
昨日から降り続けた雨もあがり、風も弱くなりました。
午後から、沖仕事です。

ベタ凪になって、暖かく仕事が捗りました。



昨日からの雨のせいか、水が濁ってきました。
普通はこの水になると、海苔がよく伸びるのですが、今回はどうでしょうか?


娘の高校の合格通知が届きました。
これで、一安心です。

一家で、娘のりクエストの店で、食事をしてきました。

コメント (2)

青色申告の季節

2009-01-22 19:59:25 | Weblog


1月22日(木)
朝から、雨・風が強く寒い一日でした。
海苔採りはお休みです。

五日連続で、海苔を多く採ったので、家族全員疲れていました。
今日は、骨休みです。

青色申告の季節がやってきました。

走水大津支所では、漁協に税理士さんを呼んで、青色申告の申告書を作成してもらいます。
もといやでも、税理士さんにみてもらいます。

税理士さんが、確定申告の提出で忙しくなる前の2月の上旬に、書類を作成します。

この時期は、時化でもゆっくり休んでいられません。

コメント

わかめが大きくなってきました

2009-01-21 20:28:32 | Weblog


1月21日(水)
今日も雲っていて寒い一日でした。

朝、海苔採りに行くと、足の指先が寒さで痛くなってきます。
しもやけになってしまいました。

背中と足に、ホカロンを張って沖仕事です。

夕方、わかめとこんぶの伸び具合を見に行きました。
わかめもこんぶも大きくなってきました。

今晩のおかず用に、わかめを少し採ってきました。
近所の人にも、お裾分けしました。



採ってきたわかめを、さっと茹でます。
長ネギを乗せて醤油をかけて食べました。
新わかめ、美味しいです。
柔らかいです。

わかめの収穫は、後半月後位になりそうです。

コメント