高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟

世界平和に導く為の語録

日本の各地に点在する「ダム」は、安全を偽装した国民殺しの殺人ダムである!!

2019-11-13 01:06:56 | 危機です!

日本の各地に点在する「ダム」は、安全を偽装した国民殺しの殺人ダムである!!

日本には生存できる都市と、できない都市が識別されている!!

10月12日午後7時・伊豆半島に上陸した台風19号は、関東地方~福島県~三陸沖を抜け去りました!!

死者90人、行方不明者5人、71の河川が決壊して被害にあった住宅が8万棟をこえました!!

ダムの緊急放流により、堤防の決壊が起きていますがなんとも不可解なダムの緊急放流です。

ダムの緊急放流により、逆流が起こり堤防が決壊しています!!

豪雨で河川の本流の水位が上昇して、支流の水が本流へと流れ込めずに逆流氾濫したのです!!

 

ダムの警戒水域を超えると堤防が決壊する!!


堤防ギリギリまで水が来ても決壊しないように建設していないというから、意味深である!!
気象庁の予報や予測から、何故事前に計画放流をしなかったんだという事になるんだが・・・。

この河川の氾濫を起こした7つのダムは、警戒水域を130%もオーバーしていたのに放流をしていなかったといいます。

豪雨が起きるのを待っていたかのような不審な行為です。

ダムというものは、普段は70%~80%の貯水量で待機し、水量が増えますと放流しますので貯水量が130%などというのは不審な行為というよりも、堤防の決壊を狙った「テロ」であると断定することができますが、関係省庁は沈黙しています!!

そしていまや何事もなかったかのように、オリンピック問題にうつつを抜かしています・・・。

復興は、どうなっているのかである!!

これから秋から冬にかけて水の需要は少なくなるんだから、極端に言えば貯水量が半分になっていても不思議ではないんだろうが~次は「冷害」を仕込んでいるといいます。

それにしても奴らは、いきなり夜に放流をやるなんて、これで下流の川が氾濫し堤防が決壊し被害が大きくなってしまった・・・・。

ダム崩壊は、海外のテロリストたちが狙うものであるが売国奴たちが自国民を狙うとは考えもつかない・・・。

国民の無関心が、自らを聞きに落とし込んでいるのである!!

台風19号 被害甚大【決壊】21河川24か所【越水】のべ142河川に

台風19号による豪雨で川の堤防が壊れる「決壊」が発生したのは、13日の夕方の時点で21河川の24か所に上ることが国土交通省の調査で分かりました。

また、水が堤防を乗り越える「越水」による氾濫は、国や15の都県が管理するのべ142の河川で確認されました。

「決壊」21河川24か所

堤防の決壊が確認されたのは、次の河川です。

《国管理の河川》

▽吉田川の宮城県大郷町付近
▽久慈川の茨城県常陸大宮市の富岡と塩原の合わせて2か所
▽那珂川の茨城県常陸大宮市の野口と下伊勢畑の合わせて2か所
▽都幾川(ときがわ)の埼玉県東松山市正代
▽越辺川(おっぺがわ)の埼玉県川越市平塚
▽九十九川の埼玉県東松山市正代
▽千曲川で長野市穂保

《県管理の河川》

▽秋山川の栃木県佐野市赤坂町
▽黒川の栃木県壬生町上稲葉
▽荒井川の栃木県鹿沼市野尻
▽三杉川の栃木県栃木市下岡
▽荒川の栃木県那須烏山市藤田
▽蛇尾川(さびがわ)の栃木県大田原市北大和久
▽中川の栃木県矢板市
▽内川の栃木県さくら市
▽百村川(もむらがわ)の栃木県大田原市

▽志戸川(しどがわ)の埼玉県美里町
▽都幾川(ときがわ)の埼玉県東松山市
▽新江川(しんえがわ)の埼玉県東松山市

▽宇多川の福島県相馬市

▽渋井川の宮城県大崎市
▽砂押川(すなおしがわ)の宮城県利府町

「越水」延べ142河川

堤防からの越水などが確認されているのは、国や15都県が管理する河川で、管理が重複する河川も合わせてのべ142河川です。

《国管理の河川》

▽阿武隈川 ▽多摩川
▽千曲川 ▽牛渕川
▽吉田川 など合わせて24河川。

《都県管理の河川》

▽宮城県で13河川 ▽福島県で4河川
▽茨城県で3河川 ▽群馬県で2河川
▽栃木県で24河川 ▽埼玉県で34河川
▽東京で5河川 ▽神奈川県で4河川
▽山梨県で5河川 ▽新潟県で3河川
▽静岡県で15河川 
▽長野県と三重県でいずれも2河川
▽青森県と山形県でいずれも1河川

長野県 千曲川が決壊 広範囲で大規模浸水

長野県 千曲川が決壊 広範囲で大規模浸水
台風19号による大雨で長野県内を流れる千曲川が決壊しました。また多くの場所で氾濫し、長野市や千曲市など流域の広い範囲で大規模な浸水被害が発生しています。

国土交通省北陸地方整備局千曲川河川事務所によりますと、長野県内を流れる「千曲川」では長野市の穂保地区でおよそ70メートルにわたって堤防が決壊しました。

千曲川河川事務所は、堤防が決壊した正確な時間は分からないとしていますが、監視カメラの映像が途切れた13日午前2時ごろから、職員が現場にかけつけた午前5時半ごろまでの間に堤防が決壊したと考えられるとしています。

また、長野県内の千曲川では、
▼上田市国分
▼千曲市雨宮
▼須坂市北相之島
▼小布施町の飯田・山王島
▼長野市の篠ノ井横田・篠ノ井小森・穂保
▼中野市の立ヶ花・栗林で、水が堤防を越えてあふれ出して氾濫しました。

《千曲川決壊の被災地 水が引くまでに2週間か》

台風19号で、長野市の千曲川で堤防が決壊していまも住宅などが水につかっている地区について、長野市は水が完全に引くまで少なくとも2週間程度はかかるという見通しを示しました。

長野市によりますと、穂保地区の千曲川の周辺で最大規模の大雨が降り川の水があふれた場合は、水が完全に引くまでに1週間から2週間かかると想定されているということです。

長野市は13日の記者会見で、今回は堤防が決壊して氾濫が起き、川から水が出続けていることから水が完全に引くまでにさらに時間がかかるおそれがあり、少なくとも2週間程度はかかるという見通しを示しました。

市によりますと決壊した堤防は、5年前に強度を高める工事を終えていたということです。

加藤久雄市長は「工事を終えたばかりの堤防で大丈夫だと思っていたので、これほどの被害が出るとは思っていなかった。市民生活を取り戻すため、1日も早く堤防の復旧作業を終えたい」と述べました。

また、加藤市長は、今回と同じような記録的な大雨が再び降った際にも耐えられる堤防をつくれるよう、専門家と相談し、国に要望したいという考えを示しました。

《千曲川氾濫 下水処理できず 処理場浸水で 長野市》

台風19号で、千曲川が氾濫した影響で、長野市に3つある下水処理場のうち1か所が浸水し、下水の処理ができなくなっています。

浸水したのは、長野市赤沼にある「クリーンピア千曲」で、長野市の北東部に加え、須坂市、小布施町、高山村の下水処理を行っています。

長野市によりますと、市内にある残る2か所の下水処理場も大量の雨水が流れ込んだ影響で、処理の機能が大幅に低下しているということです。

そのため市は、下水処理ができなくなるおそれがあるとして、住民に対して、洗濯や風呂の使用を控えて排水を減らすよう呼びかけています。

長野市によりますと、下水処理場が機能しなくなっているため、場合によってマンホールから下水があふれるおそれもあるとして、市民へ注意を呼びかけています。

栃木 佐野 秋山川が氾濫 住宅地に水流れ込む

栃木 佐野 秋山川が氾濫 住宅地に水流れ込む
栃木県佐野市では市内を流れる秋山川が決壊して多くの住宅が浸水し、消防が救助活動にあたっています。

佐野市の危機管理課によりますと市内を流れる秋山川が12日の午後9時すぎに氾濫しました。

佐野市赤坂町付近では、秋山川の堤防が少なくとも10メートル以上にわたって決壊し、水が付近の住宅街に流れ込んでいます。

川が決壊した場所は、JR佐野駅から南西におよそ2キロの住宅街で、佐野市によりますと、13日午前11時の時点で付近の住民からは消防や市に対し救助を求める通報が複数寄せられているということです。

宮城 大郷町 吉田川が決壊 氾濫

宮城 大郷町 吉田川が決壊 氾濫
国土交通省の北上川下流河川事務所と仙台管区気象台は13日午前8時40分、宮城県大郷町粕川で、吉田川の堤防が決壊して氾濫が発生したと発表しました。

茨城 常陸大宮 那珂川が2か所で決壊 氾濫

茨城 常陸大宮 那珂川が2か所で決壊 氾濫
国土交通省関東地方整備局によりますと、茨城県を流れる那珂川は、常陸大宮市内の2か所で堤防が決壊し、氾濫が発生したということです。消防によりますと浸水した地域からおよそ60人が救助され、取り残されている人はいないということです。

堤防が決壊したのは、常陸大宮市の野口地区と下伊勢畑地区の合わせて2か所です。常陸大宮市によりますと、市内では那珂川の決壊によって、住宅などおよそ300棟で床上や床下浸水の被害が確認されているということです。

消防によりますと、これまでに浸水した地域で救助の要請があった人や体調不良を訴えた人などおよそ60人を救助したということです。

また、消防と自衛隊がこの地域の住宅を1軒1軒訪問して住民の安否を確認したところ、今のところ、行方不明になっている人や取り残されている人はいないということです。

茨城 常陸大宮 久慈川が氾濫

茨城 常陸大宮 久慈川が氾濫
国土交通省常陸河川国道事務所と水戸地方気象台は13日午前5時20分に常陸大宮市を流れる久慈川の小倉地区と富岡地区で氾濫が発生したと発表しました。

埼玉 東松山 都幾川(ときがわ)が決壊 氾濫

埼玉 東松山 都幾川(ときがわ)が決壊 氾濫
国土交通省関東地方整備局荒川上流河川事務所によりますと、「都幾川」では、埼玉県東松山市内の2か所で堤防が決壊し周辺に浸水被害が出ました。

このうち葛袋(くずぶくろ)では12日午後6時40分ごろに、その下流にある早股(はやまた)では13日午前7時すぎに、それぞれ堤防が決壊しているのが確認されました。

埼玉 川越 越辺川(おっぺがわ)が決壊 氾濫

埼玉 川越 越辺川(おっぺがわ)が決壊 氾濫
「都幾川」と合流し、下流側を流れる「越辺川(おっぺがわ)」でも13日朝早く、埼玉県東松山市と埼玉県川越市の2か所で堤防が決壊しているのが確認されました。

このうち、川越市の堤防の決壊現場の周辺では、多くの住宅や特別養護老人ホームなどが水につかる被害が出ています。

警察や消防によりますと、13日午前8時ごろ、埼玉県川越市の下小坂地区にある特別養護老人ホーム「川越キングス・ガーデン」が水につかったという通報が入ったということです。

消防が駆けつけたところ、施設がある下小坂地区は近くを流れる越辺川が氾濫して広い範囲が浸水し、特別養護老人ホームは4棟ある建物のうち1階建ての2棟が水につかっていました。

施設にいた高齢者や職員合わせて200人余りは2階建ての建物に避難し、警察や消防などが午前10時半ごろからボートを使って救助活動を行い、13日午後5時20分ごろ、全員を救助したということです。

救助された人にけがはなく、市内の避難所に移動したということです。

埼玉 東松山 九十九川で氾濫発生

埼玉県東松山市は13日午前2時すぎ、毛塚地区で九十九川が氾濫したと発表しました。
 
こんな被害がかってあったか・・・・!!
生存したいものは、全国の自衛隊基地の近くに避難場所を作れ!!

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします。 

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします。 

 

   

   ・ソマチッドでガン患者1000人の内、750人(75%)を完治させた。 

  

・ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備え「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。最低、半年は飲んでください!!

 

  お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 送料は着払いに成り

 

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします。 

 

 


銀行や証券会社が取り扱う金融商品はすべて「詐欺」であるから関与してはならない!!

2019-11-13 00:10:00 | 危機です!

銀行や証券会社が取り扱う金融商品はすべて「詐欺」であるから関与してはならない!!

先物取引などは、典型的な「詐欺」である!!

資産の確保に「金」を買うなども愚の骨頂である。

「金」の現物を買うことは宜しい!!

「金1トン」を証券化すると「金10トン」にー化けてしまいますので要注意です!!

マネーゲームに手を出して痛い目にあっている老人は多数います・・・。

マネーゲームには、関わらないことです!!

クオンツファンド主導か、2013年以来の規模の日本国債売り

(ブルームバーグ): 2013年以来の規模の日本国債売りの背景に、クオンツヘッジファンドの存在があるようだ。

 未決済ポジションやファンドフロー、利回りの状況は、トレンド追随のクオンツ戦略ファンドである「コモディティー・トレーディング・アドバイザーズ(CTA)」が10年物日本国債先物で持っていた大きなロング(買い持ち)ポジションを縮小した可能性を示唆している。

 モルガン・スタンレーMUFG証券の杉崎弘一債券ストラテジストは、最近の日本国債の一斉売りはCTAが日本国債先物を大量に売却したことが要因のようだと述べた。

 日本の10年債利回りは先週、12ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)急上昇し、6年余りで最大の上昇となった。

 クオンツの関与を示すデータが以下にある。

先物主導

 CTAファンドが好む先物の原資産である7年物国債の利回りは先週12bp上昇し、さまざまな年限の中で最も売られた債券だった。

Hot Spot © Bloomberg Hot Spot

ロングポジション

 2013年までさかのぼってブルームバーグがまとめたデータによれば、日本国債先物とヘッジファンド・リサーチのマクロ・CTA指数との90日ローリング相関は9月に過去最高に達した。

 この相関の高さからは、ファンドが最近の売りの前に大きなロングポジションを組んでいたことがうかがわれる。

Increasing correlation with CTA returns suggests growing long positions © Bloomberg Increasing correlation with CTA returns suggests growing long positions

外国勢フローデータ

 日本取引所グループの週次データによると、外国ファンドは6月と8月の大量購入後、11月1日終了週には6カ月で最大の売りを出した。

Foreign funds sold most in 6-months in week-ending November 1 © Bloomberg Foreign funds sold most in 6-months in week-ending November 1

未決済ポジションの減少

 過去1カ月に日本国債相場が下落するとともに未決済の先物ポジションが1万枚余り減少した。

 先物でロングポジションを保持していた投資家が売っていたことが示唆される。

Open interest drops 10% over last month as prices slump © Bloomberg Open interest drops 10% over last month as prices slump

 杉崎氏によると、未決済ポジションが減り続けている状況はCTAがまだロングを完全に解消していないことを示唆している。

  テクニカル指標次第ではバリュエーションにかかわらず1段の先物売りの可能性があるという。

 

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします。 

 

 

 

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします。 

 

 

 

   

年末特選情報「メルカリ」を超える「株」があります!!

 

 ・ソマチッドでガン患者1000人の内、750人(75%)を完治させた。 

 

 ・ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備え「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。最低、半年は飲んでください!!

 

   お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 送料は着払いに成り

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします。 

 

 

 

 

 

 

 

人気ブログランキング  

 

 

 

 

 


現在も続くアメリカによる戦後の「日本占領」により疲弊する日本国!!

2019-11-13 00:05:00 | 危機です!

現在も続くアメリカによる戦後の「日本占領」により疲弊する日本国!!

 

 

 占領の言い分は、「日本が二度と戦争を起こさないように徹底して教育する!!」であったが、いまの日本は「米軍の手先」として戦場に赴くために法整備をして、兵器の増産を始めています・・・。

 

 すでに原油タンカーを守るために湾岸に自衛隊を派遣するそうだが、戦闘に成ったら戦うしかないのだろう・・・・。

 今の日本には、原油がなくても新しいエネルギーが沢山あるというのに・・・。

 

さてはて・・・
 「行政協定」とは、1952年に締結された「日米安全保障条約」で米軍の日本における権利を明記した協定のことです。

この協定は、1960年に安保が改定になった際、「日米地位協定」と名称を変え、現在も続いています。


 ではこのような状況は、73年も前の1957年の状況なので、現在はこのような従属的な状態ではないと思うかもしれませんが、残念ながらでも、現在もこの状態が続いていることを示す密約も発見されているのです。

 

 その密約とは、日米安保が改定された1960年1月6日に、当時の岸政権の藤山外務大臣と、マッカーサー駐日大使との間でむすばれた「基地の権利に関する密約」という文書です。

その密約には・・・

「日本国における合衆国軍隊の使用のため日本国政府によって許与された施設および区域内での合衆国の権利は、1960年1月19日にワシントンで調印された協定第三条一項の改定された文言のもとで、1952年2月28日に東京で調印された協定のもとで変わることなく続く」

 

要するに、米軍の日本における権利を定めた1952年の「行政協定」は、安保条約改定後の「日米地位協定」でもそのまま継続するというものなのです。

 

 1960年に調印された「日米地位協定」は、その後2019年の現在まで、まったく改正されたことがありません。

 

そして、先の「ナッシュ・レポート」が示した日本の従属的な状態は、1952年の「行政協定」のときのものです。

この従属的な状況はいまもそのまま継続していると見て間違いありません。

 

米の要請で国内法を改正する機関、日米合同委員会


 このように、日本における米軍の活動は日本の国内法の適用範囲外にあります。

これはまさに、日本の従属的な状況を示している事実です。


 さらにすごいことに、アメリカや米軍の要請が実現できるように日本の国内法を改正し、適合させるための組織が存在しています。

 

それが、「日米合同委員会」です。

 

これは、各省庁から派遣された生え抜きのエリート官僚と、米軍の主要な幹部、また米政府の高官との間で、月2回実施されている会議です。

 

 この会議は、日本の対米従属支配を強化するまさに恐るべき機能を果たしています。

 

 さらにここで形成された従属構造は、米軍のみならず原子力の分野にも適用されているのです。

 

 2012年と定められた「日本占領終了」の密約も踏みにじられて、いまも日本国を占領するアメリカは「日本人の人権」を侵害し、踏みにじり、搾取し続けているのですから、世界平和を乱す諸悪の根源はアメリカなのかもしれません・・・。

 

これこそが、日本の抑圧された闇です。

いまこの闇が、「抑圧されたものの噴出」として表面化しつつあるのです。

 

抑圧されたものの噴出

放射能汚染による被害は存在しない!!


 このように「日米原子力協定」は、日本が原発を積極的に推進する方針を規定しています。

 

こうした原発推進の方向性にとって最大の脅威となるのが、放射能汚染による被害の存在です。

これが国内で明らかになってしまうと、国民の反発は高まり、原発の推進も容易に行うことはできなくなってしまうことでしょう。


 放射能汚染による被害が出てきた場合、これを全面的に否認することができるような状況が必要なのです。。

 

放射能汚染の対策はしない?


 実は、恐ろしいことに日本の法律が放射能汚染とその被害を否認できるような構造になっているんですねえ・・・。

 奴らは、日本国土が放射能汚染されることを知っていたのですよ・・・。

 


 日本には危険物資による汚染を防止するためのさまざまな法律が存在します。

それらは、

 

・「大気汚染防止法

・「土壌汚染対策法」

・「水質汚濁防止法」

 

です。

 

 これらの法律で大気汚染の防止を目的にしたものが「大気汚染防止法」です。
 その「第二七条一項」では、

 

放射性物質による大気の汚染およびその防止については適用しない」

 

とし、放射性物資を汚染物質から除外しているのですから・・・。


 さらに、「土壌汚染対策法」では、その「第二条一項」において

 

「この法律において「特定有害物質」とは、鉛、ヒ素トリクロロエチレンその他の物質(放射性物質を除く)であって」

 

とあり、やはり放射性物資を除外しています。

 

 また「水質汚濁防止法」の「第二三条一項」でも、

 

「この法律の規定は、放射性物質による水質の汚濁およびその防止については適用しない」

 

としており、他の法律同様の規定が存在するのです。

 

 一方、これらの法律を統括する上位法の「環境基本法」では、その「第一三条」のなかで、そうした放射性物質による各種汚染の防止については「原子力基本法その他の関係法律で定める」としていますが・・・。

 

 「原子力基本法」などの法律には放射性物資による汚染の規定はまったく存在していないのですから、おかしな話です。


 環境汚染を防止するためのあらゆる法律から、「放射性物資」は「汚染物質」として排除されながらも、汚染の防止を規定しているはずの法律では、「汚染物質」として「放射性物資」を規定する箇所が存在しないのです。

 日放射能漏れ事故を予測して、このような法令わ故意に作っているのです。

 責任逃れです!!

 

これは、実質的に国内法が放射性物資による汚染の可能性を否認していることを意味します。

しかも、311以前の状況で、311以後の2012年には上位法の「環境基本法」が改正され、放射性物資もほかの汚染物質と同じく、「政府が基準を定め(16条)」「国が防止のために必要な措置をとる(21条)」ことで規制されると明記されました。

 

 ところが、「放射性物資の政府基準」は一向に定められておらず、危険性の根拠となる明確な基準はいまだに存在していないというていたらくです。


 環境省令は、ほかの汚染物質の規制基準を細かく規定しています。

 

カドミウム1リットル当たり0.1ミリグラム以下」

とか、

「アルキル水銀化合物は検出されないこと」

などというように明確に決まっています。

 

 しかし、こと放射性物質に関しては、そうした基準がまったく決められていないのですから何故かと言わざるを得ません。

 

たとえ政府が「100ミリシーベルト」を越える汚染地域を「安全」としたならば、政府はこの地域の汚染に対処する必要はまったくなくなるということなのです。


 もし住民になにかの健康被害が出てきた場合、これは「放射能汚染」ではなく、「ストレス障害」など他の原因のせいにされ、「放射能汚染」は健康被害の原因から完全に除外されてしまっているのです。


 このように関東圏どころか関西までも放射能汚染されているというのにどう仕手でしょうか?

 

これが現在の「日本」というアメリカの植民地である国の実態なのです。

 

「安保法体系」などの日米の条約や密約によって、主権国家の前提である憲法と国内法の米軍への適用が停止され、さらに「日米原子力協定」によって、日本国民の意思にはまったく関係なく、アメリカの意向で原発が推進され、放射能汚染とその被害が否認されてしまうという悲惨な状況がいまの日本現状なのです。

 

 これは主権が国民にある状況ではありません。

 

今の日本は、アメリカの「占領下の植民地」なのです。

このことを安倍晋三政権の与野党が国民に隠蔽し続けています。

 

この現実を直視して、自ら立ち上がり声を大にして

「アメリカは、日本から出ていけ!!」

と、力の限り叫ばなければ子供たちに明るい未来はありません!!

世界広しと言えども「植民地」は、日本だけだろう!!

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします。 

 

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします。 

 

   

 

   ・ソマチッドでガン患者1000人の内、750人(75%)を完治させた。 

 

 ・ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備え「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。最低、半年は飲んでください!!

 

 

 

  お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 送料は着払いに成り

 

 

 

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします。 

 

 

 

人気ブログランキング  

 

 

 

 

 

 


 

 

 


テコンドー協会に関わらずいずれの競技団体も金欠病である政府の補助金が少なすぎる!!

2019-11-12 00:05:00 | 危機です!

テコンドー協会に関わらずいずれの競技団体も金欠病である政府の補助金が少なすぎる!!

51兆円も海外にバラまくならスポーツ団体に、2000億円でもばらまいたら成績が上がるというもんだ!!

如何にして、血税を懐に入れるかということばかり考えて暗躍しており、スポーツ振興などには目もくれない売国奴ばかりだ!!

ゼネコンを回れば、参加費用くらいは捻出できるはずだが・・・。

テコンドー協会パワハラ問題 金原会長“シロ判定”にジレンマ

 
テコンドー協会パワハラ問題 金原会長“シロ判定”にジレンマ
© 産経新聞社 テコンドー協会パワハラ問題 金原会長“シロ判定”にジレンマ

 コワモテ会長の完勝といったところか。

 強化方針を巡り東京五輪代表候補選手との対立が続く全日本テコンドー協会で、外部有識者4人で構成される検証委員会(委員長・境田正樹弁護士)が9日、金原昇会長(65)に対し2度目のヒアリングを行った。

 検証委員4人対金原会長1人で行ったヒアリングは約2時間。

 同会長と反社会的勢力(反社)との関係についても精査され、境田委員長は「今のところ、法律違反やガバナンスコード違反、ハラスメントはない」と“シロ判定”を下した。

 ヒアリングのあとで取材に応じた金原会長は開口一番「私は反社じゃございません」と改めて明言。

 反社ならば銀行の取引や保険の契約もできないとした上で、ヒアリングでは自ら経営する会社の融資報告書、自身の所有するゴルフ会員権や保険の契約書など「資料を出して丁寧に説明した」という。

 境田委員長は今月中に結論を出す意向。

 その上でスポンサー企業を募り、体制を一新したいという。

 同委員長は日本サッカー協会・川淵三郎キャプテン(82)とBリーグを創立に携わった際も、2つあったリーグをひとつにまとめ30人以上いた協会理事をすべて入れ替えた。

 そしてソフトバンクと4年120億円という大型のトップパートナー契約を結んでいる。

 「(テコンドー)協会にお金がないのは事実」(境田委員長)というだけに、今回も協会再生はスポンサー集めにかかっている。

 もっとも、この騒動でダーティーなイメージがついたテコンドー協会を支援する企業が現れるのかどうか。

 それができなければ、これまで“自腹”で資金援助を続けてきた金原会長の体制が今後も続くことになる。

 協会は究極のジレンマを抱えた!!

 

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします。 

 

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします。 

 

 

 

   

 

   ・ソマチッドでガン患者1000人の内、750人(75%)を完治させた。 

 

 ・ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備え「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。最低、半年は飲んでください!!

 

 

 

  お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 送料は着払いに成り

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします。 

 

 

 

人気ブログランキング  

 

 

 

 

 

 


 


日本の各地に点在する「ダム」は、安全を偽装した国民殺しの殺人ダムである!!

2019-11-11 23:32:40 | 危機です!

 日本の各地に点在する「ダム」は、安全を偽装した国民殺しの殺人ダムである!!

日本には生存できる都市と、できない都市が識別されている!!

10月12日午後7時・伊豆半島に上陸した台風19号は、関東地方~福島県~三陸沖を抜け去りました!!

死者90人、行方不明者5人、71の河川が決壊して被害にあった住宅が8万棟をこえました!!

ダムの緊急放流により、堤防の決壊が起きていますがなんとも不可解なダムの緊急放流です。

ダムの緊急放流により、逆流が起こり堤防が決壊しています!!

豪雨で河川の本流の水位が上昇して、支流の水が本流へと流れ込めずに逆流氾濫したのです!!

 

ダムの警戒水域を超えると堤防が決壊する!!


堤防ギリギリまで水が来ても決壊しないように建設していないというから、意味深である!!
気象庁の予報や予測から、何故事前に計画放流をしなかったんだという事になるんだが・・・。

この河川の氾濫を起こした7つのダムは、警戒水域を130%もオーバーしていたのに放流をしていなかったといいます。

豪雨が起きるのを待っていたかのような不審な行為です。

ダムというものは、普段は70%~80%の貯水量で待機し、水量が増えますと放流しますので貯水量が130%などというのは不審な行為というよりも、堤防の決壊を狙った「テロ」であると断定することができますが、関係省庁は沈黙しています!!

そしていまや何事もなかったかのように、オリンピック問題にうつつを抜かしています・・・。

復興は、どうなっているのかである!!

これから秋から冬にかけて水の需要は少なくなるんだから、極端に言えば貯水量が半分になっていても不思議ではないんだろうが~次は「冷害」を仕込んでいるといいます。

それにしても奴らは、いきなり夜に放流をやるなんて、これで下流の川が氾濫し堤防が決壊し被害が大きくなってしまった・・・・。

ダム崩壊は、海外のテロリストたちが狙うものであるが売国奴たちが自国民を狙うとは考えもつかない・・・。

国民の無関心が、自らを聞きに落とし込んでいるのである!!

台風19号 被害甚大【決壊】21河川24か所【越水】のべ142河川に

台風19号による豪雨で川の堤防が壊れる「決壊」が発生したのは、13日の夕方の時点で21河川の24か所に上ることが国土交通省の調査で分かりました。

また、水が堤防を乗り越える「越水」による氾濫は、国や15の都県が管理するのべ142の河川で確認されました。

「決壊」21河川24か所

堤防の決壊が確認されたのは、次の河川です。

《国管理の河川》

▽吉田川の宮城県大郷町付近
▽久慈川の茨城県常陸大宮市の富岡と塩原の合わせて2か所
▽那珂川の茨城県常陸大宮市の野口と下伊勢畑の合わせて2か所
▽都幾川(ときがわ)の埼玉県東松山市正代
▽越辺川(おっぺがわ)の埼玉県川越市平塚
▽九十九川の埼玉県東松山市正代
▽千曲川で長野市穂保

《県管理の河川》

▽秋山川の栃木県佐野市赤坂町
▽黒川の栃木県壬生町上稲葉
▽荒井川の栃木県鹿沼市野尻
▽三杉川の栃木県栃木市下岡
▽荒川の栃木県那須烏山市藤田
▽蛇尾川(さびがわ)の栃木県大田原市北大和久
▽中川の栃木県矢板市
▽内川の栃木県さくら市
▽百村川(もむらがわ)の栃木県大田原市

▽志戸川(しどがわ)の埼玉県美里町
▽都幾川(ときがわ)の埼玉県東松山市
▽新江川(しんえがわ)の埼玉県東松山市

▽宇多川の福島県相馬市

▽渋井川の宮城県大崎市
▽砂押川(すなおしがわ)の宮城県利府町

「越水」延べ142河川

堤防からの越水などが確認されているのは、国や15都県が管理する河川で、管理が重複する河川も合わせてのべ142河川です。

《国管理の河川》

▽阿武隈川 ▽多摩川
▽千曲川 ▽牛渕川
▽吉田川 など合わせて24河川。

《都県管理の河川》

▽宮城県で13河川 ▽福島県で4河川
▽茨城県で3河川 ▽群馬県で2河川
▽栃木県で24河川 ▽埼玉県で34河川
▽東京で5河川 ▽神奈川県で4河川
▽山梨県で5河川 ▽新潟県で3河川
▽静岡県で15河川 
▽長野県と三重県でいずれも2河川
▽青森県と山形県でいずれも1河川

長野県 千曲川が決壊 広範囲で大規模浸水

長野県 千曲川が決壊 広範囲で大規模浸水
台風19号による大雨で長野県内を流れる千曲川が決壊しました。また多くの場所で氾濫し、長野市や千曲市など流域の広い範囲で大規模な浸水被害が発生しています。

国土交通省北陸地方整備局千曲川河川事務所によりますと、長野県内を流れる「千曲川」では長野市の穂保地区でおよそ70メートルにわたって堤防が決壊しました。

千曲川河川事務所は、堤防が決壊した正確な時間は分からないとしていますが、監視カメラの映像が途切れた13日午前2時ごろから、職員が現場にかけつけた午前5時半ごろまでの間に堤防が決壊したと考えられるとしています。

また、長野県内の千曲川では、
▼上田市国分
▼千曲市雨宮
▼須坂市北相之島
▼小布施町の飯田・山王島
▼長野市の篠ノ井横田・篠ノ井小森・穂保
▼中野市の立ヶ花・栗林で、水が堤防を越えてあふれ出して氾濫しました。

《千曲川決壊の被災地 水が引くまでに2週間か》

台風19号で、長野市の千曲川で堤防が決壊していまも住宅などが水につかっている地区について、長野市は水が完全に引くまで少なくとも2週間程度はかかるという見通しを示しました。

長野市によりますと、穂保地区の千曲川の周辺で最大規模の大雨が降り川の水があふれた場合は、水が完全に引くまでに1週間から2週間かかると想定されているということです。

長野市は13日の記者会見で、今回は堤防が決壊して氾濫が起き、川から水が出続けていることから水が完全に引くまでにさらに時間がかかるおそれがあり、少なくとも2週間程度はかかるという見通しを示しました。

市によりますと決壊した堤防は、5年前に強度を高める工事を終えていたということです。

加藤久雄市長は「工事を終えたばかりの堤防で大丈夫だと思っていたので、これほどの被害が出るとは思っていなかった。市民生活を取り戻すため、1日も早く堤防の復旧作業を終えたい」と述べました。

また、加藤市長は、今回と同じような記録的な大雨が再び降った際にも耐えられる堤防をつくれるよう、専門家と相談し、国に要望したいという考えを示しました。

《千曲川氾濫 下水処理できず 処理場浸水で 長野市》

台風19号で、千曲川が氾濫した影響で、長野市に3つある下水処理場のうち1か所が浸水し、下水の処理ができなくなっています。

浸水したのは、長野市赤沼にある「クリーンピア千曲」で、長野市の北東部に加え、須坂市、小布施町、高山村の下水処理を行っています。

長野市によりますと、市内にある残る2か所の下水処理場も大量の雨水が流れ込んだ影響で、処理の機能が大幅に低下しているということです。

そのため市は、下水処理ができなくなるおそれがあるとして、住民に対して、洗濯や風呂の使用を控えて排水を減らすよう呼びかけています。

長野市によりますと、下水処理場が機能しなくなっているため、場合によってマンホールから下水があふれるおそれもあるとして、市民へ注意を呼びかけています。

栃木 佐野 秋山川が氾濫 住宅地に水流れ込む

栃木 佐野 秋山川が氾濫 住宅地に水流れ込む
栃木県佐野市では市内を流れる秋山川が決壊して多くの住宅が浸水し、消防が救助活動にあたっています。

佐野市の危機管理課によりますと市内を流れる秋山川が12日の午後9時すぎに氾濫しました。

佐野市赤坂町付近では、秋山川の堤防が少なくとも10メートル以上にわたって決壊し、水が付近の住宅街に流れ込んでいます。

川が決壊した場所は、JR佐野駅から南西におよそ2キロの住宅街で、佐野市によりますと、13日午前11時の時点で付近の住民からは消防や市に対し救助を求める通報が複数寄せられているということです。

宮城 大郷町 吉田川が決壊 氾濫

宮城 大郷町 吉田川が決壊 氾濫
国土交通省の北上川下流河川事務所と仙台管区気象台は13日午前8時40分、宮城県大郷町粕川で、吉田川の堤防が決壊して氾濫が発生したと発表しました。

茨城 常陸大宮 那珂川が2か所で決壊 氾濫

茨城 常陸大宮 那珂川が2か所で決壊 氾濫
国土交通省関東地方整備局によりますと、茨城県を流れる那珂川は、常陸大宮市内の2か所で堤防が決壊し、氾濫が発生したということです。消防によりますと浸水した地域からおよそ60人が救助され、取り残されている人はいないということです。

堤防が決壊したのは、常陸大宮市の野口地区と下伊勢畑地区の合わせて2か所です。常陸大宮市によりますと、市内では那珂川の決壊によって、住宅などおよそ300棟で床上や床下浸水の被害が確認されているということです。

消防によりますと、これまでに浸水した地域で救助の要請があった人や体調不良を訴えた人などおよそ60人を救助したということです。

また、消防と自衛隊がこの地域の住宅を1軒1軒訪問して住民の安否を確認したところ、今のところ、行方不明になっている人や取り残されている人はいないということです。

茨城 常陸大宮 久慈川が氾濫

茨城 常陸大宮 久慈川が氾濫
国土交通省常陸河川国道事務所と水戸地方気象台は13日午前5時20分に常陸大宮市を流れる久慈川の小倉地区と富岡地区で氾濫が発生したと発表しました。

埼玉 東松山 都幾川(ときがわ)が決壊 氾濫

埼玉 東松山 都幾川(ときがわ)が決壊 氾濫
国土交通省関東地方整備局荒川上流河川事務所によりますと、「都幾川」では、埼玉県東松山市内の2か所で堤防が決壊し周辺に浸水被害が出ました。

このうち葛袋(くずぶくろ)では12日午後6時40分ごろに、その下流にある早股(はやまた)では13日午前7時すぎに、それぞれ堤防が決壊しているのが確認されました。

埼玉 川越 越辺川(おっぺがわ)が決壊 氾濫

埼玉 川越 越辺川(おっぺがわ)が決壊 氾濫
「都幾川」と合流し、下流側を流れる「越辺川(おっぺがわ)」でも13日朝早く、埼玉県東松山市と埼玉県川越市の2か所で堤防が決壊しているのが確認されました。

このうち、川越市の堤防の決壊現場の周辺では、多くの住宅や特別養護老人ホームなどが水につかる被害が出ています。

警察や消防によりますと、13日午前8時ごろ、埼玉県川越市の下小坂地区にある特別養護老人ホーム「川越キングス・ガーデン」が水につかったという通報が入ったということです。

消防が駆けつけたところ、施設がある下小坂地区は近くを流れる越辺川が氾濫して広い範囲が浸水し、特別養護老人ホームは4棟ある建物のうち1階建ての2棟が水につかっていました。

施設にいた高齢者や職員合わせて200人余りは2階建ての建物に避難し、警察や消防などが午前10時半ごろからボートを使って救助活動を行い、13日午後5時20分ごろ、全員を救助したということです。

救助された人にけがはなく、市内の避難所に移動したということです。

埼玉 東松山 九十九川で氾濫発生

埼玉県東松山市は13日午前2時すぎ、毛塚地区で九十九川が氾濫したと発表しました。
 
こんな被害がかってあったか・・・・!!
生存したいものは、全国の自衛隊基地の近くに避難場所を作れ!!

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします。 

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします。 

 

   

   ・ソマチッドでガン患者1000人の内、750人(75%)を完治させた。 

  

・ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備え「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。最低、半年は飲んでください!!

 

  お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 送料は着払いに成り

 

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします。