高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟

世界平和に導く為の語録

日本の人口が減少していますが何故でしようか?

2011-06-30 22:21:37 | 有害食品
日本の人口が減少していますが何故でしようか?

政治経済が混迷しているからでしょうか~社会が不安定であり、先行きが不安定の中では、子育ての自信がないからでしょうか?
それは違いますね!
                
日本は、戦後の焼け野原の時代から、目覚ましい経済復興を遂げましたが、この間、日本の人口は増えに増えまして、昭和23年がピ-クで、以後は下降線を辿っています。
その原因は、なんでしょうか?

ずばり、人体に悪影響を及ぼす化学物質つまり、環境ホルモンや防腐剤です!

これらの有害物質は、人類のDNAに重大な悪影響を及ぼしますので、DANは変異してしまうのです!
いまや、人類の生活環境の全てに化学物質が使用されており、人類は病みに病み、生殖能力を男女共に奪われています!
ストレスや、仕事のしすぎではありません!

環境ホルモンは、両刃の剣であり人類に有用でもあり、また極めて有害でもあります。
その有害なものを羅列してみますと

1.石油製品。
2.哺乳瓶、食品パッケ-ジ、ピザの箱、ポップコ-ンの袋、キャンディ-の包み紙、
 バターやマーガリンの包。
3. ワイン、果実種類。
4. 子供用品。
5. おもちゃは、大人も子供も危険です。
6. 香水、化粧水。
7. シャンプ-、整髪料。
8. 洗剤。
9. 抗菌石鹸。
10. あらゆる加工食品。

このように、生活に必要な日用品から、食品、衣類、家具、電化製品ありとあらゆるものに発癌性、生殖毒性があります環境ホルモンや、防腐剤が使用されていますので人口は減るばかりであり、人類の大半は癌で死亡するように成ってしまいます!


今、日本国民が注目しなければならない独立行政法人!

2011-06-29 23:16:23 | 有害食品
独立行政法人・海洋研究開発機構とは、何ぞや!
何の技術開発をしているのか?
海底に穴を掘り、爆薬を仕掛けて、爆発させ人工地震を起こして、その衝撃波を観測して地球を診断しているそうだが、乗組員が最近、全員外国人になったのは如何なる理由なのだろうか?


『中期目標・中期計画・年度計画事業報告書・業務実績評価JAMSTECの研究・開発・推進地球環境変動領域地球内部ダイナミクス領域海 洋・極限環境生物圏領域リーディングプロジェクトラボシステム基盤的技術の研究開発・推進研究船・施設・設備関連国際プロジェク ト過去の主なプロジェクト海洋や地球環境の調査・研究を進める上で、それを支える技術が非常に重要であることは言うまでもありま せん。

 JAMSTECは世界に誇る最先端の技術を有しており、主なものとして
 (1)船舶、ブイや潜水機器を使った海洋観測技術、
 (2)地球深部探査船「ちきゅう」による海底掘削技術、
 (3)大規模計算機における数値モデル及びシミュレーション技術の3つの分野が挙げられます。

 また、高度な研究目標を達成するために、これらの技術やツール、また得られたデータについて、多様な研究分野や一般社会で効果的 に活用できるようにする技術開発や体制整備にも重点的に取り組むとともに、これらインフラの安全かつ効率的な運用・計画推進を行 っていす。

 海底資源探査について(海底資源特集「海底に眠る宝を探せ!」)近年、資源問題への関心の高まりから、深海底に隠された様々な資 源が大いに注目されています。
 日本は狭い国土ながら、世界第6位の広大な排他的経済水域(EEZ)を持っています。
 この広大なEEZ内に眠る海底資源の探査・研究をすることは、日本の更なる経済成長を支えるのみならず人類の持続可能な発展のため に非常に重要です。

 ただし、それを利用できるかどうかは、いかに低コストで効率よく海底を探査し掘削できるかにかかっています。
 JAMSTECでは、40年近くにわたり深海探査を含め海洋開発に関する科学・技術とノウハウを培ってきました。将来、我が国が海底資源 を利用するにあたり、JAMSTECではこれまでに培ってきた科学・技術やノウハウを活用し、商業的に不可欠となる情報を提供すること を目指します。

 海洋研究開発機構「元気な日本復活特別枠」要望について
 海洋工学センター海洋工学センターでは、JAMSTECで行われている調査・研究の推進を目的とし、世界最深部での観測を可能にする高 性能の海底探査機技術や、活動中の海底火山など人間が近づくことのできない危険地域で調査を行う無人探査機技術など、様々な最先 端技術の開発に取り組んでいます。

 こうした先端的な技術開発は、海洋科学という1つの研究分野に留まるのでなく、他の研究開発分野や産業への応用も目指していま  す。
 また、実際の観測調査を支えている船舶や観測機器、研究施設について効率的に運用するとともに、多様な研究分野のニーズに基づい た機能向上や、技術者の育成に取り組んでいます。

 「海底地震・津波ネットワーク開発部」は、2009年4月1日より「地震津波・防災研究プロジェクト」として「リーディングプロジェク ト」に移行しました。
 地球シミュレータセンター地球シミュレータセンターでは、「地球シミュレータ」をはじめとするスーパーコンピュータシステム及び ネットワーク等の情報インフラの構築と運用を行うとともに、先進的なシミュレーションコードの開発や仮想現実の可視化技術の開発 等を行っております。

 また、研究者に対して、専門的な知識を有するスタッフによるプログラム相談や技術支援、利用者にとって使いやすいシステムの技術 開発を行っているほか、民間企業を含む外部機関への「地球シミュレータ」の利用促進と利用成果の普及、シミュレーション技術を産 業応用するための技術開発を行っています。

地球深部探査センター地球深部探査センターでは、世界最高水準の科学掘削船である地球深部探査船「ちきゅう」を運用し、統合国際 深海掘削計画(IODP, www.iodp.org)の日本総合推進機関として、科学目標の達成に向けて地球生命科学の研究コミュニティを支援し ています。

 乗船研究者への科学的・技術的支援や、「ちきゅう」の安全かつ効率的な運航計画の策定など、国際科学計画の一翼として研究プロジ ェクトの管理・支援を実施しています。
 また、国家基幹技術「海洋地球観測探査システム」の一環として、世界最高の深海底ライザー掘削技術の開発を進めています。

 地球情報研究センター地球情報研究センターでは、JAMSTECが研究開発で取得する膨大な調査・観測データやサンプル情報について、 体系的に整理・分類すると共に、国内外の多様な研究分野や教育、社会経済分野による活用を促進するため、品質管理技術の開発、デ ータベース化、データ提供サービスなどのシステムの技術開発、各種データの統合・解析、可視化を行い、研究者のみならず、教育・ 社会経済分野等のニーズに対応した、情報処理・公開提供を推進します。』

『』の間の意味を吟味して、頂きたい!
日本国存続の成否を握っている独立行政法人です!


原発廃止は、当然である!

2011-06-29 00:28:43 | 有害食品
福島原発の暴走を阻止する技術は、世界に存在しない!
それほど、原子力発電は危険な代物であります!
このままでは、福島どころか関東一円が放射能被害の対称地域と成ってしまいます!

この先、20年どころか100年は、人が住むことはできない不毛の地と成ってしまいます!
世論の動向を牽制するために、安易な告知をしていますが全てが嘘で固められています!

原子力発電の安全神話は、完全に崩壊してしまいました!
ドイツ、スイスは脱原発を決定。イタリアでも、脱原発声明を出し、欧州でも脱原発を推進していますが、日本では脱原発推進への政治的な動きが鈍いのは、何故か?

54基の原発のうち37基が、何等かの理由で停止している現状を何と心得ているのか!
今、いったい37基の原発で、何が起こっているのか?

国会には議論し、調査権があるのだから各原発について、真剣に調査して、結果を国民に報告し、原発廃止へと向かはなければ成らない!
私達は、コントロールの効かない文明の怪物を購入したことに気付かなければならない!
未曾有宇の災害を人為的に引き起こした東電の事故隠しや、経理隠しには、刑事訴訟法で訴追しなければ、法の尊厳は失われてしまう!

また、地震が多発している地域の海底の調査を徹底してしなければ、今回の連続地震のような事例は、今後も多発する!
政府は、独立行政法人海洋研究開発機構に膨大な補助金を支給していますが、何故、今回の一連の地震の原因究明をさせないのかが不思議である!
噂どおりの、不都合なことでもあるのだろうか?

菅直人のブレーンには、
ソフトバンクの孫正義、
ソフィアバンクの田坂広志、
音楽の坂本龍一
がいますが、被災地復興が遅れに遅れていることを菅直人に諫言しないのだろうか!

諫言も出来ないブレーンなど成るものではない!
菅直人は、自己愛性人格障害ではないかとの医師の所見があるが、全員そうなのであろうか!


菅直人を操る魑魅魍魎!

2011-06-27 08:41:45 | 有害食品

総理の椅子にしがみつく空き缶を操る魑魅魍魎!
妖怪、中曽根!
小悪魔、伸子!
売国奴、小泉純一郎!
日本随一の吸血鬼、孫正義!

三人の売国奴と、一人の悪女が、個々の思惑で菅直人を操り、踊る菅直人はなんでもあり総理!
その根底には、自己の欲望に火をつけ、飽くことない魔性の性が存在する!

中曽根、小泉純一郎、孫正義ら五者に共通するのは、何でもありの名誉欲と、金の亡者、そして悪魔の手先である!
菅のあくなき総理の座!
中曽根の飽くなき欲望!
小泉の破綻!
孫の膨大な借財!
伸子の欲求不満!

人間の醜悪な執着性に起因したものである!
そこには潔さも清冽さもない。
執着に対しては、見苦しいばかりの行動をする。

この五人衆が
『脱原発・再生エネルギー推進』
の美名を騙りはじめているが、その裏では、
『脱原発・再生エネルギー推進』
を唱えて、新たな利権を推進している!

延命、辞任を繰り返しながら菅総理は
「オレは辞任しない!」
と決断!

開き直った菅直人の言動や、笑いを見て、総理を後ろから操り、自信を与えた中曽根康弘、小泉純一郎、孫正義の三悪人と菅の妻である伸子
空き缶総理に自信を持たせた亡国の三人の男と一人の女!
墓場から甦ったゾンビごとき中曽根の権謀術は、支離滅裂!
日本を混迷、迷走させる張本人!

悪魔の囁きは、菅直人には心地よく響き、踊る阿呆に 見る阿呆 同じ阿呆なら 踊りゃな 損 損とばかりに、大はしゃぎする無敵の菅直人は、100万馬力!

「辞任の必要はない!」
「あなたは日本総理として、歴史に名を残せるチャンスだ!」
「有象無象が、騒ごうが無視しなさい!」
「仙石や、枝野達に日本の政界を牛耳られたら日本国は共産国家化してしまう!」

と囁き続けたのは、中曽根元総理!
そして、最後に真打として登場したのがアーミテージですから、菅直人も水を得た魚です!

「冷温停止のメドが立つまで」
とのことですが、冷温停止のメドは2年後なんです!
つまり、次の衆議院選挙までということでしょうか!

そして、孫正義は私財10億円を投入し、
「全国の休耕田を利用した太陽光エネルギー利用」
を大阪橋下徹知事と何人かの県知事とメディアで発表したソフトバンクの孫正義氏だ。

これを裏付けるように6月15日、孫氏が中心となった
「再生可能エネルギー促進法案成立緊急集会」
に菅総理が、笑顔で出席しています。
そして、この法案成立に全力を挙げることを宣言しているのですから、見え見えです!

この法案を成立させるには8月中旬までかかるだろうが、この法案が成立すれば日本の電力を原子力依存から
「再生可能エネルギー」(太陽光、水力、廃材等によるバイオマス等々)
に転換させることが出来、菅直人は、歴史に名を残せるのです!

そして、極めつけは、小泉純一郎であります。
この男の発言が菅総理の開き直りを決定的にしたのだ!
この小泉純一郎の行動に、自民党議員も唖然とし、右往左往しているばかりです!

それは、長い年月、東電と癒着し原子力発電を無条件に推進し、東電の要請した
“原発安全装置削除”
という暴挙を容認した!
福島原発爆発に重大な刑事責任のある男、小泉純一郎元総理である!

その冷酷さが今度も現実となった!
小泉は自民党の電力族議員で、原子力発電推進議員として力を発揮、東電子会社等から莫大な献金も受けていたのだ!
その事実を証明しているのは、議員引退後、元三井住友の西川善文・日本郵政社長と評論家の田中直毅らと約25億円もの資金を集め設立した「国際公共政策研究センター」
に、東京電力が1億円以上も協賛金を出させていることだ!

ところが、福島原発事故で東電に国民や世界の国々の非難が集中すると、あっという間に恩義ある東電に手のひらを返し、菅総理に

「自民党に、まだまだ政権を渡してはダメ!」
「まだ東電との癒着政治が続いて国民に多大な被害を与えてしまう!」
「福島原発事故を顧みると、原発推進した私の責任も大いにあり、深く反省する!」

「是非、再生可能エネルギー法案を成立させてほしい!」
「菅総理しかできない!」
『再生可能エネルギー促進法案に反対する議員は、福島原発で明らかな“国民の生命と財産を 奪う”原子力発電推進派とみなす!』
「と訴えれば、国民はあなたは支持する!」

と囁いたのだから、空き缶も小躍りして喜んだに違いありません!
ここに自由民主党と東電の大疑獄が、おぼろげに見えてきます!
大疑獄の引き金は、いつ、誰の手によって引かれるのでしょうか?

菅直人の立場を大逆転した、大疑獄は法の手により暴かれるのでしょうか?

それとも、深い闇に吸い込まれてしまうのでしょうか! 

何でもあり政治に、踊る阿呆は小沢一郎と、亀井静香!

2011-06-26 22:00:04 | 有害食品
アーミテージが、お土産片手に帰国し!
北澤防衛大臣が普天間基地を決定し!
6.25の直下型地震が回避されたら!

前原誠司がイギリスから帰国し!
菅直人に苦言を呈しました!
ストーリーどうりに、政局が進んでいますね!

ただ、国民の郵政貯金が、また消えましたか?
亀井静香は、いい面の皮ですな!
マスコミの
「副総理だの、復興担当大臣だの」
とコントロールされて、その気になった塗炭に梯子を外されて、墜落してしまいましたが、これは全て菅直人等の予定の戦略です!

小沢一郎は、菅直人、鳩山由紀夫、原口一博の謀略に、まんまと踊らされて、不信任に反対した挙句に腹心の松木を除名処分にされしまい議会に出席しなかった者達も、党員資格の停止をされてしまい揚句の果てには、「一新会」まで派に愚痴一博に乗っ取られてしまいました!
今、一生懸命に「一新会」のメンバーを説得しているようですが、流れはもはや小沢一郎にはありません!

3.11の大震災までの流れは、菅直人、前原誠司、仙石由人、野田佳彦に外国人の献金問題や、暴力団のフロント企業からの献金問題が発覚するは、名古屋市の河村たかしは大勝するはで、流れは大きく小沢一郎に傾きましたが、3.11の大震災で全てはきれいに洗い流されてしまいました!

そして、混迷する政界に危うく仙石、岡田らの身内に葬り去られようとした菅直人は、運良く亀井静香より、自由民主党の大物議員の大半を巻き込む大疑獄を入手しますと、亀井と小沢一郎に擦り寄り、辞任次期を書いた書面を小沢一郎に渡すとトロイカ体制の復活を提唱しました。
自己の延命の為には、なりふり構わずに何でも在りの破廉恥な菅直人の凄さは、ここにあります!

この菅直人の豹変振りに驚いた鳩山由紀夫や、原口一博は呆然自失としていますと、この事態に危機感を覚えたアメリカはは、いきなり百戦錬磨のアーミテージを送り込んできました!
世界一、凶暴な男です!

ナメクジ状態の菅直人、仙石由人、岡田克也、枝野幸男たちを一喝すると、今後の政局の全てを一瞬にして決めてしまいました!
勿論、、自由民主党の大物議員の大半を巻き込む大疑獄をも握り潰してしまったのです!
そして、新規協力者との顔合わせパーティーを催すと、お土産片手に帰国してしまいました!

当然のこと、自由民主党を訪問して菅直人の退陣のことや、大疑獄のことを話して今後の政局の指示をしたようです!
残された小沢一郎と、亀井静香はやがて歴史の彼方に葬り去られる運命であることを、痛切に思い知らされたことでしよう!

日本の総理大臣(アメリカ協力政権)が決まります時には、必ずアーミテージが来日してきましたので、既に次期総理大臣は決定されたものと思慮します!
アメリカからの自立は、いつのことでしょうか?