高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟

世界平和に導く為の語録

東京の汚染はやはりすごい! これじゃ住めない 移住だな!

2014-04-30 12:17:08 | 

やはり東京都の放射能汚染はひどい!

移住するしないは、個々の自由であるが小さなお子様のいる家庭は、移住を進めます!

転載

東京の汚染はやはりすごい これじゃ住めない 参考図

東京の汚染はやはりすごい これじゃ住めない 全域で放射線管理区域並みの場所があるの参考図

前回のマップで表示しなかった空間線量率0.20μSv/h未満、0.37μSv/h超のものも含め、全測定値を含めて計算した市区町村別の空間線量率平均値と最大値。






上の図で、2011/3/15午前にプルームのメインストリームが通過した地域の空間線量率は他の地域に比べて低く、吸気による初期被曝が健康被害の大きな原因であったことが分かる。
 
以上
 
東京汚染は、このように多くの方々の調査報告がありますが、これでも政府や都は、
 
「たいしたことはありません!」
 
「風評被害です!」
 
などと弁解していますが、ひどいものです!

この記事をはてなブックマークに追加

放射能被害に苦しむ母親の叫び声!

2014-04-30 00:58:15 | 

 

亡国の輩!

この日本のあり様を見よ!

われわれ男子が、女子や子供を守れなくてどうしますか!

もはや現政府は、国民が選んだ政府ではありませんぞ!

選挙時、当選時の高潔さは霧散し、利権を漁り、言を左右し、国民を犠牲にし、アメリカの手先となり、悪行の限りを尽くす不逞の輩と成り果てた国会議員達を民意で政界より追放しない限り、日本国を包み込む暗雲を取り除くことはできません。

 

被災地の主婦の悲痛な叫び声を聞け!

このような悲痛な叫び声を無視できるか?

これを悲惨と言わずに何を悲惨というか!

悲惨以外の何物でもない!

叫び! 

「 私は、福島県郡山市から大阪府堺市に、小学生のこどもたちを放射能から守るため、母子3人で自主的に避難してきました。」


「夫は、いまだに福島に残って、仕事をして生活を支えてくれています。」


「避難前に住んでいた福島県郡山市は、原発から50~60キロ離れたあたりにあり、国が定めた避難地域に入っていません。」


「しかし、いまだに放射線管理区域である0.6マイクロシーベルト/時を超える0.7マイクロシーベルト/時の空間線量があり、非常に放射線の高いホットスポットも存在するところです。」


「そのため、自主的に避難する人と、避難しない人に分かれる地域です。」



「311に大地震が起こり、原発が爆発してからずっと、放射能から避難すべきか,悩む日々が続きました。」


「パソコンがなかったため、テレビにかじりついて、いつ避難指示が出るのか、どういう状態ならば避難してもいいのか、判断材料を求め続けました。」


「しかし、政府の「ただちに健康に影響はない」というばかりで、判断材料となるべき情報を何も示してはくれませんでした。」


「早い段階で、SPEEDIの情報を公表してくれていたら、原発が大爆発する映像をテレビで流してくれていたら、もっと早く避難でき、こどもたちに余計な被曝をさせなくて済んだのに…と悔しくてなりません。」

「何も知らず、避難地域にも指定されなかった郡山は、たいした被害はないのだと思いこんでしまいました。」


「危険な状態なら、国が何もしない訳がないと思っていました。」


「そんな中、高い放射能が降る中を、地震の影響で断水で水が出ず、スーパーにもほとんど物資がない中、生活水や食料を得るため、スーパーの長蛇の列にこどもたちと並んでしまっていました。」

「それから、私の小学生の長男の体には、異変が起こりはじめました。」

「口内炎、湿疹、発熱、鼻血などの症状が出てきたのです。」


「その時には、まだ知りませんでしたが、それはチェルノブイリ原発事故の後に、その周辺の人たちに多く表れた放射性物質による健康被害の初期症状そのものでした。」


「そうした症状は、私の長男だけでなく、多くの福島県に住むこどもたちや、東北・関東に住むこどもたちにまで、広くでています。」


「例年とは違うこどもの体調の変化に、多くの母親は直感的に危機感を感じ、データをインターネットで調べて確信を深め、様々なものを失いながらも避難を決意しています。」

゜もし今、母親の私が避難を決意しなかったことで、大切なこどもたちが3年後5年後10年後に命を失うような病気にかかったとしたら、命を失うとしたら、私は自分で自分を許せないだろうと思いました。」

「政府が言い続けた「ただちに健康に影響はない」とは、「いずれは健康に影響がある」ということです。」

「テレビなどでは大々的に公表はされていませんが、すでにチェルノブイリ原発事故の時のデータでは、事故から3年後から甲状腺ガンが増えはじめ、10年後にピークに達していることは分かっています。」

「ただちに、健康に影響はなくても、放射線を浴びつづけたら、近い将来、健康に被害があらわれることは、すでに分かっているのです。自分の命に代えても惜しくないこどもたちの命が脅かされているとしたら、何を失っても避難しなくてはと思い、福島第一原発から600キロ離れた大阪まで避難してきました。」


「しかし、その安全だと信じた大阪が、今、放射性物質のついた震災瓦礫を受け入れようとしています。」


「大阪で受け入れるのは、岩手の瓦礫ということですが、京都で燃やされようとした岩手の松からセシウムが検出されたことがニュースになったように、岩手といえどもすでに放射性物質に汚染されているのです。」


「その瓦礫を大阪で焼却したら、今、奇跡的に汚染を免れて安全な大阪までも放射能汚染されてしまいます。」

「私たちは、放射能からこどもたちを守るために、はるばる身寄りのない大阪まで避難してきたのに、その大阪までもが汚染されてしまったら、どうすればいいのでしょうか?」


「震災瓦礫を大阪で受け入れることによって、私たちのように被曝したものは更なる命の危険に脅かされるばかりか、今まで被曝していない大阪のこどもたちまで被曝させる危険があるのです。」


「大阪の人たちにまで、私たちと同じ苦しみを味わってほしくありません。」


「福島でも、原発は安全であるかのように言われていましたが、今回の事故により、たくさんの人が健康に被害を受け、将来に不安を抱え続けることになりました。」

「大阪でも、瓦礫の受け入れは安全のように言われていますが、それを鵜呑みにして受け入れたら、福島の二の舞になってしまうと思います。」


「瓦礫の受け入れが、被災地の支援のように言われていますが、私はそうは思いません。」


「大阪で処理できるくらい安全な瓦礫なら、岩手で処理したいと陸前高田市長は言っています。」


「その方が被災地の処理業者が潤いますし、雇用が生まれるからです。」

「被災地の支援をしたいという気持ちには、とても感謝していますが、瓦礫の受け入れだけが被災地の支援ではないと思います。」

「瓦礫を受け入れるより、いまだに被曝し続け命を脅かされている福島のこどもたちの避難を受け入れること、その方がずっと命の方を向いた支援だと思います。」


「いまだに、福島に残るこどもたちはたくさんいます。」

「放射線管理区域以上の空間線量が存在する中を、放射能汚染された食品を食べさせられて暮らしています。」

「私たちが住んでいた郡山の学校では、避難したのはクラスで3人しかいません。」


「割合で言うと避難したのは一割で残り九割のこどもたちは残っています。」


「そして、郡山の学校給食では、去年高い放射能の降った土に育った米を使用したご飯や、セシウムが18ベクレル検出された牛乳を使用しています。」

「保護者が、そうした給食を改善するように教育委員会や学校に働きかけても、今までの業者との繋がりがあるからと、改善に至っていません。」


「また、郡山のこどもたちが集団疎開できるように避難の権利を求める裁判をおこしましたが、棄却され、控訴しているところです。」


「郡山の友人には、せめてこどもに給食の牛乳を飲ませないよう、ご飯は安全な産地のものを自宅で炊いて持たせるよう頼みましたが、ムラ意識が強いせいか、「みんなと違うことは、できない」と、そういった防護すらできない状態です。」

「チェルノブイリ原発事故のデータから、被曝してしまったこどもたちでも、安全な場所に短期間でも避難して安全な空気を吸い安全な食べ物を食べれば、深刻な病気から免れていることが分かっています。」


「どうか、被災地に遠慮なく、震災瓦礫の受け入れ反対の声を上げてください。」


「そして、瓦礫の受け入れより、避難者の受け入れに目を向けてください。」


「いまだに、原発から20キロ圏内以外の放射能汚染から避難するための補償はされておらず、それが経済的負担となり、命を救うための避難を妨げています。」

「瓦礫受け入れに反対して、避難できる安全な大阪を守っていただくことが、福島をはじめとする被曝し続ける人たちの命を救う支援になります。」


「これ以上、福島の悲劇を繰り返さないためにも、大阪が汚染されないように瓦礫受け入れを防ぐこと、よろしくお願いします。」

 

私たち日本国民は、このような不運に翻弄されながらも「よろしくお願いします」と言わざるを得ない母の叫びを聞き流してはならない!

今こそ国民は、連帯、一致団結して「反原発」の輪を広げなければなりません!

国民一人一人の声こそが、この国の将来を決定します!

 


この記事をはてなブックマークに追加

八ケ岳1,850.mで、50基のUFOと母船の歓喜の出迎えを受けて歓喜!

2014-04-28 19:34:00 | 旅行

 UFOの大編隊が、ツアー参加者を祝福した!

八ケ岳1,850.mで、50基のUFOと母船の歓喜の出迎えを受けて、参加者30人が、15分位間も祝福を受けました!

一度気に、母船を含めた50基近くのUFOに祝福を受けるなどは、「世界初」と申し上げても過言ではありません!

平成26年4月27日、八ケ岳標高1,850m

「あっ!二つに分かれた!」

「あっ!消えた!」

「あっ!動いた!」

「あっ!上下に動いている!」

UFOの大編隊をまじかに見た第二回「人類禁断の地見学ツアー」参加者、運転手も含めた30名は、初めての体験に興奮して叫び声を個々に上げていましたが、50基近くの大編隊は、現場を去ろうともしませんでした!

今回のツアーでは、まだまだ不思議な体験を参加者は、しましたがお話は、次の機会に・・・・・・・・・!

 

 

御  案  内

第二回「人類禁断の地見学ツアー」

  1. 平成26年4月27日(日)午前9時から28日(月)午前11まで。
  2. 集合時間・・・・26年4月27日午前9時。
  3. 集合場所・・・・長野新幹線長野駅。東口。
  4. 用意するもの・・運動靴・厚手の帽子かヘルメット・手袋・タオル

        懐中電灯・対ウイルス対策マスク。

【スケジュール】

  1. 平成26年4月27日(日)午前9時長野新幹線長野駅東口集合。
  2. ドラコニアン降臨の社見学。 〒381-4192 長野県長野市

午前9時50分から、11時30分まで。途中昼食。

 

 
  1. 地底へと続く巨大地下施設見学、調査。

長野県長野市

午後12時30分から、午後1時30分まで。

 

  1. 特異空間体験・気場に入り体感して頂きます。

強大なパワーが噴出しています。

伊那市長谷市野

午後4時から、午後4時30分まで。

 

 
  1. 午後6時30分から7時30分・夕食。

 

  1. 蓼科山へ未確認飛行物体見学。

午後8時10分から、午後10時まで。

北佐久

位置 北緯36度06分13秒 

 

標高 2,530.3 m

所在地   長野県茅野市、北佐久郡立科町

位置 北緯36度06分13秒 東経138度17分42秒

座標  北緯36度06分13秒 東経138度17分42秒

山系 八ヶ岳連峰

種類 成層火山

 

八ヶ岳を西側の原村や茅野あたりから見ると、八ヶ岳連山がつながった左端に、尚、突出したこんもりした山があります。

UFOは、気体のようなものであり常にバイブレーションしていますので、信じない者には目視することが出来ませんが、光は見ることはできます。

 この美しい形の山のただならぬ山容のエネルギーを感じ取って頂きたいと思います。他の山々とは明らかに違う、いわば宇宙的な何かを感じてください。

 光エネルギーが、立ち上っています。

 

第二回「人類禁断の地見学ツアー」は、歓喜のうちに無事終了しました!

ご協力いただいた関係者の方々に、厚く御礼申し上げます!


この記事をはてなブックマークに追加

第二回「人類禁断の地見学ツアー」のためブログはお休みです!

2014-04-26 09:29:05 | 旅行

第二回「人類禁断の地見学ツアー」のためブログは、お休みします!

御  案  内

第二回「人類禁断の地見学ツアー」

  1. 平成26年4月27日(日)午前9時から28日(月)午前11まで。
  2. 集合時間・・・・26年4月27日午前9時。
  3. 集合場所・・・・長野新幹線長野駅。東口。
  4. 用意するもの・・運動靴・厚手の帽子かヘルメット・手袋・タオル

        懐中電灯・対ウイルス対策マスク。

【スケジュール】

  1. 平成26年4月27日(日)午前9時長野新幹線長野駅東口集合。
  2. ドラコニアン降臨の社見学。 〒381-4192 長野県長野市

午前9時50分から、11時30分まで。途中昼食。

 

 
  1. 地底へと続く巨大地下施設見学、調査。

長野県長野市

午後12時30分から、午後1時30分まで。

 

  1. 特異空間体験・気場に入り体感して頂きます。

強大なパワーが噴出しています。

伊那市長谷市野

午後4時から、午後4時30分まで。

 

 
  1. 午後6時30分から7時30分・夕食。

 

  1. 蓼科山へ未確認飛行物体見学。

午後8時10分から、午後10時まで。

北佐久

位置 北緯36度06分13秒 

 

 

 

標高 2,530.3 m

所在地   長野県茅野市、北佐久郡立科町

位置 北緯36度06分13秒 東経138度17分42秒

座標  北緯36度06分13秒 東経138度17分42秒

山系 八ヶ岳連峰

種類 成層火山

 

八ヶ岳を西側の原村や茅野あたりから見ると、八ヶ岳連山がつながった左端に、尚、突出したこんもりした山があります。

UFOは、気体のようなものであり常にバイブレーションしていますので、信じない者には目視することが出来ませんが、光は見ることはできます。

 

この美しい形の山のただならぬ山容のエネルギーを感じ取って頂きたいと思います。他の山々とは明らかに違う、いわば宇宙的な何かを感じてください。

 光エネルギーが、立ち上っています。

 1.宿舎にて、懇親会。

 

午後10時30分から、午後12時まで

 1.講演会。(誰も知らない日本の政治経済の現状と将来)

28日 午前9時より、午前11時まで

・「地球の現状と、未来」講演。

・「これからの日本の政治経済」講演。

・参加者全員に、光エネルギー注入。身体の痛みは一瞬にして消えます。

・脳腫瘍を消し、脳梗塞の後遺症を大幅に改善させ、痴呆症、アルツハイマー治療器の実演。

・近視、老眼、白内障、緑内障治療器の実演。

・内臓脂肪、皮下脂肪を身体に害なく体外に排出する治療器の実演。

・禿が、治るクリームの紹介。

・癌、成人病消滅波動発生器の実演。癌を含む成人病は完治する!

・念動力で食物や、飲料水を瞬時に熟成させる実演。

  1. 宿泊施設にて、解散。

28日(月)午前11時。

 

2回目のツアーの最大の目的は、1回目のツアーと同じように、人類の宇宙意識の覚醒にあります。

私が募集しました「人類禁断の地見学ツアー」に応募されました貴方達は、日常生活の中でも不可思議な現象に興味を持たれ何かにつけて、宇宙意識に触れられてきたことと思います。

 

知ることのできなかった施設や、入ることのできない地域に侵入する「人類禁断の地見学ツアー」は、私同伴で初めて無事に慣行できますツアーです。

普段知りえることのできない特殊な場所を訪問して知り、見学することができたということと、各現場の立地や意味を探求し、個々に考察、推理して頂ければ「人類禁断の地見学ツアー」は貴方の生活の一部となり、私の初期の目的は達成されます。

「人類禁断の地見学ツアー」の最終目的は、共に語り親交を深め人類史上初めてという驚異的な真の「幽体離脱覚醒」に、ご参加して頂くためであります。

放射能も、化学物質も体外に排除することが出来ます!

そうです超サプライズが、貴方達をお待ちしています!

スピリチュアルな場所を見学し、心身に影響を受け以後、「幽体離脱覚醒法」を指導にしたがって修練をすれば、100人が100人、全ての方が、特殊能力を持つことができます!

 第一回「人類禁断の地見学ツアー」、第ニ回「人類禁断の地見学ツアー」の延長線上に、第三回「人類禁断の地見学ツアー」があります!

 各ツアーを通して、国内にある負の施設の位置を訪問して、最終目標であります「幽体離脱覚醒法」を習得して頂き、時間を支配し、幻想の世界を作り、テレパシー、念動力、テレポテ―ション、透視、アルザスへの移動、天使との面談、宇宙人との面談、UFO搭乗、次元の移動

等を体験して、世界人類の平和と繁栄のために貢献して頂きたいと深く思慮しています。

 

日中は働き、夜は幽体離脱して、二つの世界で楽しい生活を送るということを想像してみてください!

人類が、幽体離脱を正しく学べば、カルマの法則より解放され、ライトボディーを持つマスターと成り、

なんでも可能に成り、一挙に3,000.年の進化を遂げることが出来るのです!

これは、もともと人類が持って生まれた素晴らしい、能力なのです。

この世界では、障害者も、健常者もありません!

 現世では、いくら探しても桃源郷はありませんが、幽体が集う亜空間にこそ究極の桃源郷があります!

この亜空間の中では、全ての感覚は日常の生活よりも強烈で、しかも肉体的な限界は存在しません!

実際の世界で得ることができない物でも、簡単に手に入れることができる世界なのです。

旅行や、情報収集や、傷の癒し、創作意欲の発達などを簡単に行うことができます。

まさに神の如くふるまえるのですから、一度体験すると魅惑されてしまい虜となってしまいます!

 また天変地異が、迫っており生存するためには参加者の方々には特殊能力を身に着けて頂かなくてはなりませんので真の「幽体離脱覚醒法」を収得して頂きたいと希望します。 

心が清らかで、好奇心が旺盛で、正義感が強く、尚且つ約束は遵守される高潔な方々であれは、合格であります。

参加者の方々のこれまでの人生観や、見識が一変します。

 

【参加者サプライズ】

第一回、第2回「人類禁断の地見学ツアー」に参加されました方の健康管理をいたします。

難病、癌を含む成人病を患われています方は、病状を6ケ月以内に治癒させます。

また放射能や、化学物質を体外に排出させます「醗酵液」をお届けしますので、ご要望の方はお申し出ください。

 

平成26年4月吉日

   高 山 長 房

 


この記事をはてなブックマークに追加

右も左も、上も下も、放射能だらけ!

2014-04-26 01:03:36 | 

私の元に、
「3.11の地震で浜岡原発も破損して、放射能漏れを起こしています!」
との連絡が入りましたが、本当かどうか?

そういえぱ静岡のお茶から放射能が検出されていますが、福島から静岡に放射能が特別に降り注いだのでしょうか?
事実であるとすると、東京は福島原発と、浜岡原発のサンドウィッチですね!

それで、東京都内の放射線量が高いんでしょう!

 

 

私は、当初から浜岡原発は3.11の大地震から破損して、放射能漏れを起こしていたとネット上でも、お話していましたが、ようやく破損を公表しました!
静岡のお茶から放射能が、検出されたのは福島の原発ではなくて浜岡原発の放射能漏れが原因です!

このような原発事故を隠すことは、犯罪であり、最寄の県警は断固介入して立件すべきであります!
未必の故意による殺人未遂です!





『浜岡原発で細管43本が損傷 再循環配管から水噴出

 浜岡原発5号機(静岡県御前崎市)で発生した海水漏れトラブルで、中部電力は、タービンを回した蒸気を冷やして水に戻す  「復水器」内で、冷却用海水を流す細管(直径約3センチ)43本が損傷、2本が変形していたと発表した。

 中部電によると、復水器には約2万1千本の細管がある。損傷した細管から約90センチ離れた位置に再循環配管の金属製ふたがあり、ふ た近くの溶接部分が破断、外れていた。さらに溶接部分の周辺に、小さな傷があるのが確認された。

 

中部電は配管の溶接の際に、誤ってできた傷が金属疲労から破断、この部分から噴き出した水と蒸気が細管を損傷したとみて、詳しい原因 を調べている。

 トラブルは、政府の要請を受けた原子炉の停止後に発生。

海水約400トンが復水器内に流入し、原子炉に約5トンが流れ込 んだとみられる。当時、再循環配管には1時間当たり約530トンの水が流れていた。

 中部電は近く、再発防止策をまとめ、本年度中に海水の除去作業を終えるとしている。

放射能被害は、人体に甚大な被害を与え特に、遺伝子への悪影響は未知数であり、人類の生存権を脅かすものであります!


このような恐るべき放射能災害を隠蔽し、国民に甚大な被害を与えておいて、露見しそうになるとあわてて発表するなどは、犯罪行為以外のなにものでもありません!

傷害罪は、勿論のこと殺人未遂の適用は当然のことです!

水を他人に浴びせますと傷害罪ですぞ!


放射能を浴びせるのと、水を浴びせるのと、どちらが悪質でしようか?

考えるまでもありません!


業務上過失傷害なんてものじゃあ済まされません!

右も左も、上も下も、放射能だらけ!

第二回「人類禁断の地見学ツアー」で、連休はお休みです!


この記事をはてなブックマークに追加