高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟

世界平和に導く為の語録

恐るべし!!5G人類コントロールセンター!!

2020-05-30 00:05:00 | 電磁波の恐怖

恐るべし!!5G人類コントロールセンター!!

 人間の脳波は奇しくもシューマン共振の周波数とかぶり、リズムを共有しています。

人類を完全支配下に置く「マザー量子コンピューター」は、 ―・所在地・東京都武蔵野市緑町3-9-11に実在!!

日本国民をコントロールするために設置された「量子コンピューター」が、地下の広大な空間に設置されています。

 
所在地・神奈川県横須賀市光の丘1-1

 
所在地・東京都武蔵野市緑町3-9-11

 
所在地・神奈川県厚木市森の里若宮3-1

 
所在地・京都府相楽郡精華町光台2-4
 

 
所在地・京都府相楽郡精華町光台2-4


所在地・〒108-8019 東京都港区港南1-9-1 品川TWINSオフィス棟11F

 
所在地・〒108-0023 東京都港区芝浦 3-4-1  グランパークタワー33F

 
所在地・〒100-8116 東京都千代田区大手町一丁目5番1号 大手町ファーストスクエア  イーストタワー

 
所在地・1950 University Ave. Suite 600 East Palo Alto, CA 94303

都市にもビルを装った巨大なアンテナがあります!!

 人間の脳波は奇しくもシューマン共振の周波数とかぶり、リズムを共有しています。


 支配者たちはこの「シューマン共振の周波数」を、8ヘルツから12ヘルツの周波数でコントロールしようとしましたが、あまり効果が上がりませんでした。

 そこで「AI(人工知能)」に「5G」をコントロールさせて「シューマン共振の周波数」を乗っ取り、私たち人間を「アンドロイド化」し、完全コントロールしようとしているのです!!

 また最終手段として、私たちの脳に「ナノ電子チップ」を埋め込まなくてはなりません!!


 この「ナノ電子チップ」をコロナウイルスの「ワクチン」に混入させて、感染者に注入すればすべてが終わります。

 インフルエンザ、エボラなどあらゆる「ワクチン」に、混入して全人類を支配します!!

 我々も、地上の野生生物が日々同じリズムを維持しているように、自然体でいれば、自ずと地球とリズムを同調して平穏の過ごせたのですが・・・。

 だが、現代人は長時間に及んでイヤホンやヘッドフォンを直接身に着け、直接の振動源である電車や自動車の中で過ごす。

 そして、パソコンやスマホを至近距離で利用し、人工の照明を浴び、さまざまなノイズを聞く。

 ますます本来の地球のリズムとは異なるリズムに自らを合わせようとしている。

 そんな現状を考えれば、現代人が原因不明な病気に陥りがちなのは当たり前のようにも思える。裸足で大地に立つと、身体はアースされ、直接的に地球のリズムが身体に伝わり(取り戻し)、他の人工的な要素による影響を少なくできるのです。

 これが一つの健康法になりうるほど、ヒトは自然との同調を失ってきたのだ。


 5Gの健康被害として指摘されているものは「電磁波」に関する危険性を指したものです。

・電磁波の影響を受けた水は酸性になる
・DNAに損傷を与え、がんを引き起こす
・老化を促進する
・細胞の代謝に異常が生じる
・ストレスタンパク質の生成が促進されさまざまな病気になる
・気分が悪くなる人が増える
・うつ状態なる人が増える
・ガン
・うつ病
・慢性疲労


 我々は多量の電磁波を浴びている。

 我々は日々、さまざまな電磁波を浴びている。

 ピンポイントで、商社脛こともできるようになりました!!

人間の体に影響を与えていると思われる電磁波を発する電子機器ランキング


1. 人工衛星
2. レーダー(兵器)
3. 携帯電話の電波塔
4. 携帯電話
5. 高圧電線
6. 電気配線
7. パソコン・テレビ・ラジオ
8. LED照明
9. 電子レンジ
10. 人間

自然由来の電磁波

・太陽光、雷、シューマン共振。
・可視光線域で認識している太陽光は、我々にとって不可欠な電磁波である。
・雷は、地上における電磁波の源で、雲と地上との間の放電現象によって光と音を発生させる。

19世紀後半まで、電磁波の源といえば、これらが主だったものだった。

人工的な電磁波

・人工衛星が地球を周回しており、その約2000機が稼働中。
・GPSやテレビ、携帯電話、気象観測、軍事目的等。
・テレビ・ラジオの送信所や携帯電話の基地局からの電波。
・高圧線が発する電磁波。
・職場や家庭において多くの電化製品。

健康への悪影響は数多く報告されています。

 基本、抵抗力の弱い一部の人々だけが、電磁波の影響を敏感に受け、体調不良や病気に至ると考えられるが、抵抗力が弱かったのか、特定の電磁波源から影響を受けている事実もあります。

通信インフラ5G普及に潜む健康リスク

 だが、我々はますます多くの電磁波をどこからともなく浴びる傾向にある。
 電話やインターネットは、有線から無線へと向かい、家電も連携させるIoT(モノのインターネット)の時代を迎えつつあるのだ。

 そして、将来的に一部の人々だけでなく、大半の人々が人工的な電磁波の影響で体調不良に至る可能性もゼロとはいいきれない。

 例えば、近く携帯電話業界では通信インフラを第五世代移動通信システム、いわゆる5Gに世代交代させる予定になっている。

 5Gにおいては、通信速度を高速化させるために、これまでより高い周波数帯(6GHz以上)のマイクロ波が利用される。

5Gの欠陥

・周波数が高くなると、電波を遠くまで伝えることが難しくなり、多数の小型基地局が、およそ
100メートルごとに設置する必要がある。
・物理的な障害物にも影響を受けやすく、これまで以上に出力を上げる必要性もある。

 そんなことがあるためか、アメリカに限らず、ヨーロッパやオーストラリアでも判定運動が起こっています。

 5G電波による体調不良の原因は明確にされていないが、これまで以上に波長の短い電波が高出力で発せられることで、生物体内への侵襲性が高まりますから害は出ます。

 5Gにおいては、これまで使用してきた周波数帯に加えて、24~39GHzもの周波数帯が利用されるのです。

 39GHzの周波数に対応する波長は約8ミリ、6GHzの場合は5センチ、2GHzの場合は15センチである。

 波長15センチの電磁波よりも、波長8ミリの電磁波のほうが物体内部への侵襲性が高まりますから必ず何らかの被害を引き起こします。

 例えば、体長2センチの生物に、波長15センチの電磁波を照射すると、外側に影響は与えても、内部にまで影響を与えることは在りませんが、波長2センチ以下の電磁波を照射すれば、内部にまで伝わってしまいます。

 実際にミツバチに対して2GHz、6GHz、24GHzという、まさに携帯電波を照射する比較実験が行われているが、その結果、24GHzの電磁波(波長12.5ミリ)を照射した場合、体内までほぼ完全に伝わります。


 近い将来「5Gネットワーク」は、全世界に張り巡らされますが生物に対して、他の花粉媒介者たちも影響を受ける可能性があり、農作物の収量低下といったレベルを超えて、生存すら危ぶまれる植物も出てくるでしょう。

 これは、生態系を崩し、最終的に食糧危機を引き起こしてしまいます。

 電磁波対策

 素足で、7日に一回30分程度「土」の上を歩いてください!!

5年以内に「波動医療」にすべて変わり薬も何も必要なく何ります!!
「現代医学」は姿を消してしまいます!!
既に試作機で、臨床をしていますが完璧です!!
ランキングに参加中。クリックして応援お願いします。
ランキングに参加中。クリックして応援お願いします。 
  
 ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備え「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼ ロにしてくれます。
最低、半年は飲んでください!!
・起業家の皆さんに特選技術情報を提供します!!
    お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・
「秘数教室」は、無事終了しました!!
 5年以内に「波動医療」にすべて変わり薬も何も必要なく何ります!!
「現代医学」は姿を消してしまいます!!

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

携帯電話の電磁波により、人類の脳が突然変異を引き起こす!!

2018-10-26 23:00:18 | 電磁波の恐怖

携帯電話の電磁波により、人類の脳が突然変異を引き起こす!!

 放射線であるX線やガンマ線が体に有害であるのは論を待たないでしょうが、同じ電磁波である携帯電話からの電波も危険極まりありません!!

 携帯の電波が一日中とんでいる中で生活をしなければならない。

 携帯は電話がつながってないときでも、時折り電波が発信されおり、通話しなくても電波を一日中浴びている。


 
 確かなんらかの人体への安全基準はクリアーしているから市販されているのであろうが、しかし、弱い電波を1日中、毎日、何年も浴び続けた場合の実験結果などないわけだから、科学的に100%大丈夫だとは言えないはず。

 そもそも弱い放射線を人間が浴びた場合、その影響が何らかの形で出ます!!

  
 あと十年したら、日本中どこでもまったく子供が産まれなくなったりして。


 核兵器で人類が滅ぶって言った人がいたけれど、案外、人類を滅ぼすのは携帯の電波かも!!

携帯電話
『携帯電話で脳腫瘍を認める判決』 

 2009年12月19日 アレックス・スウィンケルズ(放射線リスクの国立機関)イタリアの労働裁判所は、ブレスシアにある会社で管理職を10年間務めた男性の病気が職業的原因であることを初めて認めた。

 彼は仕事で携帯電話とコードレスホンを長時間使っていた。
 
『携帯電話の危険性』 
 2011年10月、とうとうWHOが携帯電話の発ガン性を認定しました。
 WHOが、携帯電話を使いすぎると、悪性の脳腫瘍になる可能性があると認めた。

携帯電話の説明書には、こんな注意書きがある!
《iPhone 4の説明書》
 iPhoneを持ち運ぶときに暴露レベルを最大レベル以下に保つには、身体から1.5 cm 以上離すようにしてください。

 金属が含まれるケースの使用は避けてください。高周波エネルギーへの暴露は、時間および距離と関連しています。

 高周波エネルギーへの暴露について不安がある場合は、iPhoneの使用時間を減らし、内蔵スピーカーフォン、付属のマイク付きヘッドフォン、他社製アクセサリなどのハンズフリー機器を使用することでiPhoneをできるだけ体から離して持ってください。


 携帯電話の説明書きには、こんなにはっきりと電磁波(文中:高周波エネルギー)の危険性を謳っているのです。


 現在、日本人の携帯電話の普及率は100%を超え一人一台は当たり前の時代になりました。
 それなのに、電磁波の危険性については分からないことはまだたくさんあります。

 
近年、医療関係者の多くが、私たちの生活にますます浸透してきている電子デバイスの使いすぎについて、警告を発しています。
 テクノロジーの発達に伴って、これらのデバイスが日常生活に数多くの新しい解決策と便利な利用法をもたらしてくれると一般的に考えられていますから、彼らの警告はちょっと奇妙に聞こえるかもしれません。
 
 でも、この、電子デバイスに関する心配は当を得ていると言えます。
 テクノロジー、特にワイヤレステクノロジーが成長するにつれ、それに使用されているマイクロ波と高周波とが私たちの身体をじわじわと蝕んでいく可能性があるからです。

 

 すでに、これらのデバイスが、がんやその他の深刻な病気を引き起こす可能性がある段階にまで達しています。

 ワイヤレス技術の発達に伴い、テクノロジーの進化においてもっとも重要なワイヤレスデバイスのひとつである携帯電話に注目する必要があります。

 今回は、特に携帯電話の電磁波の影響にスポットライトを当て、どうやって携帯電話ががんやその他の病気を引き起こし得るかについてお話します。

 

携帯電話とがんの関係

 携帯電話をひんぱんに使うことは、安全ではない、

 という結論に達したそうです。

 その理由には下記のことがらが挙げられます:

  • 携帯電話のテクノロジーは進化しており、急激かつ急速な変化を遂げつつあります。

  これは、携帯電話による通信の回数と時間とが増加したおかげです。

  • 携帯電話をかけている時間が長くなるにつれ、身体が受ける電磁波の量が増え、その結果、がんを発症するリスクが高くなります。
  • 世界中では、2010年の携帯電話利用者は50億人以上であったと推定されています。
  • また、人体の細胞組織は、携帯電話が発するエネルギーを吸収することができる、ということも知っておく必要があります。
  • 携帯電話は電磁波を発するので、これは私たちの健康にとって、たいへん危険なことなのです。

 

携帯電話とがんの関係について

 国際がん研究機関が公表したデータによると、

 携帯電話は2011年に、発がん性リスクの分類のうちグループ2B(ヒトに対して発がん性であるかもしれない)に指定されたと言います。

 つまり、これらのデバイスががんを引き起こす「潜在的リスクがある」というのです。

 結論を導くため、国際がん研究機関では、さまざまな機種のモバイル端末の高度利用に関する長期的データを使用しています。

 この研究調査では、世界中の何十億人もの携帯電話利用者がこれらのデバイスをひんぱんに使っているため、この結果が未来を予測し始めているのは当然である、と示唆しています。

 専門家たちは、携帯電話業界は人々を健康危機の寸前まで追いつめる。

 携帯電話技術がますます広まっていく結果、脳損傷や特定のタイプのがんの発症数が増加する可能性がある

実際、以下に挙げるような健康上の問題や訴えは、すでに携帯電話の電磁波と関係があるとみなされています:

 

最も高レベルの電磁波を発する携帯電話はどれ?

 モバイルデバイスが、米国の連邦通信委員会(FCC)が発行する認定証を受けて、米国内の市場で販売を許されるためには、一定時間に一定質量の人体組織に吸収されるエネルギー量(局所SAR)の最大値が、1キログラム当たり1.6ワット(W/kg)未満でなければならないとされています。

 このことを念頭において、米国で販売されている携帯電話が発する電磁波に基づいて、SAR値が最も高い10機種を挙げると…

  1. モトローラ・ドロイド・マックス
    SAR: 1.54W/kg
  2. モトローラ・ドロイド・ウルトラ
    SAR: 1.54W/kg
  3. モトローラ・モトE
    SAR: 1.5W/kg
  4. アルカテル・ワンタッチ・エヴォルヴ
    SAR: 1.49W/kg
  5. ファーウェイ・ヴィトリア
    SAR: 1.49W/kg
  6. 京セラ・ハイドロエッジ
    SAR: 1.48W/kg
  7. 京セラ・コナ
    SAR: 1.45W/kg
  8. 京セラ・ハイドロXTRM
    SAR: 1.44W/kg
  9. ノキアASHA 503
    SAR: 1.43W/kg
  10. ブラックベリー Z30
    SAR: 1.41W/kg

日本の場合

 1.ソフトバンク・・・800メガヘルツ。。。・

  2.ドコモ

  3.AU・・・・身体に害がない。

 危険性の少ない「AU」の携帯電話にすることをお勧めします!!

リックして応援を宜しくお願いします!!

クックして応援を宜しくお願いします!!

  

   

・「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

・ネサンは、ソマチッドでガン患者1000人の内、750人(75%)を完治させた。

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備え「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。最低、半年は飲んでください!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 送料は着払いに成ります。

関根光義、「虚偽の事実」で裁判所を騙して判決を取り、預金を差し押さえて持ち去りましたので、告発しています。

また「不法な書き込み」をしていますIPアドレスを追跡して、関根光義にたどり着きました!!これで、関根光義を逮捕できますので日時を決めています!!

日本国民であれば、犯行の現行犯を逮捕することが出来ます!!

警視庁指定の「特殊詐欺団」に認定されました!!

「関根光義、荻原陵よる被害者の会」は、被害金額約7億円の民事訴訟・刑事訴訟を始めました!!

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

業界が、国民にひた隠しにする携帯電話の電磁波で国民は廃人にされている!!

2018-05-14 00:48:53 | 電磁波の恐怖

業界が、国民にひた隠しにする携帯電話の電磁波で国民は廃人にされている!!

 便利な携帯電話は、現代の日常生活になくてはならない存在に成ってしまいました!!

しかしこの携帯電話の電磁波が、

・脳腫瘍を引き起こす可能性がある

・ポケットに入れておくと精子を減らす可能性がある、

という話は、いまや常識!!

 業界は、電磁波の影響については、「科学的に立証されていない」というのが業界の逃げ口上ですが、実はこの「科学的に立証されていない」とは業界の言い逃れでしかないというのです。

 

「総務省マネー」に毒されケータイ電磁波安全宣言する研究者たち

黒薮哲哉

総務省が制作した『電波と安心な暮らし』。

 ケータイ電話やケータイ基地局の電磁波の安全性や技術の研究につぎ込まれている莫大な「総務省マネー」。このカネは、大学から、公益法人、業界団体、さらにはKDDIなどの電話会社にも億単位の規模で注ぎ込まれているが、自らの安全性についての研究を自ら行うという、中立な第3者によるものとは到底言えないメンバー構成になっている。しかもカネの使途は不透明で、福島医科大学では領収書が存在しない「間接経費」500万円の存在が明らかになった。生活者不在のまま、産・学・官が一体となって推進する日本の電波政策を探ると、電話会社や総務省が繰り返す電磁波「安全宣言」の危うさが浮上する。

--------------------------------------------------------------------------------

【Digest】

◇福島医大は5千万円を請求

◇領収書は存在しない

◇電磁波研究、すべて「安全」の結論

◇06年に178億円の補助

◇KDDIなどにも研究費を支出

--------------------------------------------------------------------------------

 基地局の撤去を求めたり、設置に反対する運動が広がっている地域を取材すると、

KDDIの基地局。

住民たちがよく耳にするフレーズがある。

 「荻野先生が、電磁波の測定に来られた」

 このフレーズをわたしは全国各地で聞いた。

 荻野先生とは元京都大学の講師で、電磁波環境研究所を主宰している荻野晃也博士のことだ。電磁波研究の第一人者である。一貫して電磁波の危険性に警鐘を鳴らし続けてきた。

 荻野さんは 『危ない携帯電話』(緑風出版) の中で、日本における電磁波研究の実態を次のように批判している。  

   この日本では、政府からの支援による研究が行われています。上野照剛東大教授(定年後、九州大学特任教授)を委員長とする「生体電磁環境研究推進委員会」なのですが、2007年3月に最終報告書を提出して解散しました。10年間で研究支援に使われた費用は100億円を超えるのではないかと思われるのですが、危険性を示す研究はゼロといって良く、安全宣伝費用に使われたと言って良いでしょう。

 その委員会は電磁波利用に利益のあるような人たちばかりで構成されていましたから当然のことだろうと思いますが、EU諸国の研究支援と比べると、あまりにも差があります。一番重要な疫学研究をできるだけ避けるようにして、悪影響の出ないような研究計画を最初から立てているように思えるものが多いのです。

  生体電磁環境研究推進委員会とは、総務省に設置された「電波の生体安全性評価に関する研究・検討」を行う委員会である。その委員会が「電磁波利用に利益のあるような人たちばかりで構成され」て、研究事業に多額の金を使ったというのだ。 (同委員会の構成員リストはここをクリック、表1に表示)

 この生体電磁環境研究推進委員会による研究事業の委託先のひとつにテレコム先端技術研究センター (以下、テレコム)という団体がある。この団体は、わたしが調べた限り、電気・通信関係の業界団体である。事実、役人構成は次のようになっている。

会長     安田靖彦   東大名誉教授

常務理事  藍沢幹人   常勤

理事     飯塚雄次郎  日立製作所

理事     岩崎哲久  東芝

理事     重松昌行   住友電気

理事     田中茂    沖電気

理事     古川浩史   KDDI

理事     青木和之   元東海電気

監事     伊藤浩司   日本電信電話

 さらに18人の評議員のうち14人が電気会社、あるいは通信・電話会社の関係者が占めている。社名だけ公開しておこう。

 古川電気、KDDI、シャープ、日立、三菱電機、東芝、沖電気、ソニー、フジクラ、住友電気、富士通、日本電信電話、日本電気、パナソニック。

 つまり生体電磁環境研究推進委員会は、業界団体であるテレコムに電磁波の安全性に関する研究事業を任せたのである。公正で中立な研究が出来るのか、疑問が残るが、研究事業は押し進められたのである。

 研究費として総務省からテレコムに投入された資金は、次の通りである。  

年 金額

2002年(平成14年度) 3億6300万円

2003年(平成15年度) 3億8350万円

2004年(平成16年度) 4億5663万4000円

2005年(平成17年度) 4億6620万円

2006年(平成18年度) 4億2000万円

2007年(平成19年度) 4億1323万2000円

◇福島医大は5千万円を請求

 このうちケーススタディとして、2007年度の経費を検証してみよう。この年の経費・約4億1320万円のうち、テレコムが研究事業を発注した大学などの研究機関へ支払った「総務省マネー」は次の通りである。いずれも研究機関からの請求に基づいた額である。()の中は研究者の名前である。

福島県立医科大学(宇川義一) 10月11日、5000万

福島県立医科大学(宇川義一) 10月11日、500万円

東京大学(花島律子) 10月17日、800万円

東京大学(寺尾安生) 11月15日、1500万円

国立保健医療科学院(牛山明) 9月21日、2500万円

東京女子医大(不明) 10月3日、5850万円

名古屋市立大学(不明) 10月23日、3000万円

金沢医科大学(不明) 10月1日、3080万円

名古屋工業大学(平田晃正) 9月21日、1000万円

名古屋工業大学(藤原修) 9月21日、2350万円

東京大学(名川弘一) 10月17日、1870万円

弘前大学(宮超順二) 10月4日、2000万円

首都大学(不明) H20年3月21日、2550万円

北海道大学(野島俊雄)   10月24日      1000万円 

明治薬科大学(大久保千代次) 9月27日       1300万円

 引用したデータから興味深い2つの事が指摘できる。

 まず、第一に研究の受注を受けた研究者の一部が、生体電磁環境研究推進委員会の委員を兼ねていることである。たとえば、明治薬科大学の大久保千代次教授や、北海道大学の野島俊雄教授である。

◇領収書は存在しない

 第2に、請求額が区切りのよい端数になっていることである.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。

以上

 研究者たるものが、国民が被災することを承知の上で事実を隠蔽して「事実」と相反する報告をして金品を受け取るなどは犬畜生のする所業である!!

 いつまでも国民を愚弄すると「天罰」を受けるだろう!!

クリックして応援を宜しくお願いします!!

クックして応援を宜しくお願いします!!

  

   

 

若返り希望FAX042-361-9202です。

 「癌患者」、「特定疾患」、「アトピー皮膚炎」の方に、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

  見者のネサンは楠の樹液から作ったソマチット製剤をガン患者に使ったところ、驚くべき治癒結果が出たのです。
 なんと、ガン患者1000人の内、750人(75%)の人が完治したのです。
 また、ガン以外のエイズやその他の病気にも、現代医学をはるかに凌ぐ改善結果が見られました。

   ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

 「ソマチット」と「オルゴンシート」の組み合わせにより、癌細胞が消えてしまいます!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります。

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アメリカを凌駕するロシアの磁力砲は、S極だけの磁石を応用した兵器!!

2017-10-05 23:33:03 | 電磁波の恐怖

アメリカを凌駕するロシアの磁力砲は、S極だけの磁石を応用した兵器!!

 アメリカとロシアの均衡していた軍事バランスを崩壊させた「ロシアの磁力砲」は、S極だけの磁石を応用した兵器である。

 ECM兵器は、高出力の妨害電波わ出すことで敵対する勢力のレーダーにノイズを発生させる兵器であるが・・・・。

 ブラックアウトさせたのは、「磁気単極子ビーム」なのです!!

 米軍は、「磁気単極子ビーム」の存在を知りません!!

 既にロシアは、この「磁気単極子ビーム」を中国と北朝鮮に配備させていますので、アメリカは「北朝鮮攻撃」ができないのです!!

抜粋

イージスシステムは全て磁気を帯びてしまいケーブルを全部取り替えなくてはならなかった。
 S極砲を受けるとダイアモンド(炭素)さえ磁気を帯びます。

この磁力砲は日本でも使われました。

熊本地震直前の自衛隊機墜落事件です。

乗員全員が一瞬にして心肺停止して墜落してしまいました。

プーチンが中国に渡してしまったんです。
しかし、地上からの攻撃用の小さな出力のS極砲です。

イミナティ(トランプ大統領)や中国共産党(習近平)は事実は理解していますが、理論が渡っていないので作る事は無理なのです。

その理論を作ったのは日本人です!!

ソ連崩壊からロシアを守ったのが核の小型化だと言います。

この時もプーチンは西側(イルミナティ)に対してこれ以上、クリミア情勢を悪化させると核戦争になると、いい、終息していきました。

500年に一度産まれるすごい天才日本人の話を日本語で聞いた方が支配層がメディアを使い流す情報より価値があると思います。

黒海配備のイージス艦、ロシアがコテンパンに!                   

黒海の非砲弾戦争                      

電磁波兵器の威力               

イージス艦乗員に神経&身体大被害            

アメリカ、ポーランド国境に大戦車部隊を展開                                

21世紀のケンカ作法 ロシアの戦闘爆撃機スホイ24が、12日、黒海で米国の最も近代的なイージス艦「ドナルド・クック 」をダッチロール状態に料理したのです。

     

ロシアの戦闘機スホイ24

 米国のイージス艦「ドナルド・クック」の「鼻をあかす」

 ロシアの戦闘爆撃機スホイ24が、黒海で米国の最も近代的な戦闘システム「イージス」を搭載した「ドナルド・クック」を麻痺させた。

巡航ミサイル 「 トマホーク 」 を搭載したイージス艦「 ドナルド・クック 」が4月10日、黒海の中立水域に入った。

その目的は、ウクライナとクリミアに関するロシアの立場に関連した威嚇行為と軍事力の誇示だ。

同水域への米軍艦の進入は、軍艦の艦種ならびに滞在期間に関しても、モントルー条約に違反している。

これを受けロシアは、「ドナルド・クック」の周辺を飛行するために非武装のスホイ24を派遣した。

専門家たちによると、スホイ24には最新のロシア製電波妨害システムが搭載されている。

伝えられているところによると、「イージスシステム」は、遠距離から接近するスホイ24を探知し、戦闘警報を鳴らした。

全てが通常通りに行われ、米国のレーダーは飛行コースを計算した。

だが突然、画面がフリーズした。「イージスステム」は機能せず、ミサイルは目標指示を受け取ることができない。

だがすでにその時、スホイ24は「ドナルド・クック」の上空を通過し、空中戦闘機動を行い、目標に対して仮想のミサイル攻撃を実施した。

そして旋回し、再び演習を繰り返した。

それは12回に及んだ。

「イージスシステム」を復活させ、対空システムに目標指示を与える試みは、全て失敗したようだった。

ロシアの政治学者パーヴェル・ゾロタリョフ氏は、米国側からの軍事圧力に対するロシアの反応は極めて穏やかなものだったとの考えを表し、次のように語っている。

「デモンストレーションは、十分にオリジナリティーに溢れたものだった。

非武装だが電波妨害装置を搭載した戦闘機が空母に対して十分な働きを行った。

その艦は最も近代的な対空システムとミサイル防衛システムを搭載したイージス艦だった。

だが、この船艇にモバイル配備されたシステムには、重大な欠点がある。

それは目標物の追跡機能だ。

この機能は船艇が複数あり、調整役がいる場合には上手く作動する。

だが今回の場合は1隻だった。

そのためスホイ24の電波妨害システムが稼働した際に、艦に搭載されているイージスシステムの電波探知装置のアルゴリズムが作動しなかったのだ。

 外国のマスコミの報道によると、この出来事があったあと、「ドナルド・クック」はルーマニアへ緊急寄港した。

そこでは乗組員27人が退職願を提出した。

退職願には、自分の生命を危険にさらしたくないと書かれていたという。

 これは米国防総省の声明の中でも間接的に確認されている。

なお声明では、この行為が「ドナルド・クック」の乗組員の士気を下げたと主張されている。

米国が扇動した黒海の出来事によって、今後どんなことが起こる可能性があるのだろうか?

私は、米国がイージスシステムの改良について検討するのではないかと考えている。

これは純粋に軍事的なものだ。

政治的な面では、米国あるいはロシアが何らかの示威行為をすることは恐らくないだろう。

一方で米国にとって今回の出来事は極めて不愉快だ。

米国が展開しているミサイル防衛システムには莫大な費用がかかっている。

その資金を予算から拠出する必要があることを毎回証明しなくてはならない。

同時に、ミサイル防衛システムの地上配備迎撃体の実験は、理想的な条件で行われたものの、効果の低さを露呈した。

米国防総省はこれを注意深く隠している。

そして、我が国にミサイル防衛システムの地上配備迎撃体を800億円で売りつけた。

おまけにミサイル1発30億円ときた!!

最も近代的な海上配備型『イージスシステム』も今回、その欠点を提示した。

 米国の「ドナルド・クック」をショックに陥れたロシアの戦闘機スホイ24に搭載されているシステムのコードネームは、「ヒビヌィ」。これは、ロシアのコラ半島にある山脈の名称だ。

「ヒビヌィ」は、最新の電波妨害システム。

最近ブリヤートの試射場で行われた演習で、「ヒビヌィ」の定期テストが実施された。

テストは成功したようだ。そのため、近いうちにも限りなく現実に近い条件で、システムの実験が行われることが決まった。 

と、「 ロシアの声 」が4月20日に報じていますが、情報筋からは、照射された妨害電波は実際にはスホイ24からではなく、地上から照射されたものとの見解も出ています。

また、退職願を出した乗組員27名には、電波妨害システムが発した強烈な電磁波を照射によって健康障害・神経〜各種感覚器官〜運動器官麻痺が発生した模様で、重度の場合は死亡に至ることもあるようです。

あなたの脳は誰のもの?

頭の中で語る神の声・宇宙人のメッセージ この人数は、乗員のほぼ1/10に当たる甚大な被害です。

すでに黒海には「 ドナルド・クック 」に替わる別のイージス艦が派遣されたようですが、盾(イージス )が目暗にされたのでは、槍( トマホーク )は無用の長物です。

今回のスホイ24は「 非武装 」でしたが、12回もドナルド・クックにミサイルをロックオンするシミュレーションを繰り返し、完全にもて遊ばれたようで、火器実戦なら確実に黒海の藻屑と化していたことでしょう。

黒海周辺では、ペルシャ湾最深部に、最新鋭空母:ジョージ・ブッシュ と、強襲揚陸艦:バターン が配備されました。                      

一方、ウクライナ騒動勃発を受けて、ロシアはウクライナ国境にロシア軍精鋭4万人部隊が配備しましたが、19日、アメリカは戦車600輌を含む陸軍先遺隊を派遣、最終的には1000輌に増強されることが予定されています。

 ウクライナを巡って俄然きな臭さくなってきましたが、単なるデモンストレーションで終わるのか、それともウクライナの地で米露が実戦を交えるようになるのか、眼の離せない展開となってきています。

 電磁波兵器の開発はソ連がアメリカをリードしてきました。

アメリカの技術はHAARPを始め、様々に表に出てきていますが、ソ連・ロシアの電磁波兵器は依然ベールに包まれたままです。 

311地震の発生原因についても当初、アメリカのHAARPに依る攻撃ではなく、ロシアのHAARPの攻撃とする説もあったほどです。

 311ついでに、あの時、釧路辺りの海岸に電柱みたいなものが漂着。 

拾い主の自衛隊が引き取り希望者を募ったところ、ロシアが速攻で手を挙げて持ってたそうですが、これ実は日本の沿岸グルリの海底に少なくとも1000本は埋められた電子装置で、地震発生機とも云われています。

 これが311津波で引っこ抜けて釧路あたりまで流れ着いたものと推測されます。

 ちなみに日本海溝にアメリカが水爆を埋設してそれが地震の原因と云うアホ下駄論説がありますが、僕自身は以下の3つの可能性のどれが正解かまだ結論が出せていません。

 1)直前の太陽フレア異常活動に伴う誘発       

2)アメリカのHAARP攻撃   

3)プルサーマル運転開始による3号機暴走対処としての米日共同作戦のHAARP使用による誘発

このように、地震・台風・竜巻・雷・火事・親父( = 洗脳・神の声など、、)、、、、全ては電磁波兵器( HAARP)によって可能なわけであり、ポーランド国境に配備されたアメリカ陸軍1000輌の戦車が国境を越えた途端に電子回路暴走で、1000輌玉突き衝突スクラップ大渋滞!

 21世紀のケンカの作法は、火薬や核物質ではなく、電磁波とロボットと金融工学になります。 

その為に無用の長物どころか持ってると確実にテロターゲットとなる核ミサイルや原子炉は、戦争相手国への特大サービスと化してしまっています。

 なので、オバマは大統領になった途端に「 核兵器廃絶宣言 」を行って、ノーベル死の商人平和賞( = 死の商人に平和が訪れる)を受賞したのであります。

 安倍晋三の原発再稼働と云う気違い沙汰については、面白い論拠を耳にしましたのでまた別の機会にご紹介したいと思います。                                   

311地震のHAARPには日本も関与?                  

フィンランドの科学者が暴露             

前年10月の3号機プルサーマル運転が諸悪の根源!                                                    

日本の原発54基は米核弾頭製造工場                              

脱原発利権の稀代の売国奴:小泉純一郎商法                   

原発周辺で急増する生活環境病            

日本人を奴隷化してきた唐原(藤原)北家 = 近衛・細川家

                   
黒海周辺では、ペルシャ湾最深部に、最新鋭空母:ジョージ・ブッシュ と、強襲揚陸艦:バターン が配備されました。

311ついでに、あの時、釧路辺りの海岸に電柱みたいなものが漂着。 拾い主の自衛隊が引き取り希望者を募ったところ、ロシアが速攻で手を挙げて持ってたそうですが、これ実は日本の沿岸グルリの海底に少なくとも1000本は埋められた電子装置で、地震発生機とも云われています。

アメリカは、軍事的優位を奪還するための兵装を各軍船に施していますので今しばらくすると改装が終了します・・・!!

 

クリックして応援を宜しくお願いします!

クリックして応援を宜しくお願いします!

  

   

 

にほんブログ村

超能力養成講座

この未曽有の国難を鑑み日本人が、古来より持つ「太古の力」を参加者に開放する!!

参加者全員が、その場で「太古の力」を知り、収得します!!

支配者たちが、最も恐れる「太古の力」が参加者に蘇ります!!

参加者全員の老若男女全員が、アメリカが恐れる「太古の力」を持ちます!!

嘘偽りがあれば、参加料金を全額返金します!!

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。

マチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「汚れを溶かす力」と「汚れを洗い流す力」が、何よりも優れているのです。 

40日~60日で、4ステージが改善します!! 死の淵から、続々と生還しています!!

無料ですからね!! お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります!!

当事者以外の方のお申し込みは、お断りいたします!!

 

闇に葬られた技術が、50年目にして再び日のあたる場所に・・・・。

ロイヤル・レイモンド・ライフ博士が、制作した本物の波動発生器です。

世界最先端の波動治療器です!! しかも、低価格です!!

化した細胞、病気になった細胞に特定の光と周波数を当てることで病気の元になるものが消え正常な細胞に戻ります。

特殊な「光」と「周波数」と「波動」が、癌細胞を死滅させます!!

国、都道府県の許認可でお困りの方!!

ハサール・シールをご希望の方いますか?

許認可110番・・・090-1602-1417

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

 

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

心と体の健康を害するFacebook?

2017-08-17 17:26:29 | 電磁波の恐怖

心と体の健康を害するFacebook?

電磁波被害だな!!

5000人以上を2年間調査してわかった、心と体の健康を害するある1つの習慣とは? 

ライフハッカー[日本版]より転載

 心も体も、健康でいたいですよね? カリフォルニア大学サンディエゴ校とイェール大学の研究者が、そんなあなたにシンプルなアドバイスをしています。

 それは、「Facebookを見る時間を制限すること」。

 よくある学界からのソーシャルメディア批判のようにも聞こえますが、研究者たちは今回、このアイデアを支持する印象的な研究結果を携えています。

 Facebookの使用状況とウェルビーイングの関係を調べるために、カリフォルニア大学サンディエゴ校の助教授Holly Shakya氏とエール大学教授のNicholas Christakis氏は、Gallup社の長期調査に協力していた成人の被験者5,208人を対象に、2年間の追跡調査を行いました。

 Facebookの使用状況は自己申告ではなく、本人の許可を得て、被験者のFacebookアカウントを直接モニターしています(人は自分がソーシャルメディアに何時間費やしているかをたいてい把握していません)。

 そして、被験者たちの心と体の良好状態、および肥満度指数(BMI)に関するデータを、2年間のうちに3度、調査しました。

全体的に見て、私たちの研究結果が示しているのは、リアルワールドでの社会的ネットワークが全体のウェルビーイングにポジティブな関連があるのに対し、Facebookの使用は全体のウェルビーイングにネガティブな関連があるということです。

と、Harvard Business Reviewに掲載された記事のなかで、研究者たちは説明しています。

この傾向は、とくにメンタルヘルスにおいて、強く表れていました。多くの人において、Facebookを一年間使うと、次の年にメンタルヘルスが悪化する傾向が見られたのです。

 なぜFacebookを使いすぎるとメンタルヘルスが悪化するのでしょうか?

 これまでの研究により、ソーシャルネットワークが一種の同調圧力を作り出すことがわかっています。多くの人がFacebookにネガティブな体験を投稿しないように意識的に編集しています。

 そのせいで、ほかのみんなが良い人生を送っていて、自分より楽しんでいるように見えてしまうのです。

 研究者らは、「他人が慎重に取捨選択して投稿した写真ばかりを見ていると、それと比較して自分をネガティブに捉えてしまうようになる」と指摘しています。

 

リアルなものの代わりにはならない

 しかし、遠く離れた友人や家族とつながっていられるというFacebookの魔法の力はどこへ行ってしまったのでしょうか? 長い間音信不通だった友人や親戚を見つけられるあの魔法は?

  自分にとって大切な人びとが毎日どうやって暮らしているのかがわかるあの力は? 数々の研究が、ソーシャルサークルに入り、積極的なソーシャルライフを送り、コミュニティに関わっている人は健康度が高く、寿命も長いことを示しています。

 研究者たちは、これと同じことが、バーチャルなソーシャルライフやコミュニティにもあてはまるのかどうかを知りたいと考えました。

 その結果は否定的なもので、むしろ逆の効果を示していました。

 Facebookなどのソーシャルメディアの利用時間が増えると、他人と比べて自分をネガティブに捉えてしまうだけでなく、時間も多く浪費し、人びとと親密であるという幻想を持つようになる、と研究者は指摘しています。

 Facebookに費やす時間が増えた分だけ、リアルな世界でのソーシャルな集まりに出かける時間が奪われ、コミュニティから得られる恩恵を失ってしまう、と研究者は話します。

 もし、あなたの身体が集まりに参加していたとしても、目と心がスマートフォンに釘付けで、いつも友人たちの更新を追いかけてばかりいる場合も、それは同じです。

 ではどうすればいいのでしょうか? Facebookをやめろとは言いません。言っても聞く耳を持たない人もいるでしょう。

 世界中であまりに多くの人びとがソーシャルメディアを利用しているので、簡単に無視できません。

 とはいえ、Facebookの使用時間を、平均的なFacebookユーザーの利用時間である、毎日1時間程度に制限できるはずです。

 また、スマートフォンから目を離す時間を増やし、周囲の人の顔を見渡し、リアルな世界で起きている会話に加わるようにしてみてください。

以上

なるほどなあ~!!

クリックして応援を宜しくお願いします!

 リックして応援を宜しくお願いします!!

  

   

 

にほんブログ村

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「汚れを溶かす力」と「汚れを洗い流す力」が、何よりも優れているのです。 

40日で、4ステージが改善します!!

ソマチットの病気の原因を洗い流し、細胞をもとに戻す復元力は、「医師会」を震撼させていますので、「ソマチット」を取り扱う者は逐次~消されています・・・・!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 

着払いに成ります!!

4ステージ 余命2ケ月が60日で回復に向かっています!!

 

特殊な「波動」が、癌細胞を死滅させます!!

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

 

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする