高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟

世界平和に導く為の語録

母親が知らなければならない恐るべきセシウムが身体に及ぼす悪影響!

2013-12-31 23:43:03 | 

 

食物中のセシウム摂取による内部被曝の研究がほとんどない中、放射能被曝で死亡した患者を大学病院で解剖し、心臓、腎臓、肝臓などに蓄積したセシウム137の量と、臓器の細胞組織の変化との関係を調べ、体内のセシウム137による被曝は、低線量でも危険であるとの結論に達しました。

 

1.セシウム137の体内における慢性被曝により、細胞の発育と活力プロセスが

ゆがめられ、体内器官(心臓、肝臓、腎臓)の不調の原因になること。

 

2.大抵いくつかの器官が同時に放射線の毒作用を受け、代謝機能不全を引き起こしてしまいます。

 

3.セシウムは男性のほうが、多く取り込みやすく、女性より男性により強い影響が出ており、より多くのガン、心臓血管不調、寿命の低下が見られますので、男性は要注意です!


4.細胞増殖が、無視できるかまったくない器官や組織(心筋)は、最大範囲の損傷を受けます。

 

5.代謝プロセスや膜細胞組織に大きな影響が生じる。

 

6.生命維持に必要な多くの系で乱れが生じるが、その最初は心臓血管系である。

 このことは私が「放射能障害の初期症状は、心筋梗塞である」と申し上げていたとうりです。


7.セシウムの平均蓄積量30.32±0.66Bq/kgにあるゴメリの三歳から七歳の子供は蓄積量と心電図に比例関係がある。


8.チェルノブイリ事故後のゴメリ州住民の突然死の99%に心筋不調であった。

 現在、関東圏で若者の心筋梗塞が増えています。

 

9.持続性の心臓血管病では、心臓域のセシウム137の濃度は高く、136±33.1Bq/kgとなっていますので、死にたくなければ身体よりセシウムを大至急排出させることが大切です。


10.ミンスクの子供は、20Bq/kg以上のセシウム137濃度を持ち、85%が心電図 

 に病理変化を記録しています。
11.ミンスクの子供で、まれに体内放射能が認められない場合もあるが、その25%に心電図変化がある。このように濃度が低くても、心筋に重大な代謝変化を起こすのに十分である。


12.動物実験で、セシウムは心筋のエネルギー代謝をまかなう酵素を抑制するこ 

 とがわかりました。


13.平均40-60Bq/kgのセシウムは、心筋の微細な構造変化をもたらすことがで

 き、全細胞の10-40%が代謝不全となり、規則的収縮ができなくなり心筋梗塞

に至ります。


14.収縮器官の破損は以下のように観察されました。

・最初にリーシスのないタイプの収縮が現れ、

・筋形質ネットの毛細管が広がり、

・ミトコンドリアが膨れ、

・病巣筋形質浮腫が記録された。

 

・これは膜浸透性の不調と、イオン代謝の重大変化の証拠である。

・ミエリン様組織の存在は過酸化膜酸化の増大の証拠である。

・ミトコンドリア破壊は、その増殖と肥大を示し、インターミトコンドリアの数が増えている。

 

持続する機能緊張と増大する酸素欠乏は、内皮浸透性の増進で証明され、上記の組織変化の理由となりえる。


15.動物の体内の100-150Bq/kgのセシウムは、

・さらなる重大な心筋変化、

・すなわち、拡散する心筋は損傷、

・リンパ細胞とマクロファージの病巣浸潤物および血管多血が認められた。


16.900-1000Bq/kgのセシウム蓄積は、40%以上の動物の死を招いた。


17.クレアチンホスホキナーゼのような酵素の抑制により、活力不安定となる。


18.血管系が侵され、高血圧が幼児期からも見られることがある。

また15キュリー/km2の汚染地の子供の41.6%に高血圧の症状が見られた。

(1キュリー=370億ベクレル、従って、15キュリー/km2 =15×3.7×10000=55.5万ベクレル/km2)


19.セシウムは、血管壁の抗血栓活性を減退させるために脳梗塞をも起こしてし

まう。

 

20.血管系の病理学的変化は、脳、心臓、腎臓、その他の器官の細胞の破壊を導

くので、放射能の身体への悪影響は計り知れない。

このことを東電や、政府関係機関の者たちは知っているが隠ぺいしている。


21.腎臓は排出に関与していて、ゴメリ州の大人の死者の腎臓のセシウム濃度は

 192.8±25.2Bq/kg、子供の死者では、645±134.9Bq/kgという結果である。


22.セシウムは腎臓内のネフロン組織細管や糸球体、ひいては腎臓機能を破壊し、

他の器官への毒作用や動脈高血圧をもたらす。

ゴメリにおける突然死の89%が腎臓破壊を伴っている。

恐るべきセシウムである。


23.血管造影で組織を検査すると、放射線による腎臓の症状は特徴がある。

また病気の進行が早く、悪性の動脈高血圧がしばしば急速に進む。

 

2-3年すると腎臓の損傷は慢性腎機能不全、脳と心臓との合併症、ハイパーニトロゲンミアを進展させる。

いよいよ来年は3年目に入るので、放射能被害は続出するでしょう。

 

24.肝臓においては、毒性ジストロフィーが増進し、細胞たんぱく質の破壊や代

謝形質転換が起こり、胎児肝臓病や肝硬変のような厳しい症状が表れる。


25.肝臓の合成機能の不調により、血中成分の合成に変化が生じる。

30Bq/kg以上の子供の体に肝臓機能の不調が見られた。

さらにすい臓機能の変化も観察された。


26.ゴメリ州で、急死の場合の肝臓を検査したところ、セシウム137の平均濃度

は28.2Bq/kgで、このうち四割に脂肪過多の肝臓病か肝硬変の症状があった

という。


27.セシウムは胎児の肝臓病を引き起こし、その場合胎児は肝臓に限らず、全身

の代謝の乱れが生じる。


28.免疫系の損傷により、汚染地ではウイルス性肝炎が増大し、肝臓の機能不全

と肝臓ガンの原因となる。


29.セシウムは免疫の低下をもたらし、

・結核、

・ウイルス性肝炎、

・急性呼吸器病な

どの感染病の増加につながっている。

免疫系の障害が、体内放射能に起因することは、中性白血球の食作用能力の減退で証明されている。


30.セシウムは、甲状腺異常にヨウ素との相乗関係を持って寄与する。免疫グロ

ブリンと甲状腺ホルモンの間で相関関係があり、これらのホルモンは、セシ

ウムによって代謝系統が乱れることで放出され、大量の甲状腺刺激ホルモン

が出ることにより、甲状腺を刺激し、小胞上皮を増殖させ、ガン化につなが

る。

31.セシウムが長期間体内にあると、甲状腺の回復プロセスが十分な値にならず、

細胞分化が壊され、組織細胞要素が免疫系のアンチエージェントに転化しや

すくなる。

免疫反応の上昇に伴い、自己抗体と免疫適格細胞が甲状腺を痛め、自己免疫甲状腺炎や甲状腺ガンが導かれる。


32.体内のセシウム濃度が増すとコルチゾールのレベルも高まり、胎児が子宮内

で病気になりやすくなる。


33.セシウムは、女性の生殖系の内分泌系機能の乱れをもたらし、不妊の重要因

子となりえる。

また、妊婦と胎児両方でホルモンの不調の原因ともなる。


34.妊娠すると母体内にセシウム137は顕著に蓄積する。

動物実験では、着床前の胎児死亡の増加、骨格系形成の不調、管骨の成長遅れと形成不全が現れた。

35.セシウム137は基本的に胎盤に蓄積するものの、胎児の体内には入らない

が、母乳を通じ、母親から子供に汚染は移行する(母乳をあげることで母親

の体の汚染は低減される)。

多くの系がこの時期に作られるので、子供の体に悪影響を与える。


36.子供とティーンエージャーの血液検査で、赤血球、白血球、血小板の減少、

リンパ球の増大が見られた。

ただし、移住した子供に、骨髄の生理状態の回復が見られた。


37.神経系は体内放射能に真っ先に反応する。

脳の各部位、特に大脳半球で生命維持に不可欠なモノアミンと神経刺激性アミノ酸の明らかな不釣合いがおき、これがやがてさまざまな発育不良に反映される。


38.体内放射能レベルの高い子供(ベトカ郡、15―40キュリー/K㎡)では、

視覚器官の病気、特に角膜の病状を伴う眼レンズの変化の頻度が高い。

また体内のセシウム137と白内障発生率の間に正比例関係が明瞭に見られた。


39.子供の体内にセシウムが(19.70±0.90Bq/Kg)が長期入ると慢性胃腸病を

起こし、自律反応のハイパーシンパチコトニー変化に現れる。


40.セシウムの濃度に応じて、活力機構の破壊、たんぱく質の破壊が導かれ、

組織発育が阻害される。


41.セシウムの影響による体の病理変化は、合併症状を示し、長寿命体内放射

能症候群(SLIR)といわれる。SLIRは、セシウムが体内に入ったときに現

れ、その程度は入った量と時間とに相関する。


42.SLIRは、血管、内分泌、免疫、生殖、消化、排尿、胆汁の系における組織

的機能変化で明らかになっている。


43.SLIRを引き起こすセシウムの量は、年齢、性別、系の機能の状態に依存す

るが、体内放射能レベルが50Bq/Kg以上の子供は器官や系にかなりの病理変

化を持っていた。(心筋における代謝不調は20Bq/Kgで記録された。)


44.汚染地帯、非汚染地帯の双方で、わずかな量の体内セシウムであっても、

心臓、肝臓、腎臓をはじめとする生命維持に必要な器官への毒性効果が見ら

れる。

このことを鑑みても関東からの避難は必要である!


45.セシウムの影響は、ニコチン、アルコール、ハイポダイナミアと相乗して

憎悪される。


46.1976年と1995年のベラルーシの比較。悪性の腎臓腫瘍が男4倍以上、女

2.8倍以上。悪性膀胱腫瘍が男2倍以上、女1.9倍以上。

悪性甲状腺腫瘍が男3.4倍以上女5.6倍以上。悪性結腸腫瘍は男女とも2.1倍以上。

 

47.ゴメリ洲では腎臓がんは男5倍、女3.76倍。甲状腺ガンは男5倍、女10倍

となった。


48.1998年のゴメリ洲での死亡率は14%に達したが、出生率は9%(発育不全と

先天的障害者含む)だった。妊娠初期における胎児の死亡率がかなり高かった。


49.セシウム汚染地の住民の先天的進化欠損が毎年増大している。

ここでは多因子欠損が第一位である。


50.セシウムの身体からの排出には、「波動醗酵液」こそが、最も有効である。


51.しかし、セシウムが人体に入るのを防ぐほうが、セシウムを排出したり乱れ

た代謝を正常にするより容易なことを心に留めて、セシウムの体内への侵入に努めなくてはならない!

 

以上、51項目をご覧になりセシウムの恐ろしさを痛感したことでしょう。

セシウムは、臓器と言わず神経系にまで侵入して組織を破壊してしまう恐るべき性質を持った放射性物質なのです。

またその恐ろしさは、3年、5年、10年、15年、20年という月日をかけて人体を襲うというものであり、セシウムを決して軽視してはいけません!

 


福島第一原発4号機の謎とは、核弾頭製造工場である!

2013-12-31 00:52:27 | 海洋汚染

福島第一原発4号機の謎

福島第一原発4号機は定期点検中であり、炉心は4ケ月前から冷温停止状態であったと東電は発表しています。

原子炉の蓋は開けられ、燃料棒はすべて抜き取られてあったと言う事です。

それではなぜ爆発したのか?

プロパンが爆発したと発表した東電も、さすがにその後はプロパンに関しては沈黙しています。

そして爆発ではなく火災だとしたわけですが、下記の写真をみてください。

4号機が事故後に真上から撮影されたものです。

4号機の謎1

4階が爆発して5階と屋根が鉄骨しか残っていません。

火災で焼け焦げた跡もありません。

ただ、瞬間的な爆発により吹き飛んだとしか思えません。

黄色い蓋は左下隅にあり、確かに原子炉の蓋は外されていたようです。

なぜ、爆発を隠すのか?

なぜ、米軍がすっとんで来たのか?

それより原子炉は冷温停止していたのに、なぜ爆発したのか?

いったい何が爆発したのか?

下記の写真はチェリノブでも活躍したドイツ製の生コン圧送器であり、水を噴射して冷却させる為に使われました。

海江田大臣がゾウさんだのキリンさんだのと命名してヒンシュクを買っていました。

それは真っ先に4号機に使われたのです。

なぜ、大爆発した1号機、3号機ではなく4号機に?

東電は燃料プールが危険の為と説明していました。

4号機の謎2

それにしても、このような写真を見るたびに、下部に移っている作業員達は今どうなっているのだろうかと、暗澹たる気持ちになります。

さて謎を解くために、原子力発電の仕組みをすこし説明します。

当然原子力で水を沸騰させ、その蒸気によりタービンを回して発電をするという、超基本的な仕組みは皆さんにもご存知だと思います。

タービンを回す為の蒸気の圧力はすさまじいものであり、その為に原子炉圧力容器の蓋は厳重な強度を持つ設計で作られている訳です。

定期点検中であるという事で、当然この圧力容器の蓋(上記写真の黄色の物体)は、外されていたという事ですが、防衛省の赤外線写真により炉心に熱源がある事が確認されています。

これは燃料棒が装填されていたという事です。

つまり稼働していたという事です。

圧力容器の蓋が外されているにも関わらず、燃料棒が装填されて稼働していたという事は、どういう事かと言えば、蒸気を発生させてタービンを回して発電するという事の以外の目的に、原子炉が使われていたと言う事になります。

つまり蒸気を発生させなくていいのですから、圧力容器の蓋も閉める必要が無かったと言う事です。

発電以外に原子力発電所が稼働する事などあるのか?

と皆さんは訝る事と思いますが、ウィキペディアよりの抜粋を下記に記します。

原子炉は核反応の種類から、核分裂炉と核融合炉とに分けられるが、核融合炉は研究段階で実用化していないため、一般には核分裂炉を指す。核分裂炉はさらに、発電や移動動力のエネルギを得るために作られた動力炉と、プルトニウム生産を目的とした軍事用のプルトニウム生産炉に分けられる。

プルトニウムは自然界には存在しない元素である。核分裂の連鎖反応を起こさないウラン238の原子核に中性子をぶつけると、中性子が原子核に吸収さ れ、プルトニウム239になる。すなわち、プルトニウム239は原子炉(中性子が飛び交っているし、燃料の大部分はウラン238)さえあれば簡単につくる ことができる、というより、いやでもできてしまう。

このプルトニウム239は核分裂の連鎖反応を起こす。そして、その名前「地獄の神」(プルートー)のとおり大変な物質である。まず強い放射能を持って いること(半減期は24000年)、そして化学的にも非常に毒性が強いこと(ダイオキシンと並び、人類が創り出してしまった最悪の物質の一つ(5・1の(3)参照)、また連鎖反応を起こすので原爆の材料にもなる(核拡散)こと、という三つの問題がある。

そして、プルトニウムはウランとは違う元素なので、化学的に分離・濃縮が可能である。つまり、原子炉さえあればどの国、どの組織でもプルトニウム239を材料とした原爆ならば製造できてしまう。強い放射能、強い毒性のため個人レベルでは無理であろうが。

やっぱり,4号機では核兵器の製造が行なわれていたと見るのが道理にかなった結論なのです。

つまり、東電と、日本政府は自衛隊と組んで、アメリカや、フランスや、イギリスの劣化した核弾頭を解体して、新品の核弾頭にしていたのです!

これは、関係者の間では常識なのです!

知らないのは、国民だけです!

日本のプルトニウムがフランスの核兵器に?
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/6604371.html

東電と政府は何を隠そうとしているのか? (その1)
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/6346541.html

東電と政府は何を隠そうとしているのか? (その2)
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/6352411.html

JAL123便日航機墜落事故を再考する(その3)
http://blog.livedoor.jp/home_make/archives/1795784.html

東電と政府は何を隠そうとしているのか? (その3)
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/6410716.html

フクイチ4号機ミステリー 米軍が鎮火した4号機の火災、いや火事など起こっていなかった
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-341.html


2014年は、新たなる時代の幕開けでしたが、再び激動の時代となってしまう!

2013-12-30 17:45:36 | 危機です!

2014年は、新たなる時代の幕開けでしたが、再び激動の時代となってしまう!

2014年 放射能汚染、未知の病気の発生、気候、地殻変動、地震などにより、人口減少が一段と加速されます!

 

 

これからの9年間が、民と奴等との最終決戦に成ります!

 

このまま国民が、立ち上らず闘わずに沈黙していますと、消費税、自衛隊の国軍化、徴兵制度とエスカレートしてしまい2022年までの間に地球上の人口は3分の1まで減少してしまいます。

勿論、日本も同様に、3分の1にまで人口が減ってしまいます!


日本は、福島第一原発の放射能と、地震と、異常気象と、疫病により、国土

の一部にしか住めなくなってしまいます!

 

 
現在の日本の政治経済は、在日朝鮮人(第二の日本)達の手により動かされてい

ます。

そして、その在日朝鮮人たちの狙いは、中国です。
朝鮮人・中曽根康弘氏は、自衛隊を配下にして韓国北朝鮮と、中国に攻め入る

手はずを整えています!

 

そして、インドと中国を戦わせて、中国を中央アジアまで誘き出して、イスラエルが中国軍を高性能兵器により壊滅させてしまうという恐るべき筋書きですが、これが実行されますと世界大戦となり地上より多くの民が消えてしまいます!

 

これが、ユダヤ13評議会(レプティリアン)のシナリオです!


奴等は、第三次世界大戦に向けて、それをやろうとしているのですが、ドラ

コニアンは地底への移行を一時延期して、地上で起ころうとしている第三次世

界大戦を阻止すべく飛び回っています!

 

奴等のシナリオは、ドラコニアンの出現により大幅に変更せざるをえなくなっています!

奴等は、本年中に御前崎か、三陸沖か、富山沖で大地震を勃発させようと計画し実行していましたが、これは阻止されましたし、富士山噴火も東京直下型大地震も阻止されました!

 

日本を戦火に巻き込まれなくなった以上は、日本攻撃は人口地震テロと、人口災害と、ウイルスが主体になります。

 

奴等は、ドラコニアンを恐れて、もはや日本には直接攻撃しません!
あくまでも間接支配ですが、偽ユダヤが攻撃してきます!


日本を雛形と読める人達ならば、在日で工作している方達は世界中で工作し

ているユダヤ人の型を演じているとすぐに解るはずです!
つまり型を破り、ユダヤ人が直接手を出してしまうと結果が裏返ります。

逆に工作を止めさせれば、ユダヤ人達も縛る事が出来ます。


日本に、同化した状態の工作員達を政財界や、官界から排除引き剥がす事が

出来るかは、真の日本人だけなのです!

 

しかし、韓国朝鮮人が本当に欲しいのは日本では無くて「中国大陸」なのです中国大陸にあります地球の龍穴と、へそを支配しない限り地球の真の支配者となることができないからです!

 

 

奴等の目的

 

①生贄にする為の人工地震か、殺し合いの戦争を引き起こします。

 心霊スポットになっている場所は、古戦場、交通事故や自殺の名所ですね。

 突然死・事故死などの変死、苦しみながら死ぬと、成仏し難くこの世を彷徨ので、悪食のエイリアン・魔神・悪魔が、人間の御霊を食べ易くなります。

 

②正神は、殺し合いの戦争が起きる場合、自然災害を引き起こして、少しでも

 奴らに食べられる人間を救済しようとします。

ノアの洪水の時も、殺し合いの大戦争が起きたので自然災害で大量に殺したのです。

つまり、正神と悪食のエイリアン・魔神・悪魔、との人間の御霊の取り合いなのです。

 

今回、ややこしいのは、地球の大御霊の五次元シフトが重なっているからです。

従って、四次元霊界の下の方は無くなっています。

爆発的に人口が増えているのは、四次元霊界の消失と共に、三次元現世へと、

どんどん転生させているからなのです。

地球の大御霊の成長と共に、霊界の下の方の人たちも、既に波動が合わなくなって居ると云う事です。

つまり、幼稚化し精神レベルが低いと死後、地球上には行く場所が無くります。

 

地球が五次元シフトしますと、次元と次元の狭間には、特殊な波動の世界が生まれてしまい一度入ると二度と脱出することができなくなってしまいます!

 

徐々に、落ち毀れが生まれていた今までと違い、大きな違いが出て来る。

精神レベルの低い、シナ朝鮮人と、精神レベルの高い日本人との差が大きく出て来ます。

 

精神レベルの高い人は、進化が進み、透視能力や人の心を読む能力や、霊感の強い人が、極端に増え始めます。

すなわち、幼稚で野蛮な人と、精神レベルの高い人の差が極端に出てきて、おのずから自然に分かれて行きます。

 

現在は、インターネットの普及で、奴らの陰謀が暴かれやすくなっているのではなく、騙されやすくなっているのです。

 

・気が付く人。

・直感の優れた人。

・騙され難い人、が急激に増えて行くと云う意味なのです。

 

魔神、レプティリアン、悪魔崇拝のユダヤ13評議会も、今年がリミットだと解っているのです。

戦争が起こせないなら、雛形・日本を破壊してしまいたい奴等は地震テロに切り替えているのです。

 

精神レベルの低い人や、成長したがらない人は、進化を進めるのに邪魔なので、自然災害を引き起こし、殺してしまった方が良い状態になっています。

つまり、正神から観ても、正神の活動を妨害する様な連中は、要らない人間として嫌われている状態と云う事です。

いずれにしましても、国民の前には苦難の連続がおしよせてきますが、くれぐれも惑わされることなく信念をもって乗り越えて頂きたい!

 


福島の苦痛は、日本国民の苦痛でなくてはならない!

2013-12-29 19:18:41 | 

福島県川俣町山木屋地区は、阿武隈高地の標高500㍍の山中に位置する稲作や畜産が盛んな自然豊かな農村でしたが、2011年3月11日の福島第一原子力発電所事故による放射能汚染で一変してしまいました。

国や東京電力から満足できる十分な情報も得られないままに、高い放射線量にさらされたうえ、4月22日には政府による指示で1200人近くにのぼる全住民が1カ月余りでの「計画的避難」を強いられました。

住民は町内の比較的放射線量が低い場所に建設された仮設住宅や借り上げ住宅への入居を余儀なくされただけでなく、県内外の各地に散り散りになってしまいました。

農業や畜産は、一切が不可能になる大打撃を被ってしまいました!!

その山木屋地区の住民101人(25世帯)や南相馬市、双葉町など相双地区の住民ら計137人(35世帯)が、東電を相手取り、損害賠償請求訴訟を12月26日付けで福島地方裁判所いわき支部にようやく起こしました。

請求総額は、わずか63億円です!

川俣町議会議員で原告団長を務める菅野清一さん(63)によれば、「山木屋地区では原子力損害賠償紛争解決センターによるADR(迅速な解決を目的とした裁判外紛争解決手続き)を活用している高齢者を中心とした住民が約50世帯にのぼり、そのほか、今後を含めると50世帯くらいが今回の裁判に参加することになった!

 

原発事故以前の山木屋地区の世帯数(334世帯)の3割が、何らかの法的解決手段に訴えることになり、これだけ多くの地区住民が、政府・東電の方針に異議を申し立てるケースは福島県内でもきわめて異例です。

原告弁護団で事務局次長を務める高橋右京弁護士によれば、今回の提訴では、

① 難生活に伴う慰謝料。

② 住用不動産および家財道具の損害賠償。

③ ふるさと喪失による慰謝料などを求めていく。

すでに同様の趣旨で福島地裁いわき支部に提訴した221人(82世帯)と合わせると、避難者で構成される原告は358人(117世帯)となりました!

またこれとは別に、避難指示対象外のいわき市民を中心とした原告が1315人に達しています。

「訴訟を通じて、東電の加害者責任を追及していくほか、被害者の人権回復や『原発公害』の根絶を求めていく」と涙ながらに訴える原告の人々!

事故から2年10ケ月余りが経過した今日、何の落ち度もなく被害にあった人たちの被害を今だに補てんしないとは、呆れた者達である!

またこれに輪をかけるように

「放射能被害はありません!」

とネット上に書き込みをする不逞の輩がいるのですから、これまた呆れ果ててしまいます!

このような輩にあった時には、福島に連行して現実を見せてやります!

提訴と同じ12月26日付けで、文部科学省の原子力損害賠償紛争審査会は、新たな賠償の枠組みとなる

「中間指針第4次追補」

を決定しましたが、内容といえば旧態依然として役に立たないものばかり、真の賠償とは言えない!

福島第一原発の沈静化は、200年しても不可能であり、地区住民は他県への移住しかないでしょう。

移住されて税収が減ってしまい困る市町村や、県は、何とか住民に帰郷してもらおうとあの手この手で、住民を騙していますが福島は居住不可能です!

住民の70%は、遅かれ早かれ放射能により生命を奪われてしまうか、病人にされてしまいます!

紛争審査会の試算によれば、1975年築の住宅に対する損害賠償額(4人世帯)は1342万円しかなく、加えて県内の都市部に移住した場合に、より多くかかる住宅価格との差を埋め合わせるための賠償額が1462万円で、合計2800万円余りしか支給されません!

従来の賠償額からは、一定の前進があったことは確かですが、全国平均額での住宅費の試算を元に3600万円余りの住宅損害の賠償を求める原告の主張とは大きな開きがあるうえに、原告が要求する

「ふるさと喪失による慰謝料」

を紛争審査会は認めないといいます。

 

理由は、山木屋地区の大部分は、早期に帰還が可能だとされる「避難指示解除準備区域」に区分けされているからです。

しかし、年間に100億円を超す莫大な予算が投じられているにもかかわらず、国が進める放射性物質の除染にどれだけの効果があるのかは、はっきりしません!

私の知人が、福島の現地で放射能除去の実演をし、その場で70%の放射能を除去してしまい、あとは1ケ月程度で除去されますが、行政もマスコミもダンマリですから、後日、

「お前らは、誰の味方か!」

と関係者を怒鳴り飛ばしてやりましたが、目を白黒させるばかりで、

「アメリカと、フランスとの除染契約がありますから・・・・」

と逃げるばかりでした。

共同作業に依存する稲作や広大な土地を必要とする畜産業の再建もきわめて困難なために、他に移住した県民たちは仮の生活の場で細々と不安な毎日を送っています!

この避難者たちを、他人ごとのように考えてはいけません!

いずれ我が身ですぞ!

何も知らない多くの住民は、

「帰還または移住の見通しがまったく立っていない」

「今すぐにでも帰還したい」と「放射線量低下などの条件付きで帰還したい」

と答えた人が6割を上回ったが、大半が老人たちである!

40代以下になると、

「帰還するつもりはない」

と4割を超えています。

真実を知る若い世代は、別の場所に生活の基盤を求めようとしていますが、賢明です!

原発事故が、日本にもたらした災厄はあまりにも大きすぎます!



 


第二回「人類禁断の地見学ツアー」参加者募集!

2013-12-28 18:26:24 | 旅行

御  案  内

第二回「人類禁断の地見学ツアー」

  1. 平成26年4月27日(日)午前9時から28日(月)午前11まで。
  2. 集合時間・・・・26年4月27日午前9時。
  3. 集合場所・・・・長野新幹線長野駅。
  4. 用意するもの・・運動靴・厚手の帽子かヘルメット・手袋・タオル

        懐中電灯・対ウイルス対策マスク。

 

【スケジュール】

  1. 平成26年4月27日(日)午前9時長野新幹線長野駅集合。

 

 2.ドラコニアン降臨の社見学。

 ドラコニアンと人々のかかわりがわかります。

    午前10時から、正午まで。途中昼食。

 

 3.地底へと続く巨大地下施設見学、調査。

 特別な方の居室などご覧ください。

  午後1時から、午後3時まで。

 

 4.特異空間体験・気場に入り体感して頂きます。

  皆さん強大なパワーが、体感できます!

  噴出するパワーのすさまじさを感じてください!

  午後4時から、午後5時まで。

 

 6.午後6時から夕食。

 7.蓼科山へ未確認飛行物体見学。

  午後8時から、午後10時まで。

 

標高 2,530.3 m

所在地   長野県茅野市、北佐久郡立科町

位置 北緯36度06分13秒 東経138度17分42秒

座標  北緯36度06分13秒 東経138度17分42秒

山系 八ヶ岳連峰

種類 成層火山

 

八ヶ岳を西側の原村や茅野あたりから見ると、八ヶ岳連山がつながった左端に、尚、突出したこんもりした山があります。

UFOは、気体のようなものであり常にバイブレーションしていますので、信じない者には目視することが出来ませんが、光は見ることはできます。

 この美しい形の山のただならぬ山容のエネルギーを感じ取って頂きたいと思います。他の山々とは明らかに違う、いわば宇宙的な何かを感じてください。

 光エネルギーが、立ち上っています。

  8.宿舎にて、懇親会。

  午後11時から、午後12時まで。

 9.ゲストによる講演会。(誰も知らない日本の政治経済の現状と将来)

  28日 午前9時より、午前11時まで

宿泊施設にて、講演会。

・「地球の現状と、未来」講演。

・「これからの日本の政治経済」講演。

・参加者全員に、光エネルギー注入。身体の痛みは一瞬にして消えます。

・放射能排出「醗酵液」の試飲とお持ち帰り。万能薬です。

・放射能や、電磁波遮断装置の実演。

・癌、成人病消滅波動発生器の実演。癌を含む成人病は完治する!

・念動力で食物や、飲料水を瞬時に熟成させる実演。

 

※宿泊施設にて、解散。

28日(月)午前11時。

  2回目のツアーの最大の目的は、1回目のツアーと同じように、人類の宇宙意識の覚醒にあります。

私が募集しました「人類禁断の地見学ツアー」に応募されました貴方達は、日常生活の中でも不可思議な現象に興味を持たれ何かにつけて、宇宙意識に触れられてきたことと思います。

 知ることのできなかった施設や、入ることのできない地域に侵入する「人類禁断の地見学ツアー」は、私同伴で初めて無事に慣行できますツアーです。

普段知りえることのできない特殊な場所を訪問して知り、見学することができたということと、各現場の立地や意味を探求し、個々に考察、推理して頂ければ「人類禁断の地見学ツアー」は貴方の生活の一部となり、私の初期の目的は達成されます。

「人類禁断の地見学ツアー」の最終目的は、共に語り親交を深め人類史上初めてという驚異的な「人類禁断の地見学ツアー」に、ご参加して頂くためであります。

そうです超サプライズが、貴方達をお待ちしています!

心が清らかで、好奇心が旺盛で、正義感が強く、尚且つ約束は遵守される高潔な方々であれは、合格であります。過去に何があろうとも、現在を響かせて生活されている方であれば歓迎します。

参加者の方々のこれまでの人生観や、見識が一変します。

 

また今回も、バスでの移動中や、宴席において世界中で起こっています色々な問題を紐解いていきたいと思いますので、ご質問をお待ちしています。

 

【参加者サプライズ】

第一回、第2回「人類禁断の地見学ツアー」に参加されました方の健康管理をいたします。

 難病、癌を含む成人病を患われています方は、病状を6ケ月以内に治癒させます。

 また放射能や、化学物質を体外に排出させます「醗酵液」をお届けしますので、ご要望の方はお申し出ください。

 

【注意事項】

 人類禁断の地見学ツアーは人類禁断の地に、ご案内していますので言葉の意味をよく咀嚼、吟味してください。

本件「人類禁断の地見学ツアー」は、極秘ツアーとして敢行されますので、秘守保持義務契約書の提出が無い方は、参加することが出来ません。

申し込み後にキャンセルの場合には、全ての施設の費用は支払われていますので、参加費用の返金はありません。

 

 第二回「人類禁断の地見学ツアー」参加希望の方は、参加費用は12万円です。

 お問い合わせはFAXにて042-361-9202

 

平成25年12月 吉日

                          高 山 長 房

 

関係 各 位 様

 「波動醗酵液は、体内の化学物質や放射能わ体外に排出します!」