高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟

世界平和に導く為の語録

挙党体制を推進する野田佳彦のお手並み拝見!

2011-08-31 22:41:52 | 有害食品
野田佳彦が総理大臣に成ったが、さっそくマスゴミが
「ドジョウ首相の黒い献金疑惑」
と始めました!

ほんとにマスゴミ根性には、呆れ果ててしまう!
もめにもめた民主党が、ようやく挙党体制を築いているのですから、暫くは静観したらどうでしょうかね!
野田佳彦のお手並み拝見といくべきです!

現在、日本国は未曾有宇の危機に瀕しています!
この国難の時、反小沢派と小沢が一致団結して国難に対処しようとしているのですから、マスゴミは少し静かにしているべき!
野田佳彦は、菅直人と違い腰も低いし、懐も深いし、苦労人であり、被災地復興に政治生命をかけて対処しようとしているのですから、ここはひとまずマスゴミは静観して頂きたいものです!

日本のマスゴミの支配者達(世界金融資本)も、野田佳彦を祝福している。
日本の総理大臣ばかりは、アメリカ(アーミテージ)の承認がなくては、すぐに潰されてしまいます!
つまり野田佳彦は、合格したはずですが?

いずれにしても、新内閣を発足させて被災地の復興救済を急いでいただきたい!

国民は、災害に備えよ!

2011-08-30 23:15:46 | 有害食品
三陸沖~房総半島沖大地震と 東海・東南海・南海・日向灘連動の西日本大地震が差迫った!
文科省地震調査研究推進本部は、三陸沖~房総沖の海溝寄りを震源とするM8.6~9.0の津波地震が発生する可能性が3.11大地震以来高まっている、と発表した。
それは、9月中に起こる可能性が大である。

またNHKが切迫しているとして大津波のシミュレーション映像を2度放映したように、東海・東南海・南海・日向灘連動の「西日本大地震」+大津波+各地原発の爆発も、9月中に起こる可能性が大である。
さらに、米国東部巨大地震、NYC近い老朽原発Indian Pointの大爆発、NYCとFL半島の沈没も差迫っている。

中国国家海洋局は3陸沖海域での現地調査の結果、通常の300倍のセシウム137と、同10倍のストロンチウム90を検出したと発表した。
要するに、福島原発-1沖合とその南北の西太平洋で漁獲した魚は、もう食べてはならない、ということだ!

ところが魚の卸業界では3.11の久しい以前から、3陸沖で漁獲した魚でも、例えば富山とか北海道で荷揚げして出荷したら「富山産」、「北海道産」等々にしている。富山産は値が高いからで、日本人に特徴的な不名誉な騙し商売である。
だから、早期に死にたくなければ、日本国内産と近海産の魚はもう食べてはならない、ということだ。
スーパーでは外国産のサケ等々を安く売っている。これが良い。

首都圏の4000万人以上が放射線汚染で 避難する必要が近づいています!
菅は7.14夜に、民主党1年生議員20人と東京の高級料理屋で会食して、「東京・神奈川の3000万人が放射線汚染で避難しなければならなくなる」と言ったそうです。

ランク7のチェルノブイリを上回るFukushima Daiichi4基の破局だからだ。東京と神奈川の人口合計は2200万人だから、それ以外の首都圏5県も含めた数字だろう。
先日も3,4号炉から放射線汚染された白い蒸気が連日立ち昇っていたように、1~4号炉から今も毎日大量の放射性物質が飛散している。

風向きで太平洋へ向かう場合があるが、マスゴミ発表ではμSv/hの1時間当りの線量だけで、気休めを狙っているが、気休めにならない。
だから、7月末~8月迄には東京の1300万人、茨城県の295万人、埼玉県の720万人、栃木県の200万人、神奈川県の900万人、千葉県の600万人で計約4000万人その他が、避難する必要が生ずる可能性がある!

その上、1,2,3号炉の新たな核爆発が近い!
NHKTVが最近シミュレーション映像を放映したように、西日本連動大地震+大津波が近い!
同時に浜岡原発+玄海MOX燃料原発+伊方MOX燃料原発その他の爆発も起こる!
 
それらは、俄かには信じられない程の大惨事になる!
国外脱出が必要だが世界的大惨事になるから、逃げ場が限られる!
前記事と世界汚染図で明らかなように米国はとくに危険だ!

パスポートが有効期限内の人々は運がましな方だ!
菅亡国内閣の無為無策が糾弾されなければならない。
欧州放射線リスク委員会は、菅一派とマスゴミ幹部を福島原発-1爆発破局の情報隠蔽と無為無策のかどで、法的制裁を課すよう日本人に勧告した。

しかし何故か殆どの日本人は何も行動を起こしていないことが、外国では理解できないとされている。もっともなことだ。
「日本人は忍耐強い」と偽善的に賞賛しているのは、米英のマスゴミだ。原発廃止の高円寺デモ等々に続いて、首相官邸へ100万人デモをかけよ。

ドイツ"Living Without Money"(金なし生活)を日本でも 米・英・中・露等でも実現して広げよう。
地殻大変動と自然激変によるこの地球大掃除の過程が、日本の次に米国でも始まっている。


小沢の癇癪で、小沢一郎と前原誠司は共倒れ!

2011-08-29 23:42:00 | 有害食品
29日投開票された民主党代表選は、「当選圏外」はずの野田佳彦財務相が、党内最大勢力を擁する小沢一郎元代表の支援を受けた海江田万里経済産業相を決選投票で逆転して当選を果たした!
ダントツであったはずの前原誠司は、自己のスキャンダルに潰されてしまった!

そのスキャンダルとは、次のようなものである。

日本リスクコントロールが篠原寿と知り合ったのは篠原寿の巨額脱税事件の時。この時、篠原会長の弁護人には日本リスクコントロール紹介で宗像紀夫(むなかたのりお)元名古屋高検検事長が就いた(一審は実刑。控訴し、二審は執行猶予判決に)。
日本リスクコントロールはこの見返りに篠原寿の真如苑の墓苑用土地買収をお願いした。
これ以降、篠原寿はこのリスク社の仲介を受け、真如苑の不動産事業(脱税)の一角を担うようになった!

「日本リスクコントロール」と篠原寿の依頼を受け、真如苑の不動産事業を行うようになった。
ここの顧問が正木利幸(アイエスネットワークを経営)で、この人物は前原氏がこの会社に紹介した。

創寿苑・仙台市泉区、「創」価学会+篠原「寿」をたして命名した。(創寿苑は、3年前くらいに50億円ちかくの負債を倒産により回避した。得意の計画倒産であるが、事件になっていない!)  
墓地・墓石・霊園・墓園などお墓の石材店。
役員 篠原寿 監査役 宗像紀夫(金に目がくらんで悪の仲間入りをした)

これが前原誠司が言っていた関連企業です。
篠原寿は、もともと山口組の後藤組の企業舎弟で創価学会担当だった為、宗教法人からお金を引き出すのがうまかったようです。
前原誠司は、すべて知っていたから政治資金収支報告書に、虚偽記載していたのです。
覚せい剤での逮捕歴やヤクザであることもすべて、知っていました!

だからこれ以上の野党の追及を逃れる為に、やめたのです!
ここで、知っておかなければならないことは、野田佳彦や、蓮舫も、前原誠司と同じように篠原寿のことを熟知して交際しており、献金も受けていますので、逃れられるものでは有りません!

野田佳彦や、蓮舫も、前原誠司も自己の政治献金集めに篠原寿を招待したり、篠原寿の会社の設立記念日や篠原寿の誕生パーティーなどにも出席して親交を深めており、前原誠司だけの問題ではない!
また篠原寿との親交を有した他の国会議員も多数存在することを忘れてはならない!

ヤクザとパチンコが出てきたという事は朝鮮、韓国と関わるのと同じ事なのです!
朝鮮、ヤクザ、覚せい剤、パチンコ、不動産、宗教、そういうところが、脱税した金を賄賂として警察幹部や政治家にばら撒かれていくのです!
そこに池田大作のカルト集団「創価学会」も絡んでいます!

民主党、公明党、社民党は、外国人も党員サポーターにしています!
だから朝鮮人のお金をもらって、朝鮮よりになっていくわけです!
前原誠司は、外国人のおばさんからいささかの献金をもらった事を前面に出して、篠原寿関係に話が及ぶ前に、説明を逃れて辞任してしまったものと思われます。
またマスコミも篠原寿の関係は、見事に全社隠してしまいました!
これが、マスゴミの正体なのです!

そうです篠原寿問題が、民主党の反小沢派が、全滅の危機に瀕してしまうからです!
はっきり言えば野田佳彦や、蓮舫も、前原誠司も「確信犯」なのです!
まだまだ、戦々恐々としている民主党議員や、自民党議員が多数くいますぞ!

さて民主党代表選挙ですが、基礎票で優位に立つ海江田陣営に対し、他の陣営は決選投票での逆転を目指して2位争いを展開し、野田佳彦が、前原誠司を制して、二位に躍り出てしまいましたが、これは野田も予想外の結果であったはずです!
小沢一郎側は当初、グループ内に代表候補を欠くため「2、3位連合」を画策していたが、結果的に「反小沢」の主流派と中間派が「2位以下連合」を結成して勝利してしまいました!

小沢一郎の集めた177票は、予想外数字でありますが、負けは負けなのです!
選挙とは、勝たなければ敗北なのです。

党員資格停止中の小沢一郎にとって、今回の代表選は復権に向けた正念場でもあったのですが、またしても事前の約束を破綻させて強権を振るおうとして、前原誠司と決別してしまい好機を失ってしまったのです!
もし、当初の計画通リ前原誠司と組んでいましたら今頃、小沢一郎は高笑いしていたことでしょう!

何年たっても、短気は損気が理解することの出来ない男なのです!
所詮は、織田信長であり、徳川家康には成れない老兵なのです!

小沢一郎は、最初に代表選出馬を打診したのは藤井裕久元財務相でありましたが、藤井は小沢一郎には辟易としており承諾するはずも有りません!
そこで小沢一郎は、主流派以外の複数の候補を支援し、決選投票で「2、3位連合」を成立させることを目指したのですが、自己の足元が全く見えていないのです!
つまり、小沢と組む相手は必ず小沢一郎の気の短さにぶつかり、困惑します!
これは、組む相手にとっては強大なリスクなのです。
これが、理解できない小沢一郎は、幾ら頑張っても天下は取れません!

前原誠司前外相の突然の出馬表明で代表選の構図は一変しましたが、主流派の分裂が確定したことで、小沢一郎は前原誠司を見限り、独自候補擁立に走り始めました!
まず輿石東参院議員会長に打診したが、輿石氏は固辞。
次は西岡武夫参院議長に依頼したが、連携する鳩山由紀夫前首相と輿石氏が「三権の長(議長)が別の長(首相)に行くのはいかがか」と反対したため断念し、結局海江田氏の支持になってしまったのです!

海江田氏が民主党マニフェストの見直しに関する民主、自民、公明の3党合意の見直しに言及したことや、経産相として推進した環太平洋パートナーシップ協定(TPP)について「代表選出馬をきっかけに慎重に対応する」と消極姿勢に転じたことが決定打となった。

一方、世論調査で高い支持を集め、当初は本命視された前原氏は支持が広がらず失速してしまった。
投開票後、記者団に敗因を問われた前原氏は「3月に外相を辞任して、そのおわび、説明から入らなければいけなかったこと。私の不徳のいたすところだ」と認めたが、当たり前のことである。

戦略家を自負していますが、真の戦略家であれば前原誠司を擁立して反小沢派にクサビを打ち込まなければ成らなかったのです!
一度、損して得とれをすべきでした

好材料といえば、かつて野田グループに所属していた馬淵氏だが、決選投票では海江田氏に投票したが、馬淵氏が獲得した24票のうち17票は海江田票になったようである。
さて今後の野田佳彦の動きに、注目してみましょう!
道を外せば、前原誠司の二の舞です!


前原誠司は、危険人物!

2011-08-28 23:53:23 | 有害食品
民主党代表選挙について、連合の役員に話しを聞くと開口一番
「最初は、海江田がトップだが、前原が2位になるので、決選投票になるが他の立候補者たちの票が前原に行くので、前原が勝ちます  よ!」
と自信満々に答えるのである!

そこで私は、
「前原誠司は、外国人献金問題や、暴力団フロント企業からの献金問題があるので当選しても、問題が起こりませんか?」
という問いに対して
「そのために大臣を辞職して、禊は済ましているので問題はありませんよ!」
というのである。

これだけであれば、なるほどと思われるが前原誠司には京都府議会議員時代から、主に北朝鮮系の外国人より献金を受けており、北朝鮮との関係にはゆいゆいしきものが、見え隠れします!

京都府議は、部落解放同盟の支援を受けて立候補しており、この時から北朝鮮関係者からの支援を受けるようになっています!
また国歌、日の丸掲揚に反対し左翼としての頭角を現し、ダーティーな連中との交際も盛んにしていたようです。

そして、1992年と1999に訪朝しており、北朝鮮幹部と面会をしたり、よど号ハイジャック犯とも面談して歓談をしていますが、この前原誠司には北朝鮮のスパイではないかと言う疑惑もあるのです。
ともうしますのも、前原誠司は大阪にある河村織物の顧問をしていますが、この会社が北朝鮮に工場建設をするときにも北に口利きをしたりしています。

このような破壊活動家に日本国を委ねようとする国民の気持ちが、理解しえません!
前原誠司が、外務大臣に成ったとたんに外務省のホームページから、富士山と日の丸が消えたりもしています!
亡国の売国奴、前原誠司を総理大臣にしても、必ずスキャンダルが噴出して辞任に追い込まれてしまいますよ!

メディア21と暴力団が経営するNPO法人への1000万円の国費供与で、前原誠司は沈没します!

小沢一郎と前原は、同じ種族!

2011-08-26 09:39:42 | 有害食品
小沢一郎元代表が、代表選出馬を表明した前原誠司前外相に自派に幹事長ポストをと申し出たが、前原誠司側は拒否をしたために、小沢一郎は「挙党態勢」の具体像に虚偽があるとの決断を下した!

この国難時に、民主党は再び激烈な内紛を始めてしまった!
小沢一郎然り、前原誠司然り、日本国の現状に危機感がなさ過ぎます!
双方とも、ここは、過去のわだかまりを捨て困窮する国民の為にも協力して、挙党体制で国難に対応しなければならない!

主導権を争い、悪口雑言をぶつけ合う非常に次元の低い所業は、見ていて辟易としてしまうのは、私だけでしようか?

小沢一郎は、党幹事長や官房長官ポストなどに関して小沢グループの融和が見込める処遇を求めているが、前原誠司は、これを断固受け入れない姿勢で、ともに必要性を強調する「挙党態勢」を巡って「同床異夢」の状況となってしまっているが、なんともまあ呆れ果ててしまいます。

二人とも、国民には美辞麗句をならべ、派閥争いになるとなりふり構わず禁じ手を連発して悪態をさらす痴れ者でしか有りません。こんなことで一国を率いることは出来ません!
だからこそ、外国勢力が日本国領域に侵入して傍若無人に暴れまわるのです!

両雄とも、国民の代表であるということを、全く忘れているのか~無視しているのか~個人的感情をむき出しにして相争っていますが、そんな場合かと、申し上げたい!
菅直人と小沢一郎、そして今度は、前原誠司と小沢一郎てす。相手変わって、主や変わらず!

国民が、このありさまを見て、しらけてしまい今や呆れ果てています。

前原誠司は、25日夜のテレビ朝日の番組で、
「(民主党の)皆さんの知恵を借りたい。小沢元代表をはじめ、長いキャリアを持った方々に対しても挙党一致、全員野球をお願いしたい」
と述べていましたが、本人の頭の中には、そのようなことは微塵もありませんよ!

前原誠司は、23日の出馬表明以降、
「全員野球」「挙党一致」
という言葉を意識して使っています。
24日の元代表との会談でも、
「挙党一致で国難に立ち向かっていきたい」
と小沢一郎たちの協力を求めてはいましたが、胸中は小沢一郎の復権を恐れています!

これに対して、小沢一郎側は強固に反発しています。小沢一郎に近い鳩山前首相は25日の自らのグループの会合で、
「『挙党一致』というあいまいな言動で、あたかも党内が一つにまとまると装う方がいる。我々が望んでいるのは『挙党一致』を超えた『挙党態勢』だ。そこを皆さん方には見分けていただきたい」と激烈に非難していました。

小沢一郎側がこうした姿勢を示すのは、前原誠司らの言う「挙党一致」は、「みんなで『前原政権』を支えてほしい、ということだ」と受け止めているからだが、これに対して前原誠司は閣僚の重要ポストは、自派閥の関係者で固め小沢一郎側に閣僚の重要ポストを与えようとしないために、再び内紛が勃発してしまったのです!

小沢一郎は、自分にに近い人物を幹事長などで処遇することで「挙党態勢」を築くようにと前原誠司に主張要求しているが、前原誠司は千谷由人を通して拒否をした。

党員資格停止となった小沢一郎は、10月には自らの資金管理団体の政治資金規正法違反事件の裁判も始まり、自己の無罪確定は必定であるため党員資格停止処分の撤回と、党の資金と選挙での公認権を握る幹事長の確保で、小沢一郎の「復権」につなげたいという思いが強いが、小沢一郎復権はすなわち前原誠司派の衰退に繋がるために前原誠司としては党の幹事長ポストだけは死守しなければ成らない。
ここに、小沢一郎派と前原誠司派の暗闘、つまり主導権争いの原因がある。

しかし、小沢一郎の「政治とカネ」の問題を批判してきた前原誠司は、処分見直しに否定的だし、24日の鳩山氏との会談でも、
「鳩山氏も首相時代、小沢幹事長の処遇には困ったと思う」
と元代表の手法を批判したりして、火に油を注いだりもした。

この発言を伝え聞いた小沢一郎の周辺は「前原氏は絶対に信用できない」と反発しており、亀裂は深まるばかりなのである。
所詮は、前原誠司は小沢一郎のコピー版であり、二人は同質の人間であるために、激突は当然のことであり融和などありえるはずもない!
本質は、爬虫類に属する!

言いたい放題、したい放題、食べたい放題の無責任男に他ならない!

代表選挙は、始める前から前原誠司の勝利は決定しています!
前原誠司の関係する世界的組織の常套手段であります投票用紙のすり替えで、前原誠司の勝利は間違い有りません!

しかし、今回は中曽根康博、小泉純一郎、野中広務、亀井静香等の奔走により、小沢一郎と前原誠司は手を握ったはずなのですが、政界は五里霧中なのでしょうか?

まあ前原誠司には、爆弾がありますので短命内閣でしょうがね!
あるNPO法人と癒着していますが、これが何と北朝鮮系の暴力団員なのですが、前原誠司は何故こうまでも暴力団関係者と親密交際するのでしょうか?