高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟

世界平和に導く為の語録

福島件を世界に類を見ない重大な放射能汚染地域にしたのは渡部恒三である!!

2018-11-06 00:14:40 | 原発の危機

福島件を世界に類を見ない重大な放射能汚染地域にしたのは渡部恒三である!!

 現在、福島第一原発が、建てられている土地の中には渡部恒三の所有地があり、渡部恒三は私有地の賃料として東京電力から毎月2,000万円を受け取っているのです。

 渡部恒三は、東電の立地班と密かに機密を通じて福島県に原発を建設するために東電の立地班が希望する位置にある広大な農地を何食わぬ顔をして買い取り、原発の誘致をしたんです。

 危険極まりない「原発」を、福島県に誘致して私腹を肥やし福島県を世界に類を見ない重大な放射能汚染地域にしてしまい福島県民が、次々と放射能により倒れているのです!!

 おまけに渡部恒三の子供二人は、東電の社員に成っています。

 渡部恒三と東電の癒着ぶりが、伺えます!!

 

 渡部恒三と元佐藤雄平福島県知事の犯罪!!

 事故が起こったときに、米軍の偵察機が100キロ圏は立ち入り禁止にしなさいと日本政府にアドバイスしたのですが、原発から100キロだと会津若松が残るくらいで、福島県は全滅なのです。

 これを聞いた佐藤雄平福島県知事が政府に泣きついて、100キロを30キロまで縮小して貰ったのですが、その結果として多くの福島県民が「被爆」してしまいました・・・。

 そして今、200件に近い「訴訟」が住民と東電の間でおこなわれていますが、佐藤雄平福島県知事や、渡部恒三も福島県民を被爆させた張本人ですぞ!!

 こんな国賊が、旭日大授章を貰うなどは言語道断である!!

 渡部恒三と元佐藤雄平福島県知事のこのような破廉恥な行為の為に福島県民はこれから20~30年して結婚し「奇形児」が、生まれたりして一生涯どころか子々孫々に至るまで甚大な被害わ被って苦しみ続けることでしょう!!

 今でも、妊婦さん15人のうち12人が奇形児を出産しています!!

 ですから、いち早く福島県から逃げ出した福島県民の方達は福島から移住して北とは言わないと言います。

 結婚などで差別を受けるというのです・・・・。

 「男は、子種がない・・・。」

 「女は、奇形児が産まれる・・・。」

という具合の差別が多発していると言います!!

 

  福島県の原発周囲は、広島、長崎に落ちた原爆の30倍の放射能というから凄まじい放射能ですぞ・・・・。

 

 広島、長崎には、戦後73年たってもまだ放射能で苦しんでいるひとは沢山いますぞ!!

 高濃度の放射能汚染ですから、福島県民は300年間は福島に戻れませんが・・・・行政は移住させていないし、移住者には帰還を進めています・・・。

 

 

 飯館村なんて、1ケ月も知らされなかったので全員被爆してしまいましたし主な人たちは全員死亡してしまいましたぞ!!

 地域住民の健康のことは、二の次なんですかにねえ・・・。

 放射能が安全というのなら、東電の社員は原発の近くに住んでみると言い!!

 

 福島県警でさえ原発への侵入者を警戒するために、検問所を30キロ圏に多数つくり警察官を配備しましたが、強烈な放射能の為に警察官がバタバタと倒れるために業を煮やしてしまい警視庁に対して

 「各県から、応援を出してもらいたい!!」

と泣く子も黙る本庁である警視庁に、苦言わ呈したと言います!!

 このような事態に、福島県と福島県民を巻き込んだ張本人は渡部恒三と元佐藤雄平福島県知事なのですから、断罪されてしかるべきですし地区住民より「損害賠償」を請求されても当然の悪ですぞ!!

 

渡部恒三(わたなべ こうぞう、1932年5月24日 ‐ )は、日本の元政治家民進党福島県連最高顧問。勲一等旭日大綬章復旦大学経済管理学院名誉教授。血液型はA型。元の姓名は渡部 恒蔵(読み同じ)

 

衆議院議員(14期)、衆議院副議長(第60・61代)、厚生大臣第64代)、自治大臣第39代)、国家公安委員会委員長第49代)、通商産業大臣第55代)、無所属の会代表、民主党最高顧問を歴任。自由民主党所属時は竹下派七奉行の1人だった。

 

 

 

佐藤雄平(さとう ゆうへい、1947年(昭和22年)12月13日 - )は、日本政治家

 

 島県知事(第62・63代)、参議院議員(2期)、参議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長などを歴任した。

 

福島県南会津郡下郷町生まれ。福島県立田島高等学校神奈川大学経済学部卒業。大学卒業後、叔父にあたる渡部恒三衆議院議員(のち衆議院副議長)の秘書を長く務める。

 

 リックして応援を宜しくお願いします!!

 

クックして応援を宜しくお願いします!!

  

   

・「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

・ネサンは、ソマチッドでガン患者1000人の内、750人(75%)を完治させた。

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備え「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。最低、半年は飲んでください!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 送料は着払いに成ります。

会場で、超能力が収得できなければ料金は返却します!!

また1億円の被害者が、加盟しました!!

関根光義、「虚偽の事実」で裁判所を騙して判決を取り、預金を差し押さえて持ち去りましたので、告発しています。

また「不法な書き込み」をしていますIPアドレスを追跡して、関根光義にたどり着きました!!これで、関根光義を逮捕できますので日時を決めています!!

日本国民であれば、犯行の現行犯を逮捕することが出来ます!!

警視庁指定の「特殊詐欺団」に認定されました!!

「関根光義、荻原陵よる被害者の会」は、被害金額約7億円の民事訴訟・刑事訴訟を始めました!!

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!


遂に「福島第一原発」は、売国奴と暴力団の「打ち出の小づち」と成ってしまった!!

2018-06-16 00:15:00 | 原発の危機

遂に「福島第一原発」は、売国奴と暴力団の「打ち出の小づち」と成ってしまった!!

東電が「福島第一原発廃炉」を発表したが、血税搾取の温床と成った原発は廃炉することは出来ない!!

金喰い虫が・・・・。

福島の限りない除染を見よ!!

削っては、また削る放射能汚染土はたまりにたまり山と成り、遂にはこの汚染土を全国に均一にばら撒くという!!

売国奴と、その取り巻き企業や、暴力団の巣窟である!!

本来、取り締まるべき者達が、暴力団と「共存共栄」している!!

遂に「福島第一原発」は、売国奴と暴力団の「打ち出の小づち」と成ってしまった!!

福島第一原発廃炉に向けたロードマップ:燃料デブリ取り出しの今

イメージ画像

(2011年3月に発生した東京電力福島第一原子力発電所(福島第一原発)の事故。廃炉に向けた取り組みは、数々の困難にぶつかりながらも、原子炉内の状況が徐々に判明するなど、着実に歩みを進めています。今回の特集では、2017年9月のロードマップ改定のポイントと、燃料デブリ取り出しの今についてくわしくご紹介します。

1.廃炉に向けたロードマップ

中長期ロードマップとは?

政府と東京電力は、福島第一原発の廃炉に向けて、2011年12月に「東京電力ホールディングス(株)福島第一原子力発電所1~4号機の廃止措置等に向けた中長期ロードマップ」(中長期ロードマップ)を策定しました。

福島第一原発は、事故により、原子炉圧力容器内の核燃料が溶け落ち、それにともなって水素が発生。その水素により水素爆発が発生しました。現在、1号機~3号機の原子炉格納容器内には、融解して周りの構造物とともに固化した燃料(「燃料デブリ」と呼びます)が残されています。また、汚染水や廃棄物の処理などについても進める必要があります。

中長期ロードマップとは、こうした廃炉作業が終了するまでのマイルストーンを明示し、目標となる工程を立てたものです。ロードマップは3つの期に分かれており、現在は第2期にあたります。

中長期ロードマップの期間区分表。第2期は、燃料デブリ取り出しが開始されるまでの期間目標をステップ2完了から10年以内としている。

 廃炉作業はなぜ難しいのか

福島第一原発の原子炉建屋の中は、高い放射性物質濃度によって、人が立ち入って作業することが困難な状態にあり、内部の状況を正確かつ詳細に把握することが難しくなっています。このような環境で廃炉を行わなければならない福島第一原発の廃炉作業は、これまで世界で経験のない困難な取り組みであり、すべての状況が把握できる通常の工事などに比べて、不確実性を内在したプロジェクトであるといえます。

しかし、たとえそうした不確実性があったとしても、安全に、確実に、万が一の出来事にも対処できるように、また現場で働く人々に負荷がかからないように、慎重に作業を進める必要があります。

そこで、この中長期ロードマップは、策定時点で新しく判明した現場の状況や最新の知見、研究開発成果などを反映するなど、その時その時の状況に最適化されたものにすべく、適宜見直しがおこなわれています。

2017年9月26日には、4回目となるロードマップ改定が決定されました。

2.調査で分かってきた炉内の状況

炉内の説明図。

 

炉内の状況をさまざまな方法で調査

2017年9月の改定は、2015年以来約2年ぶりのことです。改定の背景には、これまで確認できなかった1~3号機の細かな内部の状況が、さまざまな分析・調査を通じて、明らかになってきたということがあります。

人が直接入ることのできない環境での調査は、既存の技術に加えて、国内外の叡智を結集して行う必要があります。そこで、コンピュータによる解析に加えて、さまざまな先端技術を活用しています。また、これまでの調査によって得られた結果を次の調査・取り組みに活かしていくというサイクルを回しており、ステップ・バイ・ステップの取り組みを行っています。

炉内状況に応じたロボットの開発

炉内は放射線量が高く、明かりがほとんどない過酷な状況です。また、進入経路がせまい、障害物が多い、想定外の干渉物が存在することがあるなどの困難を伴います。

そこで、調査にはロボットも活用しています。ロボットにより、人が直接見ることのできない建屋内部の放射線量や破損状況など、さまざまなデータを取得し、内部状況の把握に挑戦しています。これまで、経路に応じて形状が変化するロボットや、水中を泳ぐことのできるロボットなど、状況に応じた最適なロボットを開発し、遠隔操作で調査を行ってきました。調査の結果、炉内の状況が画像で確認でき、燃料デブリ取り出しに向けた作業空間が存在するのか確認することができました。

水中で泳ぐロボット
水中で泳ぐロボットの写真。

宇宙線「ミュオン」を使った調査

原子炉格納容器内部の調査では、宇宙から降り注いでいる宇宙線のひとつである「ミュオン」も使用して原子炉内部の状態を透視し、調査しています。

ミュオンはほとんどの物質を通り抜けますが、溶けて固まった燃料のような密度の高い物質は通り抜けられません。この性質を使って、粒子が飛来した軌跡上にある物質の物質量を分析。レントゲンのように炉内を透視することで、燃料が炉心部にあるかなどを調べています。

その結果、1号機には圧力容器炉心部には燃料がほとんどないこと、2・3号機には、原子炉圧力容器底部に一部の燃料デブリが残っている可能性があることが分かりました。

ミュオン検出器の説明図。

3.燃料デブリ取り出しの今

燃料デブリ取り出しについて決まったこと

燃料デブリは、現在は冷却され一定の安定状態を維持しています。しかし、中長期的なリスク管理の観点から見ると、不確かさや不安定さの存在はぬぐえず、できるだけ早く取り出し、より安全な場所に移動して安定的に保管する必要があります。

2章でご紹介したような、さまざまな方法を用いたこれまでの調査によって、炉内の情報として重要となる「燃料デブリの分布状況」、「燃料デブリへのアクセスルートを確認するための情報」、「工事の安全性の判断に資するための情報」などについて、多くの情報が得られてきました。

これらの情報を踏まえて、今回のロードマップの改訂では、以下のような燃料デブリ取り出し方針を定めました。この取り出しを無事に終えることは、廃炉に向けた工程における大きな目標のひとつです。

リストアイコン 作業は小規模なものから始め、状況を確認しながら、得られる情報に基づいて柔軟に見直しを行いつつ段階的に拡大していく「ステップ・バイ・ステップのアプローチ」で進めること
リストアイコン 取り出す方法としては、原子炉格納容器を完全に水で満たす「冠水工法」は技術的難易度などが高いことなどから、容器内に存在する燃料デブリを「気中工法」で取り出すことに軸足を置く
リストアイコン まずは、格納容器底部の燃料デブリを「横側から」取り出すことに軸足を置く

以上の方針を踏まえ、現在、燃料デブリ取り出しに向けた検討を実施し、2021年からの燃料デブリ取り出しに向けて、さらなる内部調査や、デブリ取り出しに向けた技術開発を進めています。

加えて、廃炉の実施主体である東京電力には、工事の実現性の見極めをつけるため、エンジニアリング面の検討(予備エンジニアリング)を進めてもらい、実際の取り出し作業にスムーズに移行できるよう取り組んでいます。

4.各リスクを低減しながら進める廃炉

廃炉作業にあるさまざまなリスク

福島第一原子力発電所では、施設全体のリスクの低減を図ることが重要であり、そのための措置を取ることが求められます。低減すべきリスクとしては、下記のようなさまざまなものがあります。

リストアイコン 地域の皆様・周辺環境に対する放射線安全上のリスク
リストアイコン 作業員に対する放射線安全や労働安全上のリスク
リストアイコン トラブル発生による風評被害といった社会的なリスク
リストアイコン 廃炉の順調な遂行が影響を受けるリスク   …など

これらのリスク、特に、地域の皆様・周辺環境に対するリスクについては、その低減のため、さまざまな措置をできるだけ早く実施することが期待されています。

しかし、リスクを低減する作業は、一時的なリスクの増加を伴うケースがあり、実施方法によっては、リスクが過度に増加してしまうこともありえます。このため、リスクの種類に応じて、現状のまま維持した場合のリスクと作業を行った場合のリスクの双方を考慮して、最適なタイミングと方法を選択して措置を進めることが不可欠です。

リスク低減の上で速やかな廃炉を実現する

また、福島第一原子力発電所の作業環境は、前例のない取り組みであることに加えて、現場も線量が高い場所が多いことから、依然として厳しい状況にあります。今後も、新たに分かった事象に応じて、安全対策の追加や作業内容の変更など、柔軟な見直しを行うことが必要となります。

これらに加えて、社会的なリスクを低減するためには、こうした廃炉作業全体や個別作業の進めかたについて、地元の皆様や国内外の関係者に十分に説明し、広くコミュニケーションをとることも必要です。

速やかな廃炉作業を実施することは重要ですが、それは地域の皆様や周辺環境、作業員などに対する、上記のようなリスクが低減されて初めて価値があるものです。そのためにも、各リスクの確実な低下を図る取り組みを行った上で、安全に作業を進め、結果として早期の作業完了につなげていくことで、「できる限り速やかな廃炉」を実現していくことが求められています。

今後も安全を最優先に、最新の情報を取り入れながら、海外も含めたさまざまな方のご協力をいただき、的確に作業を進めてまいります。

日本列島に住む者達は、やがて放射能の影響で「突然変異」を起こすことでしょう・・・。

「凶」と出るか「吉」と出るかです・・・。

リックして応援を宜しくお願いします!!「

クックして応援を宜しくお願いします!!

  

   

 

陶芸家の皆様へ「国宝・曜変天目」の作り方教えます!! FAX042-361-9202までFAXにて。

私が昨年の9月に指摘した通り「メルカリ」は、19日に上場されて60倍に成ります!!

しみが、皺が消えて、若返ります。

若返り希望・FAX042-361-9202です。

驚異の原始微生物「ソマチッド」は、傷んだ細胞を復元します!!

 「癌患者」、「特定疾患」、「アトピー皮膚炎」の方に、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

  賢者のネサンは楠の樹液から作ったソマチット製剤をガン患者に使ったところ、驚くべき治癒結果が出たのです。
 なんと、ガン患者1000人の内、750人(75%)の人が完治したのです。
 また、ガン以外のエイズやその他の病気にも、現代医学をはるかに凌ぐ改善結果が見られました。

   ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

 ソマチットと、オルゴンシートで癌が消える!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 送料は着払いに成ります。

自費出版

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

 

 

 

 


日本列島に密かに隠されている「核兵器!!」

2018-06-10 00:15:00 | 原発の危機

日本列島に密かに隠されている「核兵器!!」

 

 現在、航空自衛隊岐阜基地がある場所に、かつて米軍の基地がありました。

 1954年に返還され自衛隊の基地となりましたが、ここに「核の訓練学校」があったといいます。

これは日本人の知らない衝撃的な事実です

元在日米軍の1人目・チャールズ・ブラウン氏によると、彼は岐阜の「米軍核化学学校」の課程を修了したと言います。

そしてこの核学校の実態は、航空自衛隊でもはっきり把握していないとのこと。

 

簡単な配置図の地図があるのみ。

 

ブラウン氏によると、この核学校が作られたのは朝鮮戦争の翌年(1951年)であり、ここで、核兵器使用を想定した訓練を受けていました。

そして放射性物質は、この岐阜基地(現・航空自衛隊岐阜基地)に埋められたというのです。

 

以下、元指導教官のダグラス・ロッキー氏は岐阜の核訓練学校で教えていたといいます。

 

岐阜に核の学校が存在し、そこで実際に米軍による、核を使った訓練がされていたー北朝鮮、中国そしてソ連への核攻撃を行うことを真剣に検討し、そのための訓練がされていたというのです。

 

25年余りアメリカの核配備を追い続けた、元・沖縄タイムスの国吉さんは、沖縄にも核を持ち込み、いつでも核を使える体制を持っていたのではないか」と指摘しています。

そして、その核兵器は沖縄から本土の基地に輸送され持ち込まれていたといいます。

「アメリカ本土でも核兵器が整備されており、三沢基地で核兵器を配備した」と元空軍兵士のカーペンター氏は証言します。

三沢基地も、紛れもなくアメリカの核攻撃の拠点だったといいます。

彼は沖縄で6年間、核兵器の整備兵をつとめていたといいます。

特別な資格が必要で、極秘の任務だったと。


 

通常の核兵器、そして水爆を整備していたといいます。

以下核兵器、マーク7は、長崎型核兵器の3倍の威力といいます。


 アメリカは公式には認めていないものの、沖縄には、核攻撃が可能な戦闘機やミサイルなどが配備がされていたといいます。

1冊の電話帳に、そのことがはっきりわかる記述がありました。

3888時間にも及ぶ、核兵器の攻撃訓練も行われていました。

三沢基地では・
 

日本の核攻撃拠  

日本中が核攻撃の拠点となっており、いつ戦争が起こってもおかしくない中で、日本国民には一切知らされていなかったといいます。

また、日米の間の旧安保条約には、核の持ち込みを規制する仕組みはありませんでした。

 

その後、安保条約が改定され、日本への核持ち込みには事前協議が必要となったものの、引き続き日米の間には「密約」が存在していたといいます。

日本政府は長い間、この密約を否定してきました。しかし、外務官僚のトップと事務次官を務めた村田氏は、肺がんで亡くなる4ヶ月前、密約の存在を暴露したのでした

福島第一原発事故の後の瓦礫焼却や、今年決まった8000bq汚染土埋め立ての問題以前に、もうそれよりもずっと昔から、このように日本は核の「拠点」であり、放射性物質も埋められていた。

 

そして日本に自由に核を持ち込めるよう密約も存在した。

日本の闇は、多くが知っている以上に深いものと思います。
 

福島原発はイスラエルの核テロ-ジム・ストーン氏のスクープ

 今回の福島原発は、日本政府が余剰で捨て場所に困ったプルトニウムを密かに闇でイランに売りさばいてい た。

 これを見つけて怒り心頭に発したイスラエルのシオニストが報復として原爆で東日本に津波地震(M6.8)を引き起し、福島原発にウィルスとミニ原爆を 仕掛けて爆破したのだ。

 この大事件のカモフラージュにされたのが小沢一郎である。

  小沢一郎が政権を取ることをアメリカのNWOが恐れているというデマであった。

 実際には、イスラエルがイランの原子炉にウィルスを放り込んだり、爆撃して 原子炉攻撃したこと同様に、その延長線上として福島原発が攻撃されたということである。

 それゆえ、いまや日本を除く世界中のインテリや情報通たちの世界では、「日本政府がイランにプルトニウムを売っていた報復行為として福島が犠牲になったのだ」という見解で一致しつつあるらしいというわけである。

 つまり、「日本はイスラエルの敵となった」ということである。

 この事実を知られることをどうやらいまの政府官僚と東電や経団連は一番恐れている。

 シオニストの国イスラエルではイランなど中東国が原爆や核兵器を持つことを一番恐れる。

 それはが出来れば連中はすぐに使うかもしれないからだ。

 そういう心情を逆なでするようなことを東電日本政府がやっていたとすれば、確実に報復を食らうのは明白である。

リックして応援を宜しくお願いします!!

クックして応援を宜しくお願いします!!

  

   

 

しみが、皺が消えて、若返ります。

若返り希望・FAX042-361-9202です。

驚異の原始微生物「ソマチッド」は、傷んだ細胞を復元します!!

 「癌患者」、「特定疾患」、「アトピー皮膚炎」の方に、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

  賢者のネサンは楠の樹液から作ったソマチット製剤をガン患者に使ったところ、驚くべき治癒結果が出たのです。
 なんと、ガン患者1000人の内、750人(75%)の人が完治したのです。
 また、ガン以外のエイズやその他の病気にも、現代医学をはるかに凌ぐ改善結果が見られました。

   ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

 ソマチットと、オ流ゴンシートで癌が消える!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 送料は着払いに成ります。

自費出版

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

 

 


汚染列島日本!! 太平洋へ毎日80億ベクレル垂れ流し!! 

2018-05-28 01:13:16 | 原発の危機

汚染列島日本!! 太平洋へ毎日80億ベクレル垂れ流し!! 

人々の祈りもむなしく福島第一原発は、多くの人々の命を奪い続けています!

飽くことを知らない福島第一原発は、暴走を続けています!

刻々と進む放射能汚染は、緑の大地を死の大地に変えています!

果たして、日本国民に希望はあるのか!

大地に巨大な穴を開け、また海洋に直径25戦地のパイプを400mの海底まで伸ばして1日8,000トン近くの高濃度の放射能汚染水を垂れ流しにしています。

また汚染された水蒸気を天空に噴き上げて福島第一原発は咆哮しています。

またセシウムの量とストロンチウムの流出量が逆転していることが問題です!

セシウムよりもストロンチウムの方が多量に放出されているということは、大変な事態なのです!
 それは、ストロンチウムは目には見えないからです。

 しかも体外に排出されるセシウムと違って、ストロンチウムは体内の骨に蓄積され排出されませんから、セシウムより少量でも大変に危険な物質なのです!

ストロンチウム体内に溜まっていきます特に骨にね。
海水を分析しても計測限界以下だったが、魚の骨にはしっかり蓄積しています!

この事態、1年も前から学者たちが警告を発されていた事態ですが、政府と東電は無視しています。

セシウムが減り、ストロンチウムが汚染物質の主体となったとすると、放射能汚染が発見さえされないという事態が考えられます!!

測定できるにもかかわらず、人間の口に入る食品になったとたんに調べようしないのですからおかしな話です。

サカナの骨などを対象にすれば、ストロンチウムが大量に検出されます。

魚の骨から大量のストロンチウムが検出されたりしたら水産物が売れなくなるので、検査しないと言うが国民の健康を考えていないのか!!

魚介類や、海産物の放射性物質汚染は政府により隠蔽されているのでしょうか?

基本的には太平洋の海産物は、食べないことです!

福島県で急増する「死の病」とは?

セシウム汚染と「急性心筋梗塞」の多発地帯!!

 
魚が売れなくて困るのは漁師さんだけ?

フクイチはチェルノブイリの4倍、広島原爆の4000倍の放射性物質がいまだに飛んでいますぞ!

100万年消えない放射能とは・・・。

放射能処理装置や原発設備は、すさまじい放射能ですぐボロボロになってしまいます。

国内にある原発の80%は、使用期限が切れているというのに・・・。
人類は「レベル7」を解決した歴史がないというのに、まだ続けるというのです!!

チェルノブイリ30年かかっても解決の見通しすらないというのに、この暴挙は誰の指示なのか!?

今後の不安・・・。

  1. 核燃料が地下水に達すれば、この国の運命は終わりますぞ!!
  2. 福島第一原発は、地下で再臨界を起こしています。短命のはずのヨウ素131がいまだに出ていることがその証です。

連鎖反応が続いている証拠です。

臨界すると放射性物質は1億倍増えます。

3.つまり福島第一原発は、事実上「レベル8」という事なのです!!

チェルノブイリにない地下水汚染が日本列島広域を永遠に汚染。


4.東京は、チェルノブイリ退去レベルの汚染がありますが、隠ぺいされています!!

5. 福島第一原発は「3000キロ離れた西欧」までひどく汚染してしまった。

欧米諸国が「脱原発」をする最大の理由が福島第一原発による放射能汚染です。

6.ミリのつかない単なるシーベルト《=1000ミリ以上》】とは、近づけば「即死」するレベルなのです。

7. 放射能のため韓国どころか世界中が、日本食品の輸入禁】をしており日本政府を信じていない。


8.原発事故では、ほとんどの人は、癌、奇形以外の、心不全、脳神経障害、感染症、成人病等の普

 通の症状の急激な増大の要因で死亡した。

9. 「トリチウム」「ストロンチウム」「セシウム」は、それぞれ、「水」「カルシウム」「カリウム」になりすまし体内にとりこまれ半永久的に生命を破壊する。

プルトニウム」はそれ自体超猛毒。

10.放射能の食品汚染は、時間がたつほど危険となる!

放射線学の教科書の最初に書いてあるほど有名な生態濃縮、生物濃縮効果!

11.新原発技術は、全て原理的に危険です!

12.アメリカは<日本の脱原発に反対なんかしていませんぞ!!
13. 福島第一原発に恐怖する世界中が「脱原発」を推進!

14.最大の問題は、送電分離ができない「電力独占帝国」であることです!

15.電事法改正し、「発送電分離」し「総括原価方式」をやめないと、我々の電気料金・税金の上乗せ分は永遠に原発推進3大プロモーション費用

①   政界工作費。

②   マスコミの国民洗脳費。

③   地元黙らせ費用に使われる。

世界中で日本しかやっていない構造汚職があります。

16.東電の、東電による、東電のための、政治

〈1〉       日本国最高権力者は「電力会社」

〈2〉       「自民党」なんてパシリ!

〈3〉       「国民の命」なんて虫けら!

〈4〉       「電力会社の延命のために世の中の小さな事件まですべてが動いている。

すべてが非常によく説明できる。

17.原発は結局は、単なる一部のやつらの醜い利権河添汚職のカタマリなのです。

 

リックして応援を宜しくお願いします!!

クックして応援を宜しくお願いします!!

  

   

 

しみが、皺が消えて、若返ります。

若返り希望FAX042-361-9202です。

驚異の原始微生物「ソマチッド」は、傷んだ細胞を復元します!!

 「癌患者」、「特定疾患」、「アトピー皮膚炎」の方に、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

  賢者のネサンは楠の樹液から作ったソマチット製剤をガン患者に使ったところ、驚くべき治癒結果が出たのです。
 なんと、ガン患者1000人の内、750人(75%)の人が完治したのです。
 また、ガン以外のエイズやその他の病気にも、現代医学をはるかに凌ぐ改善結果が見られました。

   ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

 ソマチットと、オ流ゴンシートで癌が消える!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 送料は着払いに成ります。

自費出版

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

 

 

 


水面下で進む二大政党制!

2015-04-29 00:05:30 | 原発の危機

二大政党制へと進化する日本政界!

クリックすると新しいウィンドウで開きます

現在の自由民主党は、

 細田派・・・93(衆院62・参院31)

   額田派・・・51(衆院30・参院21)

 岸田派・・・41(衆院29・参院12)

 麻生派・・・37(衆院29・参院8)

 二階派・・・33(衆院26・参院7)

 石原派・・・14(衆院13・参院1)

 谷垣派・・・13(衆院12・参院1)

  大島派・・・12(衆院9・参院3)

 無所属・・110(衆院81・参院29)

ですが、ここにきて

 麻生派・・・37(衆院29・参院8)

 二階派・・・33(衆院26・参院7)

 石原派・・・14(衆院13・参院1)

 大島派・・・12(衆院9・参院3)・・・・・合計96

が密かに、連携をとっていますが実現すると自由民主党の最大派閥に躍り出ます!

 これに谷垣派・・・13(衆院12・参院1)が加われば、109の大派閥となり政界のイニシャチブを取ることができますが、問題は、額田派・・・51(衆院30・参院21)、岸田派・・・41(衆院29・参院12)の92の行方である!

 勿論、無所属・・110(衆院81・参院29)の動向も、注目されていますが、いずれにしましても寝業師といわれる二階俊博の動向が注目されます。

 二極化する政界に生き残るためには、幾たびかの離合集散が行われることでしょうがここにきて、長期政権のはずの安倍晋三の病状が悪化の一途をたどっており予断を許さない状況下にあります。

 政界は、経世会派と清和会の泥試合下にあり尽き果てることのない怨念が渦巻いています!

 そして、いつも犠牲になるのは国民なのです!