高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟

世界平和に導く為の語録

緊急・拡散希望・災害に対する避難訓練を強化してください!

2013-06-30 17:24:19 | 危機です!

「特別警報」

 数十年に一度の規模の大災害が予想される場合に気象庁が今年の夏から新たに発表することにしている「特別警報」について、自治体との意見交換会が開かれ一部の自治体からは「準備の時間が短い」などの意見が出されましたが、我が国の状況が準備どころの話ではないということが解っていないのだろうか?

真実を伝えない売国奴の巣窟!

信憑性は、薄い!

 気象庁は、注意報と警報の上に新設した「特別警報」の自治体向け説明会を東京・大手町の同庁で開いた。特別警報は東日本大震災や昨年の九州北部豪雨を教訓として、異常な大災害が迫っていることを素早く確実に住民に周知し、避難してもらうのが目的。自治体と協議して7月下旬に具体的な発表基準を決め、8月末までに運用を始める。
 発表基準を新たに決めるのは大雨や暴風、高潮、波浪、大雪、暴風雪の気象現象。津波は予想される波の高さが3メートル超の「大津波警報」、火山噴火は「噴火警戒レベル」の4(避難準備)や5(避難)を特別警報として扱う。 

 参議院で「気象業務法及び国土交通省設置法の一部を改正する法律案」が可決・成立しました。これにより、気象庁が発表する防災気象情報のうち、これまでの注意報・警報の上にさらに「特別警報」が新設され、この8月末までにも実際の運用が始まることになります。

前回の記事では、この特別警報の概要について解説しました。今回は、特別警報の運用開始に当たって懸念される課題や問題点について考察します。

特別警報が出ていなければ大丈夫?

特別警報は、それぞれの地域において「数十年に一度」クラスの大雨・暴風などが予想される場合に発表されます。一言で言えば、その地域では滅多にないほどの災害につながるおそれがある、極めて危険な状態が予想される場合に発表される「非常事態」を伝える情報です。

しかし、特別警報の運用開始に伴い、通常の「警報」が軽んじられないか、という懸念も出ています。

特別警報の新設は、警報の危険度レベルを下げるものではありません。警報は引き続き「重大な災害の起こるおそれがある」場合に発表されるもので、従来からの変更点は全くありません。引き続き、住民の命に関わるような災害が懸念される場合に発表されるものですので、警報発表時には適切な避難行動・防災行動を住民や自治体がそれぞれ行う必要があります。

「特別警報が出ていないから、まだ大丈夫だ」ではなくて、「警報が出たから、危険が迫っている」「万一、今後、特別警報が出されるようであれば、その場合はこれ以上ないほどの非常事態が迫っていることを意味する」と、警報・特別警報の示す意味を正しく理解し、行動することが重要です。こうした特別警報の示す意味についての事前周知は、これまでの気象庁の広報活動以上に、広く深く、繰り返し様々な場で行っていくことが非常に大切だと思われます。

大雨特別警報に相当する過去事例。全国のどこかで概ね年に1回程度発表の頻度と推定。

また、特別警報は、過去の事例から、全国的には年に概ね1回程度の頻度でどこかの地域に発表されることが推定されています。報道などで特別警報の発表を目にする機会もあると考えられますが、その際には「自分の住む地域に出ているのか」という点に留意してほしいところです。どこかの地域に発表される様子が毎年のように報じられていると、いざ自分の住む地域に出された場合に、うっかり「またか」と勘違いしてしまいがちです。

特別警報は、「それぞれの地域において」数十年に一度レベルの事態が迫っている、という意味ですから、自分の住む地域に出された場合には「命を守るために最善を尽くす」というのが大変重要な行動になります。報道する側も言葉足らずにならないように、誤解を招かないように正確に伝える必要がありますし、情報を受け取る側も予めその意味することを正しく知っておくべきでしょう。

防災気象情報の種類がまた増える

気象庁が発表する防災気象情報は、すでに、種類が非常に多いという問題点が指摘されています。台風や集中豪雨など、雨に関連する事例に限ったとしても、今でも、注意報・警報のほか、気象情報(この名称もややこしいですが、「大雨に関する○○県気象情報」などという名前で、総合的な気象予測・防災事項を伝える固有の情報種類名です)、土砂災害警戒情報(都道府県と共同発表)、指定河川洪水予報(国・都道府県と共同発表)、記録的短時間大雨情報、竜巻注意情報があり、「どの情報がどのような意味を持ち、どれがより上位の情報なのか」が分かりにくい、との声が少なくありません。ここで、さらに新しく特別警報を加えると、利用者がさらに混乱するのではないか、という懸念があります。

大雨時に気象台が発表する情報の例。詳細・豊富な反面、種類の多さが問題との指摘も。

複雑化してしまっている防災気象情報の体系整理は、気象庁の「防災気象情報の改善に関する検討会」で昨年度から検討されています。今年の夏までには提言をまとめ、情報の整理・見直しの方向性が決まってくるとのことですが、今回、特別警報の新設だけを先行して実施する必要があったかについては、意見が分かれるところだと感じます。

災害は待ってはくれませんから、少しでも早く効果的な防災気象情報の運用を開始すべきだったとも言えます。しかしその一方で、この検討会の示す結論を待ったうえで、情報体系全体の見直しの一環として導入したほうが分かりやすかったとも言えなくもありません。

いずれにせよ、市町村など防災の現場が無用の混乱を起こさないように、特別警報の運用開始までに、これまで以上に十分な周知・広報が必要なことは間違いないでしょう。

「特別警報モード」

特別警報の実際の運用では、発表業務を行う各気象台・測候所に「特別警報モード」と呼ばれる運用が想定されています(予定)。特別警報は従来の警報同様、各市町村ごとに出されるものですが、同一県内(厳密には各気象台・測候所が警報発表を受け持つ予報区)で一つでも特別警報基準に該当する市町村が予想された場合には、通常の警報発表レベルの市町村についても、「道連れ」で特別警報が発表される、という運用が想定されています(同一種類の警報・特別警報について)。

もう少し簡単に言うと、特別警報基準に達していなくても、通常の警報基準に達している(達した)市町村は、同じ県内に特別警報の地域があれば、自動的に特別警報になる、ということです(別の見方としては、同じ種類の警報と特別警報が同じ県内で同時に発表されることはない、ということでもあります)。こうした運用が「特別警報モード」と呼ばれています。

大雨特別警報の運用シミュレーション。基準未満の市町村にも特別警報が出される。

なぜこのような運用をするのか。特別警報が発表されるほどの非常事態は「ある程度の地域的な広さを持ったものであると考えられるから」とされます。同じ県内で特別警報が出されるほど深刻で非常な災害が懸念されている際に「まだあなたの街は警報レベルですよ」と受け止められかねない通常の警報発表をすることは不必要な安心感につながってしまう懸念があることや、近隣ですでに極めて深刻な事態になりつつある場合にはその周辺も今後は同様の事態が起こり得るため、早めの万全の警戒を呼びかけておく必要がある、などと言う理由からこうした措置が執られるようです。しかし、この運用方法が本当に適切なのかは、判断が難しいところです。

例えば、大雨について考えてみます。同じ県内でも市町村ごとに、まだ注意報の地域と、すでに警報が発表になっている地域がある状況を考えてみましょう。ここで、警報発表地域のうち、1つの市町村だけが特別警報基準を突破したため、県内の警報発表地域はすべて「特別警報」発表となるわけです(この状況では、この県内は「特別警報」の地域と「注意報」の地域が混在)。そしてその後、現在注意報が出されていた地域が、通常の警報基準に達する事態となった場合、すでに県内は「特別警報モード」に入っているため、注意報から、警報を飛ばして一気に特別警報の発表となるわけなのです。

注意報→警報→特別警報、と段階的にグレードアップしていくのはあくまで「理想」で、実際に気象状況が急変した場合などについては仕方ないと思いますが、上記のような理由でいきなり特別警報が出されるのは、市町村の防災担当者や一般住民はどう感じるでしょうか。

土砂災害警戒情報と大雨特別警報

現在、大雨警報発表下で、土砂災害の危険性が非常に高まった場合に発表されるのが「土砂災害警戒情報」です(都道府県と共同発表)。すなわち、土砂災害の危険度としては、大雨注意報→大雨警報→土砂災害警戒情報、という順序でレベルが高まっていく、という運用がなされています。

では、大雨警報の上位に位置する「大雨特別警報」と、この「土砂災害警戒情報」とでは、どちらが上位なのでしょうか。

実は、これはどちらが上位という話ではなく別物の情報だ、とのことなのです。土砂災害警戒情報は、地中にしみ込んでいる水分量を指数化した「土壌雨量指数」を基準として、簡単に言えば「地盤の緩み具合」の指標をもとにして発表されます。一方で、「大雨特別警報」は、各地域の降水量を推定した「解析雨量」の48時間積算値を主な指標として、それが予め設定した「数十年に一度レベル」となった場合に発表されることが予定されています。

市町村の防災対応と気象情報の対応の目安。警報の上位に土砂災害警戒情報。

つまり、同じ土砂災害など大雨による災害をターゲットにした情報であっても、基準の要素が異なる別の情報であるために、どちらが上位に位置するという類の話ではない、ということなのです。しかし、利用する住民や市町村にとっては、これは必ずしも親切な情報体系ではないと感じます。

これまで「注意報→警報→土砂災害警戒情報」とグレードアップしていくものを理解していた利用者にとっては、混乱を生じかねません。また、降雨の状況によっては、情報の出される順序が、「大雨警報→土砂災害警戒情報→大雨特別警報」となる地域も、「大雨警報→大雨特別警報→土砂災害警戒情報」となる地域も、どちらもあり得るということになります。

各市町村では、警報などの防災気象情報を参考にしつつ、状況を総合的に判断して避難勧告・避難指示などを出しています。「避難」について気象庁がどこまで踏み込むかについては議論がありますが、警報・土砂災害警戒情報・特別警報と各自治体の防災対応のリンクを考えると、出来るだけ混乱を招かないような運用とし、全体的に「利用しやすい」情報体系とすべきではないかと思われてなりません。

各市町村の現場は対応できるのか?

平成24年九州北部豪雨時の熊本県の情報。実際には河川洪水予報や警報切替も加わる。

前回の記事に書いた通り、特別警報は「都道府県から市町村への伝達が義務化」されるのがポイントです。避難勧告・指示など住民の避難行動に第一義的な役割のある市町村では、情報の見落とし・見逃しが許されない、ということになります。

しかし、それを効果的に利用することができるかは、最終的には「各市町村の防災力」にかかっていると思います。いくら義務化されるとはいえ、「県から確かに受領しました」という連絡だけでおしまい、というのでは意味がありません。住民への周知措置も義務化されていますが、これにしても「防災無線で報知を試みました」というだけでは、これまでとたいして変わらないような気がします。

繰り返しになりますが、特別警報は「その地域で、数十年に一度レベルの危険な状態が差し迫っている」という緊急情報です。気象台からバトンリレーされてきた「危機感」をいかにして、一人でも多くの住民に伝えられるか。また、そもそも、災害時に大量に流れてくる情報や鳴りやまないであろう通報の電話をさばきながらも、特別警報を効果的に利用・伝達できる体制を市町村がとれるのか。これまでも様々な災害の際に露呈した防災体制の問題が、結局のところ、今回も浮かび上がってくるような印象を受けます。

各市町村においても特別警報の意味を正しく理解し、地域防災計画など防災対応にどのように効果的・実践的に盛り込んでいくか、運用開始まで時間は短いですが、真剣な検討が必要と考えられます。

「備えあれば憂いなし」

使いやすい情報とはどのようなものか、非常に重要なことです。情報の受け手側にはそれぞれ個々の事情があり、個々が欲しい情報の種類・量は異なってきます。また、情報を発する側に求められるのは、適切なタイミングで適切な内容の情報を発信することでしょう。住民、市町村、都道府県、報道機関など、それぞれが「特別警報」の意味を予め正しく理解し、それぞれの立場でどう最善を尽くすのか、予め考え、またいざという時には臨機応変に対応できるように、日頃から防災力を高めておくことが重要だと考えます。

災害時の気象解説に際して私が常に意識するのが、「伝えたとしても、心に響かなければ意味がない」ということ。最終的に、住民一人ひとりの防災行動を促すサポート的役割を持つのが防災気象情報ですから、個々人の実際の「行動」や「気付き」「意識」に結び付かなければ意味がないのです。解説者の立場からは、「特別警報が出された際に、どのように伝えるのが最も効果的か」ということが極めて重要な点になります。

必ずやってくるであろう「その時」に備えて、それぞれの立場から「特別警報をどう活かすか」をしっかり考えておきたいものです。

勿論、「特別警報」も必要であるが、地域ごとに「避難訓練」を繰り返す必要がある。

パニック状態になった住民を如何にして効率よく、安全な地域に避難させるかは、日頃の訓練に掛かっています!

大災害が、起こらぬことを願わずにはいられませんが、こればかりは如何ともしがたく事に備える以外はありません!

福島第一原発4号機クラッシュ、富士山噴火、東南海大地震に要注意です!

 

 

 

 


【京都】府内の大学などを卒業した留学生に永住権申請の資格を付与 山田知事が特区構想 ?

2013-06-30 15:39:52 | 危機です!

亡国の輩! 

この馬鹿面を見よ!

 
【京都】府内の大学などを卒業した留学生に永住権申請の資格を付与 山田知事が特区構想

◆山田知事が特区構想 「大卒以上で永住権」実現性は? 京都

■留学生増目指し申請へ
■今年度中に計画とりまとめ

政府の産業競争力会議が安倍晋三首相主導の「アベノミクス戦略特区」の創設に向け検討を始めたことを受け、山田啓二知事は、府内の大学などを卒業した留学生を対象に、永住権申請の資格を付与できる特区を盛り込むよう6月までに政府に要望する方針を明らかにした。

今年度中に具体的な計画をまとめ新制度が創設され次第、申請する方針。

実現すれば全国に例のない特区になるが、法改正などが必要になる可能性があり実現できるかどうかは未知数た!

10日、京都経済同友会の特別委のメンバーから留学生の支援策などで連携を求められた山田知事は「留学生対策をこれまでしっかりやってこなかった。思い切った対策を講じる必要がある」とし、「優秀な人材が日本を目指さず違う方向に行くのはもったいない。特区申請時に、留学生の永住権付与を盛り込みたいと述べた。

その後、取材に応じた山田知事は、対象として府内の大学・大学院を卒業・修了した留学生らを想定しているとしたうえで、「日本は英語圏ではない。各国で留学生の奪い合いになるとインセンティブが必要」と述べた。


府によると、シンガポールでは大学などの卒業後に永住権が与えられ、オーストラリアでは、看護師など政府が指定するコースを修了すると永住権を申請できるという。

日本では外国人が永住権を得るには10年以上継続して在住するなどの条件を満たす必要がある。

ただ、府内の大学や大学院の卒業・修了を条件に、日本国内の永住権を付与することには、法改正などが必要になる可能性がある。

府の担当者は「特区に興味を持ってもらえる大学などと共同で研究を進めたい」。法務省入国管理局は「大きな改革ならば現行法では対応できない」としたうえで、「特区の内容も定まっていないので、はっきりとしたことは言えない」と話した。

府や経済、文化など各界で作る「京都の未来を考える懇話会」は平成24年3月、少子化に備え、留学生を増加させるための優遇措置などを盛り込んだ「大学ユートピア特区」の申請を提言していた。

外国人勢力の「日本の政財界乗っ取り」は、熾烈さを極めており今や政界の40%近くが在日であり、国会議員の秘書の65%が隠れ統一教会会員である!

維新の会にしても、執行部は統一教会の関係者ばかりであり、統一教会より資金提供も受けている。

勿論、安倍晋三政権にしても、統一教会の支援も受けている。

 

 

このありさまであるから、京都の知事が暴走するのである!

この国のありさまを見よ!

人身は乱れ、友好国に攻撃されても、今なお能天気なことやって国民に大きな負担を掛けている!

また山河や海は、放射能どころか多くの化学物質に汚染され国民の住む場所さえ奪われようとしている!

 

政財界のありさまに韓国政府は嬉々としているからか日本批判を幾度となく繰り返し、挙句の果てには、

「歌舞伎」「剣道」「しゃぶしゃぶ」

は、朝鮮半島から、渡ったとのたわまく始末である!

日本政府が、保証しなければ韓国経済はとうの昔に破綻していたというのに・・・・・・・・!

この危機を乗り切るためには、国民の団結が何よりも大切ではあるが、国民は骨抜きにされてしまっており闘争心などは皆無のポチに成り果てている!

打つ手なし!

政財界は、売国奴だらけ!


 


国民は、モルモット完全管理社会!

2013-06-29 21:08:38 | 危機です!

完全監視社会!

地デジにも、ボウダ本ホンにも監視用カメラか組込まれています!

このデーターを読んでみてください!

米国政府にあなたの個人情報を与えているのは単にインターネットと電話会社ではありません。

ブルームバーグによる驚異的な報告書によって、プロセスに精通している4人。

 ハードウェアとソフトウェアのメーカー、銀行、インターネット・セキュリティ・プロバイダー、衛星通信事業会社」また他の出所の全体のホストは連邦機関へのあなたの個人のデータに関して渡しています。

 真実は、これほど多くのより多くの物がアメリカ人がここまで知るよりスキャンダルを詮索するこのNSAにあるということです。

 

エドワード・スノーデンが明らかにしたものが「単に氷山の一角」であると米国代表ロレッタ・サンチェスが言った時、彼女はからかっていませんでした。

米国政府は、それとしての惑星上の皆に関する多くの情報ができる(恐らく)ように、集まろうとしています。

 また、数人の活動家がそれに狼狽するだけで、この信じられないほどに強力な情報機関は去るつもりでありません。

 

電磁波発生装置

アメリカの政府は、知能プログラムに年間800億ドル以上を費やします。

大きな太った政府契約への巨利感謝を詮索する、民間部門の企業パートナーがするように、この単一体の情報機関を構築するためにそれらの経歴を費やしたものはそれを最後まで防御するために行っています。

 

しかし、アメリカ人が立たず、要求が今変われば、それは、誰もそれらを止めないので、それらがもっとその上限界に挑むことができるというこそこそのぞき回ることを行うものへの合図になるでしょう。

 

なぜ(したがって)NSAにあなたの個人のデータを渡す何千もの会社である?

さて、ブルームバーグによれば、それらは代わりに事態を得ています。

 

何千もの技術、金融および製造業会社が機密情報を提供して、米国国家安全保障機関と一緒に仕事をしており代わりに機密の機密のへのアクセスを含んでいる利点を受け取っている、とプロセスに精通している4人が言いました。

 

これらのプログラム(その参加者は信頼されたパートナーとして知られている)は、エドワード・スノーデン(国家安全保障局のために仕事をしたコンピュータ技術者)によって明らかにされたものをはるかに越えて伸びます。

民間会社の役割は彼の今月開示以来激しい調査の下に入りました、NSAはグーグルインク(GOOG)から何百万もの米国の住民の通話記録および外国人のコンピューター言語を集めています。

 

また裁判所命令の下の他のインターネット会社。

エドワード・スノーデンによる最近の意外な新事実のおかげで、ここまでの焦点の多くが、NSAがインターネットと通信事業会社から得るという情報に基づいてありました。しかし、見たところでは、政府系機関は、多くのsources…から私たちのすべてに関する情報を集めます。

ハードウェアおよびソフトウェア、銀行、インターネット・セキュリティ・プロバイダー、衛星通信事業会社および他の多くの会社のメーカーは、さらに政府プログラムに参加します。

ある場合には、集められた情報が国家を防御するだけでなくその敵のコンピューターを浸透させるのを支援するために使用されてもよい。

 

人々(彼らは政府のためにどちらかを動かすか、彼ら(その)はこれらの合意を持っている会社にいる)によれば、NSAに加えて、米軍のCIA(0112917D)、米連邦捜査局および枝は、無害に見えるかもしれないが、米国の知能かサイバー戦争ユニットの手に高度に役立つことができたデータを集めるためにそのような会社との協定を持っています。

 

私たちは「監視社会」になりました。

また、これは、正確に憲法修正第4条が私たちを保護することになっていた種類のものです。

 

政府は、私たちのプライバシーに侵入し、そうする考えられる原因がある場合、私たちを調査することに単になっています。

しかし、今、政府は、私たちのすべてに関する恐らくできるだけ(たとえ私たちの大部分がどんな犯罪でも告発されなくても)多くの情報を収集しようとしています。

政府は私たちのすべてにどれだけの個人のデータを集めたいかはといえば、限界がないように思われます。

私が回りに以前に書いたとともに、CIAの最高技術責任者はそれらが「基本的にすべてを集め、それに永久にしがみつこうとする」と言います。

また、これはアメリカ国民にただ当てはまるわけではありません。

米国政府は、惑星上の皆のデータを収集しています。

また、インターネット交通のそのような高い割合が米国のネットワークおよび米国の会社を通って流れるので、それは米国の情報団体にすさまじい「ホーム球場利点」を与えます。

下記は、ロナルドDeibert(Toronto…の大学の政治学の教授)によって著された最近の1片からです。

サイバースペースがグローバルかもしれない間、そのインフラストラクチャーは最も明確にそうではありません。

 

例えば、単に15社のグローバルな層1通信事業会社のうちの8がアメリカ人なというだけの理由で、世界的インターネット交通の大きな割合はアメリカによってコントロールされたネットワークを通って流れます-AT&T、CenturyLink、XOコミュニケイションズおよび著しくベライゾンのような会社。

 

私たちのうちの多数が当然と考えるソーシャルメディア・サービスの多くもグーグル、フェースブック、ヤフーおよびツイッターのようにアメリカに本部を置く巨人によって提供されます。

 

それらのサービスがどこに提示されても、これらの会社はすべて、米国愛国者法の条件を含む米国の法律に従います。あるいは、サーバは置きました。

米国を通じて世界のインターネット交通を送りその統治権の下のそれらの会社を持っていることは、楽しむ他の国々はほとんどない巨大なホーム球場利点を米国国家安全保障機関に与えます。

しかし、この情報収集のすべてのポイントは実際に何ですか。

それは私たちをわずかにより安全にすることですか。

そうならば、私たちは重い誤りを犯しています。

ベンジャミン・フランクリンは以前下記を書きました:

「少し一時的な安全性を得る本質的な自由を放棄することができる彼らは自由にも安全性にも相当しません。」

喜んで少しより安全に感じるために4番めの修正権を放棄しますか。

私はそうでないことを望みます。

米国の憲法は私たちに安全性を保証しませんでした。

しかし、それは私たちのプライバシーを保証すると思われます。

幸運にも、このポイント世論のそれが政府が行っているスヌープのすべてに非常に反対するように見えます。

ガーディアンによれば、行われたほとんどの最近の調査は非常に一貫したresults…を考え出します。

木曜日に、ガーディアンは、アメリカの国家安全保障局(NSA)の論争への反応を見る公共政策ポーリングによって月曜と火曜の夜に行われた世論調査をリリースしました。

大衆は、意外な新事実に否定的に反応するように見えます?

また、それは、オバマ大統領を傷つけているように見えます。

私たちは、アメリカの有権者の50%がNSAが、それらがするべきであると考える44%と比較して、電話またはインターネットのレコードを集めているべきでないと信じるのを見つけました。

政府が集めているデータが「メタデータ」(そして必ずしも実際でない、コミュニケーションの内容)であると回答者が伝えられた時さえ、結果はもちます。

これらの結果は、わずか38%しか示さなかったCBSニュースの世論調査、フォックスニュースの世論調査およびYouGov調査と32%一致しています。また、アメリカ人の35%はそれぞれテロ攻撃の機会を減らすために電話レコード収集を承認しました。

 

37%だけがアメリカ人の電話およびインターネット使用のモニタリングを承認したことを示して、これらとギャラップ調査は一致していました。

また、アメリカ人は、さらに一旦それらにそれがあると、政府が私たちの個人のデータで何をするだろうかを非常に怪しいと思っているように見えます。

 

実際、新しいラスムッセンの調査によれば、アメリカ人の57パーセントは、政府が「政敵を悩ます」ためにそれが収集する情報を使用するだろうと思います。

また、もちろん、今年噴出した最近のスキャンダルの多くは、政敵を悩ます政府を含んでいます。

 

私たちはIRSのスキャンダルでこれを見ました。また、私たちはリポーター・スキャンダル上のスパイ行為をすることでこれを見ました。

ちょうど今週、CBSリポーターSharyl Attkissonが彼女のコンピューターを繰り返しハックしたことは報告されました。

あなたがAttkissonに精通していなければ、彼女は、オペレーション断食および猛烈なベンガジ物語の追求に来た場合、無慈悲だった主流メディア中の1人のリポーターです。

今、私たちは、「洗練された」侵入者が遅い2012…の中で「多数の場合の」彼女のコンピューターへハッキングしたことを知っています。

 

CBSニュースは、Attkissonのハッキングの前の発覚を確認して、「多数の場合の無許可で、外部、未知のパーティー」によって特派員Sharyl Attkissonのコンピューターがハックされると金曜日に発表しました。

 

CBSニュース・スポークスウーマン、ソーニャ・マクネアは、CBSニュースによって雇われたサイバーセキュリティ会社が「裁判分析を通じて決定した」と言いました「Attkissonのコンピューターは、2012年の終わりに多数の場合の無許可で、外部、未知のパーティーによってアクセスされました。」

「証拠は、このパーティーが遠隔にAttkissonのアカウントを使用して、アクセスをすべて行なったことを示唆します。

 

悪性コードが見つからなかった一方、裁判分析は侵入者がデータの探索およびexfiltrationを含むように見えたコマンドを実行したことを明らかにしました。

このパーティーは、さらに無許可の活動のあらゆる表示を削除し、かつ一層の混乱を引き起こすシステム時間を変更する精巧な方法を使用しました。

CBSニュースは、アクセスの信頼できるパーティーおよびそれらの方法を識別するステップを取っています。」

 

その間に、注意をこれらのスキャンダルのすべてから遠ざけてそらす、絶望的な試みでは、バラク・オバマはシリアで戦争を始めようとしています。

この戦争中に、私たちは、実際にクリスチャンの首を切っているアル・カイダ反逆者がシリア上にとるのを助けているつもりです。

 

アル・カイダとシリアの反逆者の深い関係に気づいていない場合は、「シリアの反逆者はアル・カイダに忠実を誓うか」、これを非常に明白に文書化するインターネット上で見つけることができる他のアーティクルのダースのいずれかとタイトルをつけられた最近のUSAトゥデー記事をただ読んでください。

 

また、病気のことは、アル・カイダと協力するために、多くの共和党員が実際にバラク・オバマを賞賛しているということです。

それは急にアル・カイダを助けるのに「保守的である」なりましたか。

世界中の何が起こっていますか。

また、何かを知っています。

 

真理は、バラク・オバマが木曜日に彼のものを「驚くほどの発表」にするかなり前に、私たちの軍隊が位置にあったということでした。

実際、米軍が既にシリアの国境に沿ったヨルダンにあることは確認されました。

また、シリアとのこの矛盾は、実際にはるかに大きな矛盾のお膳立てをすることができましたか。

 

ロシア人は、シリアの政府への「モルタル、軽砲、高射砲、対戦車火器および弾薬」を提供しています。また、彼らは、オバマ政権による最新の動きを大声で非難しました。

 

はい、アサドの政府は恐ろしい。しかし、オバマがシリアで行っているのは恐ろしく恐ろしい誤りです。

米国がアサドの政府を降ろせば、アル・カイダと他の急進的なジハード戦士に忠実な力は引き継ぐでしょう。また、私たちはロシアと中国を非常に怒らせているでしょう。

米国がアサドの政府を連れ去ることに失敗すれば、それがアメリカのために全敗と考えられるでしょう。

 

一方の方法、私たちは失敗します。

そうすると、どうこのすべてに関して思いますか。

 

アル・カイダ、アル=Qaida、バラク・オバマ、CIA、独裁政治、エドワード・スノーデン、ファシズム、FBI、グローバルなニュース、政府、インターネット、中東、軍事の新世界秩序、NSA、オバマ政権、政治、PRISM、サーベイランス、シリア、テロリズム、米国、戦争。

くしゃみひとつ監視されています!


世界は確実に、第三次世界大戦へと向かっています!

2013-06-27 17:17:24 | 危機です!

日本製無人偵察機

尖閣諸島を巡り、中国との緊張が続く中、日本製兵器の見直しが急がれています。

この中で、日本製無人偵察機が注目されていますが、なかなか・・・・!

現在、中国では数多くの反乱が各地で勃発しており、中国政府は鎮圧に躍起になっていますが、先日はウィグル自治区で暴動が起こり鎮圧に軍隊を出動させたようです。

世界情勢は、第三次世界大戦へと向かいつつありますが、中国も、ペンタゴンも戦争論者の思惑道りには動きません!

まるで、ミサイルですね!

長距離は、難しそうな形です!

 

情けないタイプですね!

このタイプは、すぐに破壊されてしまいますね!

これも感心できません!

このような装備では、実戦には使えないでしょう!

いずれにしても、近い将来アジアでも紛争が勃発しますし、日本国内でもテロが起こります!

多難の時代を生き残るために、ネットワークを作ることです!

放射能、遺伝子組み換え食品、ウイルス、ケムトレイン、そして奴等が、日本国民に襲い掛かっています!

行方不明者が、続出していますぞ!

 


ようやくストーカー規制法、改正DV防止法が成立!

2013-06-26 19:29:24 | 超自然現象

 

ようやくストーカー規制法、改正DV防止法が成立

 

 ストーカー行為への対応を強化する改正ストーカー規制法と、法律の適用範囲を広げる改正DV防止法(配偶者暴力防止・被害者保護法)が26日午後の衆院本会議で可決、成立した。

 改正ストーカー規制法では、相手に拒まれても繰り返し電子メールを送信する行為を、同法で定める「つきまとい等」に追加し、取り締まり対象とする。つきまとい行為に対する禁止命令や警告について、被害者の居住地だけでなく、加害者の居住地や違法行為があった場所の警察、公安委員会も出せるようにする。

 改正DV防止法は、夫婦間(元夫婦、事実婚を含む)だけでなく、同居の交際相手から暴力を受けた場合も保護の対象とする。

 

日本でも、おとり捜査を取り入れて犯罪を未然に防がなくては、弱者が犯罪被害者になるばかりである。

犯罪も多様化していますので、対応できなくなっている感もありますが、いずれにしてもあらゆる法律の原点は国民が、豊かに安心して暮らせる社会でなくてはならない!