高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟

世界平和に導く為の語録

偽コロナ騒動の始まりはDSの「人喰い」の隠ぺいである!

2021-12-31 20:24:17 | 政界の闇

偽コロナ騒動の始まりはDSの「人喰い」の隠ぺいである!

新型コロナウイルスが存在することを証明した人は世界に誰一人としていません!!

それを政府も厚生労働省も「新型コロナウイルス」と呼びます!

またPCR検査が新型コロナウイルスを検出できることを証明した人も世界に誰もいないのに「陽性」だの「陰性」だのと大騒ぎします!!

イソジンでうがいしてPCR検査をうけると「陰性」となります!!

従いまして無症状の人がこの新型コロナウイルスを人に伝播させるということを証明した人もいません!!

病原体を説明することが出来ないものに対してワクチンを作れるはずもありません!!

だから「コロナワクチン」はワクチンではありません!!

病原体を説明することが出来ないものに対してワクチンを作れません!!

遺伝子の確認も病原体を証明しないとできません!!

遺伝子を確認しないとPCR検査も作れない!!

スキャンダル‼︎。日本の政府と警察は日本の子供達をシオニスト・マフイアから守らないで、毎年1万4千人の子供誘拐を日本人に隠蔽してきた!

まもなく、世界中で政治家、映画スターなどの著名人、国際大企業の社長などのエリートが大量逮捕の対象となると言う情報がネットニュースに出てきています。何故、これらの有名な人々が逮捕されるのかの第一理由は、「国際児童人身売買と子供殺害」に関与している、と噂されています。

これらの子供誘拐に関する情報はますます気狂い染みて、通常の人間には信じがたい、むしろ耐え難い恐ろしすぎる真実が浮上してきています。これらの子供誘拐の理由は、恐ろしい身の毛もよだつ状況で、拷問、強姦、そしてまだ、生きている子供の脳からアドレノクロムを抽出し、著名人が若返りのために、巨額の金をそのために支払い飲む、と言うことです。カザフスタン・マフイア・シオニストは世界中の子供誘拐、虐殺、ホロコーストで巨額の金を稼ぐためにどんな卑劣なことでもしたと言うことのようです。これらが日本に巣食っていると言うことです。

 

今まで、日本では、子供の失踪事件、未解決事件が、時々テレビや新聞で騒がれているだけでしたが、それ以上に、子供達の誘拐は、実際には驚愕するほど数が多く、今まで、政府、警察から日本人に巧妙に隠されてきたと言う事実が暴露されそうです。これに関しては、日本人は全く知らされていなかった。日本の子供達は当局に守られていなかった。

これまでの子供誘拐事件は、個人の異常者の犯罪としてだけの観点から見られ、孤立した精神異常者のせいにされてきました。大掛かりなカザフスタン・マフイア組織が存在し、多勢の日本人の子供達を(フルフォードによると14,000人以上)誘拐していたと言う事実を巧妙に隠蔽することを可能にしてきたということです。一本の木が森を隠す、です。これは日本の政府と警察が共謀して日本人にこれらの真実を隠してきたと言う恐ろしい事実に繋がります。

毎年、14,000人の子供失踪が日本で起こり、年数をかけ算すると恐ろしい数になります。深い怒りを感じます。大量逮捕後、これらの子供失踪者の正式調査が行われ、全ての行方不明の子供達のリストを作成し、名前が付けられなければならないと思います。今まで、日本のメディアは完全に沈黙して情報は無です。以下は外国に出ている、これらの誘拐事件が何故起こったかを解明する、恐ろしい事実の記事です。

 

日本に関しては、バンジャミン・フルフォードの記事によると複数の情報源は、日本の地下基地のいくつかで、ケージや他の慄然とする所で子供たちを見つけたと伝えています。 日本の情報筋によると、毎年14,000人の日本人の子供がカザフスタンのマフィアに売られていました。 FBIの統計によると、米国では毎年40,000(実際は80万人)の子供が行方不明になっています。現在、その多くは地下基地のケージから救助されています、とペンタゴンの情報筋は言います。 

 

------------------------

 

40A6D749-65B6-4245-86FF-6E2148F82AF1

英国で最も悪名高い、知名度の高い小児性愛者であるジミー・サヴィレは、女王に騎士にされました。

彼の犯罪は、BBCのディレクターであるマーク・トンプソンによって何年も隠されていました。

 

トンプソンは現在、ニューヨーク・タイムズの社長です。ピザゲートを偽のニュースと呼んだ同じメディアです。

 

トム・ハンクス、カナダのジュスチン・トリュドー首相、英国のボーリス・ジョンソン、英国王室のチャールズ王子、ドイツのメルケル首相などがコロナウイルスにかかったと言うことで、以下の情報が出ています。

「アドレノクロームを故意にコロナウイルスで感染させたと言うスレッドがありました。 人食い=肉食」と言う」

 

DB4CABC3-2905-4BBC-8686-2220581B9E72

------------------------

 

ウィルソンの顔は本当に何を表していますか? 子供から多くのアドレナリンを取り出し、最も強力なアドレノクロームを得るには、顔の皮を剥き、それを着て、挑発します。 つまり、皮を剥ぎ取られた顔の子供を表しています

9CB8DFD0-1222-4C9A-AB6E-2BA0E4347CFE

 

17F3401A-380D-4183-9452-6CE876A91D59

アドレノクロームは、血が副腎化されて、恐怖を与えて殺された乳児の頭蓋骨(松果体)でのみ見つかる薬物で、毎年アメリカで、数十億ドル規模の闇市場業界を構成し、80万人の子供が行方不明になる理由 

 

95C7D495-A789-4FE2-88B9-B0FB403741A6

ソース: ehb.club 

------------------------

トムハンクスコンピレーション、トムの奇妙で象徴的なインスタグラムの写真を含む、あなたが待ち望んでいた!!!
15ED2A53-D682-43D1-B998-A0118A7D30E6
7B81AB68-02E9-4E5E-91F0-06FEFFE6EC3E
6661EF78-66DB-4BA1-B97F-49DB81BE9DC0

 CC4D9BEE-698F-4927-84DF-D45CA11AE68B

C97D3285-4150-4C5E-ACC5-C1C5F9683E1E

彼らは人類を永久に奴隷にするように働きます。

彼らの象徴は彼らの没落です。

私たちは彼らに思いやりを送ります。

私たちはクリエーションと統合し続けます。

https://beforeitsnews.com/alternative/2020/03/tom-hanks-compilation-youve-been-waiting-for-including-toms-strange-and-symbolic-instaghoul-photos-3718737.html

 

------------------------

1F78118B-4DE3-4F74-8C45-B988CD0A6A9C

49333B84-7032-43AF-A285-5958B747D2AD

アドレノクロム/ C9H9NO3とは何か?

 

アドレノクロムは、アドレナリン(エピネフリン)の酸化によって生成される分子式C9H9NO3の化合物です。誘導体カルバゾクロムは止血薬です。化学名は類似していますが、クロムとは無関係です。アドレノクロム(別名ニューロメラニン)は、プロジェクトMKUltraで使用されたと疑われる幻覚剤です。リセルグ酸ジエチルアミド(LSD)と同様に、秘密冷戦実験では、米国で非倫理的な人間の実験中にさまざまな薬物をテストしました。これらの幻覚剤(心身医学も参照)は、拉致中に「異星人」を見ることを説明するかもしれない(しかし決定的ではない)心理的現象に拮抗します。アドレノクロムは、少なくとも1930年代から知られている化学物質で、哺乳動物のアドレナリン(エピネフリン)の酸化によって生成される分子式C9H9NO3の化学物質です。この化学物質は、極端なトラウマや苦痛のような、高い「戦闘または飛行」反応状態のときに特に体内に集中します。著者のハンターS.トンプソンは、彼の著書 Fear and Loathing in Las Vegas1971)』でアドレノクロームについて述べています。アドレノクロームシーンは、小説の映画化にも登場します。

4966370B-3590-427D-BBA0-CFC0E79F56EB
1C5B42F2-DF7D-429F-83F7-B5588F3664A0

5578D830-4B73-4D36-B4BC-58E249D5E5A2
8E495BA1-2E78-4145-8048-94C78FEDEBE5

「アドレノクロム」はどのように収穫されますか?

2DD89764-DF5C-4A6D-AA70-86059F688633

アドレノクロムは、南極などの場所でペンギンの松果体から収穫されることが一般的に知られています(南極、その順序はこのWikiLeaksケーブルで説明されています)。ただし、これは明らかに、征服のために酔うという世界的なルシフェリアン・エリートのニーズを満たしていません。したがって、ペドゲート(最近巻き込まれ、米国司法省によって発見された)に縛り付けて、ルシフェリアン・エリートは代わりに子供を誘拐し、レイプし、拷問して、アドレナリン/エピネフリンを腺に集中させ、次にアドレノクロムを対象が生きている間腺(アドレノクロム)に取り出します。

死後、(長くは続かない)彼らは薬が抽出された後に子供を犠牲にします。代わりに、被験者は繰り返し抽出するために生かしておくことができます。 (彼らは子供を捕虜として捕らえ、どこかに隠し、「長期の外傷治療」のために子供を生かし続けますが、彼らは複数回の輸血で子供を傷つけ、拷問し、レイプし、抽出します、子供が虐待と失血でようやく死ぬか、悪魔的な子供を犠牲にする多くの儀式のいずれかで子供を殺すまで。

子供が生きている間、血液の抽出が進行します!

子供から血液を抽出する手順。

 

この場合、針を眼に突き刺して頭蓋骨を切らずに脳幹からアドレノクロムを抽出します。 これは、イギリスのテレビ・シリーズ・ルイス(2008)のシリーズ1の最初のエピソード「Who the Gods will Destroy」で風刺されました。 もちろん、それはすべて冗談のように見えますが、私たちはルシファー・エリートたちが真っ白な昼間で真実を私たちの顔にこすりつけるのが大好きであることを知っています(「Google Adreno」と「Google Chrome」とは何ですか?)

リュシフエリアン・エリート(LUCIFERIAN ELITE)は化学物質を収穫するためにどこでどのようにして生かしてを取得していますか?

副腎から化学物質を採取するために生きている被験者が常にこのように必要であることが、シオニストがイスラエルの平和を望まない理由です。

 

イスラエルとパレスチナの紛争の現状により、パレスチナ人は事実上、ジュールな二級市民になり、臓器、組織、および貴重なアドレノクロームのためにいつでもイスラエル国民が合法的に収穫することができます。

 

彼らはまた、世界中で子供を売買する大量の人身売買リングを運営しています(アドレノクロームは、年齢とともに腺があまり成長しないため、および子供が大幅に高まった「戦闘または飛行」反応を経験するため、子供の腺に集中しやすくなります。

 

外傷の結果としてアドレナリンの急増)。 FBIによると、アメリカでは毎年平均46万人以上の行方不明の子供がいますが、FBIはアメリカのルシファー・エリートに対する犯罪をカバーする腐敗した正面組織にすぎないことが最近明らかになったため、真の数は大幅に増える可能性があります。

 

科学者たちは、アドレノクロムへの長期露出が統合失調症を引き起こす可能性があると推測しています。これは一部にはシオニストが一般の人口より30倍以上精神障害に苦しむ可能性が高い理由かもしれません。

 

 

「クルミソース」とは?

 

松果腺、という名前の人間の脳内の小さな腺。 「松果体」は「第三の目」とも呼ばれ、外観はクルミや松ぼっくりによく似ています。

 

「クルミソース」は非常に無害に聞こえますが、それはルシフェリアの小児性愛者の人食い人が使用するコードです。 彼らが犠牲者の体の部分の成分を取り込んでいるのは、彼らの秘密の人食いのレシピであり、彼らが拷問、トラウマ、そして性的虐待を受けさせ、最終的に子供を殺害した後、彼らは松果腺を含む児童脳の一部を切り取り、彼らは死者から抽出します 。子供の血液、その後、松果腺、劣性腺、副腎の血液を混合して、彼らが飲む混合物にします。混合物は次のように呼ばれます。 ルシフェリアの小児性愛者の共食い者による「ウォルナット・ソース」。 彼らはそれが老化を防ぎ、アドレノクロームで高湯すると信じています。

 

外傷を受け、レイプされ、犠牲にされた子供からの血液はなぜですか?

 

ルシフェリアの宗教は異教主義に基づいており、悪魔主義に似ており、それは非常に邪悪で暗く、混乱しています。悪魔の儀式の中で魔法の力を最大限に発揮することは必然であるとルシフェリアンは信じています。

 

表現「クルミソース」は、露出したルシフェリアの小児性愛者に由来します。 ジョン・ポデスタ(ヒラリー・クリントン2016の選挙キャンペーンのエグゼクティブ)をハッキングしたWikileaksの創設者ジュリアン・アサンジが公開したメール。

ここまで

コロナは創価学会がでっち上げた茶番ですが、そのコロナ特需で利益を上げているのは、ほぼ全て創価企業です。

ワクチン業界で一躍目立っている

・ファイザー、

・アストラゼネカ、

・モデルナ

創価企業であることが分かっています。

○【またも創価企業のボロ儲け】大規模ワクチン接種にモデルナ社製採用

国内産ワクチン開発も、全て創価企業のボロ儲けの種だということです。

しかも創価学会は、そのワクチンによって人口削減しようとまで計画しています。

○ワクチン接種を利用した人口削減計画が進行中

そして今回、ワクチンを国内で大量に生産することで、全国民を一刻も早く殺戮したいという創価学会の本性が現れました。

創価学会の思惑通りに殺されないためにも、一切のワクチンを接種

 

二酸化塩素の治療効果は絶大で、新型コロナの重傷者は4日で回復しました!! 二酸化塩素には、ワクチン接種後の体内の毒素を中和してしまいます!!

" 二酸化塩素水には、血中酸素濃度を短時間で下げる力があります。 さらに血液をサラサラにする効果も絶大です。

・血栓を溶かす効果も絶大です。

60歳以上の80%は、無用の長物ですからワクチンで殺してしまいます!! 貴方に付けられたロットナンバーに、全てが隠されています!!

ワクチンのグラフェン濃度により貴方の寿命が決まっています!! さしずめ刑の執行年月日ですかね!!

・グラフェンの血中濃度80%で、2年生存!!

・グラフェンの血中濃度70%で、3年生存!!

・グラフェンの血中濃度50%で、5年生存!!

DSの最終目的は、人類をVRの世界に誘導して、脳を支配して人類を自由自在に操ることである!!

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マスコミでは絶対、言えない「新型コロナウィルスの真実」に迫る!

2021-12-31 00:05:00 | 愛国者

マスコミでは絶対、言えない「新型コロナウィルスの真実」に迫る!

コロナウイルスの病原体を発見した人は世界中に、誰もいないのにどうして「ワクチン」ができるのか?

遺伝子の確認も病原体を確認できないとできません!

遺伝子を確認できないとPCR検査キッドも、作れないのに!!

 

徳島大学名誉教授で免疫生物学専門の大橋眞(まこと)医学博士へのインタビュー! 

コロナウィルス  って、恐らく何万種類もある
その代表的な病原性のある 4種類ほどがデーターベースに登録されていると
それ以外のものについては風邪の原因であろうと言ってたけれども
あまり重視していなかったんですね
で そのどれくらいの種類のコロナウィルスがあるか
それらがどういう性質を持つか?
特に、強い病原性のないものが、ある意味、ほとんどなんですよね
だから 今回新型と言って出してきたけれども
今までのコロナウィルスがどんなものであったものかということがわからなければ
新しいか新しくないかもわからないはずなんですよ
だから、そういう意味ではコロナウィルスはごくありふれたものなので
特に心配する根拠がない
今のコロナウィルスが果たして、そんなに病害性強いかどうというかを
実証した例がないんですよ
まあ皆さん、テレビで武漢の映像を見られたことがあると思うんですよ
あれで

武漢の映像が果たして本当の映像なのかということも分からないんですよね
まあその私たちはついつい映像をみると
大変なことが起こったという風に思うんですが

だけど、映像っていうのは
えー、いろいろと加工もできるし、本当の姿が伝わっているかどうかわからないんですよ
ほー、本当の姿は何かというと科学的に証明する
そういう形でいかないと
映像はまあ騙されるというかね
どういう科学的な根拠があるかということを論文によって調べる
その論文は病原体をきちっと分離して
分離したものを感染実験をする
そして、その病原体が今までとどうなのかという
ことを遺伝子で調べるということも、まああってもいいわけですね
そういう一番大事なのは本当に病気を起こすんですか?とという確認なんですよ
現実的には今の段階ではウィルスは分離されていない
しかも感染実験もされていない そういう状況なんですよ

やはり本当にそういう強い病害性があるのかということも分からない
わけですよ

それは武漢のああいう映像をみたり
或いは死亡者数が外国で出ていますよね?ああいう数字をみて
怖い怖いと言っているにすぎないんですよ
実際に私たちの身近な例でね そんなに強い病害性がある
具体的には急激な肺炎症状ですよね
これが日本で何例ありますか?ということなんですよ
元々風邪とかインフルエンザで重症化し肺炎で亡くなる人が十万人近くいるわけですよ

十万人くらい死亡者がいるわけなんですよO: それプラス癌で治療中にです

肺がん、まあ色々な癌で肺炎になる人がたくさんいると
恐らく合わせて20万人くらいは日本で肺炎の結果亡くなる人がいると
そういう状況を考えるとですね、まあ今まで日本でコロナで何人亡くなったかというと
正確には私はちょっと記憶にないけど、 500人くらい?
ということはですね
肺炎で年間20万人なくなるとしたとら毎月2万人くらい亡くなっているわけなんですよ

 そうすると、ほとんど誤差の範囲なんですよ

 コロナの死者というのは今の日本でいうと例年のインフルエンザとか肺炎で亡くなる人の誤差の範囲でしかないんですよね

まあ後は海外の事例ですけれどね

 イタリアとね ヨーロッパ諸国とアメリカの例ですよね
外国の例でいくとちょっと日本と感覚が違いますよね
いろんな、その社会のシステムが違うので死亡する時にどういう風な判定をするかですけどね
いろんなその、コロナで亡くなったというと、いろんなその補助が得られるとか そういう金銭

 

ヨーロッパもそうですよね イタリアなんかそういわれていますよね
そうすると、死ぬ前でもなんでもいいですよ コロナの検査をしたら陽性にでると、そうしたら、お金が出るするとですよ、皆さん検査をして、コロナで亡くなったという風に報告をする動機が生まれちゃうんですよね

 

まあ、表面的には、そこまでね やりにくいというか
これからはちょっと分かりませんけれどね 
だんだんコロナのそういう医療が大きくなってくると
まあ必然的にそこで亡くなる人が多くなっちゃうんですよね

H: そうそう政府も補助を出すというようなことを言っていました

 補正予算で何十兆円枠を組んでいるので
必然的にコロナの医療がこれから大きくなると
そうすると、そこで亡くなる人が増えて
必然的にコロナの死者が増えると
実際コロナで亡くなったかどうかは別にして
コロナの隔離病棟でなくなったらコロナで亡くなったってなっちゃうんですよね

そのPCR検査が非常に問題でね
PCR検査で何をみているのでしょうか?
PCR検査でみているのは今武漢の患者さんからとらえた
そのゲノムだって言っているんですけれども
武漢の患者さんていっているのは
肺炎の患者さんなんですよね
肺炎の患者さんの肺を洗い流した液体をサンプルとして
そこにあるDNAをランダムにシークエンスするという
方法なんです

 シークエンスするというのは配列を決める機械で
機械に放り込めばでてくるんですけれどもね
今は非常にそういうシークエンスの技術が発達したといえば
そうなんですけれどもね
今まででしたらクローンニングという過程を経るので
結構手間がかかってなかなかその時間がかかる作業だったんですよ
今は機械がそのシークエンスをざーっと出してくるんですよ

 

 塩基配列を短い長さなんだけれども沢山の配列をいっぺんに読み取るんですよ
そういう意味でゲノムの配列を決めるっていうかな?
ひとつの生物の全体の遺伝子を決めるのがずいぶん楽になった
ですけどね
今回のケースは肺炎の患者さんの肺の洗った液ですからもそこにはいろんなウィルスとか
或いはその患者さんの体の細胞の遺伝子とか
まあウィルスだけでなくて、細菌もいるだろうし、細菌の死骸もあるだろうし原虫という原生動物の仲間とかカビの仲間とか多分いろいろいますよ
そういうもののサンプルから遺伝子を決めていますから
もうこれは何を遺伝子を決めているかは?
一応新型コロナとして遺伝子をつないだ形で報告しているんですが
果たして本当にうまくつながっているのかどうかも分からない

バラバラのが出てきてね それを機械 コンピューター上で一応アライメントをかけるっていう作業で一応でるはずなんですよね
アライメントつながらない部分があるだろうし
アライメントかけた時にアライメントの中に一致しないのが出てきたりしてどういう風に最終的につないでいくか、
最終的には手で作業することになるんですが

 

断片が一致するところを並べてくるんです

ええジグソーパズルみたいなものです
そういうものでやるときに、最初のサンプルがきれいなDNAであれば
比較的うまくいくでしょう
それでもうまくいく全部うまくいくとは限らないでしょう。
かなりエラーがでると思うんですね
今回のサンプルは本当に汚いサンプルでやっているので
どんな配列が同位でつながるか?どんなものが出ているかわからない状態だと思いますよ
それをまあ何とかつないだとなっているんですが
これが本当に信用できますか?ということなんですね
でーこの彼らの遺伝子をWHOがCovid19と名前をつけて、もう教科書みたいにしちゃったんですよ
これが世界のスタンダードになっちゃったんですよ

 遺伝子配列  中国のグループが決めた遺伝子配列がです
これ誰も検証していないんですよ実は

検証しないんです。このデーターベースというのは
いわゆる善意というか 
報告する人が
嘘をつかないということを前提としているわけですね
このデーターベースができた当初はですね
遺伝子の情報を これから特許とか何か新しいたんぱく質を
その遺伝子情報に基づいて作って、それを薬にするとか
まあそういう意味では遺伝子を一つの資産とする
だから、ここに嘘の情報を入れておいても、その後使えないということになるので、ここには普通は
それぞれの研究者がベストを尽くして
まあできるだけ正しい配列を入れるはずであるという
趣旨で作られているので。


このデーターベースに登録するのは一定の要件を満たせば
誰でも登録できる

誰でも登録できるんです

審査もありません

うんでっちあげることも可能です ただ今までは
それをでっちあげたところで
まあデーターベースに載せましたという、そういう業績にはなるかもしれませんけど
通常ではデーターベースに載せただけでは、まあその研究業績としては認められないので
データベースにペアとなったね 科学論文を出すというのが、まあ普通でしたよね

そういう趣旨でデーターベースが作られているので
まあここに嘘の情報をだすということは普通はなかったんですね

 

遺伝子情報に基づいてたんぱく質を役立てるということですから
うその情報を載せて嘘のたんぱく質を作ったところで
意味ないんですよね ふつうは意味ない
だけど今回のケースでよくわかったんですけれどね
ここに嘘の情報を載せれば、病気が作れる

つくることができると
断定はしませんよ
ただそういうことが可能であると なぜかといいますと
私たちの体には まだきちっとわからないたんぱく質がいっぱいあるんです
まあ遺伝子がいっぱいあると言ったらいいかな
どういう遺伝子ですかっていうとね
主には遺伝子の種類でいうと
常在性のウィルスとか細菌とかね
まあ常在するっていうのは

 

私たちの体の特に粘膜系、口からそれから喉を通って、胃はあんまりいない
けども

段々増えていくるんですね
小腸の下のほうになっていくと増えて大腸にいくと急にふえます
そこには沢山の細菌がいます まあウィルスもいると そういうあの

 

まあそういうほとんどの細菌は
実は培養もできないし、機能もよくわかっていないんですよ
今までは そこまで誰もそんなに研究しなかったっていうことなんですね
ウィルスになると、その もっと手間もかかるので
分離もできない、されていない
そんなものがごまんとあるというわけですよ

 

風邪はね、風邪というのは総称なんですよ 色々な、そんなウィルス等々で風邪のような症状っていうことで
特定されていないから風邪っていっているんで
その中で特にインフルエンザは病原体ウィルスが特定されているので
インフルエンザと固有名詞がついていて

遺伝子はもうはっきりしていて、二つの型があるというか
そういう型がはっきりしていてね だからワクチンもできていると
まあ有効かどうかは別にしてね

だけど他の風邪はいろんな そのウィルスが
まあ、我々の粘膜系に侵入してね。粘膜系のその細胞が壊されて発熱すると
そういう形で、そういう症状が、風邪の発熱とか鼻水とか咳とか、そういうことが起こると 病原体は色々なものがあるという
同じようなウィルスでも、今回のコロナウィルスのようなものも
風邪を起こすものから、何もしないものから
沢山ありますよ
そのほとんどは今まで研究もされてこなかったし
注目もされてこなかった
そんな遺伝子を持ったウィルスが我々の体には沢山ある
これをですね
遺伝子を決めることは今ショットガンという新しい方法でいくと
簡単に決められるとされているんですけれど
遺伝子情報は簡単にとれるようになったんですよね

こんなの今まで何の役にも立たなかったんですよ
機能がわからないというか
そんな病原性のないウィルスの遺伝子を決めたところで
医学的には、なんの意味もないことだった

今まではひどい病気を起こすやつだけをウィルス分離して
研究するという意味でウィルスの中のごく一部だけ注目していたと
そういうことです
それが本当の病気の原因なのかどうか
確認しないといけないですよね

SARSとかMARSとかねそういう強い病原性を持っているということで研究する価値があったわけですよね
弱いものですとか日常の風邪とかでしたら、ウィルスを分離して研究する たいしたことがない
まあ、それを発見したということで、大した研究業績として認められないわけですよね
注目されなかったんですよ
ところが今回のような騒動を振り返ってみますとね
こういう普段注目もされないような遺伝子の配列が新型ウィルスの遺伝子に紛れ込んでいるとするとですとね
その人がPCR検査で陽性になるということが起こるわけですよ

 

どこにでもいるわけですからね

肺炎になったら肺で特に増えたということがあるかもしれないんですけれど
今回は特に肺で増えたかどうかもまあ肺にいたことは確かでしょう
それが肺炎の原因であったかどうかもわからないんです
何もわからない状態なんですけれどね
そういう普段は病気を起こさないようなコロナウィルスの遺伝子もあるだろうし他の遺伝子でもなんでもいいですよ
我々の体の中にはそういう機能のよくわからない
病原性のない、我々と共存しているウィルスを中心とした遺伝子がたくさんあるわけですよ
そういうものが武漢の肺炎の患者さんからのサンプルに紛れ込んでいたら
つなぐところで、何もしないウィルスの遺伝子が混じってしまっているとしたらね
まあ故意にまぜることも或いはできるんですよね
普段病気のない人の咽頭とか 鼻の粘膜からとってきてね
そこの遺伝子を決めてしまえば、情報が得られるわけですよね
その情報のAGTCのあるなんかの配列を今回の配列にちょっと紛れ込ませれば、人工的に作ることもできちゃうわけです
まあ、やりかたによってですよね
やっているとはいいませんけれど
今まで注目されていなかった遺伝子の配列を、事故で紛れ込んだか、
故意に入れたか別にして
紛れ込んでいれば、いろんな人が そのPCR陽性になりうる
特に風邪とかインフルエンザとか
癌治療とか
自己免疫でステロイド治療している人とか
えーお年寄りとか
亡くなりかけている人とか
まあ肺炎になっている人とかね
肺炎になっている人というのは免疫が落ちているひとなんですよ
そういう人には まあそういう普段何でもないウィルスが増えていると
そういう人はPCR陽性になると
こういう仕組みは作り出すことは可能なんですよね
だから、まあそういう悪い人がそういう
世界の人が全員善意の塊であればなんの問題もないんだけれど
もし、こういうことでですね
例えば単純な動機でいえば、お金儲けをしようという
企んでいる人がいてね
ワクチンを作って儲けようとしている人がいたとしますよ

 

断定はしませんが
そういう人が遺伝子情報にそういうのを紛れ込ませて、やりましょうと言えばですよ
これは世界の沢山の人がそういう病気と診断されちゃうんですよ
そこにワクチンが必要だとなれば、ぼろ儲けができるわけですよ
可能性の話ですよ
そういう意味では今まで何の注目もされなかった遺伝子情報がここにきて
ものすごいお金儲けの材料に使われているのではないか?と

そういう可能性を考えないと
このコロナ騒動は真相をつかめないんではないか?と
してるわけですよ
だって今まで調べたこともないわけだから
あの誰もわからないでしょう?

チェックのしようがないんですよ

チェックのしようがないから
遺伝子情報を登録する人の善意に任すしかないと
だって普通にGATCの配列がそれなりに
並んでいれば、これが嘘であるかどうか誰もわからないわけなんですよ
嘘かどうか、調べるだけでも大変だし

そこまで持っていくのが、ものすごく大変なんですね

感染実験っていいますけれどね 感染実験をするまでにウィルスを体の外で増やさないといけないんですね その時に培養細胞 細胞株っていうのを使うんですけれど
細胞株もすべてのウィルスにアダプトするわけではなくて
それぞれのウィルスにアダプトできる
細胞株があるかどうか?なんですよね
今細胞株というのは作られていますけれどね
細胞株も非常に癖があるというか
あの普通の細胞は簡単に培養できないんですよ
我々の体の細胞をとってきても
シャーレの中で培養ができるということは、まずないんですよ

しばらくすると死んでしまいます
これを永続的に増やすというのは特別な技術がいる
少なくとも、普通のやり方では無理ですね
どういう仕組みがあるかというのはよくわからないんですけれどね
噂によれば、ウィルスをかけているだろうってことですよね

既にウィルスをかけたものを細胞株として、これをアメリカの
ATCCというところから売っているんですけれどね
或いは放射線をかけたり色々な処置をしていると思いますね
染色体が欠損していたり、まともな細胞ではないんですよね
そういう細胞株が限られているので、培養はできるウィルスも限られているんですよね ある意味ではね
特に常在性ウィルス、弱いウィルスは細胞株でできない可能性が
高いと思いますね

検証するのは難しいんですよ
冷静に考えたら、こんなコロナ騒動を起こす前と後で何が違うんでしょうか?と
皆がマスクしたり、自粛したり、変な社会になっちゃったけれども

 

病気の方はなんにも変わっていないんですよ
要するに新型コロナで騒いでいるのはただPCRで陽性だったとか
或いは風邪だったとか 中には肺炎だった人もいるでしょう
統計的にみると日本の例で考えたら
例年と何も変わらないんですよ

 

海外の事例でも、まあそういう意味での病気の
つけかえが行われている事例が沢山あって
まあ、本当に新しい病気が流行っているかどうかは疑わしいんですよね
まあ症状を基本に考えるのが一番で
それだと我々目に見えるでしょう?
誰でも考えられるんですよ 風邪がうつったとか
まあ普段なにも気にせずにそう言って
うつったららうつったで、別に気にもしていないでしょう?
それは例年もそうだったし今年も同じなんですよ
今年は何が違うかっていうとコロナっていう
変なニュースが流れてきたんで皆が恐れてしまったというだけで

そうそう、その死んだっていうそのニュースは本当でしょうか?という
ことを疑ったほうがいいということですね

それを私たちは、もうちょっと身近な例でね
本当にコロナって怖いんですか?ってことなんですよ
このコロナ騒動の一番の問題点は診断をPCRという方法で
やるようになったっていうことなんですよ
今まで風邪をPCRでやったっていうことはないでしょう?

彼のそのPCRは感染症の診断に使えないという一番の感染症はAIDSなんですよね

 

AIDSも当初は抗体でみつかったとかいうことで免疫不全の人がいるってことで
抗体を調べることによってウィルスがいるって話になっちゃった

はい、それでウィルスを分離したとかいう その
色んなウィルス発見の競争の時代に入りました

ランスのモンタニエとアメリカのギャロがそのウィルスの発見争いをしたわけですね
ギャロがウィルスを分離したというサンプルが、それはフランスのモンタニエが送ったサンプルだということで フランスとアメリカの争いになって
最終的には大統領同士が話し合うというようなことが起こったんですよね

 

結局それでも決着はつかずにノーベル医学生理学賞はフランスのモンタニエに授与されて
なんとなく皆さんは、それでモンタニエの勝利という形で
ではウィルスはもう特定されたんだと思っていたんですよね
ところが彼の分離したウィルスは感染実験がうまくいかないということになって

結局は今まだそのAIDSに関しても本当の病原体はあるんでしょうか?というレベルなんですよね

何かあるのかもしれないんですけれども
実は感染症ではないんじゃないか?という話がまた出てきたんですよね

 

AIDSに関してもね 今のコロナと同じような感じなんですよ
遺伝子でこんど病気を診断するようになったんですよ
遺伝子で診断するようになって、そのPCRが使われるようになると
それに  モンタニエ  がからんでくるんですよね
ああ、モンタニエではなくて、そのこのPCRを発明した彼が関係してきて
この例えばそのAIDSのウィルスは変異がしやすいんですよね
そういう性質を利用すれば 新しい例えばAIDSの遺伝子がみつかったという中に例えば人が普通に持っている 例えば今回はウィルスかどうかわからないんですけれどね


AIDSの場合はリンパ球に感染するんでね リンパ球が持っているような遺伝子こんなところにもよくわかっていない遺伝子が沢山あるわけでね
まあそういう今までよくわからない遺伝子をつないでしまえば 例えばですよ加工の上でつないでしまえば 陽性者が沢山でる病原体を架空でつくれるわけですよ
可能性としてはね
そうするとそれをPCRで検査すれば 病人がいっぱい出てくるんですよ

これをアフリカなんかで使うとしますとね
集団検診をやったとしますよね

そうするとそこにAIDSの薬の治療が必要だということで
国際協力のような形で薬が使われると

 

その薬をつくっているメーカーが大儲けできると
いう風な仕組みができると、そういう風なことになるわけです

それはわかりません それはわからないんですが多分そういうPCRの発明者の彼はそういう事態を憂慮したと病気は遺伝子の改編でつくれると、これはPCRがなければできない話なんですよね


PCRというのはそういう形で遺伝子を創造してつくれば病人を大量に生み出せるとその治療薬と称する薬を作っているメーカーが儲かる 


そういうセットで考えれば
PCRをつかうことによって病気を大量につくりだすシステムになってしまったとということで彼は怒ったんだと思うんですね

そういうものを彼が今Youtubeに残していますよね (見つかっていない)
その詳細は彼は語っていないんですけれども 恐らく病気の新たな創造みたいなことにわれたということに怒っているんだと思うんですよねこれは単なる想像にはすぎないんだけれども普段は注目しない、よくわからない遺伝子を使って病人を作り出すシステムというのはAIDSにあるんじゃないか?
という気はします

根源がね

そういうことで大儲けした会社がいて今度はもっと儲けてやろうというかね
アフリカでそういうAIDSの患者さんが多数出たというのはね
アフリカのそういう医療協力というかねそういうものと結びついているということもあるでしょうしね
まあ、ジェノサイトという人もいるしね 36:10
まあアフリカの人たちがずっとね色々な意味で支配されてきたと
その延長線上で薬屋さんの儲けのためにまた利用されたと
というようなことを
アフリカの人達は考えている人もいるわけですよね

まあそういう意味では、こういう遺伝子を高感度に増幅して病気だと言ってしまう
システムは非常にあぶないということじゃないかと
まあ彼はそのね亡くなってしまったけれどね
そういうことを私たちは教訓として本当は学ばないといけない

だけど、遺伝子を人工的に作るんではなくてですよ、紙の上でつなぎ合わせれば病人を作れる
というシステムこれはすごくある意味簡単でしょうってわけですね

今回の新型コロナウィルス騒動も人工ウィルスで作ったんじゃないか?という人もいるけどね

まあウィルスをつくるっていうのは簡単なようで結構大変でね

しかも人工的に作れば人工の跡が必ず残るんですよ

それはね技術的にやっぱりそこのりこえられないところがあって
まあ、ウィルスベクターを使わないと無理だと思うんでね

普通は強い病原性がある程度の人が亡くなるとそれ以上広まらないんです
その人は隔離されてね
ええ、まあ広まらないんですよ
幾ら頭の上でデザインしても、そんなにうまくいくもんじゃないんですよ
だって実際にはやってみないと分からないんですよ
どの程度の病害性とどの程度の伝搬性とがね、それはいくら考えても
やっぱり、うまくいかない
今回のように世界中に広まって沢山の人が亡くなると、そういうウィルスを作るということはね事実上無理でしょう
そうじゃなくて、紙の上でデザインして、この検査法で広まったっていってね
やった方がよっぽど簡単ですよ。これはほとんどお金がかからないんですよ
実はね
そう考えたらね 今回の騒動はただ紙の上で遺伝子デザインして
PCRで病人が出た出たと騒いでいるに過ぎないんだろうと私は思うんです

そうしたらば皆さんマスクして自粛して自宅に籠って

なんか新しい生活とか言って

これずっと私たちが持っているウィルスを検出していたら 永遠に続きますよ

ウィルスばらまいて、人工ウィルスばら撒いてやって、2,3年で収束しちゃうんですよ。

またウィルスばら撒かなきゃいけないし、今度は違うタイプをばら撒かなきゃいけないし


大変ですよ そんなことまずできないですよね
だとするならば机の上でね こんなのデザインするのは、本当は1時間もあればできる作業ですよね
ある意味その遺伝子、今普段使っていない あんまり有名でない 常在ウィルスの遺伝子情報があれば机の上で1時間でデザインできますよね


それがこう論文ていう形で発表されて、例えばWHOのお墨付きが今回のように得られたらですね。世界中にスタンダードとして
PCRでみろといったら、世界中の人が潜在的に持っていたら、この騒動が一瞬のうちに作れちゃうとなんの手間もかからないというレベルの話でしょう?っていう話ですね


あとはマスコミを扇動していわゆるそのこの病気の対策に当たる各国の人たちを何とかすればですね
この騒動が世界中に広まって、これが定着しちゃうと、こういうことでしょう?
まあ、可能性ですよ あくまでも可能性ですけれども
病原体を人工的にどうのこうのというのは持続性がないししょっちゅうばら撒く人が必要だし
飛行機で撒いたりすればばれちゃうんでしょ

 

そんなことよりも単なる机の上で1時間でできる作業でできるんだったらね

簡単だしね。このトリックにはなかなか誰も気づかないんですよ
気づきにくいシステムになっちゃっているんですよね 今はね

遺伝子はありますよ
遺伝子はあってもそれを調べていくのは至難の技ですよ 今となってはね
で、それを調べて、例えば、それは今おかしいんじゃないかと言ってしまうとね
まあ、そいいう意味ではその、それを発表したところで
まあ色々抑圧されるでしょう そんなこと言ったってね
だから、そんなことも言えないんじゃないですかね?

今言えないと思いますよ
それで今は皆さん新型コロナがあるという前提で、みなさん研究も始めて、  医療も始めて 
しまっているわけでしょう?これがないとか言い出したら、もう大変なことになっちゃう
んですよ そこに沢山の利権がからんでいる
すでにお金がばら撒かれているわけですから どうしようもないですよ

世界で何兆円どころじゃないですよ
そうなってしまうと、その利権を得ている人たちが、それがないとかなると
困るし、そんなことにはならないでしょう まずね
そういう問題があるんですよね
こういう対策をすればするほど病人が増えるし死者も増えるでしょう?
それで、またワクチンということがでてきますよね?
これはどうしようもなく広がっていくというわけですよね
だから、そういうことをPCRを発見した彼は憂慮したんだと思いますね
そうするとPCRの発見者がそういう警告を発すると
こんな騒動にはできなかったと思うんです

彼がどうして亡くなったか?ということは今分からないんだけれども
彼の死を待ったかのように
待ってから始まったという風になる

本当の秘密は彼は知っていたと
それはAIDSの例で知っていたんでしょう

そうそう普通そう思っていますよね
で、AIDSは本当は普通の感染症として恐ろし病気でね
というイメージですよ

あれなんかも 結局はそういう誰が検査を受けに来るかとかね、そういうレベルで
あの色々あのえー診断がつくわけですよね
全員に検査するわけではないからね
だから検査して、まあ検査の対象になる人が一定の割合で病人が出ると 4
こんな話じゃないかと思うんですよね
だから、まあ似ているですよ 今回の新型コロナと
何が違うかというと 今回は気道感染するという話になっているから
ソーシャルディスタンスをとりなさいと
こういう形でね
全世界の人が対象になったんですよ
AIDSの場合はそういう意味での

限定された人が対象になったということで
それと関係ないという人は検査も受けにいかないんですよね
今回は一人感染者がでると周りの人も全員調べようとかね
学校で一人が出たら全員を調べようとかね
そんなになってくるとね
もう正常な社会の機能ができなくなっちゃうんですよね
そういう意味でAIDSのもうちょっと真相を解明していくと
より分かりやすいのかもしれないんですよね
46:00あたり


感染研のデータはね
例えば今回は新型コロナウィルスを
ウィルスの病原体を患者さんからとりますよね

 

それで、それを培養細胞で培養して
それをウィルスを分けとって
ひとつのウィルスから増殖したような形にする
クローン化っていうんですけどね

クローンを作ったっていうことで
そっから遺伝子を決めたっていうことを
まあ、感染研が

日本の国立感染研究所です
東京の新宿にありますよね
そこが決めたということで
それをデーターベースにアメリカのジーンバンクのデーターベースに
載せたんですよ
そのデーターベースに載せたんだけれども削除されている
彼ら自身で削除している?

間違ったちゃっている。。。
例えばエラーっていうはよくある話でね
とりあえずデータベース登録して、よく調べてみたら
エラーがあったら後でデータ訂正するんですが
彼らの場合は丸ごと取り下げているんですよね

エラーじゃないんですよね。丸ごと取り下げるというのは
まあ普通に考えたらですよ あのスタップ細胞と同じなんですよ
あのケースも間違いだったら間違っていって言ってね
論文に間違い訂正するんだけれど
論文自体がなかったことにしてくれっていうわけですからね

スタップ細胞そうでしたよね?


このデーターベースというのは今回の場合
論文と同じ価値がある 論文とセットで
まあ要するに自分が最初に決めたという情報になるので
とても大事なんですよ

 

武漢の場合は
その肺炎の現場にいたと
いたというだけで病原性があるかどうかなんも
チェックできない状態で遺伝子を決めたというわけでしょう?
感染研の場合は このウィルスを完全にきれいな形にして
そっから遺伝子を決めたと
そうしたらば、そのウィルスの感染性をですね
病害性も調べられるし
遺伝子も確実にわかると

で彼らは99.9%ほとんど同じ遺伝子を彼らの分離したウィルスから
見つけたと、いうことでデーターベースに登録したんですよ

そのデーターを自分たちで削除したんですよ

そうすると、これは一体なんだろうか?と
普通には理解できないお話でしょうっていうことです
スタップ細胞の事件を同じじゃないかというくらいにしか
思い当たらないんですよ
他の理由は考えられないんです

まあ検証は非常に手間もかかるしね
あのまだまだその検証したという人も
そこも調べないといけないんですよ

現時点では、まだまだ検証は済んでいないと思いますよ
あのちょっ、そういうとニュースだけが先走りしちゃうと
まあそういう意味では、そこの分は振り出しに戻ったということでは
ないですか?
まあクローン化は

まあそういう可能性もあるんですけれどね
まったくわかりません、それ以上は想像するしかないんでね

まあ非常に不可解ですよね
だから、新型コロナウィルスの存在自体を
その件からもおかしい 

だからまあ恐らく新型コロナウィルスの遺伝子は
やっぱりフェイクだろうという風に考えざるを得ないんですよ 51:36
もし感染研が99.9%の遺伝子を同じものを見つけたとしたら
どうしても下げないと思いますよね

その99.9%を見つけたということ自体が
まあはっきり言って嘘をついていたということになっちゃうんですよね

それはそうだったとしても、遺伝子情報は大事なので
残すはずなんです
よくよく調べてみれば病原性は大したことがなかったっていうので
あれば それはそれでいいんですよ
 

だけど遺伝子情報を取り下げる理由はそこからは出てこないんですよね

だから遺伝子情報を取り下げざるを得なかったということなんですよ
なぜ取り下げざるを得なかったかというとまあ海外から批判されたと
こういうことしか
日本ではまったくマスコミに取り上げられていないですが
海外でそれは本当か?ということになったと
ということだと思うんですよ
この遺伝子情報の関連する論文っていうのを彼らは作っている
と思うんですよね それを出すときに
これは本当か?

 
まあ非常に重要な情報になるんで
証拠をだしてくれと色々言われるんですよね

感染研ていうのは昔の国立予防衛生研究所からなったわけですが
予防衛生研究所は、もともと731部隊の

731部隊の 生物兵器を作った

731部隊の  ずっと歴代所長を
その  731部隊の メンバーが務めていましたしもともと今の新宿のあの跡地に建てる時にあの人骨が出てきてね

そうそう大久保の近くに
頭蓋骨の 穴の空いた頭蓋骨が沢山出てきて
これが731部隊の時の人体実験の後じゃないかと
話題になりましたよね

元々あそこの敷地は陸軍の施設があった土地ですよね

浄化するシステムを大々的に作って
それでその間にこう大きな隙間をあけておいたって
それは共産党の何かが追及していましたね
分かってきて
それと同じことが森友学園の所の敷地のところからも
結局731部隊のあれが いっぱい埋められているって
分かって
で、それの土砂を なんていうかな 入れ替えるっていうことを前提に
土地を安くしたんだけれども
結局はそれはやらなかったということで
問題になっていたんだけれども
それがいつも間にか。単なるお金のやりとり
籠池さんと安倍の昭恵のなんか問題にすり替えられたと言って
ましたね
だから本質的な問題が全然議論されずに


森友学園もそうだし 豊洲の移転問題も
そういう731部隊の土を埋め立てた所っていう
それが議論されていなかったってのは
分かっていますね

こういう形で、まあ731部隊の人たちが今のね
全国の医学部の主要なポストていうかね、製薬会社もそうですよね
そういう形でね


今回の新型コロナもそういう…
まあ、単純には利権がらみで考えると
分かりやすいんじゃないかなと

だから色んな会社が競い合ってワクチン開発していると
この現状をみてもね

WHOの予算の7割が、そういうワクチンメーカーというか
医療業界からの献金だったと。それが示されていました

 

コンピューターウィルスがそうですけれどね
そういった ウィルスをばら撒くっていうのもね
今回は私はフェイクウィルスだってね
机の上のウィルスと これをPCRを使って検出するという
システムでは非常に安上がりのウィルス工作ですよね
それではワクチンでぼろ儲けできるという
まあ
頭がいいと言えば頭がいいんですが これね

まあね ビルゲイツとかが考えているから


もし考える人がいればですよ
ほとんど手間をかけずに、情報操作と
お金をばら撒いてね 結局元をとれるという意味ではね
まあ、世界でいろんな会社がワクチンを作っているのは
わかりますよね
利権にあずかろうってちゅうかね
病原体がはっきりしないのにワクチンっていうのは
普通つくらないですよ
普通の感染症で 例えばインフルエンザでもね
なかなか型を当てるの難しいのでね

ARSでもMARSでも一年二年で収束して
SARSでもMARSも ワクチンつくっても儲からないというのが
分かっていますからね作らないですよ 


それと言っていたのは
SARSとかMARSとか ああいったものは戦後
集中できたものだから、AIDSにしろ
だからそれも不思議ですよねって 歴史学者が言っていました
だから暗に人工的に作ったもので、そういう人工的に作ったもの
ってすぐになくなっちゃう って言っていました

そういう面もあるのかもしれないんですね
SARSとかMARSはある程度クローン化というかね
病原体がつかまっているので 人工のものというか
変異させたものかもしれませんけれどね それは分かりません
まあ 遺伝子まで人工的にいじったかどうかは分からないです
それにしたって、そんなに長続きしないということからすると
ワクチンを作ったところでペイしないという訳ですよね
今回の場合は病原体も捕まらない内からですよ
ワクチンをこぞって開発していると
しかも、DNAワクチンとかmRNAワクチンとかね
今まで使ったこともないやつ
まあ、ベクターとなるものの性情もよくわからないしね
DNAワクチンなんて要するに組み換え体ですよね
遺伝子組み換えなんですよ
スーパーなんかで組み換えDNAのなんかそういう、組み換え食品なんか皆さん嫌がるからね

組み換えでないというラベルを選んで買うでしょう?
組み換え体ですって まあ そういう表示ないですけれどね
してあれば

まあ日本でも沢山入っているのは、入っているけれども
普通はそんな組み換え体というのは嫌がりますよね

食べ物の場合は口から入ってね
胃から腸へ ある意味体の外なんです

だけどワクチンの場合は針でプスッと中に入れちゃうんでね
組み換え体が何をするか、これ分かんないんですよ これ
誰も調べてないんで

これがいつまで残るとか
どういう代謝経路を通るか
恐らく
プラスミドみたいなもので入れるとしますね
DNAワクチンの場合ね
これは その貪食されるというか (モノクロイボ)食われて
それがどうなるかということですよね
最終的に待期量?がわからないので


どれくらい長生きするか
何が起こるかっていうのがわからないですよ
例えばこの組み換え体なんていうのを大学なんかで
研究する場合はね
組み換え実験する施設、まあ部屋で管理しないといけないと
これを外に出すっていうのはできないことになっていて

まあ一番下のレベルでもね
組み換え体は外に出してはいけないと
しかるべき措置をすると
いうことになっているんですね
ところがワクチンになるとこの規制をはずれるんですよ

組み換え体を
そうでないとワクチンに使えないんでね
人間の体に入れるものは規制しなくって
体に入れない、その安全と思われるところでは規制がされているという
変な話なんですよね


だから、こういうものを
普通は こういうDNAワクチンをやりましょうと言ったら
皆嫌がります

ところがですね、今回は非常事態みたいなことになって

そうしていないと、なんかこう、就職とか海外に行くのにも
まあワクチンパスポートじゃないけれど、みたいな
そういう証明書みたいなものが必要だとか言いだしている所もありますしね
ドイツも まあ義務化っていうことでやろうとして
まあそれは辛うじてやめるにはなりましたけれどね

こういう普段使えないようなものをやろうと
これはある意味人体実験
普段の人体実験は非常に制約がある
こんなのはボランティアでもやれないですよ
DNAワクチンの試験しますからって言って
例えばそういう治験みたいな形でね
お金出しても なかなかやりたがらない


こういう非常事態 戦争みたいな状態では
已むを得ないということになって

だからそういう場を演出する
人体実験をやろうっていうのは普段はできない
普段は例えばチンパンジーを使うにしろね
チンパンジーにしろ、今は難しいですよね

個体も手に入らないし、まず倫理的な問題で
動物の倫理っていうのもあるし 愛護の問題があってね

そういう猿の類でも本当に難しくなりましたよね

 

今は
そういう形では
非常事態では何でもできちゃうと
こんな変な理屈ないでしょうっていう感じでね


何が変わりましたかっていっても
何も変わっていないんですよ 実はね
何が変わったかっていうと皆が洗脳されちゃったという
それだけなんですよ

 

 だからこういう大量の人体実験先ほどの731部隊の話があったけれどね
正にその731部隊と同じようなことが今度また
全国民を対象に 世界的にやるということになっちゃった

これはその権威を利用しているという所もあるんだけれど
まあそのWHOとコラボしている人も結構いる

今こういう問題をどうしたら どっかで止めることができるのかと
こういう問題だと思うんですよね
で、やっぱり、住民の力というか国民の力
知恵を出し合うというかね


そこをやっぱり私たちがやっていかないと
待っていても ますます状況は悪くなるでしょうと
今度また第三波が来るとなると

 第三波を演出しています

第三波は実はもうPCR増えているので必然的に増えますよ
別にウィルスが来るんじゃなくて
検査で増えると
風邪とかインフルとかが流行ると その人たちが、まず検査対象になって
陽性になると
その周りの人が調べられると
またそこから出てくると この連鎖で
今回第三波が来たら格段に
患者数が増えますよ

当然ケアするあれが増えますからね

社会的影響は遥かに大きくなって
こんな大変なことなら、じゃあワクチンという話に
誘導するために といったら、あれだけれども
第一波とは比べ物にならないくらいのレベルで
起こるんじゃないかという予測ですよね

ただ半減期っていうのを
言っていて、結局25度以上で湿度が50%とか何か40%
くらいになったらほとんど、8時間くらいで半減期
で、ニュースは死滅するということはおっしゃっていましたがね

その話は今日だったかな 私のYoutubeであげましたがね
その話は例えばウィルスをクローン化しないままやっているので どのウィルスが
細胞毒性をウィルス活性を示しているか 分からないんですよ

 

だから何をみているか分からないということで
そういう話が出てくると、やっぱりウィルスはいるんだということに
なるんだけれど、それも
あんまり意味のない論文でね
何を見ているか分からないから、まあ気にしなくていいでしょうということなんですよ


例えばPCRでみるとするとね
一万個に一個のくらいPCRで陽性のものがあるとすれば出ますよ
一万個に一個のものが何の意味があるかどうかというと

 

病原性も分かっていないですしね
あんまり意味がないんですよ
PCRというのはすごくトリックをつかえるんですよね
PCRで陽性が来たから、一体何だと本当はそうなんだけれども
皆これが病気だと思っちゃうんですよね

 

そういう意味では 何と言ったらいいんだろう 指数関数的に出る機械でしょう?
普通の検査機械ではリニアなんですよ だから私たちの感覚に合う
例えば血圧だったら リニアで 140とか100とかね
分かりやすいんですよ
対数で言われるとね 分かんないでしょう?
対数も PCRってのは40サイクル回すんで、2の40乗ですよ

これが数字でいえば12桁の数字になるんですよね
これがそういう意味では億の単位ですよ
本当は何億倍で増えるはずなんですけれど、
実際では100万倍で増えると言われているんだけれど
100万倍にした世界を私たちは想像できますか?
いうわけですよね


私たちの例えば皮膚を見たときに 50倍で拡大したら 全然別世界でね
手の表面もクレーターみたいに凸凹していてね ゴミがいっぱいついているとか
そういう世界でしょう?
まあ大腸菌とか検査したら 手に一杯ついていてね
大腸菌を拡大して考えたら 一メートル二メートルの大きさになるわけです
これを気にしだすとね 掌にどれくらい病原体がいるとか気にしだしたら
もう生きていられないでしょう?

気にしないから生きていられるんですよ
それで何もないんですよ
もともと気にしなくていいものをPCRで拡大して気にし始めたと
それで、マスクとかフェースガードとか訳の分からん格好をしだしたと

 

こういう言い方をすると、ちょっとあれかもしれないけれどね
精神的に病んだ人がね妄想、幻想
あることないこと
幻聴というかね
これもまた似たようなものでね
ある所にフォーカスすると
見えないものが見えてきて、これが自分を襲ってくるとかね
なんかそういう風に感じるというのと似ているかもしれないですよね

 

まあ冷静に考えて
この世界おかしくなっちゃっている
まだ精神病院の中にいる人の方がまともだと
いう風に思いますよ
彼らは意外とまともなんですよ
冷静にものを見ていて

ある意味物事の見方がするどいというかね
私たちが見ないところをみちゃうんですよ
気づかない
結構センシティブでね

まあ精神病院の人と今外の人が逆転しちゃったような感じで
無いものを あると 怖い怖いと言い出してね
だからそういう意味ではね この新型コロナの問題は
メンタルの問題
皆が頭冒されちゃった 頭が冒されちゃった
主な原因はテレビですよ

 

今は冷静になりたいんだけれど、なれない環境を作られています
スーパーに行ってもマスクしろとか

マスクしないと入れないとかね

カーテン張ってあってあったり
フェースガードしてあったりしてあるとね


やっぱり冷静になれないんですよ これが一つのトリックです
何の問題もはずで、全部外せばいいんですけれど

まあ、その冷静になれた人から順々に

目覚めるというか

真実をみていく、それしかないんじゃないかと
まあ今の季節が一番いいんですよ


怖い怖いっていって、大騒ぎになるんですよ
そのころにはワクチンができましたって言ってね
そうするとみんな腕を差し出して組み換えDNAを入れてくださいって
ことになっちゃう
それになる前に少しでもこういう真実を
自分で考える 私がそういうんではなくて
例えば人を支配するにはどうすればいいかって
銃で支配するのは大変なんですよ
皆反抗しますから

けれども銃ではなくて、心理的恐怖感で何もいらないんですよ
ウィルスだって作らなくていいし


PCRで検査するようになれば
世界は支配できる

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

世界人類に襲い掛かる驚異の再生能力を持ち永遠を生きる水中生物ヒドラ!!

2021-12-30 00:05:00 | 人口削減

世界人類に襲い掛かる驚異の再生能力を持ち永遠を生きる水中生物ヒドラ!!


 ギリシャ神話やローマ神話には、ヒドラ(ハイドラ)という蛇の姿をした怪物が登場する。
 レルナイアヒドラにちなんで名付けられたそれは多くの頭をもち、その息を吸うだけで人間が絶命するほどの猛毒があった。
 
 しかも不死という正真正銘の怪物だ。

 じつは現実にもヒドラという生物がいる。世界中の淡水に住む、ヒドロ虫綱花クラゲ目ヒドラ科に分類される無脊椎動物で、体長1センチ程度の小さな生き物だ。

 神話の蛇を連想させる触手を生やしているが、そこまで恐ろしい生き物ではない。だが不死という点では神話顔負けだ。切っても切っても元に戻る驚異の再生能力は、怪物と言っても差し支えないかもしれない。

 百聞は一見にしかず。この動画を見て、その不思議な生態に迫ってみよう。

【老化に逆らう淡水のミニモンスター、不死の能力を持つヒドラ】
地球上の生命体における「絶対」は死のみである。どんな生命もいつか死ぬ。だが 例外もある。
それがヒドラだ。

その名はギリシャ神話の首がたくさんある怪物「ヒドラ」にちなんだもの。その首を1本切り落とせば 首が2本生えてくるという。

そして現実のヒドラの生命力は神話に匹敵する。
ヒドラはクラゲの親戚だ なんか似てない?でもヒドラは淡水の生き物だ。
 
 
体は空洞の柱のようで 壁の厚みは細胞たった2つ分しかない。頭は口の周りに生えた触手だけ 目も脳もない。大きさは米粒程度だ。

お腹が空くと触手を伸ばして 獲物を捕まえる。極小のモリでミジンコをひっかけて 神経毒でまひさせ、あとは丸呑みだ。

その栄養でヒドラはさらに増える。
ほら見て!脇腹からクローンが誕生しているよ。
[
 ヒドラは有性生殖もするが 大抵は自分自身のクローンをつくる。ヒドラは常に体を再生させており 20日で全細胞が入れ替わる。

そんなことができるのも細胞の半分が幹細胞だから 幹細胞の中のどんな細胞にも発達できる。人間の場合 幹細胞はほんの少ししかない。しかも時間が経つと劣化する。だから私たちは歳をとる。

でもヒドラは基本的に永遠にほぼ完璧な幹細胞をコピーできる。
これを不老化という 生物学的な不死のことだ。
この幹細胞のおかげで ヒドラはどんな傷からも回復する。それではヒドラをナイフでカットしてみよう。さあ行くよ!

体がない? 心配なし。頭がない? 問題なし。

切れ端に幹細胞があるかぎり すぐ再生する。
数日で 頭から体が生える
体には新しい頭ができた!
どちらもすぐに元通りだ 多少の信用問題は残るかもだけど。
 
再生能力の限界を探るため ちょっとした実験が行われた。こちらのヒドラは遺伝改変によって 紫外線をあびると外側の細胞が紫に 内側が緑に光る 。

こうしたヒドラをぐちゃぐちゃに混ぜて放置してみる。
すると、すぐに再編成が開始される。
紫の外側の細胞は外に移動し、内側の細胞は内へと戻る。
さらに内部の細胞が捨てられて 空洞が再建される。

幹細胞の分裂・分化が始まり 残りの部分が再生され、まもなく頭部の形成が開始される。 ときおり小さな頭同士が頭部の座をめぐって競争までする。

慌ただしい数日が過ぎると 混ぜられたはずの細胞はお馴染みの姿に元通りだ

この再生能力を活かせば 人間の老化防止や 内臓の再生治療も可能になるのではと期待されている

小さなヒドラが 伝説の若返りの泉のヒントになることだってあるかもしれない

驚異の再生能力を持ちバラバラになっても永遠を生きるヒドラ(水中生物)

 

no title

photo by iStock

 ギリシャ神話ローマ神話には、ヒドラハイドラ)という蛇の姿をした怪物が登場する。

 レルナイアヒドラにちなんで名付けられたそれは多くの頭をもち、その息を吸うだけで人間が絶命するほどの猛毒があった。しかも不死という正真正銘の怪物だ。

 じつは現実にもヒドラという生物がいる。

 世界中の淡水に住む、ヒドロ虫綱花クラゲヒドラ科に分類される無脊椎動物で、体長1センチ程度の小さな生き物だ。

 神話の蛇を連想させる触手を生やしているが、そこまで恐ろしい生き物ではない。だが不死という点では神話顔負けだ。切っても切っても元に戻る驚異の再生能力は、怪物と言っても差し支えないかもしれない。

 百聞は一見にしかず。この動画を見て、その不思議な生態に迫ってみよう。

【老化に逆らう淡水のミニモンスター、不死の能力を持つヒドラ】

 



The Undying Hydra: A Freshwater Mini-Monster That Defies Aging | Deep Look

地球上の生命体における「絶対」は死のみである。どんな生命もいつか死ぬ。だが 例外もある。
それがヒドラだ。
1
その名はギリシャ神話の首がたくさんある怪物「ヒドラ」にちなんだもの。その首を1本切り落とせば 首が2本生えてくるという。

そして現実のヒドラの生命力は神話に匹敵する。
ヒドラクラゲの親戚だ なんか似てない?でもヒドラは淡水の生き物だ。
2
体は空洞の柱のようで 壁の厚みは細胞たった2つ分しかない。頭は口の周りに生えた触手だけ 目も脳もない。大きさは米粒程度だ。

お腹が空くと触手を伸ばして 獲物を捕まえる。極小のモリでミジンコひっかけて 神経毒でまひさせ、あとは丸呑みだ。
3
その栄養でヒドラはさらに増える。
ほら見て!脇腹からクローンが誕生しているよ。
4
 ヒドラ有性生殖もするが 大抵は自分自身のクローンをつくる。ヒドラは常に体を再生させており 20日で全細胞が入れ替わる。

そんなことができるのも細胞の半分が幹細胞だから 幹細胞の中のどんな細胞にも発達できる。人間の場合 幹細胞はほんの少ししかない。しかも時間が経つと劣化する。だから私たちは歳をとる。

でもヒドラは基本的に永遠にほぼ完璧な幹細胞をコピーできる。
これを不老化という 生物学的な不死のことだ。
5
この幹細胞のおかげで ヒドラはどんな傷からも回復する。それではヒドラナイフカットしてみよう。さあ行くよ!

体がない? 心配なし。頭がない? 問題なし。
7
切れ端に幹細胞があるかぎり すぐ再生する。
数日で 頭から体が生える
体には新しい頭ができた!
どちらもすぐに元通りだ 多少の信用問題は残るかもだけど。
8
To test the limits of their ability to recover, researchers came up with an experiment.
再生能力の限界を探るため ちょっとした実験が行われた。こちらのヒドラは遺伝改変によって 紫外線をあびると外側の細胞が紫に 内側が緑に光る 。

こうしたヒドラをぐちゃぐちゃに混ぜて放置してみる。
すると、すぐに再編成が開始される。
紫の外側の細胞は外に移動し、内側の細胞は内へと戻る。
さらに内部の細胞が捨てられて 空洞が再建される。
9
幹細胞の分裂・分化が始まり 残りの部分が再生され、まもなく頭部の形成が開始される。 ときおり小さな頭同士が頭部の座をめぐって競争までする。

慌ただしい数日が過ぎると 混ぜられたはずの細胞はお馴染みの姿に元通りだ
10
この再生能力を活かせば 人間の老化防止や 内臓の再生治療も可能になるのではと期待されている

小さなヒドラが 伝説の若返りの泉のヒントになることだってあるかもしれない

水中生物の記事をもっと見る

シャチ2頭が間近に接近して挨拶を!スイマーの夢が叶った瞬間

生き物って面白い!性別を変える6種の生物とその科学的理由 

ネッシーの死骸か!?スコットランドの離島に巨大な骸骨が打ち上げられる

意外な生物から教科書を書き換える発見。脳と目の神経ネットワークが進化したのは4億5000万年前の水の中だった -

驚異の再生能力を持ちバラバラになっても永遠を生きるヒドラ(水中生物)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「証拠保全」されたワクチン成分から、「ヒドラ」が発見されたと告発されています!!

2021-12-29 00:05:00 | 愛国者

「証拠保全」されたワクチン成分から、「ヒドラ」が発見されたと告発されています!!

 
ファイザー社の内部告発者の協力で、「証拠保全」されたCOVID-19ワクチンの成分分析の結果から、実に恐るべきことに、「ヒドラ」が検出されました。

 

粉々に切り刻まれても‐70度に置かれても不死の生物ヒドラ 

DS配下の組織となっているWHOなどが、コロナ治療薬に駆虫薬のイベルメクチンを使用させまいとしていた意図はこれだったのかもしれません。

■Stew Peters Showの、2021年10月20日に編集されたProjecVeritas(注)のキャリー・マディ医師のインタビュー動画です。

彼女はファイザーの内部告発者メリッサ・ストリックラーとともに「証拠保全」のため、COVID-19ワクチンの成分を分析する過程で、驚愕の事実に出会ったようです。

SHOCKING: Dr. Carrie Madej Releases FIRST LOOK at Pfizer Vial Contents

■もう一つ、動画をご紹介します。

ヒドラをワクチンに潜ませた意図は「トランスヒューマノイド」実験だったのでしょうか?

Doctor: Hydras and Parasites in Vaxx, Transfecting Humans Into New Species

10月27日の動画(日本語字幕つき 12分27秒)

 

世界規模のCOVID-19ワクチンキャンペーンは、「ワクチン」という名の生物兵器による人類の大量殺戮であると同時に、世界規模での「トランスヒューマノイド」実験であったということなのでしょう。

下の写真はワクチン接種後の妊婦から生まれた子どもの写真なのだそうです。手足の形状も数なども、まさに「異形の姿」で生まれれてきた悲劇の子供です。

この子供は胎内の発生期に、胎盤からワクチンの成分中のヒドラの遺伝子が混入したことにより、ヒドラとヒトとのキメラ遺伝子を持った子供ということになります。

不死の生き物である「ヒドラ」の研究は大変興味深くはありますが、それを人間の体の中に入れる、しかも、本人の知らぬ間に、というのは「人体実験」以外の何物でもありません。

ワクチン接種者の体内で、ヒドラが血管内で成長すれば、いずれは血管を塞いだり、血流の異常から血栓ができてしまいます。

 

Dダイマー検査から、「ワクチン接種者の62%に微小血栓が出来ている」とカナダのブリティッシュコロンビアのホフ医師が指摘しておられました。

そのような人々はいずれ、肺高血圧となって心不全で死亡することになる。

 

不死の生物「ヒドラ」がワクチンの成分中にあったならば、「微小血栓」をつくり、肺にたまってこのような巨大血栓をつくることもあるし、脳や心臓の血管でつまれば直ちに死に繋がります。

 

(注)この写真は今回のワクチン接種で死亡した人物のものではなく、2018年にカリフォルニア大学サンフランシスコ医療センターで死亡した男性の肺にできていた巨大血栓のようです。

告発の内容が事実であるならば、今回の「実験的ワクチン」はやはり邪悪な意図で作られた殺人的な生物兵器以外の何物でもなかったことが改めて立証されたことになります。

(注)Project Veritas

米国ニュージャージー州の哲学博士ジェームス・オキーフ氏によって設立された非政府活動組織。

 

「時計」を失った生物ヒドラの謎

「時計」を失った生物ヒドラの謎

刺胞動物ヒドラにおける行動と遺伝子発現の日内変動をはじめて観測

著者

ほぼ全ての生物には体内時計が存在します。

ヒトも例外ではありません。

夜には眠り、朝には目が覚めてきます。

こうした体内の「時間」は、時計遺伝子と呼ばれる遺伝子群によって作り出されると考えられています。

しかし、サンゴやクラゲの仲間であるヒドラには、主要な時計遺伝子が存在しないことが分かっていました。

そこで本研究では、あえてヒドラの日内変動を調べることで、まったく新しい観点から体内時計の起源に迫りました。

ヒドラの行動を詳細に解析したところ、昼夜のサイクルに同調した行動を示しました。

また、遺伝子レベルでの日内変動を調べてみると、ヒドラが持つ約 24,000 個の遺伝子のうち 380 個の遺伝子の発現には、約 24 時間の周期性が見られました。

ヒドラは時計遺伝子を持たないにも関わらず、周囲の環境変化に応じて 1 日のリズムを作り、生体機能を調節していると考えられます。

体内時計の意義を探る上で、ヒドラが大きな可能性を秘めていることが期待されます。

金谷 啓之(理学部生物学科 4 年生)
構成:石井 優大 (理学研究院)

ほ乳類をはじめとして昆虫や植物、菌類など、ほぼ全ての生物には体内時計が存在します。

1 日の時間を測り、時刻に合った行動をとるのは、多くの生物にとって合理的なのでしょう。

このような概日リズムcircadian rhythm[1]は、時計遺伝子clock geneと呼ばれる遺伝子群によって作り出されることが分かっています。

時計遺伝子の発見と機能の解明に貢献したジェフリー・ホール博士、マイケル・ロスバッシュ博士、マイケル・ヤング博士の 3 氏は、2017 年にノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

ヒドラHydra vulgarisという動物は、刺胞動物に属するサンゴやクラゲの仲間であり、強い再生能力を持つことで有名です (図1)。

しばしば高校の生物の教科書や資料集などでも紹介されています。2010 年にヒドラのゲノムが解読されましたが、その際、ヒドラには主要な時計遺伝子が存在しないことが指摘されていました。

図1
図1ヒドラの写真 (a) 伸びたときの姿。(b) 縮んだときの姿。

 

私はもともと、異なるテーマでヒドラを研究していましたが、ショウジョウバエの概日リズムを研究されている伊藤太一助教 (九州大学基幹教育院) とお話しする中で、「体内時計について知るには、あえて時計遺伝子を持たない生物を調べると面白いのではないか」という発想が生まれました。

そこでヒドラを研究されている小早川義尚教授 (九州大学基幹教育院) にも協力をお願いし、私と伊藤助教、小早川教授の 3 人で共同研究をスタートしました。

研究内容

ヒドラの行動をモニタリング

ヒドラの日内変動を調べるにあたり、「行動の変化」と「遺伝子発現の変化」に着目することにしました。

ヒドラの行動に着目した研究にはほとんど前例がなかったため、まずはヒドラの行動を解析するためのシステムを開発しました。

ヒドラの行動を赤外線カメラで撮影し、フレーム間差分法frame subtraction methodという手法によりヒドラの動きを自動的に検出するシステムを構築しました (図2)。

図2
図2実験装置の概念図 Kanaya et al. (2019) の図を改変。

自動化する上でプログラミングの知識が必要となるのですが、当初は全くの素人であったため、プログラミングに詳しい友人には何度も相談させてもらいました。

解析システムを構築するまでに 1 年弱かかってしまいましたが、ヒドラの行動をほぼ全自動で解析できるようになりました。

図3
図3実験の様子

 

遺伝子発現の解析

一方、遺伝子発現gene expressionの変化についてはマイクロアレイmicroarray[2]と呼ばれる技術を用いて解析しました。

ヒドラには約 24,000 個の遺伝子がありますが、それらの発現を一度に解析することができます。

24 時間のうち 4 時間おきに 6 回ヒドラを採取し、時刻に応じた遺伝子発現の変化を調べました。

研究結果と考察

ヒドラの行動分析

ヒドラの行動を詳細に解析したところ、ヒドラは昼夜のサイクル (12時間明・12時間暗) に同調した行動を示すことが分かりました (図4)。行動は昼に多くなり、夜には少なくなりました。

図4
図4ヒドラの行動における日内変動 明期では活発に収縮し、暗期になると活動が弱まっている。

この行動は一見すると時計遺伝子によるものと思われますが、実際は時計遺伝子とは関係がありません。

常に明るい条件下や常に暗い条件下で実験してみると、行動に周期性が見られなかったからです。

したがって、ヒドラの行動における昼夜サイクルは、ヒドラが明暗を区別したことによる変動だと考えられます。

遺伝子解析で見えた驚くべき結果

一方で、遺伝子発現を大規模に解析すると興味深い結果が得られました。各時刻に依存した遺伝子発現データに対して3 つのアルゴリズムを適用し、周期的な発現を示す遺伝子を探索しました。

その結果、約 24,000 個の遺伝子のうち380 個の遺伝子の発現に約 24 時間の周期性がありました (図5)。

図5
図5遺伝子発現の時間変動 縦軸は、380 個の遺伝子を番号付けして並べたものである。横軸は実験の経過時間を表す。
遺伝子発現が高いときには赤色で示し、低いときには緑色で示している。
たとえば 100 番目の遺伝子に着目すると、実験開始時には高い遺伝子発現し示しているが、12 時間後には弱まっている。
24 時間経過すると再び高い発現を見せることから、たしかに 24 時間の周期性をもつことが分かる。Kanaya et al. (2019) の図を改変。

 

さらに、それらの遺伝子の一部が、時計遺伝子を持つ近縁の動物種で周期性が観察されている遺伝子と共通[4]でした。

ヒドラは時計遺伝子を持たないにも関わらず、周囲の環境変化に応じて 1 日のリズムを作り出し、時計遺伝子を持つ生物のようにして生体機能を調節していると考えられます。

ヒドラ以外の刺胞動物は時計遺伝子を有しているため、ヒドラは進化の過程で時計遺伝子を失ったものと考えられます。

なぜヒドラは時計遺伝子を失い、そして失ったにも関わらず周期性のあるライフスタイルを持っているのでしょうか。

体内時計の意義を探る上で、ヒドラが大きな可能性を秘めていると期待されます。

まとめと展望

今回の研究成果は、どちらかというと現象を報告したに過ぎません。

体内時計を持つ生物とヒドラを詳細に比較することで、体内時計の本来の意義が浮き彫りになってくると考えています。

さらに、今後はヒドラを用いて、睡眠などの体内時計と密接に関わる現象について調べていきたいと思います。

こんなものをワクチンに入れて接種するとは・・・。

ここまで

コロナは創価学会がでっち上げた茶番ですが、そのコロナ特需で利益を上げているのは、ほぼ全て創価企業です。

ワクチン業界で一躍目立っている

・ファイザー、

・アストラゼネカ、

・モデルナ

創価企業であることが分かっています。

○【またも創価企業のボロ儲け】大規模ワクチン接種にモデルナ社製採用

国内産ワクチン開発も、全て創価企業のボロ儲けの種だということです。

しかも創価学会は、そのワクチンによって人口削減しようとまで計画しています。

○ワクチン接種を利用した人口削減計画が進行中

そして今回、ワクチンを国内で大量に生産することで、全国民を一刻も早く殺戮したいという創価学会の本性が現れました。

創価学会の思惑通りに殺されないためにも、一切のワクチンを接種してはい

国内も変異株ワクチン開発に着手!!

アンジェス、塩野義製薬

海外製の新型コロナワクチンのイメージ写真

 国産の新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)を手掛ける製薬ベンチャーのアンジェスと大手の塩野義製薬は9日、変異株に合わせたワクチン開発にも着手したことを横浜市で開かれた日本感染症学会学術講演会で明らかにした。

 

二酸化塩素の治療効果は絶大で、新型コロナの重傷者は4日で回復しました!! 二酸化塩素には、ワクチン接種後の体内の毒素を中和してしまいます!!

" 二酸化塩素水には、血中酸素濃度を短時間で下げる力があります。 さらに血液をサラサラにする効果も絶大です。

・血栓を溶かす効果も絶大です。

60歳以上の80%は、無用の長物ですからワクチンで殺してしまいます!! 貴方に付けられたロットナンバーに、全てが隠されています!!

ワクチンのグラフェン濃度により貴方の寿命が決まっています!! さしずめ刑の執行年月日ですかね!!

・グラフェンの血中濃度80%で、2年生存!!

・グラフェンの血中濃度70%で、3年生存!!

・グラフェンの血中濃度50%で、5年生存!!

DSの最終目的は、人類をVRの世界に誘導して、脳を支配して人類を自由自在に操ることである!!

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ワクチンの中に入っている宇宙生命体ヒドラは、しっかりと血液中でも生きています。不死身です!!

2021-12-28 00:06:00 | 愛国者

ワクチンの中に入っている宇宙生命体ヒドラは、しっかりと血液中でも生きています。不死身です!!



コロナワクチンの中にエイリアンの様な寄生虫が発見される。

ワクチン成分のグラフェンが卵に栄養を与える!

エイリアンの様な寄生虫が、COVIDコロナワクチンで確認された。
フランツ・ザレフスキ博士:「ワクチンの中にグラフェンが入っていて、卵に栄養を与えているのはそのためです」





寄生虫がCOVIDコロナワクチンで確認された。

上記のビデオと同様に、別の医師もワクチンの中に似たような寄生虫を発見したが、別の寄生虫であり、異なる形状である事が確認されています。

フランツ・ザレフスキ博士は、コロナワクチンの中にアルミニウムと炭素をベースにした生命体を発見しました

また、なぜ一部のワクチンでしか発見されないのかという疑問も提示しています。いくつかのワクチンでは、生理食塩水にしか含まれていなかったそうです。

(ロットによって中身が異なる)

これは、寄生虫に感染した正当なワクチンを広く普及させると、一度に多くの有害な副作用が発生するため、一般の人々が非常に心配することになるという説を提起しています。

そのため、TPTPBは試験的に寄生虫を混入したワクチンに生理食塩水を混ぜることで、これらの副作用や死亡の有害な影響から一部の人々を救うことにしたのですが、後になって2回目の注射や継続的なブースター注射で再び導入することにしたのです。






COVID-19コロナワクチンと言われますが、
実際には、この生物が「寄生虫の卵の状態」で人々に接種されているのです。

私はその卵を探していました。

そして、その卵には適切な環境が必要です。

剥き出しの皿の上で注射を試しても何も起こらず、卵は見つからなかった。
生理食塩水が入っているものもあるので、注射の中には入っていないのかもしれません。

適切な環境、つまり、ワクチンの中には卵の栄養となるグラフェンが入っているのです。


ワクチンを打たれた皆さん、気絶するかもしれませんが・・・
エイリアンの卵が体中で育成されるのです。

寄生虫の頭は20ミクロン[μ]、長さは2.5mm(触手)のサイズになります。

これは生命体であり、寄生虫そのものです。
偶然ですが、Francは今、自分の部屋にいます。

偶然...フランが手に入れただけ?.

.盲目のリスでも時々ドングリを見つける...。

私は小瓶に1、2、3番と印をつけた。

3つ目の小瓶の中にだけ「生命体」が入っていました。

そしてそれは4日間成長/発達した。

そして、それをスパッタリングチャンバーに入れます。

そこでは温度が高く、グラファイトがスパッタリングされるので、電気アークが燃えるのだ。

もう1つ!?

頭と足が出ているのが見えますね。

目盛りは30ミクロン[μ]です。






エイリアンの様な寄生虫は、肥沃な人間の体を乗っ取りました。
これが頭で、ここに触手があります。

これは別のもので、カラフルな触手があります。
アルミニウムと炭素でできています。

アルミニウムでできた生命体はあるのでしょうか?
今はあります。

大多数の人がすでに体内で育てています。


テレビに騙され、自発的にワクチンと信じて注射した人の方が多いですね。

 
そして、ザレフスキ博士が質問したように、「なぜ私たちのDNAが必要なのか?」。

NIHと密接に連携している「ヒトゲノム計画」を見れば、その答えがわかるかもしれません。

そして、「健康のためではない」ということは、これ以上はっきりさせることはできません。

そして、寄生虫の薬であるイベルメクチンが、コロナワクチンに含まれる(寄生虫)を殺すのに、これほどまでに効果的であるという事実に驚嘆しなければなりません...

そして、自分自身に問いかけなければならない非常に重要な質問は、

なぜ「寄生虫を殺すイベルメクチン」が中傷され、COVIDコロナワクチンに対抗するためイベルメクチンの使用が禁止されているのかということです。(人類絶滅計画の障害になるから?)

それも、保健・医療機関のトップがイベルメクチンを禁止する?

特に、世界中でワクチンの中から寄生虫や汚染物質が発見されたという多数の報告がある中で?

まだ人類絶滅計画があることに気が付かないのか?

思考する力が無いのか?

人間と動物のハイブリッドや、中絶された胎児を使った実験など、このような人類絶滅計画に金を貰って従事しようとする人は、すでに人類の道徳的倫理的境界線を越えており、一般の人々の健康を気遣う礼儀作法もない。

アンソニー・ファウチ博士は、堕胎した胎児の細胞を使ったヒトと動物のハイブリッド実験に関わるスキャンダルに関係しています。

これはワクチンの中にある - 絶え間ないヒドラ:それ自体をクローン化するミニモンスター。神経毒を持っていますか? (bitchute.com)

<iframe src="https://www.bitchute.com/embed/Chc78UMlbOom/"></iframe>

https://www.bitchute.com/video/Chc78UMlbOom/


もしあなたがワクチンを摂取していたり、知り合いがいたりしたら...それは彼らの体の中にあるのです。

これについての詳細はこちら。
ワクチンの中には生き物がいます。
それは不死身です。
「The Hydra Vulgaris」 説明を見る。https://www.bitchute.com/video/2EXu0Zb9xLWP/


ワクチンの中の自己認識生物を、マイクロスコープで暴露。それは生きている
- シチュー・ピーターズ
https://www.bitchute.com/video/g1Un9q84HkKK/?list=notifications&randomize=false

この厄介なものが人々の神経系を蝕んでいるのだろうか?--ヒドラ・ヴァルガリス (Hydra vulgaris, 淡水ポリプ)は、長さ10mmから30mm、幅1mm程度の小動物の淡水性ヒドラである。ヒドラは口のすぐ外側から4~12本の触手を出しています。

餌は、触手を伸ばして餌が触手に触れるのを待ちます。食物を口に運び、摂取して消化します。

消化できなかったものは排出されます。摂食と排泄は口から行います。

他のヒドラと同様に、ヒドラ・ヴァルガリスは円盤のような形をした「足」のパッドで土台となる物体にしがみつく。流れに乗って移動することができる。

ヒドラ・ヴァルガリスは、体を折り曲げ、触手で表面をつかみ、「足」でつかみを解き、自ら反転して移動することもできる。

ヒドラ・ヴァルガリスは、多くのヒドラと同様に、直接的な世話をほとんど必要とせず、比較的早く繁殖するため、モルファラティック再生のモデル生物としてよく用いられる。

老化しないため、生物学的には不死身であると報告されている。

本種の繁殖方法は、有性生殖、出芽、そして再生による間接的な繁殖の3つである。

ナノテクノロジーのインテリジェントな自己組織化とインテリジェントなフィラメント運動の証拠は、様々な雑誌に掲載されたいくつかの科学論文によると、合成生物学とナノバイオエレクトロニクスの指標であり、人体と脳内の合成神経ネットワークの作成を通じて細胞と神経細胞を電磁的に操作するために、酸化グラフェンがモデルナワクチンに密かに含まれていることを示しています。

これは、COVIDワクチンによる人体の超人間化、サイボーグ化を意図した不正行為の明らかな兆候です。

ファイザーとモデルナの両社は、2013年からDARPAと契約し、DARPAのためにトランスヒューマニストのmRNAワクチンを開発したことを忘れてはならない。

ファイザーとモデルナの軍事的なつながり、そしてDARPAのレジーナ・ドゥーガンが現在ウェルカム・LEAPベンチャーを指揮していること、DARPAのダン・ワッテンドルフが現在ゲイツ財団にいることとのmRNAのつながりについては、以前ここで説明した。

DARPAの「パンデミック防止プラットフォーム」「ADEPT診断・監視プラットフォーム」は、バイオエンジニアリング、遺伝子操作、合成生物学に基づいています。

これらの人間乗っ取りプログラムは、mRNAワクチンや、人体や脳の外部制御など、無限の未来を想定しているが、酸化グラフェンはそれを可能にする。


思っていたよりもずっとひどい。
このビデオが気に入ったら、次のようなものもいかがでしょうか。ワクチンかウイルスか?DUMBS、テレビのマインドコントロール、内部告発、CERN、黒い目の赤ちゃん、クローン、酸化グラフェン、副反応などなど。

ワクチン接種を免除されているグループのことです。これはあなたを驚かせるでしょう

https://www.bitchute.com/video/DxnDakZsoO1j/

彼らはそれをシャットダウンしている。貨物船、補給線、人員不足を引き起こす解雇者
https://www.bitchute.com/video/IMgx2YqmMDnX/

ネズミがレーザーでゾンビを殺す機械に。5G? グラフェンオキサイド?ワクチンは?
https://www.bitchute.com/video/Gw4nE9jqSYqr/

100万人以上の死者。彼らの悲鳴はメディアによって黙殺されている。これは殺人です。それはジェノサイドです
https://www.bitchute.com/video/qEMI2AAiiHGO/

アルコンエイリアンの寄生虫が世界を侵略している - ワクチンはウイルスです。

彼らはここにいる。

エイリアン戦争が始まった。

ずいぶん前に始まっています。
<iframe src="https://www.bitchute.com/embed/1mw6SOyCpQR6/" width="640" height="360" frameborder="0" scrolling="no"></iframe>

ここまで

コロナは創価学会がでっち上げた茶番ですが、そのコロナ特需で利益を上げているのは、ほぼ全て創価企業です。

ワクチン業界で一躍目立っている

・ファイザー、

・アストラゼネカ、

・モデルナ

創価企業であることが分かっています。

○【またも創価企業のボロ儲け】大規模ワクチン接種にモデルナ社製採用

国内産ワクチン開発も、全て創価企業のボロ儲けの種だということです。

しかも創価学会は、そのワクチンによって人口削減しようとまで計画しています。

○ワクチン接種を利用した人口削減計画が進行中

そして今回、ワクチンを国内で大量に生産することで、全国民を一刻も早く殺戮したいという創価学会の本性が現れました。

創価学会の思惑通りに殺されないためにも、一切のワクチンを接種してはい

国内も変異株ワクチン開発に着手!!

アンジェス、塩野義製薬

海外製の新型コロナワクチンのイメージ写真(ロイター=共同)

 国産の新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)を手掛ける製薬ベンチャーのアンジェスと大手の塩野義製薬は9日、変異株に合わせたワクチン開発にも着手したことを横浜市で開かれた日本感染症学会学術講演会で明らかにした。

 変異がある南アフリカ株などでは従来ワクチンの効果が弱まる可能性が指摘されている。

 アンジェスはウイルスの遺伝情報を生かしたDNAワクチンを開発中。

 既に進めているものとは別に、南アフリカ株やブラジル株に対応できるワクチン候補の検討に入った。

 塩野義製薬は組み換えタンパクワクチンを開発中で、どんな物質を投与すれば変異株への免疫がつくかを調べはじめた!!

 

その治療効果は絶大で、新型コロナの重傷者は4日で回復しました!! 二酸化塩素には、ワクチン接種後の体内の毒素を中和してしまいます!!

" 二酸化塩素水には、血中酸素濃度を短時間で下げる力があります。 さらに血液をサラサラにする効果も絶大です。

・血栓を溶かす効果も絶大です。

60歳以上の80%は、無用の長物ですからワクチンで殺してしまいます!! 貴方に付けられたロットナンバーに、全てが隠されています!!

ワクチンのグラフェン濃度により貴方の寿命が決まっています!! さしずめ刑の執行年月日ですかね!!

・グラフェンの血中濃度80%で、2年生存!!

・グラフェンの血中濃度70%で、3年生存!!

・グラフェンの血中濃度50%で、5年生存!!

DSの最終目的は、人類をVRの世界に誘導して、脳を支配して人類を自由自在に操ることである!!

 

 



 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする