高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟

世界平和に導く為の語録

放射線から子供を守るために、母親が知っておくべき48の注意事項!

2012-09-30 17:36:06 | 最新技術

放射線から子供を守るために、母親が知っておくべき48の注意事項!

 
放射線防護の仕方1
●スイスの拡散予報を注視して、東京にフォールアウトがくる時は外出しない(google[スイス 拡散予報]で到達します)

放射線防護の仕方2 
●外出時は、市販されているサージカルマスクは2重か、その間にきっかりのサイズの濡らした綿を挟んで3重にする(大きい粒子を吸い込まないのであれば御の字です)フィッティングをいつも確認する。吸い込んでしまったら致死的なホットパーティクルが飛散しています。

放射線防護の仕方3 
●風のある日は、爆発が繰り返されるのと同じなので外出をしない。

放射線防護の仕方4 
●放射性ヨウ素等は髪の毛から体内に吸収されるので、帽子を被る(今でもヨウ素が検出されています)

放射線防護の仕方5 
●帰宅したら、すぐに冷水か、ぬるま湯のシャワーを浴びる(長時間付着させておかない)

(放射線防護の仕方5の補足、冷水か、ぬるま湯のシャワーから浴びるのは、放射性物質が非常に小さくミクロン単位熱いお湯から浴びると毛穴が開いて、そこから放射性物質が流失してしまうため)

放射線防護の仕方6 
●ヘアコンディショナー(リンス)は放射性物質と結合するので使用しない(化粧品の類いも危ないと思ったほうがいいです)たぶん、ヘアカラーも。

放射線防護の仕方7 
●失明と白内障を予防する為に、目の周りと睫毛を水でよく洗う。

放射線防護の仕方8 
●外出時は花粉症用の眼鏡をかける。
みなさん、花粉症用のメガネを早めに買い求めてください。顔のラインにフィットしなければ、真ん中の部分に濡れた綿をまいて、ライターであぶります。うまく加工できれば顔に密着させる事ができます。パリミキで売ってます。

放射線防護の仕方9 
●人混みは避けて、電車等のシートには座らない。ホットスポットに座ってしまったら、膨大な放射能をあびる事になります。

放射線防護の仕方10 
●手をよく洗う。地面に手をついたり、手すりにさわった手で、絶対に食事をしない。

放射線防護の仕方11 
●放射性物質のいくつかはベタベタしていることに留意する。

放射線防護の仕方12 
●洗濯は頻繁に(特にズボン。生殖器に近いので)。洗濯してもあまり落ちないという説もあります。化学的な洗剤より、重曹や水洗いだけの方が無難だと思います(私見)

放射線防護の仕方13 
●表面密度の高いツルツルした素材の服を外側に身につける。セーター、フリース等、起毛した素材を外側にして着用しない。

放射線防護の仕方14 
●いつでも長袖、長ズボン。

放射線防護の仕方15 
●靴には直接さわらないように注意する。 靴下を脱いでからズボンを脱ぐ。

放射線防護の仕方16 
●部屋では部屋着。外で着ていた衣類は室内では着用しない。

放射線防護の仕方17 
●普通の掃除機は使用しない。堆積した放射線物質を空中に拡散して吸い込む。マスクをしてモップやぞうきんだけで掃除。

放射線防護の仕方18 
●幹線道路付近は歩かない。福島では出入りをする車の除染をしていないので、タイヤに付いた放射性物質が道路から距離を延ばして、車の風で舞い上がる。走行する車内は内気循環にして、けっして窓はあけない。

放射線防護の仕方19 
●人や車が集まるところは、汚染度が高くなるという事に留意する。

放射線防護の仕方20 
●手洗いの洗車はしない。セシウムは金属に結合しやすい。塗装が痛んでも必ず洗車機を利用する。

放射線防護の仕方21 
●オイルヒーターなどを使用して、室内に風が起らないようにする。エアコンはフィルターを頻繁に掃除。不織布などを(自分の責任で)エアコンの吸入口につけて、使い捨てにする。

放射線防護の仕方22 
●衣類と体が静電気を帯び、埃を引き寄せないように、アース(地面に接触)している金属などにたまに触れる(手はよく洗う)

放射線防護の仕方23 
●雨の日は外出を控える。絶対に雨に濡れてはいけない。

放射線防護の仕方24 
●洗濯ものは室内に干す。風の強い時。フォールアウトがある時に干したものは汚染されている。

放射線防護の仕方25 
●家電製品。ディスプレイ。プラスティック製品には汚染物が付着し易い事に留意する。

放射線防護の仕方26 
●屋根からも、地表からも離れた中層階のコンクリートの建物に居住する。

放射線防御の仕方27 
●外での運動はあきらめる。

放射線防御の仕方28 
●窓の近くで寝ない。部屋の中心部に寝床を設ける。

放射線防御の仕方29 
●甲状腺の所見に異常がみられると言われても、検査薬の服用は(自分の判断で)拒否する。ヨウ素131が4メガベクレルの検査薬を飲まされる可能性が高い(出産年齢を過ぎた年配の人)

放射線防御の仕方30 
●屋外にあるものは、たとえほうきやちりとりであっても全て汚染物として扱う。

放射線防御の仕方31 
●ドライクリーニングで使用されるホワイトガソリン(水を使わないからドライ)が、放射性物質とどのように関係するのかわからない。安全性が確認されるまで、衣類をドライクリーニングに出さない。

放射線防御の仕方32 
●爪は垢が入らないように短く切る。

放射線防護の仕方33 
●家にHEPAフィルターを取り付ける。隙間を埋めて密閉度を高め、換気扇を「弱」で強制排気(陰圧にする)。一箇所だけ空けた吸気口にHEPAフィルターをガムテープなどで取り付ける。有効な手段です。 http://t.co/m5VzE1Cy

(放射線防護の仕方33の補足 部屋を密閉する時は、シンクの下の下水管と床の隙間なども丁寧にシーリングする。思わぬところから外気が入ってくるので、換気扇を「強」にしてドライアイスや線香などの煙で外気の侵入口を確認。窓は開けない。部屋がカビっぽくなった場合はエアコンで対応する)

(放射線防護の仕方33の補足 その2 HEPAフィルターは多種類あり、なるべく厚手のものを選ぶ。大きすぎた場合には大型のよく切れるカッターナイフで切断。断面から活性炭がこぼれるが丁寧にもどして粘着力の強いガムテープで切断面の処理をする。写真は4分の1に切ったもの。2枚重ねてもよい)

(放射線防護の仕方33の補足 その3 エアコンの排水ホースから外気が侵入してくる場合もあるので、エアコンを使用しない場合には外の排水ホースに栓をする。但し、その状態でエアコンを使用するとエアコンから水が漏れるので十分に注意する)

放射線防護の仕方34 
●家電製品はアースを取る。コンセントにアースがない場合には、銅の棒を地面にさしてコードで家電製品の金属部分に接触させる。静電気を帯びにくくして汚染物の付着を防ぐとともに、非電離放射線「電磁波(電場のみ)」の影響も抑えられる。電磁波も放射線だという事に留意する。

放射線防護の仕方35 
●地表の線量と空間線量は、人体に対する影響がまったく違うという事に留意する。空間線量が高い時は、空気中にある核種(線源)をダイレクトに呼吸器に取り込む。空間線量が高ければ屋内退避をする。風の強い時も同様。

放射線防護の仕方36 
●バイクや自転車での幹線道路の走行はしない。(粘度の高い、乾燥しにくい接着剤を塗布したタフタを貼付けた車で4時間走行後、タフタから12.8μSv/h を観測している)@JYCEagara 様 観測

放射線防護の仕方37 
●食器類や食べ物をそのままの状態で置かない。かならず戸棚にしまうか蓋をする。

放射線防護の仕方38 
●ICRPモデルは外部被曝を言っています。それを引用した学者やメディアの言葉に耳を傾けては、放射線防護は難しくなります。 ECRRやドイツ放射線防護協会のモデルが、呼吸や食事をする人間にとって正しい。

放射線防護の仕方39 
●被曝は積算。3月11日から、自分と家族がどれだけの被曝をしたのか、おおまかな計算をする。 福島から200キロ範囲に居住している場合は、被曝量が事故前の1ミリシーベルト/年 を超えているので、安全な範囲は既に超えている事を自覚する。

放射線防護の仕方40 
●自分の生活圏に近い、信頼のできる線量計をいつも確認する。空間線量が高い時は内部被曝に直結するので、最も危険だということに留意する。

放射線防護の仕方41 
●ある程度長時間外に出していたものは、放射化している。触る時は細心の注意を払う。

放射線防護の仕方42 
●東京であっても外は放射性管理区域。3月は放射性ヨウ素だけでその倍のレベルだった。行政や自治体が測定しているのは現在でも一部の核種にすぎず、実際には200種類もの核種が存在している。管理区域であっても「線源」が舞い飛んでいるの事は稀。

放射線防護の仕方43 
●近隣で「小児白血病」の患者が複数人出た場合は、その環境に「何か」があるという事に留意する。稀にしか出ない病気で「炭坑のカナリア」と同じ。

放射線防護の仕方44 
●「誰かが自分を守ってくれる」という幻想は捨てる。 マメに空間線量をチェックして、線量が高い場合には細かい情報を添付した上で躊躇せずSNSで伝える。機器の不具合や正誤の可能性を自分で斟酌していると手遅れに。 そうする事が人と自分の家族を守ることにつながる。

放射線防護の仕方45 
●天然の放射性物質(カリウム等)があるからと、人工放射性物質の影響を過小評価する言葉に耳を傾けてはならない。天然のものは進化の過程で生体が適応していてどんどん排出されるが、人工放射性物質のほとんどが生体に長期間蓄積される。パワーも違う。

放射線防護の仕方46 
●神学論争になってしまうので、放射能に関する議論はしない。テレビや新聞からのインプットを会話で払拭することはできないだけでなく、逆に引き返せなくなった相手の論理を強化してしまう。信頼できるエビデンスを開示して説得。瓦礫の焼却などに数の力で対抗する。

放射線防護の仕方47 
●1ミリの距離にあった放射性物質が、体内に入って1ミクロンまで近づけば、その影響(強さ)は100万倍になる。距離をあける事が肝要。

放射線防護の仕方48 
●おおまかな被曝量の計算をする。通勤通学経路の線量の平均を出して(ガイガーカウンターを持ってなくても、Youtubeや測ってガイガーサイト等で確認)その線量に移動時間。滞在時間を掛ける。この際、線量が高い地域はバックグラウンドの線量を無視してもよい。



 放射線防護の仕方48補足



補足 
●3/15日16日21日に東京にいたのなら、3000μSvの被曝をしているとして、日常生活で算出した値を+する。 0.3μSv/hの環境に一日8時間いたのなら (2.4μSv × 約240日分)+3000μSv= 3576μSvの被曝はつづく!

補足その2 
●東京の場合、海外の気象予測からこれまで約47日フォールアウト(死の灰)が降下している。この時の被曝量を一日10μSvと仮定して 470μSv 上述した3576μSvと合算すると 4046μSv。 大まかな計算だが、何かを指標にするしか方法はない

補足その3 
●本郷キャンパス東大アイソトープ研究所の測定では、呼吸で一時間に約0.5μSvの被曝をしている。(これは内部被曝なので、実効線量とすれば数値ははるかに大きくなる)マスクをしていなかった場合には、外出時間に240日を掛けて。上記の数値に加算する。

補足その4 
●品川区民の場合は、11月26日の空間線量からみて、+1700μSvする。 3月は放射性ヨウ素が8万ベクレルもあったので、これもある程度斟酌するといい!

補足その5 
●道路で仕事をする職種(バイク便など)の場合は、一時間の走行で 4.3μSvの被曝をしている(実際には内部被曝もかなり)走行時間に掛けて、合算すると被曝量が分かる。

補足その6 
●ここまで、実際の数値と控えめな数値とをまぜて提示しましたが、3/15からまったく防護をしていなかった場合は、20000μSv(20ミリシーベルト)に限りなく近づいていると想像します。国が20ミリシーベルトを暫定基準値にしようとした意味がよくわかります。国は、全てを知って隠しているのです!

 

 

食品からの放射線被害を防ぐ18の大事な事!

 

放射線防護の仕方(食品編)1 水道水は汚染されている。自治体の計測で”ND”と出ていても、限られた核種のみの測定。トリチウムに汚染されている場合には、どんな濾過も通用しない。なるべく西でボトリングされた水を。乳幼児には特に配慮するべき。


Twitterアカウント @cmk2wlさんによる「放射線防護の仕方(食品編)」です。非常に参考になります。cmk2wlさんの「放射線防護の仕方」の記事も有りますから、そちらも目を通して頂ければ、よりいっそう放射線防護について理解が深まると思います。

放射線防護の仕方(食品編)1 
●水道水は汚染されている。自治体の計測で”ND”と出ていても、限られた核種のみの測定。トリチウムに汚染されている場合には、どんな濾過も通用しない。なるべく西でボトリングされた水を。乳幼児には特に配慮するべき。

放射線防護の仕方(食品編)2 
●安全とされた食品でも、それだけを食べるのではなく、できるだけまんべんなく(安全とされた)いろんな物を食べるようにする。限られたものだけを食べていて、それが汚染されていた場合には悲劇になる。

放射線防護の仕方(食品編)3 
●大量に被曝してしまった場合、塩辛いものを摂取する。「爆弾をうけた人には塩がいい。玄米飯にうんと塩をつけてにぎるんだ。塩からい味噌汁をつくって毎日食べさせろ。そして、甘いものを避けろ。砂糖は絶対にいかんぞ」秋月辰一郎『死の同心円―長崎被爆医師の記録』

放射線防護の仕方(食品編)4 
●発酵食品が良いとチェルノブイリのかけはしの野呂美香さんは講演で伝えている。

放射線防護の仕方(食品編)4の補足(要約)
●切断されたDNAの修復には酵素の力が必要。酵素は生の果物、野菜、漬け物に含まれる。ビタミンミネラル。ちゃんと醗酵した酵素を沢山取る事。ジュースでも絞って25分以上たったものは酸化して酵素がなくなってしまう。

放射線防護の仕方(食品編)4の補足2(要約)
●ペクチンが放射能を排出する。毎日摂取すれば25パーセントから50パーセントぐらい排出される。お腹のすいた時に酵素の入ったものを食べる。

放射線防護の仕方(食品編)4の補足3(要約)
●酸化したものを食べると酵素を浪費する。抵抗力を落とす。

放射線防護の仕方(食品編)4の補足4(要約)
●あまりにも毎日のメニューが豪華になっています。すごい単品の方がいいです。食品によって分解する酵素ぜんぶ違うので酵素を浪費する。豪華メニューは酵素を浪費する(カツ丼等)。

放射線防護の仕方(食品編)4の補遺5(要約)ごちそうで消化に酵素を使うと全身の酵素が使われてしまう。優先して酵素が使われてしまう。その分抵抗力が落ちる。眠くなるのです。

放射線防護の仕方(食品編)5 
●放射能は物質や体を酸化させる。ゆえに、スナック菓子などの「酸化している食品」の摂取を控える。(野呂美香さん講演内容より)

放射線防護の仕方(食品編)6 
●牛乳と野生のキノコ類の摂取は控える。チェルノブイリの人体汚染は牛乳から。キノコは根が広く、汚染を集積しやすい。

放射線防護の仕方(食品編)7 
●ウラジーミル・バベンコ副所長 最初は野菜。野菜と果物はとにかく「洗って、むいて、また洗う」ことが大切だ。まず表面を流水でよく洗い、放射性物質を取り除く。

放射線防護の仕方(食品編)8 
●バベンコ副所長 その後、葉物野菜ならば外側の3、4枚の葉は捨てる。長ねぎも表面の皮1枚ははぎ取る。そのほかの野菜も皮の部分に放射性物質が多く取り込まれているので皮をむく。

放射線防護の仕方(食品編)9 
●バベンコ副所長 普段は皮を むかないキュウリやナス、トマトなどの皮もむこう。ヘタの部分も大きくカットする。そして、最後に再び流水で洗う。

放射線防護の仕方(食品編)10 
●バベンコ副所長 キノコは特に放射性物質が沈着しやすい。十分注意が必要だ。キノコの種類によっても違う。傘の部分に多く付着していることが多いので傘の表面を薄くそぎ落とす。そして数時間塩水にさらしておく。このとき酢やクエン酸を加えると除染効果は高くなる

放射線防護の仕方(食品編)10の補足 
●キノコ類は根から吸い上げるという説もあります。バベンコ副所長の説が正しいのかどうか…。結果がでるまで、摂取を控えたほうがいいと思います。 

放射線防護の仕方(食品編)11 
●バベンコ副所長 最後は野菜と同様に流水で洗う。手間はかかるが、目に見えない放射能と闘うのだから仕方がない。

放射線防護の仕方(食品編)12 
●バベンコ副所長 肉や魚からも放射性物質を取り込む可能性は高い。特にセシウムは動物の内臓系に取り込まれやすく、ストロンチウムは骨組織に沈着する。

放射線防護の仕方(食品編)13 
●バベンコ副所長 塊の肉は薄切りやブツ切り、ひき肉にして2%の塩水にさらす。このときにビタミンCや酢を加えると効果が高くなるばかりか、肉の栄養分の流出も食い止めてくれる。そしてその状態でひと晩置く。

放射線防護の仕方(食品編)14 
●肉は時間がないときはゆでる方法もある。沸騰したお湯で8~10分間ゆでるのも可。ゆで汁には放射性物 質が溶け出しているので必ず捨てる。

放射線防護の仕方(食品編)15 
●バベンコ副所長 魚もまずはよく洗い、骨にストロンチウムが沈着している可能性があるので、内臓とともに取り除く。さらに放射能を減らすには、 肉と同様に塩水につけるか、ゆでる。エビや貝類にもストロンチウムの沈着が心配されるので同様の処置をする。

放射線防護の仕方(食品編)16 
●バベンコ副所長 ある研究では、ストロンチウムは水洗いで 10~30%、3%の食塩水で30~70%が除去されたという。とにかく洗うことを習慣づけるしかない。

放射線防護の仕方(食品編)17 
●バベンコ副所長 中国ではお茶の作法として、飲む前に一度 お茶の葉に熱湯を注いで湯を捨てる「洗茶」といういれ方がある。日本茶でも、まずこの「洗茶」をして、その1杯目を捨てることで放射性物質の除去を期待できる。

放射線防護の仕方(食品編)18 
●バベンコ副所長 ストロンチウムが体内に入って骨組織に沈着しないように、鶏卵を固ゆでにして殻をむき、その殻を粉末状になるまで砕き、一日に 2gずつ摂取する方法。こうすることでストロンチウムが沈着しやすい骨組織の隙間を埋めてくれるのだそうだ。

 関東一円どころか、関西にまで連日放射能が降り注いでいます!

この放射能から子供たちを守るためには、御両親が注意して放射能から子供たちを守らなければなりません!

大変な時代ですが、今しばらく辛抱して放射能と共存して頂かねばなりません!

放射能を無害化する水は、完成していますが大量生産施設を建設して対応しなければ、大勢の被爆者の皆さんに対応することができません!

今しばらく、お待ちください!


人類の起源と真実「日本人は、ドラコニアン≪YAP(-)遺伝子≫直系!だから~予約で完売!

2012-09-29 13:01:09 | 危機です!

(人類への警告1)「日本人は、ドラコニアン≪YAP(-)遺伝子≫直系!だから~

 

「超消滅」させられる・・・ヒカルランドが、予約販売の時点で完売されてしまいました!皆様に感謝します。これからも世界の真実を書籍にして出版いたしますので、ご支援のほど宜しくお願い申し上げます!

目 次

第1章 呪われた血族

1.人類の起源・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1

2.地球人類の歴史・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3

3. サンへドリンが、レプティリアン・イルミナティに命じて世界統一を開始し 6

4.フリーメーソンを操るレプティリアン・イルミナティ・・・・・・・・・・・7

5.地球の起源・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・15

6.遺伝子操作とクローン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・19

7.アトランティス・ムー戦争・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・21

8.地球に訪れている宇宙人類・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・24

9.アトランティス入植開始・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・26

10.レムリア・ムー大陸について・  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・27

11.与那国島のピラミッドとムー大陸・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・28

 

第2章 爬虫人類

 

12.アリゾナ・ワイルダーから見た爬虫人類レプティリアン・イルミナティ・・・29

13.レプティリアンの目的と種類・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・34

14.レプティリアン・イルミナティが小学校低学年で教えていること・・・・・・37

15.ドラコニアン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・39

16.アメリカ・エリア51の最先端軍事技術・・・・・・・・・・・・・・・・・42

17.レプティリアン・イルミナティの広告塔と戦略・・・・・・・・・・・・・・47

18.13の近代レプティリアン・イルミナティ家族・・・・・・・・  ・・・・・・53

 

第3章 世界統一への道

 

19.HAARP・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 55

20.ブルービーム計画・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・58

21.2012年アセンションの嘘・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・60

22.レプティリアン・イルミナティの内部抗争・・・・・・・・・・・・・・・・62

23.現在の近代レプティリアン・イルミナティ・・・・・・・・・・・・・・・・64

24.悪魔と地球支配21ケ条・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・65

25.近代レプティリアン・イルミナティの世界秩序・・・・・・・・・・・・・・66

26.地球人類は、地球から追われてしまう・・・・・・・・・・・・・・・・・・67

27.2012年問題・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・68

 

第4章 人工削減兵器

 

28.生物兵器の恐怖・ケムトレイン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・71

29.人類削減作戦に使用される生物兵器・・・・・・・・・・・・・・・・・・・74

30.主な生物兵器・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・76

31.生物兵器の種類・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・78

32.生物兵器ノロウィルスについて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・78

33.マイコプラズマ肺炎・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・79

34.エイズウィルス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・80

35.他の生物兵器・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・81

36.兵器としての蚊・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・82

37.インフルエンザ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・84

38.殺せないエイリアンのようなウイルス・・・・・・・・・・・・・・・・・・89

39.人類ねだやしワクチン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・90

40.ビル・ゲイツの正体は、レプティリアン・イルミナティ・・・・・・・・・・96

41.日本での子宮けいがん予防ワクチン無料化・・・・・・・・・・・・・・・・97

42.悪魔の携帯電話・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・99

43.トウモロコシの高果糖シロップ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100

44.ゴキブリも横を向くマクドナルド・ハンバーガー・・・・・・・・・・・・・103

45.上下水道民営化の罠・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・106

 

第5章 日本占領への脅し

 

46.終末へ向かう理由・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・107

47.終末への序曲・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・109

48.レプティリアン・イルミナティ日本占領・・・・・・・・・・・・・・・・・110

49.東日本大地震は、人工地震だ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・119

50.東海地震・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・152

51.南海地震・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・153

52.人工削減・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・154

53.遺伝子組み換え大豆と枯葉剤・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・156

54.地球滅亡の危機・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・162

55.闇の権力者達・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・104

56.アメリカの暴挙・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・166

57.すでに始っている電子戦・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・169

58.日本への攻撃・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・174

59.六ヶ所村核燃料再処理工場が狙われている・・・・・・・・・・・・・・・・177

60.野田佳彦アメリカ傀儡政権・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・179

61.日本での観測史上最高気温・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・180

62.世界金融・経済の恐怖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・181

 

第6章 日本は、四面楚歌

 

63.世界人類の未来・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・182

64.戦後の日本・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・183

65.警告・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・187

66.人工地震は、続く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・196

67.米国放射能汚染・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200

68.福島の原発事故は、人災だ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・201

69.放射能対策・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・204

70.迫りくる核テロの恐怖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・231

71.技術の拡散による脅威の増大・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・232

72.核テロの被害予測・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・235

73.ダーティーボムを使ったテロ攻撃・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・236

 

第7章 反撃の狼煙

 

74.希望・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・238

75.つぶやき・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・240

 出版とは多少違いがありますが、目次です。

記載されていることは、む全て真実ですから、参考になされて、これからのよりより人生をお送りください!

 


日本の食卓が、有毒食品ばかりに成っています!

2012-09-28 21:08:03 | 危機です!

モンサント社の遺伝子組み換えトウモロコシを食べるとハツカネズミは、このように成ってしまいます!

 

ハツカネズミが、このように成ってしまいますが人間は何ともないのでしょうか?

日本のスーパーに置かれている大半のトウモロコシは、モンサント社の遺伝子組み換えトウモロコシですから、食べ続けていれば結果は必ず出ます!

既に、奇形児が増えていますが、まさかモンサント社の遺伝子組み換えトウモロコシを食べていませんでしょうね!

 

この遺伝子操作による鶏が、これからの主流に成っていきますが貴方は四本足の鶏肉を食べられますか?

 

遺伝子操作により誕生した豚です!

遺伝子操作により誕生した羊です!

遺伝子操作により誕生した牛です!

 モンサントの犯罪の数々

GMOを武器に世界の種子と農業を支配しようとする巨大アグリビジネス企業・モンサントへの鋭い批判に貫かれている。これでもか、これでもかと突きつけられるモンサントの犯罪の数々に、新たな怒りが掻き立てられるが、このモンサントの悪業を阻止する事は出来ないのか!

 モンサントの犯罪告発である。

 1.ベトナム戦争で大量に散布された猛毒物質ダイオキシンを含む枯葉剤ラウンドアップはモンサントによって製造された。

 2.また、毒性が高く、ホルモン異常を引き起こすPCB(ポリ塩化ビフェニル)はモンサントの主力商品だった。

 3.安全性が疑われている人口甘味料アスパルテールも、モンサントによって製造されている。

 4.悪名高い遺伝子組み換え牛成長ホルモンrBGHもまた、モンサントの手になるものだ。

 5.これら製品の安全性確認では平然とデータの捏造をやってのけ、PCB製造工場近辺では住民への甚大な被害が出ているにもかかわらず訴訟を引き伸ばしているモンサントを裁きの場に引きずり出して断罪に処するべきである!

 

遺伝子組み換えの種子市場独占によって世界の農業を支配

 世界の種子市場を独占しようとするモンサントのやり方、それがもたらす災厄への警鐘である。モンサントの種子戦略の狙いを暴露しなければならない!

 「第二の農業革命(GMOの導入)は、モンサントが主導する革命である!」

 「それは、食糧の安全保障とは関係がない。モンサントの収益拡大があるだけである!」

 「種子を知的財産として所有できる規範を確立してしまうと、(種子から)特許使用料を徴収できる。すべてをモンサントに依存することになる!」

 そしてその脅威について、このような戦略は、爆弾よりも、銃砲よりも重要である。

 世界を支配するのに、これ以上の手法はない!

 世界で繰り広げられているGMOをめぐる恐るべき実態を告発する!

 米国内では、モンサントの承諾なしにGMOの種子を使用する農家の告発が奨励され、その結果として、農民間の共同体意識が崩壊してしまった!

 

「遺伝子汚染」の脅威と農業の破壊

95年から2000年にかけてモンサントは世界の50にものぼる種子会社を買収し、世界中で、GMO栽培を拡大させている。

 世界三番目の綿花生産国インドでは、モンサントの手によるBtワタ以外を農家が手に入れることが困難となった。

 高価なBtワタの種子を購入する以外に選択肢はなく、Btワタは病気に強いわけでもない。

 一度不作になれば農民の没落は避けられない。

Btワタを栽培する一帯の自殺率は、その他の地域と比較して群を抜いて高い。モンサントによって農民が自殺に追い込まれているのだ!


メキシコでは、NAFTAによって補助金まみれの米国産のGMOトウモロコシが市場を席巻してしまった。

 そのような中、メキシコのトウモロコシ原生種にGMO遺伝子が交配によって入り始めた。

 

遺伝子汚染である!

 その勢いは凄まじく、ある農民指導者は、モンサントの息のかかった何者かが、意図的にGMOの花粉を散布しているのではないかと疑っている。

 パラグアイ政府はGMOを認可してこなかったが、大規模な密輸によってGMO種子が持ち込まれ、開国=GMOの認可を余儀なくされた。

 到底納得できないことではあるが、モンサントが開発したGMOの遺伝子が入り込んだ作物は、モンサントの知的財産が使用されていると見なされ、自由な栽培は認められないのだ。

 当然のこと、モンサントに対して種子の使用許可を得るための、莫大ない支払いを余儀なくされる。

 そしてパラグアイでは今、小規模農家が次々と没落しているのである。

 知る限りでは、このような側面、モンサントの種子支配と世界戦略をこれほどまでにまとまった形で紹介したことは、これまでになかったのではないか。

 モンサントによる世界の種子市場の支配が、どれほどまでに恐ろしいことにつながるかなるかを訴えている。

 またモンサントの告発は、グローバル化による超巨大多国籍企業による世界市場の支配が利潤獲得の欲望にまみれたものであり、地球環境の破壊すらも省みないものであること、恐ろしい災難を人類にもたらすことの例証である。

 

食糧危機をテコに莫大な利益をあげるモンサント

アグリビジネスの巨人、モンサントの世界戦略”の内容は、今日、非常に重要かつ実践的活動と結びついている。

 

食糧危機が叫ばれる現在、食糧の増産が声高に叫ばれ、まさにこのような声を追い風として、GMOの急拡大が図られようとしている。

 モンサントにとって爆発する食糧危機は、途上国人民の飢餓を代償として莫大な利益を上げる絶好の機会でしかない。

 今年2月末までの3ヵ月純利益が2007年の同月比の2倍を超え11億ドル2000万ドルに上ることが発表された。

 現在、大豆、トウモロコシ、ワタ、ナタネを中心に、全世界でGMOは急拡大しており、2007年には、前年度の1億haから1億1430万haを突破すると推定されている。これは全世界の農地の約7%に相当する。

納豆、豆腐は、全部遺伝子組み換え作物により作られています!


自然界の遺伝的多様性を守り、安全な食糧生産、安定した食糧生産の実現、食糧主権の確立のためには、モンサントの世界戦略の批判と闘いを避けて通ることはできない!

 

モンサントによる既存の農業破壊は、アフリカからインドへと移された!

ケムトレインには、いろいろな物質があり人間を対象にしたものから、農地や山林を不毛の大地に変えてしまう薬品がある。

 

 

この中には、人体用の薬剤や、農地破壊の薬剤が入っており用途により種々の薬剤が使用されます!

モンサントにより、世界の食が変えられています!

在来種を滅ぼしてしまいモンサントが開発した食糧のみにして、世界の食糧をコントロールしようとしています!

生存の危機にさらされていますぞ!

 

 

 

 


遂に福島の子供たちに、恐れていたことが起きている!次は、関東だ!

2012-09-27 22:54:04 | 最新技術

遂に恐れていたことが起きている!

 福島県の県民健康管理調査検討委が、発表した甲状腺検査の結果が問題に成っています。

一人の子供に甲状腺癌が発見されたと関係者や父兄の間で、大騒ぎに成っているのです!

 

検査の対象者は、原発事故当時に18歳以下だった36万人だが、検査は昨年実施されて、今日までに8万人の検査結果が判明したのです。

 

8万人の内、5.1ミリ以上のしこりなどが見つかった60人を対象に、2次検査を実施したところ1人が甲状腺癌と判定されたのです!

 

この日は、今年度に行った1次検査の結果も公表されましたが、福島氏の子供4万2,000人を検査すると、結節や囊胞(のうほう)などの異変が見つかった子供たちが実に43.1%に上がったのですから、父兄は大騒ぎに成りました!

 

ところが、この検査結果に検査を担当した福島県立医大は、「放射能の影響ではない」と発表したのですから、父兄は驚いています!

「チェルノブイリ事故でさえ、甲状腺癌が発症するまで最短で4年、事故後1年半の福島では放射能の影響は認められない!」

との発言をしたそうですが、大バカ者です!

 チェルノブイリの事故は、ソ連政府が隠蔽に隠蔽を重ねましたが、放射能被害が増大してしまい隠蔽しきれずに、事実が露見してしまい国際的に批判されてしまったといういわくつき隠蔽工作事件であるということは、国際的に知られている事実なのですが、この隠蔽した悪例を取り上げる福島県立医大は、無能力売国奴達の巣窟でしょう!

 

この福島県立医大の論評に対して、放射能被曝から子供たちを守るために疎開を訴えている「ふくしま集団疎開裁判」の主任弁護士の柳原敏夫氏らは、

「チェルノブイリでは、事故から5年経過して、子供達に深刻な被害が出てから、始めて住民の避難義務などの法的な枠組みができたが、余りにも遅すぎてしまい大量の被爆者が、幼い命わ落としてしまったのです!」

 

昨年の検査で、異変が発見された子供は全体の35%あり、今年はさらに増えていると思われ、もはや一刻を争う事態に成っているのです!

 

このような緊急事態ですが、民主党の野田佳彦は無関心のようです!

次は、関東の子供たちに異変が起こります!

そして、大人たちにも異変が起こります!


日本国民は愚かにも、再び本家売国奴政権を支持しようとしている!

2012-09-26 17:12:18 | 超自然現象

第二次小泉純一郎売国奴劇場の始まりです!

予定通りに、安倍晋三が自由民主党総裁に選出されました!

(自民党総裁選決選投票結果 安倍晋三=108票、石破候補=89票)

 

安倍晋三の自由民主党総裁は、10日前から決まっていました!

如何にも党員を含めた選挙をして、安倍晋三の自由民主党総裁を決定したかのようですが、これは自由民主党のパフォーマンスでしかありません!

 

次に、自公維新の三者による連立を組み総選挙に突入します!

そして、日本国には再び強固なアメリカ傀儡政権が誕生してしまいます。民主党による売国奴政権は、にわか作りの売国奴政権でしたが、今回はガチガチの本格的売国奴政権ですから、日本の富は根こそぎ奪われてしまうでしょう!

まず手始めは、郵政の民営化による資産の強奪です!

この安倍晋三という男は、民意などは全く無視する男ですから、このような男を総理大臣にしてはいけません。

 売国奴小泉・竹中路線の完成を狙ったものだからです!

自由民主党

公明党

日本維新の会

自公維新の三者による連立を画策した、小泉純一郎と竹中平蔵!

 

 次の選挙では、落選確実で行きどころのない面々が必死になるのは当然として、問題は「減税日本」を率いる河村たかし名古屋市長が参加したことです。

 河村氏が掲げる政策は、維新の会と真逆のものが多く、到底相容れるとは思われません。それに「国民の生活が第一」と連携しているのに討論会に参加した事については、賛否両論あります。

 大村秀章愛知県知事、河村たかし名古屋市長という2人の地方自治体のトップも既に大阪維新の会に沿った政策を発表していますので、この連立に参加するでしょう!

 東国原英夫・前宮崎県知事も、参加の意向を述べています。



 
 減税は河村市長の目玉政策で、幾ら連携するためとは言え、これを引っ込めたらいかんでしょう。これまでの支持者に対する裏切り行為でもあり、ここまで媚びたら、権力亡者の謗りを受けても致し方ありませんね。

後々揉め事が起きることは、目に見えていますから、そうなったら、河村氏の経歴に傷がつくだけです。

  またマスコミは、盛んに大阪維新の会を採り上げてブームを盛り上げようとしていますが、これは売国奴電通を通した米国の指示によるものなのです。

いくらマスコミを使って国民を騙そうとしても国民は、いつまでも騙されませんよ!

 多くの国民が、ネットなどにより大阪維新の会の実態を知っていますから、やがて離れていくことでしょう!

 日本維新の会のブレーンである堺屋太一こそは、バリバリの売国奴であり、維新の会のブレーンは、小泉竹中路線に関係または共鳴している人物で占められています。

1996年12月にアメリカのメリーランド州で開かれたのが「日米21世紀委員会」の第1回目の会合。この委員会はCIAと深い関係にあることで有名なCSIS(戦略国際研究センター)が企画したプロジェクトで、そのメンバーは次の通りですから、堺屋太一がどれだけの売国奴であるかは一目瞭然であります!

【アメリカ】
名誉委員長:ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領
委 員 長:ウィリアム・ブロック元労働長官
副 委員長:ハロルド・ブラウン元国防長官 (トーマス・フォーリーは駐日大使に就任したため、退任)
委   員:レスター・アルバーサル、ウィリアム・ブリーア、ウィリアム・クラーク、リチャード・フェアバンクス、ロバート・ホーマッツ、カレン・ハウス、フランク・ムルコースキー、ジョン・ナイスビット

【日本】
名誉委員長:宮沢喜一元首相
委 員 長:堺屋太一
副 委員長:田中直毅
委   員:土井定包、福川伸次、稲盛和夫、猪口邦子、小林陽太郎、中谷巌、

     奥山雄材、山本貞雄、(速水優は日銀総裁に就任したため、退任)
顧   問:小島明

 この委員会は1998年に報告書を発表、その中に日本が目指すべきだという方向が示されています。

(1) 小さく権力が集中しない政府(巨大資本に権力が集中する国)、

(2) 均一タイプの税金導入(累進課税を否定、消費税の依存度を高めること になる)、

(3) 教育の全面的な規制緩和と自由化(公教育の破壊)だ。1970年代以降の世界経済を破壊してきた最大の要因、オフショア市場のシステムには触れていない。

 この日本側の委員長を務めた堺屋太一が、橋下一派に加わっていることは偶然でないのです。

堺屋太一

財界と密接な関係にある田中直樹は、2007年から「国際公共政策研究センター理事長」を務めているが、郵政民営化委員会の委員長でもあった。

ご挨拶

 田中直毅

郵政民営化委員の中には、大阪市特別顧問の野村修也も含まれている。

野村修也

大阪市で行われた「思想調査」の中心人物は野村だということだ。

 この野村がメンバーに名を連ねるポリシーウォッチの代表は竹中平蔵で、中曽根康弘首相の時代に「私有化」や「規制緩和」を推進した加藤寛もメンバーである。

加藤寛

以前は木村剛も参加していたようだ。

 大阪維新の会が目指しているものは、この「日米21世紀委員会」の報告書と同じものだと考えてよい!

つまり、TPP参加で我国を米国の巨大資本の支配下に置き、税制は消費税中心に移行しますが、完全米国支配を目論む経済テロです!

 そして、企業による学校経営に道を開き、大企業に役に立つ人材(奴隷)を育成しようというわけなのです。

これは、一般国民にとっては、悪夢でしかありません!

 橋下氏がこれまで大阪でやってきたことと、見事に符合します!

これを全国的に推進しようというのが「日本維新の会」で、小泉竹中時代にやり残したことを成し遂げるのが、橋下らの役割なのですから、あきれ果ててしまいます!

橋下徹は、島田紳助に暴力団との交際や、女遊びをCIAに売り飛ばされてしまい日本改革の革命児どころか、売国奴に成り果ててしまったのです!


 維新の会に参加しようという方々は、この事を承知しているのでしょうか?

 有権者の方々も、この点をよく理解しておくべきです!

 選挙の際には、間違っても「日本維新の会」に投票することのないように注意する事です!

維新どころか、「日本売国奴の会」ですから!

選挙後には、「日本維新の会」と連立を組むのは、自由民主党と、公明党ですからね!

もはや日本国には、国民による国民のための政治が、行える環境はありません!

戦後65年、アメリカによる実質的日本占領は続いています!

この呪縛から、日本国と日本国民は一日も早く逃れなければなりませんが、そうは簡単にアメリカも離してくれません!