高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟

世界平和に導く為の語録

「愛犬」ではなく「奴隷」、「操り人形」だな!!

2019-02-23 00:10:00 | 売国奴

「愛犬」ではなく「奴隷」、「操り人形」だな!!

安倍首相はトランプ大統領の「愛犬」なのか トランプ氏を「ノーベル平和賞に推薦」の波紋

2018年11月にアルゼンチンで開かれたG20サミットで、安倍晋三首相とアメリカのトランプ大統領(写真:時事通信)©
東洋経済オンライン 2018年11月にアルゼンチンで開かれたG20サミットで、安倍晋三首相とアメリカのトランプ大統領(写真:時事通信)

 アメリカのトランプ大統領が安倍晋三首相からノーベル平和賞に推薦されたと自慢したことが国内外に複雑な波紋を広げている。

 統計不正問題で揺れる国会でも、野党側は早速「恥さらし」などと首相を批判。

 与党内からも疑問の声が出ている。首相とトランプ氏は「世界が認める親密な関係」(外務省幹部)ではあるが、今回のトランプ氏の軽口を受けて、海外メディアの多くは「やはり安倍首相はトランプ大統領の“ポチ”(愛犬)だった」と揶揄した。

 ただ、外交専門家の中には「安倍流の強かな猛獣使い外交」と評価する声も出ており、当分は国際社会で格好の話題となりそうだ。

 事の発端は15日のホワイトハウスでのトランプ大統領の記者会見だった。

 内外の課題に言及する中で、トランプ氏は、安倍首相から5ページの推薦状のコピーを手渡され、「日本を代表して謹んであなたを推薦する」と伝えられたと得意げに説明した。

 2月27、28両日には2回目の米朝首脳会談がベトナム・ハノイで開催される。

 関係各国の外交関係者の間でも「トランプ氏は米朝会談での合意に前のめりの証拠では」などと想定外のトランプ発言に揣摩臆測が広がっている。

推薦は「恥ずかしいほどの対米追従」

 一方、18日の衆院予算委員会で野党側はトランプ発言の真偽をただした。

 安倍首相は「ノーベル委員会は推薦者と被推薦者を50年間は明らかにしないのがルールなので、コメントは差し控えたい」としながらも、「事実ではないと言っているのではない」と、歯切れの悪い答弁を繰り返した。

 野党側は、国際社会で批判を浴びた中距離核戦力(INF)全廃条約破棄やイラン核合意離脱などのトランプ外交を指摘して、「(平和賞の)推薦はあり得ない。

 恥ずかしいほどの対米追従で国益を損なう」などと攻撃した。安倍首相は「(トランプ大統領は)北朝鮮の核・ミサイル問題の解決に向けて果断に対応している。

 拉致問題の解決にも積極的に協力していただいている」と反論。「アメリカは日本にとって唯一の同盟国であり、一定の敬意は払うべきだ」などと声を荒げる一幕もあった。

 政府内でも河野太郎外相が19日の記者会見で、「米朝のプロセスがさらに進み、北朝鮮が非核化、ミサイル放棄を実現した場合には、トランプ氏は平和賞に値するのではないか」と間接的に首相を擁護した。ただ、自民党内では「日本はトランプ氏にいいように利用されていると、国際社会で受け止められかねない」(長老)との懸念も相次いだ。

 昨年6月の歴史的な米朝首脳会談の前後から、トランプ大統領は地方遊説の場などで「ノーベル平和賞」に言及し、支持者が「ノーベル、ノーベル」と連呼する場面もあった。

 今回のトランプ発言も「お得意の自慢話の延長線上のもの」(外務省幹部)とみられている。

 外務省筋によれば 米朝首脳会談後にアメリカ側から「推薦してほしい」との打診があり、安倍首相がそれに応じて推薦状を送ったとされる。

 ノーベル賞の推薦は各国元首や国会議員、大学教授、受賞経験者らに資格があり、毎年2月が締め切りとなっている。

 安倍首相の推薦理由について、トランプ氏は「日本の領土を飛び越えるようなミサイルが発射されていたが、いまは突如として日本人は安心を実感しているからだ」と解説した。

 このトランプ発言に欧米メディアはすぐさま飛びついたが、トランプ氏に批判的とされる米有力紙はコラムの中で「本当に安倍首相は推薦したのか、トランプ氏が安倍氏と文在寅韓国大統領を混同しているのでは」と憶測するなど懐疑的な報道も目立った。

 一方、安倍政権に批判的な朝日新聞は18日付けのコラム「天声人語」で、「ノーベル賞級のお追従」とのタイトルで「賢く断る手立てはなかったのか」「いかにも外聞が悪い」などと安倍首相の対応を非難した。

 これに対し、首相支持派とされる産経新聞は20日付けのコラム「産経抄」で「(トランプ氏を)賞にふさわしいと考える人は多くないだろう」としたうえで、「(推薦を頼まれれば)日本の国益のために、同盟関係にある超大国の力を徹底的に利用するのは当然」と安倍首相を擁護してみせた。

 その上で、「天声人語」の「賢く断る手立て」に絡めて「どんな手立てがあるのか、ぜひ、教えて欲しい」と揶揄した。

米国追随か、対米自立外交か

 ここにきて、日米関係は貿易交渉などで厳しさを増している。ただ、事務レベルでの交渉担当者は「日米両首脳の極めて親密な関係が、危機を防ぐ最大の武器」(経済産業省幹部)と強調する。一部メディアの「盲目的な米国追随」「トランプ氏のご機嫌取り」などの批判についても、政府側は「首相は自由貿易、パリ協定、イラン核合意など重要な外交案件でトランプ氏と違う立場を堅持しており、まさに対米自立外交だ」(官邸筋)と反論する。

 今回の突然のトランプ発言に首相サイドは「4月1日だったら、みんなエイプリルフールだと思ったのだろうが…」と困惑を隠さない。

 ただ、自民党の外相経験者は「アメリカの大統領がどんな人物であろうと、日本の首相は個人的にも信頼関係構築に努力するのは当然。その延長線上でのノーベル賞推薦も有効な外交戦術ともいえる」と評価する。

 15日の会見でトランプ氏は、「おそらく受賞しないだろうが、それで構わない」と笑顔で語ったとされる。

 「来年の大統領選をにらんだトランプ流の自己宣伝」(外務省幹部)というわけだ。

 アメリカの事情通の間でも「今年秋にノーベル平和賞を逃せば『ノーベル賞はフェイクだ』と言って、逆に支持者の喝采を浴びるのが狙い」との見方がもっぱらだ。

 一方、今回の騒ぎについて、与党内では「日米の親密な関係の象徴でもあり、首相への注目度が上がれば、いろいろな批判も帳消しになる」と参院選などへの影響を懸念する声は少ない。

 さらに「ここでトランプ氏を推薦すれば、首相が日ロ平和条約交渉で合意にこぎ着けた時に、トランプ氏が平和賞の推薦人になってくれるはず」(細田派幹部)とのやや手前勝手な期待を口にする向きもある。

 こうしてみると、今回のノーベル平和賞推薦騒動は「トランプ氏という異形のアメリカ大統領の自作自演の喜劇」(外務省幹部)ともいえる。

 このため自民党内でも「野党などが攻撃しても、国際社会における首相の存在感を際立たせるだけ」(長老)との見方も少なくない。

以上

クリックして応援を宜しくお願いします!!

クックして応援を宜しくお願いします!!

  

  

・「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

・ネサンは、ソマチッドでガン患者1000人の内、750人(75%)を完治させた。

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備え「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。最低、半年は飲んでください!!

効果が無ければかかった費用は、全額返金します!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 送料は着払いに成ります。

 

   


猛毒の抗がん剤は、輸入していない「日本国内の製薬会社」で作られている!!

2017-07-18 16:45:42 | 売国奴

猛毒の抗がん剤は、輸入していない「日本国内の製薬会社」で作られている!!

 製薬会社は、WHOで禁止された「抗がん剤」をアメリカから無理やり買わされているように装っていますが、それは国民だましの「嘘」です!!!

 原材料の「毒ガス」は、東京ガスがアメリカより仕入れて各製薬会社に卸しており、各製薬会社は自社でビタミンなどを添加して英語表示をし、さもアメリカ製の「抗がん剤」のように見せかけて販売しています。

 「抗がん剤」ほど儲かる薬はありません!!

 「癌患者」さまさまです!!

 今の医師会の医師たちは、大学の医学部で「癌は治らない」と教えられていますから、「癌患者」は死ぬという前提で、「延命医療」を施しているというのが現状です。

ですから「癌患者」や、癌患者の家族が、

「先生対価りますか?」

と尋ねても、

「最善を尽くします!!」

「頑張ります!!」

「努力します!!」

としか答えません!!

 しかし、医師とは言えWHOで「抗がん剤禁止」とされたのにも関わらずに、これら「抗がん剤」を乱用して「癌患者」を死亡させることは、刑法にある「未必の故意」の「殺人罪」に該当しますぞ!!

 国民の病気を治療するはずの医師たちが、猛毒の「抗がん剤」と知りながら「癌患者」に投与するなどは、鬼畜のする行為である。

小林麻央さん死去に、新たな事実発覚!!!本当はガンは治っていた??【裏芸能ブチギレ】

【衝撃】小林麻央さん。ガンがお腹から飛び出していた・・【悲しみ】

【小林麻央さん死去】ブログに書かれなかった花咲き乳がんの壮絶闘病生活とは?

クリックして応援を宜しくお願いします!

 リックして応援を宜しくお願いします!!

  

   

にほんブログ村

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「汚れを溶かす力」と「汚れを洗い流す力」が、何よりも優れているのです。 

40日で、4ステージが改善します!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 

着払いに成ります!!

 

特殊な「波動」が、癌細胞を死滅させます!!

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

 

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

 

 


米政府が大麻でガン細胞が消滅することを認める !!

2017-06-26 16:14:58 | 売国奴

米政府が大麻でガン細胞が消滅することを、遂に認めました!!

転載
カンナビス(大麻)がガン細胞を殺すことを、ようやく米政府が認める!!

   カンナビスがガン細胞を殺す、という地球が揺らぐような主張を、アメリカ政府が自らの地位を利用してまで支援することとなった。

 これまでヒッピーや陰謀論者、そして一部の科学者までがみんな揃ってカンナビスという薬草を吸ったり、あるいは食することで医学的な効能があると主張し続けている。

 グローバル・ヘルス(global health)の見積りによると、世界中で一日あたり2万人がガンによって死亡しているという。

 マリファナに含まれる重要な有効成分には、結腸ガン、肝臓ガン、乳がんそしてその他、複数のガンと闘う効果があることが発見されている。

 またカンナビジオールは抗がん剤の効果を、性質の悪い副作用なしで強化させることも示唆されている。

 アメリカ政府のCancer.orgのウェブサイト上では、ある健康研究家が次のように主張している。

「ネズミやラットを使用した研究では、カンナビジオールが、腫瘍細胞の死亡の原因となり、細胞の成長を阻害し、そして腫瘍が成長するために必要な欠陥の発育を阻害することによって腫瘍増殖を抑制する可能性があることが明らかにされています。」

「実験室および動物実験からは、カンナビジオールがガン細胞を殺し、健康な細胞を保護している可能性があることを示しています」

「ネズミに対する実験では、カンナビジオールは結腸を炎症から保護し、結腸癌のリスクを下げる潜在力があることが判明しています」

「実験室での研究では、肝細胞ガンの中に入れられたデルタ-9-THC(訳注:カンナビスの酩酊成分)が、ガン細胞を破壊、あるいは殺していることが確認されました。」

「同実験では、非検体のネズミの中の肝臓ガンのΔ(デルタ)-9-THCには、抗がんの効果があることが明らかになっています」
以上

 

マリファナは、がんを倒す特効薬である!?

 

 1年間に「癌」で40万人の国民が命わ奪われていますが、マリファナで癌細胞が死滅するとなると「抗がん剤」殺される癌患者がいなくなってしまうだろう・・・・・!!

 マリファナはがんの腫瘍細胞を殺し、増殖を妨げ、化学療法のような破壊的な副作用ももたらさない。

 新しい研究が、マリファナに含まれるカンナビディオールやTHCの有効性を裏付けた。 

 

 研究者の間では、マリファナに存在するカンナビディオール(CBD)という物質が、がん細胞の成長を遅らせ、腫瘍を育てる細胞の形成を妨げるため、がんやその転移と闘うのに役立つという確信が強まっている。

 その有効性を裏付ける新しい研究があるのだ。この物質が痛みや、吐き気や、この病気や化学療法の副作用を緩和することはすでに知られている。

 

 『Newsweek』が伝えているように、すでに2007年にカリフォルニア・パシフィック医療センターのある研究が、カンナビディオールが乳がん患者の腫瘍細胞をどのように殺し、悪性腫瘍を破壊して、病気をほかの細胞に転移させるうえで鍵となる役割を果たすタンパク質、ID-1遺伝子のスイッチをオフにするかを示していた。

 

 この遺伝子は、健康な個体においては、胚発生の間のみ活動する。

 しかし乳がんや、その他の進行した悪性腫瘍にかかった人においては、この遺伝子が活動して、病気のほかの健康な細胞への移行を助けて、転移を引き起こすことが観察された。

 

「この遺伝子を活性化させる攻撃的な腫瘍は10あまり存在する」と、研究者たちは説明している。

 そして、カンナビディオールはこれを止めることができる。

 従って、前例のない強力な治療法となる。

 化学療法のように病気を止めるけれど、遭遇するあらゆる種類の細胞を殺し、病人の体と精神を破壊する化学療法と違って、特定の悪性細胞のみをブロックすることができるのだ。

 

「カンナビディオールは何千人もの患者に、非毒性治療の希望を与える」と、研究グループのリーダーを務めた研究者、マカリスターは述べた。

 しかしそれ以来、研究室で観察された効果を人体で検証するために必要な臨床試験はまだ行われていない。

 

 マカリスターはまだがん患者にこの治療法の効果をテストするための資金を探している。

 その間彼の研究グループは、研究室でカンナビディオールを基本にした治療法を化学療法と組み合わせることが可能で有益かどうかを分析している。

 彼の研究は、カンナビディオールの効果がこのようにして強められることをすでに証明済みだ。

 そして化学療法はより強力な効果を生み、逆に毒性は少なくなる。

 というのも、量を劇的に減らすことが可能だからだ。

 

 こうした物質の効果を発見したのは、マドリードのコンプルテンセ大学の生物学者、クリスティーナ・サンチェスだ。
 彼女は脳の腫瘍細胞を分析することで、細胞の新陳代謝を研究していた。
 これは普通の細胞よりもずっと速く成長する。
 
 彼女は、この細胞がテトラヒドロカンナビノールに晒されるといつも死滅することに偶然気付いた。
 マリファナの向精神作用を引き起こす、有名なTHCのことだ。

 

 彼女は研究を続け、1998年にこれを発表して、THCが脳腫瘍のとりわけ攻撃的な形態をもつ細胞のアポトーシス、すなわち死を誘発することを証明した。

 これに続いて、多くの裏付けがさまざまな国で行われたが、THCやその他のマリファナから派生する物質=カンナビノイドは、直接的な抗腫瘍効果をもっていることがわかっている。

 

クリックして応援を宜しくお願いします!!

 リックして応援を宜しくお願いします!!

  

   

にほんブログ村

 人間に対する最初の臨床試験は2006年にスペインで行われた。

 研究者たちはTHCを、伝統的な治療法からは恩恵を得られなかった9人の脳腫瘍患者に投与した。

 カテーテルで直接、病気にかかった細胞にTHCを注入した。

 9人全員において腫瘍の増殖が著しく減退したことが観察され、その結果は『Nature』に掲載された。

 

 その間に、ハーヴァード大学の研究者たちは、肺がん対しても同じ効果があることを発見した。

 彼らが注目した最も驚くべきことは、THCが腫瘍細胞のみに打撃を与え、健康な細胞が攻撃されることはなかったという事実だ。

 

その後、ロンドンのセント・ジョージ大学の最近の研究は、白血病に対しても同じ効果を前臨床試験によって観察した。

 今年7月末、ドイツのフライブルクで行われた最近の国際カンナビノイド研究会の大会では、このテーマの最も有名な専門家たちが、ひとつのテーブルを囲んだ。

 

 非常に興味深い貢献がイタリアの研究者からもあり、彼らはカンナビノイドを「前立腺がんにおける腫瘍細胞の除去のために利用できる最も強力な武器」と評した。

 また、イギリスのランカスター大学の研究者たちは、結腸の腫瘍に関しても同様の結論を報告した。

 

 これらすべては、腫瘍との戦いにおいて新しい、将来有望な道筋を開く。

 しかし、はっきり言っておかねばならないのは、向精神作用をもつドラッグと見なされているカンナビスの「一般的な」使用による薬理的、毒物的な影響は、直接的に向精神性物質を摂取することになるだけでなく、熱分解、すなわち紙巻きの「麻薬タバコ」の燃焼の過程で生み出されるその他の物質による脅威に晒されることにもつながるということだ。

 

 実際、マリファナやハシシをふかしたときに発生する煙は、酸化窒素、一酸化炭素、シアン化物、ニトロソアミンを含んでいる。

 また浮遊粒子状物質は、フェノール、クレゾール、そしてさまざまな芳香族炭化水素、あらゆる潜在的な発がん性物質を含んでいる。

 このようにマリファナは、もろ刃の剣でもある!!

クリックして応援を宜しくお願いします!!

 リックして応援を宜しくお願いします!!

  

   

にほんブログ村

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「汚れを溶かす力」と「汚れを洗い流す力」が、何よりも優れているのです。 

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 

 

特殊な「波動」が、癌細胞を死滅させます!!

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

 

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

 


癌の免疫治療の「罠」!!

2017-06-25 19:39:13 | 売国奴

癌の免疫治療の「罠」!!

 抗がん剤の恐怖に、おののき「免疫療法」の門を叩くと高額の治療費を取られてしまいますぞ!!

 病院の免疫療法に医学的根拠なし!

 免疫療法は、500万円~1,000万と高額であるのに、「6ケ月」から「10ケ月」しか延命することができ出来ません!!

 

 免疫療法に、騙されてはならない!!

 日本の免疫療法にみるがん医療の問題点とは「治療法」は、医学的に効果が証明されていない。

 日本における免疫療法の実態から、エビデンスに基づいた効果の検証、効果がない治療法がはびこる原因となっています。

 免疫療法は、対象が癌の一部であり、方法も副作用が多くあるという前提に立っています。

 菜食で健康になり、免疫力が上がることはありません!!

 それどころか、動物性タンパク質を避けて菜食中心にすると、たいてい痩せてきますから、寿命を縮めてしまいます。


 がん患者の場合は、特に危険です。

 菜食中心にして体重が落ちると、がんが爆発的に増殖する恐れがあるからです。

 美味しくもない食事療法を徹底的に実行してしまい、体重が激減し、がんの増殖が速まります。

 

クリックして応援を宜しくお願いします!!

 リックして応援を宜しくお願いします!!

  

   

にほんブログ村

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「汚れを溶かす力」と「汚れを洗い流す力」が、何よりも優れているのです。 

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 

特殊な「波動」が、癌細胞を死滅させます!!

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

 

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!


 


「抗がん剤」に仕掛けられた「罠」!!

2017-06-24 00:26:54 | 売国奴

「抗がん剤」に仕掛けられた「罠」!!

抗がん剤を投与されたら助からない!!

幾ら利幅が大きいからと言って、「猛毒」を人体に注入することは許されない!!

WHOでは、禁止されているのに「日本」は、いつまで「抗がん剤」の使用を許すのか!!

 

末期癌患者には、「安楽死用」のモルヒネが投与されます!!

 この「合成モルヒネ」を投与されますと、だいたい20日~30日で「心筋梗塞」で死亡してしまいます!!

 血圧が下がり、心臓が弱る「合成モルヒネ」です!!

キニナルより

この記事の目次

はじめに:日本の最新のガン統計まとめ

・死亡数の多いガンの部位

・ガンで死亡する確率:男性25%、女性16%

・ガンにかかる確率(2012年度データ)

ガンに関する、20個の真っ赤な嘘

1:「ガンは自然発生的にかかるものである」という嘘

2:「ガンに明確な治療法はない」という嘘

3:「ガンは化学療法で治療できる」という嘘

4:「抗ガン効果のある食品やハーブは存在しない」という嘘

関連記事

5:「化学物質はガンを引き起こさない」という嘘

6:「殺虫剤や除草剤には発ガンの危険性がない」という嘘

関連記事

7:「ガンは遺伝子的に予め組み込まれており、それを止める手段はない」という嘘

8:「医者はガンを根絶するために頑張っている」という嘘

9:「マンモグラフィーは乳ガンの早期発見に役立つ」という嘘

関連記事

10:「ガンの診断は常に正確に行われている」という嘘

11:「製薬会社はガンの治療法を見つけようとしている」という嘘

12:「製薬会社はガンの治療法を提供してくれる」という嘘

13:「あらかじめ乳房を切除することで乳ガンを予防できる」という嘘

14:「日光は皮膚ガンの原因である」という嘘

関連記事

15:「ガンの治療法が見つからないのは投資が不十分だから」という嘘

16:「抗ガン剤などの化学的治療法は、ガンに対して非常に有効で安全である」という嘘

17:「食生活とガンは無関係だ」という嘘

関連記事

18:「ガン業界は、ガンを無くそうと努めている」という嘘

まとめ:ガンに関する知識は嘘だらけ

 

癌細胞だけを消滅させる「波動」を発生させるシートです!!

癌細胞は、特定の波動で消滅してしまいます!!

高等生物からの贈り物!!

 また「ソマチット」は、「癌細胞」をもとの細胞に戻してしまいます!!

クリックして応援を宜しくお願いします!!

 リックして応援を宜しくお願いします!!

  

   

にほんブログ村

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「汚れを溶かす力」と「汚れを洗い流す力」が、何よりも優れているのです。 

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 

特殊な「波動」が、癌細胞を死滅させます!!

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

 

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!