アッパレじゃ!

大好物は舞台観劇♪ようござんすか?ようござんすね。”私見”バリバリ入りますっ!ネタばれアリアリ~。

”新選組!!”土方歳三最期の一日

2006年01月11日 | 歌舞伎

その日は午後3時過ぎから
ズーッとNHK。ズーッと「新選組!」
夜はいよいよ!「”新選組!!”土方歳三最期の一日」
ここまで浸ると、去年の大河ドラマって「新選組!」だったよねモード。
おいおい”義経”忘れてやるなヨ。

「新選組!」が大河ドラマでスタートしたとき、
大河常連のおじサマ達は顔をしかめたっけ。
これも見捨てたら損するゾ~。

続編だから「新選組!!」 ”!”が2つになってるところがミソ。

近藤勇亡き後、新選組を率いて戦いを続ける土方歳三は、
箱館五稜郭にいた。
全軍を率いる総裁は榎本武揚。
明治2(1869)年5月10日
洋行帰りで理論派の榎本と、実践派の歳三は、
明日に迫った新政府軍総攻撃の対応で大激論を戦わせる。

オランダ帰りのヒゲ野郎。
ワインとサンドウィッチを土方に勧めちゃう。
いけすかねぇ榎本武揚役は片岡愛之助っっっ!
山本耕二は超~長身で色白。
だから並ぶとビジュアルでは適わないかー。

土方 「俺は死に場所の事しか考えてなかった。
     そしてあんたの頭の中は、降伏の事しかなかった。
     俺達は大事な事を忘れていたようだ」
榎本 「何をだね」
土方 「諦めないってことだ。
    あんたは確かにバカだ。バカなロマンチだ。
    だが俺は、もう1人のバカなロマンチを、
    日本一の侍にする為に人生を費やした。
    どうやら、そのロマンチとやらに付き合うのが性に合っているらしい。
    俺はあんたの夢に賭けることにする」
榎本 「夢は覚めたと言ったはずだ」
土方 「いいや違う。
    夜が明けるのはまだまだ先だ、榎本さん。
    いいか、これは死ぬ為の戦いではない。
    これから俺達は生きる為に戦うんだ」
榎本 「一言言っておく。
    ”ロマンチ”ではなく、”ロマンチスト”だ。
    変なところで切らないで欲しい」
土方 「知ったことか」

ギョエエエエ~!!これぞ三谷幸喜の脚本なり!
ちゃ~んとオチてるもんね。
笑っちゃうもんね。
でもって、2人の友情がしっかり芽生えちゃったもんね。
視聴者は土方&榎本と一緒にニヤニヤしちゃうんだね~。
ああ、このテンポたまりまっしぇん。

早速、戦場模型を使って軍議を始める2人。
これ、ラストまで効きます。この盤の上が全て。
今、彼等がどんな立場に置かれているのか一目瞭然だからサ。

榎本 「明日の戦で勝利すれば、
    我々が薩長の大軍を追い返したという事実が残る。
    薩長の奴らも少しは考えるだろう。
    未開の土地の開拓ぐらいは許してやろう。となればこっちのものだ。
    この地で新しい国創りを始める。
    その時は、晴れて我等が蝦夷の国の誕生だ」
土方 「その国では、近藤勇はもう罪人ではないんだな」
榎本 「勿論だ。この国を創る礎となった1人の英雄として
    未来永劫その名は刻まれる」

男のロマンだー。愛だー。友情だー。
ちくしょー。イイゾー。

桶狭間戦法と名付けた作戦を作り上げた土方。
ところが薩長のトンガリ帽子軍団。別名新政府軍は、鵯越をしてのけた!
仲間の窮地を救いに行こうとする土方。

榎本 「死んではならんぞ」
土方 「勿論だ。榎本さん、あんたこそ死ぬんじゃねえぞ。
    生き延びてこの土地に夢の花を咲かせろ」
榎本 「夢…」
土方 「そんな事、あんたにしか出来やしねえ」

♪夢見る力~、夢はいつか叶う~♪
猿之助ワールド入ってるゾー。

ところが、この後は御存知の通り…。

♪愛しき者はいずこに 望みは露と消えても
 忘れはせぬ 熱き想い 誠の名に集いし 
 遠い日をあの旗に託した夢を♪

ハートにビンビン!キュンキュン!突き刺さる~。
Loveりんのお髭姿はダンディ~(^з^)-☆Chu!!
その風貌でキャスティングされたのか?(笑)
『歌舞伎っす』で言ってた、長セリフNGは何処だったんでしょー。

”歌舞伎イケメン写真集”(染五郎・獅童・勘太郎・七之助)
から洩れてしまったLoveりん
箱根の山越えは一筋縄ではいかへんなぁ。

さあ、今年は”功名が辻”!
三谷幸喜も出演~足利義昭役~(笑)


コメント (8)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« 舞台宇宙の住人たち | トップ | 歌舞伎っす 片岡愛之助 1 »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あけましたおめでとうございます! (midori)
2006-01-11 15:25:03
タイトルは変わっても、変わらぬ楽しいアップですね♪

今年も、よろしくお願いします!!

ところで「組!!」、私も夢中で見ちゃいました。

(^^)v

放送当時は、大河常連さんに不評だったとの声も聞きましたが、一つのドラマと受け止めていた私には、新鮮でワクワクするものでした。

再び、あの感じが味わえて、本当に楽しかったです。

(*^^*)

榎本&土方のシーン、シミジミ良かったです…。

(*ーー*)
新選組、再び (かしまし娘)
2006-01-12 08:13:48
midori様

こちらこそ、今年も宜しくお願いしま~す♪

新選組に思い入れのある人も、この大河を見捨てたんですよ~(泣)

代わりに喜んだのが、小劇場ファン。

橋本じゅんなんてアッという間に散っちゃったし。古田新太には拍手喝采~!!

他にも沢山の小劇場俳優が出てたけど、

めっちゃマイナーな「あぁルナティックシアター」の橋沢進一が出てひにゃぁぁ狂喜乱舞!!

1年間飽きませんでした~~。
見ましたよ! (花梨)
2006-01-12 21:01:03
こんばんは。私も遊びに来ちゃいました。

我が家はいわゆる大河常連さん家庭ですが、大変なハマりようでした。多分政宗とか信玄あたりの大河が好きだと拒否反応起きるのかな?

でもとりあえず今年の正月時代劇の中では、「!!」がダントツに出来が良かったと思います。

それにしても愛之助さんのハマり具合は、歌舞伎ファンでもびっくりです。
B作永井 (かしまし娘)
2006-01-13 13:32:05
花梨様

いらっしゃいませ、こんちわ~。

永井は「参るっ」か。そーだ、そーだった、そうでしたね。有難うございます。

佐藤B作の緩急の付け方にググッと来ました。ドバ~ッッと泣きました~。

拒否おじさん達は「キャストで既に引いてましたヨ」

だから”大河じゃない!”って決め付けてしまったようでしたねぇ。ババ馬鹿めぇ(by河内山)
TBありがとうございました (つと)
2006-01-13 21:28:08
はじめまして。

TBありがとうございました。

「組!!」で、「組!」から始まった楽しみが終わってしまいました。

三谷さん&舞台俳優さん&大河好きの私にはこれほど完璧な作品はなかったです。。。



こちらからもTBさせていただきました。
はじめまして。 (ぺぱぐり。)
2006-01-13 23:46:58
コメント&トラバありがとうございました。

歌舞伎って敷居が高そうだけどちょっと

覗いてみたいなあなんて思っていて去年初めて大阪で

勘三郎さんの襲名披露を見て以来結構はまってます。

三谷さんのドラマは以前より好きだったので

好きなもの同士が一緒にコラボするのは嬉しかったですね。



3月の三谷歌舞伎も見てみたいですが

チケット取れるかどうか…
コメント&TBありがとうございました (水無月)
2006-01-14 21:23:16
私は20年以上大河見続けてますが、拒否反応どころかハマりまくりでした。

三谷さんのキャスティングの妙には、いつも驚かされます。

ラブリン最高



歌舞伎はまだまだ初心者なので、こちらの記事を参考に勉強させていただきます



三谷幸喜 (かしまし娘)
2006-01-16 11:48:11
つと様、ぺぱぐり様、水無月様、

こんにちわ~。

三谷作品といえば、「有頂天ホテル」の初日舞台挨拶が朝からお茶の間に流れるし。

染五郎と構想8年!っつうて「歌舞伎」の話題もあるし、これから”小”ブ~ム。いや”中くらい?”ブ~ムになりそうですね(笑)

LOVEりんも、いつか「シベ超」じゃなくて三谷映画に出て欲しいもんです(笑)

コメントを投稿

歌舞伎」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

5 トラックバック

あけましておめでとうございます! (好きなことは止められない♪)
今年もどうぞよろしくお願いします。と、書き始めたものの、とっちらかったままで帰省してしまい年を越して戻ってもバタバタで、ヤッパリとっちらかってます。でも今日のところはとりあえず“TV三昧”しちゃいます。
終わっちゃったよ~新選組!! (BLACKMAN Weblog)
今日はなんといっても新選組!!ネタでしょ!!。 昨日、放送された「新選組!!土方歳三最後の一日」のことです(わかってるって??)。 新選組!!オフィシャルサイト 始めに一言!!。時間が短すぎた…もっと見たかった!!。 全体の流れは笑いあり涙ありスリルありの連続で、大河の
「正月時代劇 新選組!! 土方歳三 最期の一日」 (酒と芝居の日々)
Shinsengumi Express!! 快速! 新選組!!サイト!!! BSで再放送がありました。録画していたのだけど、結局もう一度リアルタイムで視聴。だっておもしろいんだもん! HDDレコーダーを購入したので、年末年始色々な番組を見たけど、やはりこのドラマがダントツにおもしろかったな
「新選組!! 土方歳三 最期の一日」 (春&秋&海)
一昨年の大河ドラマ「新選組!」の続編、「新選組!! 土方歳三 最期の一日」。 大
ドラマ『新撰組!!土方歳三・最期の一日』ネタバレ感想!! (一言居士!スペードのAの放埓手記)
私は大河ドラマ『新撰組!![:雷:]』は全部ビデオに録って持っていますので、『土方歳三・最期の一日[:拍手:]』はすごく楽しみにしていました[:楽しい:][:祝:]。近藤勇死後[:悲しい:]の奥州・箱館転戦を、回想も少し交えながら土方最期の一日に絞り表現していく手法は見事で