アッパレじゃ!

大好物は舞台観劇♪ようござんすか?ようござんすね。”私見”バリバリ入りますっ!ネタばれアリアリ~。

約1年ぶりに飛行機に乗ってみたら… その2

2021年04月22日 | ちょっくら大阪人


→ その1

新型コロナウイルスが世界中を覆い尽くして…。
空の旅をする人もいなくなって…。
私も去年は帰省出来ず…。
やっとこさ先日、約1年ぶりに空港へ!



最初に目に飛び込んできたのが
消毒液!!
だよねぇええ。
これはなくっちゃねぇええ。



ロビーのソファーにはこんな物が。
劇場で見慣れてしまったアレね。
ソーシャルディスタンスを守って座ってね。
ってやつだね。

保安検査をする時に、
ウヘェエエだったのが!!
靴を脱ぐ!!
くるぶしまでの靴を履いていると!
X線検査の対象になるんだぁああ。
そうやったぁああ。
久しぶり過ぎてコロっと忘れとったぁああ。

コートを脱ぐ!!
そうだったぁあああ。
カーディガンも脱ぐ!!
エェエ!!マジでぇええ!!
トレーに乗せるんだけどさぁ。
これって、前の人が
キャリーバックとか入れてるわけだよね。
清潔とはいえないよね。
コロナ禍だからって
いちいち消毒してくれてるわけじゃないよね。
それに衣類を入れるってのが、
イヤだったわぁあああ。

もっとイヤだったのが靴。
脱ぐ時に椅子があるわけでもなくってね。
あ、言ったら出してくれるけど。
カウンターの真ん中で
中腰になって脱ぐんだよぉおおお。
お尻を突き出しちゃってさぁあ。
格好が悪いよぉお。
通路も塞いじゃうしさぁあ。
ちょっとでいいから
スペースを作ってくれないかなぁ。
私なんて股関節が痛いわけで、
ゆっくり脱がして欲しいんだよねぇ。

X線を通過したら、
旅行かばん、コート、カーディガン、ペットボトル。
そして靴。
ズラリと並んだトレーから、
サッサと取り出だないとっっ。
焦りまくりっっ。
だってぇ、
次の人のトレーが、
ドンドン迫ってくるんだからぁ。
グワシッッ!っと一抱えにして移動…ぅ。
伊丹空港には、
デッカイテーブルがあったけど、
羽田空港で私が通過したエリアには、
そんな物も無く…。
なんだか惨めな気持ちになったわ…。
快適な空の旅を提供するんとちゃうんかい。
それは飛行機内だけのことかい。
チェエエエエエ!!

おわり

手荷物検査 (2010.3.29記)

約1年ぶりに飛行機に乗ってみたら… 
その1 (2021.4.21記)
その2 (2021.4.22記)
コメント

約1年ぶりに飛行機に乗ってみたら…その1

2021年04月21日 | ちょっくら大阪人


約1年ぶりに羽田空港へ。
伊丹まで飛びまっさぁあ。
コロナ禍で平日だ。
ということもあっただろうけど、
飛行機が満席じゃなかったぁあ。
出張族がもっといると思ってたんだけどなぁ。
空港でキャピキャピしていたのは若い人達だけ。
グループ旅行なのかねぇ。



機内が変わっていたぁああ!!
機内エンターテイメントっていうのね。
前の人の背もたれ部分に
ド~ンと画面があってさぁ。
ウヘェエエ!電子書籍って!!
ウゴォオ!JAL名人会まで!!!
エ…?噺家が動くのか?
その前に、
イヤホンはどこへ差し込むのぉお。
この辺かな…ブスッ!(コラコラ)
恐る恐る再生してみたら…。
アラ…



今まで通り耳から聞くだけかいっ。
その方が私は好きだけどね。
画面をジッと見つめてたら、
酔いそうな気がするしぃい。



太陽が眩しいわ。
窓を閉めよう…
ウゲゲゲ!!!
無いっ!日よけがぁああ!
どういうこっちゃぁああ。
むぅぅうう…。



アレ…前の人の窓が
薄っすらと青くなっている…
でもって暗いぞい。



なんだ…コレ。
ここを触ってみるのかも…。
プッシュ!
おぉおおお!
ドンドン青くなるぅぅう。
いやいや、
ここまで暗くならなくてもいいからぁ。
アジャジャ、
今度はドンドン明るくなるぅうう。
何度かやってみたけれど、
押し具合がイマイチ判らんかった…ぁ。
横に人がいなくて助かったわぁあ。
アハアハ
後でネット検索してみたら、
電子シェードというものらしく、
何年も前からあるんだね。
知らんかったぁああ。
どうやら
JAL ボーイング787
とかいうのに乗ったみたいだぁ。
大阪から東京へ戻る時は、
違う機種だったから、
普通のシェード(日よけ)があったぁあ。
ホッとしたたぁああ。
アハアハ

後ね、変わっていたものは
機内サービスのジュース!
今までキウイ味一本で楽しんできたのにぃ。
なんだったっけ…新しい味は…
“ももとぶどう“だ!
美味しかったよ♪
行きも帰りも飲んだよぉお♪


コップを置く台もモダンになっておった!



開けると…
こりゃまっちゃコンパクトぉお。



約1年ぶりに飛行機に乗ってみたら… 
その1 (2021.4.21記)
その2 (2021.4.22記)
コメント (2)

4月も歌舞伎座へGO! 団子売

2021年04月20日 | 歌舞伎



2021年4月6日(火) 曇り
歌舞伎座 午後2時45分開演 3階A席

第二部
幕間 15分

2階席を覗きに行ったら…
ウピョォォ…ォ。
客席に人がいないぃいい。
後ろの方にチョロっと…ぅ。
3階席もガラガラなんだけど…ぅ。
平日だから仕方ないのだろう…ぅ。
でも淋しい…ぃぃ。

4:12-4:27
団子売
杵造:中村梅玉
お臼:片岡孝太郎

大坂天神橋にやってきた団子売の夫婦の
息の合った舞踊なんだよぉおお。



キャァアアア♪
ホンワカムード満天だぁああ♪
梅玉&孝太郎って、
醸し出すムード感が似てるんだねぇええ♪
仲良し夫婦だぁああ♪
2人のハッピーオーラが客席に振り撒かれて、
思わず笑顔になっちゃうぅうう♪
ほっこりするぅうう♪

『団子売』って久しぶりに観たけど、
孝太郎が女房だと、
ニコッとした顔がキュートだから、
亭主は皆幸せになっちゃうのかもぉ♪



私ったら何故だか
梅玉様の舞踊が気になるんだよねぇ。
だから今回も楽しみにしてたんだよねぇ。
以前、『勢獅子』観たさに、
演舞場に最後までいたら、
どえれぇえ台風に巻き込まれちまった!
っていう過去があるんだよねぇ。
いつのことだろう…(検索中)
グオォオ!2011年!
あれから10年(綾小路きみまろ風)!
またまたステキな舞踊が観れたぁあ♪

おわり



歌舞伎座
2021年4月3日(土)~28日(水)
第二部
絵本太功記 (2021.4.19記)
団子売 (2021.4.20記)


勢獅子 
団子売
コメント (2)

4月も歌舞伎座へGO! 絵本太功記

2021年04月19日 | 歌舞伎


『絵本太功記』は苦手なんだ…ぁぁ。
しかぁし、芝翫&菊之助!
これは気になるんだよねぇええ。

2021年4月6日(火) 曇り
歌舞伎座 午後2時45分開演 3階A席

2:45-3:57  
第2部
絵本太功記 尼ヶ崎閑居の場
武智光秀:中村芝翫
武智十次郎:尾上菊之助
初菊:中村梅枝
佐藤正清:坂東彌十郎
真柴久吉:中村扇雀
皐月:中村東蔵
操:中村魁春

「本能寺の変」の後、光秀一家の悲劇を描いた時代物
主君小田春永(織田信長)を本能寺で討ち果たした、武智光秀(明智光秀)。
しかし息子の謀反を快く思わない母皐月が尼ヶ崎の庵室へ籠ると、
そこへ光秀の妻操が、息子十次郎、その許嫁の初菊を伴って訪れます。

一方、宿敵真柴久吉(羽柴秀吉)を追って庵室に現れた光秀は、
久吉が潜んでいると思われる一間に竹槍を繰り出しますが…。

光秀が最期を遂げるまでの13日間を、
一日一段という形で構成した原作の十段目に当たり、
「太十」と通称される人気の場面です。

掟破りなことをしてしまった光秀。
その家族の運命が…ぁぁあ。
光秀の母・皐月(東蔵)
光秀の妻・操(魁春)
脇をビシッと固めてるぅうう!
加賀屋ぁああ!!
東蔵は3月の『雪暮夜入谷畦道』で
按摩だったのにぃい。
魁春は2月の『本朝廿四孝』で
八重垣姫だったぁあ。
嗚呼、この化けっぷりもたまりましぇん♪



光秀の息子・十次郎(菊之助)が、
健気でさぁああ。
音羽屋ぁああ!!



竹藪の中から出て来る
光秀(芝翫)がカッチョよくってさぁあ♪
成駒屋ぁああ!!

ウピョォオオオ!!
お目目パッチリで
ちゃんと観劇出来たぁあああ!!
初めてだぁあああ!!
嬉しいぃいいい♪
でも…客席は…
平日だったから余計だろうけど、
ガラガラ…ぅ。




歌舞伎座
2021年4月3日(土)~28日(水)
第二部
絵本太功記 (2021.4.19記)
団子売 (2021.4.20記)


文楽 絵本太功記 (2007.5.18記)
雪暮夜入谷畦道 (2021.4.5記)
本朝廿四孝 (2021.3.8記)

コメント

まん延防止等重点措置 第三部の開演が15分繰り上げに!!

2021年04月16日 | 歌舞伎


歌舞伎座ロビーのチラシ置き場に、
開演時間変更のお知らせが!!
思わずパチリ!

まん延防止等重点措置
東京都の23区と6市
4月11日~5月12日まで
緊急事態宣言と何が違うのか、
イマイチ判っていないのだけど…
なななんですって!!またしても!
劇場は20時で閉めるとな!!

四月大歌舞伎
歌舞伎座
第三部
『桜姫東文章』「上の巻」
4月17日(土)から28日(水)まで開演時間変更!!
旧:午後6時
新:午後5時45分
開演時間が15分繰り上げ!

ヒエェエエエ!!
急な変更じゃないのさぁああ。
チケットを買った全員に
この情報が行き渡るのかぁああ。
ネットをチェックする習慣がない、
高齢者のお客さんが心配だ…ぁ。

私が観劇した日は、
まだ6時開演だったから、
客席でゴタゴタは無かったけど…。
これからは、例えば…
繰り上げを知らなくて
6時ちょっと前に来たら
舞台は始まっていた!!
客席は真っ暗だぁあああ。
座席を探そうとしてドタバタ。
はたまた…
係員の懐中電灯を頼りに、
ヨタヨタと階段を降り(by3階席)
そうして…
座席が真ん中だったので、
座っていた人に立ってもらって着席した。
でもって、
双眼鏡を出すのに鞄の中をガサゴソ。
ウゥウウウウ!!
舞台の上では仁左衛門と玉三郎が
濃厚な芝居を繰り広げていて、
見逃さない様に必死のパッチなのに、
遅れてくる客が何人もいたぁああ!
うるさくて集中出来なかったぞぉおお。
てなことにはなりませんように…。
妄想が爆走してしもうたぁああ。

コメント (2)