山スキーと山歩き みやぶろぐ

山スキーと登山など、きままに書いてみます

知床連山を海から眺める

2017-08-23 | 日記
お盆休みは家族旅行で北海道知床&道東へ。

ウトロから知床半島クルーズ。




フレペの滝。




カムイワッカの湯滝。




ヨウシペツの滝(別名:硫黄の滝)。「ヨウシペツ」とはアイヌ語で「いつもそこで獲物を狙い突きするところ」の意味らしい。




50mを超す断崖絶壁に幾筋もの滝が落ち、浸食でできたクンネポールが目を飽きさせない。


半島中ほどには、ぽっかりと穏やかなルシャ海岸。「ルシャ」とはアイヌ語で「浜を降りていく道」という意味。




出ました!




ヒグマが海に入った途端、マスを一撃で捕獲して食べている。凄い。この後、森から巨大な親熊?も出てきました。




ウトロに戻る途中でイシイイルカの群れも見られてラッキー。


硫黄山と知床岳の間は半島で一番知床連山の標高が低いので、太平洋側からの雨雲が超えて風も強く波も高かった。雲がかかる山が知床岳。




オホーツク海からの知床連山。




ピラミダルな硫黄岳。




オッカバケ岳、サルシイ岳、三ツ峰、知床最高峰の羅臼岳。




以前に連山を歩いているので、海から稜線の連なりを眺めるとその時の記憶が昨日のようによみがえる。

2013年知床連山縦走(前半) (後半)




また知床連山を縦走したい。知床岳の頂きも踏んでみたい。


鶴居どさんこ牧場のホーストレッキングで旅行を締めました。







どさんこ馬の暁(あかつき)君、見事な手綱捌きだったでしょう(笑)



『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 四国旅③(四万十川) | トップ | 一歩一歩、山は秋へ »

コメントを投稿