pure breath★マリーの映画館

好きな映画とイロイロなこと・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『白鯨との闘い』 2D字幕

2016-01-24 22:50:50 | 映画(は行)



『白鯨との闘い』





解説等はこちら





白鯨との闘いは鯨との闘いではなく、もっと大きなものとの闘いでした。予告やチラシに踊る文字を見て、だいたいの展開は予想出来てたけど、予想通りでした・・・
遭難もの、漂流ものには常にこの問題が・・・
究極の選択を迫られた時、どうするか・・それは当事者にしか分からない、その時その場に居ないものがどうこう言う問題ではないと私は思います。
それが明らかになろうと、なるまいと、後悔しようと、起こってしまったことは仕方ない。元々人は罪深い生き物ですから。


さて、この映画は役者さんにも惹かれてました~
ソーじゃないクリヘム。
彼はワイルドな役が合うから、似合ってました~♪野性的で素敵!
今回はハンマーではなく銛を持って・・・


ポラード船長のベンジャミン・ウォーカーって見覚えある・・・と思ったら、『リンカーン/秘密の書』でリンカーン演ってた人だった・・・結構落ち着いて見えるけど
まだ33歳なのね。メリル・ストリープの娘さんの元夫。義理の母がメリルか・・・それはそれで大変だったかな(笑)


久々に会えた~キリアン・・・
えっと、オーウェンの幼馴染?昔から同じ船に乗ってた仲間って言ってたかな。彼ってなんで幸薄そうなんでしょ。
最初ずっと注目してたけど、漂流したりして汚くなってから(苦笑)ちょっと見逃してる間にいなくなってた。どこで退場したっけ?と思って呟いたら
BROOKさんがあの島に残りましたって教えてくださった。


最近売れっ子~ベン・ウィショーは作家メルヴィルで登場。
私、乗組員の1人で出るのかと思ってたから不意打ち・・・(笑)物書きの役が合います。


究極の選択の件、オーウェンとポラードは別々のボートに乗っていたけど、相談もしないけれど結局は同じことしていたってことかな・・・
やはり、それしか助かる道はないですものね。でも、あのくじ引きは切なかった・・・涙

問題の鯨ですが・・・
しつこいほど追いかけて攻撃してきたけど~あんなに獰猛な生き物でしたっけ。
自分の身を守る為?それにしても執拗に追いかけて来てた。

欲を出さず最初取った鯨油持って帰ればよかった気もするけど~そんなワケにはいかないって考えてしまうのが人間の常。
帆が引っかかったら、倒れそうになってしまう船。それで大海原に乗り出す・・・実際ああいう危険な作業をして取っていたんですね。穴を開けてそこに潜って掻きだしていたとはびっくりぽん・・・

鯨の迫力がもの凄かった!2Dでもすご~~~い迫力!尾びれでバシャっ!!と一撃で船が傾く~嵐のシーンも凄かった!
結局、鯨は自然の脅威の象徴として描かれていたのかな・・・

この作品を多くの観客に見せる為なのかもしれないけど、“名著に隠され続けてきた衝撃の実話”とかのキャッチコピーは止めて欲しい。なんか違う気がする・・・


マリー的お気に入り度・・・ ★8個半


コメント (10)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« 『エージェント・ウルトラ』 | トップ | 2016年2月に観たい映画 ... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (BROOK)
2016-01-25 06:52:59
たしかに漂流ものって、いつも“コレ”が付き物ですよね。
どうしてもその問題に行きつくワケで…
今作でのシーンもいろいろと考えさせてくれました。

そうそう、キリアンは久々に映画で拝見出来たように思います♪
皆さん、髭面で痩せてくるので、たしかに区別がつきづらかったです(汗)
こんにちは。 (みぃみ)
2016-01-25 10:17:38
わいるどだろぉ~なクリヘム、かっこよかったですね。
冒頭の裸体にぽっ☆。
奥様の三人で暮らせる事が幸せな言葉に、
うんうんっとうなづいていました(^^)。

キリアン、私も見失いました。
っぽいからこれかな~~とだった終盤。
みんなボーボーになるんですもの、わからないですよね。

鯨の映像、迫力でしたね~。
おっしゃるように、白鯨=自然の驚異だと思います。

こんにちは (yukarin)
2016-01-25 10:48:03
私も途中でキリアンを見失った、、、、
見終ってからああ~あの人かと 笑

2Dでも迫力あったよね~

クリヘムさんはソーの時はそれほど好きーってわけじゃないんだけど、今回みたいな役はかっこいいなーと思いました!!←おそい?
BROOKさんへ・・・ (マリー)
2016-01-25 23:32:11
こんにちは~~♪
どうやって助かるか・・・これは永遠に付いてくる問題ですよね。オデッセイは違うみたいだけど・・・あれは一人だし・・・

キリアン、ありがとうございました。一時期よく見たのに~って思いながら、楽しみにしてました←でも見失う(笑)
みぃみさんへ・・・ (マリー)
2016-01-25 23:37:30
こんにちは~~♪
わいるど~!いいですよね~~~。
本当に普通の生活が一番シアワセなんだけど、それがままならない世の常・・・

そうそう、みんな痩せてしまって髭で~
誰が誰か分からない・・・クリヘムは分かる!

鯨は凄かったね~
デカかったね~~~。まさに自然の脅威・・・
yukarinさんへ・・・ (マリー)
2016-01-25 23:40:04
こんにちは~~♪
キリアン、なんでか見失うよね~~~。

2Dでこれでは、3Dだと鯨が顔にぶつかるカンジ?(笑)

私、ソーも好きなんだ♪
ツンデレで~~~。
私も見ました (きさ)
2016-02-07 10:45:17
さすが、ロン・ハワード、しっかりした映画でした。
撮影は大変だったでしょうねえ。
クリス・ヘムズワースのたよりがいのある役もよかったですが、個人的には人間的な弱さのある役を演じるベンジャミン・ウォーカーも良かったとおもいます。
メルヴィル役はQでしたね。
きささんへ・・・ (マリー)
2016-02-09 20:09:57
こんにちは~~♪

本当にキチンとした作品でしたよね。
海の撮影って大変そう~~~。

ベンジャミン・ウォーカーの弱さ、そしてあれを経ての強さがよかったと思います。
クリヘム (ここなつ)
2016-02-12 19:41:12
こんにちは。
私は、ロン・ハワ&クリヘムの前回の「RUSH/友情とプライド」で、めっちゃクリヘムを見直したので(って、偉そうですが)、今回の彼もすごーく良かったです。
…でも、結構重たいテーマでしたね…。
TBさせていただきます。
ここなつさんへ・・・ (マリー)
2016-02-14 16:59:38
こんにちは~~♪
クリヘムの「RUSH」よかったですよね。
見直していただけたのですね~わぁい(笑)

テーマはかなり重かったですね・・・
でも見ごたえありました。
TBありがとうございます。

コメントを投稿

映画(は行)」カテゴリの最新記事

6 トラックバック

劇場鑑賞「白鯨との闘い」 (日々“是”精進! ver.F)
人間の極限… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201601160000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】白鯨との闘い [ ナサニエル・フィルブリック ]価格:842円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料...
白鯨との闘い (試写会) (風に吹かれて)
海の男の真実 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/hakugeimovie1月16日公開 原作: 白鯨との闘い (ナサニエル・フィルブリック著/集英社文庫)監督: ロ
映画:「白鯨との闘い」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成28年1月22日(金)。 映画:「白鯨との闘い」。 監 督:ロン・ハワード 脚 本:チャールズ・リーヴィット 衣裳デザイン:ジュリアン・デイ キャスト: オーウェン・チェイス:クリス・ヘムズワース ジョージ・ポラード:ベンジャミン・ウォーカー ...
白鯨との闘い (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【IN THE HEART OF THE SEA】 2016/01/16公開 アメリカ 122分監督:ロン・ハワード出演:クリス・ヘムズワース、ベンジャミン・ウォーカー、キリアン・マーフィ、トム・ホランド、ベン・ウィショー、ブレンダン・グリーソン 伝説の白鯨との死闘。生き延びる為に、男たち....
「白鯨との闘い」 (ここなつ映画レビュー)
小説「白鯨」は、生き残りの船乗りに小説家ハーマン・メルビルがその壮絶な体験を取材し、それを基に書かれた。という設定で、1800年代初頭に起こった捕鯨船での出来事を描いたスペクタクル。だが、鑑賞する前は、巨大クジラと船乗りの闘いがメインなのだとばかり思ってい...
『白鯨との戦い』を丸の内ピカデリー3(旧丸松)で観て、いやあロン・ハワードだふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★相変わらすロン・ハワードどんな物でも娯楽映画にしてしまう豪腕っぷり・・・ではあるけれど】 物語として特に飽きないし、面白いし、隠された真実はあるし ...