笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

アレン流 タイムスリップ!

2012年05月28日 | 2012年 映画 レビュー
映画「ミッドナイト・イン・パリ」を鑑賞しました。

婚約者とパリに訪れたハリウッドの人気脚本家ギル
しかし 小説家になることを捨て切れず、1920年代のパリに想いを馳せていた
ある夜 彼は憧れの1920年代にタイムスリップしてしまい…

ウディ・アレン監督作品

いや~ 僕は好きですね
楽しめました

タイムスリップ内で出会う有名人たち!
フィッツジェラルド、ヘミングウェイ、ダリ、ピカソ…etc

ギルと彼らとの交流
なんとも見ているだけで不思議で面白い

20年代で恋をしてしまうギル
さて、どうなるのか・・・

最後に訪れる意外な展開
そして ある教訓

昔への想い、ノスタルジーに浸る
そのことへの回答とは?

いやー いかにもアレン監督らしい
結末も納得で

演出も淀みなく流石
アカデミー脚本賞を受賞しただけあり ストーリー展開は素晴らしい

パンフレット:700円
      内容もしっかりと
      表紙がシンプルなのも良いですね

私的評価:4+
    ストーリー、登場人物たち、結末を含め好みでした
    20年代のことを知っているとより楽しめますね

映画館では初のアレン監督作でした
また 次作も楽しみです


それでは、また









最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
有名人たちに会えたら! (クマネズミ)
2012-07-16 06:06:15
お早うございます。
TB&コメントをありがとうございます。
本作については、おっしゃるように、「ギルと彼ら(フィッツジェラルド、ヘミングウェイ、ダリ、ピカソ…etc)との交流 なんとも見ているだけで不思議で面白い」と思いました。彼らの話す台詞や仕草などの一つ一つに様々な典拠があるような感じがし、DVDが出たらそんなところを調べてみたいなと思いました。
クマネズミさんへ (リバー)
2012-07-16 20:50:55
コメント ありがとうございます。

たしかに 知っているとより楽しめる
そんな作品ですよね

コメントを投稿