ノベラーエクスプレス関東

 自作の小説がメインのブログです。
 主にSF、ファンタジー、ミステリーの脳内妄想を文章化したものです。

トリビア?あれこれ 2

2016-11-15 22:45:36 | ユタと愉快な仲間たちシリーズ
 “ユタと愉快な仲間たち”シリーズ:

 ・マリアは稲生と出会う前、屋敷に迷い込んだ人間を魔法の実験台にしていた。つまり、屋敷に入った人数と脱出した人数が合わない。
  ・迷い込んだ人間を表向きには歓待するのだが、ホラー染みた館内に、迷い込んで来た人間が段々と不信感を覚える。
   ・ついには脱出を図る人間が発生する。それで屋敷の謎解きに成功し、脱出できた者には何もしない。
    ・だが、謎解きに失敗したり、マリアを襲おうとした人間に対しては返り討ちにし、魔法の実験台にしていた。
  ・本来なら稲生にもその試練を課すところだが、迷い込んできたわけではなく、ちゃんとマリアに用があって来たようなので躊躇った。
   ・但し、威吹が館内で無粋な行動を取った為、威吹には容赦しなかった上、稲生ごと巻き込んで追い出した。
  ・稲生達に初めて魔界への行き方を教えたのはマリア。
   ・だが、戻ってくる見込みは無いと想定した上での情報提供だった。
    ・満身創痍とはいえ、ちゃんと戻って来れたことには感服した。
    ・イリーナとはこの時、初めて会っている。
     ・当時は今とは違って、だいぶおきゃんな性格だった。
   ・結果的に稲生という逸材を見つけたのは、イリーナよりもマリアだったりする。
 ・マリアの屋敷は、都合2回移転している。
  ・稲生達が初めて出会った時は長野県南部にあった。JR飯田線の沿線。
   ・2回目はJR篠ノ井線沿線だが、こちらはかなりの短期間。
    ・現在は長野県白馬村。JR大糸線沿線。
  ・現在地のモデルはSFCソフト“かまいたちの夜”の舞台になったペンション。
   ・当初は内部構造もそれがモデルだった。
    ・もう少し魔女が住んでいそうなホラーチックなものにしたかった為、“バイオハザードHDリマスター”のスペンサー邸にした。
     ・“クロックタワー2”のバロウズ城や“クロックタワー3”のハミルトン邸も参考にしていたが、没となった。
      ・但し、本編における『魔の者』との戦い(ヤノフ城編)では参考にした。
 ・稲生の実家は中学生まで宮城県仙台市東部。
  ・現在の埼玉県さいたま市の家よりも、もっと普通の広さの家だった。
   ・東日本大震災による大津波の被害により、旧・実家は跡形も無くなった。
   ・さいたま市に引っ越したのは、威吹が渡した大金を元に何かを運用したのだろう。稲生の父親の宗一郎が本社役員に登り詰めた為。
    ・結果的に震災の被害から逃れることができた。
     ・両親や親族が威吹に対して信頼を置いているのはその辺にも理由がある。
    ・あえて都内ではなく、さいたま市に家を買ったのは庭付きが安く買えたことと、宗一郎が埼玉支社の業務指導に当たる役割を与えられた為。
     ・今は完全に本社勤務となったもよう。
 ・威吹は江戸時代の武士よろしく、長刀と脇差の2本の刀を持っていた。
  ・もちろん現代の日本では帯刀できないので、妖術で普段は長い髪の中に隠していた。
  ・長刀は妖刀であり、妖怪しか斬れない。
   ・人を斬る時は脇差を使う。
  ・威吹が結婚後、髪を切ったのは、廃刀令の無い魔界に居住することになり、刀を隠す必要が無くなったからである。
 ・日蓮正宗第3布教区は実在しない。
  ・稲生や藤谷が所属する大化山正証寺は、寿量品の一部から取った。
   ・寺院のモデルは特に無いが、中規模クラスをイメージした。
 ・藤谷春人は当初、暴力団員という設定だった。
  ・実家の家業の名前が藤谷組という所に、その時の名残がある。
   ・もちろんこれは建設業の名前。
  ・身長180cmを超え、体重も100キロ以上という巨体に強面という所に名残がある。
   ・愛車はベンツEクラス。
  ・設定が変わったのは、日蓮正宗では現役のヤクザの入信を断るため。
  ・狂言回し的な役回りを果たすこともある。

 “アンドロイドマスター”シリーズ:

 ・ボーカロイドの製造費用は1体につき5億円という設定。
  ・まだ駆け出しプロデューサーで、つつましい生活をしていた敷島が、ブックオフに売る本やリサイクルショップに売る中古品を探していた時、初音ミクと巡音ルカが自ら段ボールの中に入ったことがある。
  ・当然、ボーカロイドは非売品である。
 ・マルチタイプの製造費用は50億円という設定。
  ・設計費用や悪用防止などのセキュリティの費用も込みだと思われる。
  ・敷島がシンディを連れて、霞ヶ関の役所回りをしていた。
   ・シンディ本人を売り込むのではなく、その設計データを売り込む為。
    ・実際に完成品であるシンディを見せる為に連れて歩いていた。
 ・マルチタイプで女性型が多く製造されたのは、スパイとしての役を与える為の他、子宮の部分に重要機密物を収納する為。
  ・赤ん坊サイズの物を入れると、妊婦のような体型になる?
 ・エミリーやシンディの身長は数センチ単位、体重は数十キロ単位で変動している。
  ・パーツの交換を行うことで起きた現象。
   ・軽量化を図る為、最新型の部品に交換したり、不要な部品を取り外したりしたら、製造当初より30〜50キロの軽量化に成功した。
   ・身長は足のパーツを交換したら数センチ高くなった。
   ・スパイとして暗躍させられていた頃は、重量級の体重を使って、対象者を押し潰して殺したこともあったとか無かったとか。
 ・エミリーとシンディは3個のバッテリーと油圧で動いている。
  ・これで稼働時間も24時間を確保できた。
  ・電気を食う為に、充電は深夜電力で行われている。
 ・アルエットは燃料電池(水素電池)で動いている。
  ・稼働時間は3日ほど。
   ・実際はそこまで稼働することはなく、毎日点検している。
 ・ジャニスとルディも燃料電池。
  ・未だにバッテリーと油圧駆動のエミリーとシンディを旧型機と笑った。
   ・でもその旧型機にバラバラにされた。
   ・現代からすればロイドの存在自体がオーバーテクノロジーである為、そもそも旧型も新型も無い。
  ・エミリーとシンディも燃料電池駆動に改造する計画が持ち上がっている。
 ・ボーカロイドはバッテリー駆動。
  ・初期型の初音ミクなどは冷却機能が強くない為、1曲歌うごとに冷却が必要である。
  ・次回のボディ交換で、だいぶ改善される見込み。
  ・アイドルの場合、ただ歌うだけでなく、ダンスも込みになる為、ボディへの発熱が問題視されている。
 ・マルチタイプの左手有線ロケットパンチの有効長は20メートル。
  ・マンガとかだと誘導ロケット砲みたいになっているが、ここではワイヤーが付いている。
 ・シンディは前期型の時、武器に大型ナイフを使っていた。
  ・後期型の今は素手と銃火器。
  ・前期型の時、南里の葬式に御祝儀を持って行ったことがある。
  ・平賀、エミリーを怒らせたが悠然と立ち去った。
   ・後に後期型として再稼働した際、ちゃんと謝罪している。
  ・後期型は前期型の使用期限が切れた際の切り替え用であった為、外見も内部もほとんど変わらない。
   ・しかし敷島達は、前期型と後期型は違うと主張している。
    ・前期型で犯した罪に対する贖罪の為と称して、前期型の時のメモリーをそのまま後期型にも踏襲している。
コメント