紀州新聞 THE KISYU SIMBUN ONLINE

和歌山県の御坊市と日高郡をカバーする地方紙「紀州新聞」のウェブサイトです。主要記事、バックナンバーなどを紹介。

全日本女子学童軟式野球大会で「和歌山ハーモニーズ」が優勝、メンバー入りの管内勢も活躍 〈2022年8月6日〉

2022年08月06日 08時30分00秒 | 記事


優勝旗、盾、賞状を手に喜ぶ
中本さん、木下さん、竹山さん(右から)


 学童女子野球日本一を決めるNPBガールズトーナメント2022全日本女子学童軟式野球大会は5日、金沢市民球場で決勝が行われ、日高地方の中本美咲さん(湯川6年)、竹山愛瑠さん(志賀同)、木下青葉さん(上南部同)、外川結愛さん(御坊同)がメンバー入りしている県選抜チーム「和歌山ハーモニーズ」が岐阜選抜ドリームスを7―1で下し初優勝、日本一に輝いた。
 和歌山ハーモニーズは初回、2番・竹山が三塁打を放ち、3番・中本がセーフティーバントを決め、竹山が返り先制。2回に同点に追いつかれたが、3回に一死後、竹山が四球、中本は左前打で出塁すると、4番打者の5球目に重盗を成功させた。二死満塁となり、ここで三塁走者の竹山が果敢に本盗を決めて勝ち越した。4回に3点、5回にも2点を加え突き放し、最終回の岐阜選抜の攻撃を三者凡退に打ち取り、7―1で下した。過去2回準優勝と頂点にあと一歩届かなかった和歌山ハーモニーズ、念願の初優勝となった。
 決勝で先制点を上げた中本選手は主将としてチームをけん引。3番・捕手で全試合に出場した。竹山選手は決勝で本盗を決めるなど今大会最多の8盗塁、打率・455と打撃でも貢献。木下選手は全試合で6番・中堅手で出場し、すべての試合で抑え投手として登板、無安打の好投を見せた。1試合のみベンチ入りした外川選手は出場機会はなかったが声援で仲間を鼓舞した。
 閉会式後、メダルを胸に中本、竹山、木下選手は「みんなで勝ち取った優勝でとてもうれしい」と喜びを爆発させていた。


 その他の主なニュース

ひまわり大会で西岡照光さん(美浜町)のひまわりが日高地方で唯一、3メートル超え

県青年リーダー育成支援事業で農業者・井上慶祥さん(由良町)が事業採択者に決まる

御坊市観光協会が第2回みーやちゃんぬりえコンテストを実施(応募期間は8日から9月16日まで)

由良町とオカジ紙業(海南市)が「災害時における段ボール製品の調達に関する協定」を締結


日高川町が3年ぶりに町長ミッションを実施 〈2022年8月5日〉

2022年08月05日 08時30分00秒 | 記事


事業の現状や課題、新たな事業計画などを町幹部に説明し、
情報を共有


 日高川町は、役場庁内各課が抱える課題や事業への対応を共有することで、事業達成へのスピード感を高めることなどを目的に「町長ミッション」を3年ぶりに実施する。今月から久留米啓史町長と小早川幸信副町長ら幹部が、町施策に関わる全部署からヒアリングを実施しており、各課との話し合いを経て、早期に予算措置が必要な事業は9月議会以降の予算反映などを目指して取り組む。

 久留米町長就任後の町長ミッションは、小早川副町長が就任した平成29年度に初めて着手し、令和元年度に実施して以来3年ぶり。久留米町長と小早川副町長、戸根康文・総務課長が同席して各課からヒアリングを行い、課が抱える課題から進行中の事業や対応方針、進ちょく状況、検討中の新規事業案の内容や目標達成時期などについて説明。町幹部はじめ各課が情報を共有することで幅広い視点を持ってスピード感ある事業への対応を図っている。
 今回のミッションに向けたヒアリングは、1日から5日まで13部署が実施。企画政策課からは、当初予算に概略設計業務委託料(150万円)を計上しているかわべ天文公園の再整備について、図書スペースの拡大や既存のレストランをカフェに変更、遊具の充実、スケートボード場やオートキャンプ場整備などの計画案を示し、将来的な目標達成時期、設計業務や整備工事時期などの進捗状況や課題、事業実施に向けて必要な補助金などを話し合った。このほか、未利用の町有地に新たにオートキャンプ場を整備する案や空き地バンクの創設、ゼロカーボンシティ推進の取り組み、大学との協定締結推進、若者定住・移住起業支援策など新たな事業実施に向けての計画などを町幹部と共用し、実現に向けて取り組んでいく。


 その他の主なニュース

大型クルーズ客船「ぱしふぃっくびいなす」が13日に日高港へ入港

6日「日高川町夏まつり」開催、この夏管内唯一の花火大会

山名・由良町長らが国道42号由良町畑~井関間道路早期改良を求め、二階俊博代議士らに陳情

ひまわりこども園(美浜町)で小学校生活を体験する出前授業を実施


日高町道高家中央線改良、新天満井橋架け替えへ上部工 〈2022年8月4日〉

2022年08月04日 08時30分00秒 | 記事


左岸に橋台設置を終え、上部工事へ


 日高町は、高家地内中央を南北に走る町道の改良事業で、交通のネックとなっていた天満井橋の架替へ向けた上部工を始める。同線は生活道としての利便性向上と、同地域は南海トラフ巨大地震想定で津波浸水区域で、避難路として重要な位置にあることも含め、平成27年度から着手した改良は地元待望の大型事業。順調に進めば来年10月に天満井橋架替が完了のメドで、町は国の補助事業を活用しながら、令和6年度までに完成させたい考えだ。

 県農協紀南農機事務所付近からコメリハード&グリーン和歌山日高店付近までの南北に通る町道高家中央線(延長780メートル)の周辺は、人口が増加している地域。通行量が増え、通学路である上、狭小箇所もあることから、生活道の安全で広い道が求められている。同町道が位置する高家地内の南側は南海トラフ巨大地震の津波浸水想定区域だが、外れる日高町役場付近まで通じるルートとして、南北に走るのは国道42号しかなく、1本だけの基幹道路では円滑な避難も不安視されていた。
 これらの背景から、地元から強い要望があり、町は改良に向け検討。幅員5メートルにして歩道1・5メートルを取り付けるよう平成27年度から測量設計に着手。特に同線の中ほどにある天満井橋(延長20メートル)は幅員が2・5メートルと狭く普通自動車1台が通るのがやっとの交通のネック。老朽化もしているため、28年度で架け替えの詳細設計に入った。
 同橋付近は若干、町道が屈折しており、まっすぐに通すよう下流へ10メートルほどずらし、延長40メートルの斜橋として新設する計画。令和2年度に左岸の橋台設置を終え、3年度はその付け合わせ工事に入り、天満井橋も撤去。今年度は、去る7月26日の町臨時議会で(株)豊工業所=和歌山市、久保普典代表取締役=と2億9590万円で工事請負契約を締結する議案を可決して、新橋の上部工事に取りかかり、9日にも右岸橋台設置のための工事入札を行う予定にしている。
 上部工事は一度工場内で製作した上で、順次現地で設置していく方針で右岸橋台設置も含めて10月頃に終える見込み。橋を抜いた道路部分の延長740メートルのうち、現状は450メートルの路側工事を終えており、5年度で残りの路側及び水路を完成させ、6年度で舗装整備して事業を完了させたいという。
 全体が完成するまでの概算総事業費は5億円と見ている大型事業で町は「ウクライナ情勢やコロナ関連で資材が入りにくいなども考えられ、工事の進み具合が変わる可能性もあるが、それでも地元待望の事業のため、なんとか計画通り、6年度までには終わらせたい」としている。


 その他の主なニュース

中井・日高振興局長が退任自治会長知事感謝状伝達式で感謝状と記念品を贈呈

御坊市消防本部がしらゆり保育園に鼓笛隊セットを交付

ダイヤモンドヘッド(美浜町)等で龍王神社ステッカーを発売

久留米・日高川町長が古田ハナヨさんの白寿祝う


印南町がコロナ禍支援で一世帯に5万円分商品券を町内全世帯に配布 〈2022年8月3日〉

2022年08月03日 08時30分00秒 | 記事

  印南町は町内で使える5万円分の商品券を町内全世帯に配布する。5万円分の商品券配布は、コロナ禍による町民や地域経済支援を目的に「いなみ元気にかえる応援券」と名付け、これまで3回行っているが、4回目となる今回はコロナ禍に加えて物価高騰対策への対応を合わせ「印南町生活支援商品券事業」と銘打って実施する方針だ。

 一世帯5万円の商品券配布のほか、原油高騰対策として、貨物自動車運送事業者と旅客事業者(タクシー会社など)に対し、1社100万円を上限に車両1台につき5万円。漁業者には船1隻につき5万円を支給する。物価高騰対策として食材費の高騰に対応し、保護者の負担を増やさず給食の質と量を確保するため学校給食費負担軽減事業として100万円を投入するほか、商工会が実施予定のスタンプラリー事業へ220万円を補助する。
 商品券配布など物価高騰対策支援事業、原油高騰対策支援事業を合わせた事業費は1億8600万円で、国の地方創生臨時交付金7248万9000円を活用し、残りは財政調整基金をら取り崩す予定だ。近く臨時議会を開き、商品券配布事業など盛り込んだ今年度一般会計補正予算案を提案し、可決され次第、商品券の印刷など実施に向けた取り組みを始める。
 日裏勝己町長は「長引くコロナ禍に加えて物価や原油の高騰が、町民や事業者に影響が出てきている。町民の暮らしを守り、事業者の事業継続を支援するため、切れ目のない対策を実施する必要がある」と今回の物価や原油高騰への支援事業の意義を強調している。


 その他の主なニュース

日高木材協同組合が「第1回木塀施工コンペ」を開催(締め切りは来年1月6日)

日高川町ジュニアリーダークラブの中学生が帰宅を促す町内放送を担当

県小学生バレーボール大会女子の部で印南はまゆう、川辺ひかりがブロック優勝

御坊市と日高広域の両消防が上野漁港周辺海域で合同水難救助訓練を実施


3年ぶり「ごぼう商工祭」開催、地域住民でにぎわう 〈2022年8月2日〉

2022年08月02日 08時30分00秒 | 記事


みーやちゃんと一緒に盆踊りを楽しむ

かわいい子どもたちが参加した浴衣コンテスト


 御坊商工会議所、同青年部主催の「ごぼう商工祭2022~浴衣で踊ろら盆踊り大会」は30日、御坊小学校グラウンドで開いた。3年ぶりの開催となった今回は、検温やマスク着用など新型コロナ感染予防対策を講じながら盆踊り大会をメインに浴衣コンテスト、うまいもん食堂、フリーマーケットなど各種イベントを行い、家族連れら多くの地域住民でにぎわった。
 
 開会式のあと、天音太鼓保存会の迫力ある太鼓演奏で幕開け。水鉄砲大会では子どもたちが各自持参した水鉄砲を使い、鬼役のスタッフに水をかけながら追っかけた。続いて行った浴衣コンテストには未就学児16人、小学生11人、中高校生4人、一般4人が出場。
 それぞれ浴衣などセールスポイントを紹介しながら審査員にアピール。審査の結果、未就学児は双子姉妹の辰巳杏ちゃん(2)蘭ちゃん(2)=塩屋町南塩屋=、小学生は湯川桃寧さん(10)=美浜町吉原=、中高校生は大土紗歩さん(17)=湯川町小松原=、一般は井上夏生さん(30)=湯川町財部=が優勝。YEG賞に岡山加歩さん(16)=湯川町財部=を選び、それぞれ豪華賞品を贈った。
 表彰式後に激しい夕立に見舞われたが、メインの盆踊り大会への影響はなく午後7時過ぎにスタート。グラウンドに設置したやぐらを囲み、浴衣姿や甚平を着た参加者が、曲にあわせて踊りを楽しんだ。市公認PRキャラクター「みーやちゃん」も輪に入り、子どもたちから人気を集めた。
 このほか、うまいもん食堂、フリーマーケット、特殊車両展示、青年部縁日もあり、参加者はお目当てのブースを回り、飲食や物販を買ったり、ゲームを楽しんだ。コロナ感染予防でお菓子・餅まきは取りやめ、盆踊り終了後にお菓子を配った。


 その他の主なニュース

日高中津OBがマスターズ甲子園県予選優勝、4年ぶり甲子園へ

御坊市が31日から9月25日にかけてマイナカード休日申請所を開設

硬式野球体験会で紀央館野球部員が中学部員に打撃や守備を指導

少年メッセージ2022県大会で楠谷日菜さん(高城)銀賞、塩路駿君(大成)特別賞を受賞


御坊市LED化、10年間で普及、今年度で補助終了 〈2022年7月31日〉

2022年08月01日 08時30分00秒 | 記事


LEDに取り替えた町内会防犯灯


 御坊市は、地球温暖化対策で省エネ効果の大きいLED(発光ダイオード)照明普及促進に向け、平成25年度に町内会LED防犯灯取替事業補助、住宅用LED電球等購入費補助の両制度を創設し、10年目を迎えた今年度で終了する。これまでの取り組みで町内会防犯灯のLED化率は創設時20・4%だったのが93%まで上がり、住宅用は累計345件の利用があり、普及促進へ一定の成果を挙げている。
 
 LED照明は少ない光りや電力で効率よく照明することができ、消費電力量の削減による電気代節約や二酸化炭素削減などメリットがある。公共施設や民間企業、家庭等への普及が進んでおり、市は平成25年度に年金生活者ら低所得者世帯、子育て世代など若年層を対象に県下で初めて補助制度を創設。町内会の防犯灯にも補助制度を導入し、普及促進を図っている。
 町内会は、既存の防犯灯を対象に購入費や工事費の3分の2以内(上限10万円)を補助。平成25年度が31町内会219基、26年度が28町内会229基、27年度が35町内会263基、28年度が32町内会193基、29年度が31町内会203基、30年度が21町内会133基、令和元年度が29町内会150基、2年度が36町内会182基、3年度が15町内会135基、今年度が3町内会47基(29日現在)のあわせて1754基がLED化された。補助金総額は1985万5000円。
 防犯灯は全部で2921基あり、制度利用でLED化された1754基に加え、制度創設前にLED化されていた514基、市自治連合会の助成を受け設置した新規分376基、その他67基をあわせると2711基で、LED化率は92・8%。目標だった93%以上をほぼ達成。町内会から「明るくなった、電気代が下がった」と喜ばれている。
 住宅用は、申請者の年間所得が200万円以下で市税を完納している世帯が対象。市内の店舗でLED照明器具(電球型やシーリングライト等)を購入し、購入費及び設置工事費の合計額が6000円以上などを条件に費用の2分の1以内(上限3万円)を補助。平成25年度は60件、その後も年間16件50件が利用し、29日現在の累計は345件、1419個。補助金総額は672万8100円。
 両制度とも今年度末で終了するが、住宅用は臨時地方創生交付金を活用した家庭へのコロナ支援策で市内2000世帯に最大1万円を補助するLED電球等購入促進補助金の申請を受け付け中。28日現在の申請数は34件。予算2000万円に達した時点で終了。申請は1世帯1回限りだが、所得制限等はなく、広く市民に活用を促している。好評なら来年度以降の事業化を検討する。問い合わせは環境衛生課(電話23・5506)へ。


 その他の主なニュース

高校野球和歌山大会・智辯和歌山が優勝、塩路柊季投手(河南中出身)、山田久敬遊撃手(湯川中出身)、濵口凌輔投手(松洋中出身)活躍

ヴィダ・リブレが第1回ひきこもりサポートステーション事業研修会を開催(29日)

御坊市スケボー協会の市内へのスケートパーク建設に向け署名8千593人集まる

世耕弘成参議院幹事長がフードバンク和歌山が運営する「こども食堂」を視察


フォロー必要な見守り対象児コロナ禍で急増、御坊市が虐待防止体制強化 〈2022年7月30日〉

2022年07月30日 08時30分00秒 | 記事


協議会で連携、見直し体制強化を確認


 コロナ禍で家族が家にいる時間が増え、全国的に子どもの見ている前で夫婦げんかをする「面前DV」が増加。地域で子どもの見守り機会が減り、児童虐待のリスクが高まっていることが問題視されている中、御坊市でも継続的に見守りフォローが必要な支援対象児童がコロナ禍前より急増。昨年11月から担当課に子ども家庭支援員を配置し、必要なサポートを行うなど虐待の未然防止・再発防止へ見守りを強化している。

 28日に市役所で開いた要保護児童対策地域協議会代表者会議で令和3年度の状況などを報告。社会福祉課が同日現在で把握している継続的に見守りフォローが必要な支援対象児童は45世帯92人(未就学児24人、小学生42人、中学生12人、その他児童14人)いる。コロナ禍に入った令和3年度34世帯77人から増加し、コロナ禍前の2年度12世帯31人、元年度8世帯24人と比べると約3~4倍に急増している。
 児童相談件数も3年度は45件87人。2年度53件107人より減っているが、元年度24件36人、平成30年度17件28人と比べると大幅に増加している。45件87人のうち、虐待に関するものは35件68人で、2年度36件83人に続き高水準で推移。68人のうち、ネグレクト(養育を怠る)が28人と最も多く、心理的虐待は24人、身体的虐待は16人。
 この現状に危機感を持ち、昨年度は緊急対策として国の事業を活用した見守り強化事業を行い、子ども食堂等の活動を行っている「NPO法人フードバンク和歌山」=古賀敬教理事長、湯川町財部=に委託し、支援対象児童の中から同協議会が選定した5世帯16人を対象に宅食(夕食の弁当配達)を延べ232回、学習支援を延べ22回行った。
 支援対象児童のサポートについては、同協議会個別ケース会議で情報交換し、必要な援助方針を決め、定期的なフォローを行っているが、対象児童が急増したのを受け、見守り体制を強化しようと、昨年11月から社会福祉課内に子ども家庭総合支援拠点を設置し、子ども家庭支援員を配置。支援員を中心に悩みや困りごとなど各種相談に対応したり、支援対象家庭への電話や家庭訪問など各家庭にあったサポートを続けている。同課は「支援ニーズの高い子どもを見守り、必要な支援につなげいくよう努めたい」としている。


 その他の主なニュース

日高川町が近畿初、マイナカード申請サポートで町内郵便局と業務委託

宮子姫選考委員会が1日から19日まで第10代宮子姫2人を募集

由良町小学校統合推進委員会を開く、由良小の校章・校歌は11月頃発表

「きのくにロボットフェスティバル2022」のグローバルチャレンジ予選会の参加者を募集


印南町長表彰に町文化協会長の坂下緋美さん 〈2022年7月29日〉

2022年07月29日 08時30分00秒 | 記事


町長表彰を受ける坂下緋美さん
(平成27年7月21日、顕彰碑除幕式で)


 印南町は、町文化協会長の坂下緋美さん(81)を表彰する。教育・文化・学術の向上に功績があった個人や団体を対象とした町長表彰を贈り、功績をたたえる。町長表彰は平成20年に表彰規定を設け、これまで1団体、7人が受賞している。表彰式は8月1日午前10時から、町役場で行う。

 坂下さんは、社会教育委員や公民館印南分館長、文化財保護審議会委員などを歴任、平成14年からは町文化協会長を務めており、町の歴史・文化の継承と発展、子どもたちへの教育のほか、歴史・文化を通じた魅力発信にも取り組み、地域振興、観光振興にも大きく貢献している。
 特に歴史・文化の発掘に力を入れ、かつお節の製法を考案、製法伝授を行った印南漁民3人について、3人の足跡地を訪問し地元住民との交流を深めながら、その功績を広く周知しようと、平成27年に顕彰碑を建立、イベントや講演などを通じて周知活動に取り組み、かつお節発祥の地・印南町を内外にPR。語り部として町内にある4つの王子神社などわかりやすく解説。切目王子神社と関わりが深い「石見神楽」の公演を実現。このような町の宝とも言える歴史文化を小中学生の地域学習材料として活用するなど後世に伝える活動も行っている。
 坂下さんは「小谷緑草さん、要海正夫さん、平尾茂雄さんなど先人の先生方をはじめ、一緒になって活動、協力してくれ私をここまで育ててくれた町の人たちなど良い縁に恵まれてきました。受賞は多くの皆様のおかげと感謝しています。体が続く限りこれからも頑張りたいです」と話している。


 その他の主なニュース

紀州ゆめ倶楽部がクラウドファンディングと県の補助金で自転車、円形型SUPを購入

県中学総体陸上・男子共通800メートルで、狩谷悠世君(松洋中)優勝、共通円盤投で吉本壮希君(御坊中)原志保さん(中津中)も優勝

御坊市が河川敷活用「かわまちづくり」協議会を開き今後のスケジュールなど確認

日高町が(株)アクティオ御坊営業所と災害時レンタル機材供給協定を締結


和歌山県内にはいないはずのオオクワガタ、日高町で捕獲 〈2022年7月28日〉

2022年07月28日 08時30分00秒 | 記事


オオクワガタを捕獲した白井海晴君


 北海道~九州に分布するが、県内には生息していないはずのオオクワガタの捕獲が相次いでおり、日高町でも確認された。雄が体長60ミリほど、雌が40ミリほどの国内最大級のクワガタだが、昆虫に詳しい県立自然博物館=海南市=の松野茂富学芸員によると、最近見つかっているのは、70ミリ超の大型のものばかりで、飼っていたオオクワガタが逃げた可能性が高いという。分布が変わることで自然な生態系が崩れることを危ぐしている。

 白井海晴君(9)=内原小4年=は無類の昆虫好きで、様々な虫を図鑑やインターネット動画などで調べており、小学1年の頃から毎年、夏になると、父親と採集に出かける。21日夜も同じように近隣の山に向かい、ヒラタクワガタなどを捕まえていたが、たまたまオオクワガタを発見して確保。全長71ミリの大型で白井君は「これまで出会ったことはなかったけど、形とかを見てすぐわかった。本当にいるとは思わず驚いた。大事に育てたい」と笑顔だった。
 松野学芸員によると、昆虫に関しては昭和初期から専門的な調査は続けられているが、オオクワガタの和歌山県周辺の分布を見ると、大阪府や奈良県、三重県では標本など学術的な観点から確認されている一方で、純正な和歌山県内産は、今のところ報告例はなく、いないとされている。
 森林伐採などで野生個体は減っており、環境省のレッドリストでは絶滅危ぐ2類に分類されるほど。過去に県内で確認されていなかったクワガタが、自然に増えている可能性は極めて低く、飼育方法が確立されてインターネットなどでも高額で販売される現状で、家で飼っていた個体が何らかの理由で逃げたり、自宅で繁殖させていた人が外へ逃した可能性が高いという。
 さらに野生は60ミリほどが普通のサイズと言われる上、大型はさらに希少とされる中、県内で捕獲されたり、死骸で発見されているオオクワガタは、70ミリを超えるほどの大型のものばかりなのは環境的におかしく、飼育された個体と考えられるのが自然とされる。
 松野学芸員は「考えたくはないが、逃げた個体同士で増えている可能性もある。昆虫を採取したら、死ぬまで面倒を見ることが大切。もし野生だとしても、その個体以上の移動距離で放たれる場合も同じで、その地域の環境に影響を与え、生態系が崩れる可能性がある。家でオオクワガタを飼っている人は外へ逃さないよう気をつけてほしい」と訴えている。


 その他の主なニュース

「ごぼう商工祭」御坊小グラウンドで30日に開催

学童女子野球県選抜の中本美咲さん(湯川小)、外川結愛さん(御坊小)が三浦市長、竹山愛瑠さん(志賀小)が松本日高町長を表敬訪問

美浜町2公民館でサマールーム始まる

近畿高校弓道大会で山本楓和君(紀央館)が個人7位入賞


北塩屋区自主防犯パトロール隊に御坊市長が感謝状 〈2022年7月27日〉

2022年07月27日 08時30分00秒 | 記事


三浦市長から感謝状を受ける木村隊長


 御坊市暴力追放・生活安全推進協議会(会長・三浦源吾市長)は25日、市役所で令和4年度総会を開き、冒頭で平成14年8月に発足以降20年間にわたり地域の防犯活動に取り組んでいる北塩屋区自主防犯パトロール隊(木村三樹夫隊長、会員約40人)の功績をたたえ、三浦市長から市長感謝状が贈られた。

 当時、区内では空き巣や自販機荒らし、車上狙いなど犯罪が多発しており、それを危ぐした木村隊長の呼びかけで市内第1号の自主防犯パトロール隊が発足。「地域の安全は自分たちの力で」を合言葉に毎週深夜に区内のパトロールを続け、年間約50回、20年間で約1000回のパトロールを行っている。
 地域で協力し、地道なパトロール活動を続けたことで現在、同区で犯罪はほぼ発生していない。平成23年に全国防犯協会連合会防犯功労表彰、25年に市長感謝状(10年表彰)を受賞している。
 木村隊長は「身に余る光栄です。多くの区民、隊員の皆さんが地道な活動を続けてこられたおかげ。これからも地道な活動を続け、犯罪のないまちにしていきたい」と話した。

犯罪率県下ワースト1から脱却
総会で安全確保へ連携強化確認

 総会では、事業計画や予算等を承認。令和3年の市内犯罪情勢は刑法犯認知件数が89件、街頭犯罪が39件で、前年よりそれぞれ49件、21件の大幅減。罪種は器物損壊が14件(前年比3件増)と最も多く、次いで暴行12件(5件増)車上狙い4件(16件減)と続く。
 前年まで2年連続ワースト1位だった県下市町村犯罪率は6位に下がり、ワースト1位の汚名を返上。三浦市長は「ワースト1位から抜け出せたのは良かったが、まだ6位と高いので市民の安全確保に向け、今後も地域、関係機関とより一層、連携を強化していきたい」と話した。
 特殊詐欺の被害は県内認知件数が59件(27件増)で被害総額は約9065万円(約67187万円減)。被害者の8割以上が60歳以上、約7割が女性。市内での被害認知はなかったが、日高、由良、美浜町でそれぞれ1件発生。
 協議会は「犯罪のない安心して暮らせるまちにするため、警察・行政・市民が三位一体で組織的な暴力はもとより小さな暴力、犯罪の未然防止、交通事故防止を推進する」とし、暴力追放、環境浄化、特殊詐欺・犯罪等の被害防止、少年非行防止、自主防犯パトロール隊の支援、交通事故防止、子ども見守りネットワーク参加など取り組む。


 その他の主なニュース

松原クラブ(美浜町)の子どもたちが重機体験(25日)

近畿地区高専柔道大会で和高専男子が団体優勝

商工会青年部主張和歌山県大会で湯上彰浩さん(日高川町)が最優秀賞、近畿大会へ

25日、アジアオセアニア高校生フォーラムがウェブ会議形式で開幕、日高高生5人が参加