紀州新聞 THE KISYU SIMBUN ONLINE

和歌山県の御坊市と日高郡をカバーする地方紙「紀州新聞」のウェブサイトです。主要記事、バックナンバーなどを紹介。

11月4日 ゆらふれあい祭&元気ゆら!ふるさとフェスティバル同時開催 〈2018年10月17日〉

2018年10月17日 08時30分00秒 | 記事



買い物客で賑わうふれあい祭(写真は昨年)


 由良町秋のイベント「ゆらふれあい祭(実行委員会主催)」と「元気ゆら!ふるさとフェスティバル(同)」が、11月4日午前9時30分から由良体育センターと周辺で開催する。これまで別々に開いていたが、集客数の増加や参加者の満足度向上を目指し、初の同時開催となった。合わせてJA紀州由良支店フェア、町文化協会の文化展も組み込み、由良の魅力いっぱいのイベントを目指す。

 同町では、5月や6月に元気ゆらフェス、11月にふれあい祭を異なる場所で開催してきたが、ゆらフェスに農作物を多く出品できるよう3年ほど前から秋に変更。近い時期の開催となったことから「一緒にしてはどうか」との意見があり実現した。
 イベントの名称はこれまで通りとし、JA紀州由良支店フェア、中央公民館で開催の町文化協会の文化展も取り入れ、さらに内容を充実させる。
 イベントは飲食や産品などの販売、ステージ企画、職業体験コーナー、摘果玉を使ったゲームコーナー、語り部ハイキング、写真教室、スタンプラリー大抽選会などを用意。ステージでは漫才、ジャズ演奏、ダンス、ライブ、尺八演奏などを企画し、飲食・物販では30店舗以上が出店し特産物などを販売する。
 JA組合員のつながりや交流、次世代とのふれあいを目的としたJA紀州由良支店フェアは、共済金融相談会や農地相談会、ミカンの販売などを実施。文化展は10月27日~11月4日まで中央公民館を会場に、町文協に加盟する団体の作品展示などを行う。
 当日は午前9時30分から開会式、10時から午後3時まで販売や各種イベント、午後2時40分からスタンプラリー大抽選会、3時30分から餅まき(200キロ以上)でフィナーレとなる。
 実行委では「子どもから大人まで楽しめる内容となっています。イベントの最後に行う抽選会、餅まきも盛大に行いますので、ぜひお越し下さい」と多くの来場を呼びかけている。荒天中止。


その他の主なニュース

 国体Sテニス少年男子で花岡忠寿君(御坊市出身)メンバー入りの奈良が優勝

 明るい選挙啓発ポスター県審査で北村真優さん(印南小)入選、中央審査へ

 県小学生Sテニス秋季大会で印南Jrの中嶋・西山組準V、丸田・川端組3位

 中学硬式野球協会関西連盟秋季大会で紀州由良リトルシニア8強、3年ぶり全国へ


宮子姫みなとフェスタ(御坊市)に1万7000人 〈2018年10月16日〉

2018年10月16日 08時30分00秒 | 記事

時代行列で笑顔を振りまく宮子姫

お笑いステージを盛り上げた2700


 御坊市の「宮子姫みなとフェスタ」は14日、日高港で開き、秋晴れの好天に恵まれ、家族連れら1万7000人(主催者発表)が来場した。約1300年前の天平時代(奈良時代後期)の衣装を身につけた宮子姫時代行列、吉本芸人による「よしもとお笑いステージ」が人気を集めたほか、ステージ発表や物産展など各種イベントを行い、にぎわった。
 
 時代行列は第7代宮子姫の野口美晴さん(21)=御坊市湯川町財部、きのくに信用金庫御坊営業部=と、弓場蝶乃さん(21)=由良町里、JA紀州名田支店=が昨年新調した豪華な衣装を身にまとい、女官や男官役の塩屋小児童、河南中生徒と一緒に会場内を練り歩き、笑顔を振りまいた。和歌山県住みます芸人のわんだーらんどが藤原不比等役、粟田真人役を務め、行列を盛り上げた。
 エアロバティックショーの代わりに昨年から始めた「よしもとお笑いステージ」は「右ヒジ、左ヒジ~」などリズム系のネタでブレークした「2700」をはじめ、地元出身のまことフィッシングがコンビを組む「わんだーらんど」、地元出身の石倉智喜さんがコンビを組む「マドンナ。」、漫才大道芸の「ビコーン!」の4組が出演。それぞれに持ちネタや地元ネタを披露し、観客を楽しませた。
 岸壁では国交省近畿地方整備局の海洋環境船「海和歌丸」が寄港し、家族連れが船内見学会を楽しんだ。
 メーンステージはオープニングセレモニーに続き、ステキ体操GO!GO!GOBO、市民吹奏楽団の演奏、南塩屋若中有志の四つ太鼓や獅子舞、日舞清姫会の宮子姫音頭・日高川踊り、ハレ45スタジオのハワイアンフラ、夢屋舞組など3連のよさこい踊り、市観光協会PR大使・にしゆきさんのコンサート、天音太鼓保存会の演奏、MARUCHANSのアコースティックライブがあった。
 テント会場は市内外から44店舗・団体が地元の物産・飲食物販売や各種展示などを行い、にぎわった。パートナーシティ協定を結んでいる徳島県阿南市も出展した。


その他の主なニュース

 衣奈祭(由良町)や大歳神社祭(印南町)で祭礼、好天の秋祭りサンデー

 吉原祭(美浜町)初の祭祀舞奉納、巫女ら衣装着て詰め稽古

 鶴保庸介参議院議員の国会活動20周年を祝う会

 白崎海洋公園指定管理者(株)マレア・クリエイトが撤退申し入れ、町と協議開始


危険業務従事者叙勲、管内から消防功労で玉置憲一氏(御坊市)受賞 〈2018年10月14日〉

2018年10月15日 08時30分00秒 | 記事

 警察官や消防士、自衛官など危険性の高い業務に精励した人に贈られる第31回危険業務従事者叙勲の受章者が決まった。日高地方からは唯一人、消防功労で御坊市湯川町富安1437、元御坊市消防本部消防長(最終階級は消防司令長)の玉置憲一氏(63)が瑞宝双光章を受ける。消防業務を献身的に務め、市民の安心、安全に尽力。11月上旬に東京や県庁で伝達され、拝謁が行われる。県下受章者は28人で、今回を含めて795人となった。

 玉置氏は、南部高校を卒業後、昭和48年4月1日に御坊市消防本部消防士を拝命し、平成20年10月から総務課長、平成24年4月には消防長に就任。「組織づくりは人づくり」をモットーに、主に総務畑で、消防本部の予算、人事、施設の整備など消防組織の発展に尽力し、特に消防施設の充実・強化が重要だと考え、消防車両の購入、消火栓、防火水槽などの設置を数多く実現させた。
 人材育成には特に力を入れ、現場経験の少ない若手職員には、できるだけ研修を受ける機会を与え、知識・技術の向上を図った。市民の信頼に応えるため、迅速、的確な行動と市民に対する接し方を大切にすることなども指導。地域の防火対策として、子どものころからの防火意識を高めてもらおうと、幼少年消防クラブの発足を推進した。就任してから4つのクラブを発足させた。
 44年間におよぶ、消防人生で特に印象に残る出来事が3つあるという。1つは、消防士になった翌年の1月に発生したスーパー「千寿堂」の火災。なりたてで、現場経験が少なく初めての大規模火災ということもあり、上司に指示されるまま、消火活動にあたった。2つ目は、平成7年1月に発生した阪神・淡路大震災。地震発生後、神戸市長田区へ消火隊として現場に駆けつけたとき、その惨状に驚き、言葉を失ったという。数カ所で発生する火災、橋の下での夜営も経験した。3つ目は、消防長になり、県下消防ポンプ操法大会で、小型ポンプ操法の部で塩屋分団が優勝、ポンプ車操法の部で御坊分団が準優勝し、平成28年10月に御坊市消防団の悲願だった全国消防操法大会へ、塩屋分団が初出場を達成したこと。
 現在は、下富安地区の区長(2期目)を務め、地震の揺れを体験できる起震車を呼んだり、近くに避難場所を指定するなど、消防での経験や知識を存分に発揮し、地区の防災意識の高揚に力を注いでいる。
 玉置氏の話 身に余る光栄です。44年という長い間、務めてこられたのは先輩、同僚、後輩に助けていただいたから。また、家族の協力があったからこそだと感謝しています。今後も、この章に恥じないよう精進していきたいと思います。


その他の主なニュース

 母子保健家族計画事業功労者厚生労働大臣表彰に南ふみさん(御坊市)受賞

 日高地方競書会、硬・毛筆特賞100点選ぶ

 県美術展覧会日本画部門で小野千寿子さん(日高川町)最優秀賞

 ル・サロン2019で田中美惠さん(美浜町)入選


2018年9月 データバンク

2018年10月13日 09時41分43秒 | JR時刻表2018年度版ダウンロード

1日
全国山林苗畑品評会と山林種苗等生産事業功労で川口源治さん=御坊市=が林野庁長官賞受賞、田端宏さん=同=に林野長官賞として感謝状贈呈第35回読売書法展会友の部で崇光社から畑心鉦さん=日高川町出身=が秀逸賞第3回市民教養講座で作家・林真理子さん講演煙樹ケ浜フェス雨でも賑わう

2日
秋山・和大教授が印南町で救難システムの実証実験角屋甚太郎が土佐から持ち帰り植えたアコウの木を菩提寺・印定寺で確認御坊市議選が来年1月13日告示、20日投票(即日開票)に決まる第69回春日大社清書会で志賀小6年、寺井巴菜さんが最高賞の春日大社宮司賞第19回高校生国際美術展美術の部で紀央館高校3年、岩城花音さん奨励賞野球U18アジア選手権出場の大阪桐蔭高3年、小泉航平選手=河南中、日高マリナーズ出身=が壮行試合で活躍県高校野球新人戦で南部が4強、2次予選出場へ県高校ホッケー選手権で紀央館女子が3年ぶりV県下剣道優勝大会で日高支部一般女子が初優勝

3日
日高町議選は1月29日告示、2月3日投開票、美浜町長・町議同時選が2月5日告示、10日投開票、由良町議は2月12日告示、17日投開票と決まる

4日
台風21号直撃で管内で史上最高50メートルの暴風吹き被害多発、けが人相次ぐ

5日
印南町社協が「あんしんカード」の配布開始管内トップの印南祭ならし始まる美浜町議選(定数10)に新人・森本敏弘氏(60)=田井・共産党=が出馬表明県書道資料館書写書道作品展で野田書道教室の林心音さん、直川阿香里さん(以上内原小)特別賞春日大社清書会で山本映紅書院の稲葉千紗さん(松原小)奈良市教育長賞

6日
高校バドミントン県予選で紀央館の畑中理子さん、竹中美裕さん、耐久の柏木颯君、岩橋稜典君が近畿出場決める

7日
台風21号の管内農林水産業被害は2億3千万円(第1報)紀州鉄道フォトコンで瀧本祥司さん=美浜町=が最優秀賞県「人権花の運動」コンテストで笠松小が2年ぶり最優秀賞ベトナム国営テレビ、TBS共同制作でクエのまち・日高町を撮影由良町9月定例議会。藤田議長死去に伴い議長に山名氏、副議長に馬場氏

8日
御坊市名誉市民第1号・和田勇氏の二女・メアリーさん(77)=米国=14年ぶり来坊、11月の顕彰イベント出席へ全日本弓道選手権に管内から長岡修さん=日高川町=、徳田彩加さん=美浜町=、全日本弓道遠的選手権に石本千夏さん=由良町=が出場へ県知事選に新人・畑中正好氏(66)が出馬表明

9日
御坊市空き店舗対策事業補助金制度第1号に山本琴美さん=美浜町=が決定。大浜通りでカフェバー開業へ世界的活躍の若手外国人シェフが御坊でしょうゆ造り学ぶ県書道資料館作品展で戸根書道教室から森口果凜さん(名田小)3年連続特別賞県高校野球新人戦で南部が16年ぶり優勝御坊市花火実行委が打ち上げ会場整備協力で市建設業協同組合、御坊ジュニアタイガースに感謝状全国ママさんバレーボール冬季大会和歌山県予選で日高クラブが3年ぶりVで全国へ、由良すいせん3位

11日
日高川町美山地区でテレビ会議の初授業日本学生陸上選手権・女子円盤投で東京女子体大3年、酒井梨々華さん=大成中-紀央館高=3位

12日
JOCバレーに管内から宮崎雅椰君(大成中)、鈴木美柚さん、笹野文乃さん(以上日高中)、堺目愛和さん(上南部中)が県代表入りU18アジア野球選手権で小泉選手メンバー入りの高校全日本が銅メダル

13日
県書道資料館作品展でこたに書道教室から中井伸子さん(由良小)がニュース和歌山賞、野田弦輝君(同)は資料館奨励賞印南中生が大学生と合同で防災学習三浦日高振興局長が100歳長寿を祝う

14日
ベトナム国営TVとTBS共同制作の番組撮影でベトナムの有名女優ら日高町へ安倍総理が来県し総裁選へ決意、励ます会に800人

15日
和高専専攻科の嶋田仁さん化学・化学工学の国際会議でポスタープレゼン賞ゲートボール県レディース選手権で平チーム(日高川町)、ジェントルマン選手権で美浜煙樹V、近畿へ松洋中学校吹奏楽部50回目の定演印南町敬老会式典で金婚式夫婦に祝い品

16日
第32回ねんりんピックで健康麻雀交流大会開催の御坊市が協賛企業・紀州新聞社に感謝状学童部日高支部秋季大会でみなべ2年連続2回目V、準優勝の内原と県大会へ日新会創立50周年記念剣道大会・中学生女子個人で今枝琴さん(松洋)V、高校女子団体で日高が準優勝

17日
御坊市「敬老の日」式典で模範市民9人と敬老篤行者4人を表彰知事杯争奪日高地方少年野球大会でみなべ初優勝

18日
台風被害受け御坊市議会防災・減災対策特別委で椿山ダム放流へ意見相次ぐ御坊市社協の中村会長が100歳の池口ケイさん祝う2018県内基準地価(7月1日時点)発表。日高地方は全28地点で下落

20日
交通安全ポスターコンクールで小学生低学年の部・松下音羽さん(印南)、同高学年の部・三原菜結さん(三百瀬)、中学生の部・東原百伽さん(美山)最優秀賞全国商工会連合会HPで日高町商工会の海外観光客誘致に高い評価御坊市教育長に奥幹夫氏(65)を再任国道42号由良町里トンネル内で10tトラックと正面衝突、軽トラ運転の50代男性死亡

21日
紀州鉄道(株)と和歌山大学経済学部が公共交通課題解決で協定締結日高町9月定例議会で副町長に田中達也氏(60)選任同意柏木御坊市長ら100歳以上6人を激励第7代宮子姫の野口美晴さん、弓場蝶乃さんが任命式で抱負

22日
ジュニア五輪陸上で管内から小林聖君(南部)、上平晃太郎君(中津)、久保亮太君、UAC・上畑真由さん(以上大成)、阪本海月華さん、岡本月菜さん(以上湯川)の6人が県代表入り電子オルガンローランドF西日本大会でローランド御坊教室、柿木理菜さん一般部門で優秀賞、ファイナル出場へ日高地方中学校新人体育大会陸上で松洋中男子、湯川女子が総合V、小宮泰誠君(日高)、阪本海月華さん(湯川)が大会新JA紀州旗争奪日高地区少年野球大会で内原V日高地方中学校新人体育大会バスケットで日高男女そろって優勝

23日
近畿高校ユース陸上対校選手権円盤投で井戸良君(日高)2位、森美優さん(紀央館)3位由良町門前の国道42号で軽乗用車同士正面衝突、酒気帯び運転の疑いで20歳男逮捕日高地方中学校新人体育大会バレー・女子の部で印南41年ぶりV、大成・中津合同チーム準Vで県大会へ第4回ジャパン・ツーリズム・アワードで御坊日高博覧会(御博・おんぱく)に表彰状紀の国トレイナートで日高川町和佐を舞台にローカルダイブ日本少年野球関西秋季大会県支部予選・代表決定戦で御坊ボーイズ勝利、2年連続関西大会へ日高地方中学新人体育大会・卓球で上南部男子、湯川女子が優勝、個人で清水君(上南部)、野鹿瀬さん(日高附属)V

24日
秋季近畿地区高校野球1次予選代表決定戦で日高が快勝、2年ぶり2次予選へ

25日
美浜町9月議会で森下誠史町長(63)=三尾=が3選出馬を表明ふる里ペンション湯川=日高町=にクエが今季初入荷

26日
印南祭前に御坊市名田町野島の加尾区が130年ぶりに屋台新調梅のたる窃盗容疑で御坊市、みなべ町の男逮捕

27日
印南町鳥獣被害防止対策協議会が軽量で組立簡単な箱わなを管内初導入近畿少年野球大会女子学童の部で県選抜が準V、メンバーの岡田未来さん(御坊少年野球クラブ)が投打で活躍和歌山県花を愛する県民の集い大会で日高町原谷ふる郷会に平成30年度功労者感謝状決まる

28日
日高川町がかわべテニスコートのドーム化着手へ近畿ジュニア体操競技選手権で稲原小6年、坂井孝成君が円馬優勝で個人総合3位、同小3年の弟・俊紀君も総合8位(株)紀陽銀行由良支店が来年4月に御坊支店へ移転統合御坊署と県警が架空請求詐欺疑いで住所不定の男(32)を現行犯逮捕

29日
平成30年度県ナース章に御坊市健康福祉課統括保健師・南ふみさん=御坊市=、塩路内科胃腸科准看護師・辻本多恵子さん=日高川町=選ばれるきのくにロボフェスの詳細決まる台風24号懸念し印南祭の山口八幡、印南八幡が初の分離開催へ美浜、日高町で敬老会福井国体・陸上競技に出場の県代表に管内から高校・大学生5人選抜国体クレー射撃トラップで楠本晃大さん=印南町=メンバー入りの県選抜チーム3位、個人でも8位御坊市名屋地区津波避難タワー上棟式で工事安全を祈願社会福祉法人博愛会の「博愛デイサービスセンター日高川」の増改築完了、竣工式挙行日高地方交通安全功労者・優良運転者等表彰式で功労者や交安ポスター入賞者ら表彰

30日
舞妃蓮フォトコンで横出一夫さん=御坊市=に市長賞、陳国喬さん=美浜町=に塩屋文協会長賞御坊祭(10月5日)に向け乗り子の稽古も熱気全日本マスターズ陸上で安東八重子さん=美浜町=が女子85~89歳の部砲丸投、貴志栄子さん=印南町=も同60~64歳の部ハンマー投で揃って優勝県最低賃金803円(時給)引き上げへヤクルト・山本哲哉投手=由良町出身=が今季で引退発表


11月17日、市民文化会館で「和田勇に学ぶ」顕彰イベント 〈2018年10月13日〉

2018年10月13日 08時30分00秒 | 記事

ポスターをつくり、顕彰イベントPR


 御坊市名誉市民第1号で東京にオリンピック(1964年)を呼んだ男として有名な故・和田勇氏の顕彰会と市、市教育委員会が共催で、11月17日(土)午後1時から市民文化会館小ホールで「和田勇に学ぶ」と題した顕彰イベントを開き、朗読劇とパネルディスカッションを行う。和田勇氏の二女、メアリー・マリコ・ロースさん(77)=アメリカ・サンフランシスコ在住=が14年ぶりに来坊してゲスト出演。歓迎会や和田勇資料館のある御坊寺内町会館見学も予定している。

 第1部は「東京にオリンピックを呼んだ男~1964年から2020年に繋ぐ」をテーマに市文化財保護審議会委員の大谷春雄さん=大谷呉服店=が脚本、舞台演出を手がける朗読劇を行う。朗読は俳優の正木吉紀さん=劇団KCM=が和田勇役とナレーション、俳優の前田祐希さん=たなべ座=が和田勇氏の妻・正子役を務める。音楽演出は二胡演奏者の木塲孝志さん。映像も盛り込みながら約40分間、和田勇氏の功績を紹介する。
 第2部のパネルディスカッションはコーディネーターに大谷さん、パネリストに顕彰会事務局長の岡本恒男さん、和歌山市のNPO法人わかやまスポーツ伝承館事務局長の畔取由佳さん、マリコさんが出演し、和田勇氏の功績やエピソード、思い出などを語り合う。入場無料。定員250人。申し込み不要。問い合わせは市企画課(電話23・5518)へ。
 マリコさんは、平成16年に行った名誉市民授与式に出席しており、御坊市を訪れるのは14年ぶり。夫のブレントさんと一緒に来日し、15日に来坊。16日に柏木征夫市長を表敬し、御坊寺内町会館の和田勇資料館を見学したあと、午後6時から「花ご坊」で開く歓迎会に出席する。
 2019年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリンピック噺~」に和田勇氏を取り上げてもらえるように市が昨年度、御坊商工会議所など各種団体と顕彰会を設立し、各種顕彰事業を実施。今年度は御坊南海バス(株)の協力で路線バスに和田勇氏のラッピングをほどこし「走る広告塔」としてPRに努めているほか、JR御坊駅に横断幕やPR看板を設置。日高高校生徒の協力で和田勇氏の紙芝居を制作して市内の幼稚園、保育園に配布する。


その他の主なニュース

 MOA中紀児童作品展で嶋田倫也君(志賀小)、大藤愛叶さん(内原小)知事賞

 御坊市北塩屋パトロール隊に全国防犯功労団体表彰

 美浜町、訪問通所型短期集中C型サービス開始

 日高町小学校統合懇談会でアンケート結果を公表


日高川町フォレスト祭11月11日に開催 〈2018年10月12日〉

2018年10月12日 08時30分00秒 | 記事

優勝賞金10万円をかけた丸太切り競争(写真は昨年)


「森林」をテーマに昨年初開催した第2回日高川フォレスト祭が、今年も11月11日に日高川町初湯川の平スポーツセンター周辺で開かれる。昨年に引き続き、日本を代表する城所ケイジさんによるチェーンソーアート・カービングショーや優勝賞金10万円の丸太切り競争、木工教室など多彩なイベントで、町の主産業である林業や森林の大切さをPRする。

 会場の椿山ダム湖畔のみやまドーム周辺では、2年前まで「日高川ふれあい祭」が行われていたが、昨年から日高川フォレスト祭実行委員会(中家哲委員長・紀中森林組合長)が主催の「森林」をテーマにしたイベントに生まれ変わった。
 和歌山県住みます芸人わんだーらんどの司会で、美山太鼓の打ち鳴らしがオープニングを飾り、午前9時から開会式典のあと、みやまドームでは午前10時から優勝賞金10万円の丸太切り競争(参加費1組2000円)の予選を開催。1チーム4人(女子2人以上)で、ノコギリで丸太を切るスピードを競う。午前11時と午後1時からは、日本を代表する城所ケイジさんによるチェーンソーアート・カービングショー、大工の指導で午前11時から女性木工教室のイス作り、午後1時から親子木工教室でペン立て作り、コケ玉作り(教室はいずれも有料)もある。
 終日、フリーマーケットが開かれるほか、森林組合や商工会、紀州備長炭保存会、元気野菜クラブなどの展示PRコーナー。地元生研グループやJA紀州、商工会はじめ地元商店などが「食べ物コーナー」を開き、シカ肉やシシ肉を使ったジビエ料理、松茸ご飯とお吸い物、ゴンパチ茶とジャムの試食など山の幸を使った軽食を提供する。
 体育館内では、ふれあい祭りを引き継いだ第13回美山文化展を開催し、地元子どもたちの作品やその他の展示コーナーを設けるほか、積み木や球状の木が入ったプールなど、木材とふれ合う遊びコーナーもある。
 閉会式典後の午後4時前からは各種コーナーで500円以上購入した人が参加できる大抽選会もある。
 丸太切り競争は、優勝賞金が10万円、2位3万円、3位1万円、4位ふるさと産品の豪華賞品を用意。先着30組(要予約)で、4人1組の団体戦。フリーマーケットは、雑貨や衣類、日用品、農産物などが対象で、農産物を除く食品全般の販売は禁止(保健所から屋台営業の許可を除く)。1区画が約2メートル×3メートルの全20区画で1人2区画まで。出店料は1区画1000円。先着20区画で締め切る。
 申し込みと問い合わせは、日高川町役場林業振興課内同祭実行委員会(電話56・0324)へ。


その他の主なニュース

 日高港係船杭完成、来春飛鳥Ⅱ寄港へ

 2月の由良町議選に新人、岩﨑清和氏出馬表明

 県中学秋季陸上競技で小宮泰誠君、岩城結太君、阪本海月華さん優勝

 由良小学校で由良中学校区の人権教育研究発表会


御坊市ファミリー・サポート・センター1周年を祝う 〈2018年10月11日〉

2018年10月11日 08時30分00秒 | 記事

関係者や利用者がくす玉を割り1周年を祝う


 子育て支援の拠点として平成29年10月に御坊小学校北校舎に開設した紀中地域初のファミリー・サポート・センターが10日に丸1周年を迎えたのを記念し、市から事業委託を受けているNPO法人Com子育て環境デザインルーム=白浜町、松本千賀子理事長=がお祝い会を開き、行政関係者や会員が交流した。現在は御坊市、日高川町、日高町の1市2町が参画し、会員は当初目標の2倍に達するなど子育て世代から好評を得ている。

 子育てをサポートしてほしい人(利用会員)に、支援できる人(スタッフ会員)を紹介する事業で、県下では7カ所目。学校への開設は県下初で全国的にも珍しい。当初は市だけだったが、今年4月から日高川町、7月から日高町が参画して広域実施しており、スタッフ会員50人、利用会員137人、スタッフ・利用の両方会員10人の計197人(9日現在)まで増え、当初目標100人の2倍に達している。
(1)保育施設や習い事の送迎(2)残業時のお迎えと預かり(3)発熱時のお迎えと受診(4)病児の預かり(5)ちょっとした息抜き-などを有料で支援。オープン後から9月25日現在の累計利用件数は326件。未就園児の預かりが158件と最も多く、次いで保育施設までの送迎45件、習い事への送迎30件。利用した保護者から「良かった」と好評を得ており、子育て支援の拠点として定着。今後も周辺町からの参画、利用が増えると予想される。
 お祝い会では、松本理事長が「スタッフ会員、利用者をはじめ、学校、行政、地域の皆さんに感謝申し上げます。今日から心新たに次のスタートを切ります。利用して良かったと言ってもらえる場所になるよう引き続き頑張ります」とあいさつ。来賓の米倉守・市民福祉部長は「地域で安心して子育てできるよう、みんなで頑張りましょう」、弓倉正啓御坊小校長は「就学前に保護者の方がコミュニケーションを深められるのは私たちにとってもありがたい」と祝辞を述べた。
 西川宏洋・市社会福祉課長が「今後も広域展開が進むと思っています。2年3年と末永くエンドレスに発展することを祈念したい」とジュースで乾杯。サポート会員14人に松本理事長から感謝状が贈られたほか、利用者や子どもたちも参加したくす玉割りもあり、和やかに懇談、交流した。


その他の主なニュース

 国民体育大会で井戸良君(日高高校1年)が砲丸投で4位

 大歳神社祭礼(印南町)前に奈良井・滝の口組が天幕含め四つ太鼓を新調

 前田勝汰さん(美浜町)全日本空手道選手権大会の優勝候補として注目

 御坊市人権講演会(11月10日)の整理券、約500枚配布


秋祭りサンデー、見物人でにぎわう 〈2018年10月10日〉

2018年10月10日 08時30分00秒 | 記事

升持ちとともに大笑いする鈴振り(笑い祭)

横一列に連ねて練り歩く(森祭)

雄、雌の獅子舞を披露(富安祭)

見物人を楽しませた駆け馬(紀道祭)

当屋が鬼獅子を披露(長子祭)


 秋祭りサンデーとなった7日、日高地方では笑い祭(日高川町)や紀道祭(同)森祭(御坊市)富安祭(同)など各地で行われた。秋晴れの好天の下、各神社とも家族連れら多くの人でにぎわいをみせた。14日は原谷祭(日高町)衣奈祭(由良町)大歳神社祭(印南町)が行われ、祭りシーズンは中盤に入る。

 笑い祭 日高川町江川、丹生神社で行い、名物の「鈴振り」をシャッターに収めようと、多くのアマチュアカメラマンらが取り囲むなど多くの見物人でにぎわった。
 鬼が出迎えた後、和佐の「箱獅子」や江川、山野、松瀬の獅子舞が一斉に行われ、御旅所を出発。顔を白く塗り、赤色で顔の頬に「笑」の文字と派手な衣装の「鈴振り」が、左手に宝箱を持ち、右手で鈴を振り、「笑え、笑え~、世は楽じゃ、永楽じゃ」と大笑いしながら、御輿を先導。4組の屋台や四つ太鼓が宮まで続いた。
 宮に戻った後は山野、江川、和佐、松瀬の屋台や四つ太鼓が練り歩き、境内では巫女の舞、和佐の「踊り獅子」、松瀬の「竹馬」、山野の「雀踊り」、江川の「奴踊り」のほか、獅子舞などを奉納した。
 森祭 御坊市塩屋町南塩屋の須佐神社で行われた。午前中に御輿や屋台、のぼり、四つ太鼓などが塩屋漁港の御旅所までお渡り。神殿式のあと、笛や太鼓の音色にあわせて3頭の獅子舞を同時に奉納。大人、子ども計4台の四つ太鼓が威勢良く練り歩き、御輿を中心に四つ太鼓、屋台が横一列につながると、大勢の見物人から歓声や拍手がわき起こった。午後から神社で宮入りした。
 富安祭 朝から四つ太鼓などが地区内を周り、夕方からは四つ太鼓や屋台、のぼりが高台にある「明神さん」前まで威勢良く練り歩き、到着後、のぼり差しを行い、管内最大の七反のぼりや5反のぼりなどが競演。獅子舞は雄、雌2頭が力強く舞い、観衆から大きな歓声や拍手を受けた。
 紀道祭 日高川町三百瀬、紀道神社で行われた。
 三百瀬、北、平川、南、の4組の四つ太鼓や屋台、などが勇ましく練り、馬場先では当屋番の三百瀬の本獅子と南、三百瀬の舞獅子など奉納した。力強いのぼり差しも披露し、歌舞伎の「連獅子」を飾りにした三百瀬のだんじりも注目を集めた。
 夕方には名物の駆け馬があり、4頭の馬が2頭ずつ境内から馬場先までの400メートルを競い合って疾走。スピード感満点の走りに見物人から大きな歓声が上がった。
 長子祭 日高川小釜本、長子八幡神社で行われた。
 当屋の佐井を先頭に老星、坂野川、三佐、田尻、本郷の屋台などが宮入り。獅子舞を奉納した後、鬼の追い出しが行われた。
 社務所から鬼を出して祭りを進行させようとする当屋の佐井組と引きとめようとする他組の若中がぶつかり合い、攻防戦を繰り広げた。
 屋台などがお旅所まで練り歩いた後、当屋組の鬼獅子を披露。鬼と獅子の競演に見物人からも声があがった。


その他の主なニュース

 二階幹事長、吉川農相が台風被害調査で御坊市名田町を視察、支援を約束

 秋季高校野球、南部が逆転で田辺を下し14年ぶり近畿へ

 中学軟式野球の日高オールスターズ17期生選考会

 木乃国らんちゅう愛好会第8回品評会で東大関に金森秀秋、辻敏秋、伏木寿一さん


管内最大の御坊祭にぎわう 〈2018年10月7日〉

2018年10月09日 08時30分00秒 | 記事

御旅所では戯瓢踊りを奉納

四つ太鼓、屋台、のぼりが威勢良く競り合う(紀小竹組)


 管内最大規模の秋祭り、御坊祭(小竹八幡神社秋季祭礼)は5日、盛大に行われた。御旅所では、戯瓢踊り(けほんおどり)、県無形民俗文化財指定されている下組のすずめ踊りは今年は渡御のあと境内で奉納。各組の宮入では境内、芝では奴踊りや獅子舞、威勢良く四つ太鼓を練り回し、夜遅くまで見物人を楽しませた。
  
 神殿式のあと、各組が美浜町浜ノ瀬の御旅所まで渡御。のぼりや傘ぼこを持って、各組が並んで歩き、道中を彩った。各組ののぼり、屋台などが続々と御旅所に到着すると、巫女の舞、戯瓢踊りが行われた。
 上組の子どもの四つ太鼓が宮入し、子ども奴踊りを奉納、続いて今年は下組がすずめ踊りを奉納した。中組がトップで宮入りを飾ると、浜之瀬、下組、紀小竹組、御坊町、名屋組、東薗組、春日組、上組ののぼり、屋台、四つ太鼓が順番に宮入りした。
 のぼりは、5反、3反と力強く差し、勇ましい姿を見物人に披露。屋台も宮入りし、境内で奴踊りや獅子舞を奉納。芝では、四つ太鼓が「サイテクリョウ」「ホーエンヤ ホーランエ ヨイヤサノサ」と大盛り上がりで、奉納した後も屋台と四つ太鼓が激しく競り合い、威勢の良い声は夜遅くまで聞こえた。


その他の主なニュース

 日高看護学校5期生40人が決意新た

 鈴木薫さん(日高町)が春秋合わせ17回連続の院展入選

 日高川町杯Jrスポーツ大会バレーで川辺ひかり女子V、流星2位

 湯川子安神社祭にぎわう


14日開催『宮子姫みなとフェスタ』のメーンは、よしもとお笑いステージ 〈2018年10月5日〉

2018年10月06日 08時30分00秒 | 記事

 御坊市、市観光協会主催の「宮子姫みなとフェスタ」は、14日午前9時30分から日高港で開く。昨年に続いて吉本芸人による「よしもとお笑いステージ」をメーンに宮子姫時代行列、各種団体のステージ発表、物産展などさまざまなイベントを実施する。お笑いステージは地元出身者がコンビを組む「わんだーらんど」と「マドンナ。」など4組が出演。物産展はパートナーシティ協定を結んでいる徳島県阿南市も出展する。

 お笑いステージはエアロバティックショーの代わりに昨年から実施。今年は「右ヒジ、左ヒジ~」などリズム系のネタでブレークした「2700」をはじめ、美浜町出身のまことフィッシングがコンビを組む和歌山県住みます芸人の「わんだーらんど」、日高川町出身の石倉智喜さんがコンビを組む「マドンナ。」の2組と、漫才大道芸の「ビコーン!」の4組が出演する。ステージは午後3時から1時間程度行う。
 宮子姫時代行列は午前11時45分から行い、第7代宮子姫の野口美晴さん(21)=御坊市湯川町財部、きのくに信用金庫御坊営業部=と、弓場蝶乃さん(21)=由良町里、JA紀州名田支店=が昨年新調した豪華な衣装を身にまとい、女官や男官役の塩屋小児童、河南中生徒と一緒に会場内を練り歩く。
 今年も国交省近畿地方整備局の海洋環境船「海和歌丸」が寄港し、午前11時からと午後0時30分からの2回、船内見学会を開く。
 メーンステージは午前9時30分からオープニングセレモニーを行い、柏木征夫市長があいさつ。御坊市少年少女発明クラブの牛乳パックを使った発明コンテスト表彰式に続き、10時から「ステキ体操GO!GO!GOBO」、10時20分から市民吹奏楽団の演奏、10時45分から南塩屋若中有志の獅子舞など、11時25分から日舞清姫会の宮子姫音頭・日高川踊り、11時45分から宮子姫時代行列。
 午後0時20分からハレ45スタジオのハワイアンフラ、1時から夢屋舞組など3連のよさこい踊り、1時30分から市観光協会PR大使・にしゆきさんのコンサート、2時から天音太鼓保存会の演奏、2時30分からMARUCHANSのアコースティックライブ、3時からお笑いステージを行う。
 EEパークでは発明コンテスト入賞作品展示、ソーラーカー。テント会場は市内外から44店舗・団体が地元の物産・飲食物販売や各種展示などを行う。


その他の主なニュース

 日高町シルバー人材Cが空き家見回り事業開始

 県が鳥獣害対策のわな猟の技術を学ぶ研修会を印南町で開催

 美浜町三尾の3人が釣り中に海に転落した75歳男性を救助

 小泉航平(大阪桐蔭)が高校3冠達成