紀州新聞 THE KISYU SIMBUN ONLINE

和歌山県の御坊市と日高郡をカバーする地方紙「紀州新聞」のウェブサイトです。主要記事、バックナンバーなどを紹介。

御坊市ふるさと納税 今月中に目標の大台10億円突破 5年連続増、PR・体制強化が奏功 〈2022年1月23日〉

2022年01月23日 08時30分00秒 | 記事

 御坊市は、昨年12月末現在の令和3年度ふるさと納税寄付額をまとめた。前年度同期比18%増の9億8千万円で、すでに2年度実績を上回り、5年連続で増加。今月中に目標の大台10億円を突破することも分かり、市企画課は「皆さんのご協力のおかげ」と喜んでいる。今年度から「ふるさと納税推進員」を創設し、全庁的に出品事業者の新規開拓、魅力発信に力を入れたほか、御坊商工会議所の協力で全国の御坊ファン、リピーターを増やす取り組みを行ったことなどが功を奏した。

 12月末現在の寄付額は9億8356万3000円、寄付件数は8万1549件となり、前年度同期に比べ金額で18%、件数で23%増加。この時点で2年度実績9億6126万5633円を上回り、過去最高を更新している。今月12日現在で約9億9600万円まで伸びており、今月中に目標の大台10億円を突破することが分かった。例年1~3月で約1億円あり、最終的に11億円前後まで増えそう。
 平成28年12月からインターネットを活用した大手ポータルサイトに委託。28年度4844万円だったのが、29年度1億395万7008円、30年度2億4424万4070円、令和元年度5億9459万423円と、毎年度2倍以上の伸びを続けた。2年度も2倍のペースを維持したが、ピークの12月は1・2倍にとどまり、最終的に前年度比1・6倍増の9億6126万5633円で、10億円達成は持ち越していた。
 返礼品は地元事業者、地元産品を基本としているため、寄付額を増やすには新規事業者の開拓、出品事業者へのフォローや連携が重要とし、今年度から推進員制度を創設し、6部署から課長補佐級職員12人を任命し、企画課にも担当の再任用職員を配置するなど体制を強化。新規事業者の開拓を進め、出品事業者は前年度48から60事業者に、返礼品数は前年度545から749品に増えた。
 事業者と連携して返礼品に市内での食事券や買い物券、オリジナルプレートセットを加えるなど地域の魅力発信に力を入れたほか、御坊商工会議所の会員事業所に「ふるさと御坊PRサポーター」登録を呼びかけ、登録した事業所に市が作成した名刺やチラシを渡し、営業先等で御坊の魅力、ふるさと納税PRに協力してもらった。野口オートキャンプ場の利用者、国民文化祭・全日本健康マージャン交流大会の参加者などにもアピールし、こうした取り組みが功を奏した。
 市企画課は「12月末時点で前年度実績を上回る寄付をいただき、多くの皆さんのご協力、ご支援のおかげと感謝しています。今後も地域の特産品を知っていただくことから御坊を知っていただき、さらには御坊の人の温かさ、おもてなしの気持ちを御坊の魅力として伝えていくことで、御坊を応援してくれる御坊ファンの獲得に努めていきたい」としている。


寄付者(10回以上)にスターチスのしおり

日高高校生、福祉施設利用者作製

 今年度は、日高高校JRC(青少年赤十字)部、市内の福祉施設スタッフと利用者の協力で「スターチスのしおり」をつくり、今までに10回以上寄付した500人にお礼としてプレゼントした。
 平成31年度に日高高校2年が総合学習でスターチスのメッセージカードを作成し、市への直接寄付者にプレゼントしたのに続き、今回は日高高校JRC部、市内の福祉施設が協力してスターチスのしおりをつくった。しおりの企画、デザインはJRC部が担当。
 市企画課は「寄付者への感謝の想いを伝えようと、スターチスのしおりをつくっていただいた。地域の魅力発信とともに返礼品だけではない、御坊市の魅力を感じていただけば思います」としている。
 JRC部メンバー、福祉施設は次の通り。
【JRC部】部長=櫻井洋▽部員=原悠一郎、楠山博也、川崎有生、岡ひより、小宮華ノ香、田中さくら、小林千華、細田咲月。
【福祉施設】日高博愛園デイサービスセンター、リバティ博愛、日高博愛園しおや、地域密着型複合施設あがら花まる、コミュニティケアキタデゆうゆう、グループホームれいめい。


 その他の主なニュース

美浜クラブが全国ホープス卓球県選抜入り

 22日 県立中学入試

 近畿剣道少年体験実践発表会 向井飛雄君が優良賞を受賞

 


神谷でケーソン据え付けへ 由良港防波堤の整備事業進む 〈2022年1月22日〉

2022年01月22日 08時30分00秒 | 記事


間もなく据え付けとなるケーソン。消波ブロック(右手前)も製造が進む


 近い将来発生するとされる東海・東南海・南海地震に備え、由良港で防波堤整備事業が進められている。県が減災対策として港内2カ所に防波堤を設置。平成24年度から着手し、日高町柏側は設置が完了、現在、由良町神谷側で取り組み、近くケーソン4函を据え付ける。工事は予定通り進んでおり令和6年度の事業完了を目指す。

 県は3連動地震(マグニチュード8・7)が発生した場合、由良港には地震発生後約35分で第一波が来襲すると想定。津波による浸水の低減や地域経済の被害を抑え、早期の復旧・復興をはかるため防波堤の整備を決定、平成24年度に国の採択を受けた。
 防波堤は、日高町柏側(ムロノキ鼻)が延長100メートル、由良町神谷側((株)駒井ハルテック和歌山工場の南側)が延長350メートル。台形状の土台を作り、その上に本体のケーソン(鉄筋コンクリート製)を置き、上部にコンクリートを流す。防波堤の設置水深は17メートル。
 日高町柏側は平成29年5月に着工し、ケーソン(幅9・3メートル、高さ12・5メートル、長さ17・3メートル)4函、消波ブロック、根固方塊、被覆石などを設置し令和2年10月に完了。
 現在進めている由良町神谷側もケーソン、消波ブロック、根固方塊、被覆石などを設置する計画で、ケーソンは全体で25函あり、このうち4函(いずれも幅5・9メートル、高さ8・5メートル、長さ11・3メートル)を据え付ける。パーツは陸上で製造し海上へ運び設置される。事業費は全体で67億円(概算)。
 防波堤の整備により津波による浸水深が約1メートル低減、3メートル以上の浸水区域が約22ヘクタールから約6ヘクタールと約73%低減される。去る16日未明に南太平洋トンガの火山噴火の影響で日本でも津波が発生、御坊市で90センチの津波が観測されたばかりで、津波への警戒が強まる。
 南海トラフ巨大地震がいつ発生しても不思議ではない状況から、自治体では防災対策に力を入れており、防波堤の早期完成が待たれる。
 現在、稼働している工事の施工は、消波ブロック製造が(株)池本組(池本栄太郎代表取締役・由良町里)、ケーソンやブロック据え付けは淺川・南洋特定建設工事共同企業体(池内茂雄・(株)淺川組取締役社長=和歌山市=、森鎌保・(株)南洋開発代表取締役=御坊市=)。


 その他の主なニュース

美浜町 都市計画道路の見直し案を提示

日高地方シルバー人材センター6団体県下初の意見交換会開催

 20日 御坊市総合教育会議

県下高校県道新人大会 今枝琴さん(松洋中出身)活躍


日高川町議選 告示まで3カ月も依然低調 現11人は出馬、空白区で擁立も 〈2022年1月21日〉

2022年01月21日 08時30分00秒 | 記事

 任期満了(4月30日)に伴い4月12日告示、17日に投開票される日高川町議会議員選挙(定数12)まで3カ月を切ったが、新人出馬の名乗りはなく、無投票だった前回同様に低調なムードが漂っている。昨年末に現職・小畑貞夫氏(65)=皆瀬、3期目=が突然の不出馬を表明し、残る現職11人は出馬の意向を示しているが、現時点で定数に1人足らない状態。一方、議員空白区の江川区では新人擁立に前向きで、現職が引退する美山地区や中津地区でもうわさが聞かれ始めている。

 日高川町では新町誕生後、激しい町長選を3度繰り広げたが、その後は町長選が2期連続の無投票、議員選は、定数を削減した8年前に定数12で初めて執行されたが、わずか1人の超過。4年前の前回も無投票当選の極めて低調な選挙が続いている。
 同町議会は、管内では唯一、12人全員が60歳以上と高年齢化。現職の動向が注目される中、昨年末に小畑氏が「次世代の新人の入る隙間を空けたい」と不出馬を表明。小畑氏の後継候補はなく、現時点では地盤の中心となる美山・丸山地区から新人候補の具体的な名前は聞かれていないが、美山地区の保守系新人の擁立を模索する動きもある。
 小畑氏以外の現職では、高齢を理由に態度を保留していた現職が「若い人が出てくるような状況なら身を引くこともあるが、定員割れや無投票は避けたい」と話し、現職11人は出馬に前向きな意向。一方、新町誕生後議員空白が続き、3番目の大票田(526人)の江川区は久留米啓史町長の地元。前回も新人擁立の動きを見せていたが「地元として議員を誕生させて町長を支えたい」との思いから、擁立に積極的に動いている。このほか、中津地区でも出馬に前向きなうわさも出ているが、具体的な名前はまだ上がっていない。住民からは「競って選ばれてこその議員。2期連続の無投票なんて」と選挙戦を望む声も。両地域だけでなく、現職がいる川辺地区でも新人擁立のうわさもあり、動きが注目される。
 立候補を予定している現職は次の各氏。敬称略。原、山本喜両氏は共産、その他は無所属。○数字は当選回数。
 井藤満人(73)=三百瀬(3)=▽伊奈禎胤(64)=小熊(2)=▽入口誠(63)=平川(4)=▽熊谷重美(75)=山野(5)=▽龍田安廣(65)=船津(5)=▽原孝文(65)=坂野川(5)=▽堀辰雄(69)=土生(5)=▽堀江才二(67)=若野(3)=▽山本喜平(66)=初湯川(5)=▽山本啓司(60)=和佐(3)=▽吉本賢次(75)=皆瀬(5)=。


 その他の主なニュース

御坊市 みーやちゃんにマイナンバーカード交付

黎明会北出病院 リハビリロボット療法開始

印南町商工会 スタンプラリー2回目抽選会行う

御坊幼稚園 3~5歳児カルタ取り楽しむ


円通寺(日高川町)の豊嶋住職の寒行 〈2022年1月20日〉

2022年01月20日 08時30分00秒 | 記事


寒行を行う豊嶋住職


 日高川町玄子、浄土宗円通寺の豊嶋英雄住職(67)は、毎年恒例の寒行を行っている。寒の入りの5日(6日の年もある)から寒の明けの2月2日まで行っており今年で41年目。雨や雪など悪天候の夜も休むことなく、川辺地区を中心に念仏を唱えながら歩く。27歳の時からはじめ5年前には1000回を超えた。

 今年はここ数年に比べて寒さが厳しく、雪が舞ったり冷たい雨に打たれる夜も。「年齢のせいか、昨年のことを忘れてしまっているのであまり寒さは感じない」と笑う。川辺大橋を歩いていたところ、天候が急変、突如雨が降り出し、稲光を目にする恐怖を感じた夜もあったが、ひたすら念仏を唱え続けた。60代半ばを過ぎひざの調子も芳しくなく、昨年の修行終了後には「来年はできないかも知れない」と不安に陥り、今年の修行開始直前になってもその不安は払しょくできなかった。年々の体力減退は否めないが、始まってしまえばいつも通り。網代笠に墨染めの衣、手は手甲(てっこう)、足には脚絆(きゃはん)という姿で「南無阿弥陀仏」を唱えながら巡る。そんな豊嶋住職に地域住民や通りすがりの人らが浄財を預ける。昨秋、今年の寒行を待ちきれずに浄財を預けにきた人もいた。預かった浄財は町の社会福祉協議会や被災地、難民支援を行っているユニセフやUNHCRなどに寄付している。
「何気なく暮らしている普段の1日は短いが、寒行期間中の1日は長く、生かされているという喜びを実感する。そんな貴重な期間だけにもっともっと厳しい寒さを待っている。来年、再来年とやれるところまでずっと続けていきたい」と話している。


 その他の主なニュース

由良町と総社市(岡山県)が災害応援協定を締結

日高川ゴルフ場(御坊市)で2月と8月、ロングランコンペを開催

日高川町観光協会総会で町キャラのLINEスタンプを販売決定・22日の備長炭ツアーは中止

日高町内の県道24号御坊由良線の小浦~方杭工区の改良工事進む


印南町 西ノ地橋(町道)来年度供用へ 切目川河川改修事業の一環で県が新設 〈2022年1月19日〉

2022年01月19日 08時30分00秒 | 記事


このほど完成した西ノ地橋(左は現橋)


 建設中だった印南町西ノ地地内の切目川に架かる西ノ地橋(通称中学校橋)がこのほど完成した。町道に架かる橋だが切目川河川改修事業の一環で県が工事を発注し建設した。町道への取り付け工事が残っており完了次第、町に引き渡すことにしており、町は「来年度中の供用開始をめざしたい」としている。

 町道中学校橋線の切目川に架かり島田地内の生徒が切目中学校への通学に利用することから通称・中学校橋と呼ばれる西ノ地橋は延長61・2メートル、全幅5・2メートル(車道4メートル)。今回、県が取り組んでいる切目川河川改修事業の一環で現橋南側に新設。平成29年度から着手し、令和元年度から橋の建設に取り組み、このほど完成した。延長、全幅とも現橋と同じで、施工費は3億1500万円。
 町道への取り付け工事が残って入り、工事が完了次第、県から町へ引き渡し供用開始する。供用後に現橋を県が撤去する。
 西ノ地橋架け替えは平成4年から県が河口~羽六橋間約6・5キロで総合流域防災事業として取り組んでいる切目川河川改修事業の護岸工事に伴い実施。平成23年9月の台風12号で被害が出たことから楠本橋から古屋ゆ堰まで1・9キロの区間は災害関連事業で平成23年度から着手し27年に完了している。残事業費は約10億円と見込まれ、早期完成には予算確保が課題で町は国に予算確保にむけた要望活動に力を入れており、昨年9月には日裏勝己町長が上京し、当時の二階俊博自民党幹事長や国土交通省幹部に今年度以上の予算配分を強く要望した。
 西ノ地橋の施工業者は次の通り。
【施工】竹中建設(株)=印南町西ノ地、竹中勝代表=▽(有)新紀建設=同町古井、竹村寧倶=▽(株)古部組=日高川町山野、仲修美代表=。


 その他の主なニュース

 日高川町建設業会 地蔵の鼻(平川)に快適トイレとPR看板設置

 17日からはまぼう学園が市役所ロビーでクラブ作品展示

 18日 つばさ、わかば両保育園 合同避難訓練実施

 和大LIP (地域インターンシッププログラム)に参加の学生ら美浜町に来訪


ジーン・カナモリ氏(NPO敬老CEO)が和田勇氏の肖像画、寄贈 新井氏(フリージャーナリスト)使者として届ける 〈2022年1月18日〉

2022年01月18日 08時30分00秒 | 記事


寺内町会館で、寄贈された和田勇氏肖像画を手に、片山館長(右)と新井さん


 神奈川県川崎市出身で、米国ロサンゼルス在住のフリージャーナリスト・新井淳蔵さん(47)が15日、御坊市の御坊寺内町会館を訪れ、1964年の東京オリンピック招致に尽力し御坊市名誉市民第1号として顕彰された和田勇氏の肖像画を、同会館に寄贈した。肖像画は、ロサンゼルス在住の画家・坂田英夫氏が2000年に描いたもので、キャンバス裏面には「我等の誇る大先輩 和田勇氏へ捧げます」とのメッセージが添えられている。

「一番弟子」と自称して和田氏を敬愛し、和田氏がロサンゼルス周辺に日系人のための老人ホームを設立する際に日本から協力した小林良廣氏の声かけで、両者を知る新井氏を介し、肖像画を所有する老人ホーム運営NPO「敬老」のCEOジーン・カナモリ氏が応え実現した。当初はジーン氏が肖像画を届けに来日する意向だったが、コロナ禍で海外からの外国人の日本入国が困難なため、新井氏が使者として届けた。
 肖像画を受け取り、片山隆館長は「これを館内に掲示することで、和田さんのことを知り興味を持ってもらえるきっかけになれば。頂いて、大変うれしく思っています」と話した。
 新井さんの今回の日高地方来訪には、もうひとつの目的がある。それは、和田氏が設立した日系人のための老人ホームが不動産会社の手に渡ってしまった現状をどうにか打破し、同様の施設を現地に取り戻そうと活動する日系人組織「高齢者を守る会」を後押しするため、その背景を広く伝えるプロモーションビデオを製作すること。
 現地の日系高齢者が心地よく余生を過ごせる施設がなくなってしまったことの無念や、和田氏のホーム設立を支えた地域の人々の善意の募金の意図が反故にされてしまうことへの懺悔。そんな思いが、和田氏を尊敬し、その家に4年間ホームステイした経験もある新井さんを突き動かし、ビデオ製作へと駆り立てた。
 新井さんは、ビデオ製作のため、昨年10月に来日。日高地方には14日と15日に取材のため来訪し、創立50周年事業で和田勇氏の顕彰活動を行った御坊ロータリークラブのメンバーらの案内で、和田氏に縁ある由良町戸津井や御坊市名田町祓井戸、和田家の菩提寺のある南塩屋の光専寺などまわった。社会福祉法人博愛会の小林隆弘理事長らとも面会した。
 取材から「和田氏のルーツを知り、小林理事長を通じて、分かち合いの精神、相互扶助、奉仕の精神などを感じました」と、新井さん。
 新井さんによると、和田氏が老人ホームを設立した当時、英語もつたなく慣れないアメリカの土地で苦労を重ねた日系1世、2世らに、日本的なサービスを受けられる高齢者施設は重宝された。しかし、3世、4世と世代が代わるにつれ日系人であることへの意識は薄れ、日系人同士の結びつきも弱くなり、日系高齢者施設へのニーズは減少。その一方で、新1世と呼ばれる、日本から米国へと新たに移住した人からはやはり日本的サービスを受けられる高齢者施設が求められており、その施設がない今、晩年は日本に帰国して余生を送る新1世も少なくないという。
 新井さんは、日系人が晩年をおだやかに快適に暮らせる施設を現地に取り戻したいとの一心で、ビデオ製作に力を注ぐ。


 その他の主なニュース

 ひだかチャンネルで上初湯川廃校キャンプ場PR

 17日 広域消防が山野地内で林野火災訓練実施

 17日 印南町 園・小・中学校で避難訓練実施

 松本秀司日高町長は尾﨑タカヱさん100歳の誕生日祝う

 

御坊市行革懇話会 第8次大綱・実施計画案を諮問 〈2022年1月16日〉

2022年01月17日 08時30分00秒 | 記事


三浦市長が大綱・実施計画案を諮問


 御坊市行財政改革懇話会は14日に市役所で開き、第8次行財政改革大綱案(令和4~8年度)と実施計画案を諮問した。大綱案には「愛着と誇りを持てるまちづくり」を新たに追加。実施計画案には第7次計画で未着手だった学校給食費改定、市立幼稚園の効率的な運営の2項目を含む新規10項目を盛り込んだ。17日から市のホームページに案を掲載し、2月10日まで市民から意見を募集する。市総務課、市立図書館でも閲覧できる。

 大綱案には4つの基本方針があり、新たに盛り込んだ「愛着と誇りを持てるまちづくり」では(1)地域資源を生かした魅力づくりの推進(2)移住・定住の促進-に取り組み、定住人口、交流人口、関係人口の増加に努める。他の基本方針は「パートナーシップによるまちづくり」「多様な連携と交流によるまちづくり」「持続可能な行財政運営の推進」を掲げている。
 具体的な取り組みを定めた実施計画案は新規10項目を含む37項目。新規のうち学校給食費改定は「物価高騰や消費税率改定で食材購入費が高額となっており、受益者負担の適正化を図る」とした。現在は1食あたり幼稚園220円、小学校235円、中学校260円。平成21年に5円値上げして以降は据え置き。25年から第3子以降の小・中学生は無料。委員から「値上げの際は保護者の理解が得られるようきちんと説明してほしい」「子どもは地域の宝。値上げではなく、無償化の方向で検討すべき」との意見があった。
 市立幼稚園は「園児数減少や施設老朽化等を踏まえ、効率的な運営を検討する」▽移住・定住促進は「補助金制度をPRし、市外、県外から人を呼び込む」▽開かれた市政の推進は「SNSなどさまざまな形での情報発信、広聴活動に努める」-のほか、企業版ふるさと納税の推進、総活躍のまちづくりの推進、高齢者の介護予防・生きがいづくりの推進、介護給付適正化の推進、デジタル技術を活用した業務効率化の推進、情報システムの標準化の推進を盛り込んだ。
 委員から「努める、との表現が多い。実施する、と明確にできないのか」「市民サービスが低下しないように取り組んでほしい」「防災士の資格を有する職員を増やすべき」「効果、目標は抽象的ではなく、具体的な内容にすべき」など意見があった。懇話会の会長には酒本和彦氏(市自治連合会長)職務代理に和佐憲道氏(市農業委員会長)を選んだ。2回目の2月18日に意見集約し、24日に市長に答申予定。

4年間で財政効果20億円
第7次計画は実施率95% 

 第7次実施計画(平成29~令和3年度)は令和2年度までの4年間で20億2141万7000円の財政効果(支出抑制、収入確保)実績をあげた。37項目のうち35項目が実施済み、継続中で達成率は94・6%。
 収入確保では、ふるさと納税で8億9974万円、滞納処分の強化で2億5577万円、未利用地の売却等で6866万円など。支出抑制では国の補正予算など有利な財源措置を活用し実施予定の事業を前倒しするなどで7億5930万円、振替休暇取得など人件費抑制で3598万円。
 平成11年度から令和2年度までの財政効果累計額は55億7213万1000円。職員数は平成11年のピーク411人から2割以上の104人削減している。


 その他の主なニュース

小正月の15日に小竹八幡神社(御坊市)、大歳神社(印南町)でどんど焼き

全国選抜ゲートボール県予選 男子は川辺、女子は美浜が優勝

アジア高校生架け橋プロジェクトの日高高留学生が三浦市長を表敬訪問

山野小(日高川町)の5、6年生が和高専新作RPGで土砂災害学習


新型コロナ 新規感染者初めての3桁 2日連続過去最多、117人確認 〈2022年1月15日〉

2022年01月15日 08時30分00秒 | 記事

 新型コロナウイルス感染症で県は13日、県内で新たに幼児から80代の男女117人が感染したと発表した。1日当たりの新規感染者確認数としては初めての3桁。前日12日の93人に続いて2日連続で過去最多を更新した。入院患者数は347人で病床使用率は58・7%に達し昨年9月9日以来4カ月ぶりに50%を超えた。累計感染者数は5645人。

 この日、県内で新たに感染が分かった117人は保健所別で和歌山市49人、橋本16人、岩出15人、田辺12人、湯浅9人、海南8人、御坊4人、県外1人。変異株「オミクロン株」の感染疑いは27人で累計119人となった。
 県内では第5波以降、小康状態を保っていた。新規感染者は10月7日を最後に5人未満の日が続き、感染者確認なしの日も多くなった。12月2日から29日までは28日間連続でゼロとなったが、全国的に第6波が懸念され始めた30日に1人を確認。今年に入って4日の2人を皮切りに5日4人、6日13人、7日8人、9日21人、10日45人、11日34人と増え始め、12日に過去最多となる93人と激増。昨年8月20日と24日の90人を上回り、117人が確認されたこの日、2日連続で過去最多を更新した。今年に入っての新規感染数は224人で御坊保健所管内では6日に1人、12日に1人が確認され、この日の4人を合わせて6人となった。
 クラスター(感染者集団)も相次いでいる。今年に入って7例(累計98例)発生しており、9日に開智高男子バレーボール部、10日に紀伊田辺ライオンズクラブと和歌山北高男子バレーボール部、12日には同校女子バレーボール部と岩出保健所管内の成人式後の同窓会のグループをクラスターに認定。この日、和歌山市の飲食店で友人の誕生会に参加したグループと湯浅保管内での相撲クラブの合同合宿を新たに認定し、それぞれ15人と5人の感染が判明したほか、岩出保管内の同窓会グループで参加者や店舗の従業員ら新たに11人の感染が分かり、計21人のクラスターとなった。バレーボール部の開智男子は東京での春高バレーに出場、和歌山北男子は神奈川県へ遠征し、同校女子は県内外の4校と練習試合を行っていた。
 県は原則全員入院の方針を続けており、591に増やした591ある病床数を620まで増やすとともに、濃厚接触者の待機などに使っていたホテルを回復した感染者らの療養先として活用したい考え。県保健福祉部の野尻孝子技監は「若い人たちの集まりやスポーツ関係から広まっている。このままでは医療体制がひっ迫する。大勢での会食は控えてほしい」と訴えた。


 その他の主なニュース

 博愛会 「デイサービスセンター春日」新築安全祈願祭

 御坊市役所3階 成人式写真展示

 日高川町 県支援金対象に交付受付

 籔内美和子美浜町長に区長会が要望書提出


日高川町 川辺、中津を県道で環状線実現へ 御坊中津線の川辺区間改良完了 〈2022年1月14日〉

2022年01月14日 08時30分00秒 | 記事




 日高川町山野~大又間の県道御坊中津線6・3キロが昨年12月、2車線道路に整備されたことで、町南側を走る同線と町北側の日高川沿いを東西に走る県道御坊美山線などの2車線道路で結ぶ川辺、中津環状道路の実現が近づいた。狭小区間が多く、改良の難所となっていた同区間が2車線になり、未整備区間は改良中の上田原~下田原間と老星~三佐間の約4キロだけとなった。同区間が整備されれば、川辺地区外縁部から中津地区の川中地域を経て三十木地内までを環状する道路が完成する。

 日高川町の旧3町村を結ぶ県道御坊美山線が同町の主要道路だが、平成23年に発生した紀伊半島大水害で同線が完全に遮断された。これらの災害時に町下流域と上流域を結ぶ代替道路として活用が期待されるのが和佐、山野方面から中津地域東南部に通じる県道御坊中津線。2車線道路改修は地元の長年の悲願だったが、同線は山間部を通る狭小区間などが多いため、旧町村当時から順次拡幅が進められてきた。
 県道御坊中津線(全長28・71キロ)は、御坊市塩屋町北塩屋を起点に和佐、江川、山野方面から中津の川中地区を経て県道御坊美山線が通る姉子地内までを結ぶ路線。山野小付近から小釜本橋(田尻)間の12・4キロは狭小が著しく、未整備区間が多く残っていた。このうち峠越えとなる山野~大又間の6・3キロは改修推進協議会(熊谷重美会長)など地元が要望を続け、県も積極的に改良を推進し、平成14年度から約40億円を投じて昨年末に2車線道路が完成した。
 これまでに中津地域では、県道御坊中津線の旧道が集落の間を通っていた三佐~田尻でバイパス区間(延長850メートル)にするなどしたほか、下田原から小釜本間は急斜面で改修が困難なため、対岸の町道をバイパス的なものとして2車線化への改良を進めてきた。残る区間は、現在拡幅が進む上田原~下田原間の約3キロと老星~三佐間の約1キロだけとなり、未着手区間が予算化されて同区間の改良が済めば、中津地域の完全2車線化も完了。数年後には町の南北を通る県道御坊美山線と御坊中津線を基幹にした2車線の環状道路が実現する。
 旧中津村当時から建設課長として県道御坊中津線の改良に携わってきた小早川幸信・副町長は「御坊中津線が2車線となり、川辺、中津地域を一周する環状道路実現は、地元としては高速道路の紀伊半島一周に匹敵する夢のようなことに感じていた。御坊中津線の改良は、災害時に確実に大きな効果を発揮してくれる」と話し、早期完了を期待した。


 その他の主なニュース

 日本学生野球表彰に福井工大の井元勘太選手(御坊市)

 13日 由良町交通指導員会視閲式 

 御坊市 新庁舎建設請負契約51億円超に

 カナダミュージアム トーテムポール前に案内板設置


スケートパーク整備 東京五輪金の四十住選手が激励 世話人訪問 実現へ近く協会結成  〈2022年1月13日〉

2022年01月13日 08時30分00秒 | 記事


四十住選手(中)から激励を受けた玉置さん(左)上山さん=サクラパークで=


 御坊市にスケートパーク(スケートボード場)建設を実現させるための世話人会メンバーが11日、昨年の東京五輪スケートボード女子パークで金メダルを獲得した岩出市出身の四十住さくら選手(19)のプライベート練習場「サクラパーク」を見学し、四十住選手から「頑張って下さい」と激励を受けた。メンバーは「直接激励をいただき、大きな力、励みになる」と感激し、16日に御坊市スケートボード協会結成に向けた協力者会議を開き、実現に向けて動き出す。
 
 昨年の御坊市12月定例議会一般質問で山田勝人議員が平成25年、26年に続いて3回目となるスケートパーク整備を取り上げ、東京五輪で四十住選手ら日本人選手が大活躍し、スケボー人気が高まっている「今こそ、パーク整備に一歩踏み出す格好の時期。整備の具現化を」と強く求め、年明けに愛好家らで協会が結成される見通しを報告。市当局はニーズ調査、団体との協議等を行い、方向性を検討する考えを示した。
 その後、元御坊市教委生涯学習課長で総合型地域スポーツクラブ・御坊スポーツクラブ事務局長の玉置哲史さん(68)=湯川町財部=やTAIYO&CO.代表の上山綾太さん(30)=美浜町田井=が「御坊市にスケートパーク建設を実現させるための世話人会」を立ち上げ、これに協力している山田議員が知人を通じて岩出市内にある四十住選手の練習場「サクラパーク」の見学を段取りし、11日午後に訪問した。
 四十住選手の練習を見学し、御坊での取り組みを紹介したところ「和歌山県内に多くのスケートパークができるのはうれしいので、ぜひ頑張って下さい」と激励を受け、関係者からも「パークをつくるのならできるだけ大きいものがいい」「コンクリートではなく、木製の方がケガが少ない」「維持管理を考えれば屋根があった方がいい」などアドバイスをもらった。玉置さんらは「四十住選手から直接激励をいただき、今後の取り組みの大きな力、励みになる」と喜んだ。
 老朽化で休止状態の御坊総合運動公園パターゴルフ場(2000平方メートル)を候補地にスケートパーク実現をめざし、16日午後1時から御坊市中央公民館2階で御坊市スケートボード協会結成に向けた協力者会議を開き、上山さんの友人で和歌山市や大阪などでチームをつくり練習に励んでいる若い愛好者らが顔を合わせ、今後の取り組みを話し合う。一般にも協力者、賛同者を呼びかけながら、できるだけ早い時期に協会を結成し、市当局と協議を進めていきたい考え。
 玉置さんは「これから実現へ向けて一歩の始まり。皆さんのご支援、ご協力をお願いします。興味がある方はご連絡下さい(携帯電話090・9718・6781)」、上山さんは「若い人たちで御坊を盛り上げ、御坊からオリンピック選手が誕生してほしい」、山田市議は「今回が実現に向けての最大のチャンス。金メダリストからエールをいただき、地元の愛好家も大いに盛り上がっている。市当局には新年度当初予算で設計費を計上していただけることを期待したい」と話した。


 その他の主なニュース

 中学生ソフトテニス 日高勢8人が県選抜チーム入り

 日高町公民館で無料PCR検査

 新人・嶋田奈津子さん(志賀)が日高町議補選出馬表明

 宮所忠喜さん(ヤナギヤオーナー)がソムリエ資格取得