勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ブロークバック・マウンテン(2005年)

2006年04月07日 | 洋画(アメリカ系)
タイトル ブロークバック・マウンテン

---感想---
2006年アカデミー賞作品賞大本命と言われながら、受賞を逃がしたと言う曰くつき。その代わりと言っては何だが、監督賞を受賞している。作品賞受賞を逃した原因の一つとして、”ゲイ”を扱ったからだとも言われているが、真相は不明である。

現代の話かと思っていたら実は違っていて、1960年代後半から80年代初めの辺りの話。今でこそ、ゲイも市民権を得られ、(アメリカの)州に依っては同性同士の結婚も認められてきていますが、この映画を正しく理解するためには1960年代~1980年代のアメリカにおけるゲイの扱われ方を知らないと、この映画の本当の意味は理解できないでしょうね。って言うか、差別されていたと言うこと以外、私もわからないんですが(今も、差別されているのかもしれないですが)。あと、メキシコに言及する件があります。これもその場面を見ていればどう言うことなのかは理解できますが、ゲイの世界におけるメキシコの意味を知っている方が、このシーンの意味はもっとよく理解できるでしょう。

などと書いていますが、期待しすぎたのかなぁ。愛しても結ばれないと言う悲哀がこの映画の良いところ?なのでしょうか。その意味では、一方の男を女に置き換えて男女の話としても成り立つ物語で、そう言うストーリーだったら、とても哀しいラブストーリーとして認識されると思います。でも、特に最後の終わり方があまりにもあっけなくて、結構拍子抜け。特に、ジェイク・ギレンホールの最後があのような最後を迎えることになった理由が、アン・ハサウェイが説明している通りなのか、あるいは、フラッシュバック映像に描かれているようなことになったのかが不明です。ちょっと消化不足気味になってしまいました。

男同士のラブシーンが結構出てくるのでビックリです。あんなにきちんと描いているとは思いませんでした。そう言う意味で、映画批評家の世界では評価されたんでしょうか? でも、一般の日本人の感覚からいうと、ちょっと判りにくいかなぁと思います。

英語版HP:Brokeback Mountain from Yahoo!

日本公開年 2006年
製作年/製作国 2005年/アメリカ
監督 アン・リー
出演 ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール、ミシェル・ウィリアムズ、アン・ハサウェイ、ランディ・クエイド

[2006/04/07]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ファイヤーウォール(2006年) | トップ | プロデューサーズ(2005年) »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます。 (trichoptera)
2006-04-08 07:30:10
確かにラブシーンは衝撃的でしたね。



人物の目が切ない映画だなぁという感想でした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ブロークバック・マウンテン」 now load show! (とりあえず生態学)
試写会に当たっちゃって見てきました。(↑試写会はがき) 2006年アカデミー賞3つも獲ったツワモノだったんですね! ゼンゼン知りませんでした…すみませんでした…。 どうもセミナーの追い込みをしている間に世間から置いていかれていたようで…。 story 1963年の夏。ワ
ブロークバック・マウンテン (悠雅的生活)
He was a friend of mine.
ブロークバック・マウンテン (ネタバレ映画館)
 たまってるのなら羊を・・・って昔の小噺にいっぱいあったなぁ・・・
「ブロークバック・マウンテン」全米で大絶賛・・?? (小生の映画日記)
ストーリー: 1963年の夏。ワイオミング州のブロークバック・マウンテンでイニス(ヒース・レジャー)は羊番の仕事を始める。たまたま一緒に組んで仕事をしていたジャック(ジェイク・ギレンホール)との間に友情が芽生えるが……。  
ブロークバック・マウンテン (とにかく、映画好きなもので。)
   これは愛についての純粋な物語だ。  男性どうしのセクシャリティがぶつかる事に、偏見が無いといえば嘘になる。あなたはゲイが理解できますか?と聞かれた時には、理解できないと答えるだろう。  ただ、この映画に関して言えば、ゲイとかホモセ.
ブロークバックマウンテン/BROKEBACK MOUNTAIN (我想一個人映画美的女人blog)
ゴールデングローブ賞主要4部門受賞、2005年ヴェネツィア国際映画祭受賞、 もうすぐ発表されるアカデミー賞作品賞初め、最多主要8部門ノミネート、等々、、、、 とかなりの賞を受賞&ノミニーされていると言う事で、 実際はどうなの?? 自分はどう感じるか アカデミー賞発
期待ほどでは・・・ 「ブロークバック・マウンテン」 (平気の平左)
評価:80点{/fuki_love/} ブロークバック・マウンテン 良かったんですけどね。 でも、私の中で、アカデミー賞総なめにするほどは、はまらなかったですね。 個人的な問題かもしれませんが。 でも、結構切ない。 あまりゲイの物語だということが気にならない普遍的な
『ブロークバック・マウンテン』 2006・3・19に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『ブロークバック・マウンテン』   公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 1963年、ワイオミングのブロークバック・マウンテンの農牧場に季節労働者(羊番)として雇われたイニスとジャック。彼らは大自然の中で一緒の時間を過ごす内に深い友情を築いていく。しか
『ブロークバック・マウンテン』 (ラムの大通り)
----この映画って昨年の映画賞のほとんどを受賞しながら アカデミー賞を逃したと言う曰く付きの作品だね。 「うん。ゲイを扱ったことから アカデミー会員には敬遠されたのではないかと言われている」 ----実際に観てどうだった? 「その前に一言。 映画館の観客があまりにも
ブロークバック・マウンテン (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
Brokeback Mountain  監督=アン・リー。 ワイオミング州のブロークバック・マウンテンで、夏場の羊番として雇われた、イニス(ヒース・レジャー)とジャック(ジェイク・ギレンホール)の出会いから悲劇的な別れまでの、20年間に亘る秘密の関係のお話です。残念ながら
自分の幸せは自分にしか解らない。『ブロークバック・マウンテン』 (水曜日のシネマ日記)
羊番の仕事を通して知り合った、ふたりの男性の物語です。
【映画】ブロークバック・マウンテン★★★☆☆広大な風景とせつ... (よきにはからえ。)
旦那と見てかなり意見が分かれた久々の作品。旦那にはやはり男同士の恋愛は見ていて違和感がどうしてもあるらしい。もちろん気持ちは判るんだけど、心底受け入れない感じといったところか。かくゆう私は、今の日本のBL全盛の現状を見ると(勝手に全盛にしてるけどw)逆に...
ブロークバック・マウンテン (It\'s a Wonderful Life)
この映画の牧羊風景や、西部の田舎町の閉鎖的な雰囲気は アメリカ人にどのくらいリアルに感じられるものなのかな。 ハリウッドデビュー作「いつか晴れた日に」を観た時にも 思いましたが、事前にアン・リーの映画と知らなかったら、 監督が台湾で映画を撮っていた...
ブロークバック・マウンテン・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「BROKEBACK MOUNTAIN」とは、直訳すれば「壊れ背の山」。 ワイオミングにはスキーや山歩きをしに何度も行った事があるが、この地名は記憶に無い。 映画から想像するに、ロッキー山脈かテ
★「ブロークバック・マウンテン」 (ひらりん的映画ブログ)
ゴールデン・グローブ賞、アカデミー賞で話題をさらった作品。 アカデミー賞ではアジア系初の監督賞を受賞したアン・リー監督作品。 主演はヒース・レジャー。 
Brokeback Mountain/ ブロークバックマウンテン (やぶこのカリフォルニア妄想日記)
Brokeback Mountainという映画を観てきました。 先日、今年のアカデミー賞の候補作品が発表されて、 その中でも目立ってノミネートされていたのがこの作品でした。 確か、8部門ノミネートされています。 ネットであらすじを読んでみると、「ほほぅ~、面白そう
ブロークバック・マウンテン - BROKEBACK MOUNTAIN - (浪漫じゃけぇ)
<ストーリー> 1963年、イニス・デル・マー(ヒース・レジャー)とジャック・ツイスト(ジェイク・ギレンホール)は、ブロークバック・マウンテンの農牧場に季節労働者として雇われ、運命の出逢いを果たす。 ともに20歳の二人は牧場主のジョー・アギーレ(ランディ・
ブロークバック・マウンテン (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  唯一の場所・・・そこで生まれた唯一の愛
ブロークバック・マウンテンで見る世界014●能ある鷹は爪を隠す (フツーに生きてるGAYの日常)
当事者意識の有無による 「感じかた」の違い  LGBT雑誌「yes vol.2」に掲載されていた「クローゼットの闇に迷い込まないための、ブロークバック山の案内図」という記事を読み、どうし
映画館「ブロークバック・マウンテン」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
先週末から、地元のシネコンでも上映になったので観ることができました! カウボーイの同性愛を扱った作品ということで、話題になりましたねぇ。ゲイを扱った作品は、今までにも沢山ありましたが、今までのものとはチョット違った感じがしました。美しさを前面に出すわ...
Brokeback Mountain/ ブロークバックマウンテン (やぶこのカリフォルニア妄想日記)
Brokeback Mountainという映画を観てきました。 先日、今年のアカデミー賞の候補作品が発表されて、 その中でも目立ってノミネートされていたのがこの作品でした。 確か、8部門ノミネートされています。 ネットであらすじを読んでみると、「ほほぅ~、面白そう
ブロークバック・マウンテン-(映画:今年50本目)- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:アン・リー 出演:ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール、ミシェル・ウィリアムズ、アン・ハサウェイ 評価:50点(100点満点) 公式サイト (ネタバレあります) 「ああ、なんて・・・・・・・・・・気持ち悪い」 ヴェネツィア国
納得いかねぇなぁ (映画 本 コミックレビュー●うきうきウォッチン●)
 『ブロークバック・マウンテン』       /2006 アメリカ コラ――っ!! なんじゃそりゃ―っ!!(怒) 1960年代のかなりド田舎でゴチゴチに保守的なキリスト教ブリバリのアメリカ西部での 学なし、金なしカウボーイ2人の性別という障害を
インサイド・マン@ブロークバック・マウンテン (憔悴報告)
逆『セカチュー』である。 よろめき西部劇である。
【洋画】ブロークバック・マウンテン (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  B+ (演技4/演出3/脚本3/撮影4/音響3/音楽4/美術3/衣装3/配役3/魅力2/テンポ3/合計35) 『評論』 20
カウボーイの愛 (藻、たくさんの日々。)
連休を利用して、早稲田松竹にて二本立てで映画を観てきました。 一本目に観たのは、「ブロークバック・マウンテン」。 ブロークバック・マウンテンとは、アメリカ西部の山の名前。 同性愛がネックとなり、アカデミー賞を逃したといわれる作品です。 ...
NO.179「ブロークバックマウンテン」(アメリカ/アン・リー監督) (サーカスな日々)
大都市では「ゲイ解放運動」が進んでいたときも、 西部ではホモセクシュアルは秘匿されなければならなかった。 ゲイやレスビアンの思想を辿ってみれば、旧約聖書のダビデとヨナタンの関係にまで遡る。このダビデに関する崇拝は、ルネサンスのミケランジェロの「ダ ...
『ブロークバック・マウンテン』’05・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1963年、ワイオミング州。イニス・デル・マー(ヒース・レジャー)とジャック・ツイスト(ジェイク・ギレンホール)は、ブロークバック・マウンテンの農牧場に季節労働者として雇われ、山でキャンプをしながら羊の放牧の管理をする仕事を命じられる。寡黙 ...
ブロークバック・マウンテン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『はじまりは、純粋な友情の芽生えからだった。』  コチラの映画の原作は「シッピング・ニュース」のアニー・プルーのわずか30ページ程の短編小説を「グリーン・デスティニー」や「ハルク」のアン・リー監督によって映画化された非常に美しい映画です。  ワイオミ...
映画評:ブロークバック・マウンテン (映画と写真のブログ)
始まりはブロークバック・マウンテンだった。 イニスとジャックは、ブロークバック・マウンテンで羊の番をする仕事を請け負っていた。 羊の番の仕事を切っ掛けに、二人の男は出会った。 イニスとジャック。 性格も生い立ちも違う二人。 ブロークバック・マウン...