岩井のやまのい

鉄道・福祉を主にノンジャンルの雑学情報ブログ。新聞投稿経験あり。南房総の将来を考える人。

未採用投稿/ 和田浦集会の報告と今後の安房の鉄道について

2015-12-31 15:13:35 | 特別公開・管理人セレクション
2015年12月の最後の未採用投稿を公開します。

房日投稿は今年は21本の採用掲載で通算70本でした。
来年も乞うご期待を。



12月10日に南房総市和田コミセンで、あわステーション和田浦集会を開き、20人弱の方に参加をいただきました。ありがとうございました。
多くの議員の方や各種団体の方々の参加がなかったのが残念という、参加者全員の声です。

先月の千倉集会こととその後1ヶ月の経過。今回、和田浦で開く理由など、私から説明。
木更津で活動されている、かずさ住民の足を守る会の方からの報告をいただきながら、参加者のあいだで議論をいたしました。

実は私の方で肝心なことを失念。和田浦駅の今後をどうするかという議論です。
地元の参加者の方から指摘を受け、


南房総市のゆるキャラ・みなたんの活用
和田浦駅の上りホームを災害時に避難場所として活用する
南一号踏切の安全装置について。現在、検討されている画像認証による物体の検知装置の実証実験先としての選定

の3点を私案としてもうしました。

それ以外に、券売機が利用しづらい、鉄道インフラ以前として今後の人口減少に対する地域の施策、鉄道と高速バスとの接続問題など、様々なお話をいただきました。
同時に駅の合理化やワンマン運転の問題と、その地域にある駅をどうしていきたいのかの両立の難しさを感じました。

私としてはできる限り、多くの不特定多数の方に公共交通とそれに関わる地域問題に関心を寄せていただくために、今後、安房地域のあらゆる箇所で集会開催やチラシ配布などを中心に、新聞投稿を含めてやっていきます。


その上で、私なりに安房の今後の鉄道について。

私は一部の内房線沿線の自治体担当者の声として、

JRはガードが固い

という声を聞きました。
ガードが固いのでなく、沿線自治体全体としてのビジョンがないからではないでしょうか。
つまり、沿線としての今後の改善策がないということです。

昔の話で内房線が複線化すれいい、今現在であれば特急が復活すればいい。
しかし、それだけではこの地域の鉄道維持にはつながりません。

まずは、鉄道の定時運転を確保するためには、防災工事です。
君津以南を安全対策おこなっての高速化改良。東京から岩井まで1時間27分は可能です。
上記で書きましたが、和田浦駅のホームの災害避難拠点や、南一号踏切の安全対策も含めての総括的なプランです。
資金は外房線の部分複線化工事で採用されたやり方で可能ではないでしょうか。

次に特急に代わる手段。
もう特急は高速バスとの競争で結果がでています。しかし、特急と同等の列車の運行はできるのではないでしょうか。
それは特別快速の登場と利用状況から判断して、ホームライナーに準じた列車の運行です。
木更津まで各駅停車、木更津からは蘇我または千葉のみの停車で、東京またはりんかい線経由の新宿まで、ホームライナーに準じた列車の運行の実現。

現在の設備のままでも、岩井から蘇我まで1時間10分、岩井から東京まで1時間40分でいくことは可能です。
値段も特急ではないので、高速バスの値段と互角で競争ができます。

新木場での京葉線・りんかい線の乗り入れが実現していません。一番最初に、内房線からの乗り入れによる、ホームライナーに準じた列車の運行実現を訴える機会だと思います。

厳しい鉄道の時期ですが、チャンスはいくらでもあります。万一、災害でアクアラインが通行止めになった場合を想定し、いま書いてきた列車の運行などは、この地域には必要です。
ぜひ、今後の沿線地域全体の公共交通のプランとしてご検討をお願いします。
コメント

2015年もラスト

2015-12-31 01:31:27 | Weblog・新着
昨日はこの年末年始、唯一の職場の休み。私の母方の祖母の墓参に。
ちなみに幹線道路から、山道を片道で30分かかって歩いた箇所です。


さて。
本日深夜から1月2日の早朝まで、北海道新幹線の開業準備の関係で、青函トンネルでの列車の運転はすべて止まります。
なお、年明け3月のダイヤ改正前の3月22日以降は、青函トンネルでの在来線の列車は完全に運転を取りやめます。


長年、お客さん商売に関わる立場ですので、年末年始の感覚がかなり薄れています私。
確かに、場所によってはそれらしい車の混雑は見受けますが、それでも、そういう雰囲気を実感できずです。

私の中での新旧の年の引継は、年が明けてからになります。
コメント

2016年3月の動きの続き

2015-12-30 00:43:34 | 鉄道問題・民鉄以外
年明け3月26日のJRダイヤ改正の房総方面のあらたな情報


総武緩行線
津田沼から市川の所要時間の見直し、平日朝の中野駅での折り返し時間の若干の拡大により、平日の遅延の解消を図る

総武快速線
平日・東京発19時15分発の快速を4分繰り上げ

京葉線
運行管理の移管により、西船橋駅での列車番号を変更をしない扱いにすること

総武本線
現在の成田線銚子行きの下り最終を成東行きに変更
こちらは6両編成

成田線
成田22時44分発の下りを18時10分発の銚子行きに差し替え
成田20時30分発銚子行きを佐原止まりに変更
成田22時58分発佐原止まりを銚子まで延長
いずれも各列車6両編成

外房線
早朝の上総一ノ宮発着の総武快速の平日運転の1往復を毎日運転に

内房線
木更津駅近辺の高校の通学に配慮し、安房鴨川始発の上り始発の8分繰り上げ



成田線の今回の改正の中身が見えてきました。
プレス発表では、増発としていますが、増発でなく、むしろ、小見川・銚子方面の下り最終の繰り下げの言い方が妥当である。

内房線については、外房線での勝浦始発の上り特急に接続する安房鴨川からの各駅停車のダイヤによっては、内房線の館山から安房鴨川の区間で、修正が考えられます。

思うに。
これは隠すことではなく、速やかに全ダイヤを公表をしてほしいものです。

運転士さんの勤務距離と時間は増えているのに、人員は減らすというのはどうなのだろうか。
コメント

30日に

2015-12-30 00:43:19 | Weblog・新着
予定通り、内房線の安房勝山から岩井の深夜の保線工事は始まっています。


ようやく、北海道の旭川から深川のJR線が復旧。
問題のトンネル火災は、トンネル内のつららが架線に接触したことから生じたとする、発表がされています。
この時期は、つららに限らず、季節柄のメンテナンス管理があります。
私が思うにつららだけではないように思う。

火災発生直前に、輸送指令で異常を感知しているようです。そのとき、なぜ、初動の段階で現場に関係者を向かわせなかったのが、気になります。



マイナンバーの配達で、大変な想いをされている郵便関係。
実は数日前、間違って、数軒となりの家に私宛の郵便物が配達をされてしまいました。
私は旧郵政省時代に特大郵便局で勤務していました。
この時期が一番大変なこともわかっています。
正式な連絡はせず、間違って配達されたお宅同士のあいだに話をとどめました。



一部のサイトでは、年明けの3月26日のダイヤ改正の房総方面のあらたな情報を別投稿で。
コメント

29日は

2015-12-29 00:20:21 | Weblog・新着
北海道の旭川のJR線のトンネル火災事故。
第三者に事故原因調査を依頼するようです。
29日のお昼に深川から旭川の区間が復旧予定です。



千葉県君津市の山間部の国道のトンネルの崩落現場。
29日から3日間かけて、トンネル内に残っているモルタルをすべて除去する作業を予定。
現場付近の通行止めはまだ続くようです。



本日から1月3日まで、大半の公共交通機関は休日扱いのダイヤ。JRの方は30日から1月3日までが休日扱いのダイヤ。
内房線は大晦日は上りの特急は臨時も含め、全くありません。また、特別快速は休日扱いの期間は運休です。



ちばぎんこと千葉銀行は、大晦日の深夜から1月4日の早朝まで、キャッシュカードの取り扱いは休止になります。

ゆうちょ銀行はホリデーサービス対象の箇所は、年末年始はあいているようです。



一部のサイトで書きましたが。
今年度のNHK障害福祉賞の受賞者は、昨晩のラジオ深夜便で紹介されています。
重度のお子さんとともに、障害者施設運営にも関わる女性の方が受けられています。
NHK厚生文化事業団のサイトで確認を。
コメント

28日は

2015-12-28 00:32:27 | Weblog・新着
北日本は引き続き、天候は大荒れの予報です。
そんな中、北海道旭川のJR線でトンネル内で架線がもとと思われる火災が発生。
鎮火はしていますが、深川から旭川の区間で現在も運転見合わせです。



29日の深夜、地元の内房線の安房勝山から岩井の区間でレール交換などの作業があるようです。
可能であれば作業の様子を見ます。



昨晩の栃木県の那須塩原市の市長選。
前回も出馬した前副市長が、現職を破ったようです。
現職はかつてのみんなの党の渡辺氏、前副市長は国会与党系のそれぞれの支援者のバックで争ったようです。
また、平成の大合併の自治体でもあり、今回当選した前副市長は、市庁舎の建設延期と外出支援の施策強化を公約に闘ったことも、結果に影響したと思います。
しばらく、この地域は注視です。



私の地元近隣の南房総市富浦の2つのトンネルの改良工事。
今年の夏の大雨で、現場の法面が崩れ、その復旧工事。さらにそのための資材の調達に時間がかかるため、改良工事全体で、かなり遅れるようです。
5年後の東京オリパラの建設ラッシュの影響が心配されていますが、日常の生活に支障がでないよう、政治行政は采配をしてほしいものです。
コメント

上総松丘ほか

2015-12-27 02:38:13 | Weblog・新着
先ほどまで、千葉県君津市の山間部の久留里線上総松丘駅近くにある、国道のトンネルのモルタル崩落の現場に行ってきました。
現場は事故以降、そのままのようです。
迂回路はありますが、小型車が通れる旧道で、すれ違いもやっとです。
交通整理の方が5箇所にたっています。

工事方法に原因があるようですが、しかし、現地の生活道路であり、また、高速バスが通る箇所でもあります。
不便を強いる期間が長くならないよう、策をこうじてほしいです。



年末年始は30日と4日以外は仕事。そのあいまをぬって、母方の祖母の墓参にいきます。
基本的にブログの書き込みは休みませんが、元旦は時間をずらして書きます。
コメント

26日に

2015-12-26 00:58:56 | Weblog・新着
今月10日と24日にそれぞれ、館山ペットボトル裁判の東京高裁の控訴審が。
二次訴訟は棄却。一次訴訟はまだ、情報を得ていませんが、こちらも棄却の可能性が。



動労千葉からの情報
千葉県内の6線区のATSのバックアップの装置の撤去問題。
その後、労使交渉の中で会社側は単なる経費節約・合理化の一環として、という回答。
今週は羽越線の特急列車脱線事故から10年。風速計は多数設置しておいて、安全運転の基本の装置に手をつけるというのは、結果としてお客さんの人命軽視につながることである。



こちらは、
http://hyocom.jp/blog/blog.php?key=260748
安房広域のあらたなゴミ処理施設の問題。



連日書いています君津市内山間部のトンネルの損傷問題。
どうやら、工事のすべてのやり方に問題があった可能性があるようです。しかしながら、現地にとっては生活道路であり、千葉県は責任をもって、その確保を早急にやらなくてはならないと思います。
コメント

2015年もあと6 日

2015-12-25 00:23:32 | Weblog・新着
昨日の東京新聞朝刊に、白杖SOSの続きの記事の掲載があります。


動労千葉のサイト内の日刊動労千葉で、先々、予想されるワンマン運転問題に関する不安視の掲載があります。


南房総市内の路線バス
富山線・トミーは元日運休。
富浦線・さざなみは12月29日から1月3日まで運休。
丸・平群線は元日運休で、大晦日と三が日は館山イオンバス停は通過になります。


君津市内山間部の国道のトンネルの損傷現場。
昨日、千葉県の森田知事が釈明の会見をしていましたが、今さら遅すぎる。
アクアラインで便利になれば、その先の地域の道路を抜かりなく維持管理するのは当然です。
現場と並行する久留里線とあわせて、防災工事をやってもいいように思う。
コメント

24日は

2015-12-24 11:44:57 | Weblog・新着
本日はこの時間に。

昨日報道されましたが。
千葉県君津市の山間部の国道の広岡トンネルの破損現場。
久留里線の上総松丘駅に近い場所です。
先月、実はこの現場を通りましたが、そういった前兆は見受けませんでした。
しかし、トンネル自体を取り壊して切り割りにすることも含め、策が必要に。

安房鴨川から東京・千葉方面の高速バスが迂回になります。長狭街道経由の高速バス構想は、ますます、現実的に必要です。



埼玉県内でまたも、高齢者ドライバーによる事故。
アクセルとブレーキを間違えて、歩行者である高校生が犠牲に。
大変残念です。



千葉県のいすみ鉄道の拠点がある大多喜。ここから高速バスで羽田空港・品川行きの路線が、今月17日から開設。
なんと、通学利用者には条件がありますが、バスの運賃に大多喜町から補助がでるそうです。
おそらく、千葉県内では初めてのケースです。
コメント