岩井のやまのい

鉄道・福祉を主にノンジャンルの雑学情報ブログ。新聞投稿経験あり。南房総の将来を考える人。

2014年・あらためまして

2014-12-31 15:48:58 | その他・まとめ書き・分野横断的
一つ前の投稿でうっかり忘れていました。

2014年の一番の印象は、


テレビの笑っていいともが終わってしまった


です。
私も俗にいう、タモロスのひとりです。昨晩もつい、いいともの最終回の映像をみてしまいました。

本日の掲載でごらんの通り、私の房日新聞での投書掲載はされませんでしたので、通算49本で越年します。原稿は送ってありますので、年明けまでお待ちを。


来年3月に館山市内の小塚大師のご本尊の特別開帳があります。
もうじき、後厄がすぎる私ですが、お礼参りをかねていきたいです。


今日も仕事が休めませんが、いくつかのサイトでの宿題ネタがかなり、たまっています。
明日は休みですので一気に書いていきます。


昨日の祖母の墓参の往復4キロの山道を歩いた疲労が、しっかりとれていない私です。

コメント

2014年の締めは

2014-12-31 02:45:36 | Weblog・新着
みなさま、こんばんわ。
今夜はざっと、いろいろ書きます。

その前に。本日から正月三が日は天気は荒れぎみの予報。
最新の気象情報を確認を。


本日31日の早朝までに配達先の郵便局に到着の年賀郵便は元日配達になります。


昨日は私の母方の祖母の墓参へ。
南房総市の丸山の山間部。途中、2キロの山道を歩いていきました。だれも墓参にいかないので、祖母の命日の元日より前の日にいきます。


内房特急の新宿さざなみと外房特急の新宿わかしおは本日と元日は運休します。


私と同姓同名の衆院・京都6区の代議士事務所より手紙がとどきました。後援会宛の寄付の領収書と、代議士さん本人の今後の活動予定などが。


地元の房日新聞の投書掲載、通算50本目達成は年内は難しそうです。
ある地域SNSでのトモダチ50人目、動画チャンネルの再生回数5万件、7年前から書いているブログの通算アクセス50万件の同時達成は厳しいですが、何よりも続けること。繋がりを深くしていくことでは。

昨日、地元の方から、


いつも、房日のあんたの投稿を読ましてもらってるよ。次のをださないの


と、声をかけてもらいました。
ほんと、ありがたいです。



来年は。

秋田県の湯沢市、特急はくたかに乗ること、南木曽町、三重県の名松線、姫路・尾道、九州新幹線にそれぞれいったり、乗り鉄したいと考えています。
特に九州新幹線は関東から鹿児島まで日帰り往復を検討中。

来年3月の地元のJRのダイヤ改正で、できるのにわざと駅での列車の接続をさせないダイヤを見つけたら、ただちに訂補による見直しを、訴えていきます。



そんなこんなで、2014年もあと1日。
みなさま、何事もないよう、新年をお迎えください。
私は本日も遅番勤務。帰宅は元日の午前2時になるとおもいます。
コメント

こんな年の瀬に

2014-12-30 00:45:56 | Weblog・新着
北海道のコンビニ店舗。
従業員の態度に不満をぶつけた男女数人が土下座を強要。すでにこの数人は逮捕されているそうです。


大阪で障害のある娘を介護していた母親が突然死。その娘さんもなくなられた状態で、自宅で親子ともに発見。
このニュースは、私たち障害福祉に関わるものとしては他人事ではない。



さて。
ようやく、私の風邪の方が治りかけたところに、


母の携帯の機種のトラブルの連絡

私の自宅の家電のFAXの調子がよくない


と、こんな年の瀬、しかも、後厄がまもなくすぎる私にとっては、たまったもんじゃないです。

母の携帯の方は、どうやら、充電のやりすぎで電池が寿命が短くなったことが原因。私は一時、現在の仕事をしながら携帯の販売店の代理店でお手伝いの経験があり、そのつながりで、困りごとがあればその代理店へ相談ができます。しかし、母はこともあろうに携帯会社の販売店・ショップにいったもんだから、私はあわをくってしまいました。
あらかじめ、お世話になった代理店の方の好意で、万一のために代替機種をかりていたので、母の携帯の機能を緊急に代替機に移し、その代理店の方へ、スマートフォンでない携帯機種の手配のお願いをしました。
新しい機種の支払い方法などの細部の調整が残っていますが、もう1つの自宅の家電を買い換えるかの件もあり、私のお財布に直撃です。

あけて30日。天気などが問題がなければ、延期をしていた南房総市の丸山の母方の祖母の墓参にいきます。祖母は6年前の元日が命日です。
コメント

無関係でない京葉線・りんかい線の相互乗り入れ

2014-12-29 03:02:13 | 特別公開・管理人セレクション
2014年12月の取り下げの新聞社の投書原稿
お蔵入りにはもったいないので公開いたします。



2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に関連し、本年8月に国土交通省の審議会の場で、羽田空港から新宿・東京・新木場の3方面への鉄道輸送アクセスの構想がJRより発表。

また、千葉市を中心に京葉線沿線自治体なとでは、新木場駅での京葉線・りんかい線との相互乗り入れのための実態調査の開始。

新木場駅では京葉線とりんかい線は、現状、線路でつながっており、団体臨時列車などの乗り入れはしていますが、定期列車の運行は全くありません。

りんかい線は東京都などの第三セクターの鉄道会社・東京臨海高速鉄道です。
りんかい線の大崎駅側では、新宿・大宮方面のJR埼京線との直通運転を実施。

問題は京葉線とりんかい線は会社・運賃が異なること。
しかし、


JRがりんかい線を買収

りんかい線の2種免許をJRが、りんかい線を運営する会社が3種免許に変更

りんかい線の運賃をJRにあわせ統一し、JRはりんかい線の会社にりんかい線の線路使用料を支払う


いずれかの方法で新木場での乗り入れはできます。

羽田空港と都心とのアクセス構想は、東海道貨物線とりんかい線を活用したルートが提示。
東京貨物ターミナル駅とりんかい線の車両基地は隣同士の位置関係で、線路がつながれば、いつでも京葉線・りんかい線経由で、房総から横浜方面との列車の運行は可能です。


鴨川市はオリンピック・パラリンピックの合宿地の誘致に名乗りをあげています。

アクアラインとそれにつながる首都高速は、当面、慢性的な渋滞問題は解決しないと思います。

来年は内房線の木更津から佐貫町の区間が開業100周年。しかし、イベントなどはやらないようです。しかし、私はこの機会だからこそ、新木場駅での京葉線・りんかい線相互乗り入れと、同時に内房線・外房線も連動して、りんかい線経由の列車運行を実現させ、オリンピック・パラリンピック合宿関連の輸送をすべきです。


京葉線内の舞浜、市川塩浜、南船橋の3駅の線路増強改良工事

外房線の勝浦から安房鴨川の高速化・防災対策工事

内房線の君津から安房鴨川の高速化・防災対策工事


この3つをセットにしての輸送改善事業として、国などからの支援を模索すべきです。

過去、外房線の上総一ノ宮から勝浦の部分複線化工事での、工事費を沿線が貸し付ける方法。三重県では名松線の復旧工事で、防災工事部分を地元負担の条件で実施などが参考になります。


新木場駅での京葉線・りんかい線の乗り入れ問題は、内房線・外房線と全く無関係ではありません。


来年3月、上野東京ライン開業で、上野・東京に発着の在来線の相互乗り入れが始まります。

都心中心の発着でなく、地域から都心経由の地域への鉄道輸送がこれから重視されます。
コメント

お蔵入り投稿を出す前に

2014-12-29 03:01:32 | 管理人の報告・主張・言い分
みなさま、こんばんわ。
各地の地域SNSのみなさまより、私の体調のことでご心配をおかけいたしました。
睡眠を多くとるようにいたします。


大晦日は、松田聖子、中森明菜、サザンオールスターズがブラウン管でににぎわう感じです。


さて。今夜は。
今月、一度、地元の新聞社に投書原稿をだしたものを、差し替えにより取り下げをしました。
来年3月のJRダイヤ改正で房総方面の厳しい見直しについて、取り上げてほしいという声があがったのが理由です。
差し替えした再提出の投書原稿は、ダイヤ改正とこれから紹介します差し替えで取り下げた原稿の一部内容をミックスしたものです。
しかしながら、取り下げた原稿も悪くはないので、お蔵入り原稿として、このあと出します。


平成16年10月のダイヤ改正で、君津駅での東京方面の快速と、館山方面の列車を数分違いで、わざと接続させないダイヤ。
翌年の平成17年12月の改正では、このときから房総方面の特急を毎日運転から指定日運転に格下げをしながら、運転本数を減らしていくダイヤ。
もちろん、お客さんが減ればそれなりのことはしなくてはならないです。
しかし、アクアライン開通と高速バスの台頭はあらかじめ予測はされたもの。
なにもしてこなかった、手を打たなかったというのが実態です。
来年のダイヤ改正で、特急は厳しいですが、快速についてはあるきっかけができました。
いままで総武快速の車両は、内房線の君津から外房線の勝浦のローカル区間は乗り入れ不可とされてきました。でも、今回の改正で東京から館山までの特別快速は総武快速の車両が使われますので、乗り入れ不可が解消。同時に特別快速以外の総武快速の君津から館山方面、上総一ノ宮から安房鴨川方面の付属4両の延長が可能と理解できます。
また、今年3月に棒線化した安房勝山駅。先月までに一連の工事が終わりました。でも、これについても、そういった工事がやれるぐらいなら、別の地元にプラスになる工事が会社の自前できるのではないか。

つまり、鉄道会社側のボロがここにきて、でてきました。

私はそういった、気づくようで気づかないところで、なんとかできないか、やっていきたいです。
コメント

28日のお昼ですが

2014-12-28 12:58:15 | Weblog・新着
2日前より風邪をひきました。今現在は少しからだが楽にはなりましたが、年末年始の職場の繁忙期は元日以外は休めないです。
今日は母の実家の祖母の墓参に、丸山にいく予定でしたが、数日、延期です。

館山市内のセルフスタンド、レギュラーが139円、灯油が82円です。
コメント

内房線の踏切と新聞投稿で

2014-12-27 02:29:30 | Weblog・新着
2014年12月26日現在
内房線における踏切の安全装置の非常ボタン。


あらたに、

和田浦から江見の間の野田踏切
江見から太海の間の青木踏切

で設置と使用を確認しました。


これにより、

富津市内が4箇所
鋸南町が1箇所
南房総市で1箇所
鴨川市内で4箇所

館山市内では設置の確認がありませんでした。



さて。
実は昨晩、地元の方より、


来年のダイヤ改正のことで房日に投書をだしてほしい

という要望をいただきました。
新聞社の方にはダイヤ改正に関する投書原稿は準備をしないことを伝えています。
しかし、地元の読者の方より要望をいただいた以上、検討をします。
ただ、1本が提出済み、お約束分が1本、ストックが5本の7本のネタがたまっている現状。また、ダイヤ改正自体は内容がすべて確認できている段階ではないので、改正日に近くにはなるかもしれませんが、ある程度の全容がみえてきましたら、準備をしたいと思います。
コメント

2015年3月ダイヤ改正の分析途上

2014-12-27 02:29:08 | Weblog・新着
2015年3月のダイヤ改正で、東京から館山まで特別快速が設けられ、総武快速で君津発着が増発します。

実は上野東京ラインと関わりがあります。
東海道線、高崎線、宇都宮線が相互に乗り入れをします。これにより、湘南新宿ラインで乗り入れしている横須賀線の車両のやりくりに、どうやら余裕が生じ、これが総武快速の君津発着の増発を可能にしているように見受けます。

もうひとつ。
今まで総武快速の車両は君津から館山・安房鴨川・勝浦の区間には乗り入れができないとされてきました。
しかし、今回設定される館山発着の特別快速は、総武快速の付属4両を使用することになります。したがって、乗り入れ不可が解消。
同時に、15両の総武快速を切り離しをして4両を館山に発着させるということは、今現在、君津に発着する総武快速を館山まで延長が可能ということにもなります。
現行ダイヤで成東や佐原に総武快速の切り離し4両を発着させており、これはしっかりとした前例になります。

私個人、特別快速の増発要望のきっかけをつくる部分を用意をしてしまったのかなと、みています。つまり、鉄道会社が足をだしてしまったということです。
コメント

よく考えると一週間でほか

2014-12-26 13:26:04 | Weblog・新着
先週の金曜19日に発表され、昨日までに市長や各種団体が動き、続けて議会が意見書可決という流れできました内房線の来年のダイヤ改正問題。

私の方へ伝わる情報では、このような短期間でプレス発表から地元で行動をおこすのは、鉄道会社側はどうやら想定をしていなかったようである。

私は当初、これは門前払いに等しいのではと、厳しい見方をしていましたが、鉄道会社側は館山での動きが、ただ事ではない、と見ていることが伝わってきましたので、わずかながらでも改善のきっかけは作らなくてはならないようであります。

繰り返し書いてはきましたが、一度、国土交通省へ鉄道事業法で列車ダイヤを届け出をすると、簡単には変えることは困難。
しかし、ダイヤ改正後3か月後に若干の見直し・手直しをする場合があります。
3月の改正であれば6月にその可能性が考えられます。
そこに向けての取り組み、つまりここから数ヵ月が肝心です。


京葉線・りんかい線の乗り入れ問題

袖ヶ浦市・富津市のJR駅の合理化問題

列車を安全に定時に運行させるために防災工事や速度向上の改善工事


特に特急や特別快速を確実に内房線に運行をさせたいのであれば、内房線の防災工事・メンテナンスは地元として何らかの財政支援がでてきます。

私はすでに地元の新聞社に鉄道に関する提案的な投書の原稿を送っています。それらも参考にしながら、将来にわたり、内房線が地域の足として残せるよう、特に内房線沿線の自治体のまとめ役の館山市の責任は大きいです。館山市はしっかり、沿線自治体と連携を密にすること。



別件です。
本日は官庁の御用納め。税など特に国保の支払いができる方は本日までに。年明けに確定申告に反映ができます。


昨日は山形県庄内町でのJR羽越線脱線事故から9年でした。


神奈川県議会は手話を言語とする条例案を可決しています。


内房線の山生鉄橋近くの江一号踏切に安全装置の非常ボタンの設置を確認。今年、内房線では8箇所目です。
コメント

どうしても内房線に特急がという方に

2014-12-25 21:49:07 | Weblog・新着
館山市議会で、内房線の特急の減本・廃止の見直しの意見書が可決になりました。
しかし、一度、鉄道事業法に基づく手続きがされれば、簡単には列車ダイヤを覆すことは、今現在、会社内の人員などの調整をしている段階でもあり、困難である。
が、私なりに、もしかしたらの可能性を探ってみました。

今回の内房線の特急の見直しは、現在5編成のところを3編成に縮小するようです。つまり、その3編成の中でやりくりをすればいいのです。

下りの東京19時30分発(今回の改正で内房の下り安房鴨川行き最終が40分繰り下げになり、その接続が館山で可能)、上り朝の館山7時すぎの2本。それと現在のさざなみ1・12号の255系9両の運用のあわせて2編成が館山まで運転ができるものと考えられます。ただし、今回の改正では各駅停車の木更津止まり・始発の2往復が館山に延長がされますので、車庫の問題が生じます。でも、これは千倉駅の2または4番線を活用すればすみます。
注意することは平日・土休日はあくまでも内房特急は3編成でやりくりをしなくてはならないことです。新宿発着の2往復も考慮する点。

私個人としては、時間的にも値段的にも不利な特急を復活させることよりも、都心直結の余地を残した特別快速を充実させること。加えて、総武快速の君津発着の増加で各駅停車の205系のやりくりに余裕がでるように思われます。
君津以南までは各駅停車で、君津から都心方面は停車駅をかなり限定した列車を登場させることが必要です。それは、私のイメージでは岩井から東京まで1時間40分で行ける列車の設定は可能と思います。
コメント