十方世界共生山一法寺

自己の世界を建設しよう
 日本のことも世界のことも自分自身のこともみな自己の内のこと。

いのちの泉

2022年08月12日 | 人生

 しばらく、ご無沙汰しておりましたが、昨日も91名の方の閲覧があり、ありがとうございました。サボリはよくありませんね。反省してショートなものでも書いていきたいと思います。

 さて、今日はNHK朝ドラの中で気になる言葉があったので、それについてちょこっと書いてみたい。

 朝ドラは、妻が毎日視聴ているので見るとはなしに見せられてしまうのである。今回記事にするに当たってタイトルの「ちむどんどん」って何?沖縄言葉であることは理解していたが、意味を知らずに90回の今日まで知らずに来た。

 妻に聞いても、「さあ?」、惰性で視ていることがバレバレ。(笑)

 ネットで調べると、「ちむ」が心で「どんどん」は胸がドキドキすることらしい。

 さて、今日は主人公の暢子の結婚式で、その中で勤め先のレストランの名前「フォンターナ」の謂れがオーナーから披露される。

 フォンターナはイタリア語で、フリードリッヒ・ニーチェの言葉「汝の立つ処深く掘れ、そこに必ず泉あり」から取ったのだという。

 そこですぐ連想したのが、和田重正先生の言葉である。

 「掌を合わせても合わせなくても、目をつぶってもあけていても坐っていても、立ったままでも、 一番思いが身にしみる形で、 誰もいないところでそっと祈ってごらん。 声を出さないで、ことばにしないで、 お母さんに話しても、お父さんに訴えても、どうにもならない苦しいときや悲しいとき、 楽しい希望や美しい夢に輝いたとき、 深い地下から豊かないのちの水を吸い上げて萌えあがる、あしかび(葦の芽)のように、 あなたはどんな妨害をも凌いで伸びつづけるだろう。」(葦かびの萌えいずるごとくp215~216)

 そのいのちの水は、智と愛と勇気の溶けあった真清水である、その真清水を汲み上げようと「まみず」と同人誌を作られ、内山興正老師もその同人であったのである。

 智と愛と勇ついては、三種の神器の鏡が智、玉が愛、剣が勇を象徴しているのである。この3つが円満に働かないと駄目である。

 智、愛なき勇気は蛮勇となる。それを大和魂と言っては片腹痛い。

 戦前の軍部、プーチン、安倍晋三元首相暗殺犯、・・・。

 さて、勇気を無くした日本はどうなることか。行く末が心配。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

安倍元首相の国葬について

2022年07月23日 | 一法言

 安倍元首相の国葬の実施について、国論が2分して揉めているようである。

 私は賛成でも反対でもなし、お好きにどうぞというスタンス。

 死者に対しては、

 「死者の命は生ける者の記憶に留まる」(ギリシャ哲学者 キケロ)

 である。

 墓やあの世にやって敬遠してはしまうのは如何なものかといつも思っている。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

身はたとひ大和の野辺に朽ちぬとも留とどめ置かまし大和魂 

2022年07月12日 | 一法言

 本日、東京都芝の増上寺で安倍晋三元首相のお葬式が行われた。

 あちこちで冥福を祈るという弔辞が述べられているが、ちょっと待ったと言いたい。

  冥福なんて安倍さんの望まぬところでしょう。魂魄はこの世に留まりて自分が在職中に成し遂げられなかった憲法改正等のやり遂げたいということでしょう。

「死者の命は生ける者の記憶に留まる」 (ギリシャ哲学者 キケロ)

 安倍首相の魂は心ある人の心の中で生き続けているはず。

 タイトルは、吉田松陰先生の辞世の句 「身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも留とどめ置かまし大和魂」を言い替えたもの。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

参議院選挙が終了 自民党が大勝

2022年07月11日 | 世相

 今回の参議院選挙には安倍元首相が暗殺されるというとんでもないハプニングが発生。同情票も集まって自民党が大勝した。

 それはいいのだが、この利を生かして、何もしない検討使岸田首相が果たして憲法改正を実現できるのか????

 まあ、憲法改正できても、↓これじゃあ、覚束ない、弱虫ばかりになってしまった 、日本国民さんよ!!!

 図表はネットで拾ったもの。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

参議院選挙 投票予定

2022年07月10日 | 世相

 今日の選挙は、自民党にするか、参政党にするか、迷っていたが、安倍さんのことがあって、自民党に投票することにした。

 比例区は 青山繁晴氏(日本の尊厳と国益を護る会代表)、選挙区は 松川るい氏(安倍派) に投票することにした。

青山氏は当日、飛行機で安倍さんと会い、声を交わしたとのこと。

安倍さんは、前日、岡山県小野田紀美氏の応援演説をされたが、小野田氏は親中派公明党の支援を断っての選挙戦。公明党の嫌がわせを受けている。岡山県の人は小野田氏に投票を。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

安倍晋三元首相 凶弾に倒れる

2022年07月08日 | 世相

 安倍氏は8日午前、奈良市の近鉄大和西大寺駅前で街頭演説中、男に背後から銃撃を受け、心肺停止状態でドクターヘリで県立医大病院に搬送されるも死亡した。

 写真によると、道路を挟んだ背後がノーガード、残念だ。

 風雲が急となってきて益々重要度が増してきた政治家を失うことは日本にとって大きな痛手である。

 何もしない宏池会岸田文雄じゃ、日本が心配。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コロナワクチン接種(4回目)

2022年07月06日 | 生活

 昨日、4回目のコロナワクチンの接種を受けてきた。

 前回が2月5日、昨日は丁度5ヶ月後の接種可能日の初日に予約が取れていた。

 前回は待っている人が多かったが、今回は会場に入ると前に人が一人もいない。私が受付、検温、問診、注射、15分の待機も3人だけ。

 接種を申し込む人が減ったのか、雨がきつくてドタキャンする人が多かったのか。原因不明だが、接種を受けなきゃという熱気は冷めた印象である。

 ワクチンはモデルナだったが、今回は肩の痛みはなく、代わりに今朝から気だるさが昼ごろまで残った。

 ここ1週間ほど患者は増加傾向、諸兄もお気をおつけください。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

国を捨てて逃げろというH氏、S氏、お終い。

2022年07月02日 | 生命

ロシアの侵略にウクライナの人は命が何より大事だから逃げろという。

特攻で死んだ人のお陰で今の日本人は生きている、そんなことをこれポッチも考えたことがないんだ。

彼らには守らなければならない、子たちがいたのだ。
私は当時3歳、一番小さい子くらいの時、皆、生きておられるのだろうか?

写真は、武田邦彦氏のユーチューブから拝借。https://www.youtube.com/watch?v=11P5F9-Dngc

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

道元禅師の輪廻観

2022年06月23日 | 佛教

前回、生まれ代わり思想としてのいわゆる輪廻転生に2種類あると、書いた。

道元禅師はどう考えていたか。私の思うところを書いてみたい。

道元禅師は正法眼蔵弁道話で、霊魂による輪廻をはっきり否定している。霊魂により生まれ変わるとするのは外道の説であると言われてる。

しかし、正法眼蔵三時業の巻では、業による生まれ変わり、現生、次生、後次生という三世における生があることを解説している。

晩年において、なぜこのような三時業の巻を書かれたのか、訳の分からない話で、道元禅師のような知性をもってしても、経文の記述から脱することができなかったようである。

この三時業については、秋月龍珉老師が口を極めて批判しておられる、以前に老師の著書「間違いだらけの仏教」を引用して紹介したことがあるので、読み直しされることを勧めたい。

「正法眼蔵三時業」
http://www.shomonji.or.jp/soroku/genzou.htm

「間違いだらけの仏教」

https://blog.goo.ne.jp/ippouji/e/4fd9211ab82b33afe30155fe89394aed

https://blog.goo.ne.jp/ippouji/e/9e17c5c87447962833b5a71875ebc5a3

https://blog.goo.ne.jp/ippouji/e/93d1f615e5b8547b566b6264a24b583c

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

3つの輪廻

2022年06月10日 | 佛教

 知恵袋で輪廻転生について、質問があったので次のとおり回答したので、ここに記録しておく。

 

 輪廻はサンスクリットの原語サンサーラは「流れること」「転位」を意味します。つまり、物事が法則に従って動いていくさまをいうのです。
それを漢訳された時に輪廻としたのです。壊れた輪が蘇るそんな意味は飛躍がありすぎるでしょう。

 生死を繰り返す様を輪の回りに例えたという説もあります、むしろ、こちらが主流です。

 さて、そんな輪廻転生説を唱えたのはバラモン教です。バラモン教では輪廻の主体をアートマンという霊魂だとしました。アートマンは不滅であり、輪廻から解脱しないかぎり永遠に苦しみの生死を繰り返す、解脱するには長い期間の苦行をしなければならないのです。解脱することができればアートマンは天に上り、ブラフマン(梵天)と一緒になります。梵我一如とか梵我合一とか言われ、もう生まれ変わりることはなくなるというのです。

 お釈迦さんはその修行に挫折されます。絶望のあまり、菩提樹のふもとでへたりこまれたのでしょう。7日7晩、坐り込んで8日目の朝、明けの明星を見た途端、悟りを開かれたのです。

 お釈迦さんの悟りは輪廻の根源たるアートマンの否定です。代わりに縁起説が唱えられました。無我です。アートマンの否定で輪廻転生思想は終わりのはずですが、そうはいかなかったのです。

 世の中は輪廻を信じる人ばかり。お釈迦さんが解脱されたとしても特別な人扱いだったのでしょう。

 輪廻思想は無くならず、輪廻の理由が業に置き換えられたのです。

 その業とか縁起というものは、一本つながりで論じられるものでなく関係するものは無数にあり、それが皆関係しているのです。

 生命のような複雑なものが、こうすりゃこうなるというようなトンコ節のような簡単な因果で生じるものではありません。

 生命は心理の問題であり、生理の問題であり、物理の問題です。心理だけでどうかなるものでは決してありません。 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

エリザベス英女王 即位70周年

2022年06月02日 | 世相

英国で今日、エリザベス女王 即位70周年の式典が行われた。

1952年に即位、翌年に戴冠式が行われ関連の記憶が蘇った。

戴冠式には日本からは現上皇の明仁皇太子が出席され、帰国の途上、松下電器を視察に来られた。

私は当時小学5年生、日の丸の旗を作ってチョコレート色の車で通られた道路脇で旗を振った。

人の影は見えたが、よく見えなかったのを覚えている。

この皇太子の視察には、テンヤワンヤがあったので、印象に残る思い出となっている。

というのは、松下電器の本社前は府道であり隣接並行して京阪電車の線路がある。その府道、線路の向かい側にも松下電器の敷地があり、当時そこに2階建ての大きな木造の寮があった。その寮が皇太子来訪の数日前に火事で全焼していたのである。

火事と喧嘩は江戸の花なんていうが、火事は誰にとっても大きな出来事である。火事だと聞いて早速駆けつけた。家から200メートルほどの距離である。

次々と消防車が集まって来て消化を始めた。消化の水は水道のほか本社のプールからホースを引き、電車のレールの下を通して消化していたのである。

火災後消防の原因調査なんかもあり、すぐに片付けもならず、大慌てでテント地で目隠しを作っていた。火事場見物は10回近く経験があるが、私には最大のものだった。

興奮しながら見ていたのを思い出す。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

京都南部でまたまた地震

2022年05月21日 | 世相

 相変わらず、前からと同じ震源地で地震が発生。

 グラっときたので、スマホの警報が鳴るかと思ったが、鳴らず仕舞。後で確認すると隣の門真市は震度1だったが守口市は震度0、揺れたのだから1はあったように思えるが・・・。

 5月21日 21:35 震度0 京都府南部 最大震度 2

 

 5月2日  22:21 震度2 京都府南部 最大震度 4

 4月30日 18:08 震度2   〃      〃 3

 4月25日 13:10 震度2   〃      〃 3

 4月3日  18:58 震度2   〃      〃 3

 3月31日 23:34 震度1   〃      〃 4

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

晋山結制式を見かける。

2022年05月12日 | 佛教

先週金曜日、毎日のサイクリングコースにある曹洞宗の寺院、南詢寺で多くの坊さんが集まっているのが見えた。

帰り道に自転車を止めて、覗いてみると「晋山結制式」という看板が見えた。

晋山式とは、新しく任命された住職の正式な就任式であり、また、結制法要とは新住職が最高の法階である大和尚の位に就くための儀式である。

https://sgl.sixcore.jp/soto/ceremony/special/shinsanshiki

後から聞いた話では親父の住職が引退し、息子が跡を継いだそうである。

さもありなん。寺は建て替えられてから10年くらい。今時、寺の新築は珍しい。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

京都府南部でまた地震発生

2022年05月02日 | 世相

  昨日、地震頻発を記事にし、懸念を示したところであるが、何と今日また地震が発生した。震源地は京都府南部、亀岡市だ。4年前の大阪北部地震(震源地高槻市と近いのであの付近で地層の歪みがあるのかも・・・。

 こう頻発するようではすぐに収まるとも思えない。

 

 5月2日  22:21 震度2 京都府南部 最大震度 4

  

 4月30日 18:08 震度2 京都府南部 最大震度 3

 4月25日 13:10 震度2   〃      〃 3

 4月6日  17:14 無感  和歌山県北部   〃 4

 4月3日  18:58 震度2 京都府南部    〃 3

 3月31日 23:34 震度1   〃      〃 4

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大阪で地震頻発

2022年05月01日 | 世相

 近頃、住所地の大阪北部で地震を感知することが多くなっている。

 いやな予感である。

 昨日も夕方、外出中にスマホの警報音が鳴ったので地震警報で最大震度3、震源は京都府南部との表示。外にいたので揺れはほとんど感じなかったが、後で地震情報を調べると震度2。家は揺れたと妻は言っていた。

 地震の発生状況は次のとおり。

 3月31日 23:34 震度1 京都府南部  最大震度4

 4月30日 18:08 震度2   〃      〃 3

 4月25日 13:10 震度2   〃      〃 3

 4月6日  17:14 無感  和歌山県北部   〃 4

 4月3日  18:58 震度2 京都府南部    〃 3

 京都の震源はほぼ同じらしい。近々 また ありそうな気がする。大きくなければいいが、、。 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする