中野京子の「花つむひとの部屋」

本と映画と音楽と。絵画の中の歴史と。

稲垣吾郎のふっきれた悪役ぶり

2011年07月26日 | 朝日ベルばらkidsぷらざ
 朝日新聞ブログ「ベルばらkidsぷらざ」で連載中の「世界史レッスン<映画篇>」第67回の今日は、「バカ殿抹殺指令」 ⇒ http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2011/07/post-5c0f.html#more
 前回に引き続き日本の時代劇をとりあげました。かなり男性好みと思われるチャンバラもの、「十三人の刺客」です。

 本文にも書きましたが、徹底した悪を造型した稲垣吾郎がとっても良かった!良いという評判は聞いていたのですが、どうせファンが大量投票しているのだろうとあまり信用していなかったので、成りきりぶりに驚いた次第です。

 美術も照明も音楽もすばらしくて、久々にスタッフ全員やる気満々の時代ものという感じがしました。「七人の侍」に比べて確かに個性の出し方は足りませんが、13人もいるので仕方ないでしょう。残酷描写は。。。う~ん、むしろ現代的と言えるかも。ところどころ挿入される「変な笑い」も好きだし、伊原剛史が殺されるシーンを衆道の相手の倒れた目線で写すカメラアングルも冴えてたな。とにかく娯楽作としてたっぷり楽しめました!

 さて、ヤマハからでている「マンガでオペラ」シリーズ(解説・監修をわたしがしました)8冊のうち、まず4冊(「椿姫」「トゥーランドット」「さまよえるオランダ人」「魔笛」)がイタリア語訳で出版されます♪ オペラの本場イタリアで出るというのが格別嬉しいですね~♪

 また全作品がhontoで電子書籍版として販売開始されました。ごらんください!

https://hon-to.jp/asp/ShowSeriesDetail.do?seriesId=C-MBJ-20509-5-105825X


☆「怖い絵 泣く女篇」(角川文庫)
    ~「怖い絵2」の文庫化で~す♪
 怖い絵 泣く女篇
(画像をクリックするとアマゾンへいきます)

☆「芸術家たちの秘めた恋 ―メンデルスゾーン、アンデルセンとその時代 (集英社文庫)
オッターヴァの清水清さんがHPで紹介してくれています
⇒ http://blog.ottava.jp/ottava_moderato/2011/07/post-7f75.html

芸術家たちの秘めた恋 ―メンデルスゾーン、アンデルセンとその時代 (集英社文庫 な 53-1)

☆最新刊「印象派で「近代」を読む ~光のモネからゴッホの闇へ~」(NHK新書)2刷になりました♪

印象派で「近代」を読む―光のモネから、ゴッホの闇へ (NHK出版新書 350)

☆『中野京子と読み解く 名画の謎 ギリシャ神話篇』(文藝春秋) 2刷になりました♪

 中野京子と読み解く名画の謎 ギリシャ神話篇
(画像をクリックするとアマゾンへゆきます)
文春「本の話」から、「自著を語る」(「謎が解けたら、絵画は最高のエンターテインメントになる」)はこちら

http://www.bunshun.co.jp/jicho/1104nakano/index.htm


☆「残酷な王と悲しみの王妃」(集英社) 2刷中。
 レンザブローで本書についてインタビューが載っています。お読みくださいね!⇒ http://renzaburo.jp/(「特設サイト」をクリックしてください)

残酷な王と悲しみの王妃

 
☆「『怖い絵』で人間を読む 」(NHK出版生活人新書) 7刷中。

「怖い絵」で人間を読む (生活人新書)

☆「名画で読み解く ハプスブルク家12の物語」(光文社新書)
14刷中。NHKBSに出演番組がユーチュブで見られます♪⇒ http://www.youtube.com/watch?v=SX6wndSD6fA

名画で読み解く ハプスブルク家12の物語 (光文社新書 366)


☆光文社新書「名画で読み解く ブルボン王朝12の物語」3刷中。

名画で読み解く ブルボン王朝 12の物語 (光文社新書 463) 


☆「怖い絵」16刷中。

怖い絵

☆「怖い絵2」、9刷中。

怖い絵2

☆「怖い絵3」 6刷中。

怖い絵3


☆「危険な世界史」(角川書店) 5刷中。
危険な世界史


「おとなのためのオペラ入門」(講談社+α文庫)
おとなのための「オペラ」入門 (講談社プラスアルファ文庫)

☆「恐怖と愛の映画102」(文春文庫)
 
 恐怖と愛の映画102 (文春文庫)

☆「歴史が語る 恋の嵐」(角川文庫)。「恋に死す」の文庫化版です。

歴史が語る 恋の嵐 (角川文庫)

sai
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 9月の講演~大阪&海上 | トップ | 日曜美術館「ルブラン×ダヴィ... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
三池映画 (mimi)
2011-07-27 13:23:00
世界史レッスン~バカ殿(笑)興味深く読みました。斉韶吾郎さん、冷酷さ狂気の中に上品さがあり、良かった。
アイドルとしてover the hill・・
でも自分の魅力を知っていらっしゃるわ稲垣さん。
でも・・そうですか!暗殺の疑いのあるのは斉宣だとは・・
自慢げに主人におしえちゃおう!
三池監督のリメイク13人の刺客を見たら、大昔の13人の刺客がどーしても見たくなりレンタルで探して来たのですよ・・
ほぼストーリー・エピソード同様です。ただ、四肢を奪われた女性がくわえた筆で‘みなごろし’と書く場面は、三池独特・・オリジナルにはございませんね。
三池監督も極道ものから忍たま乱太郎まで幅広くご活躍。中でも岩井志摩子原作‘ぼっけえ、きょうてえ’(日本ホラー小説大賞・本の表紙は甲斐庄の横櫛)を映像化した‘インプリント’はインモラル・・凄すぎます。

でも三池監督!あの映画で伊勢谷友介さんのあの役、必要ですか?(笑)


Unknown (mimiさん(kyoko))
2011-07-31 15:19:30
 伊勢谷さんのあれは、完全に「七人の侍」の三船敏郎ですね!三池監督の黒沢映画へのオマージュと思いました。最後はほとんど人間離れしていて、山の精という感じで、逆に許せちゃいました。
Unknown (うさこママ)
2011-07-31 22:03:11
新刊文庫、2冊入手しました。表紙のレディ・ジェーン・グレイ、大判になって、怖さと美しさが一層増しましたね。新たに加わった2編、メーヘレンは意外でしたが、偽作にも強い関心があるので、うれしいです。
「マンガでオペラ」シリーズのイタリア語版発売も、おめでとうございます!
「十三人の刺客」、すごく面白そうで、レンタルショップで借りなくては。
「名画の謎」発売直後、あるデパートの書籍売場では隅にあったので、「ベストセラー<怖い絵>の著者の新作なので、新刊書コーナーに置かないと!」と苦言を呈したら、次に行った時は、怖い絵シリーズと並んで平積みしてました。好きな作家の本は目に付く位置に置いて欲しいし、特に新刊書は注意を払って欲しいですね。
その後 (美波)
2011-08-01 17:20:11
大型書店では中野先生の新刊はちゃんと平積みになっていました。(ホッ!)

「エマオの晩餐」メーヘレンは以前に「私はフェルメール 20世紀最大の贋作事件」(ランダムハウス講談社)を読んでいましたので、より一層理解が深まりました。
中野先生の御本は、勿体無くて一気に読むのがはばかられますね。
Unknown (うさこママさん&美波さん(kyoko))
2011-08-02 08:45:29
うさこママさん
 書店へのプッシュ、とってもありがたいです。書店員さんも本の洪水で、美術に興味がないと同じ著者だと気づかないのかもしれませんね。
 「怖い絵」文庫版も手にしていただき、嬉しいです♪ アマゾンの酷評コメントでは「エロ・グロ本」と呼ばれ、かなり落ち込んでおります。。。

美波さん
 書店、再チェックしてくださったのですね。そしてお知らせ、ありがとうございました!
「私はフェルメール」は確かハリウッドで映画化決定のはず。楽しみです。

コメントを投稿

朝日ベルばらkidsぷらざ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

怖い絵・泣く女編 (ガラスのアート GLASS ART  )
中野京子さんの「怖い」シリーズに次々とハマって、夏風邪と過ごす。 鼻水が止まらない。 喜怒哀楽に「怖い」は、ないが 「怖い」は喜怒哀楽の全てに通じているのだと驚く。 「怖い」…恐怖だけでない「怖い」感覚は、こんなに多種多様なんだったと驚く。 「泣く女編」...