中野京子の「花つむひとの部屋」

本と映画と音楽と。絵画の中の歴史と。

「早く東京脱出を!」

2011年03月29日 | 朝日ベルばらkidsぷらざ
 朝日新聞ブログ「世界史レッスン<映画篇>」第59回の今日は「女はつらいよ」⇒ http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2011/03/post-970b.html#more
 デミ・ムーアが熱演した「スカーレット・レター」(=「緋文字」)について書きました。

 この映画は信仰と姦通の問題よりあまりにフェミニズム色が強かったせいか、ラジー賞を受賞してしまいました(そこまでひどくはないのになあ)

 さて、大震災の余波ですが、とどまるところを知りません。毎日、今日こそは原発に関する安心なニュースが聞けるかとテレビをつけるのですが、期待は裏切られてばかりで気が揉めます。

 そんな中、海外メディアがまるで日本沈没みたいな報道をくり返すので、向こうに住む日本人のほうがパニックのようです。日本と違い、被災者の遺体の写真をセンセーショナルに流すのですから無理もありません。

 友人の娘さんはイギリス在住ですが、連日電話をよこし、「早く東京脱出を!」と泣きながら訴えるのだそうです。死の灰が降っているかのごとき騒ぎなので嫌になるとか。また別の友人の友人は、すでに早々と田舎へ疎開(?)してしまいました。

 わたしもなぜ関西へ逃げないのかとドイツに住む友人から言われています。ドイツはそもそも地震がないし、原発廃止の方向に進んでいますから、報道も日本を原始人みたいに見做していて腹立たしいですねえ。。。


☆新刊『中野京子と読み解く 名画の謎 ギリシャ神話篇』(文藝春秋)

 中野京子と読み解く名画の謎 ギリシャ神話篇
(画像をクリックするとアマゾンへゆきます)

目次

Chapter 1 ゼウスをめぐる物語
☆官能のダナエ(レンブラント『ダナエ』/クリムト『ダナエ』)
☆「英雄」誕生(ティントレット『天の川の起源』)
☆卵から生まれた双子(セスト(ダ・ヴィンチ模写)『レダと白鳥』)
☆みんな女のせい?(クーザン『エヴァ・プリマ・パンドラ』)

Chapter 2 ヴィーナスをめぐる物語
☆ヴィーナスのあっけらかん(ティントレット『ウルカヌスに見つかったヴィーナスとマルス』)
☆男のピグマリオン幻想(ジェローム『ピグマリオンとガラテア』)
☆合体欲求(スプランゲル『ヘルマプロディトスとサルマキス』)
☆女性アスリート(レーニ『アタランテとヒッポメネス』)
☆女の第六感(ルーベンス『ヴィーナスとアドニス』
☆春がいっぱい(ボッティチェリ『春(プリマヴェーラ)』)

Chapter 3 アポロンをめぐる物語
☆恋人を死なせて(ブロック『ヒュアキントスの死』/ティエポロ『ヒュアキントスの死』)
☆「時の翁」の伴奏で(プッサン『人生の踊り』)
☆親の心、子知らず(ルーベンス『パエトンの墜落』/伝ブリューゲル『イカロス墜落のある風景』)
☆冥界からの帰り道(コロー『冥界からエウリディケを連れ出すオルフェウス』/モロー『オルフェウス』)

Chapter 4 神々をめぐる物語
☆母の執念(レイトン『ペルセポネの帰還』)
☆勝ち目のない闘い(ベラスケス『織り女たち』)
☆乙女の怒り(ブーシェ『水浴のディアナ』)
☆我に溺れて花となる(カラヴァッジョ『ナルシス』)
☆紡いで、測って、ちょんぎる(ゴヤ『運命の女神たち』)
☆電撃的!(ティツィアーノ『バッカスとアリアドネ』)


☆「残酷な王と悲しみの王妃」(集英社) 2刷中。
 レンザブローで本書についてインタビューが載っています。お読みくださいね!⇒ http://renzaburo.jp/(「特設サイト」をクリックしてください)

残酷な王と悲しみの王妃

 
☆「『怖い絵』で人間を読む 」(NHK出版生活人新書) 7刷中。

「怖い絵」で人間を読む (生活人新書)

☆光文社新書「名画で読み解く ブルボン王朝12の物語」3刷中。

名画で読み解く ブルボン王朝 12の物語 (光文社新書 463) 


☆「名画で読み解く ハプスブルク家12の物語」(光文社新書)14刷中。

名画で読み解く ハプスブルク家12の物語 (光文社新書 366)

☆「怖い絵」16刷中。

怖い絵

☆「怖い絵2」、9刷中。

怖い絵2

☆「怖い絵3」 6刷中。

怖い絵3


☆「危険な世界史」(角川書店) 5刷中。
危険な世界史


「おとなのためのオペラ入門」(講談社+α文庫)
おとなのための「オペラ」入門 (講談社プラスアルファ文庫)

☆「恐怖と愛の映画102」(文春文庫)
 
 恐怖と愛の映画102 (文春文庫)

☆「歴史が語る 恋の嵐」(角川文庫)。「恋に死す」の文庫化版です。

歴史が語る 恋の嵐 (角川文庫)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 「運命の車輪の激しい回転」 | トップ | 「本の話」4月号から »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (うさこママ)
2011-03-29 16:54:30
ウチにも、海外の友人達から安否を気遣う電話やメールが何本も届き、有難かったものの、海外ではどう報道されているのか、気になってました。伝聞ですが、家人の通うドイツ語学校では、緊急帰国した教師が事後報告でメールして来たり、離日したジャーナリストも多く、ドイツとスイスは大使館員も関西に避難してるとか。
都心の街頭風景で花粉症でマスクの人が多く映り、「放射能除け」と思われてるのか、病院以外でマスクを着ける習慣がない欧米では、余計恐ろしく見えるのでしょうか。
ストレス (mimi)
2011-03-29 18:25:49
死の灰よりもPTSDでやられそうな気がします。。
一日も早く穏やかな日常が戻りますように・・
中国の報道では (すぱあく)
2011-03-29 18:50:04
はじめまして、刺激的なタイトルにつられて飛んできました。おっしゃっていることに同感です。
私が知っている海外は唯一、中国ですが、報道は両極端に二分されているようです。
「危ないから近付くな」というものと、日本とビジネスしている層を配慮して「思ったより平気みたいだよ」というものです。中国政府はどちらかというと後者のようです。
実家が茨城なので、一日でも早く事態が収束することを心から願っています。
Unknown (みなさま(kyoko))
2011-03-30 09:06:08
うさこママさん
 そう、そう。外でのマスク姿は異様に感じられるみたいです。それとお布団をベランダに干すのもびっくりのようで、団地を指差して「あれは何をしているんですか?」と聞いてきたドイツ人がいましたっけ。

mimiさん
 ほんとですね。余震があまりに続くので、揺れているのか眩暈なのかわからない時もあります。穏やかな日常のありがたさが今さらにわかります。。。

すぱあくさん
 ご訪問ありがとうございます♪
 日本の事情に詳しいほど、冷静な報道になるのかもしれませんね。
 それにしてもこの惨状。夢であってくれたらと思ってしまいます。
 
デマ? (midmid)
2011-04-03 01:49:12
 私が仕事で関わっているフランス系の会社(某超有名ブランド)は震災直後、いち早く拠点を東京から大阪に移していました。「東京って、そんなに危険なんですか?」と、思わずこちらが聞いてしまいました。
 関東大震災で、ある民族がデマの犠牲になって虐げられた歴史がありますよね。悲惨な状況や過酷な環境に追いつめられた社会の鬱憤が、新たな犠牲者を生まないことを切に祈ります。今ちょうど、中野先生も執筆されている「王妃 マリー・アントワネット」を読んでいたせいか、ふとそんなことを思いました。
Unknown (山岸浅葱)
2011-04-03 12:32:41
宮城の内陸部に住んでいます。
今回の震災で震度6強の地震を体験しました。家の中はめちゃくちゃで何から手をつけて良いのかわからない状態でした。
それでも、その家に寝泊まり出来る事の幸せを感じています。
沿岸部の被害は比べる事、それ自体が間違いであるといわざるを得ないほど、とんでもない状態です。
「途方にくれる」とは、まさにこの事をいうのだと。
毎日、新聞やニュースを見て涙を流さない日はありません。

私は大好きな本も音楽も聴ける状況になりましたが、避難している方々の事を思うと、それも良いのだろうか?と苦しくもなります。

とにかく、一人一人が今、出来る事をすると言う事しかないのではないでしょうか?
Unknown (midmidさん&山岸浅葱さん(kyoko))
2011-04-04 09:33:39
midmidさん
 関東大震災でのあの痛ましい事件については、日本人が深く後悔しているところだし、もう二度と起こらない、と信じます(信じたい。。。)

山岸浅葱さん
 東京の震度5でさえ、死を半ば覚悟したほどでしたから、6強がどんなに怖ろしかったか。。。
 コメントを読み、何と言っていいか、言葉もありません。ご自身が大変なのに、他者のために泣いている山岸さんの優しさに胸を打たれます。



コメントを投稿

朝日ベルばらkidsぷらざ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事