教育のヒント by 本間勇人

身近な葛藤から世界の紛争まで、問題解決する創造的才能者が生まれる学びを探して

仙台育英高から陸上部生徒一斉転校

2012-02-21 08:41:54 | 学校選択
☆毎日新聞 2月21日(火)2時32分配信 によると、

全国高校駅伝で男女合わせて9度の優勝を誇る仙台育英高(宮城)陸上部の部員計10人が昨年を含めて女子で3度優勝の豊川高(愛知)に一斉に転校することが20日分かった。関係者によると、「成績不振」を理由に清野純一監督(27)が3月末で退任する上に、東日本大震災の影響もあるといい、主力選手の大半が競技に専念できる環境を求めて転校を希望したという。有力選手の大量転校という異例の事態に、全国高体連は「両県の高体連を通じて事実確認を求めたい」としている。

☆新聞記事だけでは、詳細はわからないが、次の言葉は象徴的。

ある強豪校の監督が「野球は4番を9人集めても勝てないが、駅伝はエースをそろえれば勝てる」と語るように、選手個々の能力の総和が勝負に大きく作用する競技だ。

☆つまり、「勝つことが最大の目的」になった場合、

☆こういうことが起こるという象徴なのだ。

☆この優勝劣敗主義発想は、

☆何も駅伝だけのことではない。

☆リバタリアン的な市場の場合は、そうなるだろう。

☆GDP主義も、結局これと同じ発想である。

☆切磋琢磨し、選手1人1人の違いはそれほどないが、

☆チーム力の差で勝負するという、条件設定を厳しくしなければ

☆解決できないだろう。

☆優勝劣敗主義は、≪私学の系譜≫とは異質のものである。

☆理念なき学校からシフトするのは、もしかしたら当然なのかもしれない。

☆それとも優秀劣敗の原則にしたがって、さらにということなのだろうか。

☆そこはわからない。

☆全国高体連のリサーチが、何を基準に進めていくのか注目したい。
コメント

いじめがなくならないわけ

2008-07-09 13:58:50 | 学校選択
☆「いじめでの県立高転校を認容 '08/7/9 中国新聞」によると、

広島県教委は、いじめを受けている県立高校の生徒について、学校が加害者に指導するなどしても、学業の継続が著しく困難な場合に限り、転校を認める方針を決めた。小中学校では既に認めているが、県立高は入試による選抜を理由に保護者の転居以外は認めていなかった。

☆う~ン・・・。これではいじめはなくならい。いじめが起こる原因はそのままにして、回避するという方法。いじめというリスクはそのままにして、そこに近寄らないということ。

☆これはリスク隠ぺいに陥るだけ・・・。いじめ問題は、やはり難問だな。いじめが起こる前の防御策を講じる以外に方法はないということか。

☆起きてしまうと、それを解決するのが難しい。ただし、予防策をコミュニケーションによって講じておくと、起きても修復可能かもしれない。予防策を抑圧的に行っていると、決壊するだけで、どうしようもない。

☆いじめの雰囲気がないときに、策を講じておくことこそが重要だということか。いずれにしても、自分がなんて無力か思い知らされる・・・。
コメント

コミュニティスクールの教育コミュニケーションに期待

2008-06-03 07:45:22 | 学校選択
☆「コミュニティースクール3年で20倍に 最多は京都市の110校(6月2日16時25分配信 産経新聞)」によると、

保護者や地域住民の代表が学校運営協議会を構成し、学校の運営に直接参加する「コミュニティースクール(地域運営学校)」の指定を教育委員会から受けた公立の小中高校や幼稚園などは平成19年度末で343校となり、制度が創設された16年度末の17校から3年で約20倍に増えたことが2日、文部科学省の調査で分かった。本年度以降、さらに210校が指定を受ける予定だ。不登校やいじめなどの問題に学校だけでは対応できなくなっており、保護者や地域の参加が求められている。指定は増えているが、全国的にはばらつきが大きく、近畿では大阪、兵庫、奈良はゼロだった。文科省は「開かれた学校運営が広まるよう、各教委に理解を深めてもらえる努力をしたい」としている。

☆イギリスのコミュニティスクールやアメリカのチャータースクールをモデルにしているが、日本の場合、まだまだ学校が主体で地域や家庭は支援という役割にとどまっているケースが多いかもしれない。

☆しかし、子どもたち1人ひとりの痛みを受容するコミュニケーションは、教育活動においては新しいし、良いことである。

☆学校の選択肢として勢いを持って欲しい。ただし、コミュニティスクールが学校形態のすべてではない。あくまでもオールタナティブ。

☆もっといろいろな形態が出現することを望むが、そのトリガーにコミュニティスクールがなることは確かであり、子どもたちを巡る抑圧系の力を弱める働きに期待する。そのための新しい授業スタイルやメソッドも。フィンランドメソッドなども取り入れる工夫をしているところもあるらしいし!

☆それにしても文科省は学校の自由化には慎重だ。もっと加速度的に学校を解放するとよいのに・・・。
コメント   トラックバック (1)

学校選択制の本当の意図

2008-05-31 12:53:10 | 学校選択
学校間で人気格差ジワリ 大阪枚方市の“越境入学”(5月31日12時7分配信 産経新聞)によると、

中学校の“越境入学”を認める制度を導入した大阪府枚方市で毎年度、入学予定者の2、3割が転出する通学区域が生じ、学校間で人気の有無が目立ち始めている。生徒や保護者の意思を尊重する「学校選択制」を促す文部科学省の方針にのっとり、近隣自治体に先駆けてスタートして5年目。学力レベルへの不満からの転出がうかがえるケースもあり、導入前に懸念された「格差」を生まないための創意工夫が、現場レベルでは行われている。枚方市では、今も市教委が決めた通学区域内の中学校に就学するのが原則だ。平成16年度から、保護者が申し出れば「生徒の具体的な事情」があれば、越境も認められるようになった。通学区域がなく、全域から自由に中学が選べる東京都品川区のような「学校選択制」とは異なる。市教委によると、これまでに認められたのは初年度の16年度162人、17年度189人、18年度218人、19年度286人で、増加傾向にある。

☆変更理由は、友人関係、クラブ、通学距離などが大勢を占めているようだが、学校と教師の魅力が本当のところだろう。そういう意味で、選択の自由は、学校当局、教師側にとっては、厳しい試練だ。

☆しかし、本当は学校は、当局と教員だけがつくるのではない。地域、保護者、そしてなんといっても生徒自身がかかわらなければならない。

☆自らの力で思い出作りの場をつくる組織づくりを学校側が仕掛ければよいのであり、基本は社会を形成するシミュレーションの場なのである。
コメント

名門中学のハビトゥスは授業にある

2008-03-16 03:50:05 | 学校選択
名門中学最高の授業―一流校では何を教えているのか (学研新書 19)
鈴木 隆祐
学習研究社

このアイテムの詳細を見る


☆私立中高一貫校を中心に、名門校の条件を「授業」の中に見出す初めての試み。鈴木隆祐氏は、取材というフィールドワークを武器に、教師にも生徒にもインタビューを重ね、授業の中にあるその学校の文化資本再生装置=ハビトゥス=名門校の条件を発見していく。

☆名門校と言えば、高偏差値や高大学進学実績で選択しがちだが、本来は選択指標にその学校の教育の本質がなければならなかったはず。

☆子どもは未来の社会そのもの。子どもたちの知性・感性・身体性を形づくる教育とは何か。学校関係者にとっては、教育の戦略を考える上で参考になる。保護者にとっては、子どもの教育環境を選択する意志決定のヒントとなろう。
コメント

12月3日センター模試志望者動向〔7〕~2月2日入試(女子)

2006-12-19 11:04:48 | 学校選択
◆2006年12月3日のセンター模試の志望者数のデータから、2月1日入試の女子選択校の動向を

(1)女子選択校(女子校・共学校) 
(2)首都圏2月2日入試
(3)志望者数5人以上
(4)同月前年対比
(5)前年対比80%以上

という条件で抽出し、前年対比順に並べた。

 城西大学附城西2  500.0%
 白梅学園清修(2  400.0%
 横浜富士見丘(2  300.0%
 八雲学園 (2   260.0%
多摩大目黒(特2  226.3%
かえつ有明総進2  150.0%
 日本大学第三(1  143.5%
 多摩大学聖ヶ丘2  132.7%
 かえつ有明難進2  132.1%
 昭和女子大昭和2  130.4%
 鎌倉女学院 (1  122.8%
 神奈川大学附属A  119.4%
 明治学院 (1   112.7%
 山手学院  B   112.7%
 神奈川学園 B   108.7%
 共立女子  B   108.2%
 青山学院中等部   107.3%
 捜真女学校 A   106.6%
 光塩女子学院(1  105.5%
 富 士 見 (2  100.0%
 渋谷教育渋谷(2  96.7%
 洗足学園 (2   95.8%
 山脇学園  B   95.1%
 桐光女子部 (1  94.7%
 晃華学園 (1   94.2%
 吉祥女子 (2   94.0%
 女子聖学院 (2  90.7%
 慶應湘南藤沢    90.6%
 江戸川女子(2   90.2%
 実践女子学園(2  89.5%
 豊島岡女子学園1  89.2%
 大妻多摩 (2   89.1%
 横浜女学院 B   87.4%
 湘南白百合学園   87.0%
 大  妻 (2   86.1%
 鴎友学園女子(2  84.0%
 国学院久我山(2  83.3%

◆普連土の新設2月2日入試も順調に志望者を集めている。
コメント

12月3日センター模試志望者動向〔6〕~2月1日入試(女子)

2006-12-19 10:28:57 | 学校選択
◆2006年12月3日のセンター模試の志望者数のデータから、2月1日入試の女子選択校の動向を

(1)女子選択校(女子校・共学校) 
(2)首都圏2月1日入試
(3)志望者数5人以上
(4)同月前年対比
(5)前年対比80%以上

という条件で抽出し、前年対比順に並べた。

 白梅学園清修(1  800.0%
 かえつ有明総進1  350.0%
 横浜富士見丘1B  259.5%
多摩大目黒(特1  216.7%
 聖園女学院(1A  184.8%
 川  村 (1   166.7%
 明大中野八王子1  163.3% 
 恵泉女学園 (1  154.3%
 東京女学館 (1  152.4%
 清泉女学院 (1  141.4%
 山脇学園  A   140.7%
 山手学院  A   138.0%
 共立女子第二1後  136.8%
 普連土学園 (1  128.4%
 女子聖学院 (1  127.6%
横浜女学院 A   127.5%
 神奈川学園 A   125.4%
 東京農大第一(1  123.2%
 多摩大学聖ヶ丘1  118.2%
品川女子学院(1  117.8%
 かえつ有明難進1  117.6%
 吉祥女子 (1   117.3%
 北鎌倉女子 A後  116.4%
 日本女子大附(1  115.3%
 大  妻 (1   114.0%
 八雲学園 (1   113.4%
 玉川聖学院 (1  111.1%
富 士 見 (1  110.7%
 横 浜 雙 葉   109.5%
 早稲田実業学校   107.1%
 洗足学園 (1   106.3%
 渋谷教育渋谷(1  105.1%
 成城学園 (1   104.0%
 江戸川女子(1   103.2%
 横浜共立学園 A  103.0%
 日本大学 (1   101.3%
 学習院女子 A   100.0%
 佼成学園女子1B  100.0%
 共立女子  A   99.0%
 女 子 学 院   99.0%
 鴎友学園女子(1  98.4%
 田園調布学園(1  97.9%
 三輪田学園 (1  96.1%
 東京家政学院1後  94.3%
 雙    葉    93.1%
 頌栄女子学院(1  89.5%
 香蘭女学校     88.0%
 立教女学院     88.0%
 東洋英和女学院A  87.2%
 桜    蔭    83.6%
 目白学園 (A後  83.3%
 フェリス女学院   83.0%
 女子美術大学付1  81.6%

◆このリストにカリタスがでてこないが、それは昨年の午後入試を午前入試に戻したからで、来年の今は100%を超えているだろう。また十文字の新設2月1日入試も順調。
コメント

12月3日センター模試志望者動向〔5〕~1月入試(女子)

2006-12-18 04:42:13 | 学校選択
◆2006年12月3日のセンター模試の志望者数のデータから、1月入試の女子選択校の動向を

(1)女子選択校(女子校・共学校) 
(2)首都圏1月入試
(3)志望者数5人以上
(4)同月前年対比
(5)前年対比80%以上

という条件で抽出し、前年対比順に並べた。

 開 智(2     189.2%
 昭和秀英(2一般  145.7%
 栄 東  B    144.2%
 開 智(1     131.9%
 千葉日大第一(1  126.3%
 春日部共栄 (1  125.3%
 淑徳与野 (1   121.7%
 和洋国府台女子1  114.2%
 麗  澤 (1   110.1%
 芝浦工業大学柏1  109.4%
 東邦大付東邦(前  109.3%
 西武学園文理(3  108.1%
 栄 東  C    103.5%
 星野学園 (1   100.0%
 浦和明の星女子1  99.5%
 国府台女子学院1  98.1%
 栄 東(東大選1  96.9%
 市  川 (1   94.5%
 渋谷教育幕張(1  92.6%
 獨協埼玉 (1   88.0%
 栄 東  A    85.9%
 大妻嵐山(1    82.5%
 専修大学松戸(1  81.2%

◆昭和秀英の躍進が目立つ。
コメント   トラックバック (3)

12月3日センター模試志望者動向〔4〕~2月3日入試(男子)

2006-12-15 12:57:14 | 学校選択
◆2006年12月3日のセンター模試の志望者数のデータから、2月3日の男子選択校の動向を

(1)男子選択校(男子校・共学校) 
(2)首都圏2月3日入試
(3)志望者数5人以上
(4)同月前年対比
(5)前年対比80%以上

という条件で抽出し、前年対比順に並べた。

 武  相 (3   211.1%
 お茶の水女子大附  175.0%
 日本大学第二(2  165.6%
 帝京大学 (3   157.9%
 関東学院  B   151.9%
 成城学園 (2   147.9%
 逗子開成 (2   137.6%
 都立両国高校附属  135.5%
 東邦大付東邦(後  128.9%
 都立白鴎高附一般  126.7%
 桐蔭学園男子部2  126.5%
 湘南学園 B    125.5%
 聖徳学園 (3   125.0%
 学芸大附属竹早   124.4%
 桐光男子部 (2  122.8%
 都立小石川(一般  118.5%
 桐蔭中等教育(2  114.1%
 足立学園 (3   113.3%
 筑波大学附属    110.8%
 渋谷教育渋谷(3  108.8%
 千代田区立九段   107.4%
 成  城 (2   106.5%
 日本大学第三(2  105.4%
 筑波大学附属駒場  104.6%
 学芸大附属小金井  103.2%
 日本大学豊山(2  102.6%
 学芸大附属世田谷  102.0%
 暁    星    101.2%
 慶應義塾中等部   95.9%
 本  郷 (2   91.9%
 学習院中等科(2  90.3%
 西武学園文理(4  90.0%
 浅    野    89.9%
 海  城 (2   89.0%
 聖 学 院 (3  84.6%
 桜 美 林 (3  80.8%
 公文国際学園(A  80.7%

コメント   トラックバック (1)

12月3日センター模試志望者動向〔3〕~2月2日入試(男子)

2006-12-15 11:25:34 | 学校選択
◆2006年12月3日のセンター模試の志望者数の動向を

(1)男子選択校(男子校・共学校) 
(2)首都圏2月2日入試
(3)志望者数5人以上
(4)同月前年対比
(5)前年対比80%以上

という条件で前年対比順に並べた。

 相  洋 (2B  500.0%
 東海大菅生(2B  500.0%
 かえつ有明難進2  315.4%
 聖徳学園 (2   250.0%
 自修館  B    240.0%
 工学院大学附2   240.0%
 武  相 (2   225.0%
 多摩大学聖ヶ丘2  224.3%
 多摩大目黒(特2  220.0%
 文教大学付 (2  200.0%
 京  華 (2後  190.0%
 かえつ有明総進2  175.0%
 順  天 (2後  166.7%
 青  稜 (2B  162.5%
 聖 学 院 (2  147.8%
 桐光男子部 (1  145.7%
 高 輪(算数午後  143.8%
 城西大学附城西2  125.0%
 高 輪 B     125.0%
 日本大学第三(1  122.4%
 湘南学園 A    120.8%
 神奈川大学附属A  119.5%
 淑  徳 (2   118.2%
 芝浦工業大学(2  117.6%
 藤嶺学園藤沢2   116.1%
 渋谷教育渋谷(2  115.0%
 佼成学園 (1   114.3%
 帝京大学 (2   113.3%
 城  北 (2   108.8%
 聖光学院 (1   107.8%
 青  稜 (2A  107.4%
 穎 明 館 (1  107.0%
 鎌倉学園 (1   101.7%
 学習院中等科(1  101.5%
 本  郷 (1   98.4%
 法政大学第二(1  92.9%
 青山学院中等部   92.4%
 渋谷教育幕張(2  91.0%
 慶應湘南藤沢    90.3%
 栄 光 学 園   88.9%
 世田谷学園 (2  86.4%
 巣  鴨 (2   82.8%


コメント