教育のヒント by 本間勇人

身近な葛藤から世界の紛争まで、問題解決する創造的才能者が生まれる学びを探して

未来なき今か未来ある今か 2人の加藤

2012-12-22 08:07:47 | 
現代社会はどこに向かうか《生きるリアリティの崩壊と再生》(FUKUOKA U ブックレット1) (FUKUOKA Uブックレット)
クリエーター情報なし
弦書房


☆明治維新をけん引した国家戦略は

☆富国強兵、殖産興業。

☆この戦略が拠って立った思想は「優勝劣敗」

☆天賦人権説や宗教を捨て、

☆強いものが勝つ、

☆日本は列強と戦い

☆追い抜く未来を描いた。

☆これは自然状態という不易を捨て流行を追うことになる。

☆この思想的拠点を東大に設けたのは

☆初代東大総理の加藤弘之である。

☆この「優勝劣敗」思想は、今も「勝ち組負け組」という

☆格差社会にそのまま転移している。

☆しかし、明治のころから100年以上たった今、

☆重工業産業社会から情報社会という虚構産業社会に変容した。

☆未来を空虚に描くが、今は変わらない。

☆この不変は虚構世界でどんなにハッピーに生きても

☆当然変わらない。

☆虚構に未来を創る力はなく、リアルは足踏みをしたままだ。

☆リアルは不変ではなく、未来にむかって変わらなければいけないはずだったのに。

☆変わりゆく未来へ向けてのリアルを求めて、

☆人は様々な生き方をする。

☆ボランティア、リストカット、秋葉原無差別殺人・・・。

☆求めるものは同じなのであると。

☆リアルは不変ではなく、不易流行だったのを、

☆流行だけにして、変わることをよしとした。

☆不易流行とは意匠としての流行の中に普遍性を見いだすことだ。

☆いかに変わろうともそこに普遍性を見出さなければ

☆旅は続く。

☆しかし、変わるだけをよしとすれば、普遍性はどうでもよく

☆変わらない日常を、我慢するだけだ。

☆この抑圧から解放されるために、

☆様々な生き方が生まれる。

☆秋葉原無差別殺人は、この不易を捨てた流行を追い求める

☆優勝劣敗思想が生んだといえる。

☆その事件を起こしたのは加藤智大。

☆「弘」と「大」にその因縁のメッセージが隠れていたのかもしれない・・・。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 日本は知性と感性のリゾート... | トップ | 日立は変わり始めた。日本は... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (cheryl)
2012-12-29 13:42:22
はじめまして。全くこの記事とは関係ないコメントなのですが読んでいただければ幸いです。「私立学校研究(C)ホンマハヤト」のブログで「2013中学受験【40】 土浦日大中等教育学校 大学合格も着々」という記事を拝見させていただいたのですが、大学の名前が間違っていることに気づきその事を伝えたくてコメントさせていただきました。[Seattle State University of New York Plattsburgh]ではなく、[State University of New York Plattsburgh]だと思うのですが・・・。こちらに書いてしまいすみません。他に伝える方法はないかと考えたのですが問い合わせができないようになっているようでしたので・・・。大変失礼いたしました。このコメントは消去していただいて構いません。よろしくお願い致します。
ありがとうございました。 (本間勇人)
2012-12-29 16:04:07
ご指摘ありがとうございました。訂正しました。
http://pschool.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/201340-7b1c.html

また、わざわざこちらをサーチして頂いて
お手数をおかけしましたこと
重ねて感謝いたします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事