教育のヒント by 本間勇人

身近な葛藤から世界の紛争まで、問題解決する創造的才能者が生まれる学びを探して

鳩山首相辞任 創造的資本主義に行けるか

2010-06-02 11:42:42 | 鳩山政権
☆本日10時、民主党の衆参両院議員総会で、鳩山由紀夫首相は正式に辞意を表明。

☆また、小沢一郎幹事長も辞任するということだ。

☆辞任しても院政を実行するだろうから、戦略的な表明だったのだろうが、

☆政治の世代交代が進むことは確かである。

☆脱官僚はもっと加速するだろうし、

☆世界合衆国化の波を受けとめるだろうし、

☆日本文化をシステム化することだろうし、

☆少子化を創造的才能を発掘するための教育に変質させるだろうし、

☆よいことだらけかもしれない。

☆しかし、憲法9条は、どうなるだろう。

☆世界合衆国の覇者になるためには、非武装か武装強化のどちらかの道

☆しかない。

☆覇者にならずにサポーターになれば、今のままでよい。

☆フォロワーリーダーシップを積極的にとるべきだとは思うが、

☆国際政治はそう甘いものではないのかもしれない。

☆リバイアサンとどう戦うのか。

☆できれば完全非武装・非戦論で進めないものか。

☆Strange Loopを見つけることは、日本的な文化の特徴であると思うのだが・・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浮世離れした首相 米誌釈明

2010-04-29 06:53:22 | 鳩山政権
米紙ワシントン・ポストのコラムニスト、アル・ケイメン氏は28日付の同紙で、核安全保障サミットの「最大の敗者」を鳩山由紀夫首相と指摘した14日付のコラムについて、首相を「ルーピー(loopy)」とした意味は「愚か」や「いかれた」ではなく、「浮世離れした」というのが真意だと指摘した。・・・・・・ルーピーは「組織のトップレベルの意思決定について十分な情報を得ている状態の対極の意味」であり、特に「変に現実離れした人を意味する」と釈明した。時事通信2010年4月29日1時4分配信 

☆この釈明自体

☆アイロニー?

☆どこかの国の国会の答弁みたい・・・。

☆Strangeという意味に変わりはないだろうに・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

参院選 民主党危機の雲行き

2010-04-16 07:23:35 | 鳩山政権
毎日新聞(2010年4月15日20時41分配信)によると、

民主党の小沢一郎幹事長が次期参院選の目標とする「単独過半数確保」が困難になっているとの見通しが党内で広がっている。鳩山由紀夫首相の政権運営と小沢氏への不満は収まらず「与党過半数割れ」への危機感も高まる。政権の求心力低下には歯止めがかからず、大型連休明けからの「5月政局」も予想される事態だ。

☆結局、帝国→国家→世界市民という転換を促すことができなかった

☆ということか。

☆新党現象は、そこに対する多少なりとも不満だと

☆よいのだが・・・。

☆各局で「ゆとり新人」の研修が話題になるが、

☆その研修模様は、やはり20世紀型の抑圧コミュニケーションを

☆脱しきれていないようだ。

☆おもしろければよいという研修ビジネスを導入する

☆企業の部署のメンバーの意識がまだまだ未来型ではないということだろう。

☆研修企業は今売れるものであればなんでもよいから、

☆ゆとり新人のマインドは、

☆まだホワイトボードがゆえにポテンシャルを引き出せるのだなんて

☆営業トークが蔓延している。

☆誰に書き込まれなくてはならないのだろう。

☆そのレトリックがすでに他者をコントロールしようという

☆操作性や抑圧性のあらわれである。

☆かりに政治が未来型に路線変更したとしよう。

☆すると未来型研修を売りだすのだろうか。

☆それでは、市場が成熟はしていないな。

☆政府か市場か。

☆つまり、国家か個人か。

☆・・・・・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

佐藤優氏 「外交、強固な国家体制必要」

2010-02-04 08:57:24 | 鳩山政権
大阪「正論」懇話会の第18回講演会が3日、大阪市北区の帝国ホテル大阪で開かれ、作家の佐藤優氏が「鳩山政権の外交課題」と題して講演した。佐藤氏は「国家体制がしっかりしていないと外交はできない」と強調。民主党の小沢一郎幹事長をめぐる東京地検特捜部の捜査にも触れ、「民主党の中にはファシズムの傾向がある。いま、検察が民主党とぶつかっていることでファシズムの傾向は阻止されている」と指摘した。産経新聞2010年2月4日7時56分配信

☆このような表現の自由は

☆今大切。

☆ファシズムでない、権力をとらない強い外交、強い国家

☆はいかにして可能だろうか。

☆それはまず市民1人ひとりが表現をすることからしか

☆始まらないだろうとは思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キャンパスアンケートでは鳩山内閣支持率低い

2010-01-31 09:13:45 | 鳩山政権
NPO法人「ドットジェイピー」(本部・東京都港区)が全国の大学生らに行ったキャンパスアンケートで、鳩山内閣を支持する学生が21%にとどまることが分かった。不支持は34%で、支持を大きく上回っている。毎日新聞社が12月に行った世論調査の支持率55%に比べると大幅に低く、学生に不人気な実態が浮かび上がった。(毎日新聞2010年1月29日14時29分配信)

☆どちらが信頼性があるのかは、

☆もともとユーザー側は証明しようがないが、

☆やはり世代論というのはあるのかな。

☆若い世代ほど、フラットな感覚があるから、

☆公平度、公開度、自由度が低ければ

☆評価が低くなるといういことだろうか。

☆だとすれば悪くはないが・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

谷垣氏攻め切れず 発信力やはり不足???

2010-01-22 06:56:16 | 鳩山政権
時事通信(2010年1月21日22時5分配信)によると、

鳩山由紀夫首相と谷垣禎一自民党総裁による政権交代後初の「党首対決」となった21日の衆院予算委員会。谷垣氏は、首相と小沢一郎民主党幹事長の「政治とカネ」の問題を中心に首相に質問を浴びせた。しかし、質問は迫力に欠け、追及はいま一つ。首相を攻め切れず、自民党内からは「突っ込み不足」との不満も漏れた。ここ一番で存在感を発揮できず、「発信力不足」の定評を覆すことはできなかった。「民、信なくば立たずという。首相や与党幹事長の周辺に起訴や逮捕が相次いでいるのは異様な事態だ」。谷垣氏は質疑の冒頭、論語の有名な一節を引き合いに出しつつ、首相と小沢氏にまつわる疑惑追及ののろしを上げた。

☆自分目線では相手は崩れないだろう。

☆今回の相手は論語よりも聖書で攻めるべきだったのではないか。。。

☆多くの国民の声を実際に聞き取り、

☆国民の要望で攻めたほうがよかったのではないか。。。

☆この過程こそ国民の信頼を得る絶好のチャンスだったのではないか。。。

☆谷垣氏のブレインは誰なのだろう。

☆多角的複眼的に攻める切り口を見出せたはずだが。。。

☆期待のもてる野党であってほしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第174通常国会 召集

2010-01-19 04:29:04 | 鳩山政権
第174通常国会は18日、召集された。民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体による土地購入を巡り元秘書の石川知裕衆院議員らが逮捕され、「政治とカネ」が最大の焦点に浮上。政府・与党側は09年度第2次補正予算案と10年度予算案の早期成立によって政権の実績を作りたい考えだが、野党側は夏の参院選もにらみ、鳩山由紀夫首相の偽装献金問題と併せ徹底追及の構えで、審議の行方は不透明だ。会期は6月16日までの150日間。(毎日新聞2010年1月19日2時12分配信)

☆もしも自民党が、予算を先に議論しよう、

☆政治とカネの問題は、そのあとにしよう。

☆もちろん、訴訟の問題は、国会とは別の問題だから、

☆国会には関係なく、進めていけばよい。

☆と国民の生活をまず優先という姿勢を見せたら

☆どうなるのだろう。

☆そのほうが参院選には良い風が吹くのではないか。

☆そう簡単ではないかぁー。。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

民法改正案の影響

2010-01-11 06:15:29 | 鳩山政権
読売新聞(2010年1月11日)によると、法務省は、通常国会に提出を予定している民法改正案の概要を明らかにしたようだ。

1)別姓を選んだ夫婦の複数の子の姓は、夫婦どちらかの姓に統一する。
2)女性の結婚年齢を男女とも18歳にする。
3)「非嫡出子」の法定相続分と「嫡出子」の相続分の格差を撤廃する。
4)女性の再婚禁止期間を離婚後180日から100日に変更

☆などが盛り込まれているらしい。

☆選択制夫婦別姓制度には、迷いがあるが、

☆逆に、家族の個人化の方向性が映し出されている。

☆結婚は男女とも18歳は、18歳成人の問題とも絡んでいる。

☆自己責任の促進。

☆もちろん、少子高齢化対策に絡んでいることもたしかだろう。

☆民法改正は、家族形態の変化を促進し、個人化をより

☆促進させる。

☆市民社会法であるわけだから、歴史の流れとともに

☆変わるのは当然だが、

☆人間とは何かが欠落して進むだろうから、

☆さまざまな危うさがある。

☆パラドキシカルだが、規制が多くなるだろう。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

財務相後任は菅副総理

2010-01-07 08:49:02 | 鳩山政権
鳩山首相は6日夜、健康上の理由で同日に辞表を提出した藤井財務相(77)の辞任を認め、後任に菅副総理・国家戦略相(63)を横滑りさせ、国家戦略相を仙谷行政刷新相(63)が兼務する人事を決めた。2010年1月6日19時26分配信 読売新聞

☆いろいろな憶測が語られてるが、

☆リスクマネジメントのシナリオが着実に

☆展開しているという憶測があってもよい。

☆しかし、その大きなリスクを回避することに

☆関しては、まだはっきりとマスコミは表現していない。

☆誰もが変だなと思っているのに、

☆語られていないところに何かがあるのかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

総理記者会見

2010-01-04 10:33:38 | 鳩山政権
☆今NHKで総理記者会見の模様が放映されていた。

☆初心を忘れていないと言えば忘れていない・・・。

☆ちょっと気になったのは、憲法改正についての意志があるかという

☆記者からの確認質問に対し、

☆政治家だから、自分なりの憲法観はあると。

☆それはそうだと思う。

☆問題は、そこに国民の知恵があまり凝縮されそうもない

☆という兆し。

☆国民のみなさん信頼して、私たち与党の考えることを

☆支持してくださいというのは、確かに政治主導、政府主導

☆ではあるが、国民主導ではないなぁ。。。。。

☆もっとも、インターネット選挙運動が解禁になり、

☆投票も行えるようになれば、国民の意見も聴く手続きは

☆できるなぁ。反映するかどうかは別問題ではあるが。。。

☆だけれど、選挙内需経済効果は測り知れないだろうなぁ。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加